和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
茨城県議選 民主党国会議員大量投入も惨敗(笑)
読売:民主、公認と推薦4分の3が落選…茨城県議選(2010年12月13日01時18分)
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20101212-OYT1T00483.htm
 茨城県議選(定数65)は12日投開票が行われ、23人の公認候補を擁立した民主党は現有議席と同じ6議席を獲得するにとどまり、多くの選挙区で大敗を喫した。

 自民党は、公認候補36人のうち無投票当選者を含めて33人が当選し、推薦候補も6人が議席を獲得するなど、県議会での優勢を保った。

 このほか、公明党は現状維持の4議席を、みんなの党は3候補を擁立して2議席をそれぞれ獲得した。共産党は1減の1議席に後退。県選管のまとめでは、全県の得票率は自民党38・98%に対し、民主党17・01%だった。投票率は49・00%(前回47・94%)。

 推薦1人を含めて候補者の4分の3が落選した民主党は、現職2人が議席を失い、新人は19人(推薦含む)のうち16人が落選した。定数7の水戸市選挙区で1議席しか獲得できず、都市型選挙区とされるつくば市選挙区(定数4)でも当選者がいなかった。

     当選
   ()は立候補者  改選前
民 主   06(23)   06
自 民   33(36)   45
公 明   04(04)   04
共 産   01(05)   02
みんな   02(03)   01
無所属   19(35)   06
合 計   65(106)  64




ゲンダイ:茨城県議選 民主党国会議員 大量投入のアホらしさ 2010年12月10日 掲載
http://gendai.net/articles/view/syakai/127868
(抜粋)
 来週12日投開票の茨城県議選に向けて、民主党が狂ったような選挙戦を展開している。
 TVで顔と名前が売れている国会議員を連日のように大量投入し、与野党大激突の県知事選のような様相なのだ。
 これまで現地入りした主な国会議員は鳩山由紀夫前首相、枝野幸男幹事長代理、海江田万里経財相、江田五月前参院議長、馬淵澄夫国交相、蓮舫行政刷新相、岡田克也幹事長、松原仁衆院議員、石井一参院議員など。
 加えて、10日には鳩山が2度目の茨城入りをするし、鹿野道彦農相も駆けつける。11日は長妻昭副幹事長、谷亮子参院議員が現地入りする。
 さながらオールスターキャストなのだが、滑稽なのは、それでも民主党には勝ち目がないことだ。
 茨城県議は定数65だが、民主党は24人しか立てていない。全員当選でも過半数に届かないのだ。
 確かに茨城県は保守王国だが、先の衆院選で民主党は大躍進。全選挙区で民主党の国会議員が誕生した。本来ならば、県議会でも躍進が見込めるのだが、候補者が集まらなかった。
 そのうえ、この逆風だから、「よくて8~10議席、ヘタすりゃ3、4議席程度にとどまるかもしれない」(選対関係者)なんて言われているのだ。
 そんな結果になれば、松戸市議選、和歌山県知事選、金沢市長選の敗北に続いて連敗記録更新になる。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
「これまでは仮免だった」=これから本番と決意強調-菅首相 2010-12-13
菅首相、茨城県議選敗因は「政治とカネ」 2010-12-13
菅首相、イラ菅の封印を解き「俺に決断させようとするな!」 陰の首相(仙谷官房長官)もイライラ、疑心暗鬼 2010-12-11

■カテゴリ:政治-地方

■関連カテゴリ:政治-与党  政治-2011統一地方選

トップページ
[PR]
by doumin | 2010-12-13 14:43 | 政治‐地方 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード