和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
京都府議会、香川県議会、三鷹市議会、清瀬市議会、箕面市議会も新たな意見書 慰安婦記事の取り消しを受け
【京都府議会】

京都府議会:平成26年12月定例会議案等議決結果
更新日:2014年12月24日
http://www.pref.kyoto.jp/gikai/katsudo/tere/h2612-te/2612-giketu.html
件名:いわゆる「従軍慰安婦」問題の更なる真相解明と早期解決を求める意見書
議決月日:12月24日
議決結果:原案可決
賛否の状況:自民=賛成  民主=  共産=  公明=  創生=賛成  維新=賛成


いわゆる「従軍慰安婦」問題の更なる真相解明と早期解決を求める意見書
http://www.pref.kyoto.jp/gikai/katsudo/tere/h2612-te/documents/2014_12_iken04_ianfu.pdf
本年8月、朝日新聞は、日本軍が慰安婦を強制連行したとする「吉田証言」の報道が虚偽であったことを認め、これを正式に取消し、謝罪した。「従軍慰安婦」問題については、これまでから様々な意見が出されているところであるが、この朝日新聞の取消しにより、議論の前提となる根拠の一つが失われたことになる。
「従軍慰安婦」問題の真の解決に当たっては、女性の人権を守る立場が尊重されることは言うまでもないが、歴史の事実を歪曲することなく直視することが重要であり、先の朝日新聞の取消しという状況を踏まえるとき、更なる真相解明が不可欠になったといえる。
現在、米・中・韓など諸外国では、「従軍慰安婦」の存在を前提にした歴史教育が普及し、我が国の国益の損失はもとより、在外邦人が厳しい境遇に置かれている。
ついては、国におかれては、歴史的事実を把握するための更なる調査・検討を実施し、その結果を踏まえ、諸外国・関係機関等における理解の促進を図るとともに、歴史の事実と教訓の次世代への承継に取り組むよう強く要望する。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


平成26年12月24日

衆議院議長町村信孝殿
参議院議長山崎正昭殿
内閣総理大臣安倍晋三殿
総務大臣高市早苗殿
外務大臣岸田文雄殿
文部科学大臣下村博文殿
厚生労働大臣塩崎恭久殿
内閣官房長官菅義偉殿
京都府議会議長多賀久雄


産経:慰安婦問題で事実上「修正」の意見書可決 京都府議会「朝日報道で根拠の一つが失われた」
2014.12.24 19:09更新
http://www.sankei.com/west/news/141224/wst1412240068-n1.html
(魚拓)


京都民報

住民団体が自民党「慰安婦」意見書案に抗議
2014年12月22日 18:47
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2014/12/22/post_10069.php
(魚拓)

自民党「慰安婦」意見書強行採択に抗議
2014年12月24日 19:00
http://www.kyoto-minpo.net/archives/2014/12/24/post_10073.php
(魚拓)





【香川県議会】

香川県議会:採択された意見書・決議
「慰安婦問題」に関する適切な対応を求める意見書
http://www.pref.kagawa.lg.jp/gikai/jyoho/ketsugi/2611_t01.htm
 我が国は、戦後一貫して、強固な民主主義に支えられた「平和国家」として、経済支援や人道支援などを通じ、世界の平和と安定のために献身的な貢献を果たしてきたところである。
 しかしながら、慰安婦問題に関して、女性を慰安婦として強制連行したとする吉田清治氏の証言、いわゆる吉田証言や、これを引用した報道がされてきたことなどが原因の一つとなって、重要な隣国である韓国国内に強い反日感情が生じるとともに、この吉田証言を根拠の一つとして引用した国連人権委員会のクマラスワミ報告書が提出されるなど国際的な問題となり、我が国の国益が不当に損なわれることになった。
 また、こうした国際問題化等の影響は、国民に、史実に基づかない誤った歴史認識をもたらす要因ともなっている。
 かかる中、菅義偉内閣官房長官の下に設置された「河野談話作成過程等に関する検討チーム」において、本年6月20日、「慰安婦問題を巡る日韓間のやりとりの経緯」が公表され、国や軍による強制連行を確認できないということが明らかになっている。
 その後、本年8月、朝日新聞は慰安婦問題に関する自社報道の核心をなす部分が虚偽等であったことを公式に認め、一部を取り消す記事を掲載したが、この間に失った我が国の国際的な評価と日本人の名誉は、あまりにも大きく、国連を含む国際社会における史実に基づかない誤った認識等について、その是正が図られるべきである。
 よって、国におかれては、慰安婦問題について、客観的事実に基づく正しい歴史認識が形成されるよう、下記事項について取り組むよう強く要望する。


1 日本国及び日本人の名誉を早急に回復するべく、誤報が国内外に与えた影響を早急に検証した上で、国際社会に向かって積極的かつ効果的な発信を行うこと。
2 正しい歴史認識を周知するための広報を推進するとともに、教科書が史実に基づいて記述されるよう適切に対応すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 


  平成26年12月19日
香 川 県 議 会


四国新聞:名誉回復へ国に意見書/慰安婦問題、県議会可決
2014/12/20 09:37
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/20141220000118
(魚拓)
※抜粋
 朝日新聞が慰安婦の強制連行に関する記事を取り消したことなどを受け、香川県議会は11月定例議会最終日の19日、報道が国内外に与えた影響を検証した上で、日本の名誉回復に向けた取り組みを政府に求める意見書を賛成多数で可決した。

 意見書では、「女性を強制連行したとする吉田清治氏の証言を引用した報道などが原因となり、重要な隣国の韓国に強い反日感情が生じるなど、日本の国益が不当に損なわれた」と指摘した上で、「客観的事実に基づいた正しい歴史認識の形成」へ向けた広報の推進を政府に求めている。

 加えて、教科書が史実に基づいて記述されるよう対応することも求めた。

 自民(28人)と無所属(1人)で共同提案し、自民、公明、民主、無所属による賛成多数で可決。社民連合と共産は反対した。





【東京都・三鷹市議会】

東京新聞2014年12月21日朝刊
http://yamatea.at.webry.info/201412/img1_17.141917323384787943180.html
※抜粋
三鷹市議会は19日の本会議で、従軍慰安婦問題に関する意見書を賛成多数で可決した。
政府に真相究明や公的な謝罪を求めて2009年6月に可決した意見書の主張を事実上、撤回する内容。


(追記)三鷹市議会:本会議の結果(平成26年第4回定例会)
http://www.gikai.city.mitaka.tokyo.jp/activity/result/26/custom_26d.html
意見書番号:第23号
件名: 「慰安婦問題」に関する適切な対応を求める意見書
議決結果:平成26年12月19日 原案可決
送付先:総理大臣、総務大臣、法務大臣、外務大臣、文部科学大臣、衆議院議長、参議院議長
送付年月日:平成27年1月5日

「慰安婦問題」に関する適切な対応を求める意見書
http://www.gikai.city.mitaka.tokyo.jp/activity/pdf/2014ikensyo23.pdf
本市議会は平成21年6月23日「日本軍「慰安婦」問題に関する意見書」を採択したが、その重大な根拠の一つとなる「吉田証言」について朝日新聞は平成26年8月5日に虚偽であったと判断し、関連記事を取り消し、平成26年9月11日に正式に謝罪した。
「吉田証言」の虚偽が証明されたことにより、日本軍慰安婦問題意見書の重大な根拠が崩されたことは事実である。
慰安婦問題をめぐる誤報を発端として、かつては、中学校教科書にも慰安婦問題が掲載され、先人の名誉を著しく傷つけるとともに、国際社会においても日本人の名誉と尊厳が著しく傷つけられ、日韓関係にも悪影響を及ぼし続けてきた。
よって、本市議会は、国会及び政府に対し、不当におとしめられた先人の名誉を回復し、日本人の誇りを守るため、及び世界の平和と繁栄に寄与してきた戦後日本の努力や人権を重んじる姿勢を国内外に発信するためにも下記の項目の実現を求める。



1 「河野談話作成過程等に関する検討チーム」が取りまとめた「慰安婦問題を巡る日韓間のやりとりの経緯」(平成26年6月20日)で確認された事実につき、日本国及び日本人の名誉を早急に回復するべく、国際社会に向けて多言語で積極的な発信を行うこと。
2 日本国民の「知る権利」に応えるべく、正しい歴史認識を周知するための政府広報を推進するとともに、教科書が史実に基づいて記述されるよう対応すること。

上記、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。


平成26年12月19日

三鷹市議会議長 伊 藤 俊 明





【東京都・清瀬市議会】

清瀬市議会:平成26年清瀬市議会第4回定例会、議決等の結果
更新日:2014年12月18日
http://www.city.kiyose.lg.jp/s061/010/010/2014/030/20141204151508.html

議員提出 議案第25号
http://www.city.kiyose.lg.jp/s061/010/010/2014/030/h26.4giink1.pdf
いわゆる「従軍慰安婦問題」に関し、重要な情報が虚偽であったことが判明し、本市議会平成20年6月25日付けで政府に提出した意見書が大きな根拠を失ったことを確認するとともに、国はさらなる真相の究明を進め、諸外国、関係諸機関に、慰安婦問題ついての正しい理解を促す努力をするよう求める意見書
12月18日 可決

陳情第11号
http://www.city.kiyose.lg.jp/s061/010/010/2014/030/h26.4tink1.pdf
「河野談話」に関する貴議会の意見書ついて(要請)
12月18日 採択


FOCUS-ASIA.COM:清瀬市議会が慰安婦問題での謝罪・賠償を求めた意見書取り消し・・韓国ネット「兆しは感じてた」「日本をなじるのはもう止めて…」
2014年12月19日(金)21時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141219-00000036-xinhua-cn





【大阪府・箕面市議会】

箕面市議会:提出議案・議決結果(平成26年第4回定例会)
更新日:2014年12月18日
http://www.city.minoh.lg.jp/giji/giketsukekka/26-4.html
(請願第3号)平成21年議員提出議案第13号「『慰安婦』問題に対する国の誠実な対応を求める意見書」の見直しを求める請願 12月18日 採択
(請願第5号)「『慰安婦問題』に対する国の誠実な対応を求める意見書」に関する請願 12月18日 不採択

##平成26年第4回定例会(平成26年12月)の市民から提出された請願(PDF:1,577KB)
http://www.city.minoh.lg.jp/giji/documents/seigan26-4.pdf
※2ページ目に請願第3号、5ページ目に請願第5号が掲載されています。
※3号は「新たな意見書を」との請願、5号は「これまでと同様の意見書を」との請願ですが、3号は採択、5号は不採択となりました。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

SAPIO 2014年5月号

市民団体の請願運動により43の地方議会が慰安婦意見書採択
2014.04.16 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20140416_250935.html
※抜粋
 昨年7月9日、米グレンデール市議会が慰安婦像設置を決めた際、推進派のフランク・クィンテロ市議は設置の意義を説いた上で演説をこう締めくくった。
「私が興味深く見ているのはおよそ36もの日本の地方議会が『意見書』を採択していたことである。一部を紹介すると宝塚、清瀬、札幌、福岡、小金井、三鷹……などだ。だから我々は正しいことをしていると考える」。


札幌、船橋、島根県他「慰安婦意見書」採択地方議会全リスト
2014.04.14 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20140414_250930.html


島根県議会が慰安婦意見書をスピード採択し地元自民県議憤慨
2014.04.21 11:00
http://www.news-postseven.com/archives/20140421_250950.html
※抜粋
それにしても島根県自民党の意識の低さには驚きを禁じ得ない。自民党島根県連は「県議会での採択は報道で知った」(事務局)程度で、意見書に関する県全体の司令塔はいない。



※憤慨した自民党県議は小沢秀多氏です。


自由民主党島根県議会議員連盟:プロフィール
http://www.shimane-jimingiren.org/searches/view/21


「美しい日本の心 仏壇の原田」さんのブログより。
小沢秀多議員の祝賀会!!2014.07.17
http://www.butsudannoharada.com/blog/2014/07/post-1193.html
※抜粋
溝口知事は、県議会での小沢議員の姿勢は、「一貫していて、兎角ブレル人が多い中で、正に「国士」と言える方です!」と讃えていらっしゃいました。

そして、私らのグループ「山桜の会」を代表して開星高校元野球部監督、野々村直通監督が、正式な会合に身に着けられる渋~い和服姿で「このところ兵庫の方で同姓の県議のことが話題になってるが~~」とユーモアたっぷりに話し、「従軍慰安婦問題の河野談話を認めようと昨年、県議会が採択したことを取り上げ、痛烈な批判をされました。この問題については、小沢県議は、他の議員には同調せず一貫して国益に基づいた姿勢を貫いておいでであります。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治-地方

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-12-25 14:38 | 政治‐地方 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード