「ほっ」と。キャンペーン
和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
参院選で教え子取り込め!北教組で「違法文書」「指令」「カンパ」発覚 道教委、実態調査の結果公表
産経:参院選で教え子取り込め! 北教組で「違法文書」発覚
2010.8.4 15:10
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100804/crm1008041511022-n1.htm
 北海道教職員組合(北教組)が今年7月の参院選で、所属する教職員に自分が受け持った生徒や卒業生に、北教組支援候補者への支持を呼びかけるよう文書で促していたことが4日、わかった。参議院予算委員会で西田昌司委員(自民)の質問で明らかになった。政治的中立が求められる公務員が地位を利用して投票を呼びかける行為は公職選挙法で禁じられている。

 文書の配布時期は北教組の不正資金提供事件で幹部らが有罪判決を受けた直後で選挙期間中。反省なき姿勢が批判を浴びそうだ。

 問題の文書は選挙期間中の7月1日付で北教組が発行した機関誌「北教」。 

 「参院選特集号」と題したこの機関誌では冒頭「参議院議員選挙が公示しました」とあり「比例区は『なたにや正義』『選挙区は藤川まさし』」と北教組が支援する候補者名とともに「7月11日が投票日 『親書』『電話』でもう一度確認を みんなで声を掛け合って投票に行こう」とあった。

 さらに、文書では「選挙闘争に勝利するために、組合員の総行動が必要」として組合員全員が家族とともに投票所へ足を運ぶよう求め「知人、友人、教え子への『親書』『電話』による支持の確認をもう一度お願いします」。自分が教えた卒業生に北教組候補への支持を繰り返し求めるよう促している。

 文書では、公示後の「誰でもできる選挙活動」と題して「支持依頼は積極的に」「電話による活動は無制限」などとアピール。「選挙運動のための戸別訪問は制限されていますが、たまたま会ったときに支持や応援を頼むこと、他の要件で人を訪ねたときに選挙の話になり、支持と応援を頼むことはできます」「政党の政策や候補者の人柄の説明や投票の依頼など、電話による選挙活動は自由です」などといった“北教組流”の解釈を示し、教師を選挙活動に駆り立てている。

 北海道では昨年の衆院選をめぐって北教組による不正資金提供事件が発覚。北教組幹部らが逮捕、起訴され、有罪判決を受けた。事件を受けて道教委では札幌市をのぞく公立学校での北教組による服務規律違反行為や政治的行為などについて調査したばかり。機関誌配布は、こうした調査終了後、行われていた。

 機関誌配布の是非についてただされた川端達夫文部科学大臣は「公務員の教員が政治的目的をもって特定の候補者に投票を勧める行為は人事院規則に抵触する。また教師が教え子に教育上の指導上の立場を使って投票を呼びかけた場合、公職選挙法上の違反となりうる」と述べたが「機関誌に書いている記述が現実にあれば、厳正に対処しなければならないが、事実関係が把握できていない」と述べるにとどめた。




北海道教育委員会は、
民主党・小林千代美氏の北教組違法献金事件を受け実態を調査していましたが、
昨日、結果を公表しました。

北海道教育委員会:教職員の服務規律等の実態に関する調査報告書
平成22年8月 ※pdfファイル
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/NR/rdonlyres/4B9622AC-A70E-4631-8BE3-3C5990CDCAD7/0/chousa.pdf

概要版 ※pdfファイル
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/NR/rdonlyres/8E9DB916-047A-4C55-B79E-32864C038AC5/0/gaiyou.pdf

資料編 ※pdfファイル
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/NR/rdonlyres/8DCA271F-2E23-4EA4-83A5-721CDE6D843B/0/siryou.pdf
(一部抜粋)
国旗・国歌の取扱いなどが適切に実施されるよう、教職員一人一人に確実にその趣旨を周知するとともに、適切な学校運営が行われるよう、全力で取り組んでいく。

なお、今回の調査の結果、法令等違反の疑いのある行為については、今後さらに具体的な内容を把握・確認し、非違行為が明らかになった場合は、厳正に対処する。



また、北海道教育委員会では、
6月から「学校教育における法令等違反に係る情報提供制度」を新たに導入し、
学校運営や教職員の服務に関して、
法令や学習指導要領に違反する行為が行われている場合等を対象として、
道民からの情報提供を受ける窓口を設置したとのこと。
情報の提供先は以下まで。
郵送、FAX、メールの3種類があります。

北海道教育委員会:学校教育における法令等違反に係る情報提供制度
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/ksk/jyouhouteikyouseido.htm




報道各社で幅がありますが、
54人~299人に法令違反の疑いがある、としています。
読売新聞と毎日新聞は、法令違反が確認されれば処分する考え、と報じています。
(厳正に対処、の意?)

朝日新聞:組合活動めぐり127人法令違反か
2010年08月04日
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001008040005
■道教委、再聞き取り検討
 教職員の政治・組合活動などの実態調査を実施していた道教育委員会は3日、結果を公表した。選挙運動をしたと回答した54人のほか、組合活動に関連して延べ127人に法令違反の疑いがあるとして、道教委は再度の聞き取りを検討する。違反があると判断すれば処分する方針だ。一部に回答を拒む教職員はいたものの、教職員たちの組合活動の一端もかいま見える結果となった。

 調査は、昨夏の総選挙に絡む北海道教職員組合(北教組(ほっきょうそ))の違法献金事件を機に、文部科学省の要請で実施した。対象は、札幌市を除く1927校の教職員約3万8千人と校長。札幌市教委は別途、調査を進めている。

d0164331_16575158.jpg
 政治活動については、過去5年間の組合によるカンパ活動や選挙運動の実態をたずね、ビラ配りや電話かけ、支持者カード獲得、戸別訪問などをしたと回答したのは54人。この質問には、全体の17・1%にあたる6560人が回答しなかった。

 勤務時間中の組合活動については、延べ127人が地方公務員法に反する疑いがあるとされた。一方、勤務時間中に組合の会議に出席した1443人すべてが「年休を取った」と答えたのに対し、32校の校長が「年休を取得していない」とする食い違いもあった。組合活動の質問には、約5千人が回答を拒んだ。

 政治、組合活動に対する無回答の割合は、小中学校が20%前後と高い。管内別では日高が40%超、後志とオホーツクが30%を超えた。無回答の理由の中には、「職員団体(組合)の指示」というものもあった。

 学校運営や組合との関係についての校長の回答からは、組合の「対抗戦術」などの実態も浮かんだ。全国学力調査では24校で組合員の協力が得られず、管理職と非組合員で対応したという。教職員が「日の丸・君が代強制反対」を校長に要請したのは小学校で27・7%、中学校で24・6%に上った。

 道教委は今後、北教組に事実関係を問いただしていく。また、北教組との不適切な関係を見直すほか、組合による学校備品の使用のあり方も検討するという。


■日高は別に調査
 道教委は、勤務時間中の組合活動が国会などで取り上げられた日高地方の小中学校について、全道の調査とは別に聞き取り調査を実施した。

 対象は55校、教職員585人。それによると、いずれも勤務時間中に、組合の用務で学校備品を使っていたのは21校で40人、年休を取らず組合の会議に出席した教職員は36校で73人、組合の事務を行っていた教職員がいたのは26校だった。これらも法令違反の疑いがあるとして道教委は再聴取する方針。


毎日新聞:北教組違法献金:教職員54人、選挙運動 事件受け、道教委が調査
2010年8月4日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100804ddm041040095000c.html
 北海道教職員組合(北教組)による違法献金事件を受け、北海道教育委員会は3日、教職員から政治的活動などの実態を聞き取り調査した結果を公表した。過去5年間でビラ配りなどの選挙運動をしたと回答したのは54人で、道教委は法令違反が確認されれば処分する考えだ。
 調査は、札幌市を除く道内の公立学校1927校の全教職員約3万8000人と校長を対象に実施した。
 教職員の選挙活動は教育公務員特例法などで「教育の政治的中立性の原則」から禁じられている政治的活動で、54人の複数回答で▽支持者カード獲得41人▽ビラ・チラシ配り20人▽電話かけ10人▽戸別訪問1人▽その他4人。【千々部一好】


IBTimes:教職員3万8,278人のうち54人が「選挙運動を行った」127人が法令違反の疑い-道教委
2010年08月04日 11:15更新
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/100804/58506.html
(一部抜粋)
 調査は今年4月以降、札幌市を除く道内の小中高や特別支援学校など公立学校1,927校の教職員3万8,278人で直接聞き取り調査が行われ、そのうち全体の17.1%にあたる6,560人が回答を拒否した。
 教職員の選挙活動は教育公務員特例法などで「教育の政治的中立性の原則」から禁じられている。


産経:指令書、カンパ要請…禁止の選挙運動横行 道教委が報告書
2010.8.3 23:34
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100803/crm1008032337041-n1.htm


北海道新聞:教職員54人が「選挙運動した」 道教委が3万8千人調査 回答拒否6500人
(08/03 12:31、08/03 15:56 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/244507.html
 道教委は3日、北教組の政治資金規正法違反事件を受けて実施した教職員の政治活動など「服務規律の実態に関する調査」の結果を、教育委員会の定例会議に報告した。報告書によると、過去5年間に選挙運動でビラ配りや支持者を獲得する電話かけなどを行ったと回答したのは、教職員3万8278人のうち54人だった。
 調査は今年4月以降、札幌市を除く道内の小中高や特別支援学校など公立学校1927校で、校長が教職員から直接、聞き取る方法で行った。政治活動に関する調査では約6500人(17%)が「密告はできない」「組合への不当介入にあたる」などとして回答しなかった。 <北海道新聞8月3日夕刊掲載>


読売新聞:教職員299人法令違反疑い…道教委が初調査
(2010年8月3日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20100803-OYT8T00773.htm
 昨年の衆院選を巡る北海道教職員組合(北教組)幹部らの政治資金規正法違反事件などを受け、北海道教育委員会が道内の公立学校の教職員約3万8000人を対象に初めて実施した「教職員の服務規律等の実態に関する調査」の報告書が、3日まとまった。選挙運動や勤務時間中の組合活動など法令違反の疑いがあるのは延べ299人で、道教委は具体的な行為を確認して、違反者を処分する方針だ。

 調査は、今年3月以降、道教委の権限が及ばない政令市の札幌市を除く公立小中高校と特別支援学校計1927校を対象に実施。校長が教職員から任意で聞き取った。

 2009年度の組合活動に関する調査では、78人が年休など必要な手続きを取らずに、勤務時間中に北教組などの職員団体主催の集会や会議に出席。勤務時間中に職員団体の用務として会議室や教室を使用したのは83人、ファクスやコピー機などの学校備品を使用したのは84人いた。これらは、地方公務員法の職務専念義務違反の疑いがある。

 過去5年間の政治的行為に関する調査では、選挙に関するビラ配りや電話かけ、「支持者カード」集めなど54人が公職選挙法などに抵触する可能性のある行為を行っていた。

 校長の聞き取りには、すべての教職員が応じたが、回答しなかった人は組合活動の調査では13%、政治的行為の調査では17%に上った。理由として「職員団体からの指示」を挙げた人が複数いたため、道教委は7月に2度、北教組に事実関係の確認を書面で要請したが返答はなかった。

 道教委は今後、市町村教委を通じて法令違反の疑いのある行為を具体的に調べるとともに、手引の配布や研修を通じて教職員の法令順守の徹底を図る。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連リンク

北海道教育委員会:教職員の服務規律等の実態に関する調査報告書
平成22年8月
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/ssg/chousahoukokusyo.htm


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治-2010参院選

■関連カテゴリ:政治-与党
[PR]
by doumin | 2010-08-04 16:41 | 政治‐2010参院選 | Comments(2)
Commented by さむさら at 2010-08-08 13:04 x
北海道教育委員会、よく頑張りましたね!
”回答拒否=違反者(と自覚している)”でしょうか?
そう思われて当然でしょうね。
それにしても、回答拒否の数が多すぎる。
教師として許されざる行為です。
答えられない様な事はするな!と言いたい。

でもこれは氷山の一角に過ぎないでしょうね。
日教組のドンもまだ現役ですから、、、。
そちらの方にもというか、そちらの方こそ
メスを入れないといけませんね。
支持母体である日教組にメスを入れる事なんて
民主党はできないと思うので、
都道府県レベル、国民レベルで
それぞれ頑張っていかねばならないと思います。
北海道教育委員会の努力を無駄にしないためにも
他がそれに続いていかねばなりませんね!

朝鮮学校無償化のニュースを見た時には
”日本は終わった”と、ガックリしましたが
こうした教育委員会の動きを知って元気が出てきました。
Commented by doumin at 2010-08-09 14:02
さむさらさま、コメント有難うございます<(_ _)>

さむさらさまが仰る通り、回答拒否の多さに私も腹が立ちます。
その理由のひとつ、
>「密告はできない」
って一体何??と思いました。
立場は教師だけど頭の中は小学生レベル?
悪いことをしたと思ってないの?
改善すべきだとは思わないの?
こんなのが教鞭を・・・。

さらに逆ギレもしています。
北教組が道教委に抗議 活動調査や通報制度で
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010071501001060.html

かなり乱暴な話ですが、
こんなんならビデオか何かで授業を受けさせたほうがまだマシじゃないの?!
と思ってしまいました。
あー怖い。怖すぎる・・・。

教育委員会には本当に頑張ってほしいですね。
私達も応援&出来ることはやっていこうと思います!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード