「ほっ」と。キャンペーン
和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
「復興予算横流し」と報道したNHKの二枚舌 不祥事と腐敗と偏向報道のデパートNHK、平均年収は1780万円
復興予算の横流しを報じたNHKですが、

NHKスペシャル:シリーズ東日本大震災 追跡 復興予算 19兆円
2012年9月9日(日)午後9時00分~9時58分
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/0909/
「復興は進んでいない。お金は一体どこに使われているのか。」今、被災地から切実な悲鳴があがっている。
大震災後、被災地復興のためつぎ込まれる巨額の“復興予算”。
増税を前提につぎ込まれることになった“復興予算”はいったいどのように流れ、使われているのか。
番組は“巨額のマネー”の行方を追い、その実態を徹底検証する。




なんとNHKにも、
8億円もの予算が流れていたことが判明。

ゆかしメディア:NHKに流れた復興予算8億円「風評被害払拭」のため
2012年11月8日(木)11時35分配信
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/yucasee-20121108-12348/1.htm
 NHK(日本放送協会)などマスコミに復興予算の一部が流れていた件で、8日の衆院総務委員会で、樽床伸二総務相は「海外の風評被害を払しょくするのが目的」だと述べた。斎藤やすのり委員(国民の生活が第一・きづな)の質問にこたえた。

 復興予算の使い方については、本当に被災者に行き届いていないのではないかとの疑念が各方面で問題となっているが、この日指摘されたのはNHKの海外向けサービスを提供する「NHKワールド」に対して約8億円が使われたという点だった。

 樽床総務相は「風評被害の影響を受けているのを払しょくするのが重要なテーマだった。そこで海外で展開できるのが、NHKということだった」と説明した。


【シロアリ役人だけじゃないゾ 復興予算に群がる大マスコミ】予算流用の実態をスクープしたNHKも“おいしい思い” 2012年10月25日 掲載
http://gendai.net/articles/view/syakai/139317
復興番組の多言語化と海外放送で、ナント4億4000万円

 先月、看板番組「NHKスペシャル」で復興予算流用問題を追及していたNHK。ところがこの公共放送も、復興予算の恩恵にあずかっている。総務省や外務省の予算が、子会社を通じてNHKにドッと流れているのだ。

 NHKに復興予算が流れている“カラクリ”はこうだ。
 総務省は昨年11月の復興補正予算に「海外への情報発信強化」の名目で、8億1000万円を計上した。復興の状況を各国に伝え、風評被害の拡大を防ぐというのが狙いだ。
 総務省はこのうち4億4000万円を、復興をテーマにした30分番組の制作費や多言語化、NHK国際放送を通じての放送費用にあてた。おいしい思いをしたのはNHKだ。
「番組の制作は、2月の公募で優れた企画を出した13の放送局・制作会社に依頼しました。制作費は1本200万~500万円。これとは別に、民放がすでに放送した29本のドキュメンタリー番組も購入しました。計42本を今年2月から10月にかけて、NHK国際放送を通じて世界約130の国と地域に放送した」(総務省情報通信振興課)
 番組の多言語化はNHKの子会社、「日本国際放送」が担当。これを放送するに当たり、親会社のNHKに費用を払った。番組を作らせた後は、NHKが丸儲けしたということだ。
 総務省は「『NHK』や『子会社』にいくら支払ったのかはお答えできません」と言うが、復興予算の使い道はすべてを明らかにすべきだ。この歯切れの悪さは何なのか。
 TV関係者は「NHKや子会社にかなりの予算が流れているのは確実」と言う。
「1本の制作費が仮に400万円としても13本で総額5200万円。番組購入もせいぜい1本数十万と推測されるので、こちらの総額は900万円ぐらいでしょう。公募の選定に関わった広告会社への手数料を差し引いても、3億円以上がNHK子会社とNHKに流れているのではないか。VTRの多言語化は大変ですが、NHKの子会社はノウハウがあり、お手のもの。他国への放送も、今ある機械で完成された番組を流すだけなので、経費はそれほどかかりません。今回の事業には、それなりの意味があると思いますが、額を聞くと“エエッ”と思いますね」(ある放送作家)
 この件について、NHKや子会社に詳細を聞いたが、「お調べします」と言ったきり、なしのつぶて。NHKが子会社を財布にしているのは広く知られた話だが、復興でも儲けているとは仰天だ。
 NHKは復興予算にたかるシロアリ官僚の実態をいち早く報じた。しかし、それは消費税法案が成立した後だった。オカシイと思ったら、この背景。しかも、NHKに流れたのは総務省がらみの予算だけではない。外務省からも怪しいカネが渡っているのだ。




これを正当化するかのようなニュースまで。

NHK:放送番組の海外輸出で検討会 11月8日 20時31分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121108/k10013357721000.html
日本の放送番組の輸出を増やすため総務省が設けた検討会の初会合が開かれ、海外で放送枠をどう確保するかなどを検討し、来年3月までに報告書をまとめることを確認しました。

8日、総務省で開かれた初会合には、NHKや在京の民放各社、それに出演者などの団体のトップらが出席しました。
会合で樽床総務大臣はビデオでメッセージを送り、「日本を訪れたい、日本の商品を買いたい、日本のサービスに触れたいという人を1人でも増やすため、日本の魅力ある放送番組を海外に展開したい。そのためには国を挙げて取り組む必要がある」とあいさつしました。
また、座長に就任した住友商事相談役の岡素之氏は「日本の存在感を向上させるための有効な手段として、放送番組の海外発信が必要だ。そのためのインフラ整備は政府が相当支援すべきではないか」と述べました。
日本の地上テレビ番組の輸出額は平成22年度で63億円と、韓国の165億円の半分以下となっています。こうした状況を踏まえ、会合では海外で放送枠をどう確保するかや、番組を海外で放送する際に出演者などの許可を得る「権利処理」を効率化するための方策などを検討し、来年3月までに報告書をまとめることを確認しました。


TBS:テレビ番組の輸出、官民で連携 11月8日(木) 18時50分
http://news.myjcom.jp/video/story/5177035.html
(抜粋)
 検討会では番組の海外販売で課題となっている音楽などの著作権処理を迅速化することなどを議論するほかスマートフォンなどへ向けた配信についても検討を行います。

 総務省は番組輸出の強化とともに国際社会での日本の存在感を高めたい考えで来年3月までに取りまとめを行う方針です。




国民の税金を毎年投入してもらい、
復興予算横流しを報じたその裏で復興費用を8億円も受け取り、
テレビだけではなく、パソコンや携帯などワンセグ受信可能な端末を持っているというだけで受信料を強制徴収し、
NHK職員の平均年収(厚生費等を含めた人件費)は1700万円以上。

受信料値下げ額はわずか70~120円。NHK職員ひとり当たりの人件費は年間1708万円
[2012年01月06日]
http://wpb.shueisha.co.jp/2012/01/06/9004/


野田首相 NHK 電波ジャックの怪- ゲンダイネット(2012年4月9日10時00分)
http://megalodon.jp/2012-0409-1547-35/news.infoseek.co.jp/article/09gendainet000167328
 3月下旬の衆院総務委員会では、NHK職員の年間報酬がサラリーマンの平均年収の4倍、約1780万円に上ることが問題視された。




そして、何かと言えば韓国韓国。
天皇陛下に対する謝罪発言、竹島上陸など数々の暴挙、慰安婦捏造はどこへやら。
情報番組やらクイズ番組やらドキュメンタリー番組やら様々なところに韓国を散りばめ、
挙句の果てにトップニュースでまでK-POPを報じる始末。

そこまでしても、韓国に対する日本人の嫌悪感は止められず、
危機感を感じたためか、
この手の報道↓を連発。

NHK:韓国 中高生が日本語の演劇を披露 9月15日 23時37分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120915/k10015052891000.html
日本語を学ぶ人の数が世界で最も多い韓国で、中学生や高校生が自分たちで作った日本語による演劇を披露する大会が開かれました。

この演劇大会は、韓国にある日本大使館や日本語を指導している韓国人教師たちのグループなどが毎年、開いています。15日はソウル市内の会場に、日本語を第2外国語などとして学んでいる中学生や高校生の中から、予選を勝ち抜いた10校の生徒たちが集まりました。生徒たちは春から準備してきた自作の演劇をすべて日本語で披露し、中には日本人と韓国人の間の偏見や誤解をテーマにして、両国の若者がぶつかり合いながら乗り越えようとする姿を描いた劇もありました。日韓関係はこのところ、竹島の問題などを巡って政治的に冷え込んでいますが、国際交流基金によりますと、韓国の中学や高校それに大学などで日本語を学んでいる人は、およそ96万人と世界で一番多いということです。参加した女子生徒は、「日本の漫画が好きで日本語を一生懸命勉強しています。いつか日本に留学したいです」と話していました。別の男子生徒は、「将来は翻訳家になりたいです。偏見を持たず、日本人とたくさん話をして、どんな問題や誤解があるのかを知りたいです」と話していました。



中止も検討された韓国物産展が開催され好評だの、
韓国イベントで賑わっていただの、
「領土問題とは民間レベルは別で考えましょうと○○さんが述べた」
「今まで築きあげてきた日韓友好は止めてはならないと○○さんが述べた」
など、必死に印象操作。

そして未だに韓国ドラマは垂れ流し。
もううんざり。

公共放送って一体何?
こんなものに、誰が「受信料を払いたい」と思うでしょうか?

スクランブル化の話が出ているようだけど、
「公共放送の理念と矛盾」などともっともらしい理由をつけて、
スクランブル化を否定しているそうです。
実際には、受信料収入が激減するのを恐れているからなんでしょうけど。

産経:NHKのスクランブル化 「地上波で導入」88% 2012.11.9 00:14
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121109/trd12110900150000-n1.htm
(抜粋)

 栃木・男性会社員(52)「番組を見たい人が受信料を払うべきで、テレビ受像機を持っているだけで受信料を徴収する今のNHKのやり方には納得できない」

 北海道・男性会社員(43)「強制的な契約料で、見たくもない韓国アイドルを放送されるのは納得いかない。国営放送とし、ニュースと天気予報と国会中継だけにしたほうがよい」

 埼玉・男性アルバイト(62)「スクランブル化し、見たい人からだけ料金を取るのが公平。ただしニュースや報道番組、緊急放送、狭い意味での教育関係、国会中継のみ無料開放すればよい」

 東京・男性会社員(39)「災害報道のみノンスクランブルかつ税金で放送し、それ以外はスクランブルをかけて任意の契約者だけが視聴できるようにすれば納得できる」

 滋賀・女性パート(56)「NHKは豊富な資金でチャンネル数を増やし、必要のない番組を作っているように思う。スクランブル化をぜひしてほしい」

 神奈川・男性自営業(28)「見たい人だけが見られるようにし、基本料金の大幅値下げをはかるべきだ」

 北海道・女性自営業(37)「どこの局も偏向報道ばかりだと思うのでテレビは見なくなった。もしNHKが偏らなければ、お金を払ってでも見たい」

 大阪・男性会社員(48)「NHKは国営放送といってもよい放送局なので、受信料は支払うべきだ。しかし、国のためにならない放送内容が多いのではないかと思うので、受信料を支払う気にはならない」



■スクランブル化

 有料BS放送などで導入されているデータを暗号化する技術で、契約者以外はテレビ映像を見ることができません。放送法では「協会(NHK)の放送を受信することのできる受信設備を設置した者」に契約が義務づけられており、スクランブル化されれば、契約の必要がなくなることになります。しかし、NHKは公共放送の理念と矛盾するなどとして導入していません。



フジテレビ、TBS、日テレ、毎日新聞、朝日新聞は酷いと思っていたけれど、
それ以上に酷いのはNHKかもしれません。

NHKは、スクランブル化どころか民営化or解体が妥当でしょう。
こんな訳の分からない自称公共放送に、
受信料を支払うことも、国民の税金を投入することも、
全く納得できません。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連リンク

1992年 NHKドキュメンタリー「やらせ」捏造問題
NHKスペシャル『奥ヒマラヤ 禁断の王国・ムスタン』
http://mediaresearch.blog.jp/archives/1551507.html


『奇跡の詩人 〜11歳 脳障害児のメッセージ〜』 FAQ
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kbys_ysm/kiseki_faq/
平成14 (2002) 年4月28日に「NHKスペシャル」枠で放映された番組です。

衆議院議員・菅義偉氏 (自由民主党所属)、弁護士・滝本太郎氏、関西医大助教授・杉本健郎氏、関西学院大学助教授・中島定彦氏、ジャーナリスト・有田芳生氏、エッセイスト・ナンシー関氏、週刊新潮、週刊文春、SPA!、日本小児科学会、日本小児神経学会、日本聴能言語士協会、Japan Skeptics など、多くの個人や団体から、番組の内容に対し様々な疑問や批判が表明されています。

番組制作者は批判に対する有効な反論ができなかったにも関わらず、番組内容に問題があったことは公式には認めず、謝罪もしていません。しかし、再放送や北米での放送は中止されました。また、国会でもこの問題は取り上げられ、その後、NHKはドーマン法を肯定するような番組は製作していません。(2005年1月現在)


Wikipedia:NHKスペシャル シリーズ 「JAPANデビュー」
http://p.tl/-bFb
(抜粋)
日本が西洋列強に対抗する際に命運を握った「アジア」 「天皇と憲法」 「貿易」 「軍事」に世界史上から焦点をあてた特別番組として4回がNHK総合、NHKの海外放送、子会社NHKグローバルメディアサービスが行うNHKワールドプレミアムを通じて放送された。初回放送の番組内容を巡って物議を醸し、日本と台湾の両国の視聴者や番組出演者を含めた約1万300人により集団訴訟が起こされている。


この事実を知ってほしい
■NHKが関与した恐るべき「黙示録」
日本の公共放送が海外のテレビ局に貸し出した映像はどう“利用”されているのか
フランス在住邦人 敦子カロー

(1)
http://megalodon.jp/2010-0308-1448-48/www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0912/ronbun3-1.html

(2)
http://megalodon.jp/2010-0308-1449-04/www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0912/ronbun3-2.html

(3)
http://megalodon.jp/2010-0308-1449-19/www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0912/ronbun3-3.html


ZAKZAK:NHK職員、地方で“不倫&接待”…不祥事連発の黒い温床とは
2011.03.08
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110308/enn1103081558011-n1.htm


スカート盗撮逮捕連発 職員がワイセツ犯罪に走る職場ストレス
2011年10月14日19時00分
http://news.livedoor.com/article/detail/5938323/
(抜粋)
 世間から“不祥事のデパート”と揶揄されるNHKが間もなく緊急事態宣言を発令するという。立て続けに発覚した局員やスタッフによる盗撮や痴漢、窃盗、無免許運転、不倫殺人容疑…など半ば無法化している異常状態にNHK上層部が重い腰を上げるのだ。


BLOGOS 片山さつき:NHK放送副総局長他が「韓流押し疑惑」に答えました!論評抜きでそのままお伝えします。 2011年12月08日 23:56
http://blogos.com/article/26442/A
(抜粋)
「少女時代は、『独島の歌』を歌っている歌手。紅白には、ふさわしくない」という声が多数よせられているが、NHKとしては、調査の上、下記のような状況なので、支障はないと判断している。

「日本の若い人たちの間でも、文字としての韓国が流行っているようです」
「携帯電話の絵文字をわざわざハングルにして交換するのが流行っている」
と梅津アナともう一人のアナが発言した。
流行っている、と判断した理由は、都内の繁華街で、何人もの若者に、実際携帯をみせてもらって、そういう例が何件もあったから。
世論調査などを行ったわけではない。


産経:「性」に踏み込むNHK 公共放送の役目?やりすぎ?賛否両論
2011.12.29 20:03
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111229/ent11122920040010-n1.htm
(抜粋)
情報番組「あさイチ」(月~金、総合午前8時15分)ではセックスレスなどを特集、夜のドラマではベッドシーンも珍しくなくなり、深夜にはお色気料理番組すら登場した。


youtube:櫻井よしこと金美齢がNHKの偏向報道を成敗!! 2012/08/24
http://www.youtube.com/watch?v=YKxteA_2aqA


日本は「NHK」と「公共放送」の必要性を考えるべきときにきている
2012年10月2日 19時30分
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20121002/
Shueishapn_20121002_14388.html

(抜粋)

とにかく「受信設備」の定義が広すぎるため、現状では仮にテレビは所有していなくても、ワンセグ機能が搭載されている携帯電話やカーナビ、ニンテンドーDSなど、テレビを視聴可能な受信機を所有しているだけで受信契約を結ばなければならないのだ。

こんな時代にそぐわない「放送法」にのっとって受信料を支払えと言われても、素直に同意できないのが普通の感覚ではないだろうか。

NHKの現在の契約率は約79%。イギリスの公共放送機関であるBBCの契約率98%と比べると、明らかに低い数値にとどまっている。イギリスの場合、受信許可料(受信料)の支払いを拒否した場合は罰則規定が設けられているなど“強制力”に違いはあるが、両者の差はそのせいだけではないだろう。

「そもそもNHKの本来の使命は公共的な空間を国民に与えること。少数派にも意見の場を提供し、国からの情報公開を徹底したり……。一方、国民にはそういった公共空間を支えるため受信料支払いの義務が課せられている。NHKにおいて放送の公共性が保たれている限りは契約強制の理屈も成り立つと思いますが、現在、NHKはそれを担保できているでしょうか? はなはだ疑問に感じています」(受信料問題に詳しい弁護士の梓澤和幸氏)

規模が大きくなりすぎたなどの批判はあるものの、イギリスでBBCは多くの国民から公共放送として認められている。果たして、NHKはどうだろうか。

「受信料を支払わない人には一部の情報のみ提供し、支払った人だけにすべての放送が見えるようにする『スクランブル化』も、選択肢のひとつとして考えるべきときにきています。ただ、仮に今すぐ実行したら、NHKの経営は立ち行かなくなるでしょう。だったら見ないよ、という人が多いはずですから……。もちろん、それで淘汰されるような公共放送など存在意義がないともいえますが、ただ現時点でわれわれが公共放送を失うと、本当に損をするのは誰なのかも考えるべきだとは思います」(上智大学新聞学科・碓井広義教授)

公共放送とは何か。公共放送は必要なのか、そうではないのか。そろそろこの問題について、国民的議論が必要なのかもしれない。

(取材・文/コバタカヒト)


関連記事
NHKと東横インの受信料訴訟、“正論”ならNHKの圧勝?
識者が提言するNHKの受信料は、基本契約240円+個別コンテンツ課金
受信料値下げ額はわずか70~120円。NHK職員ひとり当たりの人件費は年間1708万円
ワンセグ搭載機器にも支払いが義務付けられるNHKの受信料。その根拠は?
2010年度NHK受信料の徴収率は74%。この数字は本当か?


NHK「特攻隊員の遺書1000通新発見」に遺族が大困惑 2012.10.05 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20121005_146878.html


元NHKディレクターまた逮捕!執行猶予中に覚せい剤 2012.10.27
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20121027/dms1210271437004-n1.htm


BLOGOS:NHKの驚くべき情報隠ぺいの動かぬ証拠音声 2012年11月07日 17:27
http://blogos.com/article/49793/




普段の偏向報道をそのまま海外に発信するつもり?

(追記)毎日:国際放送強化へ 諮問委員会を設置 2012年12月18日 19時10分
http://mainichi.jp/select/news/20121219k0000m040030000c.html
 NHK経営委員会は18日、外国人向けのテレビ国際放送を強化するため、諮問委員会を設置することを決めた。来年1月15日に初会合を開き、5月ごろに提言をまとめる。

 NHKの英語による国際放送「NHKワールドTV」は現在、約130の国・地域で1億6000万世帯が視聴可能だが、英BBCや米CNNなどに比べて認知度が低く、普及の遅れが指摘されている。サービスは基本的に無料で、日本国内の受信料と国の交付金を財源に充てている。報道以外の文化や娯楽番組の制作の一部は子会社の日本国際放送(JIB)に委託している。

 委員会では国際放送の普及や、JIB、財源のあり方について提言する。委員は東映執行役員の鈴木英夫氏ら5人。【土屋渓】



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
テレビがなくてもNHK受信料義務化?人件費1780万円のNHK、全世帯から徴収を目論んでいた ※要注視 2013-12-04

■カテゴリ:マスコミ

トップページ
[PR]
by doumin | 2012-11-10 18:56 | マスコミ