和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
猪瀬東京都知事、19日に辞意表明の見通し
NHK:猪瀬都知事 辞意表明の見通し 12月18日 23時25分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131218/k10013945821000.html魚拓
東京都の猪瀬知事は19日、緊急の記者会見を開くことになり、この中で、大手医療法人「徳洲会」グループ側から5000万円を受け取っていた問題を受けて辞職する考えを明らかにするものとみられます。

猪瀬知事は都知事選挙の告示日直前の去年11月、「徳洲会」グループから5000万円を受け取り、ことし9月に徳洲会が東京地検特捜部などの強制捜査を受けたあと全額を返却していました。
猪瀬知事は「受け取った資金は個人的な借入金だ」と強調し、徳田毅衆議院議員から受け取った際、書いたとされる借用書を公表するなどして公職選挙法で報告が義務づけられる選挙のための資金ではなかったと繰り返し説明してきました。
これに対して都議会は総務委員会で集中審議を行うなどして受け取った資金への認識や返却するまでの経緯などについて猪瀬知事を追及してきましたが「猪瀬知事の説明は二転三転し信用できない」として、18日、この問題を調査する「百条委員会」を設置することを決めました。
また都議会や都庁内からは猪瀬知事の資金を巡る問題が長引けば都政が停滞し、オリンピックの開催準備やこれから本格化する新年度予算案の編成作業などに深刻な影響が出かねないと懸念する声が強まっています。
こうした状況を受け、猪瀬知事は19日午前、緊急の記者会見を開くことにしており、これ以上、都政運営を続けていくことは難しいとして辞職する考えを明らかにするものとみられます。


知事選挙の日程は

都道府県の知事が辞職する場合には、まず都道府県議会の議長に辞職願い=辞表を提出します。
その後、選挙管理委員会に辞表が通知された翌日から50日以内に後任を決める都知事選挙が行われます。


作家から都知事に

猪瀬氏は、作家として政治や社会問題について積極的に発言をしてきました。
著書「ミカドの肖像」などで日本の近代や権力構造について鋭く切り込みました。
平成19年には当時の石原知事の要請で東京都の副知事に就任、日本道路公団などの民営化に関わった実績が買われました。
去年10月には辞職を表明した石原前知事から後継者に指名されます。
告示日直前に都知事選挙への立候補を表明、433万票余りと過去最多の得票で都知事の座を射止めました。
第7代の都知事に就任した猪瀬知事は、スピード感のある改革を訴えます。
真っ先に取り組んだのが2020年のオリンピックとパラリンピックの招致でした。
みずからニューヨークやロンドンなど世界各地を走り回って東京への招致を呼びかけました。
そして迎えた、ことし9月のIOC総会では、招致活動の先頭に立ち、56年ぶりとなるオリンピック開催を勝ち取りました。
猪瀬知事は、選挙での圧倒的な支持とオリンピック招致成功の勢いに乗って都政を運営してきました。
しかし、みずからの金を巡る問題によって大きくつまずきました。



マスコミはここぞとばかりに叩いているの?と感じるほどの連日の報道、
都議会の厳しい追及(なんで自民党も加わってるの?と疑問)など、
まるで集団いじめのようにも見えたし、
こうやって追い詰められて行くんだ、という過程を見たようにも思います。



とにかく残念で仕方がありません。
理由は、
石原前都知事から信任を得ていたこと、
発想力(政治家出身ではないからなのかもしれませんね)、
財政破綻した夕張市を副知事時代から様々なアイディアで助けてくださっていたこと、
また、徳洲会の徳田虎雄氏には尊敬すべきところ、見習うべきところが多々ある、
と思うからです。
(特に、民主党議員のようなものを見せられた後では、さらに強く思います)
徳田氏が医者を目指したきっかけと、
そのための猪突猛進とも言える徳田氏の人生。
根底にあるのは「寒村や離島にも平等の医療を」。
私利私欲ではないんですよね。
強い信念、ビジョン、
そこに向かうための絶対に諦めないという姿勢(既得権益等で相当苦しんだと聞きます)、
それを継続して追求していく精神力。
そのパワーは並大抵のものではないと思うんです。
(徳洲会事件は、その過程に問題があったということでしょう。だけど、綺麗事ばかりで改革なんか出来ない、要は志と実行力だろう、と個人的に考えています)

そんな人が、数千万円をポンと出す。

面倒見の良さそうな徳田氏の性分からなのか、
徳田氏にとってはたいした額ではないのか、
献金なのか、
個人的な貸付なのか、
そのあたりは全く分かりませんが、
いずれにせよ、猪瀬さんはそれなりに見込まれていたということでしょう。
(猪瀬さんのあの様子を見ていると、政治家向きとは言えないタイプなのかもしれませんが。都知事と地方の知事ではちょっと訳が違いますしね)

そして、猪瀬さんは過去最高の得票数での圧勝となり、
さらに、悲願の東京五輪決定の矢先のことでした。
本当に残念です。



さて、猪瀬さんの後は、
どれほど“クリーン”で“発想力と実行力のある人”が知事になるんでしょうねぇ。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

この人との関係は去年から言われていましたが、はっきりしたようです。
親しくしていたというわけではなさそうですが、
こんな妙な人間と関わりがあったというのはがっかり。

猪瀬前知事問題:仲介役の右翼団体代表に500万円渡す
毎日新聞 2014年01月18日 12時44分(最終更新 01月18日 13時43分)
http://mainichi.jp/select/news/20140118k0000e040246000c.html
 東京都の猪瀬直樹前知事(67)が医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受け取った問題で、猪瀬氏側が2012年12月の知事選直後、徳洲会との仲介役だった新右翼団体「一水会」の木村三浩代表(57)に500万円を渡していたことが分かった。猪瀬氏はこれまで「5000万円は個人の借り入れで一切手を付けていない」と説明してきたが、事実と異なる可能性が高まった。

 関係者によると、500万円は猪瀬氏の妻(13年7月死去)が木村氏側に渡したという。猪瀬氏の特別秘書(当時)が13年9月に5000万円を徳洲会側に返却した際、猪瀬氏側が4500万円、木村氏が500万円を用意したという。

 木村氏は共同通信の取材に「500万円はこちらからから貸してほしいと申し出た。半分ぐらいを一水会の運転資金などに使った」と語った。【山下俊輔】



ところで、なぜ一水会は右翼と言われているんでしょうね?
前々から不思議に思っていたんですが。

たとえばこの記事↓

シネマトゥデイ映画ニュース:観ているこちらがつらくなる…「従軍慰安婦」の真実に光を当てるドキュメンタリー シンポジウム上映会が開催 2012年12月8日
http://www.cinematoday.jp/page/N0048330 (魚拓
 8日、オーディトリウム渋谷でシンポジウム上映会「従軍慰安婦映画を通して考える」が行われ、映画『ガイサンシー(蓋山西)とその姉妹たち』のメガホンを取った班忠義監督、「一水会」顧問の鈴木邦男が同作について語り合った。同シンポジウムは、領土問題をきっかけに日中韓の間に緊張が走る中、改めてクローズアップされている旧日本軍による慰安婦問題について考えるきっかけになれば、という趣旨で行われた。

 班監督が9年の歳月をかけて、中国に生きる「慰安婦」と呼ばれる女性たちの証言を集めた本作には、口に手ぬぐいを詰められ、縛られたうえで暴行された、というような生々しい告発が次々と登場。これには鈴木も「観ていてつらくなるけど、これが現実ですよね。右翼は慰安婦も南京大虐殺もなかったと言ってきたけど、その声が一部ではなくなり、日本全体が右傾化するようになった。それは自分に自信がないからだし、思いやりや優しさが失われてきたからだ」と指摘。

 こういった主張に反発の声が大きいのは鈴木自身自覚しているようで、「こういうことを言うと反日だと攻撃する人が多いが、過去の過ちを見て見ぬふりをするのは単なる排外主義。過去の過ちをしっかりと抱きしめた上で国を愛するのが本当の愛国だ」と言い切った。

 本作では、中国人女性のみならず、旧日本軍の元軍人たちの証言も収め、両者の言い分を対比している。中には「戦犯になるのが怖いから(証拠品は)すべて焼き捨てた」という元兵士の証言もあり、これには鈴木も「なるほどなと思った。焼き捨てたから記録がない。でも記録がないから証拠がないとは言えない」と感心した様子だ。

 班監督も「日本人は優しい民族。その優しさを中国に輸出してほしい」と切り出した上で、「これは日本人だけの問題ではなくて、人間の問題。誰でもこういうことを起こすんだという意識がなければいけません。中国だってこの教訓を生かさずに少女暴行事件などの新しい慰安婦問題が起きています。この負の遺産はなくさないといけない」と呼びかけていた。(取材・文:壬生智裕)

シンポジウム上映会「従軍慰安婦映画を通して考える」は12月9日10時にも同所で実施


【関連情報】
「従軍慰安婦」−映画を通して考える−」オーディトリウム渋谷サイト
慰安婦問題をテーマにしたドキュメンタリーを中国系女性監督が製作 ネット上で寄付を募ったことでも話題に
女優・韓英恵「在日と差別されても日本人が嫌いだとは思わない」と決意のコメント!反日のイメージ先行『アジアの純真』がいよいよ日本公開!
被爆者382名には基金の支給ゼロ!なぜなら彼らは北朝鮮に住んでいるから…
在日のヒロインを熱演した安藤サクラ、ヤン・ヨンヒ監督から「分身のよう」と絶賛!
片岡孝太郎が昭和天皇役!ハリウッド映画『エンペラー』に西田敏行・桃井かおりら出演!


右翼と名乗りながら、「日本全体が右傾化」って一体どういうことでしょうね?
“なりすまし"の失敗例なんでしょうか(笑)。

「過去の過ち」と言うなら、まずその証拠を出すべき。
フィクションをノンフィクションと言い張り、認めろ認めろと騒ぐのは、
中韓や日本の左翼の典型なんだけど。

一水会は新右翼団体じゃなくて新左翼団体でしょ。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
石原都知事辞職 新党結成、国政復帰へ この原動力は一体どこにあるのか? 2012-10-26
まさにチーム・ジャパンの勝利!2020年オリンピック・パラリンピック東京開催決定! 2013-09-10
韓国、東京五輪招致妨害→今度はボイコット呼びかけ 日本への借金未払い&平昌冬季五輪でもたかりの可能性 2013-09-11

■カテゴリ:政治-地方

トップページ
[PR]
by doumin | 2013-12-19 00:05 | 政治‐地方 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード