和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
宗男氏「佐藤のりゆき氏は目先の計算ばかり。人間的にも首を傾げる。私の見る目がなかった」―2015道知事選
道新:大地、佐藤陣営と距離 北海道知事選、共産支援で保守票の離反懸念
(03/05 07:20) ※2015年
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/2015local/596190.html
(魚拓)
※抜粋
 「『道民党』を名乗りながら共産党にまで手を伸ばすのはいかがなものか。賢明な判断、姿勢を持った方がいい」。鈴木氏は、2月26日に苫小牧市内で開かれた新党大地の会合で、佐藤氏への不満を漏らした。鈴木氏は佐藤氏が出馬表明した昨年11月から同氏に関心を示し、選挙協力している民主党北海道にも佐藤氏を支援するよう働きかけた。
 だが、2月18日に共産党道委員会が佐藤氏支援を発表し、佐藤氏も支援そのものについては拒まない姿勢を見せると態度を急変させた。



>2月18日に~
と上記記事には書かれていますが、
佐藤のりゆきさんはその前からこう言ってます。

道新:佐藤氏「4選是非の投票に」 北海道知事選、政党支援に歓迎の意向
(02/06 17:01、02/06 22:25 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/590798.html
(魚拓)
※抜粋
民主党北海道や共産党道委員会が佐藤氏への支援を検討していることについて「大変ありがたい」


どちらも道新記事なんですが、
佐藤さんを当選させたい道新はわざと知らんぷりをしているんでしょうかね。




さて。
鈴木宗男さんは保守政治家を自任しているそうだし、
道新もいつも「大地は保守」と書くけれど、
この人たちの言う「保守」って何のことでしょう?

一般的に考えられている意味の「保守」なら、
佐藤さんですら拒み続けた横路さんが、
昨年末の衆院選で宗男さんの長女を受け入れるわけもなく、
あげく比例単独1位になんかしないでしょう。
(おかげで長女は比例復活を果たし、民主党議員に)

そして宗男さんも、
「横路先生の潔い出処進退の決断に流石さすがとただただ敬服」
「横路孝弘先生の英断」
などと公式ブログに書いているけれど、
横路さんのような筋金入りを持ち上げる保守政治家・・・?
一水会のようななりすましとも違うような気がするので、
道新などが言うところの「保守」の定義がいまいち分からない。
まぁいいや。




宗男さんの公式ブログが面白いです。

佐藤のりゆきさんに期待→佐藤さん応援を決める→佐藤さんを批判する民主党議員やマスコミなどを批判→高橋はるみ知事批判&佐藤さんを全力で応援→佐藤さんに不信感→佐藤さんを批判 となっていく様子や、
都合良く中川一郎氏の言葉を持ち出してくるという、吐き気がするあくどさ、
お得意の「『○×』や『□△』という声が多数寄せられる」「私も同意だ」など、
宗男さんらしさが満載。

鈴木宗男オフィシャルブログ ムネオ日記

2014-10-27 09:20:49
10月26日(日)
http://ameblo.jp/muneo-suzuki/entry-11944515930.html
(魚拓)



2014-11-05 07:45:20
11月4日(火)
http://ameblo.jp/muneo-suzuki/entry-11948326369.html
(魚拓)



2015-01-26 08:38:27
1月25日(日)
http://ameblo.jp/muneo-suzuki/entry-11981736776.html
(魚拓)



2015-02-16 08:44:45
2月15日(日)
http://ameblo.jp/muneo-suzuki/entry-11990510501.html
(魚拓)



2015-02-16 17:39:01
2月16日(月)
http://ameblo.jp/muneo-suzuki/entry-11990684541.html
(魚拓)



2015-02-22 18:27:06
2月22日(日)
http://ameblo.jp/muneo-suzuki/entry-11993215645.html
(魚拓)
※抜粋
 ここに至るまでに佐藤のりゆき氏と話しをしていく中で、佐藤のりゆき氏の人間性に違和感を持った。
 佐藤氏からすべて私にお願いすると言われ、私なりに汗をかいて民主党さんの協力を取り付けるまでにこぎつけたので、もう私の役割は終わったのかと思う。



2015-02-28 14:42:43
2月28日(土)
http://ameblo.jp/muneo-suzuki/entry-11995576076.html
(魚拓)
※抜粋
 北海道では知事選挙・札幌市長選挙が4月の統一地方選挙での一番の注目であるが、その札幌市長選挙に共産党が候補を出してきた。
 共産党は知事選挙では民主党・連合さんが「支持」「推薦」している佐藤のりゆき氏を「支援」すると言っている。民主党・連合さんは札幌市長選挙では秋元克広氏を早くから推薦している。
 佐藤のりゆき氏は「政党でも団体でも政策を認めてくれれば応援してほしい」と昨年11月4日の立起声明の際言ったが、この時、佐藤氏の頭には「共産党は入っていなかった」と私に言っていた。
 知事選・市長選挙で民主党・連合さんは同じ方向で動いている。市長選挙で共産党は民主党とは対立の構図となる。
 自民党・公明党は知事選・市長選一体で活動している。佐藤氏は知事選と市長選は別と考えているのか。「今の北海道の政治地図を全く判っていない。嘆かわしい限りである」と多くの声が寄せられる。
 各大地関係者から私のもとには「共産党が支援すると言った段階で保守・中道・浮動票が離れて行っている。佐藤氏が勝つには保守票を取らなくてはならないのに何を考えているのか」と言った憤りの声が沢山届けられる。私も同じ認識である。
 選挙では表に出てプラスに働くこともあれば、裏で応援して戴いて大きな効果をもたらすこともある。
 佐藤氏は目先の計算、しかも足し算ばかりで世の中、引き算もあることを知らないようである。この点、北海道のトップリーダーになる基礎体力があるかどうか、迷わざるを得ない。
 佐藤氏が、自分が言ったことが全て正しく、間違っていないと私に抗弁して来た。人間的にも一寸首を傾げざるを得ない。
 私が人を見る目がなかった、私の方が甘かったと反省する次第だ。
 現職の高橋氏に佐藤氏のやり方でやってみたらよい。健闘を願ってやまない。


当選のためならどんなことでもする、古臭い手法の黒~い宗男さんに、
道知事としての技量どころか人間性まで否定されてしまった佐藤のりゆきさん。

どっちもどっちですね(笑)。





■追記

共産からの支援を受けつつ、保守層への配慮も求める。
うーん、すごい話。
節操のなさ対決だと、宗男さんと佐藤さんのどちらに軍配が上がるかなぁ。
宗男さんの佐藤さん批判は同属嫌悪かもしれませんね(笑)。

で、配慮ってどうやるんでしょうね?
民主党が良くやっている、
のぼりを出さないとかロゴマークを小さくとかの話じゃ済まされないと思うけど。

道新:佐藤氏、きょう共産と会談へ 保守層への配慮求める
(03/06 07:00)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/2015local/596390.html
(魚拓)




拒まれました。

産経(共同配信記事):北海道知事選候補の佐藤氏、支援の共産に「静かに応援して」 共産は拒否
2015.3.6 21:30
http://www.sankei.com/politics/news/150306/plt1503060046-n1.html
(魚拓)
http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015030601002289.html
(魚拓)
※抜粋
共産側は「静かにとは考えていない」と拒み、思惑の違いが浮き彫りになった。




佐藤さんを全力で推したい道新、「共産は理解」と歪曲。

道新:道知事選 佐藤氏「静かに応援を」 会談で要請、共産は理解
(03/07 07:00)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/2015local/596644.html
(魚拓)
※抜粋
共産党側は一定の理解を示し、党独自に支援する考えだ。

当ブログ:佐藤のりゆき氏を全力で推す道新「共産は理解」と歪曲・印象操作 共同等は「拒否。思惑の違い浮き彫り」 2015-03-09
http://doumin.exblog.jp/21617011/




佐藤さんが共産党と会談したことについて。

道新:道知事選 佐藤氏「静かに応援を」 会談で要請、共産は理解
(03/07 07:00)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/2015local/596644.html
(魚拓)
※抜粋
一方、佐藤氏が共産党と会談したことについて、大地関係者は6日夜、「なぜ会う必要があったのか疑問だ」と不快感を示した。



道新:北海道知事選、佐藤のりゆき氏に不信感 大地・鈴木代表
(03/08 06:55)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/2015local/596817.html
(魚拓)
※抜粋
「一党一派に属さないと言っておきながら、政党色の付いた団体や組織に足を運ぶのは、言っていることとやっていることが違う」
「私どもに配慮する必要はないし、配慮したというのは大違い」




ブログでもまた批判。

鈴木宗男オフィシャルブログ ムネオ日記
2015-03-07 14:30:07
3月7日(土)
http://ameblo.jp/muneo-suzuki/entry-11998489301.html
(魚拓)
※抜粋
 北海道知事選挙は4月の統一地方選挙で大分県知事選とならんで与野党対立の構図である。
 現職の4選阻止に立ち上がった佐藤のりゆき氏の北海道を良くしたいというやる気、情熱に私は立起表明する前から相談に預かってきた。
そして佐藤氏から頼まれたことはすべてやり、連合さん・民主党さんの理解を得ることが出来た。
ところが最近、自分の思い込み、自分の考えが一番だという身勝手な言動が目につく。選挙については私の方が佐藤氏よりさまざまな経験を積んでいる。「4選阻止」と叫んでも勝たないと意味がない。勝つにはどうしたら良いのかという視点が足りない。人間性に問題がるようだ。私が未熟で見る目がなかったと自分自身を責めるものである。
横路先生はじめ多くの人に迷惑をかけてきたことに、ただただ申し訳ない思いで一杯だ。
 それにしても政治家は政策よりも人としての道が大事だ。それが一番だということを知らないことにびっくりし、「心」を持ってない人がトップリーダーに向いているかどうかよく考えなくてはならない。




ここまで痛烈に批判してしまったら、普通は支援はできませんよね。
政策面での批判なら分かるけれど、
リーダーシップ、そして人間性までも否定しているんですから。
でも、宗男さんは9日になって、
またまた第三者の意見(松山千春のアドバイス 笑)を引き合いに出した上で、
「私共の認識を佐藤のりゆきさんに正しく理解して戴ければ良いことである」
などと含みを持たせた書き方をし始めました。
もし今後支援を決めるとしたら、どんな詭弁を弄するのか楽しみ。

鈴木宗男オフィシャルブログ ムネオ日記
2015-03-09 18:17:31
3月9日(月)
http://ameblo.jp/muneo-suzuki/entry-11999416776.html
(魚拓)




自己評価では、
「私は人を後ろから切りつけるやり方をする人生は送って来ていない」
だそうです。
やっぱり同属嫌悪なんでしょうか。

鈴木宗男オフィシャルブログ ムネオ日記
2015-03-11 18:44:01
3月11日(水)
http://ameblo.jp/muneo-suzuki/entry-12000272361.html
(魚拓)
※抜粋
 北海道知事選挙で最近、新党大地 鈴木宗男と佐藤のりゆき氏と微妙な距離感があるのではと電話・FAX等で様々な意見・声が寄せられる。事情を知らない人もおられると思うので説明させて戴きたい。
 私は佐藤のりゆき氏が立起表明する前から相談に預かっていた。主張、考えも伺い、「純粋道民党」で闘いたい、特定の政党と選挙協定、紙は作らないとのことだったので「それでいいのではないか」と了承した。
 その時、「共産党については頭にありません」と佐藤氏は明確に話された。
 2月4日、私と松山千春さんとで佐藤のりゆき氏に会った際も「共産党にはお願いもしていなければ支援してもらうつもりはありません」と佐藤氏は言われた。
 又、「共産党から支援の話があっても断ります。記者会見します」とまで言われた。それがどこでどうなっているのか共産党から「支援状」までのこのこ出かけて行ってもらう羽目になっている。
 佐藤氏から「民主党・連合さんの協力取り付けは鈴木先生しか出来ませんので鈴木先生どうか頼みます」と再々言われ、民主党北海道代表の横路先生にもお会いしお願いした。
 民主党北海道の1月23日の新春パーティーでも私は挨拶の中で佐藤氏支援のお願いをし、その後も連合北海道の出村事務局長・民主党北海道の勝部幹事長とも何回も会ってお願いし、最終的に横路先生が代表を辞める形で民主党「支援」、連合「推薦」という形を作ることが出来た。
 横路先生には大変ご迷惑をかける結果となってしまった。私は佐藤氏にお願いされたことはしっかり果たしたが、頭にないと言っていた共産党と裏で取引をしているとは全くしらなかった。これは信義違反である。このことを読者の皆さんはじめどうなっているのかと不思議に思っている人に良く承知して戴きたい。
 私は人を後ろから切りつけるやり方をする人生は送って来ていない。良いものは良い、悪いものは悪いと誰よりもはっきりさせて来た生き様であり、それゆえに時には誤解もされ、敵を作ることもあったが、時間が経つと理解して戴いたと思っている。だからこそ何があっても今でも鈴木宗男と付き合ってくれる人が全道は勿論、全国にいるのである。
 「全て鈴木先生にお願いします」と言いながら、票欲しさにみすみす大量の票を逃がしてしまうやり方は素人である。保守・中道・浮動票を得て初めて佐藤氏の言う「四選阻止」が出来るのである。
 佐藤氏は9日マスコミの取材に対し「お蔭様で今、色んな政党が応援してくれています」と9日の夜、記者団に述べているが、誰か汗をかいたのか「汗は他人(ひと)にかかせ、手柄は自分に」と佐藤氏は考えているようだ。
 民主党・連合さんのご理解・応援は佐藤氏が取り付けたと思っているだろうか。維新の党 松木けんこう北海道代表とは前もって私は相談に預かっている。「四選阻止」と佐藤氏が言うならどうしたら「四選阻止」出来るのか冷静に考えるべきだ。来る人がいたら離れる人もいる。これが選挙である。
 新党大地 鈴木宗男がなぜ表に出て佐藤のりゆきと言わなかったか、それは私が出ると離れる人・層がある。だから遠慮しながら邪魔にならないように協力して来たのである。
 共産党が表に出てきて私の処には多くの人が「佐藤氏は何を考えているんだ。応援できない。付いていけない」という声が寄せられている。
 選挙は足し算だけでなく引き算もしなくてはいけないと何回も佐藤氏にはアドバイスして来た。目先の計算しかできないようでは、いや、目先の計算も間違うようではトップリーダーとしての資質を持っているかどうか疑問である。
 読者の皆様にはよくよく事の事実をご理解戴きたい。いずれにせよ13日までにははっきりしたい。




後ろから切り付けたりしない宗男さん、これは本当ですか?(中川郁子氏の件)
ムネオ日記では、さらっとしか触れていなかったし、きっと違いますよねぇ。

101 :名無しさん@1周年:2015/03/08(日) 21:32:41.01 ID:RP/VUX0u0
このネタを週刊誌にたれ込んだのは、鈴木○男だといわれてるよね。
永田町でも嬉しそうにニタニタしながら、週刊誌の該当ページを配ってた。

105 :名無しさん@1周年:2015/03/08(日) 21:56:54.94 ID:RP/VUX0u0
>>103
政治部記者から聞いたけど、なにか?
永田町で嬉しそうにばらまいていたのは実話。


産経:【永田町血風録】中川郁子農水政務官「路上キス」の代償
2015.3.24 06:00
http://www.sankei.com/premium/print/150324/prm1503240007-c.html
(魚拓)
※抜粋
永田町では発売前日に記事のコピーが出回り、予算審議以上に話題を独占していた。




さぁどうなるか。("紙”を返しただけで共産から支援を受けること自体は変わらず)

道新:北海道知事選 佐藤のりゆき氏、共産支援状を返上
(03/13 06:31、03/13 09:37 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/2015local/597839.html
(魚拓)




(笑)。

道新:新党大地、佐藤氏支援を表明 北海道知事選
(03/14 06:40)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/2015local/598060.html
(魚拓)
※抜粋
 鈴木氏は13日、佐藤氏の支援状返上を踏まえ、盟友である歌手の松山千春氏と対応を協議し、佐藤氏を支援することで一致。この後の会見で「元気な北海道をつくるためにも明確なビジョンを持った人がいいということで、応援していく結論になった」と述べた。大地としての選挙支援のあり方については「佐藤氏から相談されたことに誠意を持って対応したい」と述べ、今後、佐藤氏側と協議しながら検討する考えを示した。


NHK:新党大地が知事選対応を表明
03月14日 07時16分
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20150314/3183841.html
(魚拓)
※抜粋
これに対して新党大地の鈴木代表が「佐藤氏は『共産党から支援は受けない』としていたのに信義違反だ」などと批判したため、佐藤氏の陣営はきのう支援状を返還していました。
これを受けて鈴木代表は記者会見して、「真の“道民党”というのが佐藤氏の基本なので、そこに立ち返れば、みんなの理解を得られると思う」と述べて、新党大地として知事選挙で佐藤氏を支援することを表明しました。
いっぽう「明るい革新道政をつくる会」の黒澤幸一代表世話人は、13日夕方、記者会見し、「佐藤氏に対して利己的な影響力を保持しようとしたり、高橋道政の転換を求める道民の結集を妨げようとする者がいる」としながらも、「支援状は返還されたが、佐藤氏を支援する考えを変えるつもりはない」と述べました。


苫小牧民報:北海道知事選 新党大地、佐藤氏支援を表明
3月14日(土)15時47分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150314-00010000-tomamin-hok
(魚拓)


当ブログ:佐藤のりゆきのリーダー性どころか人間性までも否定した上で支援を決める鈴木宗男の政治手法 2015道知事選
2015-03-16
http://doumin.exblog.jp/21634513/






■これまでの流れ(当ブログ内)

佐藤のりゆき氏を道知事選に出馬させたい人々が『佐藤のりゆきさんを北海道知事に引っ張り出す会』設立 2013-12-26

佐藤のりゆき氏、2015年4月の北海道知事選挙に出馬表明 2014-11-04

民主党北海道、道知事選候補者選び難航 2015統一地方選 2015-01-22

共産党が佐藤のりゆき氏を支援か 2015北海道知事選 2015-02-05

佐藤のりゆき氏を民主党・共産党が支援へ 2015道知事選 (追記)社民党・維新の党・市民ネットも支援へ 2015-02-18





■他、当ブログ内関連記事

[PR]
by doumin | 2015-03-05 14:28 | 政治‐2015統一地方選 | Comments(2)
Commented by 名無し at 2015-03-05 22:13 x
宗男が保守かという話からは少しずれますが、宗男(及び大地)が民主党に世話になりたいと言ったときに横路がすぐさま歓迎してくれたと2014年の衆院選の横路の応援演説の時に言ってましたよ。だから、横路をヨイショしているんでしょうねえ

宗男は基本的に世話になった人や恩師に対しては義理堅い性格ですからねえ
Commented by doumin at 2015-03-06 15:42
名無しさま、コメントありがとうございます。

>すぐさま歓迎
うわーそうなんですか。
ますます、道新、宗男さん、横路さんらの保守の定義が謎に。
でもまぁいいや(笑)。
希望を言えば、できれば保守とは言わないでほしいなぁ・・・と。

>ヨイショ
民主の比例単独1位に長女を入れてもらったからですね。
松山千春が横路さんの応援に入ったのには吹き出してしまいました。
当選のためなら何でもいいんでしょうけど、あまりに節操がなさすぎ。

>基本的に義理堅い
中川一郎氏と中川昭一氏のことや、
世襲批判や政党交付金などの二枚舌、長女ねじ込み、同姓同名の人を出馬させる、お涙頂戴、
その一方で、自分より下と見ると異様な上から目線・批判等々、普段の言動から考えると、
利用価値があるかないかを読んだ上での言動(媚)だろうなぁ、長女のこともあるし、
と私は思っていましたが、そういう面もあるんですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード