和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:東日本大震災(東北太平洋沖地震)( 42 )
3月11日金曜日午後2時46分には1分間の黙祷を
平成28年(2016年)3月11日金曜日は、
東日本大震災から丸5年となります。

午後2時46分には、
職場やご自宅などでも1分間の黙祷をお願いいたします。

国民の皆様へ
(東日本大震災五周年に当たって)
http://www8.cao.go.jp/tsuitou/danwa.html
政府は、来たる3月11日午後2時30分から、「東日本大震災五周年追悼式」を国立劇場において執り行います。
東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生から5年が経とうとしています。
この震災によりかけがえのない多くの命が失われました。最愛の御家族や御親族、御友人を亡くされた方々のお気持ちを思うと、今なお哀惜の念に堪えません。
政府は、被災地の復興・創生に向けた取組を更に加速するとともに、多くの犠牲の上に得られた教訓を十分に活かして、防災対策を不断に見直し、国民の生命・財産を守るため、災害に強い強靭な国づくりを進めてまいります。
この震災により犠牲となられた全ての方々に対し哀悼の意を表すべく、追悼式当日の午後2時46分を期して式場において1分間の黙とうを捧げ、御冥福をお祈りすることとしております。国民の皆様におかれましても、これに合わせて、それぞれの場所において黙とうを捧げられますよう、お願いいたします。

平成28年2月23日

東日本大震災五周年追悼式実行委員長
内閣総理大臣 安倍 晋三


内閣府:東日本大震災五周年追悼式
http://www8.cao.go.jp/tsuitou/tsuitou.html
・開催日時:平成28年3月11日(金)午後2時30分から
・開催場所:国立劇場(東京都千代田区隼町4-1)
・開催趣旨:東日本大震災は、被災地域が広範に及び、極めて多数の犠牲者を出すとともに、国民生活に多大な影響を及ぼした未曽有の大災害であったことから、発災5年を機に、国として、被災者を追悼する式典を開催するものです。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■カテゴリ:東日本大震災(東北太平洋沖地震)

トップページ





.
[PR]
by doumin | 2016-02-23 15:50 | 東日本大震災(東北太平洋沖地震) | Comments(0)
東日本大震災から4年
d0164331_1945968.jpg
東日本大震災4周年追悼式



東日本大震災から4年が経ちました。
2015年3月10日時点での死者は15891人、行方不明は2584人。(警察庁発表 ※pdfファイル

亡くなられた方々のご冥福を、あらためてお祈り申し上げます。


宮内庁:天皇陛下のおことば 東日本大震災4周年追悼式
平成27年3月11日(水)(国立劇場)
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/okotoba/okotoba-h27e.html#D0311
東日本大震災から4年が経ちました。ここに一同と共に震災によって亡くなった人々とその遺族に対し,深く哀悼の意を表します。

4年前の今日,東日本を襲った巨大地震とそれに伴う津波により,2万人を超す死者,行方不明者が生じました。テレビに映った津波の映像は決して忘れることのできない,本当に恐ろしいものでした。死者,行方不明者の中には危険を顧みず,人々の救助や防災活動に従事した人々があったことが今も痛ましく思い出されます。被災地で,また避難先で,被災者の多くが今日もなお,困難な暮らしを続けています。特に年々高齢化していく被災者の健康は深く心に掛かります。

さらに,この震災により,原子力発電所の事故が発生し,放射能汚染地域の立入りが制限されているため,多くの人々が住み慣れた地域から離れることを余儀なくされました。今なお,自らの家に帰還する見通しが立っていない人々が多いことを思うと心が痛みます。

この4年間,被災地においては,人々が厳しい状況の中,お互いの絆を大切にしつつ,幾多の困難を乗り越え,復興に向けて努力を続けてきました。また,こうした努力を支援するため,国内外の人々が引き続きいろいろな形で尽力しています。この結果,地場産業の発展,防災施設の整備,安全な居住地域の造成など様々な進展が見られましたが,依然として被災した人々を取り巻く状況は厳しく,これからも国民皆が心を一つにして寄り添っていくことが大切と思います。

この度の大震災においては,私どもは災害に関し,日頃の避難訓練と津波防災教育がいかに大切かを学びました。こうした教訓を決して忘れることなく子孫に伝え,より安全な国土を築くべく努力を続けることが重要であると思います。

この14日から宮城県仙台市において第3回国連防災世界会議が開催されますが,この会議において,我が国のみならず世界各国においてもこの度の大震災の教訓が分かち合われ,被害の軽減や人々の安全性の確保に意義ある成果が上げられることを願っています。

被災地に1日も早く安らかな日々の戻ることを一同と共に願い,御霊への追悼の言葉といたします。



宮内庁:東日本大震災関連
http://www.kunaicho.go.jp/activity/daishinsai2011/index.html
・震災に関する天皇皇后両陛下のお見舞いのお気持ちなど
・被災地・避難者お見舞いのご訪問
・震災に関連したご動静
・避難者等に対する宮内庁施設の提供
・計画停電に対応した自主停電の取組等


首相官邸:「東日本大震災四周年追悼式」における内閣総理大臣式辞
平成27年3月11日
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2015/0311sikiji.html
 本日ここに、天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、東日本大震災四周年追悼式を挙行するに当たり、政府を代表して、謹んで追悼の言葉を申し上げます。

 かけがえのない多くの命が失われ、東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生から、四年の歳月が流れました。
 愛しい家族、親類、友人を亡くされた方々のお気持ちを思うと、今なお深い悲しみが胸に去来します。ここに改めて、衷心より哀悼の意を捧げます。また、被災された全ての方々に、心からお見舞いを申し上げます。
 被災地に足を運ぶ度、復興の槌音が大きくなっていることを実感します。高台移転、被災者向けの住宅の事業は着実に前進し、復興は新たな段階に移りつつあります。しかしながら、今なお、原発事故のために住み慣れた土地に戻れない方々をはじめ、23万人の方が厳しい、不自由な生活を送られています。新しい生活をスタートさせた方々も、生活環境への適応など、御苦労は絶えません。健康・生活支援、心のケアも含め、被災された方々に寄り添いながら、さらに復興を加速してまいります。
 同時に、今般の震災から得られた貴重な教訓を決して無にしない、との決意で、我が国全土にわたって災害に強い強靭な国づくりを進めてまいります。被害を少しでも小さくするため、常に最新の英知を取り入れつつ、総合的な防災対策に、政府一丸となって取り組んでまいることを、改めて、ここに固くお誓いいたします。

 震災の発生以来、地元の方々、関係機関の大変な御努力に支えられながら、復興、復旧が進んでまいりました。また、日本各地のみならず、本日ここに御列席の世界各国・各地域の皆様からも、多くの温かい支援の手が差し伸べられました。その御尽力に対し、心より感謝と敬意を表するものであります。
 今週末から、仙台市において開催される国連防災世界会議においては、東日本大震災の教訓と被災地の復興の現状を、世界の皆様に向けて発信いたします。世界各地における防災対策に役立てていただければ幸いです。そして、今後、我が国の知見と技術を生かし、防災分野における国際貢献を、一層強力に進めてまいります。

 この大地震による惨禍は、まさに未曾有の国難です。しかしながら、先人たちが、幾多の困難を乗り越えてきたように、明日を生きる世代のために、私たちが共に立ち向かっていくことを改めてお誓いいたします。
 御霊の永遠に安らかならんことを改めてお祈り申し上げますとともに、御遺族の皆様の御平安を心から祈念し、私の式辞といたします。

平成27年3月11日
内閣総理大臣 安 倍 晋 三


政府インターネットテレビ:東日本大震災四周年追悼式(全編)
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg11442.html




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


■東日本大震災のアーカイブサイト一覧


国立国会図書館:ひなぎくNDL東日本大震災アーカイブ
http://kn.ndl.go.jp/

総務省:東日本大震災アーカイブFukushima
http://fukushima.archive-disasters.jp/doc/

東北大学災害科学国際研究所:みちのく震録伝 東北大学アーカイブプロジェクト
http://shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/

ハーバード大学ライシャワー日本研究所:Digital Archive of Japan’s 2011 Disasters
http://www.jdarchive.org/ja/home

NHK:東日本大震災アーカイブス 証言webドキュメント
http://www9.nhk.or.jp/311shogen/

FNN:3.11 忘れない FNN東日本大震災アーカイブ
http://www.fnn-news.com/311/

河北新報:震災アーカイブ
http://kahoku-archive.shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/kahokuweb/

Google:未来へのキオク
http://www.miraikioku.com/



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■カテゴリ:東日本大震災(東北太平洋沖地震)

トップページ
[PR]
by doumin | 2015-03-11 19:45 | 東日本大震災(東北太平洋沖地震) | Comments(0)
3月11日水曜日午後2時46分には1分間の黙祷を
平成27年(2015年)3月11日水曜日は、
東日本大震災から丸4年となります。

午後2時46分には、
職場やご自宅などでも1分間の黙祷をお願いいたします。

国民の皆様へ
(東日本大震災四周年に当たって)
http://www8.cao.go.jp/tsuitou/danwa.html
政府は、来たる3月11日午後2時30分から、「東日本大震災四周年追悼式」を国立劇場において執り行います。
東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生から4年が経とうとしています。
この震災により多くの尊い命が失われました。愛する家族、親類、友人を亡くされた方々のお気持ちを思うと、今なお深い悲しみが胸に去来します。
政府は、復興を更に加速するとともに、貴重な教訓を最大限生かし、常に最新の英知を取り入れながら、総合的な防災対策に一丸となって取り組み、災害に強い強靭な国づくりを進めてまいります。
この震災により犠牲となられた全ての方々に対し哀悼の意を表すべく、追悼式当日の午後2時46分を期して式場において1分間の黙とうを捧げ、御冥福をお祈りすることとしております。国民の皆様におかれましても、これに合わせて、それぞれの場所において黙とうを捧げられますよう、お願いいたします。

平成27年2月24日

東日本大震災四周年追悼式実行委員長
内閣総理大臣 安倍 晋三


内閣府:東日本大震災四周年追悼式
http://www8.cao.go.jp/tsuitou/tsuitou.html
・開催日時:平成27年3月11日(水)午後2時30分から
・開催場所:国立劇場(東京都千代田区隼町4-1)
・開催趣旨:東日本大震災は、被災地域が広範に及び、極めて多数の犠牲者を出すとともに、国民生活に多大な影響を及ぼした未曽有の大災害であったことから、発災4年を機に、国として、被災者を追悼する式典を開催するものです。


(追記)政府広報オンライン:平成27年3月11日に開催する追悼式の模様をライブ配信します
平成27年3月6日
http://www.gov-online.go.jp/sp/shinsai/tuitousiki2015.html
東日本大震災発災四年を機に、政府は東日本大震災四周年追悼式を行います。
政府広報オンラインでは、ご覧のページにて、平成27年3月11日(水)午後2時30分(予定)から行われる式の模様をライブ配信します。ブックマークいただき、当日ぜひご覧ください。
アクセスの集中などにより視聴しづらい場合があります。あらかじめご了承ください。
視聴ができない場合は、以下の操作等を行ってみてください。
・Java Scriptを有効にしてください。
・一度ブラウザを終了して、再度開いてください。
スマートフォン・タブレットでご覧の方はブラウザによっては視聴できない場合があります。
ライブ配信終了後、準備ができ次第オンデマンドでも配信を行います。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事追記

五回忌となる今年は、
慰霊の形に少しずつ変化が見られ、
また、11日に一番近い日曜日である8日に追悼式を行なうところも増えているようです。

河北新報:震災4年 遺族の言葉取りやめ 被災地追悼式
2015年03月08日日曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150308_13020.html
(魚拓)
※抜粋
震災から4年がたち、慰霊の形も微妙に変化しつつある。


NHK:震災4年前に犠牲者の追悼式 陸前高田
3月8日 12時04分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150308/k10010007951000.html
(魚拓)


朝日:亡き人へ復興誓い、避難訓練も 被災各地で追悼式
根岸拓朗、田渕紫織
2015年3月8日21時08分
http://www.asahi.com/articles/ASH385FDBH38UTIL00J.html
(魚拓)
※抜粋
 原発事故で全町民の避難が続く福島県双葉町は、同県いわき市で式典を開いた。
 津波で住民の1割を超す218人が犠牲になった岩手県大槌町安渡地区では、約200人が追悼式に参加し、海に向かって黙禱(もくとう)を捧げた。


<大震災4年>名取市閖上地区 犠牲者に道示す「光の道」
毎日新聞3月8日(日)21時11分
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0308/mai_150308_7029021657.html
(魚拓)


読売:震災から4年を前に…追悼の日曜日、沿岸捜索も
2015年03月08日 21時56分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150308-OYT1T50092.html
(魚拓)

d0164331_1758029.jpg


海沿いで行方不明者の一斉捜索をする消防団員ら(8日午前、福島県相馬市で)=清水健司撮影

 東日本大震災から4年を迎えるのを前に、各被災地で8日、追悼行事が行われた。

 一部自治体では、被災者の仕事などに配慮し、多くの人が参加できるように日曜日に式典を行った。

 死者・行方不明者が約1800人に上り、岩手県内で最大の被害が出た陸前高田市では、市主催の追悼式が開かれ、約900人が犠牲者に黙とうをささげ、献花した。戸羽太市長は「一日も早い復興を市民一丸となって実現しなくてはならない」と語った。

 福島県では、いわき市と双葉、楢葉両町が追悼式を開催。このうち、東京電力福島第一原発事故で全町避難中の双葉町は、いわき市で追悼式を行い、約110人が参列。伊沢史朗町長は「震災前の平穏な暮らしに戻すことが、亡くなった方々に報いることだ」と述べた。

 震災では依然、行方不明のままの人もいる。同県相馬市の沿岸では、相馬署員や消防団員らが犠牲者に黙とうをささげ、その後、捜索を行った。


「復興見守っていて」 3市町で追悼式、遺族が紡ぐ言葉
福島民友新聞 3月9日(月)11時44分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150309-00010002-minyu-l07
(魚拓)
※抜粋
 東日本大震災から丸4年を前にした8日、東京電力福島第1原発事故で避難が続く双葉町はいわき市で、楢葉町は同町で追悼式を行い、津波や震災関連死などで失った家族らの冥福を祈り、忘れることのできない「3・11」を振り返った。いわき市も同市で式典を行った。


福島民報:鎮魂の祈り 各地で追悼式(いわき、双葉、楢葉、長沼、本宮)
2015/03/09 10:09
http://www.minpo.jp/news/detail/2015030921436
(魚拓)


(追記)東日本大震災、11日で4年=被災各地で追悼行事
時事通信 3月9日(月)14時25分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150309-00000058-jij-soci
(魚拓)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■カテゴリ:東日本大震災(東北太平洋沖地震)

トップページ
[PR]
by doumin | 2015-02-27 15:35 | 東日本大震災(東北太平洋沖地震) | Comments(0)
東日本大震災から3年
d0164331_1736921.jpg
東日本大震災3周年追悼式




東日本大震災から3年が経ちました。
2014年3月時点での死者は15884人、行方不明は2633人。(10日、警察庁発表 ※pdfファイル

亡くなられた方々のご冥福を、あらためてお祈り申し上げます。



宮内庁:天皇陛下のおことば 東日本大震災3周年追悼式
平成26年3月11日(火)(国立劇場)
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/okotoba/okotoba-h26e.html#D0311
本日,東日本大震災から3周年を迎え,ここに一同と共に,震災によって失われた人々とその遺族に対し,改めて深く哀悼の意を表します。

3年前の今日,東日本を襲った巨大地震とそれに伴う津波は,2万人を超す死者,行方不明者を生じました。今なお多くの被災者が,被災地で,また,避難先で,困難な暮らしを続けています。さらにこの震災により,原子力発電所の事故が発生し,放射能汚染地域の立入りが制限されているため,多くの人々が住み慣れた地域から離れることを余儀なくされています。いまだに自らの家に帰還する見通しが立っていない人々が多いことを思うと心が痛みます。

この3年間,被災地においては,人々が厳しい状況の中,お互いの絆を大切にしつつ,幾多の困難を乗り越え,復興に向けて懸命に努力を続けてきました。また,国内外の人々がこうした努力を支援するため,引き続き様々な形で尽力していることを心強く思っています。

被災した人々の上には,今も様々な苦労があることと察しています。この人々の健康が守られ,どうか希望を失うことなくこれからを過ごしていかれるよう,長きにわたって国民皆が心を一つにして寄り添っていくことが大切と思います。そして,この大震災の記憶を決して忘れることなく子孫に伝え,防災に対する心掛けを育み,安全な国土を築くことを目指して進んでいくことを期待しています。

被災地に1日も早く安らかな日々の戻ることを一同と共に願い,御霊への追悼の言葉といたします。


首相官邸:平成26年3月11日
東日本大震災三周年追悼式 内閣総理大臣式辞
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2014/0311sikiji.html
 本日ここに、天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、東日本大震災三周年追悼式を挙行するに当たり、政府を代表して、謹んで追悼の言葉を申し上げます。
 かけがえのない多くの命が失われ、東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生から、三年の歳月が経ちました。
 この震災により最愛の御親族を失われた御遺族の方々の深い悲しみに思いを致すとき、今なお悲痛の思いが胸に迫ってまいります。ここに改めて、衷心より哀悼の意を捧げます。また、今なお行方の分からない方々の御家族を始め、被災された全ての方々に、心からお見舞いを申し上げます。
 被災地に足を運ぶ度、営農の再開や水揚げに湧く漁港、災害公営住宅に入居された御家族のお姿など、復興が一歩一歩前に進んでいることを実感いたします。しかしながら、今なお、多くの方々が不自由な生活を送られています。原発事故のためにいまだ故郷に戻れない方々も数多くおられます。
 復興を更に加速し、被災者の方々が一日も早く普通の生活に戻られるようにすることが、天国で私たちを見守っている犠牲者の御霊に報いる途です。同時に、大震災の試練から我々が得た貴重な教訓をしっかりと胸に刻み、将来の様々な災害から、国民の生命、身体、財産を守り抜くため、倦まずたゆまず、災害に強い強靭な国づくりを進めていくことをここに固くお誓いいたします。
 復旧、復興の前進も、地元の方々の御努力、関係機関の尽力はもちろんのこと、全国各地から多くの支援に支えられてのものです。この震災では、本日ここに御列席の世界各国・各地域の皆様からも、多くの、温かく、心強い御支援を頂きました。改めて、感謝の意を申し上げたいと存じます。
 我が国の先人たちは、幾多の困難を克服し、その度に、より逞しく立ち上がってきました。今日を生きる私たちも、それに倣い、手を携えて、前を向いて歩んでいくことを改めてお誓いいたします。
 御霊の永遠に安らかならんことを改めてお祈り申し上げるとともに、御遺族の皆様の御平安を心から祈念し、私の式辞といたします。

平成26年3月11日
内閣総理大臣 安倍 晋三



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


■東日本大震災のアーカイブサイト一覧


国立国会図書館東日本大震災アーカイブ
http://kn.ndl.go.jp/

Google 未来へのキオク
http://www.miraikioku.com/

Yahoo! JAPAN 東日本大震災から3年 つながろう、明日も
http://fukko.yahoo.co.jp/intro.html
http://fukko.yahoo.co.jp/(イントロなし)

Digital Archive of Japan’s 2011 Disasters
http://www.jdarchive.org/ja/home

NHK東日本大震災アーカイブス 証言webドキュメント
http://www9.nhk.or.jp/311shogen/

陸前高田震災アーカイブNAVI(岩手)
http://iwate-acv.iwate-u.ac.jp/

みちのく震録伝(宮城 東北大学)
http://search.shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/shinrokuden/

河北新報 震災アーカイブ(宮城 河北新報)
http://kahoku-archive.shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/kahokuweb/

東日本大震災アーカイブFukushima(福島)
http://fukushima.archive-disasters.jp


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■カテゴリ:東日本大震災(東北太平洋沖地震)

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-03-11 17:37 | 東日本大震災(東北太平洋沖地震) | Comments(0)
3月11日火曜日午後2時46分には1分間の黙祷を
平成26年(2014年)3月11日火曜日は、
東日本大震災から丸3年となります。

午後2時46分には、
職場やご自宅などでも1分間の黙祷をお願いいたします。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■各地の追悼式

各都道府県および市町村で追悼式典やイベント等が行なわれます。
(詳細は、各自治体のHP等に掲載されています)

河北新報 宮城:慰霊、14市町が11日に式典 風化防止、初の鎮魂の日
2014年03月03日月曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201403/20140303_11009.html
d0164331_13242955.jpg

 東日本大震災で多数の犠牲者が出た沿岸14市町は11日、それぞれ追悼式や慰霊祭を開く。震災から丸3年となる11日は、県が昨年4月に条例で定めてから初めての「みやぎ鎮魂の日」。村井嘉浩知事は当日、震災の記憶の風化防止や復興祈念など条例制定の目的を県民に訴える。また、ほとんどの県立学校は、生徒らが慰霊行事に参加しやすいよう休校とし、犠牲者を悼み、防災などを考える日にしたい考えだ。
 各地の式典は表の通り。各会場では、モニターから流れる政府主催の追悼式に合わせ、震災が発生した午後2時46分に黙とうをささげる。村井知事は東松島市主催の慰霊祭に出席し、追悼の辞でみやぎ鎮魂の日の制定目的を伝える。
 沿岸市町のうち式典を開かない松島町は、午後2時46分に開会中の町議会を一時中断し、職員と議員が議事堂で犠牲者の冥福を祈る。
 県などは県庁と大崎、大河原両合同庁舎、最大規模の遺体安置所となった利府町の県総合運動公園(グランディ21)総合体育館に献花台と記帳所を設ける予定。
 内陸部を含む26市町村では、計59の関連行事も催される。石巻市では、震災の拾得物を所有者や遺族に返却するための公開展示会を開催。気仙沼市では、大型サーチライトで3本の光の柱を立ち上げる「3月11日からのヒカリプロジェクト」が行われる。
 県消防課の担当者は「みやぎ鎮魂の日の制定趣旨を理解してもらい、各地で行われる式典や行事に参加して犠牲者に黙とうをささげてほしい」と呼び掛けている。
 県立学校は全92校のうち90校が休校する。登校日とした宮城農高では追悼の全校集会を開く。多賀城高は追悼集会で犠牲者の冥福を祈るとともに、生徒が防災や減災の取り組みを紹介するなどして防災意識を高める。
 小中学校は、石巻市と東松島市が全小中学校を休校とするほか、気仙沼市と南三陸町が午前中のみの授業とする。東松島市教委は、市内の石巻西高でシンポジウムを開催。同校の生徒や中学生らが「被災地から未来地への提言」をテーマに、国内外からの支援に感謝の思いを伝える。


NICCO:「3.11 みんなのこと わすれないよ」 追悼の集い開催のご案内
2014.02.27 15:16
http://www.sankei-kansai.com/press/post.php?basename=000000017.000006317.html
3月11日(火)宮城県名取市 閖上中学校遺族会や地域の方々が亡くなった人を想いメッセージ風船を飛ばします


福島民報:浪江、町内で初の追悼式 11日、震災犠牲者の冥福祈る
( 2014/02/28 08:59 カテゴリー:主要 )
http://www.minpo.jp/news/detail/2014022814199
 浪江町は3月11日、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後初めて町内で追悼式を行う。
 昨年4月に避難区域が再編され、居住制限、避難指示解除準備の両区域で日中、自由に出入りできるようになったため。震災から3年という一つの節目でもあり、町は町内での追悼式実施を決めた。
 追悼式は3月11日午後1時から町内高瀬の如水典礼さくらホールで行う。式場は避難指示解除準備区域にある。馬場有町長、遺族代表が追悼の言葉を述べる。遺族や来賓ら約180人が出席する予定で、震災の犠牲者の冥福を祈る。
 震災による町内の死者と行方不明者は184人。600棟以上の家屋などが津波で流された。


福島放送:「3・11」相馬で3周年追悼式 2014年02月25日 17時20分 配信
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=2014022517
相馬市は3月11日午後2時半から市民会館で東日本大震災3周年追悼式を行う。
24日の市災害対策復興会議で概要を示した。
政府の追悼式を中継した後、立谷秀清市長らが追悼の言葉を述べる。
桜丘小合奏部、中村一小器楽部が献奏する。
相馬高吹奏楽部の演奏が流れる中、参列者が献花する。




内閣府:東日本大震災三周年追悼式
http://www8.cao.go.jp/tsuitou/tsuitou.html

・開催日時:平成26年3月11日(火)午後2時30分から
・開催場所:国立劇場(東京都千代田区隼町4-1)
・開催趣旨:東日本大震災は、被災地域が広範に及び、極めて多数の犠牲者を出すとともに、国民生活に多大な影響を及ぼした未曽有の大災害であったことから、発災3年を機に、国として、被災者を追悼する式典を開催するものです。



一般の皆様の献花について
http://www8.cao.go.jp/tsuitou/kenka/kenka.html



内閣府:内閣総理大臣の談話
http://www8.cao.go.jp/tsuitou/danwa.html

国民の皆様へ
(東日本大震災三周年に当たって)


政府は、来たる3月11日午後2時30分から、「東日本大震災三周年追悼式」を国立劇場において執り行います。
東北地方を中心とする我が国国土に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生から3年を迎えようとしています。
この震災により最愛の御親族を失われた御遺族の方々の深い悲しみに思いを致すとき、今なお悲痛の思いが胸に迫ってまいります。
政府は、東日本大震災からの一日も早い復興に向けて、取組を更に加速するとともに、この大震災の試練から得た教訓をしっかりと胸に刻み、将来の様々な災害に備え、強靭な国づくりを進めてまいります。
この震災により犠牲となられた全ての方々に対し哀悼の意を表すべく、追悼式当日の午後2時46分を期して式場において1分間の黙とうを捧げ、御冥福をお祈りすることとしております。国民の皆様におかれましても、これに合わせて、それぞれの場所において黙とうを捧げられますよう、お願いいたします。

平成26年2月25日

東日本大震災三周年追悼式実行委員長
内閣総理大臣 安倍 晋三





北海道:北海道広域避難 これからフォーラム in 札幌 「私たちはここにいるよ」
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/sth/foramu.htm
東日本大震災から3年。
あの日を偲び、今を生き、そしてこれから―――。

東日本大震災から3年が経過し、被災された方の体験や北海道に避難された方の生活の現状や課題を北海道にお住いの皆さまと共有し、将来に向けて双方のプラスになるような可能性を見出す機会として開催します。


ケンオー・ドットコム(新潟):三条市長が会見、3月8日に東日本大震災三周年追悼式、来年度の三条マルシェの日程、食のイベントに三条カレーラーメン (2014.2.25)
http://www.kenoh.com/2014/02/24_sanjokaiken.html


下野新聞:3月11日、栃木県庁で大震災3周年式典 2月13日 朝刊
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20140213/1503734
 福田富一知事は12日の定例記者会見で、3月11日に県庁東館で「東日本大震災3周年栃木県式典」を開催することを明らかにした。犠牲者へ哀悼の意をささげるとともに、復興の歩みを振り返りながら成長へと向かうきっかけにする。

 式典には市町長の代表者や県議が出席予定。被災者や福島県からの避難者にも参加を呼び掛けている。同日の政府主催の追悼式を放映しながら、発生時刻に合わせて黙祷をささげる。

 福田知事は「記憶を風化させず、災害に強い地域づくりへの意識を県民と共有できる内容にしたい」と述べた。


(追記)産経:東日本大震災あす3年 県内各地で追悼イベント 茨城 2014.3.10 02:40
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140310/ibr14031002400003-n1.htm


(追記)産経:11日に旭市で合同追悼式 千葉 2014.3.10 22:55
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140310/chb14031022560003-n1.htm


調布経済新聞:東日本大震災 慰霊祭2014 「あの日を忘れない。」
http://chofu.com/_event/11079.html


(追記)タウンニュース 平塚版:3・11追悼の祈り ホテルサンライフガーデン
掲載号:2014年3月 6日号
http://www.townnews.co.jp/0605/2014/03/06/227415.html


(追記)東京新聞 神奈川:宗教の垣根越え「復興祈願祭」 鶴岡八幡宮で11日
2014年3月7日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20140307/CK2014030702000127.html


さんようタウンナビ 岡山:東日本大震災鎮魂・復興祈願式 2014/03/11
http://town.sanyo.oni.co.jp/event/detail/2014030314304165


愛媛新聞:「東日本大震災3年」報道写真展 25日から本社1階ロビー
2014年02月25日(火)
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/syakoku/ren042201402254937.html


New York Niche:第三回TOGETHER FOR 3.11追悼式典 February 25,2014
http://nyniche.com/archives/8084
日時: 3/9/14 (SUN)日本時間 3/10
* Daylight Saving Time starts on Sunday, March 9th
開場:4:00PM
追悼式典:4:45PM – 5:45PM
閉場:7:00PM
場所: First Church of Christ, Scientist
10 West 68th Street at Central Park West, New York, N.Y. 10023


(追記)徳島新聞:徳大生が現状報告 8日、米で東日本大震災追悼式典
2014/3/5 14:17
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2014/03/2014_13939966886549.html
7日(日本時間8日)に米オレゴン州のポートランド市で開かれる東日本大震災追悼セレモニーで、被災地の現状などを紹介するプレゼンテーションを行う。


(追記)サンパウロ新聞:東日本大震災3周忌追悼式 主催県人会長が参加呼び掛け
14/03/10 (15:58)
http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/16701/cat/105


(追記)イランラジオ:東日本大震災の犠牲者の追悼式典がテヘランで開催
2014/03/08(土曜) 22:58
http://p.tl/O6Fg




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
東日本大震災から2年 2013-03-11
いつの時代も日本人のお手本 天皇皇后両陛下、福島県川内村仮設住宅の被災者を励まされ、除染現場をご視察 2012-10-14
東日本大震災から1年 2012-03-11

■カテゴリ:東日本大震災(東北太平洋沖地震)

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-03-04 14:04 | 東日本大震災(東北太平洋沖地震) | Comments(0)
民主党の大罪 放射能汚染状況を予測するSPEEDI隠蔽に続きAMS(実測値)も黙殺か…封印された汚染マップ
「テレメンタリー」
- 2014 -

放送日 2014年2月11日(火) 3:25~ 3:55
放送局 テレビ朝日

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/info/700168/index.html
(魚拓)

隠蔽か黙殺か ~封印された汚染マップ~ (普遍情報)

東日本大震災の直後、アメリカが下したある決断、それは核テロや原発事故に緊急対応する核特殊部隊を日本に派遣すること。核特殊部隊の切り札は空中測定システムAMS、その当時日本はまだ陸上モニタリングに頼っていたが、福島第一原子力発電所周辺の震災直後のモニタリング結果を見ると汚染状況を点でした把握できない。AMSを使うと詳しい汚染マップが完成された。汚染状況を予測するSPEEDIの公表遅れが問題となったが、SPEEDIはあくまで予測値、一方AMSが決定的に違うのは実測値であるということ。しかし情報は公表されずわざわざ放射線量が高い福島県の北西部に避難してしまった人が多い。浪江町から引っ越した石井薫さんは長男から微量のセシウムが検出されたことで、汚染マップを公表してくれれば正しい判断ができたはずと言った。
汚染マップの存在がとりざたされるのは事故から1年以上経ってからのことだった。なぜ汚染マップは封印されてしまったのか?
福島第一原発の事故以来日増しにアメリカは危機を感じていた。日本はその頃情報不足位で混乱が相次ぎ、アメリカは情報収集の為に33人の核特殊部隊が日本に向けて出発した。3月17日に被害状況の測定にとりかかった。ちょうどその頃アメリカは独自の避難勧告が発令された。アメリカが80キロ圏内の避難指示を出したのに対して日本はまだ半径20キロ圏内を避難範囲としていた。
避難指示にあたってアメリカではAMSの実測データが重要な役割を果たした。米原子力規制委員会(NRC)の電話会議録でも汚染マップを有効活用したことが伺える。独自データを元に米軍の撤退も検討されたが、同盟国だからという理由でオバマ大統領から撤退するなという指示がでた。もし同盟国でなかったら全米軍が国外退去していたが日本にとどまることを決めたアメリカは日本への情報提供を続けた。AMSの導入は日米共同の決断だった。
しかしデータ提供後も日本は汚染マップを活用しなかった。なぜ地図は封印されたのか?日本は保安院と文科省で責任を押し付けあった。原子力安全委員会にもデータが届けられたが国会事故調査委員会は縦割り行政の結果、情報が止まったと結論した。では、官邸は本当に知らなかったのか?アメリカ側は報告はされていたはずと主張している。それを完全否定する官邸サイドに対して国会事故調査委員会委員もどう考えても情報は届いていたはずと話している。
実は核特殊部隊のデータは測定をサポートした防衛省にも入っていた。当時の防衛大臣の北澤俊美さんは活用したらどうかというのが防衛省の意見だったと言い、「官邸が汚染マップの存在を知らないことはありえない」と断言した。




隠蔽か黙殺か ~封印された汚染マップ~ (普遍情報)

オバマ大統領と菅総理の電話会議の様子で、核特殊部隊の派遣は直接伝えられていた。公表されなかった背景を関係者たちは「日本政府はパニックを引き起こすことを恐れてアメリカと異なる立場をとったと思う。混乱を起こしその地域に過重な恐怖感を与えてしまうことを恐れたのではないか?」などと話した。それは隠蔽だったのか?黙殺さったのか?当時の官房副長官である福山哲郎氏は汚染マップを見た、官邸でも共有されたいたと話した。アメリカの測定で高濃度汚染が確認された飯舘村に5月末まで留まってしまったある親子、娘の甲状腺に胞嚢が見つかったと言う。なぜ情報が止まったのか?悔しい、と話した。政府は汚染の激しい福島県北西部の一部を計画的避難区域に指定したのは核特殊部隊の測定から1カ月以上がたった4月下旬でほぼ全住民の退去が終わったのは7月だった。時計の針はもう巻き戻せない。




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連リンク

週刊文春 2011年4月14日号
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/367
※抜粋

スクープ
これは被災者への背信行為だ
菅直人 震災翌日「献金韓国人」に口止め電話!


東京電力「原発解体」の緊迫情報
▼集団被曝線量、クリプトン85…官邸が公表しない「発がんの可能性」
▼海江田経産相 ギブアップ「もう原発はイヤだ」
▼米軍が官邸に届けた「放射性物質拡散シミュレーション」
最悪の場合6時間で東京にも




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:東日本大震災

■関連カテゴリ:政治-与党(2012.12.25まで)

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-02-18 11:06 | 東日本大震災(東北太平洋沖地震) | Comments(0)
速報:福島第一原発・吉田昌郎元所長が逝去・・・心よりご冥福をお祈り致します
福島第1原発:吉田元所長が死去 事故時に現場対応
毎日新聞 2013年07月09日 16時43分(最終更新 07月09日 17時01分)
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130709k0000e040207000c.html
 東京電力福島第1原発の吉田昌郎(よしだ・まさお)元所長(58)が9日午前、死去したことが分かった。東電関係者が取材に明らかにした。在任中の2011年3月に東日本大震災と原発事故が起こり、現場対応に当たった。同年12月に退任。12年7月に脳出血で緊急手術を行った。


NHK:東電 吉田昌郎元所長が死去 7月9日 17時15分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130709/k10015922331000.html
東京電力福島第一原子力発電所で、事故対応の指揮を執った吉田昌郎元所長が、9日午前、東京都内の病院で食道がんのため亡くなりました。
58歳でした。



本当に・・・・・・言葉が出てきません・・・。
まだ58歳・・・。

吉田氏はまさに、命を賭して日本を守った人。


東電本店の机上の空論や馬鹿な指示、
政府(当時は民主党・菅政権)の情報隠蔽と責任転嫁などを思い出し、
強い憤りを感じています。

もしあのとき、所長が吉田氏でなかったら?
作業員の方々は、福島は、日本はどうなっていた?




食道がんのため亡くなられた、とのことです。
因果関係はこれから明らかになるでしょう。

非常に残念でなりません。

吉田所長、お疲れ様でした。
本当に有難うございました。
どうか、安らかにお眠りください。

合掌。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

時事:現場作業員、懸命の戦い=「頑張れ」ネットで応援も-危機続く福島第1原発
(2011/03/17-16:07)
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011031700638
(抜粋)
 東電によると、第1原発では約800人の作業員が保守点検などに従事していた。しかし相次ぐ爆発で、一時は50人を残して退避。17日午前の時点で約300人が残っている。


中日:暴走抑止、必死の作業 東電職員の被ばく量「50年分」 2011年3月17日 朝刊
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2011031702000016.html


朝日:「立ち去るわけにはいかない」東電社員、放射線との闘い2011年3月18日5時33分
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103170563.html
 四つの原子炉が重大なトラブルに見舞われ、制御不能に陥った福島第一原子力発電所。最悪の事態だけは避けねば――。自衛隊などの放水活動が始まる中、原発内でも多くの人が過酷な状況下で闘い続けてきた。「もっと早く国ぐるみで取り組めなかったのか」「生きて帰って」。家族にもつらい時間が過ぎていく。

 福島第一原発が制御困難に陥った15日、東電は現場での作業に直接かかわらない社員らを施設外に退避させた。

 「もう会えないと思った。でも自分だけが立ち去るわけにはいかないと思った」。地震発生直後から作業にあたっていた東京電力社員は、家族に繰り返し言ったという。

 家族の説明によると、この社員は地震発生時に原発の中にいた。激しい揺れに襲われた直後、高い津波に襲われ、施設内の燃料や機材が失われたという。「自然は怖い。地震と津波が重なるなんて」と振り返ったという。

 ポンプ設備や最後の頼みの綱である緊急炉心冷却システム(ECCS)を起動しなければと、社員の自家用車のバッテリーや屋台の小型発電機までかき集めた。それでもシステムは回復しなかった。「外からの電力が断たれたのが一番悔しい」とも言った。

 現場では数百人の社員や作業員が交代で作業にあたった。だが、余震が襲うたび、せっかく修理したところが再び壊れていったという。

 余震で眠れず、備蓄のクッキーやレトルトの五目ごはんはのどを通らない。精神的に追いつめられた。

 放射線をどれだけ浴びたのか。このまま爆発するのか。多くの人たちに放射線を浴びせる事態を招くのか。

 東電の記者会見では、歯切れの悪い問答が繰り返されていた。それを知った社員は「中のことを、外の人は知らないんだ」と思った。「会社には、もうあきらめられているのか」とも。だが同時に「避難している住民が戻ってこられるようになるまで、ここを出てはいけない」と思っていたという。

 この社員から現場の惨状を聞かされた家族は驚いた。地震が起きるまで、「世界最高の技術だから安全だ」という社員の言葉を家族は信じてきた。事故の際の被曝(ひばく)対策もできていると思っていた。

 家族の一人はいう。「政府や東電は、現場で体を張る連中を見殺しにするのですか。今まで信頼してきただけに、腹立たしいのです」

    ◇

 第一原発そばの社宅に住んでいた東電社員の妻は、作業に携わる夫の身を案ずる。

 11日午後、激しい揺れに襲われた。タンスが倒れ、めちゃくちゃになった自室から、原発で働く夫に何度も電話をかけた。つながったのは深夜。「無事だ」。生きていることだけは分かった。その後、連絡は途絶えた。

 4日後、避難した妻に短い携帯メールが届いた。

 「飲み水が足りない。体調も悪くなってきた」

 こんな状況の中で、日本全体に影響する重大な仕事ができるのだろうか。夫の家族の一人は心配する。「東電社員は一番責任ある立場だから、何も言えないのかもしれない。けれど家族としては、すぐにでも何とかしてほしい」。涙がこぼれた。

 彼はまだ原発にいる。自衛隊の放水作業は始まったけれど、家族は胸がつまるようでテレビの画面を直視できない。(大谷聡、鈴木彩子、石田博士)


フクシマ50 - Wikipedia
http://p.tl/XG2C


FNN:福島第1原発事故 テレビ会議の映像の一部を一般に公開
(10/05 20:39 ※2012年)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00232958.html
福島第1原発事故直後の混乱と、そして、東電幹部のいい加減な対応がさらに明らかになった。
5日、新たに公開された当時のテレビ会議の映像に、その様子が克明に残されていた。
原発事故直後、東電本店と福島第1原発をつないで行われたテレビ会議。
これまで公開されていなかったテレビ会議の映像の一部が5日、ようやく一般に公開された。
吉田所長(当時)は「これはもう『じじいの決死隊』で行こうかなと...」と話していた。
事故直後から官邸に派遣されていた武黒フェロー(当時)は、東電本店に戻り、当時の菅首相の言動について、「『イラ菅』という言葉があるけど、まあ、とにかくよく怒るんだよね」と愚痴をこぼしていた。
本店の武黒フェロー(当時)は「きのうも退避、避難の区域を決めた時、最初は菅さんとかに呼ばれて、『どうすりゃいいんだ、どうするんだ』って、言うわけですね。わたしと(原子力安全委員会の)斑目さんとで説明すると、『どういう根拠なんだ! 何があっても大丈夫だと言えるのか』と散々、ギャーギャー言うわけです」と話していた。
そして、震災から3日後、福島第1原発の3号機が水素爆発を起こした時には、吉田所長(当時)が職員らを落ち着かせるため、「1回、ここで深呼吸して、冷静になって。じゃ、みんなで深呼吸しましょう。息を吸ってー、吐いてー。吸ってー、吐いてー、はい」と、深呼吸をするように促す姿があった。
そして爆発を受けて、本店・高橋フェローは「水素爆発かどうかわからないけど、国が保安院が水素爆発と言ってるから、もういいんじゃないの、この水素爆発で(可能性ということで...)」と話した。
本店担当者の「いかがでしょうか?」との問いに、本店の清水社長(当時)は「いいです。これでいいから、スピード。(担当者)ゴーサインです。スピード勝負」と答えた。
こうしたやり取りが行われたあと、3月14日、枝野官房長官(当時)は「(爆発の状況等から見て)1号機で発生した水素爆発と同種のものと推定されている」と発表。
また、東電も会見で「水素の爆発が起きた可能性が高いのではないか」と発表した。
一方、この前日には吉田所長(当時)が、「2号機の『海水注入ライン』はまだ生きてない。そこを生かしに行くのはかなり勇気がいるけど、これはもう『じじいの決死隊』で行こうかなと」と話していた。
年配の職員を中心とした決死隊を提案。
そして、資材を調達する福島第一資材班は「これから『バッテリー』等を買い出しに行きます。現金が不足しております。現金をこちらに持ち出している方、ぜひお貸しいただきたいと思います」と話していた。
現場の混乱ぶりが、新たに明らかになった。
さらに、映像には国会事故調査委員会が指摘した官邸の過剰な介入に、現場が混乱する様子が克明に記録されていた。
東京電力本店が「(官邸が)しかるべき人と、とにかく直接至急話がしたいので電話をくれと」と伝えたのに対し、吉田所長(当時)は「これ電話、いつも官邸につながらないんだよ。何とかできない?」と話した。
そして、東電本店を通して官邸から吉田所長(当時)へ電話があった。
東京電力本店から「首相官邸から電話がかかってるので、電話を転送しますので」との電話があった。
吉田所長(当時)は「官邸からちょっと海水を使う判断をするのが、早すぎるんじゃないかとコメントが来ました」と話した。
その後も、東京電力本店から「吉田さーん、吉田所長、官邸から電話が入ってるんですけど、転送します」などと連絡があった。
このあと官邸からのホットラインが開設されると、吉田所長(当時)はその対応に忙殺されることになった。
3号機が水素爆発した直後も電話に対応した吉田所長(当時)は「吉田でございます。煙の中で見えないんです」と話していた。
記録された映像は、全部で150時間に及んでいるが、これまでに公開された映像は、5日に公開されたものをあわせても7時間半ほどだった。


アゴラ:「死の淵を見た男」の著者・門田隆将氏の講演から 2013年03月13日06:30
http://agora-web.jp/archives/1523963.html
(抜粋)
ノンフィクション作家の門田隆将氏の著書『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(PHP研究所)が反響を呼んでいる。福島第一原発事故で、これまでメディアの取材の形で表に出なかった事故当日の東京電力社員の動きが、当時の吉田所長を中心に克明に綴られている。
門田氏の詳細な取材と構成力によって迫真性を持って、事故の状況が浮かび上がる。また死を覚悟して、事故処理に向き合った姿には、心を打たれる。


其の43「論語」を読む。「リーダー」とは?
リーダーが常に自らに問いかけるべきこと
2013年6月11日
江上 剛 [作家]
http://diamond.jp/articles/-/37200
(抜粋)
 6月号の文藝春秋で半藤一利さんと船橋洋一さんが「日本型リーダーはなぜ敗れるのか」というテーマで対談をされている。原発事故と太平洋戦争におけるリーダーを対比して論じられているのだが、その中で興味深い二人のリーダーがあがっていた。

 それは福島第一原発の吉田昌郎所長と第二原発の増田尚宏所長だ。

 半藤さんは、「今回の(原発)事故では、現場のリーダーには恵まれたといえるのではないでしょうか」と言い、この二人をあげる。それに対して船橋さんが「まことに対照的な二人です。増田さんは非情のリーダーで、吉田さんは情のリーダーでした」と評する。

 具体的に言うと、吉田所長は、①西郷隆盛のようで部下たちは彼の姿を見て仕事をしている、②協力企業の家族持ちの人たちを一斉に帰宅させる、③毎日、5時にみんなで会合をし、必ず部下を褒める、④親分肌である、⑤部下が心服している。

 増田所長は、①チーム力に優れている、②危機管理に優れている、③危機に陥った第一原発から電源車を回してほしいという要請を拒否した(あくまで第二原発を守ることに非情に徹した?)、④津波が来た瞬間に第二原発の門を全部閉め、従業員を逃がさないようにした。

 船橋さんは、二人を評して「第一は吉田がいたからあの程度で済み、第二は増田だったからあそこで助かった」という。


(追記)スポーツ報知:福島第1原発・吉田元所長、食道がんで死去…事故から28か月、58歳(2013年7月10日06時05分)
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20130709-OHT1T00233.htm

d0164331_13143392.jpg


2011年11月、事故発生後初めて報道陣に公開された東京電力福島第1原発であいさつする吉田昌郎所長


 東日本大震災で発生した東京電力福島第1原発事故の収束作業を現場で指揮した、東電執行役員の吉田昌郎氏が9日午前11時32分、食道がんのため都内の病院で死去した。58歳だった。原発事故では陣頭指揮を執り、迷走する政府と東電本店の間で、独断で原発への海水注入を続行するなど事故収束に向け尽力した。

 原発事故の収束に尽力した吉田所長が亡くなった。

 吉田氏は、東京工業大大学院修了後、1979年に通商産業省(現・経済産業省)の内定を断り、先輩の勧めで東電に入社。原子力の技術畑を歩み、本店の原子力設備管理部長などを歴任し、その後、2010年6月に福島第1原発所長に赴任した。11年3月に発生した東日本大震災では、主に原発敷地内の免震重要棟で指揮した。

 大混乱の中、1号機への海水注入を巡っては、政府は再臨界を懸念し中止を求めたが、吉田氏は継続を決断した。政府の事故調査・検証委員会の報告書によると、マイクに声を拾われないように配慮しながら「これから海水注入中断を指示するが、絶対に注水を止めるな」と指示した。また、ヒアリングでは「官邸から電話まで掛かってきて、止めろという話なんで。何ですか、それは」と政府への不信感もあらわにしていた。津波で原発の全電源が喪失する中、懸命の作業を続けていた。

 「現場主義」「親分肌」と評された吉田氏。公開されたビデオ映像では、原子炉格納容器が水素爆発するのを防ぐため、窒素ガス注入を指示する本店幹部に「やってられんわ。そんな危険なこと作業員にさせられるか」と強く反発。また、迷走する指示に思わず「ディスターブ(邪魔)しないで下さい」と声を荒らげたこともあった。事故発生後の1週間を「自分がもう死ぬだろうと思ったことが数度あった」とも振り返っていた。

 吉田氏は、11年11月に食道がんと診断され、同12月1日付で原子力・立地本部に異動。12年7月には脳出血で倒れ、療養中だった。翌8月に福島市で開かれた集会では、ビデオメッセージで「地元の人たちに多大な迷惑をかけている。この場でおわびしたい」と陳謝。現場で作業を続ける部下について「地獄の中の菩薩のイメージ」と評し、「今後は現場で一緒になった仲間の経験も伝えていきたい」とも話していた。

 葬儀・告別式は未定。事故後の被ばく線量約70ミリシーベルトで、食道がん発症の原因になった可能性は極めて低いとされる。


産経:吉田昌郎氏は家族葬で 東電が「お別れの会」 2013.7.10 18:02
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130710/biz13071018050004-n1.htm
 東京電力は10日、9日死去した福島第1原発元所長の吉田昌郎氏の葬儀・告別式は、近親者のみの家族葬で行われると発表した。遺族の強い希望という。

 東電は「お別れの会」を開く予定で、詳細が決まり次第公表する。

 吉田氏は9日、食道がんのため東京都内の病院で死去した。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:東日本大震災(東北太平洋沖地震)

トップページ
[PR]
by doumin | 2013-07-09 17:21 | 東日本大震災(東北太平洋沖地震) | Comments(0)
3.11式典を欠席した韓国、「知らなかった」「事務的ミス」 韓国メディアは「日本が確認しないのが悪い」
J-CAST:韓国の3・11式典欠席は「ガチうっかり」? 駐日大使がツイッターで「事務的なミス」強調
2013/3/12 18:43
http://www.j-cast.com/2013/03/12169294.html?p=all
東日本大震災から2年、2013年3月11日政府が開催した式典では、約140の国や国際機関の代表が犠牲者への哀悼の意を示した。ところが、前年は参加したにもかかわらず、今年は欠席した隣国がある。中国と韓国だ。

このうち中国は、台湾が献花の際に国家並みの扱いを受けたことが理由だと明らかになっている。一方わからないのが韓国で、その言い分は「意図的ではなく、事務的なミス」だという。実際のところは――

「招待のファックス、間違えて捨てた」

韓国・申大使はツイッターで「知らなかった」と弁明

韓国が3・11式典を欠席――そう聞けば、ほとんどの人は「政治的な嫌がらせ」と考えるだろう。日韓関係は2012年夏以来緊張状態が続いており、13年2月22日には島根県の「竹島の日」式典開催が一悶着を起こしたばかりだ。これまでのいきさつからも、韓国が政治的理由で「不参加」の挙に出ることは容易に想像できる。

ところが意外にも、韓国側は「他意はなかった」と弁明しきりだ。

「昨日の追悼式には『事務的なミスがあって、招待の事実を知らなかったので行けなかった』ことであります。私が知ってたら行かないはずが全然ないのはよく判っていただけると思います」

申ガク秀・駐日大使はツイッターで12日、一般ユーザーからの問いに答える形でこうつぶやいた。

申大使は別のユーザーからの問いに対しても重ねて、「いいえ、事務的なミスで知らなっかた(※原文ママ)から行けなかったんです」と弁明、あくまで「ミス」だと繰り返す。岸田文雄外相も12日の会見でこの立場を支持し、問題視しない意向を示した。

なら「事務的なミス」とはいったい何なのか。駐日韓国大使館は「この件については一切コメントしておりません」とにべもないが、韓国のテレビ局SBSは、

「招待のファックスが英語だったので、大使館員が重要なものと思わずうっかり捨てた」

と「事の真相」を報じる。しかしこの弁明には当のSBSさえ「理解できない」と首をかしげる。

「あれだけ支援した韓国の欠席、日本はなぜ確認しない」

そもそも韓国が国ぐるみの明確な意図を持って「欠席」したのなら、同国のメディアは胸を張ってこの話を取り上げそうなものだ。しかし実際にはこの話題の現地での扱いは比較的小さく、あっても上記のような「言い訳」ばかり。OBS京仁テレビに至っては、

「日本側にしても、大震災が起きるやいなや直ちに救助隊を派遣し、しかも国民こぞって募金活動までした韓国が参加しないなら、本来なら変だと思うはずだ。だが日本はしっかりと確認しなかった。(中略)結局申大使は追悼式に参加できなかった」

と日本側に「責任転嫁」する始末だ。この「韓国スタイル」外交には、外務省の担当者も苦笑を隠さない。

「中国とはまったく事情が違います。今ごろ『しまった!』と思ってるのでは。確認しなかった日本が悪い? いや、他の国は普通に来ていますし……」



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:東日本大震災

■関連カテゴリ:歴史

トップページ
[PR]
by doumin | 2013-03-14 13:59 | 東日本大震災(東北太平洋沖地震) | Comments(0)
東日本大震災から2年
d0164331_19483834.jpg
東日本大震災2周年追悼式




東日本大震災から2年が経ちました。


2013年3月時点での死者は15881名、行方不明は2668名。(8日現在。警察庁発表 ※pdfファイル

亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
行方不明の方々が、一日でも早くご家族のもとへ戻られることをお祈りしたします。
被災者の方々に、あらためてお見舞いを申し上げます。
復興の加速を強く願い、
被災者の皆様の苦悩が少しでもやわらぐことを願っております。

行方不明者捜索隊の皆様に敬意と感謝を表し、
自分にも出来る事を、これからも継続していきたいと思います。



宮内庁:天皇陛下のおことば 東日本大震災2周年追悼式
平成25年3月11日(月)(国立劇場)
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/okotoba/okotoba-h25e.html#D0311
本日,東日本大震災から2周年を迎えるに当たり,ここに一同と共に,震災によりかけがえのない命を失われた多くの人々とその遺族に対し,改めて深く哀悼の意を表します。

2年前の今日,東日本を襲った巨大地震とそれに伴う大津波により,2万人を超す死者,行方不明者が生じました。震災後に訪れた被災地では,永年にわたって人々が築いてきたふるさとが痛々しく破壊されており,被災者の悲しみはいかばかりかと察せられました。一方,この厳しい状況の中,被災地で,また,それぞれの避難の地で,気丈に困難に耐え,日々生活している被災者の姿には,常に深く心を打たれ,この人々のことを,私どもはこれからも常に見守り,この苦しみを,少しでも分かち合っていくことが大切だとの思いを新たにしています。

この度の大震災に際して,厳しい環境の下,専心救援活動に当たった自衛隊,警察,消防,海上保安庁を始めとする国や地方自治体関係者,多くのボランティア,そして原発事故の対応に当たった関係者の献身的な努力に対し,改めて深くねぎらいたく思います。

諸外国からも実に多くの善意が寄せられました。物資や義援金が送られ,また,救援の人々も多数来日し,日本の救援活動を助けてくれました。また駐日外国大使など日本に住んでいる外国人を始め,災害発生後の日本を訪れる多くの外国人が,被災地に赴き,被災者を励ましてくださっていることに感謝しています。

この度の津波災害において,私どもは災害に関し,日頃の避難訓練と津波防災教育がいかに大切であるかを学びました。この教訓を決して忘れることなく,これから育つ世代に伝えていくことが大切と思います。今後とも施設面の充実と共に,地域における過去の災害の記憶の継承,日頃からの訓練と教育などにより,今後災害の危険から少しでも多くの人々が守られることを期待しています。危険な業務に携わる人々も,この度の経験をいかし,身の安全が確保されることに工夫と訓練を重ねていくよう願っています。

今なお多くの苦難を背負う被災地に思いを寄せるとともに,被災者一人びとりの上に1日も早く安らかな日々の戻ることを一同と共に願い,御霊(みたま)への追悼の言葉といたします。


首相官邸:平成25年3月11日
東日本大震災二周年追悼式 内閣総理大臣式辞
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0311sikiji.html
 本日ここに、天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、東日本大震災二周年追悼式を挙行するに当たり、政府を代表して、謹んで追悼の言葉を申し上げます。

 かけがえのない多くの命が失われ、東北地方を中心とする我が国の国土に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生から、二年の歳月が経ちました。

 この震災により亡くなられた方々の無念さと、最愛の方を失われた御遺族の皆様の深い悲しみに思いを致しますと、誠に痛恨の極みであり、哀惜の念に堪えません。ここに改めて、衷心より哀悼の意を捧げます。また、今なお行方の分からない方々の御家族を始め、被災された全ての方々に、心からお見舞いを申し上げます。

 被災地を始め全国各地では、いまだに多くの方々が不自由な生活を送られています。原発事故のためにいまだ故郷に戻れない方々も数多くおられます。今を懸命に生きる人々に、復興を加速することで応えることが、天国で私たちを見守っている犠牲者の御霊に報いる途でもあるはずです。

 持てる力の全てを注ぎ、被災者に寄り添いながら、一日も早い被災地の復興、被災者の生活再建を成し遂げるとともに、今般の教訓を踏まえ、我が国全土にわたって災害に強い強靭な国づくりを進めていくことを、ここに固くお誓いいたします。

 この震災では、助け合いの力が大きく発揮されました。地元の方々の御努力、関係機関の尽力はもちろんのこと、全国各地から多くの支援の手が差し伸べられました。さらに、本日ここに御列席の世界各国・各地域の皆様からも、多くの、温かく、心強い御支援を頂きました。改めて、感謝の意を申し上げたいと存じます。

 我が国の先人たちは、幾多の困難を克服し、その度に、より逞しく立ち上がってきました。今日を生きる私たちも、それに倣い、手を携えて、前を向いて歩んでいくことを改めてお誓いいたします。

 御霊の永遠に安らかならんことを改めてお祈り申し上げるとともに、御遺族の皆様の御平安を心から祈念し、私の式辞といたします。

平成25年3月11日
内閣総理大臣 安倍 晋三



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■東日本大震災のアーカイブサイト一覧


国立国会図書館東日本大震災アーカイブ
http://kn.ndl.go.jp/

Google 未来へのキオク
http://www.miraikioku.com/

Yahoo! JAPANビッグデータレポート
http://event.yahoo.co.jp/bigdata/

Digital Archive of Japan’s 2011 Disasters
http://www.jdarchive.org/ja/home

NHK東日本大震災アーカイブス 証言webドキュメント
http://www9.nhk.or.jp/311shogen/

あおもりデジタルアーカイブシステム(青森)
http://adas.hi-tech.ac.jp/pj/aomori/index.php

陸前高田震災アーカイブNAVI(岩手)
http://iwate-acv.iwate-u.ac.jp/

みちのく震録伝(宮城 東北大学)
http://search.shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/shinrokuden/

河北新報 震災アーカイブ(宮城 河北新報)
http://kahoku-archive.shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/kahokuweb/

東日本大震災アーカイブFukushima(福島)
http://fukushima.archive-disasters.jp


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■カテゴリ:東日本大震災(東北太平洋沖地震)

トップページ
[PR]
by doumin | 2013-03-11 19:53 | 東日本大震災(東北太平洋沖地震) | Comments(0)
3月11日月曜日午後2時46分には1分間の黙祷を
平成25年(2013年)3月11日月曜日は、
東日本大震災の発生から丸2年となります。

午後2時46分には、
職場やご自宅などでも1分間の黙祷をお願いいたします。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■各地の追悼式

東日本大震災2年:各地で追悼式や集会 9~11日、原発問題の講演も /北海道
毎日新聞 3月8日(金)11時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130308-00000004-mailo-hok
 東日本大震災から丸2年になるのに合わせ、道内でも11日にかけて、犠牲者の追悼式や原発問題を考える集会などが開かれる。
 追悼式は、道と避難者支援団体が主催する「北海道311これからフォーラム」が11日午後1時から、札幌市白石区の札幌コンベンションセンターで開く。伊達市に避難している宮城県のイチゴ生産農家らの講演後、震災発生時刻の午後2時46分に合わせて黙とうする。
 避難者支援のイベントは、道と札幌市などによる「第6回ようこそあったかい道」が10日午前10時から同センターで開催される。生活用品やランドセルなどを避難者に贈るほか、法律や健康相談などを実施する。また、被災地の東北地方と北海道の食材を使った料理やカクテルなどを販売する「いのちをつなぐチャリティーマルシェ」も9、10日、札幌市中央区南2西6のイベントスペース「エディット」で開かれ、収益は被災地支援団体に寄付される。

(以降略)


時事:大震災から2年=11日に東京はじめ被災各地で追悼式(2013/03/09-15:39)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013030900236
 1万8000人以上の死者・行方不明者を出した東日本大震災は11日、発生から2年を迎える。津波で家族や自宅を失い、仮設住宅で避難生活を続ける被災者。東京電力福島第1原発事故の影響でふるさとに帰るめどさえ立たない福島の住民ら。東京都内では同日午後、政府主催の追悼式が行われ、被災各地でも地震が発生した午後2時46分に合わせ、黙とうがささげられる。
 政府の追悼式には、天皇、皇后両陛下が出席されるほか、安倍晋三首相ら三権の長が式辞や追悼の辞を述べる。岩手、宮城、福島の被災3県の遺族代表もそれぞれ追悼の言葉を読み上げる。
 被災地では11日にかけ、遺族らが震災で亡くなった親族や友人への思いを胸にさまざまな行事に参加する。岩手県大槌町には、阪神大震災の犠牲者を悼む神戸市内のモニュメント「1.17希望の灯(あか)り」の火をともした竹灯籠が犠牲者と同じ数並べられ、宮城県名取市閖上には、避難先だった学校に向かって手作りの灯籠で光の道が作られる。


内閣府:東日本大震災二周年追悼式
http://www8.cao.go.jp/tsuitou/tsuitou.html
・開催日時:平成25年3月11日(月)午後2時30分から
・開催場所:国立劇場(東京都千代田区隼町4-1)
・開催趣旨:東日本大震災は、被災地域が広範に及び、極めて多数の犠牲者を出すとともに、国民生活に多大な影響を及ぼした未曽有の大災害であったことから、国として、犠牲者を追悼する式典を開催するものです。


一般の皆様の献花について
http://www8.cao.go.jp/tsuitou/kenka/kenka.html


震災2年 各地で追悼式典や訓練 茨城
産経新聞 3月9日(土)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130309-00000072-san-l08



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

時事:台湾代表を外交団待遇=震災追悼式で政府(2013/03/06-12:32)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201303/2013030600456
 加藤勝信官房副長官は6日午前の記者会見で、11日に行われる政府主催の東日本大震災2周年追悼式に関し、「式典には海外の支援に感謝する趣旨もある」として、台湾代表に外交団向けの来賓席を用意することを明らかにした。献花の際には名称も読み上げる「指名献花」方式で対応する。
 昨年の追悼式で、台湾代表は指名献花から除外され、民間団体として献花。座席についても企業・団体関係者と同様の扱いだったため、当時の野田佳彦首相が国会で対応を陳謝した経緯がある。


天皇陛下の心臓手術執刀医 「陛下に深く感謝しております」
NEWS ポストセブン 3月8日(金)16時6分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130308-00000022-pseven-life
 6000例以上の心臓手術を手がけ、成功率は98%という心臓外科の第一人者である順天堂大学医学部の天野篤教授が、その半生を語る一冊『一途一心、命をつなぐ』を出版した。

 ほぼ1年前の2月、天皇陛下は心臓の冠動脈バイパス手術を受けられた。その執刀医が天野さんだ。

「心臓の手術は決して怖いものではありません。そのことを国民に広く教えてくださったのが、陛下です」(天野さん)

 陛下は昨年12月の誕生日の記者会見で、「執刀をされた天野順天堂大学教授をはじめ、この手術に携わった関係者に深く感謝しています」と話されたが、天野さんは、それ以上に「陛下に深く感謝しております」と言葉をつなぐ。

「心臓の手術は、うまくいくと元気になって長生きされるかたがたくさんいるんですが、一般のかたは “手術を受けて、こんなに元気になった”と広く言う機会がありません。その点、陛下が手術をされてご健康を回復されたことで、手術がいかに重要なことかを知っていただけたんですから」

 同時に彼は、陛下が、「東日本大震災1周年追悼式に出席したい」という強い希望を持たれて、手術を受けられ、リハビリに励まれたことに深い感銘を受けたという。

「ご自分で具体的な目標を定められて、それに向かってリハビリを頑張られた、そのことが素晴らしいんです」

 目標を持つことと、リハビリに励む姿勢は、闘病するすべての人々のお手本となると語る。また、陛下に付き添われる美智子さまが、ご病状や手術について時間をかけて医師の話を聞かれ、納得されて手術に臨まれたことも印象に残ったという。

※女性セブン2013年3月21日号


【関連記事】
美智子さまが陛下のため極秘にセカンドオピニオン求めた名医
天皇陛下 大震災一周年追悼式に出席のご意向と皇室関係者
【同業者が選ぶゴッドハンド医師:心臓編】難手術600回経験
東宮家と秋篠宮家両夫妻 確執報道渦中に笑顔で公の場に登場
「死んだ方がマシ」と思っていた被災者 天皇陛下に救われる



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
東日本大震災から2年 2013-03-11
いつの時代も日本人のお手本 天皇皇后両陛下、福島県川内村仮設住宅の被災者を励まされ、除染現場をご視察 2012-10-14
東日本大震災から1年 2012-03-11

■カテゴリ:東日本大震災(東北太平洋沖地震)

トップページ
[PR]
by doumin | 2013-03-09 18:08 | 東日本大震災(東北太平洋沖地震) | Comments(0)