「ほっ」と。キャンペーン
和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
道新の吉田証言(1991年11月22日)で広がった波紋と問題…読者どころか日本国民・政府・韓国側にも※画像あり
北海道新聞社について。

<編集綱領>
http://kk.hokkaido-np.co.jp/joho/koryo.html
1.迅速、正確に報道し、
 公正な社論によって健全な世論を育てる。
2.自由、正義、人権を尊重し、
 平和で文化的な国家の発展に資する。
3.北海道の実情を解明し、
 産業の進展と生活の向上に寄与する。
4.品位と責任を重んじ
 平明で親しみある紙面を作る。


<論説委員室>
http://kk.hokkaido-np.co.jp/joho/kyoku3.html#12
※抜粋
政治・経済や社会・生活・文化、国際報道などの経験豊かな記者15人が、社説やコラム「卓上四季」「風」(朝刊)、「今日の話題」「直線曲線」(夕刊)の執筆に当たっています。
 ものごとには多様な視点があります。記者が経験豊富であっても、社説は個人の意見を述べる欄ではありません。論説委員室は毎日2回、札幌と東京を電話回線で結んで全員会議を開き、一つ一つのテーマについて徹底的に論議します。


<読者センター>
http://kk.hokkaido-np.co.jp/joho/kyoku3.html#14
※抜粋
道民の考えをとらえ、バランスのとれた読者投稿欄を目指しています。






故・吉田清治氏について。

wikipediaより抜粋)

吉田 清治(よしだ せいじ、1913年(大正2年)10月15日 - 2000年は福岡県出身の作家。強制連行犠牲者遺骨祭祀送還協会の元会長。清治は筆名で、本名は吉田雄兎、別名は東司、栄司、とされているが出身校の卒業時の名簿(卒業名簿)では当該人物は死亡とされている。

1977年(昭和52年)『朝鮮人慰安婦と日本人 元下関労報動員部長の手記(新人物往来社)』を出版。第二次世界大戦中に日本軍人が朝鮮の女性を強制連行し慰安婦にし、自らも軍令で済州島で女性を強制連行して慰安婦にしたと告白、証言。

1983年11月10日には朝日新聞が「ひと」欄で吉田清治の謝罪碑活動を紹介。その後も朝日新聞・しんぶん赤旗などで自身の「戦争犯罪」の告白を展開。

宮沢喜一首相の訪韓を前にした1992年1月11日、朝日新聞が一面で「慰安所、軍関与示す資料」「部隊に設置指示 募集含め統制・監督」「政府見解揺らぐ」と報じる。

1992年(平成4年)3月には秦郁彦が吉田の証言について済州島で現地調査を行ったが、裏付けが取れなかったどころか当時を知る城山浦の島民から「この島で人間狩りが起こったら大騒ぎになって誰でも知っているはずだが、そんな話は聞いたことすらない」
許栄善「何が目的でこんな作り話を書くんでしょうか」

吉田は自著の虚偽を指摘された後も韓国での謝罪行脚や朝日新聞での証言を続けていたが、1995年に「自分の役目は終わった」として著書が自身の創作であったことを認めた。

1996年(平成8年)5月2・9日付の週刊新潮インタビューで吉田は「まあ、本に真実を書いても何の利益もない。関係者に迷惑をかけてはまずいから、カムフラージュした部分もある。事実を隠し、自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやることじゃありませんか。チグハグな部分があってもしようがない」
※その他、4歳下の朝鮮人を養子にしたり、学歴や職歴についてもその時その時で違っていたり、生い立ちがはっきりしない等、実際には何者なのかは謎のままです。





1991年の道新記事(ほんの一部)と、
2014年8月22日夕刊のクロスワードパズル。


元慰安婦の金学順さん道新単独インタビュー(1991年8月15日) 「天皇の軍隊に蹂躙されたアジアの友人」と道新
http://doumin.exblog.jp/21176370/
※画像あり



尹貞玉「ナチスより悪質」道新「慰安婦は女子挺身隊の名で日本軍に強制的に連れ去られた」(1991年8月18日)
http://doumin.exblog.jp/21271290/
※画像あり


沖縄宮古島に慰安婦碑、償い金受領者に嫌がらせの挺対協・尹貞玉共同代表インタビュー(道新1991年9月10日)
http://doumin.exblog.jp/21271307/
※画像あり


朝鮮総督府が国民徴用令を法的根拠に[女子挺身隊]の名称で強制的に徴集し慰安婦にした(道新1991年11月16日)
http://doumin.exblog.jp/21156825/
※画像あり




d0164331_15471941.jpg
1991年(平成3年)11月22日(金曜日)北海道新聞朝刊31面 第1社会
従軍慰安婦強制連行の捏造の立役者、故・吉田清治氏の独自インタビュー

朝鮮人従軍慰安婦の強制連行 「まるで奴隷狩りだった」
日本人元責任者が痛恨の告白 千葉在住の吉田さん
殴って、子引き離し 陸軍と警察 行政一体で
関与否定する政府答弁覆す

※抜粋
北海道新聞記者(青木)に自らの体験談を生々しく語った。
「逃げるのは木刀で殴り、若くて丈夫そうな女性を選んでは、トラックにほうり込んだ」
「悲鳴を上げる若い母親を殴り倒してね。二、三歳の子供が泣きながら駆け寄って来る。それを突き飛ばす。哀願する老女をけ倒す。村中パニック状態です。子供たちは一生あの光景を忘れないでしょうねェ」
「当時は、何のためらいもなく軍の命令をどんどん実行していった」
「日本のタメになると信じていたんですから」
吉田さんによると、従軍慰安婦を含む強制連行関連の公式記録や関係文書は敗戦直後の内務次官通ちょうで、すべて焼却処分された。
「だから、政府が従軍慰安婦問題について関知しないと言い張るのでしょうが、私の体験からも分かるように軍や警察、行政機関が一体でやっていた」





d0164331_1548622.jpg
1991年(平成3年)11月27日(水曜日)北海道新聞朝刊7面 読者の声
関連記事

悲惨な強制連行やり切れぬ思い
会社員 江別市・42歳
※抜粋
それが実際の行為者によって克明に語られたのです。母は、先日の道新に載ったこの記事を最後まで読めなかったと言います。
戦後四十数年たって、やっと明らかになった事実
知らされていない事実がまだまだあるのか
強制連行の関与を否定する政府の姿勢






d0164331_15493444.jpg
1991年(平成3年)11月27日(水曜日)北海道新聞朝刊26面 第2社会

本紙で紹介の「従軍慰安婦連行告白」 韓国紙、異例の大々的報道
「民族の魂を汚した」 広がる衝撃 (関連記事
「挺身隊徴用は奴隷狩りだった」との七段カット見出しを付け、「泣き叫ぶ女たちを殴りつけ、乳飲み子を引きはがしてトラックに積み込んだ」などとする様子を赤裸々に紹介。百五十行の長文記事を一面から二面にわたって編集する異例の紙面づくりだった。





d0164331_14161945.jpg
1991年(平成3年)11月記事索引

▼従軍慰安婦実態解明を 在日韓国人女性ら ネットワーク結成 東京
▼朝鮮人従軍慰安婦 各地で責任問う市民集会 「今の社会に重なる問題」 海外買春にも視点
▼朝鮮人従軍慰安婦の強制連行 「まるで奴隷狩りだった」 日本人元責任者が痛恨の告白 関与否定する政府答弁覆す
▼従軍従軍慰安婦問題 南北共同研究を 北朝鮮代表
▼本紙で紹介の「従軍慰安婦連行告白」 韓国紙、異例の大々的報道
▼朝鮮人慰安婦は軍管理 米軍報告書に明記 政府見解の反証に(沖縄で朝鮮人慰安婦が治安上のトラブルを起こしているという内容)





d0164331_15495995.jpg
1991年(平成3年)12月5日(木曜日)北海道新聞朝刊30面 第2社会

屈辱の慰安婦、私も
釜山の女性名乗り 連行時わずか11歳
Aさん「日本軍の非道を明らかにしようと3~4年前から考えていた」「戦闘が激しくなると昼は兵士と共に爆薬を運び、夜は軍服のまま慰安婦になる生活だったが、お金はびた一文ももらえなかった」
関連記事1)(関連記事2)(関連記事3





d0164331_16411760.jpg
1991年(平成3年)12月6日(金曜日) 北海道新聞朝刊31面 第1社会

韓国では 世論噴出
“タブー”破り国会論議へ
「国会はこうした進展に動かされて審議入りに大きく傾いたことも事実(野党民主党筋)」
韓国政府が決着済みとしてきた問題に国会がどんな結論を示すか注目される
金学順さんが今年八月、沈黙を破って名乗りを上げて以来、韓国マスコミが一斉にこの問題を取り上げる
国営KBSテレビは記者会見の模様を収録
韓国最大の夕刊紙、東亜日報「日本政府の対応を追跡していく」
裁判を支える高木健一弁護士ら
<従軍慰安婦> 四三年からは「女子挺身隊」の名の下に徴用された





d0164331_15154468.jpg


1991年(平成3年)12月30日(月曜日) 北海道新聞朝刊1面
今年の10大ニュース
国内:韓国の元従軍慰安婦らが賠償請求






d0164331_15505053.jpg
1991年(平成3年)12月記事索引 外交


d0164331_14313852.jpg
1991年(平成3年)12月記事索引 司法

【外交】
▼”タブー”破り国会議論へ 慰安婦問題 韓国では
▼従軍慰安婦問題「真相の究明を」 韓国、川島公使に要請
▼従軍慰安婦問題で「事実究明進める」 官房長官
▼従軍慰安婦を積極調査
▼「慰安婦募集、軍が許可」関与裏付ける米軍資料発見 戦地輸送に船舶を提供 韓国紙報道
▼日本政府は自主対応を 慰安婦問題で韓国
▼朝鮮人従軍慰安婦問題 政府の調査が難航 終戦時に記録廃棄 首相訪韓控え苦慮

【司法】
▼日本軍に踏みにじられた人生 韓国人元慰安婦ら来日 原告35人きょう提訴
▼韓国元従軍慰安婦ら提訴 日本に7億円補償要求 人道的責任を追及 軍人や軍属含む35人
▼[解説]個人の請求権 争点
▼政府の関与を否定
▼「日本許せぬ」 ハルモニ悲痛 政府の知らん顔なぜ 韓国人元慰安婦ら提訴
▼17歳の青春返して “生き証人” 金さん涙の訴え




1992年(平成4年)はさらに記事が増える
6月、札幌市議会が『従軍慰安婦問題に対する公正な施策を求める意見書』を可決(関連記事)




信憑性の乏しい慰安婦がらみの報道を数十年間も繰り返す(関連記事




2014年8月5日、朝日新聞社が吉田証言を虚偽と判断し取り消すも、道新は沈黙
(共同配信記事をさらっと掲載したのみで、お得意の社説や卓上四季でも言及せず)




d0164331_15511434.jpg

2014年(平成26年)8月22日(金曜日)北海道新聞夕刊 NEWSクロスワード
タテのカギ①日韓の懸案課題となっている従軍○○○○問題
※画像はネットで拾ったものですが、現物を確認済みです。




未だに訂正なし






ということで、
北海道新聞社に電話で問い合わせました。
同様の意見が多数寄せられているそうです。
道新は「対応を検討中」とのこと。

道新に電話問い合わせ(1) 編集綱領と1991年11月道新独自の吉田証言,読者の声,韓国の大々的報道等について 2014-09-01




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:マスコミ

■関連カテゴリ:歴史

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-09-01 10:56 | マスコミ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード