和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
宝塚市議会、慰安婦問題真相究明と正しい理解を外国に促す努力を国に求める決議/山形県議会は提出見送り
これは驚き。
宝塚市議会は、札幌と同等かそれ以上と思っていたので。

読売:市議会、6年前の慰安婦意見書「根拠失った」
2014年10月08日 23時13分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141008-OYT1T50171.html
(魚拓)
 朝日新聞がいわゆる従軍慰安婦に関する一部記事の誤りを認めたことを受け、兵庫県宝塚市議会は8日、国に対し、慰安婦問題の真相究明と、正しい理解を外国に促す努力を求める決議案を賛成多数で可決した。

 同市議会は6年前、被害者とされた女性の尊厳回復に努めることなどを国に求める意見書を可決したが、当時の意見書は「決定的な根拠を失った」とした。

 同市議会は2008年3月、米下院議会で「公式謝罪」を日本政府に求める決議が採択されたのを受け、「河野談話」に基づいて真相究明と、「被害者」の尊厳回復に努めるよう国に求める意見書を可決。だが、朝日新聞の記事取り消しを受け、3人の市議が決議案を提出していた。


共同:慰安婦問題の意見書「撤回」宝塚市議会
2014年10月9日 12:30
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=85914
(魚拓)
※抜粋
2008年3月に全会一致で可決した。その後、全国40以上の地方議会で同様の意見書が採択される流れをつくった。
※札幌市は、1992年6月に「従軍慰安婦問題に対する公正な施策を求める意見書」を全会一致で可決しています。(関連記事

IRORIO:宝塚市議会が6年前の慰安婦問題意見書を撤回、国会や地方議会はどう動く?
県田勢
2014年10月09日 13時19分
http://irorio.jp/agatasei/20141009/167759/
(魚拓)
※抜粋
それらの地方議会はどうするのだろうか。宝塚市のように以前の決議を撤回するのか、大阪市のように新たな決議で上書きするのか。




2008年3月の意見書の無効化を求める運動をされていた宝塚市在住の方のブログです。
岡崎トミ子さんのような市議が2名いるようです。
そして、今回新たに可決した決議には、公明党も賛同したようで非常に驚きました。
その一方で、決議に反対した自民党市議が2人もいたことにも驚き。

翼の友~プロフェッショナル パイロットを目指して~ さん

兵庫県宝塚市の従軍慰安婦謝罪決議に対して、決議撤回を求めています。御協力、お願い致します。【ご拡散、ご賛同をよろしくお願い致します。】
2014/8/24(日) 午後 8:32
http://blogs.yahoo.co.jp/mikiowing/16646486.html
※抜粋
議案の提出を行ったのは、北野聡子市議。議案の提出を働きかけたのは大島淡紅子市議という方です。
 平成20年3月にこの意見書が決議された4ヵ月後、決議の中心となった、この2人の市議が、なんと韓国ソウルの日本大使館前で、慰安婦デモに参加していました。

画像=何故か、チマ・チョゴリを着て、自称慰安婦達の前で寸劇を披露する、宝塚市議と仲間のみなさん



宝塚市の慰安婦意見書の無効化決議。決議される!!日本で初めての反日意見書の明確な無効化に成功!
2014/10/8(水) 午後 9:52
http://blogs.yahoo.co.jp/mikiowing/16753943.html
(宝塚市議=25名全員の賛否一覧あり)



宝塚市の慰安婦意見書の無効化決議。 本会議での討論の要旨。 ~良識ある保守系市議 VS 歴史が見えない左翼~
2014/10/11(土) 午前 1:37
http://blogs.yahoo.co.jp/mikiowing/16758692.html
※抜粋

 10月8日に決議された宝塚市の慰安婦意見書の無効化決議の本会議での議論の概要についてお知らせ致します。
  以下が無効化議案を巡る賛成・反対の討論の内容です。


【 以下賛成討論 】

無効化議案の起草者
新風宝塚改革の会
大河内 茂太 市議
「宝塚市議会の意見書は想像を超える影響力を持った。韓国でも従軍慰安婦への補償を求める決議の根拠として引用され、米国の記念碑の碑文にも記載されている。真実でないものを真実として伝えてしまっている。いま、従軍慰安府問題は戦時中の女性の人権問題として扱われ、わが国が批判の矢面に立たされている。その一助を担った意見書は地方自治体の役割を超えている。論拠として政治利用されていることは誠に遺憾であり、速やかな撤回を求める」



※伊藤市議の発言は総務委員会での発言です。
無効化議案の提案者
新風宝塚改革の会
伊藤 順一 市議
「いわゆる従軍慰安婦問題に関して、平成20年の3月議会で「日本軍『慰安婦』問題に関して政府の誠実な対応を求める意見書」が全会一致で可決された。
 その後、各地方議会でも続々と同様の意見書が採択され、その数は43自治体に及ぶ。
 慰安婦問題が取り上げられるたびに、宝塚市議会が全国の地方議会で初めて意見書を可決した市議会であると引用されているばかりでなく、韓国国会決議にもアメリカでの慰安婦像設置理由に対する表明にも、宝塚市議会の名が引用され、平成20年に宝塚市議会で可決した意見書が、国内の各自治体の議会に及ぼした影響だけではなく、世界各国に対しても非常に大きな影響を与えている。
 そのような中、いわゆる従軍慰安婦問題の発端となり、国連人権委員会のクマラスワミ報告にも引用され、かつ慰安婦像の碑文にも引用されている朝日新聞の吉田証言の報道を、朝日新聞が虚偽であったと認め、正式に取り消した今、本市が可決した意見書も決定的な根拠の一つを失ったと言うべきである。
 もって賛成討論とし、重要な部分が記載されていない決議案16号に反対する。」



無効化議案の提出者
太誠会
大川 裕之 市議
「宝塚市議会の意見書が冒頭にひいているアメリカ下院議会の決議は、日本軍による従軍慰安婦は残虐性と規模において20世紀最大の人権侵害と位置づけている。このイメージは吉田証言によってつくられたものである。その後、アメリカでも、日本でも、政府レベルでここまでの過激な認定はなされていないにも関わらず、宝塚市議会が率先してその認識を支持したかのようになっているのは問題だ。『性奴隷』という表現についても今年6月、日本政府としてその言葉を用いないようにと国連に要望している。私としては意見書が根拠を失ったことを確認すべきと考える。慰安婦は性奴隷であるという理解を打ち消した上で、今後の議論に臨むべきだ」



慰安婦像の撤去を求める地方議員の会メンバー
自民党・宝結会
山本 敬子 市議
「従軍慰安婦とは、国際的バッシングにより左傾化する時代にあって韓国側から提起された問題。軍隊の慰安所は日本のみならず世界的にみられるもの。にも関わらず、日本が殊更に責められたのは強制的に連行したとされたからです。ところがそれは吉田清治氏の虚偽証言により造られたイメージでした。朝日新聞は20年にわたりこの誤報を撤回してこなかった。その結果として米下院議会の決議や国連のクマスワラミ報告にも吉田氏の証言により、日本軍が女性を強制連行して性奴隷にしたという誤った認識が記載されることとなったのです。朝日新聞の謝罪会見後も、米国の慰安婦像は撤去されておらず、日本人児童が『日本人は悪いやつ』といじめにあっているのです。こうして毀損された日本人の名誉を回復するためにも、宝塚市議会の先の意見書はその決定的根拠を失ったということを明らかにしなければなりません」



ちなみに、現市長(2013年~)はこんな人↓

ウィキペディア:中川智子
http://ja.wikipedia.org/wiki/中川智子
※抜粋
土井たか子社民党党首(当時)の影響を強く受け、福島瑞穂、辻元清美、保坂展人、北川れん子らと共に「土井チルドレン」と呼ばれた。
2013年4月の宝塚市長選では、元宝塚市長の渡部完や日本維新の会公認(みんなの党推薦)の前宝塚市議らを破り、再選した。






一方、山形県議会の「河野談話を見直し、新しい政府見解を求める意見書」は、
8日に賛成多数(定数44のうち自民は33)で可決とみられていましたが、
残念ながら提出を断念したようです。

しんぶん赤旗:「河野談話」見直し意見書 山形県議会
自民党が提出断念 請願は採択
2014年10月9日(木)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-10-09/2014100904_02_1.html
(魚拓)
※抜粋
山形県革新懇、憲法改悪反対県共同センター、県AALA連帯委員会は、全県議へ請願書を採択しないことを求めるはがき、手紙、ファクスなどによる要請行動を山形県民に呼びかけていました。



ふと、島根県議会のこれ↓を思い出してしまいましたが、

産経:島根県議会で可決された慰安婦決議
2013.10.8 08:07 (1/2ページ)

1ページ目
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131008/plc13100808100006-n1.htm
(魚拓)
※抜粋

 ■自民までも賛成 危機感なし
身内の対応憤り

 採決の際に退席した自民党県議、小沢秀多(ひでかず)(63)は、「われわれ自民党はいわれのない批判に対し敢然と立ち向かい、日本人は強制連行をやっていないと言わなければならないのに、危機感がなさすぎる」と、身内の対応に憤りを隠せない。

幹部から「公認外し」の“脅し”


2ページ目
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131008/plc13100808100006-n2.htm
(魚拓)
※抜粋

 当初、小沢は本会議で反対討論をしようとしたが、自民会派の幹部から止められた。
 「異議を唱えるなら、ペナルティーを科さねばならない」
 小沢は幹部の冷たい言葉を次期県議選で公認しないという脅しと受け取った。心配した支援者らから説得を受け、小沢は反対討論を断念した。議場退席はせめてもの抵抗だった。

(中略)

 慰安婦像を設置した米カリフォルニア州グレンデール市議会で7月9日、設置推進派の市議はこう発言した。
 「日本でも多くの市議会が慰安婦問題で決議している。私たちは正しいことをしているのだ」(敬称略)



赤旗の他に記事がないので、真相はいまのところ不明です。

たとえ時間がかかってもいいから、粘り強く、
再び提出を目指してほしいと思います。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■参考リンク

札幌市:意見書・決議
http://www.city.sapporo.jp/gikai/html/ikensho.html

「意見書」とは?
市政の発展に必要な事柄の実現を、国や北海道など関係機関に要請するため、地方自治法第99条に基づき、市議会の意思を決定し、表明したものです。


「決議」とは?
決議とは、市議会としての意思を決定し、それを対外的に表明するものです。


産経:慰安婦問題をめぐり意見書などを可決した地方議会 ※画像
2013.10.8 08:07
http://sankei.jp.msn.com/politics/expand/131008/plc13100808100006-l1.htm
(魚拓)


なでしこアクション さんより
慰安婦意見書可決 地方議会 連絡先一覧 都道府県別
(2013年10月現在)
http://nadesiko-action.org/?page_id=5119


日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
国内地方自治体議会意見書
http://www.ianfu-kansai-net.org/ikensho.html
■北海道 札幌市議会  2008年11月7日
 「慰安婦」問題に関する意見書

■北海道 小樽市議会  2010年6月21日
 「慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書

■北海道 士別市議会  2010年9月16日
 日本軍慰安婦問題の1日も早い法的解決、謝罪と補償を求める意見書

■北海道 函館市議会  2010年9月30日
 「慰安婦」問題に関する意見書



■岩手県 一関市議会  2010年6月25日
 「慰安婦」問題に対する国の誠実な対応を求める意見書



■東京都 清瀬市議会  2008年6月25日
 「従軍慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書

■東京都 三鷹市議会  2009年6月23日
 日本軍「慰安婦」問題に関する意見書

■東京都 小金井市議会  2009年6月24日
 日本軍「慰安婦」問題に対する国の誠実な対応を求める意見書

■東京都 国分寺市議会  2009年10月1日
 日本軍「慰安婦」問題に関する意見書

■東京都 国立市議会  2009年12月18日
 日本軍「慰安婦」問題に対する国の誠実な対応を求める意見書

■東京都 西東京市議会  2010年6月21日
 「慰安婦」問題について、国が誠実な対応をすることを求める意見書



■千葉県 船橋市議会  2009年12月14日
 従軍慰安婦問題解決に関する意見書

■千葉県 我孫子市議会  2010年3月23日
 日本軍慰安婦問題に関する意見書



■埼玉県 ふじみ野市議会  2010年3月16日
 日本軍「慰安婦」に対する国の誠実な対応を求める意見書

■埼玉県 宮代町議会  2011年9月28日
 日本軍「慰安婦」問題に対する政府の誠実な対応を求める意見書



■大阪府 箕面市議会  2009年6月22日
 「慰安婦」問題に対する国の誠実な対応を求める意見書

■大阪府 泉南市議会  2009年9月25日
 「慰安婦」問題に対する国の誠実な対応を求める意見書

■大阪府 吹田市議会  2010年3月26日
 「慰安婦」問題の早期解決に関する意見書

■大阪府 堺市議会  2010年3月29日
 「慰安婦」問題について政府に誠実な対応を求める意見書

■大阪府 高槻市議会  2010年6月28日
 「慰安婦」問題について政府に誠実な対応を求める意見書

■大阪府 大阪市会  2010年10月13日
 日本軍「慰安婦」問題の早期解決に関する意見書



■京都府 京田辺市議会  2009年6月29日
 日本軍「慰安婦」問題について日本政府へ早期解決を求めるための意見書

■京都府 長岡京市議会  2009年12月14日
 「慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書

■京都府 向日市議会  2010年3月24日
 「慰安婦」問題についての政府の誠実な対応を求める意見書

■京都府 八幡市議会  2010年9月29日
 日本軍「慰安婦」問題について政府の誠実な具体策を求める意見書

■京都府 木津川市議会  2010年10月1日
 「慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書

■京都府 宇治市議会  2012年6月27日
 旧日本軍「慰安婦」問題について、政府の誠実な対応を求める意見書

■京都府議会  2013年3月26日
 「慰安婦」問題の早期解決を求める意見書

■京都府城陽市議会  2013年6月27日
 「慰安婦」問題の早期解決を求める意見書



■兵庫県 宝塚市議会    2008年3月28日
 日本軍「慰安婦」問題に対して、政府の誠実な対応を求める意見書



■奈良県 生駒市議会  2009年9月11日
 「慰安婦」問題に関する意見書

■奈良県 広陵町議会  2012年9月26日
 「慰安婦」問題に関する意見書



■岡山県 岡山市議会  2010年3月19日
 日韓両国の新たな百年を創る決議



■島根県議会  2013年6月26日
 日本軍「慰安婦」問題への誠実な対応を求める意見書



■鳥取県東伯郡北栄町議会  2010年9月24日
 日本軍「慰安婦」問題解決に関する意見書



■福岡県 福岡市議会  2009年3月25日
 日本軍「慰安婦」問題に対する国の誠実な対応を求める意見書

■福岡県 田川市議会  2009年12月22日
 日本軍「慰安婦」問題に対する国の誠実な対応を求める意見書



■沖縄県 今帰仁村議会  2010年3月25日
 日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす法制定を求める意見書

■沖縄県 南城市議会  2010年6月21日
 日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす法制定を求める意見書

■沖縄県 豊見城市議会  2010年6月22日
 日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす法制定を求める意見書

■沖縄県 読谷村議会  2010年6月22日
 日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす法制定を求める意見書

■沖縄県 多良間村議会  2010年6月24日
 日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす法制定を求める意見書
※上記サイトに掲載されている以外にも可決された意見書あり。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

赤旗以外の報道を発見。
「慎重論」のために意見書を見送った模様です。

河北新報:河野談話の意見書見送り 山形県議会・自民会派
2014年10月09日木曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201410/20141009_51035.html
(魚拓)


いつも不思議に思うのは、
慎重論・・・つまり、中韓を“刺激”すべきではない等々の間違った認識。
(面倒なことになるのが嫌、というのもあるんでしょうが)
こういう誤ったやり方を何度繰り返せば分かるんでしょうね?
冷静に、粘り強く、するべきことはし続けなければいけないし、
何故こうなってしまったのかを自民党はしっかり考え責任を取る義務があるし、
「棚上げ」は、逆に面倒なことになると思いますが。



産経によると、

産経:河野談話意見書案取り下げ 自民会派「同一歩調取れぬ」 山形
2014.10.9 07:03更新
http://www.sankei.com/region/news/141009/rgn1410090058-n1.html
(魚拓)


「韓国との首脳会談が11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)や東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日韓中)などを機に開かれる可能性があるこの時期に、意見書は出すべきではないなどとして反対する意見も」
とのことですが、

・前述の慎重論=中韓を“刺激”しないようにして臨む
・間違った認識を正すことを望む国内世論を背にして赴く

そのどちらが吉と出るか凶と出るかについては、
地方議会が考えるよりも安倍総理にお任せの方が良かったのでは?
と個人的には思います。
(正直、山形県議会で可決したところで、そこまでの大きな波紋とはならないだろうし、その一方で草の根という部分でのメリットは大きく、また、宝塚市議会の意見書のように韓国に利用されてしまうのを防ぐことも出来る)


今回は残念ではありますが、
「意見書はさらに議論を深めたうえで、12月定例会に提出する方向(野川政文幹事長)」
とのことなので、粘り強く頑張ってくださることを祈っています。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
by doumin | 2014-10-09 13:55 | 政治‐地方 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード