和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:口蹄疫問題( 53 )
口蹄疫終息宣言 北海道が宮崎からの家畜移入禁止解除
ついに口蹄疫終息です。
長い間、本当にお疲れ様でした・・・。


読売新聞:口蹄疫終息を宣言、発生確認から130日目(2010年8月27日)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20100827-OYS1T00641.htm

----

北海道新聞:道が宮崎からの家畜移入禁止解除 口蹄疫終息宣言受け(08/27 14:11、08/27 15:29 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/agriculture/248219.html
 宮崎県の口蹄疫終息宣言を受けて、道は27日午前、同県からの牛や豚など7種類の特定家畜について、5月20日から適用していた移入禁止措置を解除した。これで、道と宮崎との家畜搬出入は正常化したことになる。同県からは2009年、肥育用の黒毛和種など牛約500頭を移入していた。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

カテゴリ:口蹄疫問題
[PR]
by doumin | 2010-08-27 18:35 | 口蹄疫問題 | Comments(5)
移動制限を完全解除 長い間お疲れ様でした
朝日新聞:家畜などの移動・搬出制限を全面解除 宮崎・口蹄疫 2010年7月27日0時3分
http://www.asahi.com/national/update/0726/SEB201007260069.html
 家畜の伝染病・口蹄疫(こうていえき)の問題で、宮崎県は27日午前0時、宮崎市の発生農場を中心に、最後まで残っていた家畜などの移動・搬出制限区域(発生農場から半径10キロ以内・10~20キロ以内)を解除した。4月に同県都農町で発生が確認されて以来、県内の制限区域はすべてなくなった。

 発生地域で、不要不急の外出やイベントの自粛などを求めていた「非常事態宣言」も同時に解除された。感染拡大を防ぐため、一般の観客は観戦できない形で実施してきた全国高校野球選手権宮崎大会については、同日の準決勝から観戦可能となる。閉鎖が続いていた同市内の図書館などの公共施設も再開される。

 これまで口蹄疫の発生が確認された自治体は、宮崎県内の11市町。殺処分された家畜は計28万8643頭(26日現在)にのぼった。発生は宮崎市の農場で今月4日、確認されたのが最後となった。

 県は今後、口蹄疫ウイルスが潜伏している可能性のある糞尿の処理を進める。処理の終了を8月27日と見込んでおり、新たな発生がないことを確認したうえで「終息宣言」を出したい、としている。

続きを読む
[PR]
by doumin | 2010-07-27 00:30 | 口蹄疫問題 | Comments(2)
真相を吐露 東国原知事
知事のここ最近のブログを見ると、
以前と論調が変わってきていますね。

非常にお疲れなのでしょう。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

17日の知事のブログ。

そんまんま日記:読売新聞社説について
http://ameblo.jp/higashi-blog/day-20100717.html
読売新聞の社説に対し、
>別に批判・抗議・訂正要求などでは無い。どちらかと言うと解説・加筆・真相吐露といった意味合い
とのこと。
真相暴露っぽくも見えます。
びっくりした部分や気になった部分などを抜粋してみます。
(適宜改行を入れました)


>「特措法により勧告しろ」と大臣に恫喝され

> →あの時(一応勧告したとき)、またそれ以前から、
>薦田氏から「私の人生を掛けた種牛がもし殺処分されたら、私も死ぬ」と言われていた。
>薦田氏とは、今回、数回に渡ってお会いし、自筆の手紙も頂いていたが、
>その姿勢は本気であると判断した
>(因みに、山田大臣はこれまで一回も会おうとも、電話で話を聞こうともされていない)。

> 県民の生活を預かる立場として、
>行政執行によりみすみす薦田氏(県民)の命を奪うようなことがあってはならないと強く思った。
>何とか、最悪の事態(悲劇)は回避しなければならないと判断した
>(因みに、その時、山田大臣(当時副大臣)は関係者に
>「提訴しようとするような人間が自殺する訳がない」と仰ったそうである。

>山田大臣の答えは「赤松大臣は認めたかも知れないが、今は俺が大臣だ。俺は認めない」だった。

>その後、僕の方から「どこにでも会いに行くから、話を聞いて頂きたい」と面談を申し入れたが、
>「嫌だ。事務方になら会っていい」と言われた。
>仕方なく、事務方が選挙中、熊本空港まで会いに行き、救済を申し入れたが、けんもほろろに断られた。

> その後、選挙が終わり、突然「会ってもいいので農水省に来い」と言われ、わざわざ農水省まで出向いた。

> そこで、県内から集められた嘆願書を手渡そうとしたが、
>椅子にふんぞり返ったまま「そこに置いて」と言われた。
>よっぽど投げ付けてやろうかと思ったが、県民の皆様の民意を投げ付けたら失礼だと思い、ぐっと堪えた。
>因みに、その嘆願書の中には、地元民主党国会議員の連名による6頭救済の要請書も入っていた。
> 僕は、これまで様々な大臣や副大臣等に要望書や嘆願書を持参したが、
>受取ろうともせず、「そこに置け」と言われたのは初めてであった。
>こういう方を信用・信頼しろという方が無理である。

> しかし、山田大臣は「それは法定受託事務だから」と仰る。約束が全然違う

> 因みに、その頃、農水省から出向していた職員が本省に送った日誌に
>「地元がごねる」と書いてあったことが判明。これは地元では大問題になった。

> それより、山田大臣自慢の特措法を適用すればいいではないのか?

> 山田大臣が、「あくまでも殺処分ありき」という論理矛盾を押し通し、自分のメンツや意地だけを優先し、
>「殺処分しなければ、移動制限解除はさせない」と強引・高慢な方針を突っ張られたからである。

>他に、復興支援・補助金・交付金等を削られ、報復される懸念を感受

> 国内で口蹄疫が発生したにも関わらず、国の対策本部長である赤松大臣は外遊に出掛け、
>初めて来県されたのは、発生後約3週間経ってからであった。
>それとも、赤松大臣の「だから殺せと言ったんだよ」と笑って発言されたこと?
> それとも、初めて来県された際「幸いにも、今は川南町だけに留まっているので・・・・・」と発言されたこと?
> それとも、川南(かわみなみ)町の名前をいつまでも間違っておられたこと?
> 各閣僚がお越しになったとき、大体の閣僚は発生地の各地名を全然覚えておられなかったこと? 
> それとも、国の現地対策本部が本県に設置されたのは、発生後約一ヶ月も経ってからだったこと?
> そこに来られた現地対策本部長の山田氏が「僕がここに来たのは、ワクチンを打ちに来たんだよ」
>と嬉しそうに、まるで宮崎が実験場であるかのように仰られたことを言っているのか?
> それとも「一日一万頭は殺せ」と無理難題を高圧的に言われたことか?
> 「後、1・2件は発生するだろう」と予言されたことか?
> それとも、国の対策本部長だった鳩山首相が来県され「国の責任において、
>万全を期す」と明言された翌日に辞任されたことを言っているのか?
> それとも、非常事態宣言下で、選挙を強行したことか?
> それとも、まだ終息していないのに、国の現地対策本部は、ワクチンの一件が終わったら、
数人残してさっさと撤収されたことか?
> いずれにしろ、国の国家的危機管理意識は、初動からその程度しか無いということを言っているのか?

>しかし、どうしてこういうタイミングでまるでイチャモンのように記事化されるのか?
> 誰か、どこからかの圧力・指示・依頼でもあったのか? 社説で取り上げて頂いたのもそうなのか?

> これはあくまでも僕の邪推であるが・・・・・山田大臣が今回、何が何でも殺処分に拘ったのは、
>恐らく、日本で初めてのリングワクチンを成功させたかったのだろうと思う。

> 5月18日、ワクチン接種を山田大臣(当時まだ副大臣)に迫られた。
>「知事さん、このリングワクチンを地元に説得出来なければ、あんたのリーダーとしての資質は無いんだ。
>知事として失格だな」と低い声で言われた
>国の責任でやると言っておいて、地元や農家さん達への説得・同意等は地元首長達に押し付けるのだ。

----

19日のブログでは、
>「特例を絶対に認めない。殺処分ありき!」という断固たる姿勢を貫くには、
>他にも理由があるとしか考えられない。ならば、他の理由とは一体何か?
(中略)
> ・・・・・・・・立場上、余り突っ込んでは書けない。あくまで上っ面なことしか書けないが、
>上記①+②+③+④+その他を参考・ヒントに、
>山田大臣が「民間種雄牛の6頭はとにかく殺せ!」と譲らなかった真の理由を皆様に推察して頂きたい。
として4つ+αの予想をしてらっしゃいます。

そのまんま日記:理由(わけ)
http://ameblo.jp/higashi-blog/entry-10594999317.html

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

地元では色々あるようですね。
(色々な報道、ブログ記事やコメント欄などから、
信憑性も含め、皆様独自にご判断ください)
疲弊と憔悴と不安で3ヶ月。
色々ぶつかり合うことも当然出てくるのでしょう。
普段見えなかったことが見えてきたり・・・。

しかし、終息宣言が近づいています。
3ヶ月間、本当にお疲れ様でした。


薦田さんが孤立しないように・・・。
それが気がかりです。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

カテゴリ:口蹄疫問題

コンビニで買えるおいしい鶏炭火焼きもあります。
宮崎 日向名物とり源 鶏炭火焼き

風評被害に躍らされることなく冷静に。
口蹄疫は人に感染する病気ではありません!

北海道全域に義援金箱が設置されました。
周知と支援を広げるための提案(口蹄疫問題)
口蹄疫問題 寄付一覧
[PR]
by doumin | 2010-07-21 13:35 | 口蹄疫問題 | Comments(0)
自治体の責任などを究明する第三者委員会を近く設置 山田正彦農相
責任転嫁だけは一人前ですねぇ。

宮崎日日新聞:責任究明へ第三者委設置 山田農相が意向 2010年07月20日
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=29117&catid=74&blogid=13
 本県の口蹄疫問題に関し山田正彦農相は20日の会見で、感染拡大に至るまでの自治体の責任などを究明する第三者委員会を近く設置することを明らかにした。

 感染ルートを解明する疫学調査チームとは別に、拡大の経緯を検証する考え。

 山田農相は、川南町の大規模農場が4月20日の1例目発表前に口蹄疫の症状を見過ごしたとされる問題に「現地の獣医を含めた疫学調査チームの報告によると、国への報告以前から発症があった、あるいは判断が遅れたという点は免れないのではないか」と言及。その上で「疫学調査チーム、第三者委員会で国、県などの責任を含めて検証しなければならず、作業に取りかかった」と述べ、第三者委員会の人選に入ったことを報告した。

(詳細は21日付朝刊、または携帯サイトで)



国の責任などを究明する第三者委員会を、
県も設置したらどうでしょう?


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

宮崎日日新聞:「県の初期対応に不備」 農水省・検証委初会合 2010年08月06日
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=29117&catid=74&blogid=13
 口蹄疫への国や県の対応、防疫が適切だったかなどを第三者が検証する農林水産省の「口蹄疫対策検証委員会」の第1回会合が5日、同省で開かれた。

 感染拡大に至った国や県、農家の責任をはじめ情報提供の在り方、農家の衛生管理意識などの検証の必要性が論議され、その過程で県の初期対応の不備も指摘された。今後、本県関係者らのヒアリングを経て9月中に中間報告、10月中に最終報告をまとめる方針を決めた。

 検証委は山田正彦農相の指示で発足。初会合には大学教授や消費者団体代表、弁護士ら9委員のうち8委員が出席し、日本獣医師会の山根義久会長を座長に選任した。山田農相は「客観的な指摘をいただき、家畜伝染病予防法改正などに生かす」とあいさつした。

 協議は疫学調査チームの検討内容などを基に非公開で行われ、終了後に会見した山根座長は「20近くの検証課題が指摘された」と報告。主なものとして(1)各場面で国や県、農家が責任を果たしたか(2)農家に発生場所などの情報が十分提供されたか(3)定期消毒など農家の飼養衛生管理意識(4)ワクチンによる早期殺処分に対し経済的補償を含め十分な理解が得られていたか―などを挙げた。

 検証のため本県関係者らからヒアリングを行うことも決めた。対象者や時期は今後詰める。山根座長は「現場に近い人や、緊急度の高い人に来ていただくことになる」と、被害農家や県職員らも対象になる可能性を示唆した。

 また協議では、3月31日に県の家畜保健衛生所が口蹄疫が疑われる血液検体を入手しながら、検査が遅れた点にも言及。山根座長は「初期対応が十分なされていないと判断ができる、という意見が出た」と、対応の不備が指摘されたことを報告した。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

コンビニで買えるおいしい鶏炭火焼き。
宮崎 日向名物とり源 鶏炭火焼き

風評被害に躍らされることなく冷静に。
口蹄疫は人に感染する病気ではありません!

北海道全域に義援金箱が設置されました。
周知と支援を広げるための提案(口蹄疫問題)
口蹄疫問題 寄付一覧


■カテゴリ:口蹄疫問題

トップページ
[PR]
by doumin | 2010-07-21 13:30 | 口蹄疫問題 | Comments(0)
それぞれの立場・・・ その2
「16日まで待ってください」
というムッチーさんのブログを見てからまとめようと思っていましたが、
更新がありませんでした。

薦田さんの種牛に関すること、
色々な立場の方々、
ネットで確認できる主なサイト、

以上の条件で(ほんの一部ではありますが)ご紹介します。
コメント欄には、
宮崎県民の方々のご意見、mixiなど他サイトからの引用等、
非常に興味深い内容もたくさん書かれています。
(ただし、それらが真実であるか否か確認したわけではない、ということを申し添えます)
ご覧になって、みなさまがそれぞれ独自にご判断頂ければと思います。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ムッチーさん:2010/7/15「10分の1だけ言わせてください」
http://green.ap.teacup.com/applet/mutuo/20100715/archive

自民・江藤拓衆議院議員:苦悩と混乱 2010-07-16 22:00
http://etotaku.exblog.jp/10985694/

自民・横田県議会議員:2010-07-07 県の悩み
http://www.tensan-y.com/index.php?eid=637

自民・横田県議会議員:2010-07-14 種牛問題
http://www.tensan-y.com/index.php?eid=638

東国原知事:2010-07-15 身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも・・・・・・・・
http://ameblo.jp/higashi-blog/day-20100715.html

東国原知事:2010-07-16 結局
http://ameblo.jp/higashi-blog/day-20100716.html

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

知事の7/15付けのブログ記事を見て思ったこと。

> 蓮ほう氏やみんなの党さん達に頑張って頂いて、
>徹底的な行政刷新・国家公務員改革を断行して頂きたいものだ。
>何なら、微力であるが、お手伝いさせて頂いてもいいくらいだ。

みんなの党って?
何で???

知事はやっぱり、もともとお好きではないんですね・・・。
(今回、与党である民主にこのような対応をされて傷心・・・?と感じてしまった)

早い段階から動き、涙ながらに訴えていたのはどの党でしたか?
そのことを、少しは心に留めてほしかったなと思います。
政争の具と見る向きもありましょうが、
今回の参院選の結果は、必死で動いている様子を見てきた宮崎県の方々の民意では?

ただ、知事にとってもこの再度の勧告は大変なご苦労だったと推察いたします。
苦渋の決断であったでしょう。


※ちょっと関係あるかもしれないリンク

産経MSN:【口蹄疫】「国にはがっかり」 種牛問題で東国原知事“恨み節” 2010.7.16 19:36
http://sankei.jp.msn.com/life/body/100716/bdy1007161936002-n1.htm

当ブログ内:それぞれの立場(その1)
http://doumin.exblog.jp/11533071/

youtube:2009年6月 東国原知事「私が自民党総裁候補として戦う覚悟があるか」
http://www.youtube.com/watch?v=hivcTJ6jD2c

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

薦田さんの言葉です。↓
>「県や農家のために使ってほしい牛を処分しないと県民のためにならないということに本当にショックを受けた」
>「県民に迷惑をかけたくない」

私は助命が相当だと考えていましたが。

様々な立場の方々の様々な意見。
色々な思惑がぐるぐるとしている。

私は所詮は素人ですし、
ましてやそばに住んでいるわけでもない。
実際に被害を受けたわけでもない。

しかし、私は遠いところに住んでいるけれど、
北海道も畜産王国、決して他人事ではないし、危機で助け合うのはお互い様です。
10年前、宮崎で発生した後に北海道でも発生ということもありました)
自分に出来る限り、考えられる限りのことを追求して参りましたが・・・。

うーん、なんかうまくまとめられない。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

カテゴリ:口蹄疫問題

コンビニで買えるおいしい鶏炭火焼きもあります。
宮崎 日向名物とり源 鶏炭火焼き

風評被害に躍らされることなく冷静に。
口蹄疫は人に感染する病気ではありません!

北海道全域に義援金箱が設置されました。
周知と支援を広げるための提案(口蹄疫問題)
口蹄疫問題 寄付一覧
[PR]
by doumin | 2010-07-16 23:58 | 口蹄疫問題 | Comments(8)
種牛農家、東国原知事に殺処分受け入れ伝達 農相は感謝伝えに宮崎入りも
薦田さん・・・。


IBTimes:宮崎の民間種牛17日にも殺処分、薦田さん「県民に迷惑をかけたくない」
2010年07月16日 17:52更新
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/100716/57683.html
>記者団に「県民に迷惑をかけたくない」と語った。

----

読売新聞:種牛農家、東国原知事に殺処分受け入れ伝達(2010年7月16日14時07分)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100716-OYT1T00532.htm?from=top
>「県や農家のために使ってほしい牛を処分しないと県民のためにならないということに本当にショックを受けた。国の対応は不本意だが、牛を処分しないと国は移動制限区域を解除しないと言っており、県民に影響を与えてはならないと決断した」

----

産経MSN:【口蹄疫】殺処分受け入れに「ありがたい」と農水相 感謝伝えに宮崎入りも 2010.7.16 13:11
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100716/biz1007161314016-n1.htm
 宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で、県から殺処分を求められた民間種牛6頭の所有者、高鍋町の薦田長久さん(72)が16日、県庁で東国原英夫知事と面談し、殺処分要請を受け入れると回答した。

 この知らせを同日午前、閣議後会見中に記者から聞いた山田正彦農林水産相は、「ご理解いただき本当にありがたい。これで胸を張ってOIE(国際獣疫事務局)に『清浄国』だといえる」と述べ今後、国際的にも口蹄疫終息を認められるとの考えを示した。

 かつて肉牛の牧場を経営していたこともある山田農水相は、「牛を飼っていた私には、(家畜を殺処分される)気持ちは痛いほど分かる」と話していた。

 この日の会見で「ぜひ、薦田さんにお会いしたい。多くの皆さんが犠牲を払ったので、皆さんに感謝し、よく頑張っていただいたという思いを伝えたい」と早期の宮崎入りの意志を示した。日程は未定。

※リンク先に、薦田さんの沈痛な面持ちの画像がありました・・・。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

この山田農水大臣の変わり様。
ひどい。

なぜ、全部知事に言わせてるの?
なぜ一度も薦田さんのところに足を運ばなかったの?

薦田さんが受け入れた途端、

>「牛を飼っていた私には、(家畜を殺処分される)気持ちは痛いほど分かる」
>「ぜひ、薦田さんにお会いしたい。多くの皆さんが犠牲を払ったので、皆さんに感謝し、
>よく頑張っていただいたという思いを伝えたい」

何これ。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

カテゴリ:口蹄疫問題

コンビニで買えるおいしい鶏炭火焼きもあります。
宮崎 日向名物とり源 鶏炭火焼き

風評被害に躍らされることなく冷静に。
口蹄疫は人に感染する病気ではありません!

北海道全域に義援金箱が設置されました。
周知と支援を広げるための提案(口蹄疫問題)
口蹄疫問題 寄付一覧
[PR]
by doumin | 2010-07-16 18:23 | 口蹄疫問題 | Comments(4)
宮崎県知事、種牛の殺処分要請 移動・搬出制限を部分解除
日経新聞:宮崎県知事、種牛の殺処分要請 移動・搬出制限を部分解除 2010/7/16 1:22
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E3E7E2E4E58DE3E7E2E5E0E2E3E29191E3E2E2E2;at=ALL

 家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)問題で、宮崎県の東国原英夫知事は15日、国が要請している種牛6頭の殺処分を拒否していた同県高鍋町の農家を訪問し「国の判断による殺処分にご理解をいただけないか」と伝えた。同県は国に特例としてこの民間種牛6頭の救済を求めていたが、方針を転換した。

 知事は農家に、16日午前中に処分に応じるかどうかの回答を求めた。

 東国原知事は15日午後の記者会見で「家畜の移動制限解除や非常事態宣言解除が重要だ」と述べた。農林水産省が民間種牛を殺処分しなければ移動制限解除に応じないとしているため、農家に「殺処分しか選択肢がない」と伝えたという。

 民間種牛を巡っては、宮崎県は種牛を県有化して助命する考えを主張。農水省は例外を認めずに速やかに殺処分するよう求め、双方の対立が続いていた。

 知事の方針転換を受け山田正彦農相は15日、この種牛6頭を飼育する農場を中心とした半径10キロを除く地域は家畜の移動や域外への搬出の制限の解除を認めると表明。宮崎県は16日午前0時、川南町など県東部の感染多発地域のうち川南町の一部など農相が認めた地域の移動・搬出制限を解除した。同農場から半径10キロ以上離れた農家は家畜の出荷が可能になる。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

カテゴリ:口蹄疫問題

コンビニで買えるおいしい鶏炭火焼きもあります。
宮崎 日向名物とり源 鶏炭火焼き

風評被害に躍らされることなく冷静に。
口蹄疫は人に感染する病気ではありません!

北海道全域に義援金箱が設置されました。
周知と支援を広げるための提案(口蹄疫問題)
口蹄疫問題 寄付一覧
[PR]
by doumin | 2010-07-16 01:30 | 口蹄疫問題 | Comments(2)
川南町 立ち上がろうステッカー販売
ムッチーさんブログより。
川南町観光協会で、1枚500円でステッカー販売を開始したそうです。

d0164331_15415790.jpg
京都市のデザイナー、
WADY-DESIGNの和田伸也さん作



詳しくはムッチーさんブログをご覧ください。
(川南町観光協会の公式サイトは無いようです)
立ち上がろうステッカー販売のお知らせと、注文書も掲載されています。

川南町のムッチー牧場だよ~ん。:2010/7/14「牛舎掃除」
http://green.ap.teacup.com/applet/mutuo/20100714/archive


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

カテゴリ:口蹄疫問題

コンビニで買えるおいしい鶏炭火焼きもあります。
宮崎 日向名物とり源 鶏炭火焼き

風評被害に躍らされることなく冷静に。
口蹄疫は人に感染する病気ではありません!

北海道全域に義援金箱が設置されました。
周知と支援を広げるための提案(口蹄疫問題)
口蹄疫問題 寄付一覧
[PR]
by doumin | 2010-07-15 15:54 | 口蹄疫問題 | Comments(0)
県市長会も民間種雄牛救済支持 14日に山田農相に直接伝える
今日、宮崎県市長会会長(黒木健二日向市長)が上京し、
抗体検査と価値評価などの条件を加え、種牛救済支持を農相に直接伝えるそうです。


毎日新聞:口蹄疫:種牛6頭の県保有案支持 市長会が国に要望へ /宮崎 2010年7月13日 地方版
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20100713ddlk45040537000c.html
 県市長会(会長・黒木健二日向市長)は宮崎市で12日開いた定例会で、民間種牛6頭を県が保有する案を支持することを全会一致で決めた。国への口蹄疫対策要望案を提出する際、口頭で伝える。

 黒木会長が14日にも上京し、山田正彦農相に市長会の要望として伝える。

 県内9市長が参加した。口蹄疫対策については、特措法に基づく措置を早急に求めることなどに加え、民間種牛の問題についても協議。長峯誠・都城市長は「種牛を残すことに、国から県内に反対があるのではと言われないようにするべきだ。県への無償譲渡ならば、ワクチン接種農家から平等性について理解は得られるのでは」と述べた。

 また橋田和実・西都市長も「抗体検査などをしたうえで、問題がなければ県の種牛として使うべきだ」などと述べた。

 また、市長会は知事に、口蹄疫で停滞する県経済に対し、十分な対策を取ることなどを求めた要望書を手渡した。【小原擁】

----

宮崎日日新聞:民間種雄牛、市長会も救済支持 きょうにも結論(2010年7月13日)
http://www.the-miyanichi.co.jp/special/kouteieki/index.php
 県市長会(会長・黒木健二日向市長、9市)は12日、定例会を開き、口蹄疫問題で東国原知事が国に提案している民間種雄牛6頭の救済を支持することを決めた。

 一方、山田正彦農相と仙谷由人官房長官は同日、首相官邸で会談し、救済を政府として認めない方針を確認。政府の現地対策チーム本部長・篠原孝農水副大臣は菅直人首相が本部長を務める政府対策本部会議などで13日にも結論を出すよう求めていることを明らかにした。

 市長会では長峯誠都城市長が「国が殺処分を示せば訴訟となり県内の制限解除が遠のく。国の政治判断を前に市長会の意見をまとめたい」と提案。県が示す種雄牛の県有化案について、抗体検査の実施や価値評価などの条件を加えて支持することを決めた。黒木市長が上京し、14日に山田農相に直接伝える。

 しかし、山田農相は週内にも東国原知事を農林水産省に呼び、予定通り殺処分するよう強く求める考え。仙谷官房長官との会談後、記者団に対し「官房長官も国家的危機管理として、きちっと口蹄疫対策特別措置法に基づいて処分してもらうしかないという見解だった」と述べた。

 篠原副大臣は同日の会見で13日の閣議の前後に対策本部会議か関連閣僚の懇談会を開き問題を協議するよう要望していると説明した。

 民間種雄牛をめぐっては、所有する農場経営者がワクチン接種を拒否。県の殺処分勧告にも応じないため、種雄牛を県有化することで他の県有種雄牛と同様に殺処分対象としない特例を国に求めている。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

山田正彦農相。
この人は何を考えているんだか良く分かりませんね。
まず責任転嫁が酷い。
赤松氏が農相だったとき、山田氏は副大臣でしたよね(笑)。
ご自身も牧場と食肉販売店をやってらっしゃったのに、この非情な対応。

12日に仙谷官房長官と山田農相が政府として救済を認めない方針を確認、
突然東国原知事を呼びつけ、 ←今までは知事からの会談の申し入れを断って来たのに
13日に会談。 ←会談は平行線に終わりました・・・
東国原知事が持参した嘆願書を受け取りもせず、
「そこに置いといて」 (youtube) (ニコニコ動画
さらに「県の危機管理意識が甘い」とまで。 (ニコニコ動画
これを見た宮崎の方々は一体どう思うでしょうか。

野党時代、
「国は、倒産したパチンコ店に賠償すべき」
という意味不明な質問をしたりもしていましたが、 (youtube) (ニコニコ動画
1972(昭和47)年に山田氏は有限会社鬼岳牧場を設立し、
将来は牛だけでなく中国の青島から子牛を輸入して
日本の食肉基地としての”大牧場”を志していたときのことを思い出し、
もっと心ある対応をして頂きたいです。

あ。
オフィシャルサイトのプロフィールのページ「中国の青島から子牛を輸入」などの部分を削除し、
>1972(昭和47)年 牧場を設立。
>日本の食肉基地としての”大牧場”を志す。(数年後、牧場は売却)
に変えてしまったのは何故ですか? (魚拓

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

カテゴリ:口蹄疫問題

コンビニで買えるおいしい鶏炭火焼きもあります。
宮崎 日向名物とり源 鶏炭火焼き

風評被害に躍らされることなく冷静に。
口蹄疫は人に感染する病気ではありません!

北海道全域に義援金箱が設置されました。
周知と支援を広げるための提案(口蹄疫問題)
口蹄疫問題 寄付一覧
[PR]
by doumin | 2010-07-14 16:01 | 口蹄疫問題 | Comments(4)
それぞれの立場・・・
まず、「東国原知事と農相、本日午後に協議」の記事を。


読売新聞:民間種牛殺処分問題、東国原知事と農相協議へ(2010年7月13日)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20100713-OYS1T00583.htm
 宮崎県高鍋町の種牛農家が口蹄疫(こうていえき)対策特別措置法に基づく殺処分を拒否している問題で、県は13日、東国原英夫知事が上京し、同日午後、山田農相とこの問題について協議することを明らかにした。

 山田農相は13日、「例外は許されない。防疫対策に対する県の認識が甘いのではないか」と述べ、改めて知事に殺処分を指示する意向を示した。東国原知事は同日朝、記者団に対し、県としては助命する方針に変わりはないと述べた。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

知事のツイッターより。


http://twitter.com/higashitiji
特措法は、県が殺処分しなければ、国が行うことが出来る、である。そもそも、特措法は畜産を守るためのものでは無いのか?薦田氏の種牛は、今だ感染しておらず、半径14キロ以内に家畜はいない。つまり、蔓延の危険性は殆ど無い。
約2時間前 Echofonから

こちらから会って頂きたいと申し入れても、拒否され続けて来た。しかし、今度は、農水省に来いと言う。子供の喧嘩みたいな事はしたくない。県益のため、ここはぐっと堪えて、これから上京する。話はきちんと聞くが、こちらの主張を曲げるつもりは無い。
約3時間前 Echofonから

今、地元のニュースで、政府は、当初方針通り民間種雄牛の殺処分の方針を決めたとの報道があった。近く、宮崎県知事を農水省に呼んで通達するらしい。あくまで報道の通りをお知らせします。
約14時間前 Echofonから

いえいえ、民主も自民ももっとまともな政治が出来ないものか?と言う意味です。捩れは熟議が期待される半面デメリットもあります。RT @soitsu: 東知事は赤松元大臣にあんなに酷い対応をされたのに安定政権を望んでたのか…。 RT @higashitiji: また、ねじれか〜。
9:57 PM Jul 11th Echofonから

また、住民サービスにおける補完性の原則を重んじ、自治体に自主自立、個性、独自性溢れる自治体運営が出来るようにする。中央集権による近代国家形成の時代は終わった。国家は、防衛・外交・貨幣・社会保障・国家的危機管理等に専念すべき。何故、それが出来ないか?
9:36 PM Jul 11th Echofonから

事業仕分けより、地方分権にして霞ヶ関や国会の規模を半分にした方が、無駄減らしは分かり易いし、手っ取り早い。特殊法人や天下り等も半減される。地方分権は予算も必要無い。地方分権とは、地方と国の役割を分担し、無駄な二重行政等を無くす事である。
9:24 PM Jul 11th Echofonから

特措法の不備・・・国の施策であるワクチン接種分なのに、何故一部地方負担なのか?、国主導のワクチン接種政策が何故法定受託事務なのか?等の是正、新国会議員の皆様には宜しくお願いしたい。
9:15 PM Jul 11th Echofonから

薦田 氏含め今後の種雄牛の扱いや口蹄疫対策、復興対策、再生支援等に対して、政府・国におかれては、選挙に負けた腹いせとか、まさか無いですよね? そんな度量の狭い政党・政治では無いと信じております。
8:54 AM Jul 11th Echofonから

3年前、自民党の敗北を受けて、直近の民意として、安倍政権はガタガタになった。今回はどうなるのか?というか、こういう事の繰り返しなのか? ちょっといい加減にして欲しい気がする。
8:27 AM Jul 11th Echofonから

国民の皆様は、国に主権行使の全てを信託した訳では無いと思う。
7:34 AM Jul 11th Echofonから

大島幹事長が笑顔で当選花を付けていらっしゃる。そうじゃないんだよな〜。自民党さん、そうじゃないんだよな〜
5:58 AM Jul 11th Echofonから

ねじれ解消のためには、政界再編・連立・解散…?
5:20 AM Jul 11th Echofonから

また、ねじれか〜。やれやれ、地方は翻弄され、疲れる。
4:50 AM Jul 11th Echofonから

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ムッチーさん。


2010/7/11「やったぜ~~~~~」
http://green.ap.teacup.com/applet/mutuo/20100711/archive
松下新平当選おめでとう~~~~~

明るい、宮崎に期待してます~~~~~VVVVVVVVV

VVVVVVVVVVVVV

追伸・・・・

皆様、今まで本当にありがとうございました
皆様のお陰で、自由党 松下新平さんが、
見事、当選しました

これも、一重に、皆様のお陰です、感謝申し上げます。
このまま、自民党圧勝を期待します。

テレビ見てたら、8時直後、いきなり、当確の速報
全国的にも、注目されてる宮崎、口蹄疫問題
これで、口蹄疫に関する問題も、次々と解明されて
行くと思います。

ほんとに、嬉しくて涙が出ます。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

江藤拓議員。


勝利 2010-07-11 21:01
http://etotaku.exblog.jp/10959300/
宮崎県民の意志が明確に示されました!

感謝の気持ちを忘れず、3人力を合わせて県民・国民の期待に応えるべく精進します。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

うーん。

[自民の国会議員と県議と農家]  [ 県 ]  [ 国と民主議員 ]
こんな風に分かれている?何だか温度差が・・・・・って以前から感じていましたが・・・。

知事は、立場上そう言うしかない、ってことがたくさんあるのは良くわかります。
でも、

>また、ねじれか〜。やれやれ、地方は翻弄され、疲れる。
>いえいえ、民主も自民ももっとまともな政治が出来ないものか?と言う意味です。
>大島幹事長が笑顔で当選花を付けていらっしゃる。そうじゃないんだよな〜。自民党さん、そうじゃないんだよな〜

これはないでしょう・・・。
とても残念です。
与党はあくまでも民主だから仕方がない部分もあるでしょうけれど、
それにしてももうちょっと言い方があるのでは?と思います。

(幹事長が笑顔で当選花をつけるのは当たり前だと思いますが、
その一瞬すらもどんよりとすべきなのかな。
じゃあ、知事としては民主が勝てば良かったのかなぁ。
知事の立場もあるし、ねじれにうんざりしたからと言うのもあるでしょうけど、
もともと自民をお好きではなさそうでしたしね。
今回それがポロッと出てしまったのかな・・・・・と考えてしまいました)

ただ、知事は日に日にやつれていますよね・・・。

>政府・国におかれては、選挙に負けた腹いせとか、まさか無いですよね?
>こちらから会って頂きたいと申し入れても、拒否され続けて来た。しかし、今度は、農水省に来いと言う。
>今、地元のニュースで、政府は、当初方針通り民間種雄牛の殺処分の方針を決めたとの報道があった。

今頃は、農相と協議中でしょうか。
本当に大変な立場だなと思っていますし、頑張ってらっしゃいます。
とにかく早く終息してほしい。
これだけは、全ての立場の方々に共通(多分国も)する思いでしょう。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

カテゴリ:口蹄疫問題

コンビニで買えるおいしい鶏炭火焼きもあります。
宮崎 日向名物とり源 鶏炭火焼き

風評被害に躍らされることなく冷静に。
口蹄疫は人に感染する病気ではありません!

北海道全域に義援金箱が設置されました。
周知と支援を広げるための提案(口蹄疫問題)
口蹄疫問題 寄付一覧
[PR]
by doumin | 2010-07-13 15:23 | 口蹄疫問題 | Comments(8)