和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
恥ずかしい山口二郎教授がまた…生番組の討論で橋下氏に完全論破される→橋下氏を呼び捨てで言い訳ツイート
橋下大阪市長と、(長年民主党を応援してきたことが)リフォーム詐欺の片棒を担いだ詐欺師みたいで肩身が狭い山口二郎教授の討論。

報道ステーションSUNDAY 2012年1月15日(日曜日)放送

youtube:橋下1
http://www.youtube.com/watch?v=RkR5LIViS6M

youtube:橋下2
http://www.youtube.com/watch?v=eEiqITmlqg0&feature=related


※上記は消えていますので、以下をご覧ください。



J-CAST:橋下市長と山口教授がテレビ直接対決 終始劣勢山口氏は「難儀なことでした」
2012/1/16 19:18
http://www.j-cast.com/2012/01/16118968.html?p=all
大阪市の橋下徹市長と、橋下氏に批判的な発言を続けている北海道大学大学院の山口二郎教授が2012年1月15日朝、テレビ朝日系の「報道ステーション SUNDAY」で、直接対決に臨んだ。山口氏が、現状の仕組みのままで様々な改善ができると主張するのに対して、橋下氏は「現実はそんな甘いもんじゃない」などと反論。橋下氏は「学者は世間知らず」という非難も多く口にし、山口氏が終始劣勢に立たされた。

教育委員会制度改革で激論
番組内では、区長の公募や国政への進出など複数の論点で議論が展開されたが、特に白熱したのが、教育改革に関してだった。橋下氏は、現状の教育委員会制度が形骸化しているとして、改革を求めている。これに対して山口氏は、

「地方分権と教育で言えば、愛知県犬山市で非常に素晴らしい実践があったことをご存じですか?首長のやることは、立派な教育長に据えて教育委員を選んで現場の知恵を出して改革のプランをつくったら、そこにカネと人をつける。それが首長の仕事でしょ?」

と、07年に犬山市の教育委員会が当時の市長のリーダーシップで独自の副教材を作ったり、全国学力テストへの不参加を決めたりしたことを評価。その上で、

「現状の教育委員会の仕組みでも、そうやって学校を変えたケースがある」
と主張した。

これに対して、橋下氏は、

「犬山の事例なんて出して、1700ある自治体のひとつ。しかも犬山市は、あれは上手くいっていない。あとで(方針を主導してきた市長が)選挙で変えられてしまった。学力調査テストには参加しないと言っていた以前の教育委員が、『これはおかしい』ということで選挙で変えられて、犬山市は変わって来てるんですよ。だからこれは中身の問題ではなくて、今の仕組みでできるのかどうかと言えば、現実問題できない。教育委員も、みんな言っている」

と、(1)犬山市のケースはほんの1例で一般化できない(2)その犬山市のケースですら後に方向転換を迫られている、と反論。仕組み自体を変える必要性を強調した。


「私は、文句言うことが仕事なんだから」
また、放送時間の多くが、橋下氏の「学者批判」に費やされた。例えば、「教育に競争を持ち込むな」と主張する山口氏が

「橋下さんの改革というのは、点数という非常に単純な物差しで、大阪の組織を官僚組織にしていくだけではないか」
と批判すると、橋下氏は

「全然知らないですよね、中身をね。(中略)保護者と学校が協議をして自分たちの学校の目標をつくるというのが、僕たちの考え方」
「山口さんの意見でいけば、『そういう仕組みをつくるのは難しい』。そういう批判はいい。学者の批判というのは、新しいことをやろうとすると、それに対する批判だけで、現状について見ていない。現状の先生の評価のシステムなんてデタラメ。それだったら少々難しくても、新しいシステムをつくっていくのにチャレンジするのが政治家。それをワーワーワーワー無責任に言うのが学者」
と一気に反論。

これに対して、山口氏は、

「学者っていうのは物を考えるのが仕事。ものを考えたら、ソクラテスのように多数派と衝突することが時々ある。そりゃ、僕があなたのような権力者のおべんちゃらを言ったら、それこそ税金の無駄遣い。私は、文句言うことが仕事なんだから」
と反論するにとどまった。

番組の最後に感想を聞かれて、

「いやぁ、楽しかったです」
と答えた山口氏だが、ツイッターでは、

「橋下を相手にテレビでしゃべるのは難儀なことでした」
とつづっており、こちらの方が本音に近そうだ。

なお、1月27日深夜放送に放送される、テレビ朝日系の「朝まで生テレビ!」のテーマは、「激論!『独裁者』橋下市長が日本を救う?!(仮)」。司会の田原総一朗さんは、ツイッターで

「橋下さんのツィートに応える為に、朝生をセッティングしました」よろしくお願いします」
とも発言しており、橋下氏に批判的な別の識者との「直接対決」が実現するものとみられる。


浅い知識で、さも何でも分かっているかのように触れ回った上、
著書まで出す勘違いぶりだけでも驚きなのに、
指摘されると、
>「文句を言うのが仕事」
などと、言い訳にすらなっていない奇妙な自己弁護と逆ギレ。

>「ソクラテスのように~~」
ソクラテスと同一視するおこがましさ。
すごい学者様です。

で、
>「私は、文句言うことが仕事なんだから」
というのは、教授としての立場ではなく政治学者としての話ですよね?
政治学者って文句を言うことが仕事なんですか?
そんな話は聞いたことがないんですが、(教授もそうだけど)
山口さんの普段の言動からすると、
民主党には大甘な一方で、
何でもかんでも無理やり自民党批判に持って行っているので、
「自民党専門に文句を言う仕事」という意味ととれます。

山口さん個人の考えではそれが政治学者なんでしょうが、
一般的には、そういうのは政治学者と言うより御用学者ですけどね。
学者には違いないけど(笑)。




そして今回、橋下さんに徹底的にやりこめられ、
その場でちゃんとした反論も出来なかった腹いせをツイート。
しかも呼び捨て。

ツイッターには「闘う政治学者」と書かれているんですが、
気に入らないとか、
利害に反する(山口さんの場合は民主党の方針に沿わないとか)人に対し、
勉強不足なままでも何でもいいからとにかく一方的に難癖をつけることが、
山口さんにとっての「闘う」という意味なのかもしれません。
これもまた、一般的な意味と著しくずれていますけどね(笑)。

260yamaguchi 山口二郎

https://twitter.com/260yamaguchi/status/158802512151973888
@ken_terawaki 橋下を相手にテレビでしゃべるのは難儀なことでした。大学についてはこれから動きがあると思います。佐藤優さんが橋下の本質はマッカーシズムだと看破していました。橋下現象自体が長続きするとは思いませんが、彼得意の民意の絶対化、教育における顧客主義は続くかも。
6時間前

https://twitter.com/260yamaguchi/status/158181062705557504
せっかく大阪に来たので、近辺にいる教え子が集まって、急遽同窓会。中に、自治体職員が一人。改革というのは、現場で頑張っている人間が仕事しやすい環境を作ることだという。大阪で進められようとしている「改革」はその真逆。評価権限を持った上位者に媚びへつらう人間を増やすだけ。
1月14日

https://twitter.com/260yamaguchi/status/158142492343144448
明日の報道ステーションサンデーの準備でスタッフと打ち合わせ。その後、橋下氏のツイッターを一通り見る。彼に役立たずの学者といわれるのは名誉なことなのだろう。ついでに、彼が口汚くののしっている中島岳志氏は私の弟子ではありません。役に立つという言葉の意味が問われているのだ。
1月14日



>佐藤優さんが橋下の本質はマッカーシズムだと看破していました。
○○さんもこう言ってました!とか、まるで小学生のような幼稚な言い草。
でも、民主党支持者らしい。
と言うより、民主党そのもの。
しかも、鈴木ムネオさんの仮出所パーティで土下座(三文芝居)してた佐藤優さんが「看破」って(笑)。

>彼が口汚くののしっている
自分のことを棚に上げてよく言えたものです。
平松さん応援時に「チンピラ兄ちゃんの野望を打ち砕け」などと言っていたのはどこの誰でしょう?


ほんとこの人、育ちが悪いとか頭が悪いとかどうとかって以前に、
日本人なのかどうかさえ疑ってしまうレベルですねぇ。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


山口さんってこんな人。

(当ブログ内)

山口教授「(長年民主党を応援してきたことが)リフォーム詐欺の片棒を担いだ詐欺師みたいで肩身が狭い」
2010-12-19
http://doumin.exblog.jp/12820377/

菅首相、山口二郎教授と日本料理店で会食し「2次補正成立まで続投」の意向→2日後「時期は常識的に判断」
2011-06-07
http://doumin.exblog.jp/13734739/

リフォーム詐欺師の様で肩身の狭い山口二郎教授「チンピラ兄ちゃんの野望を打ち砕いて下さい」と橋下氏批判
2011-11-27
http://doumin.exblog.jp/15011862/

(追記)平松邦夫前大阪市長と山口二郎教授が札幌でシンポジウム(笑) 2012年2月9日(木曜)午後6時から
2012-02-07
http://doumin.exblog.jp/15393254/

(追記)道新「憲法改正がテーマの北大公開講座の後援を札幌市教委が断った」ことを記事に 講師は山口二郎(笑)氏ら
2014-08-21
http://doumin.exblog.jp/21035064/

(追記)北星学園大学非常勤講師の植村隆氏、後期も継続決定 「植村氏との契約を誠実に履行する」と田村信一学長 ※山口教授は「負けるな北星!の会」呼びかけ人。
2014-10-02
http://doumin.exblog.jp/21169745/

(追記)取材拒否の「菅直人の復活に期待する会」なぜか星浩氏(朝日新聞)と高野氏はOK 山口二郎氏、仙谷氏らも出席
2014-11-28
http://doumin.exblog.jp/21344010/

(追記)朝日新聞・丹治吉順記者「『アベシネ』とか『たたっ斬ってやる』はドン引かれるだけ。リベラルですらない」
2015-12-07
http://doumin.exblog.jp/22623167/



「民主党を軸とした政権交代が日本を救う!」
と長年提唱し、今は肩身の狭い思いをしている山口さんは、
橋下市長との討論であんな醜態を晒してしまったことで、
またさらに肩身の狭い思いをするんでしょうか(笑)。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


■関連記事追記

一体何が専門なんだかさっぱり分からない山口さんが経済界フォーラムで、
「『できない』を前提とするのではなく、『できるかもしれない』とアイデアを深めて能動的に動くことからダイナミズムが生まれてくる。荒唐無稽と思われるくらいのアイデアを練っておくことが必要だ」
と、わずか10日前とは真逆の主張を展開しています。
本当に民主党にぴったりな人ですね。

HRE:札幌市経済界フォーラムで山口二郎・北大教授、横山清・アークス社長、上田文雄・札幌市長「札幌のブランド力アップ」を討論
2012年1月26日(木) 7:56
http://hre-net.com/seiji/sapprosisei/4004/




「橋下さん1人 VS 反橋下」というコンセプトでしたが、
山口さんは逃げたようです。

2012年1月 朝まで生テレビ
激論!大阪市長“独裁・橋下徹”は日本を救う?!
http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/video/1201/program.html
吹き荒れる“橋下旋風”!
“大阪都構想”とは何か?!
ド~する?!教育行政
ド~する?!日本の将来

今月の「朝まで生テレビ!」では、
2011年、大阪W選挙で大躍進した
大阪維新の会代表 橋下徹大阪市長をスタジオに迎え、
橋下市長の目指す大阪とは?!
大阪都構想とは何か?!
そして、日本の将来像とは?! …等々を
これまで橋下流政治手法・政策等に批判的、または危惧する方々が
ホンネで徹底討論する予定です。


番組進行: 村上祐子(テレビ朝日アナウンサー)

司会: 田原 総一朗
パネリスト:
山下芳生(日本共産党・参議院議員)

橋下徹(大阪市長、「大阪維新の会」代表、前大阪府知事)

東浩紀(批評家、早稲田大学教授)
池田知隆(元大阪市教育委員長、ジャーナリスト、「どうなる!大阪の教育」編集・著者)
香山リカ(精神科医、立教大学教授、「橋下主義を許すな!」共著者)
薬師院仁志(帝塚山学院大学教授、大阪市民、「橋下主義を許すな!」共著者)
柳本顕(自民党・大阪市会議員)
吉富有治(ジャーナリスト、「橋下徹 改革者か壊し屋か」著者)




脅迫まがいの汚い言葉で↓

togetterまとめ:山口二郎法政大学教授「安倍に言いたい、オマエは人間じゃねえ、叩き斬ってやる!」
2015年8月
http://togetter.com/li/867713

保守速報:【サヨク速報】 山口二郎法政大教授「安倍に言いたい。オマエは人間じゃねえ、たたき斬ってやる!」(動画)
2015年08月31日10:45
http://hosyusokuhou.jp/archives/45261825.html
※関連記事:朝日新聞・丹治吉順記者「『アベシネ』とか『たたっ斬ってやる』はドン引かれるだけ。リベラルですらない」 2015-12-07



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治-地方

トップページ
[PR]
by doumin | 2012-01-16 22:43 | 政治‐地方 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード