和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
河村氏のような人が名古屋市長であることがうらやましい…2013年4月に南京事件を再び否定
南京事件を再び否定した名古屋市長、「彼を訴えたい!」と生存者が怒りあらわ―中国メディア Record China 4月5日(金)11時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130405-00000016-rcdc-cn
2013年4月4日は清明節といって、中国では先祖の霊を慰める日。南京大虐殺の数少ない生存者の女性が、「南京事件はなかった」と発言した河村たかし名古屋市長を「訴えたい!」と怒りをあらわにした。中国新聞社が伝えた。

今年84歳になる夏淑琴(シア・シューチン)さんは、この日の早朝に南京大虐殺記念館を訪れ、「嘆きの壁」に刻まれた家族の名前を仰ぎ見ながら献花を行った。彼女は毎年の清明節、お墓参りの代わりにここへ来る。

現在、南京大虐殺の生存者はわずか200人足らず。1937年12月13日、夏さんの一家9人のうち、7人が日本軍兵士によって殺され、当時8歳の夏さんは3カ所を刺されて瀕死(ひんし)の重傷を負った。4歳の妹は幸いにも難を逃れたという。「至る所死人だらけで、本当に怖かった」と語る夏さん。河村市長の発言について、彼女は「こんなに多くの人が殺されたのに、なぜ彼は認めないのか?なぜ事件は存在しなかったなどと言うのか?私は彼を訴えたい。認めるまで訴え続けたい!」と話す。「生き残った者の務めとして、ずっと生き続けたい。この虐殺記念館もずっと残してほしい。これこそ歴史なのだから」と力を込めて語った。夏さんはこれまで何度も訪日し、彼女の証言を否定した書籍の著者と出版社に対する名誉棄損訴訟では、09年に勝訴している。

河村たかし名古屋市長は今月1日、次期市長選を前にした公開討論会の席で、南京事件について再び言及。同氏は前年の2月、南京事件について「一般的な戦闘行為が行われたことは否定できず、これに関しては遺憾だが、いわゆる『南京事件』といわれる一般市民への虐殺行為はなかった」と発言、物議を醸した。そして、この日改めて「当時の発言は撤回しない」としている。「(翻訳・編集/本郷)



>南京大虐殺の数少ない生存者の女性

この人は、いわゆる従軍慰安婦などと同じような、
捏造に基づいた、ゆすりたかり根性のお金稼ぎでしょうね。
でなければ、何らかの思惑のある中共関係者。
このおばあちゃんは、
“何人”が、
“どんな方法”で、
"日本軍”に、
“殺された”
と主張するの?
ま、聞くだけ無駄でしょ。



それよりも、河村市長。
私は名古屋市民ではないので、
普段の状況を逐一把握しているわけではないですし、
昨年末の衆院選時のゴタゴタ等を見ていると、
河村市長はブレるなあと思うこともあるけれど、
(まぁ、首長としてメディアに頻繁に取り上げられる人の宿命、という部分もあるのかも)
でも、南京事件否定と中国の総領事館土地取得問題についての意見表明は支持したい。

こういうことを、きっぱりはっきりと、
そして、いくら突き上げられても意見を翻さないというのは、
本当にすごいことだと思います。
裏ではどれほど大変なのか?と想像すると余計に。
河村市長の肝と思われる減税についても、相当な突き上げがあったはず。
でも変えなかった。

名古屋市民の方々は、どうか誇ってほしい。
がっちりと左○思想でありながら私利・私欲・利権も確保し、
一般市民のことは完全無視という我が札幌市長とは大違いだから。

正直、かなりうらやましいです。
こういう人が市長であることと、そういう人を市長に選んだと言う民意(民度かも)が。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
中国の総領事館土地取得問題 新潟市、名古屋市 2012-02-23
中国大使館が都心一等地購入…4月下旬、港区南麻布の約5677平方メートルの土地を落札していた 2011-05-16

■カテゴリ:政治-地方

■関連カテゴリ:歴史  社会

トップページ
[PR]
by doumin | 2013-04-05 23:51 | 政治‐地方 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード