和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
北星学園大学、非常勤講師の植村隆氏(元朝日新聞記者)との契約打ち切りへ (追記)札幌市議会が非難決議案
NHK:脅迫受けた大学 元記者を雇用しない考え伝える
10月31日 4時17分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141031/k10015841411000.html
(魚拓)
※抜粋
田村学長はNHKの取材に対し、「今は答えられない」としたうえで、「まだ決定したわけではなく、これからもさまざまな手続きがある」と述べ、今後理事会との協議などを経たうえで雇用を継続するかどうか対応を決めるとしています。


毎日:慰安婦問題 北星学園大 元朝日記者処遇巡り学内相反
2014年10月31日 06時30分
http://mainichi.jp/select/news/20141031k0000m040172000c.html
(魚拓)
※抜粋
11月5日に開かれる臨時の大学評議会に諮問。大学評議会や理事会での意見聴取などを経て、最終的には田村学長が決定するという。

 植村氏は2012年4月から非常勤講師を務め、留学生向けの講義を担当している。

 毎日新聞は北星学園大に文書で取材を申し込んだが回答がない。【山下智恵】


道新:元朝日記者の講師契約打ち切りか 脅迫事件の北星学園大
(10/31 07:30、10/31 07:56 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/571712.html
(魚拓)
※抜粋
 この講師は2012年からこれまで、1年ごとの契約を2回更新している。同大は北海道新聞の取材に、「内部の会議での話なので、内容は答えられない。(講師の契約については)学内手続きにのっとって進める」と話した。<どうしん電子版に全文掲載>


NHK:元朝日記者の講師“雇用せず”
10月31日 09時20分
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20141031/5841961.html
(魚拓)


読売:慰安婦報道の元朝日記者、雇用せず「入試心配」
2014年10月31日 10時48分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141031-OYT1T50055.html
(魚拓)
※抜粋
 複数の大学関係者によると、田村学長は29日の会議で、「財政的問題」「入学試験が心配」などの理由を挙げ、元記者を来年度から雇用しない意向を表明したという。11月5日の評議員会に諮問した後、理事会の意見聴取などを経て決定する見通し。

 同大は31日、読売新聞の取材に「最終的な決定ではないが、学生の安全を守ることを最重要事項として検討している。非常勤講師の雇用は個別の契約であり、これ以上の詳細は控える」と回答した。


共同:脅迫受けた北星学園大、朝日新聞元記者の契約更新見送り検討
2014.10.31 12:18
http://www.sanspo.com/geino/news/20141031/sot14103112180009-n1.html
(魚拓)
※抜粋
 非常勤講師の処遇については、11月に開催される大学の全学評議会や臨時理事会で話題に上る見込みで、最終的に学長が判断するとみられる。


HTB:「元朝日新聞記者の契約更新せず」北星学園大学検討
2014/10/31(金) 13:53
http://www.htb.co.jp/news/archives_1414731206_31004.html
(魚拓)
※抜粋
 北星学園大学の教職員らでつくる「大学の自治と学問の自由を考える北星有志の会」によりますと、田村信一学長は、29日の学内会議で、元朝日新聞記者の非常勤講師について、来年度は雇用契約を更新しない方向で検討に入ると表明しました。


HBC:北星学園大 元記者との契約
10月31日(金)18時00分
http://news.hbc.co.jp/10311900.html
(魚拓)
※抜粋
来月の評議会などを経て最終的に判断するという事です。


時事:元朝日記者、来年雇用せず=「学生の安全優先」と学長―北星学園大
10月31日(金)18時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141031-00000149-jij-soci
(魚拓)
※抜粋
 11月に開かれる評議会や理事会などを経て、理事長と協議した上で12月上旬ごろに最終的に判断するという。


スポーツ報知:北星学園大、脅迫文届いた元朝日記者「雇用せず」
2014年10月31日20時38分
http://www.hochi.co.jp/topics/20141031-OHT1T50125.html
(魚拓)
※抜粋
大学側は5月と9月に「大学の安全を守れなくなった場合は辞めてもらう」と元記者に伝えていた。

 来年の受験を考えている高校生の保護者からは心配の声が寄せられているといい、田村学長は「残念だが、いずれかの時点でこの問題を収束させないといけない」と苦渋の表情で話した。

 脅迫を受けた大学を励まそうと結成された市民団体「負けるな北星!の会」の関係者は「犯人の要求をのむことに等しい。北星学園大だけではなく、みんなが言うことを聞くと思わせてしまう」と大学側の動きに反発している。


時事:北星学園大に白い粉=封書で届く―札幌
10月31日(金)21時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141031-00000186-jij-soci
(魚拓)


NHK:元記者 来年度雇用しない方向
10月31日 21時16分
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20141031/5841962.html
(魚拓)
※抜粋
大学では今後、理事会との協議などを経て、12月初めまでに最終的な結論を出したいとしています。


日テレ:朝日新聞元記者の講師と契約打ち切りへ
< 2014年10月31日 22:57 >
http://www.news24.jp/articles/2014/10/31/07262531.html
(魚拓)
※抜粋
北星学園大学はこの講師との単年度契約を来年度は更新しないことを11月にも正式決定するという。


NHK:北星学園大に白い粉入りの封書
10月31日 22時58分
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20141031/5867341.html
(魚拓)


毎日:北星学園大 また脅迫文か 白い粉も同封
2014年10月31日 23時19分
http://mainichi.jp/select/news/20141101k0000m040122000c.html
(魚拓)



脅迫等の犯罪行為は許されるものではないけれど、
結果的に、大学側に迷惑をかける状況になってしまった・・・と言えるのかな。

また、『負けるな!北星の会』の記者会見によると、
植村さんの家族のことがネット上で広がり、
こちらも結果的に、家族にも迷惑をかける状況になってしまった模様です。
(うろ覚えですが、無関係な人まで家族として広がっている、とも言っていたような・・・?)

植村さんは、強い被害者意識を持つ前に、
まずは自分が書いた記事と問題点、その影響を冷静に考えるべきだと思います。
8月5日に朝日新聞が出したもので十分とは思えませんし。
(問題の本質が~と言っている本人が一番本質を分かっておらず、その結果どうなっているかも合わせて考えたほうがいいでしょうね)

その上で、記者会見をするなりどこかに寄稿するなり取材を受けるなりして、
公の場できちんと発言する必要があるのでは。
『負けるな!北星の会』へのメッセージなど、
内輪だけで満足している場合ではないと思うんですが。



さて、『負けるな!北星の会』は、 (よく考えると、すごい名称ですね)
イデオロギー丸出し&ごり押し=結局は自分のことしか考えていないのがはっきりしましたね。

脅迫を受けた大学を励まそうと結成された市民団体「負けるな北星!の会」の関係者は「犯人の要求をのむことに等しい。北星学園大だけではなく、みんなが言うことを聞くと思わせてしまう」と大学側の動きに反発している。


北星を利用して無責任に騒ぐだけではなく、
様々な面から北星と植村さんをサポートしてあげればいいのに、
ずいぶん身勝手な話です。

北星に何でも押し付けてないで、
山口二郎さんか荻野富士夫さんのところで何とかするとか、
または、警備費用(1500万円)の寄付を募るとかすればいいのでは。
賛同者がたっっっくさんいる、著名人も多い、などと報道されていたことから考えれば、
就職先や寄付は何とかなりそうですけどねーーー。


でも、どこかの大学講師だと、
学生がかわいそうだし、保護者も心配。
受け入れる大学があるとも思えない。


となると、
都合の悪いことはスルーも可能な北海道新聞社はどうでしょう。

『道新の吉田証言』や『女子挺身隊と慰安婦混同』をなかったことにして、(当時の道新記事
「『道新の吉田証言』が韓国で大々的に報道された!」
「七段カット見出しを付け、百五十行の長文記事を一面から二面にわたって編集する異例の紙面だった!」
などと当時大喜びしていたことも隠して、
社説では偉そうに、

ことは新聞全体に対する信頼に関わる問題である。記事を撤回し、責任者が進退に言及すれば済むものではあるまい。なぜ誤ったのか。朝日新聞は検証し、原因をつまびらかにする。それが報道機関としての自浄能力であり、不信を払拭(ふっしょく)する道だ。一連の経緯について、朝日新聞は引き続き検証するという。取材や執筆の過程のどこで、どう間違えたのか。具体的に把握し、説明してもらいたい。報道機関の使命は言うまでもなく迅速で正確な報道である。


とのたまい、
今回の件では、わざわざこんな一文を付け加えています↓

道新:元朝日記者の講師契約打ち切りか 脅迫事件の北星学園大
(10/31 07:30、10/31 07:56 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/571712.html
(魚拓)
※抜粋
 攻撃されている非常勤講師は1991年、朝日新聞に韓国の元慰安婦の証言を韓国紙に先駆けて報じた。

※管理者補足
上記は1991年8月11日に朝日新聞に掲載された、元慰安婦・金学順さん(朝日記事では匿名)の記事のことです。道新はまるで他人事のように書いていますが、14日に金学順さんへの単独インタビューに成功し、15日には実名を出して報じていました(当時の道新記事)。朝日の方が先に報じたということを強調したいんでしょうが、免罪符にはなりません。


本当、朝日新聞にそっくり(道新は朝日以上に偏っていると言われているけど)なので、
転職先はむしろ道新以外には考えられないと言いたいくらい(笑)。

道新は植村さんを擁護してきたんだから、受け入れてあげればいいのに。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


■追記

共同:元朝日記者を雇わず 北星学園大、脅迫事件で検討
2014/11/1 1:24
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG31H4P_R31C14A0CR8000/
(魚拓)


朝日:朝日新聞元記者を来年度雇用しない意向 北星学園大学長
2014年11月1日04時02分
http://www.asahi.com/articles/ASGB06D5GGB0IIPE03D.html
(魚拓)


道新:北星学園大、元記者の契約更新せず 学長、脅迫問題で方針
(11/01 06:25)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/571934.html
(魚拓)
※抜粋
 契約を更新しない方針は10月29日、学部長らで構成する危機管理委員会で提案された。今後、評議会や理事会の意見を聴いた上で、学長と理事長が11月中にも判断するとしている。<どうしん電子版に全文掲載>


朝鮮日報:慰安婦 北星学園大、元朝日記者との雇用契約更新せず
記事入力 : 2014/11/01 08:32
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/11/01/2014110100515.html
(魚拓)





市議会にどう関係あるんだかさっぱり分からないし、
出すべき決議案は他にもたくさんあるでしょうに。
自民党も何をやってるんだか。

道新:北星学園大脅迫問題、非難決議案可決へ 札幌市議会
(11/01 06:40)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/571938.html
(魚拓)
※抜粋
6日の本会議で、自民党・市民会議、民主党・市民連合などの賛成多数で可決する見通し。





こういうのもいいけど、

NHK:朝日元記者大学脅迫でシンポ
11月01日 09時41分
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20141101/5781341.html
(魚拓)


NHK:北星学園大 弁護士が支援
11月07日 19時04分
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20141107/5989771.html
(魚拓)
7日、弁護士でつくるグループの代表が会見を行い、「大学側が脅迫に屈することがないよう支援したい」と述べました。


白い粉とか虫ピンとかが送られてくる側からすればどうなんでしょうね。
学長は色々な意味でいっぱいいっぱいのようだけど・・・。
生徒さんも色々な意味でかわいそう。

北星が契約を打ち切りにするにしろ、そうでないにしろ、
大変な目に遭いながらも1年間という契約を履行することは確か。
尤もらしいことを並べ立てて北星をイデオロギーのために利用するのではなく、
本当の意味でのサポートをしてあげてほしい。
(まさかこの人たち、打ち切りが正式に決定→手のひらを返す みたいなことはないでしょうねぇ?)




「ネット上に見られるものと近い意見が学生から出た」
と書いていますが、
朝日新聞社はインターネットを何だと思っているんでしょうね?
何か、特殊なツールとでも?

朝日:北星学園大学長「学生安全確保、悩んだ」
2014年11月4日09時55分
http://www.asahi.com/articles/CMTW1411040100003.html
(魚拓)





なんだかなー。

毎日:北星学園大脅迫 全国の弁護士200人以上が刑事告発へ
2014年11月04日 21時33分
http://mainichi.jp/select/news/20141105k0000m040107000c.html
(魚拓)





町村泰貴北海道大学大学院法学研究科教授(町村信孝衆院議員のご親戚の方)が↓

北星学園大学は脅迫に屈することを選ぶ模様
2014年11月05日 01:46
http://blogos.com/article/98012/
(魚拓)
※抜粋
この大学には多くの知り合いがおり、貶めるようなことになるのは避けたいが、残念な結果

脅迫に屈すれば、脅迫者たちの成功体験が次の脅迫を呼ぶ

(警備コストは)本来脅迫者たちから損害賠償として取り立てるべき筋のお金


こういう言い方はないと思います。
・・・1年毎の契約であることを知らないんでしょうか?(まさかね)




結論は今月中となったようです。
学長にかかる強いプレッシャーを感じます。

NHK:元記者の雇用 公聴会開き判断
11月06日 06時17分
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20141106/5966191.html
(魚拓)


また、ここ最近の流れを見ていると、
学長は疲れきっているようにも見えますし、
小さな大学(学長曰く)にはあまりに荷が重いだろう、とも個人的には思います。

北星に対する脅迫行為が何者かによるマッチポンプであっても、そうでないにしても、
犯罪は許されることではありません。
しかし、もし植村さんや朝日新聞の対応がもっと真摯なものであったなら・・・と悔やまれます。




可決しました。

札幌市議会:個人を攻撃する卑劣な脅迫を許さない決議(PDF:111KB)
平成26年(2014年)11月6日
http://www.city.sapporo.jp/gikai/html/documents/26_3t_k03.pdf
(魚拓)
(提出者)自民党・市民会議、民主党・市民連合、公明党、日本共産党、市民ネットワーク北海道及び改革所属議員全員並びにみんなの党木村彰男議員





道新:元朝日記者の契約問題、北星大が近く学内公聴会
(11/06 07:30、11/06 08:19 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/572738.html
(魚拓)


道新:北星学園大脅迫、札幌市議会が非難決議
(11/07 07:01、11/07 08:08 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/572949.html
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/572949.html
(魚拓)


道新:立て看板で支援訴え 明治学院大で教員有志ら 北星学園大脅迫
(11/08 07:00)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/573195.html
(魚拓)


道新:全国の弁護士380人、札幌地検に告発状 北星学園大脅迫
(11/08 07:00)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/573196.html
(魚拓)




継続となりました。

当ブログ:注目の記者 朝日新聞北海道報道センター関根和弘さん 北星学園大・植村隆氏の雇用継続可否を9月から取材
2014-12-19
http://doumin.exblog.jp/21403156/
※抜粋
元朝日新聞記者で、現在は北星学園大学非常勤講師の植村隆さんが、
来年度も雇用継続となりました。
報道をざっと並べるとこんな感じです。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:マスコミ

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-10-31 23:56 | マスコミ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード