和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
「抑圧された側の歴史認識を共有」と韓国で述べた上田文雄札幌市長,3選出馬表明(民主/社民/市民ネット推薦)
現職の上田文雄札幌市長が、
来年の市長選に出馬すると正式に表明しました。

BNN:上田文雄札幌市長が3選出馬を表明
10年12月20日(月) 18時10分
市債残高の減少やごみ減量などこれまでの実績をアピール
http://www.hokkaido-365.com/news/2010/12/post-1519.html


NNN:上田札幌市長、3選出馬表明(北海道)[ 12/20 19:47 札幌テレビ]
http://www.news24.jp/nnn/news881115.html
札幌市の上田文雄市長はきょう、来年4月の市長選に出馬することを表明しました。上田市長は、出馬を表明した記者会見で「公約のほとんどを実現できた」と、2期8年の実績を強調しました。

きょうから始まった来年度予算の市長査定。3選出馬の意向を固めた上田市長は、これまでの実績を強調しました。
(上田文雄札幌市長)「公約の9割以上は、職員・市民の協力でほぼ達成できた」
そして、午後に臨んだ出馬会見。
(上田市長)「すすめてきたこと、今後すること、市民に問い審判を仰ぐ」
上田市長は、重点政策として、経済雇用対策、こども、高齢者、障害者にやさしい街づくりなどをあげ、「人を大事にするまちづくり」をしたいと出馬の決意を述べました。上田市長の支持母体の民主党は、支持率が低下するなど、厳しい状況の中での戦いとなりますが、民主党の支援は歓迎するといいます。
(上田市長)「民主党がわたしの政策を支持してくれるならウエルカム」
札幌市長選挙には、自民党が擁立した総務省元職員の本間奈々氏が出馬を表明していて、事実上の一騎打ちの戦いとなりそうです。


道新:上田氏が3選出馬表明 札幌市長選(12/20 23:21)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/265416.html
※抜粋
 上田氏は選挙戦に向けた政策について、「市民の安全な暮らしを守る」「札幌の魅力を磨き高める」と二つの理念を掲げ、「経済・雇用対策強化」「子供、高齢者、障害者施策の拡充」「市民自治の確立」の三つの重点を示した。公約は来年3月に発表する。


日経:札幌市長選、上田市長が3選出馬表明
2010/12/20 23:55
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFC2000C_Q0A221C1L41000/
※抜粋
 上田氏は会見で、市債残高の縮小や有料化による家庭ゴミの大幅な削減など、2期8年の実績を強調。3期目の重点政策として、(1)食や観光産業の活性化など経済・雇用対策(2)少子高齢化への対応や障害者の自立支援(3)市政への市民参加の拡大など市民自治の確立――を掲げた。具体的な公約については、来年3月中旬をメドに公表する。


朝日:上田氏、3選出馬表明 札幌市長選
2010年12月21日
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001012210006
※抜粋

民主系、支援へ

上田氏は「財政を立て直し、市民自治を推進した」と実績を強調。さらに「経済や雇用対策を進め、創造性を生かした産業振興を図る」などと抱負を述べた。

   ◇

 上田氏は、財政再建やごみの減量化などで成果をあげたとしたうえで「市民の力で様々な街づくりが進んでいる。これまで培ったものを確かなものにするため、立候補を決意した」と語った。

 3期目に取り組む施策として、(1)食、観光、環境、健康福祉の分野で、経済活動を活性化させる(2)幼保一元化や保育所、介護施設の定員拡大(3)市民自治の確立――を挙げた。福祉関連で新たに住民負担増を求めるかについては「増やさなければならない場面もあると思う」とした。

 連合札幌や民主党札幌などが上田氏に立候補を要請しており、民主勢力が上田氏を支援するとみられる。

 上田氏は中央大法学部卒で弁護士。2003年に再選挙を経て初当選。07年には「市民自治の実現」を訴えて再選を果たした。


毎日:札幌市長選 上田市長が3選出馬、正式表明 本間氏と一騎打ちへ
2010年12月21日 北海道朝刊
http://mainichi.jp/hokkaido/seikei/news/20101221ddr001010002000c.html
※抜粋

 上田氏は「市債残高を約4000億円削減でき、財政は危険領域を脱した」と実績をアピール。「これまで培ってきたものを確かなものにし、次の時代に引き継いでいかねばならない」と出馬の理由を説明し、今後の課題として▽経済・雇用対策の強化▽子ども、お年寄り、障害者の施策拡充などを挙げた。

 上田市長は弁護士出身。03年の市長選で初当選し、44年ぶりの民間出身市長となった。07年の前回市長選は民主、社民、市民ネットの推薦を受け、自民、公明推薦の元国土交通省技監らを大差で破った。【中川紗矢子】


毎日:自治再考:札幌市政の検証/1 アクセス道路 /北海道
2010年12月21日 地方版
http://mainichi.jp/hokkaido/seikei/news/20101221ddlk01010168000c.html
 ◇建設容認に方針転換 経済界は歓迎、「変節」批判も
 上田文雄・札幌市長(62)の「方針転換」が波紋を広げている。札幌の都心部と高速道を結ぶ都心アクセス強化道路(アクセス道路)について、反対から容認に転じたからだ。20日、札幌市内のホテルで開かれた3選出馬会見でも、上田市長は「都心部と高速道路を接続させることは時代の要請ではないかと思う。経済効果という側面もあり、(アクセス道路は)必要だと考えている」と述べた。

 アクセス道路は、前回07年の同市長選で、自民党や経済界などの支援を受けて立候補した元国土交通省技監の清治真人氏が掲げた主要政策だった。民主党などの推薦を受けた上田市長は「札幌は主な社会資本整備は終えている」「大型公共事業による活性化は20世紀で終わった」と批判を繰り返していた。

 道路の建設費用は数百億円にも上り、上田市長の財政再建路線とも相反する。市長与党の民主会派ベテラン市議は「街作りのビジョンがない。(次の)選挙や公共事業ありきの主張なら賛成できない」と市長の「変節」に憤りを隠さない。

   ◇

 上田市長は09年5月、市議会本会議で初めてアクセス道路建設に前向きな姿勢を示した。今年1月には、札幌商工会議所の高向巌会頭が建設を要請。市は来年度に策定する総合交通計画にアクセス道路を盛り込む方針で、建設はもはや「既定路線」とも言える。経済団体幹部は「自身の公約を覆し、(建設反対は)間違っていたことを認めた。大したものだ」と上田市長を高く評価する。

 09年秋の民主党政権発足後、上田市長は自民の牙城でもある経済界との距離を縮めてきた。北海道新幹線の札幌延伸問題などで新政権とのパイプに期待する経済界に対し、市長側も次の選挙で支持拡大や集票が期待できる。後援会や民主会派の幹部は「企業を敵に回す必要はない」と述べ、暗に両者の思惑が一致したことを認める。

   ◇

 新たな支持層を掘り起こす上田市長に対し、従来の支持層には不安が生まれる。労組出身の後援会幹部は「問題は基本的なスタンスをどこに置くかだ。市民や労働者か、あるいは経済界か。そこは一線を画してほしい」とけん制。前回市長選で「市民自治」を掲げた上田市長が経済界にもスタンスを広げつつあることを懸念する。

 一方で、前総務省自治大学校研究部長の本間奈々氏(41)を擁立した自民党は市政奪還が至上命令。しかし、自民会派のベテラン市議は上田市長について、「本音で言えば、誰がやっても厳しい状況で一生懸命やっている」と評価も口にする。事実上の「民主対自民」の構図になるとみられる市長選。表面上の対立とは裏腹に政策の垣根は限りなく低くなる可能性がある。=つづく

  ×  ×

 来年4月に行われる札幌市長選。上田市長は3選を目指して、立候補を表明した。03年の初当選時から基本理念に据えてきた「市民自治」は進んだのか。連載「自治再考」の第5弾は、2期目の上田市政を検証する。

==============

 ■ことば

 ◇都心アクセス強化道路
 札幌都心部には高速道のインターチェンジがなく、創成川通(国道5号)の都心付近と札樽道札幌北インターチェンジを結ぶ自動車専用道路が計画されている。北海道開発局や道、札幌市などが今年3月に策定した「都市交通マスタープラン」では、「都心アクセス強化道路軸」として「自動車(の通行)の円滑性向上を重点的に図る路線」に位置づけられている。



上田市政にはほんとに疑問点が多い。

除排雪の頻度やロードヒーティングの疑問、
廃止と決定されてしまった保養センター駒岡などをはじめ、
疑問の声が多い札幌市独自の事業仕分けなど、
一般市民に負担を強いる行き過ぎた緊縮財政の一方で、
路面電車延伸の無茶な理由付け、
ゴミ有料化とそれに伴う不可解な利権、
何故か急ぎたがる藻岩山再開発、
天下りのような不思議なシステム、
外国の関連施設の税金優遇、
職員の高額な給与(広報さっぽろを見ると、削減している錯覚を起こす)など、
ある特定の人たちにとっての利益を追求しているとしか思えません。

とにかく言えるのは、
札幌市は良くなっていると体感することはないですね。
負担増は体感できるけど。



さて。
民主、社民、市民ネット推薦の上田市長ってどんな人なんでしょう。
あまり報道されていないと思われる部分をいくつかご紹介していきます。


【北教組弁護団出身】

上田市長は北教組弁護団出身で、(旭川学テ事件)
選挙の際には支援を受けています。
北教組(北海道教職員組合)について簡単に説明してみると、

こんな感じでしょうか。
上田市長は、反対意見の多かった「子どもの権利条例」なんかを無理矢理作るよりも、
まともな教育に力を入れるべきでは?と思いますが、
北教組の支援を今回も受けるなら無理かもしれませんね。




【異様な発言と疑問の政策】

>私は抑圧された側の歴史認識を共有したいとの立場である。

これは、上田市長が韓国の大田(テジョン)広域市長に述べたものです。
目を疑い、市長としてではなく上田氏個人の見解なのかな?と思いましたが、
違うようです。

上田文雄のこれが言いたい:2010.08.1(日) vol.81 アンニョンハセヨ!!
http://www.uedafumio.jp/cgi/message/news.cgi?com=infous&infopage=81&contpage=0
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
※抜粋

 7月25日から27日まで、韓国の大田(テジョン)広域市に行ってきました。同市と「姉妹都市提携」関係を結ぶ準備のためです。

ヨム・ホンチョル市長との会談の際、私は次のような話をしました。
 「日本と韓国の間にはちょうど100年前に不幸な事態があった。この問題についての歴史認識については異なる見解があるが、私は抑圧された側の歴史認識を共有したいとの立場である。国家間の問題を乗り越える力は市民にこそ存在する。札幌市と大田広域市が姉妹都市提携をすることは、新たな日本と韓国の100年を築く上でも意義深いものと信ずる。」
 これに対してヨム市長は賛意を表明し、10月中に札幌で調印をすることを約する旨の話をされました。
※10月22日に調印しています。

歴史学者でもない、日本国内の一市長の発言として、
これがふさわしいのかどうか?
甚だ疑問に感じます。

一番理解に苦しむのは、
そう表明することが、札幌市民にとって一体どのようにプラスになっていくのか?
ということ。


で、札幌市エレクトロニクスセンターの大田(テジョン)館って何ですか市長・・・。
誰も来ないそうですが・・・。

eSRA 札幌秘境100選:「札幌市エレクトロニクスセンター内大田(テジョン)館」
2006年02月18日
http://www.choko.sakura.ne.jp/mt_esra/archives/2006/02/post_3.html
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
※抜粋
 このエレセン内の一階にある大田館の存在は少数の関係者しか知らず、開所のセレモニーや韓国からの企業家や学生達の訪問のような特別のイベントを除くと訪れる人もなく、無人の展示場で大田市の先端産業の映像が映し出されている(多くの場合はディスプレイ装置がoffの)様子は大都会の秘境の雰囲気が漂う。


札幌市の事業仕分けに何故入らなかったんでしょう?
廃止となってしまった駒岡は多くの疑問の声があがるけど、
2004年に開館したという大田館は、誰も知らないし、誰も来ないし、誰も必要としていない。
ムダすぎる。
第一、エレクトロニクスセンターを運営している『さっぽろ産業振興財団』って何ですか?
天下り全廃とか言ってたのはどうなりました?


これも疑問。
何のためにこのようなパネル展を地下街で?

(当ブログ内)さっぽろ日本軍「慰安婦」パネル展について問い合わせ
2010-04-06
http://doumin.exblog.jp/11457830/



これも不思議。

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関連施設の税額を減免している札幌市
※2010年7月末時点
※固定資産税は、市町村長などがその施設に公益性があると判断すれば減免できる
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100811/plc1008112014011-n1.htm


朝鮮総連は、札幌市にとってどのような公益性があるのか?
「公益性のない朝鮮総連施設の減免は違法」とする住民訴訟で、
平成19年(2007年)11月の最高裁で住民側が勝訴し、
ほとんどの自治体は見直しているんですが。


上田さん個人がどういう思想であろうと全く自由ですが、
ここにご紹介しているものはすべて札幌市長としての動きです。
ここまで来ると、
ご自身の好みと利権とイデオロギーで、札幌市を食い物に私物化しているの?
とさえ思ってしまいます。




【特徴あるセミナー登壇者】

さて、上田市長は『市民の会』なるものをやっておられるようですが、
(頭に“プロ”をつけた方がいいのでは)

「第6回 上田文雄の元気セミナー」に900名が参加[2010.2.22(月)]
http://www.uedafumio.jp/info.html
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
※抜粋

 第1部の姜尚中(カン・サンジュン)先生(東京大学大学院情報学環・学際情報学府)の講演では、「政権交代以後、政界、財界などに変化が起こりだしている。変化がなければ前に進まない。そういった意味では日本は未知のゾーンに入っている」と述べ、短期の結果に一喜一憂することなく今の状況をきちんと見ていく必要があると語りました。

 第2部では山口二郎先生(北海道大学大学院法学研究科)にコーディネータ役をお願いし、姜尚中先生、上田文雄市長の三者による鼎談を行いました。



講師に浅野史郎先生をお招きして 「第5回 上田文雄の元気セミナー」を開催しました[2009.1.30(金)]


ゲストは山口二郎氏に姜尚中氏に浅野史郎氏。
この人たちは良くテレビなんかでも拝見しますが、
偏った意見を尤もらしく述べるのが特徴ですよね。
1万円も払ってこのセミナーに来る層って一体どんな人たちなのかな?
という興味は大いに沸きますが、
でも、一市長がやることとしてはちょっとあからさますぎるように思います。

あ、そうそう。
その山口二郎氏、
この人は強力な民主党応援団ですが、先日こんな発言をしていましたよ(笑)。

当ブログ:山口教授「(長年民主党を応援してきたことが)リフォーム詐欺の片棒を担いだ詐欺師みたいで肩身が狭い」
2010-12-19
http://doumin.exblog.jp/12820377/

※リフォーム詐欺会社=民主党
※その片棒を担いだ詐欺師=山口教授







■追記

今回も、民主党、社民党、市民ネットワーク北海道の推薦決定。

朝日:木村氏と上田氏、民主が推薦決定
2011年01月23日
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000941102010012
 民主党北海道(道連)は22日、定期大会を開き、今春の統一地方選で、知事選に立候補予定の元農林水産省大臣官房政策課企画官の木村俊昭氏(50)と、3選を目指す上田文雄市長(62)の推薦を決めた。道議選では45人の公認、7人の推薦、1人の支持、札幌市議選では24人の公認、1人の推薦を決定した。
 「新しい知事、新しい道政を誕生させ、閉塞(へいそく)感を吹き飛ばしましょう」などとする大会アピールを採択した。


毎日:社民道連大会で推薦候補決める /北海道
2011年2月7日 地方版
http://mainichi.jp/hokkaido/seikei/news/20110207ddlk01010095000c.html
 社民党道連(道林実代表)は6日、札幌市で定期大会を開き、知事選で元農水省企画官の木村俊昭氏(50)=民主党推薦=と、札幌市長選で上田文雄市長(62)=同=の推薦を決めた。道議選では民主党公認・推薦候補8人の推薦を決めた。【岸川弘明】


毎日:札幌市長選 市民ネット、上田氏を推薦 /北海道
2011年2月1日 地方版
http://mainichi.jp/hokkaido/seikei/news/20110201ddlk01010219000c.html
 市民ネットワーク北海道は30日、札幌市で臨時総会を開き、4月の札幌市長選で3選を目指す上田文雄市長(62)の推薦を決めた。自治基本条例や子どもの権利条例の制定など、市民ネットワークが求める市民主役のまちづくりに尽力している点などを評価した。

 上田氏は、市長就任以前から市民ネットワークと協力して市民活動を行っており、過去の選挙でも推薦されている。【中川紗矢子】




札幌市議会で、除雪やSAPICAなどの問題点を追及された上田市長がキレたようです。
札幌市汚職事件も発覚しましたが、
弁護士でもある上田市長はどう責任を取るんでしょうか。

当ブログ:大人げない上田文雄札幌市長、除雪問題等を追及され「重大な名誉棄損。刑事告発含め検討」/札幌市汚職事件
2011-02-22
http://doumin.exblog.jp/12961264/




民主党への逆風から、推薦を隠したいようです。

当ブログ

上田文雄札幌市長と道知事選の新人、民主党隠し
2011-03-01
http://doumin.exblog.jp/13022124/

民主党の公認・推薦を断る候補者が全国で続出 蜜月解消の地域政党も 2011統一地方選
2011-02-22
http://doumin.exblog.jp/12960784/




公約を発表しました。

当ブログ:民主党推薦の上田文雄札幌市長、公約発表 91項目のうち32項目を重点政策と位置付け
2011-03-09
http://doumin.exblog.jp/13088461/






■参考リンク

「矛盾の矛先は何を貫く」さんより

左翼系市民団体と上田札幌市長
2008/09/05 18:09
http://bit.ly/H43Hxn

上田札幌市長とその仲間たち
2008/09/04 16:17
http://bit.ly/1jPm2vy

札幌市自治基本条例の異常さ
2007/04/19 20:28
http://bit.ly/1jPmc5Z






■当ブログ内関連記事

[PR]
by doumin | 2010-12-21 15:49 | 政治‐2011統一地方選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード