和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
札幌市、除排雪問題をテーマにした討論型世論調査の結果発表…費用は1000万円
HBCニュース:札幌市が討論での世論調査 その結果は…
8月25日(月)18時00分 ※2014年
http://news.hbc.co.jp/08252007.html
(魚拓1)(魚拓2)
札幌市は、市民と討論するかたちで行なった世論調査の結果を25日発表しました。調査のテーマは、除排雪などの「雪の問題」。解決への手がかりはつかめたのでしょうか?
自治体として全国初の試みであるこの討論型世論調査は、札幌市が今年3月に無作為に選んだ18歳以上の男女約200人を対象に実施しました。
テーマは「雪とくらし」で、グループに分かれて討論したり、全体会議で意見交換をして調査は行われました。この中で「除雪・排雪に対しての満足度」については、すべての項目で討論を重ねるにしたがって市の対応への満足度が上昇しています。
しかし「生活道路の排雪」に関しては満足度が低く、参加者からは、道路の雪が排雪されず必要な車線が確保されないことへの不満の声が多く出ていました。
今回の調査では、ほとんどの項目について討論したことで、札幌市への理解が深まるといった結果になっています。
しかし、調査に参加した人のうち24パーセントが「謝礼と弁当がついていたから」協力したと答えています。
札幌市では、参加者の意見がなぜ討論で変化したのかなどまだ分析できていないと話しています。
今回の調査にかかった費用は1000万円ということです。


札幌市:「雪とわたしたちのくらし」(討論型世論調査)の結果がまとまりました
更新日:2014年8月25日
http://www.city.sapporo.jp/somu/shiminnokoe/dp/index.html
(魚拓)
(2014年3月19日更新時の魚拓:[1][2])



>調査に参加した人のうち24パーセントが「謝礼と弁当がついていたから」協力した
これにはちょっと驚きですが、
(質問フォームを用意し、広く意見を寄せてもらう方法も検討してほしい)
まあそれはともかく。

「除排雪に対しての満足度」が、なぜ討論を重ねることで上がるんでしょう?
「全国初の試み」、そういう取り組みは良いとは思いますが、これでは意味がありません。
意見が変化した理由についてはまだ分析できていないそうですが、
進め方に何か問題はなかったのかなども含めて分析し、その結果も公表してほしい。

そして一番の疑問は、
ワンシーズンあたり何万件もの苦情が寄せられるような状況が続いてきたにもかかわらず、
なぜ、今こんな調査を実施するのか?ということ。
腰の重すぎる札幌市が、本気で市民の意見を聞き、改善したい、と考えてのことなのか。
それとも。
来年4月の統一地方選挙で、
上田市長がなんと4期目か道知事選に出馬か、という噂がありますが、
そのパフォーマンスのためなのか。
どちらなんでしょうねぇ。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

当ブログ:大人げない上田文雄札幌市長、除雪問題等を追及され「重大な名誉棄損。刑事告発含め検討」/札幌市汚職事件
2011-02-22
http://doumin.exblog.jp/12961264/


北海道建設新聞:大雪で除排雪の苦情・要望急増、札幌市内9割増の4万件
2013年04月10日 19時08分
http://e-kensin.net/news/article/7584.html




「上田市長の側近」の秋元副市長(特命事項は雪対策だそうで)が出馬へ。
詳細はこちら↓を。

当ブログ:上田文雄札幌市長、来春の市長選には出馬しない意向 経済人グループが秋元克広副市長に出馬を要請へ
http://doumin.exblog.jp/21053932/



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

道新:除排雪の満足度上昇 札幌市が討論型世論調査 年150億円業者不足 現状理解「意識に変化」
(08/27 16:00)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/559277.html
(魚拓)
 札幌市は、「雪とわたしたちのくらし」をテーマに行った「討論型世論調査」(DP)の結果をまとめた。DPは、討論や情報提供を通じて市民の意見がどのように変化するかを探るもので、今年初めて実施した。市が行っている除排雪については討論などを経て、満足度が高まる傾向がみられたが、生活道路の満足度は低水準で推移した。市は「今後の施策に反映したい」としている。

 調査は、慶応大DP研究センターと共同で実施した。市によると、全国7例目で政令指定都市では初めて。1~2月、無作為抽出した18歳以上の市民1368人を対象に除排雪などに関するアンケートを行った。このうち205人が除排雪関連予算などを資料で確認した上で、3月にグループ討論や専門家との意見交換を行うフォーラムに参加。フォーラム前後にもアンケートを行い、意見の変化を調べた。事業費は1千万円。

 市の除排雪については、満足度を7段階で調査した。幹線道路の除雪に対する満足度の平均値は最初のアンケートの4・2からフォーラム後は4・9に上昇。排雪も3・6から4・6に上がった。生活道路も除雪が3・1から3・9、排雪は2・6から3・7に上昇したが、いずれも中間値の4を下回った。

 今後の雪対策に関しては、フォーラム後、「税負担が増えても雪対策を強化すべきだ」という意見が減り、「ほどほどの雪対策にとどめ、費用を軽減すべきだ」との回答が増えた。

 市市民の声を聞く課は「専門家から除雪業者不足が深刻化している現状を聞いたり、資料で市の雪対策費が年間150億円に上ることを理解する中で考えが変わった人がいたのではないか」とみている。

 一方、フォーラムへの参加理由(複数回答)では「市の雪対策に関心があったから」が48・5%で最も多かった一方、「謝金(1人8千円)や昼食が提供されるから」も24%に上った。(水野富仁)


長内直也札幌市議会議員Facebook
8月27日 1:20
https://www.facebook.com/osanai.naoya/posts/710726665643442
現状を説明すれば、多少満足度は上がるでしょうけど、根本的な課題解決には、違ったアプローチも必要かと思います。
特に札幌市が現在行っている、車道の幅員を狭めて雪を道路の端に残す方式には、私は大きな疑問を持っています。


当ブログ:除雪・排雪について札幌市に寄せられた苦情件数は前年比20%増 2015年1月10日までで8千件以上
2015-01-22
http://doumin.exblog.jp/21496052/



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■他、当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治-地方

トップページ





.
[PR]
by doumin | 2014-08-25 23:55 | 政治‐地方 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード