和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
あまりに身勝手すぎる新垣隆さんに怒り 佐村河内守さんのゴーストライター
2013年の放送当時の魚拓↓

NHKスペシャル:魂の旋律 ~音を失った作曲家~
http://archive.is/fhlu7
d0164331_15461815.jpg

初回放送
総合2013年3月31日(日)
午後9時00分~9時49分

関連ジャンル
文化・芸術・エンターテインメント

d0164331_15525785.jpg“現代のベートーベン”と呼ばれる日本人がいる。佐村河内守(サムラゴウチ マモル)、49歳。14年前に原因不明の病で両耳の聴力を失いながら、クラシック作品の中で最も困難とされる交響曲を書き上げた。現存作曲家の交響曲が演奏される事がほとんどない中、彼の「交響曲第一番“HIROSHIMA”」は、広島、東京、京都、大阪など5回も演奏されただけでなく、一昨年発売されたCDは、音楽チャートでTOP10入りを果たしJ-POPと上位を競うなど、“偉業”とも言える空前のヒットを記録した。
そんな彼が、今取り組んでいるのは、東日本大震災の被災者へ向けたピアノ曲「レクイエム」。彼の曲に勇気づけられたと、多くの被災者から声が届いたことを受け、“鎮魂”の思いを強く願うようになったのだ。しかし、震災を体験した訳でもない自分に、納得できる鎮魂曲が作れるのか…。被災地を訪ね、被災した人たちとの交流を深めるなど、佐村河内の格闘の日々が続いている。
番組では、音のない世界の住人、佐村河内がいかにしてレクイエムを完成させるのか。3月上旬に予定されている宮城での演奏会に向けた制作現場に密着。さらに、彼の交響曲に救いを見いだした被災者たちの取材も加え、“命を削り、音を紡ぐ”作曲家・佐村河内守の実像に迫る。



放送を終えて

私が佐村河内さんと出会ったのは5年前。以来、激しい耳鳴りや偏頭痛に苦しみながら作品を生み出し続ける佐村河内さんをずっと見続けてきました。大量の薬を服用し、生きていくだけでも困難な中、なぜ、作曲を続けるのか。この問いに対し、佐村河内さんは「人生は苦である。苦難、闇の中にいるからこそ、真実の音をつかむことができる」と、折に触れお話されてきました。同じ“ものを作る人間”として、その姿にいつも勇気をもらい、そのことを視聴者の方にも届けたいとの思いで、今回の番組を制作しました。
佐村河内さんは、「自分の作品を聴くことができない悔しさとみじめさは、今も乗り越えられていない」と語ります。それでもコンサート会場には、足を運ばれています。理由は、お客さんの拍手の振動を感じることができ、それが唯一の救いだからとのことです。私はこの先も佐村河内さんの音楽に、拍手を送りたいと思います。

ディレクター 古賀淳也



「自分にできることは、まずは彼女の、そして彼女のママの魂を救うこと。僕は1人しか救えませんよ。」 東日本大震災で、母親をなくした少女にささげるレクイエムの作曲にあたり、佐村河内さんが発したことばが、特に印象に残ったという声を、放送後、多くの方からいただきました。
佐村河内さんは言葉通り、膨大なメールのやりとりや、石巻に何度も足を運ぶなかで、少女の喪失感と対じし、レクイエムを作曲されました。そして完成後も、交流を続けています。
まだ10歳の少女は、ふだん悲しみを口に出したり、泣いたりすることはほとんどありません。ただ、夜、祖母の精子さんと手首をひもでつなぎ合わないと眠ることができない姿を見ると、その悲しみの深さを突きつけられます。
取材中、震災で失われたすべての命の背後に、こうした深い悲しみが横たわっていることに、改めて身がすくむ思いでいました。佐村河内さんが、たった1人のために生み出した音楽が、今も悲しみのうちにある多くの方々に届くよう願っています。

ディレクター 木下千種
※TBS出身のフリーディレクターである古賀淳也さんは、『魂の旋律-佐村河内守』とかいうすごい本を出しているようです。たいした人ですね。色々な意味で。(amazonの魚拓


今はこうなっています↓

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0331/
魂の旋律
~音を失った作曲家~

初回放送
総合2013年3月31日(日)
午後9時00分~9時49分

関連ジャンル
文化・芸術・エンターテインメント

NHKスペシャルでは、去年3月31日、「魂の旋律~音を失った作曲家~」と題し、両耳の聴力を失った作曲家として、佐村河内守氏を紹介いたしました。
しかし佐村河内氏が、NHKに対して、自らは作曲しておらず、代わりに作曲していた人物がいることを明らかにしました。佐村河内氏は、「曲の全体構成や曲調などをその人物に伝えたが、自分では曲を作っていない」と話しています。
NHKは、放送当時、本人が作曲していないことに気づくことができませんでした。
視聴者の皆様や、番組の取材で協力していた方々などに、深くお詫び申し上げます。


捏造、歪曲、人種差別、名誉毀損裁判、特定の国ごり押し等々、
ほんとNHKの番組にはろくなものがありませんね。



さて。
先程、ゴーストライターだった新垣さんの記者会見をざっと見て思ったこと。
(ずいぶん長い時間を取っていたようですが全部は見てません)


あまりにも身勝手すぎる新垣さんは、
はっきり言って佐村河内さんと同じレベルだと私は思います。
発表することで本人は多少苦しみから解放されるんだろうけど、
その苦しみが今度はどこへ行くのかを本当にちゃんと考えたんでしょうか。
(いちおう、今発表することの理由を説明してはいましたけどね)

いい人だの気の弱い人だのと言われているようだけど、
子供じゃあるまいし、いい大人がここまでのことをしてきたわけです。
多くの人を欺いて。

結局は佐村河内さんのやっていることを18年間も呑んで来たということ。

耳が聞こえないという嘘、
子供の頃の虚偽のエピソード、
『HIROSHIMA』は、実は『現代典礼』という曲名だった等々、
どんどんエスカレートしていく佐村河内さんを黙って見ていた。

それでも、やめるタイミングはたくさんあったはずです。
なのに、自殺すると脅されていたからやめられなかったなんて、
そんなものは一切理由にならない。
気が弱いんだかなんだか知らないけど、
常識、責任、倫理等々、普通の大人ならば持っていて当然の話で、
それに沿っていけば、この行為がどれほど罪深いことなのかはバカでも分かること。
言いなりになればなるほど、その罪はどんどん深くなっていく。

でも新垣さんは黙っていた。
解決策が本当にないのか、正しい方向に修正できないのかも考えず、
自身は結局黙りこくるだけで何も行動を起こさなかった。
18年もの間。

「大好きな音楽をこれ以上云々」
という言葉を新垣さんが発した瞬間、強い嫌悪感を覚えました。
18年もの間“大好きな音楽”までも欺いたこの人に、こんな言葉を言う資格があるのかと。
あまりにも幼稚で自己中心的ではないかと。
佐村河内さんと新垣さんの違いは、積極的詐欺か消極的か程度で、はっきり言って同罪。


一番腹立たしいのが、このタイミングでの発表。
要は、「自分が苦しいから」という身勝手な理由だけでしょう。
(うがった見方をすると、少しでも同情を引いて民事裁判回避の算段もあるんじゃないの?と思ってしまう)

ここまでのことをしでかした以上、責任は最後まで負うべき。
その苦しみを呑んで悪魔になりきり、それを最後まで突き通すべきだった。
どうしても発表するというなら、五輪後にすべきだった。
(もっと言えば、五輪終了直後ではなく、たとえば秋以降とか。人間の心理として、そのくらいの時期なら「高橋選手がメダルをとったことには変わりないし」と思う人がほとんどだと考えられるから。そのほうが全員にとって良かったのでは・・・)


高橋大輔選手の最大の魅力と武器は、圧倒的な表現力だと思います。
ということは、曲をどの選手よりも深く深く解釈し演じる力があるということ。
また、トップアスリートの戦いは、メンタル面も非常に大きいし、
それでなくともナーバスになる時期でもあるし、
高橋選手は直前に怪我もあった。
そこにこの騒動。
肝心の曲が詐欺師とのコラボ曲だったと分かっても、
一切(無意識レベルでも)気にせず、全力で滑ることができると言い切れるでしょうか?

本当に許せない。


新垣さんはこれから曲を作っていくのかな。
(既に食指を伸ばしている会社があったりして)
佐村河内さんが大まかなものを書き、詐欺まがいの演出やエピソードも含めた上でのふたりでひとつでしょうから、新垣さん単体で良い曲を作れるかどうかは微妙だと思います。

佐村河内さんはどうするんでしょうね。
今回の騒動がなければ、目も見えなくなったとか言い出しそうな勢いに見えましたけどね。
現在は“体調も精神的にも状況が良くない”ということになっているようだけど、
まぁ今後は、お笑いか何かなら受け入れてもらえるんじゃないの。
次長課長の河本さんあたりと、自虐お笑いみたいな感じでやれば。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

NHKは本当にだまされていたのかという疑惑。

BLOGOS 池田信夫:NHKは本当にだまされたのか 2014年02月06日 16:33
※検証動画あり
http://blogos.com/article/79750/



TBSの動画がアップされていました。

金スマ 両耳の聴力を失った作曲家の壮絶人生・佐村河内守!
http://himado.in/197389



番組トップにはお詫びが掲載されていました。

http://www.tbs.co.jp/kinsma/ ※魚拓
お知らせ

2013年4月26日、金スマでは佐村河内守氏を取り上げましたが
その時点では別人が作曲していることに気付くことができませんでした。
毎週楽しみに見てくださっている視聴者の皆様にお詫び申しあげます。




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事
週刊ポスト:被災地ニセ医者「確認せず自分を取り上げる朝日新聞はアホ」 2011.08.19 16:00

■当ブログ内関連記事
読売新聞社の大誤報 2010年にも「森口尚史氏らがiPS活用 初の創薬…C型肝炎 副作用少なく」という記事 2012-10-13

■カテゴリ:スポーツ

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-02-06 15:43 | スポーツ