「ほっ」と。キャンペーン
和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
札幌市指定ごみ袋は中国製 札幌市収集の雑がみは中国へ輸出…道内事業への影響を危惧する声も
上田文雄札幌市長は、
地元企業を応援する気はないのでしょうか・・・。

北海道新聞:札幌市収集の雑がみ、中国へ輸出(11/28 09:01、11/28 12:23 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/262154.html
 古紙を原料にした家庭紙製造の道内最大手、道栄紙業(後志管内倶知安町)が、札幌市が回収した「雑がみ」の入札で、中国へ輸出する業者に敗れて困惑している。これまでは毎回落札していたが、11月分以降は大差で敗れた。海外で再資源化できるよう制度変更されたためだが、処理量増を見込んで多額の設備増強を行ったばかりの道栄紙業は対応に頭を悩ませている。

 不純物の混じった「雑がみ規格外品」の再資源化には、不純物を取り除くための高水準の設備が必要なため、道栄紙業以外に応札する企業はなかった。

 同社は将来の処理量増を見込んで、昨年9月に2億8千万円かけて本社工場の設備を増強し、古紙回収問屋からの買い取り量は大幅に減らした。

 一方、札幌市は入札業者の参入を促すため、今年2月末に関連要綱を改定し、雑がみの再資源化処理を海外でもできるようにした。道栄紙業としても、グループ企業が所有するベトナムの工場で処理できるため、改定を歓迎していた。

 ところが10月末に実施された11月分の入札で、札幌市内のリサイクル会社が、道栄紙業のそれまでの落札額の約3倍の1トンあたり8505円で落札。12月分も同社が落札した。日本の商社が間に入り「購入した中国の企業が再資源化する」(落札したリサイクル会社)という。

 原料の約4割を札幌市の「雑がみ」入札に依存する形となっていた道栄紙業は「古紙回収問屋からの買い取り量は、一度減らすと簡単には元に戻せない」と戸惑いを隠せない。ただ、同社は札幌市の「雑がみ」の3分の1を処理するなど、道内リサイクル業界で一定の役割を担ってきただけに、関係者からは道内の紙リサイクル事業への影響を危惧(きぐ)する声も聞かれる。


これは酷い。


そういえば、札幌市指定のとっても高~いゴミ袋も中国製。
なぜだろう?

調べてみると、
札幌市はもちろん北海道内の会社も落札できていない。

札幌市 入札情報サービス
https://www.nyusatsu.city.sapporo.jp/PPI/Public/Server?ID=01
物品・役務→入札等結果情報→発注担当又は払出担当→部局名:環境局環境事業部、課所名:企画課


ごみ袋の大きさごとに、それぞれ入札。
結果、東京や大阪など本州の企業が落札していて、製造は主に中国、そしてマレーシア。

これ、全然地元のためになってないでしょ。



そこで、入札の条件等を札幌市環境局環境事業部企画課に問い合わせてみました。
分かりやすく、とても丁寧なお返事を頂戴しました。
要約すると、

政令指定都市である札幌市は、
「政府調達に関する協定」(平成7年条約第23号)の適用対象となり、
入札を国際的に開放しなければならず、地元を優遇できない。


まぁここまでは分かりました。

でも、ここは優遇すべきだと思うし、その方法を考えるべきだったのでは?
平成7年と今では状況も全然違う。
せっかくこんな大きな仕事なのに。
地元が出来るように、って少しでも考えたとは思えない。

そもそも、何のために本州や中国にお金を落とさなきゃならないのかしら。
日々使用する決して安くはないゴミ袋、
地元のためになるなら納得もできる。




ちょっと話はずれるけど・・・。
外国資本による水土保全林などの土地購入について、
国と地方に問い合わせた時もこういう感じでしたね。
事実は把握していないだの、法律がないだのと、国と地方でたらい回しだったけど、
最近になって頻繁に報道され騒がれるようになると、
まるで以前から動いてたかのように言い出してびっくり。
しかも、国の対応を待たずに条例制定は出来ないのか?と質問すると、
所有権にかかわる問題だから無理、とその時は言われたんですが、
でも今は条例制定の動きになっています。

出来るのにやらない。
動かなくてすむように。
問題が大きくなってから重い腰を上げる。
お役所仕事。



ごみ袋の件も、お役所仕事感が否めない。
何とかできなかったのかなぁ。
ましてや現政権は地域主権とか言ってるわけだし、
上田市長だって民主党の支援を今まで受けてる。
素人考えかもしれないけど、
特例みたいなことは出来なかったのかなぁ、
地元に任せられる方法はないか少しでも考えたのかなぁ、
という残念な気持ちや疑問が、どうしても拭えません。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:社会

■関連カテゴリ:政治-地方

トップページ
[PR]
by doumin | 2010-11-29 15:26 | 社会 | Comments(2)
Commented by 関係者 at 2015-08-25 11:20 x
この雑紙入札。
本来なら道栄紙業一括引き受けで動いていましたが、道栄紙業も属するコアレスグループのベトナム工場に紙原料を持ち出す為にグループが札幌ならび道に持ちかけたことがきっかけです。
まさか中国が高額入札で入ってくるとは思わなかっただけ。
つまりコアレスグループは自分の首を絞めただけ。
またグループではありませんが中国の製紙工場の建設に携わったのもコアレスグループです。
物を考えずに動いてしまう役員がいると社員はいい迷惑ですわ
Commented by doumin at 2015-08-26 14:52
関係者さま、情報ありがとうございます。
なるほど、自業自得と言えそうですね。
また、
>政令指定都市である札幌市は、
>「政府調達に関する協定」(平成7年条約第23号)の適用対象となり、
>入札を国際的に開放しなければならず、地元を優遇できない。
という、私が札幌市から受けた説明は一体何?ということにも・・・。

何だか色々と残念な結果ですが、
今後も北海道・日本製のものを積極的に購入していこうと思っています。
コメントありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード