和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
朴槿恵、米国と中国を天秤にかける「二股外交」を展開(笑)
その時々の強者に媚びへつらってきた歴史しかない憐れな国・朝鮮。
現代も変わらず。

ZAKZAK:【スクープ最前線】韓国「二股外交」に米で怒りの声が噴出 ケリー国務長官の忠告も無視され… (1/3ページ)2014.02.19
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140219/frn1402190723001-n1.htm
 米国が、我慢の限界に達しつつある。朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる韓国が、米国と中国を両天秤にかける狡猾極まる「二股外交」を展開し、批判を避ける口実のように「反日プロパガンダ(謀略宣伝)」を続けているためだ。こうした怒りは、ホワイトハウスよりも、東アジアの安全保障に責任を持つ国防総省内で強いという。ジャーナリストの加賀孝英氏が、日米の関係当局者を直撃した。

 「米政府や軍幹部の中から『韓国はすべてを壊す気か!』と、怒りの声が噴き出ている。同盟国である米国に恥をかかせ、しかも公然と米中両国から利を引き出す二股外交を展開している。まともじゃない

 旧知の米国防総省関係者はこう吐き捨てた。

 日本人としては「気づくのが遅すぎる!」と言ってやりたい。韓国にだまされて、国内各地に慰安婦の像や碑を設置している米国だが、やっと韓国の異常さに気付いた政府首脳や軍幹部が増え始めた。

 先週13日、ソウルでこんな出来事があった。

 訪韓中のケリー米国務長官は、朴大統領、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談後、尹外相と共同記者会見に臨んだ。

 ケリー氏は真剣なまなざしで「(北朝鮮の挑発を抑止するためには)日米韓3カ国の緊密な協力が必要だ。日韓が過去にとらわれず前に進むことが、米国の国益にもかなう」といい、日韓関係の改善を促した。

 これに対し、尹氏は「日本の指導者らの(歴史問題の)修正主義的言動が続けば信頼が損なわれる。歴史を直視すべきだ」と、いつもの日本批判を続け、ケリー氏の忠告を完全に無視したのだ。

 公衆の面前で、尹氏にバカにされたケリー氏はイラつき、その表情はみるみる険しくなっていた。

 以下、複数の米国政府、国防総省関係者から得た情報だ。とくとお読みいただきたい。

 「ケリー氏の正確な発言は『put history behind them』だ。一部メディアは『歴史問題を克服しろ』と訳したが、真意は『過去は忘れろ。水に流せ』という強烈な忠告だ。それを無視されて、ケリー氏や米国のメンツは丸つぶれになった」

 「ケリー氏と朴氏の会談は、当初45分の予定だったが、約2倍の1時間40分もやった。朴氏は北朝鮮問題そっちのけで、慰安婦問題や安倍晋三首相批判に力を入れていた。米国の言うことがまったく分かってない」

 そして、こんな怒りにつながる。

 「韓国は暗に『中国につくぞ』と米国を脅して無理難題を頼み、一方で、中国と結託して日本叩きをしている。これが中国が狙う、尖閣諸島強奪などの海洋権益の拡大や、日米同盟の亀裂拡大に利用され、東アジアを不安定にしている。韓国こそ東アジアの癌だ。こんな二股外交を続けていれば、米中両国が韓国を『裏切り者』と呼ぶ日が必ずやってくる」

 米国が切れるのも当たり前だ。

 ちなみに、慰安婦問題で付言しておけば、この問題は、一部メディアの間違った(捏造した?)記事から始まり、韓国の「旧日本軍が性奴隷として約20万人の朝鮮半島出身女性を拉致、強制連行した」という主張を示す客観的証拠はない。

 日本政府は2007年3月、「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示す記述は見当たらなかった」とする答弁書を閣議決定。日米韓の識者も証拠をもとに「慰安婦は高級売春婦だった」と指摘している。補償問題は、1965年の日韓請求権協定で完全に解決済みだ。法的に何ら問題はない。

 官邸関係者がため息をついて、こういう。

 「日本はいつでも首脳会談に応じると韓国に呼びかけ、努力している。あれこれ条件をつけて潰しているのは韓国の方だ。問題があれば首脳同士が条件無しで話し合う。これは常識だ。その常識が韓国にはない」

 とことん困った国だ。ともあれ、わが国が韓国に譲歩する大義はない。安倍首相のいう毅然たる「積極的平和主義」「地球儀外交」を堅持していく。それだけだ。


 ■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍している。



>「まともじゃない」
>旧知の米国防総省関係者はこう吐き捨てた。

まぁ確かにそうでしょうが、
それは朴槿恵(パク・クネ)に限ったことではないと思います。
李明博(イ・ミョンバク)も盧武鉉(ノ・ムヒョン)も異常だったし。

TBS:ゲーツ元国防長官の暴露本が1位に ホワイトハウスは火消しに躍起
最終更新:2014年1月17日(金) 20時11分
http://news.tbs.co.jp/20140117/newseye/tbs_newseye2104993.html
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140117-00000025-jnn-int
http://www.youtube.com/watch?v=KQrXAfRwaeY
魚拓1)(魚拓2)(魚拓3
 アメリカのオバマ大統領の外交政策などを痛烈に批判した暴露本が、全米で売り上げトップになっています。書いたのは、かつて大統領を支えた元国防長官。オバマ政権は火消しに躍起です。

 オバマ政権に批判的な内容の回顧録を出版したのは、ゲーツ元国防長官。サイン会が行われているのですが、並んでいるのはいずれも政府の職員です。

 「待ち時間でここまで読んだよ 。(Q.2時間で?)そうだよ。間違いなく面白い。ページをめくる手が止まらないよ」(海兵隊員)

 オバマ政権1期目の国防長官ロバート・ゲーツ氏。サイン会が行われたのは、古巣の国防総省でした。軍人ら1000人以上が、長蛇の列をなしています。発売3日目にして、全米売り上げ月間1位に躍り出たゲーツ氏の回顧録「Duty」(責務)。軍の関係者のみならず、全米の大きな注目を集めるのにはワケがあります。

 まず、オバマ大統領のアフガン政策に疑問を呈し、「ホワイトハウスは良いことは全て自分たちの手柄にして、現場の人間には何もなし」。さらに、バイデン副大統領に対しては、「主要な外交政策のほとんどが間違っている」と痛烈に批判しています。

 矛先は、外国の首脳にもおよびます。当時の韓国、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領については、盧大統領が2007年の会談で「アジアの安全に対する最大の脅威はアメリカと日本だ」と発言したと明かした上で、「(盧元大統領は)反米で、おそらく少し正常ではない」と赤裸々な人物評を展開しています。

 元閣僚が現職の大統領を批判するのは極めて異例で、メディアは大きく取り上げています。

 「出版の意図は、この何十年、米国を、米政府をどういった問題が引き裂いてきたか、少し引いた党派を超えた視点を提供しようと思った」(ゲーツ 元国防長官)

 「オバマ批判の暴露本ではない」と当の本人は語るものの、「現職時代、ポーカーフェイスで知られたゲーツ氏が本音をぶちまけた」とメディアは受け止めており、オバマ大統領も火消しに躍起です。

 「ゲーツ元長官は在任時に傑出した仕事をし、私の良き友人でもある。彼の仕事ぶりにはいつも感謝している」(オバマ大統領)

 しかし、野党議員が「政権の失策が明らかになった」と早くも飛びついており、政権発足後、最低の40%前後の支持率にあえぐオバマ大統領にとって、ゲーツ氏の暴露本は新たな頭痛の種となっています。(17日18:03)



美容整形ニュース さんより
韓国大統領・盧武鉉(ノ・ムヒョン)さんも整形、側近、大統領夫人も続く
2008年08月07日11:43
http://blog.livedoor.jp/seikeinews/archives/305188.html



AFP:韓国の盧武鉉前大統領が死亡、自殺 2009年05月23日 21:44
http://www.afpbb.com/articles/-/2604960?pid=4181634


(当ブログ内)精神疾患としか思えない韓国人の異常行動 李明博、サッカー協会、韓国世論 2012-08-16
http://doumin.exblog.jp/16643616/



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
韓国の朴槿恵大統領、インドでも慰安婦問題提起/ベトナムでの韓国軍の残虐行為と朴正煕政府の慰安婦管理 2014-01-17
哀れな歴史の国のいかにもな妄言「広島と長崎の原爆は神の懲罰でありアジア人の復讐」と中央日報 2013-05-22

■カテゴリ:政治

■関連カテゴリ:歴史

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-02-19 14:40 | 政治 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード