「ほっ」と。キャンペーン
和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:政治‐2012衆院選( 16 )
新篠津選管職員と同村職員、落選した民主党・中前茂之氏(衆院北海道5区)陣営の選挙運動…公選法違反の疑い
日経(共同配信記事):選管職員ら2人書類送検 道警、選挙運動した疑い
2013/1/16 12:07
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1601E_W3A110C1CC0000/
 特定公務員なのに昨年12月の衆院選北海道5区で落選した民主党の中前茂之氏陣営の選挙運動をしたとして、道警が公選法違反の疑いで、新篠津村選挙管理委員会の30代の男性職員と税務係の40代の男性職員を書類送検したことが16日、道警などへの取材で分かった。

 2人の送検容疑は、選挙運動を禁止されている立場にありながら、衆院選で、中前氏の文書を作り、陣営の選挙運動をした疑い。

 公選法は選管職員や検察官、警察官など特定の公務員が在職中に選挙運動をすることを禁じている。〔共同〕


読売:選管職員ら選挙運動の疑い…新篠津村
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20130116-OYT8T00778.htm
昨年12月の衆院選で、北海道5区から立候補し落選した民主党の中前茂之氏陣営の選挙運動をしたとして、北海道警捜査2課が、新篠津村選挙管理委員会の30歳代の男性職員と同村税務係の40歳代の男性職員を、公職選挙法違反(特定公務員の選挙運動の禁止)容疑で札幌地検に書類送検したことが16日、わかった。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

日経(共同配信記事):公民権停止3年の判決 選挙違反で札幌簡裁
2013/4/25 12:59
http://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXNASDG25016_V20C13A4CC0000
 選挙運動が禁じられている特定公務員なのに、昨年12月の衆院選でビラ配りなどをしたとして、公選法違反罪に問われた北海道新篠津村選挙管理委員会の元書記の男性ら2人に、札幌簡裁(北山裕之裁判官)は25日、求刑通り罰金20万円の判決をそれぞれ言い渡した。焦点だった公民権停止期間は3年とした。

 札幌区検は2月、2人を略式起訴し、簡裁はそれぞれ罰金20万円、公民権停止1年の略式命令を出した。検察側が「5年が相当」として正式裁判を求めたが、北山裁判官は判決理由で「利益誘導などに比べ選挙の公正さを害する恐れは必ずしも大きいとはいえず、3年が相当」と述べた。

 公選法は選挙犯罪で処罰された場合、原則として公民権を5年間停止すると規定。裁判所は停止しないことや、期間を短くすることができる。

 判決によると、2人は昨年12月、道5区から立候補し落選した民主党候補の街頭演説のビラを村職員にメールに添付して送ったり、役場でビラを配ったりした。〔共同〕


道新:公民権停止3年に変更 新篠津村公選法違反 2職員に簡裁判決
2013/04/25 16:59
http://www.47news.jp/CI/201304/CI-20130425-00740.html
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/460990.html
 昨年12月の衆院選をめぐり公選法違反(特定公務員の選挙運動など)の罪に問われた石狩管内新篠津村の職員2人の判決が25日、札幌簡裁であり、北山裕之裁判官は罰金20万円、公民権停止3年(求刑罰金20万円、公民権停止5年)を言い渡した。
 2人は2月に罪を認めて略式起訴され、札幌簡裁はそれぞれ罰金20万円、公民権停止1年の略式命令を出した。検察側が「公民権停止期間が短すぎる」と正式裁判を求め、公判で審理された。<北海道新聞4月25日夕刊掲載>





2010年8月、国交省退職→2010年10月、衆院北海道5区補選で民主党から出馬し落選→2012年12月の衆院選でも落選→2013年3月、民主5区支部長辞任→2014年1月、自民秘書に
こういう流れでしたが、
中前さんは疲れちゃったのかな(笑)。

毎日:元民主候補 衆院選出馬の中前氏、自民秘書に 高木議員に「生活のため」 次期選挙巡り波紋広がる /北海道
2014年01月14日 地方版
http://senkyo.mainichi.jp/news/20140114ddlk01010118000c.html
(魚拓)
※抜粋
 昨年3月、次期衆院選には出馬しない考えを表明し、民主5区総支部長を辞任した。関係者によると、中前氏は以前から知り合いの高木氏に「生計を立てたい」と相談し、高木氏の東京事務所に勤めることになった。

 民主党道連内では「次は自民から選挙に出るつもりでは」(道連幹部)などと臆測する声が渦巻いている。中前氏は毎日新聞の取材に「先のことは分からない。今は代議士の政治活動を支えることで地域に貢献したい」と話した。【円谷美晶】


でも残念ながら、キャリアを捨て民主党公認で出馬しようと考えた時点で、
中前さんは政治家には向いてないと思います。
2009年の異様な風の時ならまだしも、
北教組事件の民主党・小林千代美議員辞職にともなう補選での出馬ですからねえ・・・。
信念がないどころか、センスもない、風も読めない、先も読めないわけですから。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事一覧
政治-2012衆院選
政治-2010衆院北海道5区補選

トップページ
[PR]
by doumin | 2013-01-22 10:55 | 政治‐2012衆院選 | Comments(0)
2012衆院選、北海道も自民が圧勝 全国の小選挙区と比例の議席数
2012衆院選を圧巻した自民党の勝ちっぷり↓


■小選挙区
d0164331_14242915.gif



■比例代表
d0164331_14244461.gif



■議席数

民主  057(小選挙区027、比例30) ※公示前230
自民  294(小選挙区237、比例57) ※公示前118
公明  031(小選挙区009、比例22) ※公示前021
維新  054(小選挙区014、比例40) ※公示前011
みんな 018(小選挙区004、比例14) ※公示前008
未来  009(小選挙区002、比例07) ※公示前061
共産  008(小選挙区000、比例08) ※公示前009
社民  002(小選挙区001、比例01) ※公示前005
国民  001(小選挙区001、比例00) ※公示前003
大地  001(小選挙区000、比例01) ※公示前003
新日本 000(小選挙区000、比例00) ※公示前001
改革  000(小選挙区000、比例00) ※公示前000
諸派  000(小選挙区000、比例00) ※公示前000
無所属 005(小選挙区005、比例00) ※公示前009
合計  480(小選挙区300、比例180) ※公示前479、欠員1



■参考

ZERO×選挙2012
(公式サイトでは、各地域をクリックするとそれぞれの詳細な結果が見られるようになっています。
他に、全国の気になる候補者の結果へのリンク一覧もあります)
http://www.ntv.co.jp/election2012/index.html

読売新聞:衆院選2012
(各地域の詳細結果、注目候補、各党公約など。議員名で調べることもできます。※五十音順)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/

北海道選挙管理委員会:平成24年12月16日執行  第46回衆議院議員総選挙 投・開票速報
(各区・市町村ごとの候補者別得票数など)
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hs/h24shugi/46shugisokuhou.htm

総務省:都道府県選挙管理委員会ホームページ一覧
(各都道府県の選挙管理委員会HP一覧)
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/links/senkan/index.html


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■北海道の結果について

※関連
第46回衆議院議員総選挙 北海道第1区~第12区出馬予想(2012年12月4日公示、12月16日執行)


<自民党>

全て自公が勝利。 ※10区のみ公明党。
何やらもめていたようだけど、北海道内12区全制覇を目指して欲しかったな。

高橋はるみ北海道知事(北海道では超人気)や、
本間奈々さん(2011年の札幌市長選出馬で、現職にかなり迫った戦いを繰り広げました)に断られて、
ギリギリになって1区(横路さんのところ)に船橋さん擁立。
4区(鉢呂さんのところ)擁立がモタモタしているとか、
10区で何やらもめているとか、
何もかもが遅すぎるとか、
やる気ある?って聞きたくなるとか、
色々とありましたが、良く頑張りました。

圧勝した自民党は以前のような状態に戻ることなく、
気を引き締めてしっかりとやっていただきたいし、
これから、どこまでできるのかを期待を持って見ていこうと思います。


それにしても、1区の横路さんに対抗の自民党・船橋さんは本当に頑張りましたね!
正直、私は横路さんの辛勝だろうなと思っていました。

横路さんは世襲議員なので、1区はまさに横路王国。
それを初めて崩したわけです。
北見方面出身の道議だった舟橋さんは、
1区(札幌市中央区、西区、南区)では知名度はほとんどない上、ギリギリになってからの擁立。
にも関わらず勝利。
勝因は自民党への風だけではないと思います。
どれだけ船橋さんは地道に頑張ったのか・・・本当にお疲れ様でした。
当選確実後のインタビューで感じたんですが、
細やかな民意をくみ上げる力がある人かも、とも思いました。
翌日、奥様との食事で、きちんと手を合わせて「いただきます」をしていたのも良かった。

それと、本間奈々さん。
あくまでも札幌市長にこだわりたいと、固辞したのは素晴らしいです。
衆院選で落ちて参院選に出たり、知事選に出たり、党をコロコロ変えたりなど、
節操のない人が多いので、余計に輝いてみえます。
次期市長選を目指してこれからも頑張ってほしいです。

※関連
札幌市長選 本間奈々氏 札幌市企画課長、春日井市副市長の経験もある総務省元キャリア官僚 2011-01-25



11区、中川ゆうこさんおめでとうございます!!!
11区中川ゆうこさん、10区伊東良孝さん、9区堀井学さんは当選すると思っていたので、
心配はしていませんでしたが、やっぱり嬉しい。

ゆうこさんはずいぶんたくましくなりましたね。
当選後のインタビューを見て、本当に驚きました。
あの力強さ。
新人とは思えないような責任感。 ←民主党の馬鹿な議員は爪の垢でも煎じて飲めばいい。
当選にも浮かれることなく、もう既に先を見据えた腹の据わった気迫を感じました。
「当選させていただいた。でも重要なのはこれからだ」
という意気込みがひしひしと伝わってきました。

ゆうこさんが、数年前の『外国人参政権に反対する一万人大会』に登壇された時を思い出します。
あの時は、本当におとなしい感じの方(そして美しい)でした。
でも私は、
「頑張れ日本一!大丈夫!」
と昭一氏を迎えた時の奥様(ゆうこさん)がずっと忘れられませんでした。

昭一氏が亡くなられた後、後継についてしばらくハッキリとはしていなかったけれど、
腹を決めた後のゆうこさんはすごかったです。
11区支部長に内定、決定、そして地道な活動、辻立ち。
現職を除き、北海道内ではいち早く動いた候補者だったと思います。

私は、世襲自体は悪くないと思っています。
それどころか、小さな頃からそういった環境に置かれていることの利点。
ある意味で帝王学。
一般の世界ではそうそう触れられることではありません。
その恵まれた環境を生かしながらも、
おごることなく努力が出来るような世襲は認められて然るべき。
(努力も勉強もせず、謙虚さもなく、ただその立場に胡坐をかくような馬鹿な世襲は当然話にもならない)

ゆうこさんは、息子さんへの引継ぎを視野に入れてのことだと私は勝手に考えていますが、
素晴らしい後継者としてじっくりと育てて欲しい。
中川王国復活と言うよりも、中川昭一氏の信念の復活を願っています。

※関連
中川昭一氏、逝去から丸三年 2012-10-03



5区、町村さんが勝利。
本人不在の異例の選挙戦でも、この強さ。
すごいです。
奥様やスタッフの方々は頑張りましたね!

※関連
衆院北海道5区補選、自民党・町村信孝氏が大差で勝利 札幌市議補選も自民・川田匡桐氏が勝利 2010-10-26




<民主党>

1区の横路さんと3区のキャミソール荒井さんが比例復活してしまったことが残念で仕方がない。
ルーピー鳩山が国民の審判を受けずに逃走したことも腹立たしい。

4区の鉢呂さんが選対委員長なのに落選して笑った。
現役閣僚の三井さんなども落選。

ところで、キャミソール荒井さんは、
d0164331_172154100.gif

何故、小選挙区の選挙公報に「民主党公認」の文字を入れなかったの?
姑息すぎる。


※関連
道内民主候補者、姑息な民主党隠し…ロゴを小さくする、のぼりを使わない等 党の積極姿勢に反しTPP反対も



<新党大地>

石川ともひろ被告が比例復活・・・。
出身地の足寄町は、中川ゆうこさんよりも票は上回っているだろうと思ったけど、
上士幌、池田、本別、陸別も。 (候補者別得票数 市区町村別
ふぅん。覚えておこう。
陸山会事件で有罪が確定すると、原則として石川被告は失職しますが、
惜敗率から、ムネオさんの長女の鈴木貴子さんが繰上補充となります。

で、細川たかしまで引っ張り出して応援演説とか何なんでしょうね?
すすきのでは松山千春が長い夜を歌ってたらしいけど、
それを見て「大地に入れてやるかぁ」なんて思うような奇特な人がもしも1人位いたとしたら、
「有権者をバカにしているのか?」「頭がおかしいんじゃないか」「入れようと思ったけどやめた」
と思う人が100人位でしょうに(笑)。

清水宏保さんも何なの?
選挙期間中に「今頃はテレビのレギュラー番組に出ているはずだったのに・・・」
こんな低レベルの弱音を吐いてるようじゃ最初から無理だし、
そもそも何がしたいのか、国をどうしたいのかのビジョンすらないような人間を、
知名度があるってだけで引っ張ってくる意図は何?票集め?有権者を馬鹿にするため?

ムネオさんの考えることって、ほんとにどこまでも下品で時代錯誤。
TBS系ローカルに出てたけど、もう汚らしい負け惜しみばかりで聞いてて辟易。
「自民党は比例は伸びてない」
「大地はもともと1議席の党。石川くんも松木くんも、もともと民主党の人ですから。この状況でも大地が1議席を確保できたということは、道民は支持しているということ」
さらに、民主党が惨敗したことについては、
「人の恩を忘れるような党はこうなるのは当然」(民主と大地の選挙協力の話し合いが決裂しているため)
ムネオさんは中川家に何をした?そんなあなたが言えるの?と思っちゃいました(笑)。

※関連
政党要件維持に必死な新党大地 政党交付金廃止が持論で世襲批判を展開してきた鈴木宗男が長女擁立検討



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


■全体について

<自民党>


9月の自民党総裁選で勝利した安倍さんの会見の時、
とても穏やかで優しげな表情をしている瞬間があって、まるで菩薩のように見えた。
ああいう表情の安倍さんは見たことがなく、びっくり。
衆院選開票日、当選者に薔薇をつけている時の安倍さんも同じような表情の瞬間があって、
やっぱり菩薩に見えた。

宮川典子さん(山梨1区)当選!
新人ながら、2010年の参院選で輿石さんを追い詰めた人。
元高校教諭で反日教組、外国人参政権、夫婦別姓反対。
とても嬉しい~。

自民党だけど、加藤紘一さん(山形3区)は落ちてよかった。
無所属で出馬せざるを得なかった阿部さんは当選し、自民に入るっぽいので一石二鳥。
加藤さんはもう二度と出てこないで欲しい。
73歳という年齢、体調不良、北朝鮮とべったりで最悪の人。
視察に行くと称して朝鮮総連の幹部に加藤事務所の名刺を持たせてもぐりこませるような○ズ。

都知事選だけど、猪瀬さんが過去最高の圧勝はすごい。




<民主党>

野田さん(千葉4区)は当選しちゃったけど、まぁそうでしょうね。
ところで比例重複って何(笑)。
曲がりなりにも現職の首相でしょ?

枝野さん(埼玉5区)、安住さん(宮城5区)、玄葉さん(福島3区)、岡田さん(三重3区)、細野さん(静岡5区)が当選する意味が分からない。

菅さん(東京18区)、原口さん(佐賀1区)、辻元さん(大阪10区)、赤松さん(愛知5区)、後藤祐一さん(神奈川16区)比例復活は残念。

田中真紀子さん(新潟5区)、藤村さん(大阪7区)、樽床さん(大阪12区)、三井さん(北海道2区)、小平さん(北海道10区)など、現役閣僚が次々と落選して笑った。
自爆テロ解散だの恨み節だの、ほんとに最後まで人のせいなんですね。
責任転嫁することで自分を慰めるバカな真似はもういい加減にして、少しは反省したらどうか。
解散がもうちょっと後だったら当選できたとも思えないんだし。

仙谷さん(徳島1区)、小宮山洋子さん(東京6区)、平岡さん(山口2区)、平野さん(大阪11区)、川端さん(滋賀1区)、鹿野さん(山形1区)、松本龍さん(福岡1区)、末松義規さん(東京19区)、黒岩宇洋さん(新潟3区)落選。
民主に残った小沢ガールズも当然のように全滅。
比例復活すらなし。良かった。

※関連
民主党と左翼過激派の関係まとめ (プラス暴力団) 2011-05-30




<国民新党>

下地さん(沖縄1区)は落選後の最後の閣議でふてくされたような感じだったけど、
「鳩山首相が5月末までに判断せず、先延ばしすれば、沖縄選出議員として6月1日に衆院議員を辞める」
とまで啖呵を切ったのに(米軍普天間飛行場の移設先に関し、2010年3月1日衆院予算委員会で)、
その後2年半以上も議員のまま、しかも入閣までさせてもらえたんだから有難いと思わなきゃ(笑)。

党首を追い出し、
「私が郵政改革担当相なのは、亀井さんじゃなく綿貫前代表のおかげです」
と言った自見さん。
公示後の何かの番組で「本当の保守は国民新党だけですよ!」と言っててひっくり返りそうになりました。
本当の保守が横路さんを推薦するのかと。
自見さんは参議院議員ですが、次も出馬するつもりなんでしょうか。




<維新の会>

やっぱり・・・太陽の党は合流すべきじゃなかった。
石原氏、平沼氏は年齢等のことも考えて、少々焦った部分もあったのかも?と勝手に推察。
維新の会は、国政ではなくまずは地方行政で徐々に広めていってほしかった。




<未来の党>

何がしたかったのかさっぱり分からない。

嘉田さんはテレビの露出が多かったように思うけど、どういう意図で持ち上げてたんだか。
ところで、よど号がらみの過激派左翼「市民の会・市民の党」と嘉田知事はまだ仲良しなの?

小沢さんはしぶとい。
岩手4区(花巻市、北上市、奥州市、和賀郡、胆沢郡)有権者って一体・・・・・・。
奥様の、
「大震災の後、小沢の行動を見て岩手、国の為になるどころか、害になることがはっきり分かりました」
「かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、
郷土の復興を手助けする気もなく、自分の保身の為に国政を動かそうする
こんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています」
という手紙が週刊誌に出ました。
今回の選挙でも、落選させようと奥様は随分頑張っていたようですが・・・残念です。

山岡さん、東さん、山田さん、真っ赤な辻恵さん、自衛隊恫喝の松崎哲久さん落選。
比例復活もなし。

小沢ガールズ全員落選。
ただ、比例復活が2人もいるのが残念。
不倫だの何だののスキャンダルばかりの青木愛さん。“国会議員として”の仕事はしているんでしょうか?
嘉田さんも仲良しの過激派左翼、「市民の会・市民の党」との間で、数千万に及ぶ不審な金の還流をしている小宮山泰子さん。




<みんなの党>

アジェンダを流行らせようとして必死だけど、無理ですってば。




<共産党、社民党など>

まだ政党やってるんだ(笑)。




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事一覧
政治-2012衆院選

トップページ
[PR]
by doumin | 2012-12-18 20:03 | 政治‐2012衆院選 | Comments(0)
ほぼ報道(情勢調査)通りに自民党圧勝!さて、民主党は今後どうするのか(笑)
自民圧勝!!!!!!!!

いやー、
「自民が単独過半数」「自公で300超」「民主70割れ」「維新50前後」「その他は苦戦」
という報道は、
「アンダードッグ効果」
とかいうやつを狙った厭らしいマスコミの策略もあるのかしら?
と疑心暗鬼だったけれど、
ほぼ間違いない結果で驚きでした。


爆笑なのは、
「2009年の民主党の風」・・・つまり、
「自民が大敗」と言われたとき以上に民主が惨敗していること。
この惨状、政権与党としては過去最悪では?
民主党がいかに酷かったかの証明ですねぇ。

で、民主党の今後。
野党時代までは、民主党にもそれなりの役割があったわけです。
外野としてワーワー言っているうちは、それなりにまともに見える部分もあった。
その後、実際に与党となったは良いが、
広げた風呂敷が大きすぎて(というか詐欺)あっという間にメッキが剥がれた上に、
ここまで国民に失望されたら、
以前の野党時代のような働きはもうできない。
しかも、一度政権をとっているだけに、そしてあの体たらくだったために、
言いにくくなることも多々あるはず。
じゃ、民主党の存在意義は一体何なの?ってことにもなります。

そして、“先立つもの”も無くなります。
年間百数十億円の政党交付金は大幅ダウンになるし、
企業・団体献金(民主党マニフェストに反し、岡田克也幹事長=2010年当時 が復活させた)も見込めない。
個人献金はもっと無理。
民主党の台所事情は相当厳しいものになるでしょう。

ま、国民を顧みず、
極めて低レベルな内ゲバを繰り返すような烏合の衆の末路はこんなもんなんでしょうが、
今後解体するのかしら(笑)。


一方、圧勝した自民党には、
今後どこまでできるのかを期待を持って見ていきたいと思います。
当然、天狗になることは許されませんし、
昔のような自民党政治も国民にとっては強いアレルギーがあること、
2009年に敗北した意味、(もっと言えば・・・連立しなきゃ維持していけない時点で目覚めるべきだった)
これらを絶対に忘れるべきではない。

まずは政権奪還を果たしましたが、ブレることなく、
ひとつひとつを確実にこなしていってほしいと願っていますし、
今後の動きを注視していきたいと思います。
(正直、公明党とは別れてほしいけど・・・まぁそれは今後どうなっていくか。憲法改正もあるし)




はーーーーーーーーー。

道内の結果はじめ、
全国の気になっていた候補者結果なども書きたいけど、
今は勝利の美酒に酔うことにします(笑)。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
お笑い民主党の自分探し 2013-02-25
菅元首相に離党勧告、鳩山元首相(離党済み)の処分も検討、細野幹事長辞任 2013参院選惨敗 迷走する民主党 2013-07-24

■カテゴリ:政治-2012衆院選

■関連カテゴリ:政治-与党(2012.12.25まで)   政治

トップページ
[PR]
by doumin | 2012-12-17 00:02 | 政治‐2012衆院選 | Comments(5)
投開票日 各地で選管ミス相次ぐ 用紙の誤交付、寝坊、集計ミスなど
期日前投票(不在者投票)でミスが相次いでいましたが、

期日前投票 各地の選管でミス…1人で二重投票(有効票となる)、小選挙区投票時に比例用紙を渡す 2012-12-10
http://doumin.exblog.jp/17398024/

開票作業のバイトについてと、投票用紙は鉛筆以外OKかを各選管と総務省に問い合わせ/党隠しの立候補者発見 2012-12-15
http://doumin.exblog.jp/17434687/



選挙日当日も、用紙の誤交付、寝坊、集計ミスなどが相次ぎました。

集計ミス(不在者投票分の加算漏れ、入力ミス、システムの設定ミスなど)の場合は、
時間が大幅に遅れつつも最終的には訂正されているようですが、
用紙の誤交付と遅刻は困ります。
後で修正がききません。



不思議なのは、
比例代表と最高裁判所裁判官国民審査の用紙を同時に渡される投票所があること。
投票箱も並んでいるので、一瞬戸惑ったそうです。
箱の前に係員もいない。
中には、逆に入れてしまった人もいるかもしれません。
比例と国民審査の用紙を渡す人を1人にして経費削減ということなら意味も分からなくはないんですが、
ただ並んで座っているだけ。
そして同時に渡す。
なので、人件費削減というわけでもないようです。


今後は期日前投票・当日にかかわらず、
念のため、有権者一人一人が渡された用紙と投票箱の確認をした方が良いでしょう。

また、お住まいの都道府県の選管に、意見や要望を入れていくのも良いかもしれません。
投票の際に分かりにくかった流れを、経費のかからない方法でより良くすることは出来ないかを考えさせたり、
有権者は常に監視しているという意識と緊張感を持たせ、
ミスのないよう、気持ちを引き締めてもらう意味もあります。



以下に、用紙の誤交付と遅刻についての記事をまとめました。
・・・こんなに多いものなんですね。
(掲載しきれないです)

産経:投票用紙を誤交付 横須賀市選管 2012.12.16 11:59
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121216/elc12121612010073-n1.htm
 16日午前7時5分ごろ、神奈川県横須賀市岩戸の衆院選の岩戸コミュニティセンター投票所で、小選挙区の投票用紙を渡す際、誤って比例代表の用紙を渡し、男性の有権者2人がそのまま小選挙区候補者の名前を書いて投票してしまうトラブルがあった。

 横須賀市選管によると、2人はその後用紙を渡された小選挙区投票はできたが、比例代表の投票用紙の再交付はできないため、比例の投票は無効となった。


産経:投票用紙の交付ミス 千葉市若葉区の投票所で 2012.12.16 12:53
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121216/elc12121612550075-n1.htm
 千葉市若葉区選挙管理委員会は16日、投票に訪れた有権者16人に、選挙区と比例代表の投票用紙を逆に交付するミスがあったと発表した。

 区選管によると、同区の市立千城台旭小学校の投票所で、職員が誤って選挙区と比例代表の投票用紙交付機にそれぞれ逆の用紙をセット。午前7時の投票開始直後に投票に訪れた男女16人に誤配布があった。職員が確認を怠ったことが一因。異なる投票箱に投票用紙を入れても、政党名や候補者名を正しく記入していれば有効になるという。

-----

産経:16人分無効か 千葉の投票用紙取り違え交付 2012.12.16 17:48
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121216/elc12121617490083-n1.htm
 千葉市若葉区選挙管理委員会は16日、衆院選投票所の千城台旭小学校で、小選挙区の投票用紙を渡す際に誤って比例代表の用紙を交付するなどして、16人が誤投票したとみられると発表した。

 区選管によると、誤投票の場合は無効となるため、個別に連絡して謝罪する。小選挙区の用紙の自動交付装置に、比例代表の用紙を誤ってセットしたのが原因。比例代表の担当者も、気付かずに小選挙区の用紙を渡していた。16人目の投票者の指摘で発覚した。


職員が寝坊、開始遅れる=帰宅の有権者も―秋田市【12衆院選】
時事通信 12月16日(日)14時23分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121216-00000030-jij-soci
 秋田市内の投票所で16日朝、投票用紙などを自宅に保管していた同市の40代の男性主査が寝坊し、投票開始が15分遅れるトラブルがあった。会場で待っていた有権者のうち、約10人は投票せず帰宅したという。
 同市選挙管理委員会によると、開始が遅れたのは衆院秋田1区の御野場中学校の投票所。主査は選挙人名簿と投票用紙計5700枚を保管していたが、午前6時半の集合時間になっても現れず、携帯電話にも出なかったため、投票所のスタッフがすぐ近くの自宅を訪ねて投票用紙などを受け取った。
 午前7時の開始時刻には30人近くの有権者が待っていたが、投票したのは17人だった。
 市選管の菅原弘夫委員長は「緊張感の欠如で有権者に多大な迷惑を掛け、誠に申し訳ない」としている。


読売:担当市職員が寝坊、投票開始27分遅れる…岐阜(2012年12月16日15時07分)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news/national/20121216-OYT1T00423.htm
 岐阜市選管は、16日投開票の衆院選と最高裁裁判官国民審査で、市内の投票所1か所の開始時間が27分遅れるトラブルがあったと発表した。

 担当の市職員が寝過ごしたのが原因という。

 発表によると、同市森東の三輪南第2投票所で、投票用紙と有権者名簿の搬入担当の男性職員(49)が遅刻し、午前7時の開始が27分遅れた。

 この間、有権者3人が訪れ、1人が開始を待って投票。いったん帰宅した男女のうち、女性はその後戻って投票したが、男性はそのまま仕事に出たという。

 男性職員は15日午後10時過ぎ、市選管で同投票所で使う有権者名簿、小選挙区と比例選、国民審査の投票用紙計約4500枚を自宅に持ち帰り保管していた。

 記者会見した市選管の服部悦郎事務局長は「このような事態を起こし、申し訳ない。最も安全な方法として、これまで投票用紙などを自宅で保管してきたが、今後、再発防止策を講じたい」と話した。


産経:チェックミスで投票用紙を二重交付 那須塩原 2012.12.16 15:41
http://sankei.jp.msn.com/region/news/121216/tcg12121615410009-n1.htm
 栃木県選挙管理委員会は16日、那須塩原市で同一人物に投票用紙を二重交付するミスがあり、80代の男性が2回投票したと発表した。

 県選管によると、同日午前7時半ごろ、同市内の投票所を訪れた80代の男性に投票用紙を交付。その約50分後に再び訪れた際にも投票用紙を交付した。最初は家族の投票入場券を持参、次に本人の投票入場券を持参した。投票立会人の指摘でミスが判明した。

 県選管は、投票所で投票済みの確認や本人確認が十分でなかったことが原因としている。一度、投票された票は、開票まで投票箱を開けられないため、有効投票として扱われる。


産経:神奈川で投票用紙誤交付相次ぐ 横須賀、鎌倉 2012.12.16 18:57
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121216/elc12121618590087-n1.htm
 神奈川県横須賀市岩戸の衆院選投票所で16日午前7時5分ごろ、有権者2人に選挙区の投票用紙を交付する際、誤って比例代表の投票用紙を交付するミスがあった。すぐに同市選挙管理委員会の職員らが気付いたが、2人はすでに選挙区候補者の名前を書いて投票し、比例の投票は無効となった。

 また、同県鎌倉市常盤の投票所でも同日午後0時20分ごろ、女性が自分と夫の2人分の投票所整理券を持って訪れた際、同市選管の職員らが夫婦で来たと思い込み、誤って選挙区の投票用紙を2枚渡した。用紙は女性が2枚とも投票し、いずれも有効という。その後、本人の申し出で誤交付が発覚した。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

日野市:東京都知事選挙投票用紙の交付ミスについて(平成24年12月16日プレスリリース)
http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/196,109057,353,2047,html
本日(平成24年12月16日)、東京都知事選挙において、都外転出により東京都知事選挙の投票資格がない方に、誤って投票用紙を交付してしまうという事態が1件発生しました。

発生の原因は、パソコンによる選挙人名簿照合の際、東京都知事選挙は投票できるとの表示がされていなかったにもかかわらず、その表示の意味について、確認が不足したことによるものです。

発生後、全ての投票所に周知徹底を図り、再発防止に努めました。

 なお、詳細につきましては日野市選挙管理委員会事務局お問い合わせください。


日経:岐阜では職員寝坊で開始遅れ 各地で選管ミス相次ぐ 2012/12/16 22:28
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFD1600C_W2A211C1CN8000/
 衆院選投開票日の16日、投票所で投票用紙を二重交付したり、選管職員が寝過ごして投票開始時間が遅れたりするトラブルが相次いだ。

 名古屋市守山区の選挙管理委員会によると、女性有権者に小選挙区の投票用紙を2枚交付し、女性が2票投票するミスがあった。用紙が確認できないため有効票として扱うという。

 同市東区の選管では、不在者投票の用紙の送付ミスで、不在者投票ができないケースがあった。

 秋田市と岐阜市では、投票用紙を管理する選管職員が寝過ごしたため、投票開始時間が遅れた。このうち岐阜市の投票所では開始時間が約27分遅れ、帰った有権者のうち最終的に1人が投票しなかった。

 千葉市や長崎市でも、小選挙区と比例代表の投票用紙が間違えて交付されるミスがあった。〔共同〕


福島放送:投票用紙交付でミス 柳津町選管委 2012年12月17日 09時46分配信
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201212174
県選管委は16日、衆院選で柳津町選管委が比例代表の投票用紙を誤って有権者1人に2枚交付したと発表した。

県選管委によると、同町の牧沢投票所で受け付けを済ませた1人に対し、小選挙区の投票用紙を交付するところを誤って比例代表の投票用紙を渡し、この結果、比例代表の投票用紙を正規の分と合わせて2枚交付したとみられる。

この有権者は比例代表の投票用紙を2枚投票したと考えられるという。

県選管委は小選挙区と比例代表の投票用紙交付を別の場所で行うよう指導してきたが、この投票所では投票用紙の交付を1人が同じ場所で実施していた。

町選管委は「重く受け止め、体制の見直しなど、再発防止に努めたい」としている。


NHK 高知県のニュース:本山町で投票用紙の交付ミス12月17日 09時36分
http://www.nhk.or.jp/lnews/kochi/8014219901.html
本山町の選挙管理委員会は、衆議院選挙の投票所で有権者2人に本来比例代表の投票用紙を交付するところを、誤って、小選挙区の投票用紙を交付するミスがあったと発表しました。
本山町の選挙管理委員会によりますと、17日午前11時ごろ、本山町木能津の古田集会所の投票所で、町の職員が、投票者数と残っている投票用紙の枚数を確認したところ、数が合わないことに気付きました。
詳しく調べたところ、投票者数に対して、比例代表では残っている投票用紙が2枚多く、小選挙区では反対に2枚少ないことがわかったいうことです。
このため、町の選挙管理委員会は有権者2人に本来、比例代表の投票用紙を交付するところを、誤って、小選挙区の投票用紙を交付した可能性が高いとしています。
本山町選挙管理委員会の澤田和廣書記長は、「あってはならない初歩的なミスで、有権者に大変な迷惑をおかけして深くおわびしたい。再発防止を図っていきたい」と話しています。
2人の有権者は小選挙区の投票用紙に党名を書いている可能性が高く、県選挙管理委員会によりますと、この場合は通常、無効になるということです。


NHK 栃木県のニュース:未成年者に投票用紙交付 12月17日 09時58分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/1094229611.html?t=
16日、投票が行われた衆議院選挙の佐野市の投票所で、未成年の女性に投票用紙を交付し、投票させてしまうミスがありました。
ミスがあったのは、佐野市の朱雀町公民館の投票所です。
栃木県選挙管理委員会によりますと、16日午後3時ごろ、投票所に男性と女性が入場券を持って訪れ、小選挙区の投票用紙を交付したということです。
2人が候補者の名前を用紙に書く記載台で相談しているように見えたため、担当者が不審に思い、投票を済ませた女性に「投票権は持っていますか」とたずねたところ、いっしょにいた男性が「妻が投票にこられないためかわりに娘が来た」と答えたと言うことです。
また男性が「娘は未成年だ」と答えたことから、担当者はこの女性は投票権がないと判断し、比例代表選挙と最高裁判所裁判官の国民審査の投票は認めなかったということです。
しかし、小選挙区の投票はすでに行われたため有効として扱われました。
佐野市選挙管理委員会では投票用紙を交付する際に十分な確認ができていなかったとして「こうした事案が起きたことは非常に残念に思います。今後は再発防止に気をつけるよう投票所に携わるものに指導をしていきたい」とコメントしています。


読売:ダブル選で遅れ・外国人が投票…投開票トラブル(2012年12月17日14時38分)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news/national/20121217-OYT1T01018.htm


選管、ミス相次ぐ 長崎市、投票用紙を誤交付 佐世保市は「二重投票」
毎日新聞 12月17日(月)17時19分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121217-00000150-mailo-l42
 16日投票された衆院選で、長崎市と佐世保市で選管のミスが相次いだ。長崎市内の投票所では、一部有権者に小選挙区の投票の際、誤って比例代表の投票用紙を渡した。佐世保市内の投票所では、期日前に投票を済ませていた有権者に当日も投票をさせる「二重投票」させた。
 県選管によると、投票用紙の交付ミスがあったのは、長崎市の橘中学校に設けた第52投票区。投票用紙の自動交付機に小選挙区と比例代表の投票用紙を互い違いにセットしたという。
 間違って交付した有権者は8人。午前7時の投票開始直後にミスに気付いたが、8人は比例代表の投票用紙で小選挙区の投票を済ませていた。現場の担当職員と市選管が対応を協議。比例代表の投票の際に誤って渡した小選挙区の投票用紙で小選挙区の投票をするよう8人に促したという。
 しかし、1人が「比例代表の投票用紙に交換してほしい」と申し出たため、混乱した交付係は、小選挙区の投票用紙を返却を受けたうえで、比例代表の投票用紙を渡し、投票させた。さらに、小選挙区の投票を済ませた7人のうち1人が「どうしても比例代表の投票をしたい」と申し出たため、これも比例代表の投票用紙を再び渡し投票させた。
 県選管によると、本来、追加の投票用紙の交付はできないという。
 また、「二重投票」のミスがあったのは、佐世保市の木宮町相浦支所の第75投票所。5日に小選挙区と比例代表の期日前投票を済ませ、国民審査の投票で訪れた30代男性に対し、誤って小選挙区の投票用紙を渡した。
 交付係の女性アルバイトが投票入場券の「選挙済」の表示を見落としたのが原因で、すぐにミスに気付いたが、男性は既に投票を済ませていた。有効票として扱われるという。【阿部義正】
12月17日朝刊


朝日:熊本市選管なぜミス連発 一時は「投票率100%」発表
2012年12月19日11時45分
http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo46/news/SEB201212180068.html


入院患者記入済み投票用紙を廃棄、市選管の指摘で判明/海老名
カナロコ 12月19日(水)22時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121219-00000038-kana-l14
 海老名市選挙管理委員会は19日、今回の衆院選で、市内の病院で誤って3人分の不在者投票用紙が市選管に送付されず廃棄されたと発表した。

 市選管によると、海老名メディカルサポートセンター(同市河原口)で14日、入院患者が記入した不在者投票用紙を鍵がかかる引き出しに入れたが、選挙後の17日まで放置。すでに投票日が過ぎていたことから、担当者が18日に事務所内の裁断機で廃棄したという。

 19日になって、市選管のチェックで3票分の不足が分かり、同センターに連絡して発覚した。

 同センターでは13日にも3人が不在者投票をしたが、この分は翌14日に市選管に送られたという。今回、廃棄された3人分の票(選挙区、比例、国民審査)は投票されなかったことになる。

 選挙人名簿に掲載された有権者は全国に散らばっているため、再発防止策について市選管は「投票日前に不在者票が到着しているか確認するのは難しい。市内施設分の確認が限界では」と話している。

【関連記事】
2人分の不在者投票用紙、「誤って選挙後に郵送」と県選管発表/神奈川
12神奈川衆院選:横須賀市選管が投票用紙交付ミス、比例2票は無効に
12神奈川衆院選:鎌倉市選管が投票用紙交付ミス
各市区町村に選挙用物品を配送/神奈川県選管
不在者投票に選管が立ち会い、相次ぐ違反受け老人施設で県内初の試み/厚木


読売:「期日前投票済み」と選管ミス、1人投票できず(2012年12月20日09時22分)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/national/20121219-OYT1T00610.htm
 福岡市選管は18日、衆院選(16日投開票)で、投票用紙を交付する際、職員が投票履歴の確認を誤ったため、西区の男性(69)が投票できなかったと発表した。

 市選管によると、男性が16日、投票所で入場整理券を示したところ、職員から「すでに期日前投票を済ませており、投票できない」と説明を受けた。男性から相談を受けた親族が市選管に確認を求め、市選管が17日に調べたところ、実際には男性が投票を済ませていなかったことが判明した。

 市選管によると、入場整理券のバーコードを読み込み、職員がコンピューターで投票履歴を照会しようとした際、誤って別人の履歴を見ていたらしい。

 市選管は17日夜、本人に謝罪した。


千葉日報:投票用紙1人に2枚 受付、交付でミス 市川市選管 2012年12月22日 11:52
http://www.chibanippo.co.jp/c/news/local/115674
 市川市選挙管理委員会は21日、16日に投開票された衆院選の際、市立新浜小学校投票所で30代女性に小選挙区の投票用紙を誤って2枚交付し、二重に投票されたと発表した。

 投票管理者の男性職員は市選管に報告しておらず、二重投票の現場に居合わせた市民から、17日に市に情報が寄せられて発覚した。

 市選管によると、女性は16日午前に1人で投票所を訪れ、家族と2人分の整理券を受付担当者に提出。本人確認をして1人に1枚ずつ整理券を返却するのが原則だが、この担当者が誤って女性に2人分の整理券を返却。さらに小選挙区投票用紙の交付場所でも別の担当者が整理券と引き換えに女性に用紙を2枚交付したとみられる。比例代表の用紙を交付する際に投票管理者が誤りに気付いたが、既に小選挙区の投票を終えた後だった。


ZAKZAK:選管職員のミス 個人責任追及制度で公務員に緊張感を 2012.12.28
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20121228/dms1212280710001-n1.htm


四国新聞 香川のニュース:指定外ホームの不在者投票受理/坂出市選管がミス 2012/12/29 09:42
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/20121229000135
 坂出市選管は28日、先の衆院選で、不在者投票の実施施設に指定されていない香川県坂出市川津町の特別養護老人ホームで投票が行われるミスがあったと発表した。投票用紙の交付時と受理する際の2度にわたり、選管職員が指定施設かどうかの確認を怠ったのが原因。

 市選管によると、選管職員は、窓口を訪れた施設関係者から入所者4人分の投票用紙の請求を受け、指定18施設を記した一覧で確認せずに交付。その後、記入した投票用紙を窓口で受け取った際も確認しないまま受理した。

 不在者投票を行った施設は、県選管に経費を請求する仕組みで、県選管が請求書を確認していたところ対象外のこの施設があることに気付いた。

 施設側は「不在者投票の指定を受けている別の特養ホームと一体運営しているため、投票ができると思い、正規の手続きで行った。認識不足だった」と説明。一方、市選管は「完全にわれわれのミス。再発防止に万全を期したい」としている。

 県選管によると、記録が残る過去35年間の国政選挙で、同様の事案は全国に例がないという。

[PR]
by doumin | 2012-12-16 19:32 | 政治‐2012衆院選
開票作業のバイトについてと、投票用紙は鉛筆以外OKかを各選管と総務省に問い合わせ/党隠しの立候補者発見
選挙についてちょっと気になることをいくつかメモ。


1.開票作業のアルバイト募集について。
2.投票用紙に記入する際、備え付けの鉛筆以外はだめなのか。
3.小選挙区の選挙公報に党名を入れてない人発見。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


1.開票作業のアルバイト募集について。

関連記事↓

準備期間短すぎ、投票所確保急げ 選管、てんてこ舞い 日程読めず、後手に /北海道
毎日新聞 2012年11月16日 地方版
http://mainichi.jp/area/hokkaido/news/20121116ddlk01010280000c.html ※魚拓
 次期衆院選が12月4日公示・16日投開票に固まったことを受け、道や市町村選挙管理委員会は15日から本格的な準備に入った。師走に総選挙が行われるのは83年以来19年ぶり。「作業スケジュールは厳しいが何とかするしかない」(道選管)と、投開票所や要員の確保、選挙事務所標札などの「選挙七つ道具」の準備に追われている。【大場あい、渡部宏人、高山純二】

 ◇市長・市議補選と「トリプル」も
 16日解散から公示までは18日。道選管によると、以前も18日(03年)や11日(96、00年)というケースはあったが、今回は選挙日程が解散直前まで推測できなかった。「もし12月9日投開票だったら、作業的に難しかったかもしれない」(道幹部)との声も漏れる。

 道選管では14日夕から、全国から注文が集中する投票用紙の確保に動き始めた。前回09年は、年度内に任期満了を迎えることが分かっていたので、当初予算で衆院選の費用約36億円を計上。今回は補正予算が成立するまで、既決の事業費などで対応するという。

 首長選も抱える自治体では、慌ただしさに拍車がかかった。18日に市長、市議補選の告示を控えた北見市。25日の投開票の9日後に衆院選公示を迎える。川名淳文・市選管事務局長は「解散は思ったより早かった。準備期間が短すぎる」とし、同市の他部署に職員2人の応援を要請した。

 市長選には現職と保守系新人の2人が出馬、市議補選(欠員2人)も4人の顔ぶれが予想され、ともに選挙戦となる。市選管では、選挙カーの事前審査など手続きを進めてきたが、急きょ衆院選分の投票所(市内60カ所)の手配に入った。原則、市長選の投票所と同じだが「会場に別の予定が入っていないか、確認する」という。

 道内最多の有権者約160万人を擁する札幌市。市選挙管理委員会は解散が決まった14日夕、各区の選挙係に対し、約320カ所の投開票所の確保を指示した。新谷信昭・選挙課長は「報道を見て解散の方向性は感じていたが、党首討論での表明には驚いた。急きょ準備に取りかかった」と話す。

 投開票日は約8400人が作業に従事する予定。このうち約4000人はアルバイトを募集する。選挙日程の閣議決定を待って募集することから、「準備期間が短いので、早く動きたい」(新谷課長)と中央の動きを注視している。



札幌市の場合は、約4000人の募集。
(地域によっては、ほとんどが職員だったり、地元の方が手伝うなど、かなり違いがあると思われます)



次に、募集はどういった形で行なわれたのかを調べました。
たしか『広報さっぽろ』か、札幌市の公式サイトあたりで見たような・・・と思い確認。
『広報さっぽろ』には掲載なし。

札幌市:広報さっぽろ一覧
http://www.city.sapporo.jp/somu/koho-shi/backno/backno.html
平成14年(2002年)以降の広報さっぽろがご覧になれます。



札幌市公式サイト内(選管)の募集ページは消えていました。

札幌市選挙管理委員会:選挙事務従事者(アルバイト)の募集について 更新日:2012年12月4日
http://www.city.sapporo.jp/senkan/arubaito.html
選挙事務従事者(アルバイト)の募集は、終了いたしました

ご協力ありがとうございます



各区役所公式サイト内の選管の募集ページを確認すると、
唯一残っていたのがここ↓

白石区選挙管理委員会:選挙事務従事者(アルバイト)の募集※募集は終了いたしました
http://www.city.sapporo.jp/shiroishi/life/pr_tax_senkyo/senkyo/index.html
魚拓

札幌市白石区選挙管理委員会では、衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査の投・開票事務従事者のアルバイトを募集は終了いたしました。ありがとうございました。


1 事務の内容及び手当(所得税を差し引いた額を支給します)

<投票事務>
投票所設営及び打ち合わせ(投票日の前日)
12月15日(土曜日)2時間程度
設営開始時間は、投票所によって異なります。
2日間計15,300円(所得税差し引き後支給額15,150円)
※昼食・夕食は各自でご用意願います。

<開票事務>
開票事務に従事(投票日の当日)
12月16日(日曜日)20時00分~
22時00分まで従事する場合2,600円
23時00分まで従事する場合3,900円
24時00分まで従事する場合5,200円
※食事はありません。



2 応募資格

満18歳(平成24年12月16日現在)以上の方。なお、18歳以上であっても、高校在学中の方は従事できません。


3 申込方法

以下の申込書に必要事項をご記入のうえ、本人が下記の申込先(白石区市民部総務企画課庶務係)に持参
してお申し込みください。
(1)選挙事務従事者申込書(一般用)(PDF:184KB) (魚拓

(2)選挙事務従事者申込書(学生用)(PDF:188KB) (魚拓



4 申込先
白石区市民部総務企画課庶務係
(所在地:札幌市白石区本郷通3丁目北1-1、電話:011-861-2***)


5 申込期間・受付時間
平成24年11月20日(火曜日)から平成24年11月28日(水曜日)まで(土・日曜、祝日を除く)8時45分から17時15分まで
※開票事務のみ平成24年12月4日(火曜日)17時15分まで受付を延長しました。


6 その他
・採用または不採用については通知をいたします。
・投票事務に従事する場合、投票日前日の投票所設営及び打合せには必ず出席願います。
・事務に従事する際は、公務にふさわしい態度、服装、頭髪、言葉遣いなどで従事してください。
・札幌市教育委員会が所管する施設の投票所(小・中学校等)は、敷地内全面禁煙です。
・交通費は、原則として自己負担となります。


白石区選挙管理委員会からのお知らせ
選挙に関することは、白石区選挙管理委員会へお問い合わせください。
詳細については札幌市選挙管理委員会ホームページをご覧ください。



申込用紙(pdf)を確認したところ、
国籍についてはどこにも書かれておらず。

白石区選管に電話で確認すると、
募集方法は「札幌市公式サイトでの募集の他、各区役所内にポスター掲示など」で、
「国籍については決まりはない」とのこと。

道選管にも電話で確認しましたが、
「把握していない」「決まりはない」との回答。

つまり、国籍は不問。

さらにこんな募集も↓

d0164331_180486.gif


d0164331_181638.gif






日本の国会議員選挙の開票作業に携わる人がこんな募集とは。
まぁそれでも、バイトだけに任せっきりなんてことはあり得ないだろうし、
バイトとは言え事前研修もしっかり受けているはずだし、
肝心の監督者がしっかりしていれば問題は無・・・・・・と思ったら↓

期日前投票 各地の選管でミス…1人で二重投票(有効票となる)、小選挙区投票時に比例用紙を渡す 2012-12-10
http://doumin.exblog.jp/17398024/


何故こんなにミスが多いのか?
しかも凡ミスばかり。
急に選挙が決まってしまって、
日程に余裕がないせいもあるんでしょうが・・・それにしても酷い。

ちょっと心配になってきました・・・。
明日の衆院選投開票は仕方ないにしても、今後のこともあるので道選管に要望を出しました。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


2.投票用紙に記入する際、備え付けの鉛筆以外はだめなのか。

白石区選管、札幌市選管、道選管、総務省に確認。
(「持参した黒のボールペンでもOKですか?」と質問しています。お忙しい中有難うございました)


<白石区選挙管理委員会>
「大丈夫です」



<札幌市選挙管理委員会>
一旦待たされた後、「大丈夫です」



<北海道選挙管理委員会の**さん>
ボールペンOKで、
場合によっては道内の各選管にボールペンOKという通知を出すことも検討いたします、とのこと。



<総務省自治行政局選挙部管理課 **さん>
ボールペンは法律違反ではないが、
書き損じたときに二重線などで訂正すると無効票になるおそれがあるため、
備え付けの鉛筆と消しゴムを使用することが望ましい、としか回答せざるを得ない。




※参考URL

青森市ホームページ:市民の声
http://www.city.aomori.aomori.jp/contents/koho/kocho/qa/H19/050.html
<件名>選挙の投票用紙はなぜ鉛筆書きなのですか
<広聴方法>市民ポスト
<受付月>平成19年6月
<担当部課>選挙管理委員会事務局

<ご意見要旨>
選挙の投票記入用紙は、なぜ鉛筆書きなのですか。ボールペンでもよいと思いますが、だめならその理由を聞かせてください。

<市の回答>
ご質問についてですが、公職選挙法上、筆記具の種類についての定めはありませんが、以下の理由から、青森市に限らず投票所では一般的に鉛筆が使用されております。 
 
1 ボールペンはインクのため、インクのぼた落ちにより、書いた文字が滲む
  ことがあり、開票の際に文字が判読できなくなる恐れがある。
2 記載台がアルミ製で硬いためボールペンでは書きにくく、また、ペン先の
  ボールがつぶれやすく書けなくなる恐れがある。
3 投票用紙を二つ折りした際に、ボールペンの文字が裏写りする恐れが
  ある。
4 ボールペンの方が鉛筆に比べて、投票用紙に穴を開ける可能性が高い。
5 鉛筆は筆圧をあまりかけなくても書け、芯が減った場合でも投票所に
  おいて削ればよく、対応がしやすい。
6 開票の際に筆跡を判読しやすい。
7 選挙は通常4年に1度行われるものであり、その間に、ボールペンの場合
  は乾いて、書けなくなることが多いが、鉛筆の場合は経年変化がなく保管がし やすい。
8 鉛筆のほうがボールペンに比べて安価である。

回答:平成19年7月



自書式投票用紙読取分類機や、
投票用紙(国政選挙ではシェア100%)製造・販売の会社↓

株式会社ムサシ:選挙システム
http://www.musashinet.co.jp/department/election/
投票用紙読取分類機や計数機、交付機などの機器をはじめ、投票箱の中で自然に開くオリジナル投票用紙、投開票業務管理ソフト、投票箱や投票記載台などの用品・用具類、さらには投票率を高める選挙啓発のためのプロモーション支援や啓発用品など、多彩な商品やサービスの開発・製造・販売及びメンテナンス業務を行っています。

-----

きぎょまな:株式会社ムサシ | IR担当者インタビュー vol.39
富樫(12/12/11 ): IR担当者インタビュー
http://kigyomana.com/interview_musashinet/




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


3.小選挙区の選挙公報に党名を入れてない人発見。

有権者のいる各世帯に選挙公報が配布されていますが、
(小選挙区、比例区、最高裁判所裁判官国民審査の3種類)
同様のものが各都道府県の選管ホームページにアップされているので、
他地域の選挙公報も閲覧できます。

北海道内12選挙区を見てみると・・・党名を入れていない議員発見。

マークや政党名を極端に小さくしたり、または全く入れなかったりするような、
所属政党隠しが流行している某党の立候補者。
こんな姑息なことをしてまでして票が欲しいなんてね。
まぁ今に始まったことじゃないけど。

でもこれは、はっきり言って詐欺のような行為。
所属議員としてこれまで動いてきたのに、
都合が悪いからと所属政党を隠しつつ、党からお金を貰って(元はと言えば国民の税金)出馬するということ。
議員の座にしがみつくことが唯一の目的で、有権者までも欺くような者に何ができるというのか。

皆様も、投票前に公報をよーーーーくご覧ください。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治-2012衆院選

トップページ
[PR]
by doumin | 2012-12-15 19:02 | 政治‐2012衆院選 | Comments(4)
2012衆院選情勢調査(終盤) 自公優勢 民主は劣勢覆せず60議席台か 第三極は後退傾向 議席確保困難な党も
共同:自公300超勢い、民主なお低調 維新伸びず50弱、衆院終盤情勢 2012/12/13 05:00
http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012121201001827.html
 共同通信社は衆院選について11、12両日、全国300小選挙区のうち150選挙区の有権者を対象に電話世論調査を実施、残る150選挙区での取材結果も加味して比例代表を含む終盤情勢を探った。自民党は前回調査(4、5両日実施)時からさらに勢いを増し、公明党と合わせて300議席を超える可能性が高い。民主党はなお低調で、公示前の230議席から60議席台まで後退しかねない。第三極勢力で躍進を期す日本維新の会は50議席弱で前回調査から伸び悩んでいる。

 第三極では日本未来の党も15議席前後から後退傾向にあり、みんなの党も十数議席にとどまったまま。共産党は公示前の9議席に届かない可能性がある。社民党、新党大地は1~2議席程度の厳しい戦いが続く。国民新党、新党日本、新党改革は依然として議席確保が見通せていない。

 調査を実施した150選挙区の対象有権者数は約6万3200人。「まだ決めていない」との回答が小選挙区で43・3%、比例代表で40・4%あり、16日の投開票までに情勢が変わる可能性もある。

-----

共同(中国新聞):自公300議席超す勢い 衆院選終盤情勢の電話世論調査 '12/12/13
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201212130091.html
(抜粋)
 自民は比例代表で前回選挙の55議席を数議席上回る程度だ。しかし、小選挙区では後援会や支持団体などの組織力を発揮。多党乱立による非自民支持の分散化傾向にも乗じる形で優位に戦いを進め、比例代表と合わせて290議席台後半をうかがう。公明も30議席に迫っている。

 民主は終盤戦に入っても劣勢を覆すに至らず、接戦を繰り広げてきた選挙区でも自民などの候補にリードを許し始めるケースが目立つ。

 未来は比例代表名簿の届け出をめぐる混乱などを背景に頭打ち。大阪が拠点の維新は、全国への支持拡大が依然として課題だ。

-----

共同:各地の情勢、ニュース(全国の参加新聞社)
http://www.47news.jp/news/election/shuin2012/


(追記)自公、300議席うかがう 朝日新聞情勢調査 2012年12月13日22時45分
http://www.asahi.com/politics/update/1213/TKY201212130851.html
 衆院選中盤の情勢について、朝日新聞社は11、12の両日、全300小選挙区の有権者を対象に電話調査を実施し、全国の取材網の情報も加えて情勢を探った。(1)自民は好調を維持、単独過半数のラインを大きく超えて280議席以上をうかがう(2)公明も堅調で自公で300議席を上回る公算が大きい(3)民主は80議席を切る可能性がある(4)日本維新の会は40議席台は確保しそう、などがわかった。

 調査時点で投票態度を明らかにしていない人が、小選挙区で5割弱、比例区で4割おり、情勢が変わる可能性もある。今度の選挙で「必ず投票に行く」と答えた人は76%。過去のデータを踏まえて投票率を推計すると、前回2009年の69.28%を下回り、60%台半ばになりそうだ。

 自民は小選挙区で優勢な選挙区が170あまりに達している。競り合っている選挙区などの上積みを加えると、05年の219議席を上回りそうだ。比例区は60議席前後になりそう。

 公明は8選挙区で議席獲得に見通しが立ちつつあり、残る1選挙区でも競り合う。比例区と合わせ、計30議席台が有望だ。

 民主は反転の兆しがみられない。議席獲得の見込みが有望な小選挙区は20程度にとどまり、比例区との合計で80議席に届くかどうかの情勢だ。

 維新は小選挙区では序盤とほぼ同じ14議席前後の見通し。比例区では30議席台前半にとどまりそうだ。

 日本未来の党は、小選挙区、比例区合わせて10議席前後で、公示前61議席から大幅後退が確実。みんなの党は比例区で大きく伸ばし、全体で10議席台後半をうかがう。

 共産は比例区で前回とほぼ同じ8議席前後。社民は2議席ほど、新党大地と国民新党も1議席を確保する可能性がある。

     ◇

 〈調査方法〉 11、12の両日、コンピューターで無作為に作成した番号に調査員が電話をかける「朝日RDD」方式で実施。目標有効回答数は各選挙区400人。世帯用と判明した番号は全国で計18万2390件、有効回答は計12万3668件。回答率は68%。


(追記)日経:自公300議席の勢い 接戦区でも優位に 衆院選終盤情勢
民主70議席割れも 2012/12/13 23:00
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1303Y_T11C12A2MM8001/
 日本経済新聞社は16日投開票の第46回衆院選に向けて終盤情勢調査を実施した。自民党は序盤の勢いを維持して接戦を続ける選挙区でも優位に戦いを進め、公明党と合わせ300議席をうかがう勢い。苦戦を続ける民主党は逆風がやまず70議席を割り込む可能性もある。日本維新の会など第三極の各党も伸び悩んでいる。

 衆院選の調査は公示後の4~5日に実施した序盤情勢に続き2回目。序盤で競り合っていた接戦の70選挙区を独自に抽出して11~13日に世論調査を実施するとともに、全480議席について全国の取材網の情報を加味して情勢を探った。ただ、小選挙区、比例代表のいずれも投票態度を決めていない有権者も多く流動的な要素がある。

 自民は小選挙区で2009年の前回衆院選で議席を失った首都圏など都市部で復調しており、すでに小選挙区で180程度を固めつつある。70の接戦区でも固めた選挙区が序盤より7つ増えた。比例代表では60程度の議席を確保しつつあり、単独過半数(241議席)を突破するのは確実な情勢だ。

 自民が連立相手に想定する公明は、公示前勢力(21議席)を超える議席確保にメドをつけた。小選挙区は序盤に比べ関東や近畿で勢いを増し、比例でも堅調さを保つ。

 自公ですでに固めつつある議席を合わせれば、300議席をうかがう勢いだ。さらに競り合う選挙区で議席を上積みすれば、参院で否決された法案を衆院で再可決して成立させられる衆院の3分の2の320議席が視野に入ってくる。

 民主は逆風が一段と強まっている。小選挙区で議席獲得が有力な圏内に入っているのは30選挙区前後で序盤とほぼ変わっていない。70の接戦区で有力圏内にある選挙区は序盤より4つ減らした。比例も挽回する勢いは見られず、競り負ける選挙区が相次げば1998年の結党以来、最低の70議席以下に落ち込みかねない。

 第三極は伸び悩む傾向が続いている。維新は比例で民主に迫る30議席程度を確保しつつあるが、小選挙区では5議席強を固めた程度。接戦の70選挙区でも固めた議席は序盤に比べ1つしか増えておらず、地盤の近畿での上積みに苦しんでいる。

 日本未来の党、みんなの党も小選挙区で議席確保のメドをつけたが、比例を含めて大きく伸ばす勢いは見られない。


■調査と予測の方法

 日経リサーチが12月11~13日、有権者4万593人に電話で実施した。16日投開票の衆院選の300小選挙区のうち、激戦区を中心に70の小選挙区を選び、1小選挙区ごとの目標回収数を350人とし、2万6231人から有効回答を得た。回答率は64.6%。

 乱数番号(RDD)方式で、対象地域で稼働中のすべての固定電話番号から10万6324件を無作為抽出。調査への協力を依頼した。回答者は世帯内の有権者から1人を無作為に抽出した。

 政党別の獲得議席数は、小選挙区では各候補者の当選確率と政党別の獲得議席数を算出、比例代表はブロック別の投票者数と政党得票率を推定し、ドント方式で議席数を計算した。

 統計的誤差を考慮し、コンピューターによるシミュレーションで獲得する可能性のある議席数の幅を推定。日本経済新聞社が選挙戦の序盤に実施した情勢調査結果と、全国の本社取材網による情勢判断を加え、最終的な予測議席数を出した。

 今回の調査は読売新聞社と協力して実施した。基礎データのみ両社で共有し、集計、分析、記事化は独自に行った。

-----

第三極は浸透進まず 維新、近畿も勢い欠く(2012/12/14 3:30)
http://www.nikkei.com/article/DGXDASFS1303R_T11C12A2EA2000/

民主、70割れに現実味 支持層離反続く (2012/12/14 3:30)
http://www.nikkei.com/article/DGXDASFS1303J_T11C12A2EA2000/


(追記)読売:自民勢い変わらず、民主苦戦続く…終盤情勢調査(2012年12月13日23時14分)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news2/20121213-OYT1T01500.htm
 読売新聞社は16日投開票の衆院選について、全国300小選挙区のうち接戦区や注目区など70選挙区で世論調査(11~13日)を行い、全国総支局などの取材を加味して終盤情勢を探った。

 政権奪還を目指す自民党は単独で過半数(241)を上回る勢いを保っている。民主党は一部の選挙区で追い上げているが、現職閣僚も苦戦を強いられるなど厳しい状況が続いている。日本維新の会は近畿を中心に小選挙区で接戦を展開している。




道新:自民 道内過半数も 民主、比例でも苦戦(12/13 06:20)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/2012syuinsen/426508.html
 北海道新聞社は16日投開票の衆院選に向け、共同通信社と合同で11、12の両日に全道世論調査を行い、その結果と取材を基にして終盤情勢を探った。自民党は道内12小選挙区のうち7選挙区で優位に立つほか、比例代表道ブロック(定数8)も3議席を視野に入れ、道内計20議席の過半数を占める勢い。民主党は選挙区、比例とも苦戦しており、15議席を獲得した前回から激減する可能性がある。

 調査時点で、まだ態度を決めていない人が各選挙区で2~3割程度おり、流動的な要素もある。

 自民党が優位に戦いを進めるのは道5区(札幌市厚別区、石狩管内)、6区(上川管内)、7区(釧路、根室管内)、8区(渡島、檜山管内)、9区(胆振、日高管内)、11区(十勝管内)、12区(オホーツク、宗谷管内)。2区(札幌市北、東区)、4区(札幌市手稲区、後志管内)でも先行している。

 1区(札幌市中央、南、西区)では民主党前職と自民党新人、3区(札幌市白石、豊平、清田区)では自民党新人と民主党前職が、激しく競り合っている。自民党が候補を擁立しなかった10区(空知、留萌管内)では、公明党前職が民主党前職と激戦を繰り広げている。

 比例代表では、自民党が前回の2議席を上回る3議席を圏内に入れる一方、前回4議席を獲得した民主党は、1996年の小選挙区比例代表並立制導入以降で最も少ない2議席にとどまる見通し。このほか日本維新の会、新党大地と公明党もそれぞれ1議席獲得が有力となっている。

-----

道新:自公300超の勢い 民主は劣勢覆せず、第三極も伸び悩み 終盤情勢
(12/13 08:15、12/13 09:14 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/2012syuinsen/426525.html
(共同記事と同じ)


東京新聞:衆院選終盤情勢 自民 単独過半数の勢い 2012年12月13日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012121302000106.html
 本紙は十二日、第四十六回衆院選(十六日投開票)について、独自の調査に共同通信が十一、十二両日に行った電話世論調査を加味して終盤の情勢を分析した。自民党が過半数の二百四十一議席を上回る勢い。民主党は百議席を割り込む情勢。ただ、共同通信の調査では、四割の有権者が投票する候補、政党を決めていない。今後の選挙戦次第では情勢が変わる可能性もある。 

 自民党は小選挙区で約百二十議席を固め、およそ百議席も獲得が有力だ。保守地盤の強い地方だけでなく、都市部でも優位に立つ。しかし、比例代表は伸び悩み、前回の五十五議席並みの六十議席前後にとどまる見通し。

 公明党も堅調で、三十議席前後を獲得する見込み。自公両党で三百議席に達する可能性もある。

 民主党は小選挙区で確実にしたのが五十議席程度。二十五選挙区ほどで自民党などと競り合っている。比例代表も四十議席に届くか微妙な状況だ。

 日本未来の党は十議席程度を固めた。ほかに十選挙区程度で議席を争っている。

 日本維新の会は五十議席に乗る可能性がある。地盤の大阪で優位に戦いを進めている。ほかの地域では比例は堅調だが、小選挙区で苦戦している。みんなの党も公示前の議席を上回る見通し。

 共産党や社民党は公示前勢力の維持が微妙な情勢。新党大地は地元の北海道で一議席を固めた。国民新党や新党日本、新党改革は議席獲得を目指す。

 共同通信の調査で投票先を未決定としたのは小選挙区43・3%、比例代表40・4%。四、五日の調査では小選挙区56%、比例代表48・0%。未決定者は投開票日が近づくと大幅に減る傾向にあるが、今回は有権者が投票先を絞り込めないでいることがうかがえる。

<共同通信の世論調査の方法> 全国三百小選挙区のうち、話題区、激戦区などの百五十選挙区の有権者を対象に十一、十二の両日、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施した。一選挙区四百人からの回答を目標とした。実際に有権者がいる世帯にかかったのは八万四千四百二十五件、うち六万三千百八十一人から回答を得た。


カナロコ:12神奈川衆院選:県内小選挙区終盤情勢、自民の優位変わらず/神奈川
2012年12月13日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1212130002/


中日新聞:自民勢い増す、民主、維新、未来は苦戦続く 衆院選中部の終盤情勢
2012年12月13日 02時00分
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012121390013347.html
 中日新聞社は12日、衆院選で接戦となっている中部9県(愛知、岐阜、三重、長野、福井、滋賀、石川、富山、静岡)の30選挙区の情勢調査結果をまとめた。序盤情勢の調査(2~5日)に比べると、優勢の自民党がさらに支持を伸ばし、民主党は低調で、日本維新の会や日本未来の党は伸び悩んでいる。

 ただ、小選挙区の投票先を決めていないのは42・8%。比例代表も39・6%がどこに投票するか未定で、投開票日までに情勢が動く可能性もある。

 調査したほとんどの選挙区で、自民が支持なし層を多く取り込み、手堅く支持を広げている。序盤の調査で民主が先行していた愛知3区と滋賀3区、長野2区は、自民がやや優勢。

 民主と自民が競っている愛知5区や愛知8区、岐阜1区では、自民が優位に。長野1区も、民主が自民に差を詰められている。民主は愛知11区と三重2区で優位だが、残る選挙区では自民が着実にリードを広げている。

 比例代表でどの政党に投票するかは、自民が前回の24・4%から上積みして26・6%でトップ。民主は前回の14・9%からやや減らして13・9%、維新も12・7%から11・4%となった。

 公明は前回の4・9%から5・8%へ伸ばし、未来は5・4%(前回5・6%)、みんなの党4・1%(4・2%)、共産党3・5%(3・2%)、社民党1%(0・8%)だった。

 衆院選にどのくらい関心があるかは「大いに」と「ある程度」を合わせて80%で、序盤の78%とあまり変わらなかった。2009年衆院選では序盤で90%が関心があると答えており、投票率は前回の衆院選(小選挙区は69・3%)より下がる懸念もある。

 (中日新聞)


北日本新聞:田畑優位、村井追う 衆院選富山1区世論調査
http://webun.jp/
16日の衆院選投開票を前に、共同通信社は11、12の両日に激戦区の富山1区を対象に、公示後2度目の電話世論調査を行い、北日本新聞社の取材を加味して最終盤の情勢を総合的に分析した。自民新人の田畑裕明は前回の4、5の両日 ...(会員登録)


北國新聞(石川県):自民候補がリード 衆院選終盤情勢 12月13日02時23分更新
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20121213101.htm


福井新聞:稲田氏リード、追う鈴木、笹木氏 福井1区、衆院選終盤情勢
(2012年12月13日午前7時49分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/shuin2012/38564.html


岐阜新聞:県内各小選挙区、自民候補がリード保つ 衆院選終盤情勢 2012/12/13 14:23
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20121213/201212131152_18834.shtml



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

日経BP:リアリティーのない各党の主張に国民はしらける 2012年12月13日
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20121212/333722/?ST=business&P=1

(抜粋)

国民が最も関心を抱いているのは景気対策である。各政党が競い合うように主張し、メディアも争点の一つとして扱う原発・エネルギー政策は7%しかない。外交・安保もわずか4%である。



▽景気対策を積極的に打ち出しているのは自民党

 選挙戦の各党首の主張を聞いていると、自民党を除き、民主党はじめ各党が「原発ゼロ」のスピード競争をしているかのようだ。「2030年代に原発ゼロを目指す」「遅くとも10年後に卒原発」、そして「原発稼動をただちにゼロ」「即時原発ゼロ」といった具合である。

 外交・安保でいえば、尖閣諸島問題に絡めて一部の新聞や雑誌がさかんに中国問題を取り上げている。「日本は中国になめられている。もっと日本は強くならなければならない」と主張する政党もあるが、外交・安保への関心は4%に過ぎない。

 一方、国民の関心がある景気対策について、積極的に主張しているのは自民党だけといってもいい。安倍晋三総裁の「無制限の金融緩和」「建設国債の発行範囲内で買いオペ必要」といった発言が話題を呼び、経済学者やエコノミストたちの反論も強い。

 為替レートは1ドル82円台の円安に振れ、ひと頃9000円を割っていた日経平均株価は9600円台をうかがう水準にある。明らかに、日銀に喧嘩を売るかのように金融緩和を主張した安倍発言の効果が表れているといえるだろう。

 二番目に関心の高い年金・医療・介護・子育てで最もだめなのが民主党だ。2009年衆院選のマニフェスト(政権公約)で民主党はここに力点を置いていた。しかしまったく実現しなかった。年金・医療・介護・子育てを重視すると答えた23%は、すなわち民主党批判と受け取っていい。



▽党首・候補者と有権者の意識の大きなズレ

 民主党政権が特にお粗末だったのは少子化対策である。政権交代の3年3カ月の間に少子化対策担当大臣は10人も代わった。私は何人かの少子化対策担当大臣に「次々と代わるが、本気で少子化問題に取り組む気はあるのか」と聞いてみたことがある。

 彼らは「少子化対策担当大臣にはスタッフがいない」と答え、それどころではないといった様子だった。つまり、大臣とは名前ばかりで、「厚生労働省がすべてやっている」という。

 だが厚生労働省の局長クラスに聞くと、「何も変えようとはしていません」という。年金問題も介護問題も、今のところ何も変えるつもりはなさそうなのだ。

 国民が期待するこうした政策とは逆に、各党首や候補者が熱心に訴えるのは原発・エネルギー政策と外交・安保問題なのだが、これらには国民はあまり関心を持っていない。党首・候補者と有権者の間で、意識のズレはどんどん広がっている。



▽リアリティーのない原発ゼロ主張に嫌気

 まず原発・エネルギー政策についてだが、私は国民の多くはエネルギー問題に大きな関心を持っていると思う。誰もが原発をゼロにすることができればそれにこしたことはないと考えているはずだ。

 ところが党首や候補者たちは原発ゼロのスピードを競い合うばかりで、原発ゼロするときの代替エネルギー技術の開発をどう進めるか、原発から出る使用済み核燃料の処理をどうするか、こうした現実的な問題の具体案がさっぱり示されていない。主張にまったくリアリティー(現実感)がなく、舌先三寸で発言内容も変わる。それを国民は見抜いているのだ。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事一覧
政治-2012衆院選

トップページ
[PR]
by doumin | 2012-12-13 16:04 | 政治‐2012衆院選 | Comments(0)
2012衆院選情勢調査(中盤) 自公が300議席越す勢い 民主党は80議席を切る 維新50議席 その他の党は苦戦
衆院選中盤情勢:自公 300議席超す勢い
毎日新聞 2012年12月10日 21時26分(最終更新 12月11日 08時36分)
http://mainichi.jp/select/news/20121211k0000m010075000c.html
 毎日新聞は16日投開票される第46回衆院選を控え、8〜10日に特別世論調査を実施し、全国の取材網の情報を加味して中盤情勢を探った。自民党は前回09年衆院選で民主党に議席を奪われた小選挙区の多くで優位に立ち、公明党と合わせ、300議席を超える勢い。前回308議席を得て政権交代を果たした民主党は、小選挙区、比例代表ともに激減し、80議席を切る見通しだ。日本維新の会は比例で第2党に躍進する可能性があり、全体で50議席以上をうかがう。

 衆院選は小選挙区300、比例代表180の定数480に対し、計1504人(重複立候補を除く)が立候補している。調査では小選挙区で約5割、比例代表で約2割の人が投票態度を明らかにしておらず、終盤情勢が変わる可能性もある。

 自民党は青森、秋田、新潟、富山、石川、福井、岐阜、鳥取、島根、広島、山口、徳島、高知、佐賀、大分、宮崎の16県で小選挙区の議席を独占する勢い。小選挙区だけで240議席をうかがう。

 比例代表も全11ブロックで第1党となる可能性があり、60議席台の上積みを狙える。連立を組む公明党も全9小選挙区で優勢で30議席前後を確保。自公両党で衆院の3分の2(320議席)以上の議席を獲得すれば、参院で法案が否決されても再可決が可能だ。

 民主党は小選挙区で40議席を割る可能性があり、比例代表も30議席台となりそうだ。維新は大阪の7小選挙区で優位に立ち、5小選挙区で自民候補らと接戦。大阪以外でも前職らが議席を得て小選挙区で10議席以上、比例代表では30議席以上を確保しそうだ。

 みんなの党は議席倍増の可能性があり、日本未来の党は全体で10議席以下の見通し。共産党は改選前の9議席の確保が微妙で、社民党は小選挙区で1議席を確保するものの、比例は伸び悩んでいる。

【松尾良】


(追記)TBS:衆院選情勢分析、自民300議席に迫る(12日00:34)
http://news.tbs.co.jp/20121212/newseye/tbs_newseye5205286.html
http://megalodon.jp/2012-1215-1314-02/news.tbs.co.jp/20121212/newseye/tbs_newseye5205286.html


2012衆院選:中盤情勢調査 自民、優位な戦い 政権批判、民主に逆風(その1) /北海道
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/hokkaido/news/20121211ddlk01010272000c.html

(その2止)
http://mainichi.jp/area/hokkaido/news/20121211ddlk01010242000c.html


乱:’12衆院選 情勢調査 自民、全選挙区で優勢 原子力、関心高まらず(その1) /青森
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/aomori/news/20121211ddlk02010063000c.html


2012衆院選:情勢調査 半数以上「投票先決まらず」 最終盤まで目離せず /岩手
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20121211ddlk03010377000c.html


2012衆院選:中盤情勢調査 保守分裂3区激戦 1区は自民リード(その1) /山形
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20121211ddlk06010004000c.html


2012衆院選:情勢調査 自民が優位な展開に 第三極では維新浮上(その1) /秋田
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/akita/news/20121211ddlk05010002000c.html


2012衆院選:情勢調査 自民、5選挙区で優位 第三極、2大政党追う(その1) /宮城
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20121211ddlk04010361000c.html


2012衆院選:情勢調査 自民1、2区で優勢 4区は維新と横一線(その1) /福島
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20121211ddlk07010319000c.html


2012衆院選:情勢調査(その1) 1、4、5区で自民先行 /栃木
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://senkyo.mainichi.jp/news/20121211ddlk09010187000c.html


2012衆院選:情勢調査(その1) 自民、優位に展開 民主に逆風、伸び悩む /群馬
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/gunma/news/20121211ddlk10010076000c.html


2012衆院選:中盤情勢調査(その1) 自民、全域で支持固め /埼玉
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20121211ddlk11010165000c.html


衆院選:中盤情勢 11選挙区、自民優位 民主の苦戦目立つ(その1) /千葉
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20121211ddlk12010064000c.html


2012衆院選:中盤情勢調査 自民、各年代に支持拡大 /東京
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20121211ddlk13010150000c.html


崖っぷちの選択:’12衆院選 中盤情勢調査 自民、大半で有利 民主優位は9区のみ /神奈川
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20121211ddlk14010218000c.html


一票を託す:’12しずおか衆院選 中盤情勢調査 1、4、7、8区自民復調 民主は2、5、6区リード(その1) /静岡
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20121211ddlk22010123000c.html


2012衆院選:情勢調査 自民、各年代で優位 有権者、第三極評価に迷い /愛知
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20121211ddlk23010074000c.html


2012衆院選:中盤情勢調査 自民、全選挙区で優勢 半数が投票先未定(その1) /新潟
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
httphttp://mainichi.jp/area/niigata/news/20121211ddlk15010034000c.html


2012衆院選:情勢調査 自民優勢な展開に 半数が投票先未定(その1) /長野
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://senkyo.mainichi.jp/news/20121211ddlk20010025000c.html


2012衆院選:情勢調査 自民3氏、リード 「自民中心」が最多33%(その1) /福井
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/fukui/news/20121211ddlk18010602000c.html


2012衆院選:情勢調査 無党派層、動向に注目 自民26%、民主12%(その1) /石川
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20121211ddlk17010299000c.html


2012衆院選:情勢調査 自民、全区で勢い 民主1、3、5区追い上げ /岐阜
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/gifu/news/20121211ddlk21010211000c.html


2012衆院選:中盤情勢調査 自民が復調傾向 民主と維新、比例で拮抗(その2止) /三重
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/mie/news/20121211ddlk24010264000c.html


2012衆院選:情勢調査 「未定」多く、激戦続く/「自民支持」全区で最多(その1) /和歌山
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20121211ddlk30010384000c.html


2012衆院選:情勢調査 自維、5選挙区で接戦 民主は議席確保に懸命−−府内19選挙区 /大阪
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20121211ddlk27010327000c.html


2012衆院選:情勢調査 自民、4選挙区で優位 有権者の意識関心は(その1) /京都
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://senkyo.mainichi.jp/news/20121211ddlk26010483000c.html


2012衆院選:情勢調査 政党支持率、自民が民主の2倍超 無党派層、維新に期待 /兵庫
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20121211ddlk28010329000c.html


衆院選:中盤情勢 毎日新聞総合調査 小選挙区・岡山
毎日新聞 2012年12月11日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/news/20121211ddm010010190000c.html


2012衆院選やまぐち:各区の情勢 毎日新聞総合調査から(その1) 全区で自民が優位 /山口
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20121211ddlk35010376000c.html


2012衆院選:情勢調査(その1) 全選挙区、自民3氏が優勢 /徳島
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://senkyo.mainichi.jp/news/20121211ddlk36010481000c2.html


2012衆院選ふくおか:11選挙区の情勢分析 毎日新聞総合調査から(その1) /福岡
毎日新聞 2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20121211ddlk40010323000c.html




FNN:衆院選 自民党、単独過半数を大きく上回る勢い FNN世論調査(12/10 12:36)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00236805.html
16日投開票の衆議院選挙について、FNNは全国世論調査を行い、取材を加味して情勢を探った。現時点で、自民党が小選挙区、比例代表とも優位に戦いを進め、単独で過半数を大きく上回る勢いで、公明党とともに、政権を奪還する可能性が高まっている。
調査は、9日までの4日間、全国の有権者4万3,347人を対象に実施した。
自民党(公示前118議席)は、前回2009年の衆議院選挙で惨敗した首都圏など、都市部を含めて全国的に復調していて、小選挙区と比例代表をあわせると、過半数を大きく上回る勢いとなっている。
自民党と連携する公明党(公示前21議席)も堅調で、自民・公明両党で、あわせて300議席を超える可能性もある。
一方、民主党は厳しい戦いで、公示前の230議席から激減し、100議席を割り込む情勢。
第3極の日本維新の会(公示前11議席)は、比例代表で民主党と肩を並べ、小選挙区とあわせて50議席前後を獲得する公算となっている。
また、みんなの党(公示前8議席)は、10議席台半ばと伸び悩み、日本未来の党は10議席台と、公示前の62議席から大きく減らすとみられる。
このほか、共産党(公示前9議席)は、公示前の議席を確保できるか微妙で、社民党(公示前5議席)と新党大地(公示前3議席)は、それぞれ現状維持が厳しい見通し。
国民新党(公示前2議席)と新党改革(公示前0議席)は、議席獲得が微妙な情勢となっている。
しかし、まだ投票行動を決めていない人が、小選挙区で3割、比例代表で2割いて、終盤にかけて情勢が変わる可能性もある。


産経:自公で300議席超す勢い、民主80議席割れも 2012.12.11 00:12
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121211/elc12121100140000-n1.htm
 産経新聞社は10日、FNN(フジニュースネットワーク)と合同で実施した電話による衆院選に関する世論調査(6~9日)に全国総支局の取材を加味して、16日投開票の選挙戦の終盤情勢をまとめた。自民党は選挙区と比例代表ともに優位に立ち、単独で280議席以上を確保する勢い。公明党とあわせ300議席超となり、政権復帰が確実な情勢となった。民主党は大幅に議席を減らし、80議席を下回ることもありうる。日本維新の会など「第三極」は全国的な広がりを欠いている。

 自民党は選挙区(300議席)のうち200議席前後を固め、優勢の選挙区を含めると220議席は超える見通し。比例代表(180議席)でも60議席以上を固め、衆院の全常任委員会で委員長ポストを独占する絶対安定多数(269議席)をクリアできそうだ。公明党は前回全敗した選挙区で少なくとも8議席を確保。比例を含め30議席に迫る勢い。自公両党で衆院の3分の2となる320議席を上回る可能性もある。

 民主党は前回の308議席から激減し、平成10年の結党以来、最低だった17年の113議席も下回って初めて衆院選で100議席割れする公算が大きい。

 国政選は初挑戦となる日本維新の会は50議席に届くかどうかの戦い。選挙区では大阪で7議席でリード。比例は35議席前後の見通しで、30議席超の民主党を上回ることも想定される。

 みんなの党と日本未来の党はそれぞれ10議席超にとどまる見通し。維新、みんな、未来の3党あわせても100議席には達しない情勢だ。共産党は比例のみの9議席程度とみられる。

 ただ、接戦の選挙区が約30カ所ある上に、選挙区によっては態度未定の有権者が約4割を超えているため、情勢が変化する可能性がある。



自民、絶対安定多数の勢い=民主激減、100議席割れも―衆院選情勢【12衆院選】
時事通信 12月10日(月)16時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121210-00000093-jij-pol



KNB 北日本放送:衆院選、選挙区情勢 2012 年 12 月 10 日 16:41 現在
http://www2.knb.ne.jp/news/20121210_34819.htm



日テレNews24:衆院選県内4選挙区自民党が優位(青森県)
http://news24.jp/nnn/news8764107.html
16日に投票が行われる衆議院選挙の中盤情勢について青森放送は県内9市でアンケート調査をした。1区は自民党新人が優位で日本維新の会と日本未来の党の前議員が追う形。2区4区とも自民党前議員が優勢。3区は自民党前議員が先行し民主党前議員が追う形。
[ 12/10 18:23 青森放送]



読売:比例選投票先、無党派層も自民トップ…継続調査(2012年12月11日08時45分)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news2/20121211-OYT1T00228.htm
 読売新聞社の衆院選第3回継続全国世論調査では、自民党が比例選投票先で大幅に上昇し、優勢を維持している。

 全体の42%を占める無党派層でもトップだが、まだその半数は投票先を決めていない。投票先未定の無党派層の動向が、選挙戦終盤での焦点になりそうだ。

 衆院ブロック別(回答数の少ないブロックはまとめた)でみると、自民は「九州」を除いてトップだった。「北海道・東北」「北関東」「南関東」「北陸信越・東海」「近畿」「中国・四国」では、民主と維新の会の数値を合わせても自民には及ばない。

 衆院選公示直前の前回調査(11月30日~12月2日)では、「近畿」で維新の会がトップの28%となり、自民の13%を大きく上回っていた。しかし、今回は自民が33%に伸ばし、維新の会の19%を逆転した。

 前回、自民と民主が拮抗(きっこう)していた「北陸信越・東海」でも自民が30%に上昇し、民主11%を上回った。

 無党派層の投票先でも自民が15%(前回9%)に上昇している。維新の会12%(同12%)、民主6%(同5%)、みんなの党4%(同4%)、日本未来の党3%(同4%)の数値は、いずれも横ばいだった。「決めていない」との回答は、依然として51%(同55%)に上っている。



(追記)時事:衆院選投票、自民に19%=維新、民主は9%-時事世論調査
(2012/12/14-15:04)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012121400562
 時事通信が7~10日に実施した12月の世論調査によると、16日投開票の衆院選比例代表の投票先は自民党が19.7%とトップで、日本維新の会9.2%、民主党9.0%と続いた。小選挙区の投票先も自民が最多の24.5%で、民主10.0%、維新6.2%の順。ただ、半数近くは投票先について態度を明らかにしておらず、無党派層が政党の選択に迷っている様子もうかがえる。
 調査は全国の成人男女2000人を対象に、個別面接方式で実施した。有効回収率は65.6%。
 比例代表の投票先では、民主、自民、維新の3党に次いで、公明党5.2%、みんなの党3.6%、共産党2.6%、日本未来の党2.0%などの順。「答えたくない、分からない」との回答は46.7%だった。
 一方、衆院選後の望ましい政権の枠組みを聞いたところ、「自民、公明、維新の連立」が最も多い22.7%。「自民中心」19.3%、「民主、自民、公明の連立」16.3%と続き、「民主中心」は7.6%にとどまった。

 ◇内閣支持18%
 野田内閣の支持率は18.2%(前月比0.9ポイント増)、不支持率は58.7%(同3.6ポイント減)。支持率は2カ月連続で2割を割り込んだ。民主党の政党支持率は5.9%で、前月の6.6%をさらに下回り、政権交代後の最低記録を更新。民主党への強い「逆風」が改めて浮き彫りになった。 
 他の政党支持率は、自民15.3%、維新3.9%、公明3.6%、みんな1.8%、共産1.3%、未来1.1%、社民0.4%、国民新0.1%、新党日本0.1%。支持政党なしは61.9%だった。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事一覧
政治-2012衆院選

トップページ
[PR]
by doumin | 2012-12-11 15:25 | 政治‐2012衆院選 | Comments(0)
期日前投票 各地の選管でミス…1人で二重投票(有効票となる)、小選挙区投票時に比例用紙を渡す
東京都福生市と群馬県安中市のケースは、1人で2回投票。
どちらも有効票となってしまうそうです。

高知県土佐清水市と兵庫県宝塚市のケースは、比例用紙を小選挙区投票時に渡してしまった。
土佐清水は無効票に。
でもなぜか宝塚は、開票後に有効か無効かを決めるらしいです。
人数が多いからなんでしょうか?

期日前投票に行かれる方は、
渡された用紙に間違いがないかをご自身でもチェックした方が良いかもしれません。


東京・福生で二重投票 総選挙期日前、担当者見逃す
朝日新聞デジタル 12月8日(土)11時16分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121208-00000010-asahi-soci
 東京都福生市選挙管理委員会は7日、衆院選の期日前投票で有権者1人に2度投票させてしまうミスがあったと発表した。

 同選管によると、有権者は5日、福生市役所で、都知事選の期日前投票をする際、身分証明書などを示せば整理券がなくても衆院選の期日前投票ができる制度を使い、衆院選にも投票した。さらに6日、衆院選の整理券を持って市役所を再度訪れ、衆院選に2度目の投票をしたという。

 6日に窓口で対応した職員がパソコン上に表示された5日の投票履歴を見逃したのが原因という。2回分とも有効な票として処理される見通し。同選管は「迷惑をかけておわびする。確認体制の強化に努める」としている。


選管ミスで「2度」投票 群馬・安中 どちらも有効票に
朝日新聞デジタル 12月9日(日)17時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121209-00000029-asahi-pol
 衆院選の期日前投票で、群馬県安中市の30代男性が2度投票したことが分かった。同市選挙管理員会が9日発表した。

 市選管によると、9日午前、8日までに衆院選の選挙区と比例区それぞれの期日前投票を済ませていた男性が、この日始まった最高裁裁判官国民審査の期日前投票のため期日前投票所に来た際、市選管職員が衆院選の選挙区と比例区の投票用紙を交付。男性はそれぞれ2度目の投票をした。

 衆院選に投票済みという端末の表示や、入場券のスタンプを見落とし、投票直後に別の職員が誤りに気づいたが、回収は不可能で2度目も有効票になるという。国民審査の期日前投票は、公示翌日から始まる衆院選と異なり、審査期日の7日前からと法律で定められている。

-----

産経:1人で「2票」 選管ミス、群馬・安中市で二重投票 国民審査のみの男性に用紙再交付 2012.12.9 18:03
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121209/elc12120918030039-n1.htm
 群馬県安中市選挙管理委員会は9日、衆院選(16日投開票)群馬5区と比例代表北関東ブロックの期日前投票で、選管のミスで二重投票があったと発表した。

 県、市両選管によると、すでに衆院選の期日前投票を済ませていた市内の30代男性が9日、この日始まった最高裁裁判官の国民審査の期日前投票で市内の投票所を訪れた際、選管職員が誤って、衆院選の投票用紙も渡してしまったという。

 男性の投票後、入場券に衆院選が投票済みであることを示す「国審のみ」のスタンプが押されていることに職員が気付き、ミスが発覚した。選挙人名簿との照合作業でパソコン上に出る「投票済」表示の確認も不十分だったという。

 有効投票として扱われるため、男性は衆院選で「2票」を投じたことになる。

 市選管は「確認作業が不十分なためのミスで大変申し訳ない。二度と起こさないよう徹底したい」と陳謝。県選管は、こうした問題の発生を懸念して8日、各市町村選管に事務処理の確認と徹底を依頼していたといい、「誠に遺憾」としている。


高知新聞:期日前投票で交付ミス 土佐清水市 2012年12月10日08時38分
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=296512&nwIW=1&nwVt=knd
 土佐清水市選挙管理委員会は9日、衆院選の期日前投票で、有権者の男性が小選挙区の高知3区に投票する際、誤って比例代表の用紙を渡すミスがあったと発表した。比例用紙で小選挙区に投票したため、比例投票は無効票になる。


読売:期日前投票で用紙交付ミス、比例を小選挙区用に(2012年12月10日14時18分)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news2/national/20121210-OYT1T00549.htm
 衆院選の期日前投票で、兵庫県宝塚市選管は10日、同市山本東の投票所で有権者27人に対し、比例選の投票用紙を小選挙区用として交付し、投票させるミスがあったと発表した。

 市選管によると、同投票所で期日前投票が始まった9日午前9時から約20分間に訪れた27人が、交付係の女性職員から小選挙区の投票用紙の交付場所で、比例選の投票用紙を渡されたが、全員が気づかずに投票した。

 女性職員が投票用紙を保管するトランクから間違って取り出したのが原因で、隣に座っていた受付係の男性職員がミスに気付いた。

-----

神戸新聞:選管が用紙交付ミス 小選挙区・比例取り違え 宝塚市 2012/12/10 14:46
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201212/0005588870.shtml
 宝塚市選挙管理委員会は10日、衆院選の期日前投票で、小選挙区(兵庫6区)と比例代表の投票用紙を取り違えて交付したと発表した。誤交付は27件に上り、有権者は小選挙区の投票箱に比例代表の投票用紙を投じた。当該票の有効、無効については、県選管の指導を受けた上で、市選管が16日の開票段階で決める。

 市選管によると、9日が期日前投票の初日だった同市山本東の山本会館で、担当した市職員が小選挙区の投票用紙(オレンジ色)を用意すべきところ、誤って比例の投票用紙(水色)を有権者に交付した。午前9時の受付開始から約20分後に、別の職員が色の間違いに気付いた。

 市選管は「通常は投票所に従事する職員に対して説明会を開くが、今回は急な選挙で時間が取れず、メールでの説明にとどまっていた。周知、確認が不十分だった」としている。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

朝日:入場整理券4500人分に別の投票所地図 福岡市選管 2012年12月6日2時13分
http://www.asahi.com/politics/update/1205/SEB201212050009.html
 福岡市選挙管理委員会は5日、約4500人に発送した衆院選の投票所入場整理券に、別の投票所の地図を載せていたと発表した。再発行はせず、正しい地図を戸別配布して対応する。

 市選管によると、博多区の那珂南第2投票区の投票所について、本来の那珂南会館ではなく、約3.3キロ離れた弥生会館の地図を掲載していた。職員のパソコン操作の誤りが原因と考えられるという。地図は5桁の数字で管理している。市選管と区選管で点検していたが、受け取った市民からの指摘でミスがわかった。

 突然の解散で、通常よりも準備作業が短期間に集中している。市選管は「影響がなかったとはいえないが、忙しいことは理由にならず、全く申し訳ない」と謝罪している。


産経:期日前投票所で用紙の交付ミス 群馬・川場村 2012.12.10 19:01
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121210/elc12121019020018-n1.htm
 群馬県選挙管理委員会は10日、衆院選の川場村の期日前投票所で、候補者名を書く選挙区の投票用紙を交付すべきところ、政党名を書く比例代表の投票用紙を、誤って2人に交付するミスがあったと明らかにした。

 県選管によると、その後の比例代表と最高裁裁判官の国民審査は正規の投票用紙を渡した。最初に手渡された比例代表の投票用紙に選挙区の候補者名を書いた場合、無効になる可能性がある。

 投票者が会場を出た後、残票を数えて確認し、発覚した。


NHK:東京・練馬区 期日前で二重投票のミス 12月10日 19時31分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121210/k10014091661000.html
東京・練馬区で行われた衆議院選挙と東京都知事選挙の期日前投票で、区の職員がすでに投票を済ませた男性に誤って同じ投票用紙を交付し、二重に投票させるミスがあったことが分かりました。

練馬区選挙管理委員会によりますと、今月5日に衆議院選挙と東京都知事選挙の期日前投票を済ませた50代の男性が、9日、最高裁判所裁判官の国民審査の期日前投票に訪れました。
その際、区の職員が誤って、衆議院選挙の小選挙区と比例代表、都知事選挙の投票用紙を再び交付し、男性に二重に投票させてしまったということです。職員が、男性が投票を済ませているという名簿の記録を見逃したことが原因だということです。
男性が行った2回の投票はいずれも有効になるということで、練馬区選挙管理委員会は「今後は担当者に確認を徹底させ、再発防止に努めたい」としています。


毎日:愛知・豊橋市選管ミス 「期日前」で二重投票 2012年12月10日 19時54分
http://mainichi.jp/select/news/20121211k0000m010042000c.html
 愛知県豊橋市選挙管理委員会は10日、衆院選の愛知15区(同市など)と比例代表東海ブロックの期日前投票で、選管のミスによる二重投票が1件あったと発表した。票が特定できず、ともに有効票になる。

 市選管によると、期日前投票を8日に済ませた市内の男性が10日午前8時半ごろ、最高裁裁判官国民審査の期日前投票に訪れた際、職員が誤って国民審査と衆院選の両方の投票用紙を渡した。点検でミスが分かったという。国民審査の期日前投票は9日に始まった。

 期日前投票が済むと投票所の受付で端末に投票済みと表示され、受付書類にも記載されるが、職員が見落としていた。市選管は「大変申し訳ない。確認作業を徹底したい」と陳謝した。

 今回の衆院選では、群馬県安中市でも同様の二重投票があった。【清藤天】


産経:県選管 名簿登録者数を訂正 広島 2012.12.11 02:11
http://sankei.jp.msn.com/region/news/121211/hrs12121102120004-n1.htm
 ■大崎上島町でミス、6人増

 県選管は10日、3日に発表した選挙人名簿登録者数を訂正した。大崎上島町からの報告にミスがあったためで、県全体の選挙人名簿登録者数は3日の発表より6人(男女各3人)増え、232万5900人となった。

 大崎上島町選管によると、担当者が県選管に選挙人名簿登録者数を報告する際、誤って前日(2日)のデータを送信したのが原因という。

 9日に期日前投票の中間状況をまとめた際、県選管が大崎上島町の選挙人名簿登録者数が違うのに気付き、問い合わせたところ、ミスが分かった。


産経(奈良):天理市選管がミス 2012.12.11 02:14
http://sankei.jp.msn.com/region/news/121211/nar12121102140003-n1.htm
 天理市選管は10日、市内で選挙権のない30代の男性に期日前投票を認めるミスがあったと発表した。男性の投じた票は回収できないため、有効票として計算するという。

 市選管によると、男性は9日午前11時ごろ、選挙通知書を持たずに期日前投票所を訪れた。会場の担当者が男性の氏名や生年月日を名簿と照合した際、同じ生年月日で似た名前の男性がいたため、誤って投票を認めたという。

 男性は10月に市に転居。投票は本来、住民票を移して3カ月経過しないと認められない。市選管が9日午後9時ごろに再確認した際、誤りに気付いた。


毎日:22区の期日前投票所で記入台掲示ミス−−狛江 /東京
2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20121211ddlk13010310000c.html
 狛江市選管は10日、衆院選22区の期日前投票所で、記入台に掲示した諸派(幸福実現党)新人の井原義博氏の届け出政党名の欄を「無所属」と誤記載したと発表した。5日から2478人が投票したが、投票は有効。

 市選管によると、井原氏は届け出の際、政党の名称欄を空欄で提出したため、空欄のまま掲示しなくてはならなかった。担当者が空欄を無所属と思い込んで記入したという。同選管は「二度とミスのないよう確認作業をしっかり行う」としている。【平林由梨】

〔多摩版〕


毎日:2012衆院選:期日前投票で用紙二重交付 明石市選管ミス /兵庫
2012年12月11日 地方版
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20121211ddlk28010296000c.html
 明石市選管は10日、衆院選の期日前投票で、比例代表の投票用紙を二重交付するミスがあったと発表した。選管によると、同日、市役所の期日前投票所で、小選挙区の投票を済ませた男性に比例代表と国民審査の投票用紙を各1枚配布した。男性は比例代表の投票用紙に記入せず、国民審査の投票用紙と一緒に投函した後、比例代表の投票用紙を再請求。職員が2枚目の用紙を交付し、男性は投票した。2枚とも有効投票となる。【南良靖雄】

〔神戸版〕


読売:前回選挙資料で3人不在者投票、築上町選管が誤送付(2012年12月11日)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20121211-OYS1T00272.htm
 福岡県築上町選挙管理委員会は10日、衆院選の不在者投票を請求した有権者25人と20施設に、前回選の福岡11区の候補者名や所属政党名を記載した資料を誤って送付したと発表した。一部は投票が済んでいてやり直しできないという。

 町選管によると、東京都や兵庫県、愛知県などに滞在する有権者と、患者や入所者の不在者投票が行われる北九州・京築地区などの病院や老人ホームに誤送付。受け取った有権者の指摘で9日にミスが分かり、資料を再送したが、少なくとも3人は投票を済ませていたという。職員が不在者投票用の資料の原本を紛失、パソコンから引き出した前回選の資料を古いデータのまま送付したという。


読売:選管投開票へ工夫、改善 周南はミス防止徹底 山口(2012年12月11日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamaguchi/news/20121210-OYT8T01473.htm

d0164331_1775292.jpg


5月に行われた周南市議選の開票作業

 16日に投開票される衆院選で、県内の市町選管が開票作業などでのミス防止や迅速・効率化に取り組んでいる。5月の市議選の開票でミスをした周南市選管は「再発は許されない」と気を引き締める。

 ■人員増や計数器導入

 周南市選管は、市議選での開票ミスを教訓に開票事務の流れを見直した。11日には衆院選で作業に当たる職員約340人を対象に説明会を開き、改善点の徹底を図る。

 市議選では、次点で落選した候補者の氏名が書かれていた2票が、同姓候補の票の束に紛れ込むなどのミスが起きた。この2票は自動読み取り機にかけられたが判別できず、「審査係」が有効と判断して候補別に仕分ける際に紛れ込んだ可能性が高い。

 衆院選では、自動読み取り機にかける比例選の票が判別できなかった場合、審査係に一度に大量に回らないよう、いったん保管して徐々に回すよう改める。

 さらに、小選挙区で候補者別、比例選で政党別に仕分けて束ねた票を数える前の「検査係」を強化。市議選では、票を台に開けてから数えるまでの一系列につき1人だったが、今回は4人に増やし、別の候補や政党の票が紛れ込んでいないか、1枚ずつめくって確認する。

 職員向けの説明会は、今年7月の知事選で初めて実施したが、今回も対象者全員に出席を求めている。

 市選管事務局の箱嶋範之局長は「ミスを繰り返すことは許されない。開票を正確かつ迅速に行うためには、職員の意識向上も欠かせない」としている。

 岩国市選管では期日前投票などに携わる臨時職員を前回の約1・5倍の16人に増員した。同市選管は「突然の解散だった選挙とはいえ、万全の準備で本番に備えたい」と話した。

 萩市選管は、前回衆院選まで入場券を発送する際に使っていた計数器2台を、開票用に転用し、計10台で臨む。同選管は「手作業に比べてかなり速くなる」と期待する。

 ■前回と異なる事情

 下関市内の投票所は、前回衆院選より37か所少ない121か所になる。7月の知事選から、経費削減のために投票所の数を見直したためだが、旧4町(2005年に合併)の自治会から「投票所が遠い」などの声が出たため、投票所だった場所から新しい投票所まで無料バスを運行する。

 同市選管は「投票率を下げないために、有権者の足を確保する」とし、開票については「新しい機械の導入にも人員増にも、お金がかかる。効率化を図り正確を期したい」と話す。

 2010年1月の旧阿東町との合併で、今回から選挙区が1区と3区にまたがる山口市。旧阿東町(3区)の有権者が1区の候補者に投票しないよう、同町有権者の期日前投票所を、旧阿東町と山口市役所の2か所に限定した。同市選管は「旧阿東町の皆さんは山口市内全域で期日前投票ができないが、貴重な1票を無効にしない取り組み。理解してほしい」とする。

 防府市では投開票日の16日に、市などが主催する「第43回防府読売マラソン大会」が開かれる。一部の職員に、昼はマラソン、夜は開票を担当してもらうことで、乗り切ることができそうだという。


東京新聞(茨城):投票用紙の二重交付ミス 土浦市選管(2012年12月12日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/shuin2012/ibaraki/CK2012121202100009.html
 土浦市選挙管理委員会は十一日、既に衆院選の期日前投票を終えていた男性に誤って投票用紙を交付し、男性が二重投票するミスがあったと発表した。票の特定ができないため、有効票として扱うとしている。

 市選管によると、男性は十日午後四時半ごろ、九日から始まった最高裁裁判官国民審査の期日前投票をするため、投票所を訪れた。五日に衆院選の小選挙区と比例代表の投票を済ませていたが、職員が誤って衆院選の投票用紙も一緒に渡した。

 職員は交付後気づいて男性に声を掛けたが、既に投票済みだった。市選管は「再発防止に向け、チェック態勢などを強化する」としている。


中日新聞:昭和区で二重投票 期日前、区選管ミス(2012年12月13日)
http://www.chunichi.co.jp/article/shuin2012/aichi/CK2012121302000261.html
 名古屋市昭和区選管は十二日、衆院選の期日前投票で、すでに投票を済ませた男女二人に係員が誤って投票用紙を交付し、二重投票をさせるミスがあったと発表した。投票箱は開票日まで開けられず、すべて有効票として扱われる。

 区選管によると、二人は八日、区役所で小選挙区と比例代表の期日前投票を行った。最高裁裁判官の国民審査の期日前投票は九日からのため、十二日に再び投票に訪れた際、受け付けの係員がパソコン画面上の「投票済み」の表示を見落とし、投票用紙を渡した。区選管は「受け付け確認の周知徹底と再発防止に努める」としている。


東京新聞:衆院選・都知事選 同日選 「期日前」期間バラバラ 二重投票…ミス続出
2012年12月13日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012121302000112.html
 衆院選や東京都知事選などの期日前投票で、選挙管理委員会のミスが多発している。中でも多いのは、一人の有権者に投票用紙を二回交付する「二重投票」だ。期日前投票の期間が異なる複数の選挙が重なる「同日選」となり、選挙事務が複雑になっている点が一因だ。 (都政取材班)

 「単純ミスで、お恥ずかしい話です」。二重投票を招いた足立区選管の担当者が、平謝りする。

 今月七日、区内の女性(76)が衆院選の期日前投票をするため、投票所を訪れた。女性は二日には都知事選の期日前投票を済ませていたが、選管は衆院選の投票用紙だけでなく、知事選の投票用紙も渡してしまい、女性が知事選の二回目の投票をしてしまったのだ。

 同様のミスは練馬区と福生市で相次いだ。

 ミスの背景には、期日前投票の期間が選挙によってバラバラだという問題がある。

 期日前投票は告示や公示の翌日からとされ、知事選が十一月三十日から、衆院選が十二月五日から、世田谷、葛飾、八王子の三区市の都議補選が八日から可能になった。また、最高裁裁判官の国民審査は、投票日一週間前の九日からできるようになった。

 このため、有権者が何度も投票所に足を運ぶケースが生じ、ミスにつながった。

 都選管は「投票用紙を有権者に交付する際、交付済みの人に再び交付しようとすれば、パソコン上にミスを知らせる表示が出る仕組みになっていた。しかし、担当者がそれを見逃した」と説明する。

 今回の三件のミスは、投票箱の中から二回目の投票用紙を捜して特定することが不可能なため、開票の際にすべての票が有効票として扱われる。仮に、一票差を争うような大接戦になった場合、期日前投票の「二重投票」が当落を左右することも理論上はあり得る。都選管は「落選した候補者が訴訟を起こし、選挙が無効になる可能性もある」と、ミスを深刻に受け止める。

 また、武蔵村山市では、保管していた昨年四月の都知事選の投票用紙を二十九人に渡してしまった。公選法の規定で、前回の投票用紙は開票時に無効票として扱われるが、投票行為自体は有効なため投票し直すことはできない。ほかにも狛江市が投票所に掲示する候補者一覧の表示を間違え、北区が入場整理券の記載をミスした。

 都選管では今後も同様の事態が続けば、特別な注意喚起を各選管に行うことも検討するという。



※以降、コメント欄に追記

※関連記事
投開票日 各地で選管ミス相次ぐ 用紙の誤交付、寝坊、集計ミスなど 2012-12-16
[PR]
by doumin | 2012-12-10 15:56 | 政治‐2012衆院選 | Comments(18)
2012衆院選情勢調査(序盤) 報道各社とも「自民党が単独過半数確保の勢い」「民主・第3極は苦戦」の結果
読売:自民、過半数超す勢い…衆院選情勢10万人調査(2012年12月5日22時50分)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news2/20121205-OYT1T01268.htm
 読売新聞社は、16日投開票の第46回衆院選を前に、4、5の両日、全国の有権者約10万1000人を対象に世論調査を行い、全国総支局などの取材を加味して序盤の情勢を探った。

 政権復帰を目指す自民党は小選挙区選、比例選とも優勢に戦いを進めており、単独で過半数(241)を大きく上回る勢いだ。

----

小選挙区、比例区別の調査結果↓

http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/jyosei/


自民、単独過半数の勢い 衆院選序盤、朝日新聞情勢調査
朝日新聞デジタル 12月5日(水)23時58分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121206-00000001-asahi-pol
 16日投開票の衆院選について、朝日新聞社は4、5日、全300小選挙区の有権者を対象に電話調査を実施、全国の取材網の情報も加えて公示直後の序盤情勢を探った。それによると、現時点で(1)自民は小選挙区が好調で比例区と合わせ単独で過半数を確保する勢い(2)民主は惨敗で100議席を割り込む公算が大きい(3)第三極の日本維新の会は比例区で民主と肩を並べ、小選挙区と合わせて50議席前後に(4)日本未来の党は比例区で8議席前後を確保しそうだが小選挙区では苦戦、などの情勢になっている。

 調査時点で投票態度を明らかにしていない人が小選挙区でほぼ半数、比例区でも4割いる。公示直後は各候補が有権者に十分浸透しているとは限らず、今後、情勢が大きく変わる可能性もある。


自民が都市部も復調、民主は支持層離反 序盤情勢
衆院選 無党派の動向カギ 2012/12/6 2:00 情報元 日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS05037_V01C12A2EA2000/
 日本経済新聞社が16日投開票の衆院選を前に実施した全国世論調査からは、序盤情勢で自民党が小選挙区で他党を圧倒する勢いが浮かぶ。西日本の伝統的に強い保守基盤に加え、都市部でも支持を回復した。民主党は支持層を固めきれず、100議席を割り込む可能性がある。日本維新の会など「第三極」勢力は全国規模で支持を広げられるかどうかが課題になる。

 小選挙区で自民が安定した戦いを進めるのは中国、四国、九州など。20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


日テレ:日本テレビと読売新聞、衆院選共同世論調査< 2012年12月6日 2:01 >
http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012120501002015.html
 4日の衆議院選挙公示から5日午後までの2日間に、「日本テレビ」と「読売新聞社」は共同で電話世論調査を行った。その結果、自民党が単独過半数を上回る勢いであることがわかった。

 世論調査は全国300全ての小選挙区で行い、10万1167人から回答を得た。衆議院選挙は全国で480議席をめぐって争われ、過半数は241議席となる。

 自民党は、公示前の勢力は118議席だったが、今回の調査結果によると、小選挙区・比例代表ともに優勢に戦いを進めており、単独過半数を大きく上回る勢い。

 一方、与党・民主党は、小選挙区・比例代表ともに厳しい戦いを強いられており、公示前の230議席を大きく減らす公算となっている。

 また、61議席だった日本未来の党は、小選挙区で厳しい戦いで、苦戦している。

 公明党は、前回全敗した小選挙区で堅調な戦いで、公示前の21議席を上回る勢い。

 日本維新の会は、比例代表では近畿ブロックで優勢な他、全ブロックでの議席獲得も視野に健闘しており、自民・民主両党に続く第3党をうかがう勢い。

 共産党は、小選挙区で苦戦しており、公示前の議席を維持できるか微妙な情勢。

 みんなの党は、公示前の議席を上回る勢い。

 社民党、新党大地、国民新党、新党日本は、公示前の議席の確保ができるかどうか微妙な情勢。

 新党改革は、議席の獲得に向けて苦しい戦いを強いられている。

 しかし、まだ投票の態度を決めていない人が小選挙区で約32%、比例代表で約22%いるなど、今後、情勢が変化する可能性もある。


共同:衆院選、自公3百議席うかがう 政権奪還も、民主激減 2012/12/06 05:00
http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012120501002015.html
 共同通信社は第46回衆院選について4、5両日、全国の有権者約12万3700人を対象に電話世論調査を実施し、現時点での情勢を探った。自民党は小選挙区、比例代表ともに優位に立ち、単独過半数(241議席)を確保、公明党と合わせ300議席をうかがい、政権奪還の公算が大きくなっている。民主党は公示前の230議席から激減し70議席前後となる可能性がある。日本未来の党、日本維新の会、みんなの党といった第三極勢力は伸び悩んでいる。

 共産党は公示前を下回りかねず、社民党、新党大地も厳しい戦い。国民新党、新党日本、新党改革は議席確保の見通しが立っていない。

 ただ「まだ決めていない」との回答が小選挙区で56・0%、比例代表で48・0%あり、16日の投開票に向けて情勢が変わる可能性がある。


道新:道内比例投票先 自民24%、民主15% 維新、大地7%で並ぶ(12/06 06:19)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/2012syuinsen/424779.html
 北海道新聞は4、5の両日、16日投開票の衆院選に関する全道世論調査を行った。比例代表道ブロック(定数8)の投票先は、自民党が24%で11月17、18両日に行った前回調査に引き続きトップに立ち、民主党が15%で続いた。前回2位だった日本維新の会は、7ポイント減の7%で3位に後退し、勢いに陰りが見えた。道内12小選挙区では、自民候補が計8選挙区でリードしている。

 小数点1位以下は政党支持率以外、四捨五入した。今回の調査では小選挙区、比例代表ともに「わからない・無回答」が約3割おり、今後情勢が変わる可能性もある。

 比例代表の投票先は自民党が前回調査時より3ポイント減り、民主党が4ポイント増えた。このほか新党大地が7%で維新と並んで3位に浮上、公明党は5%、日本未来の党と共産党、みんなの党各4%、社民党1%。自民は3議席を獲得する勢いで、維新、大地、公明も議席獲得圏にある。

 小選挙区は、道5区(札幌市厚別区、石狩管内)と7区(釧路、根室管内)、8区(渡島、檜山管内)、9区(胆振、日高管内)、12区(オホーツク、宗谷管内)で自民候補が他候補を引き離し、優勢となっており、2区(札幌市北、東区)と4区(札幌市手稲区、後志管内)、11区(十勝管内)で先行している。

 1区(札幌市中央、南、西区)と3区(同白石、豊平、清田区)、6区(上川管内)では自民、民主の候補が、10区(空知、留萌管内)では公明、民主の候補がそれぞれ競り合っている。

 衆院選公示までの新党結成の動きに対する評価を聞いた質問では「評価できない」が66%に上り、「評価できる」の23%を大きく上回った。維新と太陽の党の合流や未来の結成、未来への国民の生活が第一などの参加について、有権者が必ずしも受け入れていないことがうかがえる。

 また、各党の政策上の違いが鮮明になっているか尋ねたところ、「なっていない」72%に対し「なっている」は17%にとどまり、争点が見えにくいと感じている人が多いことが明らかになった。

 支持政党は自民23・4%、民主17・0%、維新4・7%、公明4・5%、大地3・8%、共産3・3%、未来2・3%、みんな2・1%、社民0・6%など。支持政党なしは23・8%だった。


東京新聞:自民優位 民主は苦戦 衆院選序盤情勢
http://www.tokyo-np.co.jp/article/shuin2012/all/CK2012120602100008.html
 本紙は五日、第四十六回衆院選(十六日投開票)について、電話世論調査と独自取材に基づく序盤情勢を分析した。十二党が乱立し、争点も原発政策や消費税増税、改憲と多岐にわたる複雑な選挙戦のため、半数の有権者が投票する候補、政党を決めていない。現時点では自民党が優勢だが、今後の選挙戦次第では情勢が大きく変わる可能性もある。 

 電話世論調査によると、投票先を未決定とした回答は比例代表で48・0%。小選挙区ではさらに多い56・0%に達した。

 二〇〇九、〇五両年の衆院選序盤に実施した調査では、比例代表の投票先未定は〇九年が32・8%、〇五年が34・5%。小選挙区では〇九年が36・3%、〇五年が35・9%だった。これと比べても、今回の選挙で有権者が候補者、政党選びで戸惑っていることがうかがえる。

 情勢分析によると、民主党は前回〇九年の衆院選で三百八議席を得たものの、党勢の低迷を受けて、現状では小選挙区、比例代表とも苦戦を強いられている。公示前勢力の二百三十議席の獲得は厳しく、第一党維持も困難な情勢だ。

 一方、三年前の衆院選で下野した自民党は多くの小選挙区で有利な戦いを進めている。比例代表も各ブロックで手堅い選挙戦を展開し、公示前の百十八議席から大幅な議席の上積みが見込まれている。

 日本未来の党は、結党が四日の公示直前だったため選挙戦の出遅れが響き、現段階では支持が思うように広がっていない。

 日本維新の会は地盤の大阪で優勢な戦いを進めているが、他の地域での浸透が課題になっている。

 公明党は堅調な戦いで、みんなの党も公示前より議席を増やしそうな勢いだ。共産党や社民党、新党大地は「脱原発」を訴えて勢力拡大を狙い、国民新党や新党日本、新党改革も議席獲得を目指す。

 (注)各党の議席獲得数は共同通信社と本紙を含む加盟社が行った電話世論調査結果と本紙独自の取材結果を総合して判断した。

 電話調査は四~五日(一部地域では一~二日)、全国の有権者を対象に、コンピューターで無作為に電話番号を発生させて電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施、十三万六千百五十五人から回答を得た。東京都では計一万二千二百五十七人から回答を得た。


中日新聞:自民優勢、民主は苦戦 衆院選序盤情勢
http://www.chunichi.co.jp/article/shuin2012/all/CK2012120602000207.html
※東京新聞の「議席獲得を目指す」までと同じ内容。異なる部分のみ、以下に抜粋。

    ◇

 世論調査を受けた衆院選序盤情勢を七日付朝刊で詳報します。

    ◇

◆愛知9選挙区、自民先行
 衆院選の中部九県(愛知、岐阜、三重、長野、福井、滋賀、石川、富山、静岡)の情勢は、本紙が五日まとめた調査結果に独自の取材を加味すると、自民が全五十一小選挙区のうち七割近くで優位に立ち、民主や第三極と呼ばれる勢力は苦戦している。ただ、小選挙区は六割、比例代表は五割が「まだ決めていない・分からない」としており、今後、情勢が大きく変わる可能性もある。

 民主が二〇〇九年の前回選で十五選挙区すべてを制した愛知は、自民が九選挙区で先行し、民主優勢は三選挙区で、残る三選挙区は接戦。同じく民主が独占した滋賀(四選挙区)は、自民、民主がそれぞれ一選挙区でリードし、二選挙区は横一線だ。

 民主が前回、七選挙区で勝利した静岡(八選挙区)も、自民が六選挙区で優位に立ち、民主がリードするのは二選挙区。長野(五選挙区)は自民、民主がそれぞれ二選挙区で先行し、一選挙区は互角の戦い。

 前回選で自民が独占した福井(三選挙区)や、石川(三選挙区)、富山(三選挙区)は、いずれも自民が大きく引き離す。

 岐阜(五選挙区)は自民が四選挙区で水をあけ、一選挙区は接戦。三重(五選挙区)では自民が三選挙区、民主が二選挙区で優勢だ。

 衆院選にどのくらい関心があるかは「大いに」と「ある程度」を合わせて78%。政権交代で注目された前回選の90%、〇五年の郵政選挙の88%を下回っており、投票率にも影響が出そうだ。

    ◇

 <調査の方法> 共同通信社と本紙を含む加盟社は4~5日(一部地域では1~2日)、全国の有権者を対象に、コンピューターで無作為に電話番号を発生させて電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施、13万6155人から回答を得た。




デーリー東北:青森全4選挙区 自民優勢/衆院選序盤情勢(2012/12/06 09:00)
http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/news/2012/12/06/new12120609top.htm

-----

デーリー東北:衆院選「比例は自民」41.1%/本紙世論調査(2012/12/06 11:00)
http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/news/2012/12/06/new1212061101.htm


東奥日報:自民4議席独占の勢い/衆院選本社世論調査 2012年12月6日(木)
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=50244&catid=74&blogid=13
 衆院選は16日の投開票日が10日後に迫った。東奥日報社は4、5日の2日間、県内4選挙区の有権者を対象に電話世論調査を行い、本紙の取材を加味して序盤情勢を分析した。各選挙区で自民党候補がリードしており、同党が4議席を独占する勢いだ。1区は自民党新人の津島淳氏(46)が先行し、日本維新の会新人の升田世喜男氏(55)、日本未来の党前職の横山北斗氏(49)が激しく競り合いながら追う展開。3区は自民党前職の大島理森氏(66)が、民主党前職の田名部匡代氏(43)をリード。2区と4区は自民党前職の江渡聡徳氏(57)、木村太郎氏(47)が、それぞれ大きく抜け出している。ただ、4選挙区とも現時点で5割程度の有権者が投票する候補者を決めておらず、情勢はなお流動的だ。

(以降略)


カナロコ:県内18選挙区本社総合調査、自民10議席超の勢い 12月6日(木)5時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121206-00000001-kana-l14
 神奈川新聞社は4、5両日に県内の有権者を対象に電話世論調査を実施、取材に基づく情報も加味して18小選挙区の総合的な情勢を探った。前回3議席だった自民党は一転して10議席を超える勢い。前回14選挙区を制した民主党は現職閣僚も苦戦を強いられ、1桁台に落ち込む可能性が出ている。第三極はみんなの党が堅調な一方で、出遅れた日本維新の会などは伸び悩んでいる。

 ただ慌ただしく発足した新党があるうえ、公示まもない時期のため「まだ決めていない」と答えた人が半数以上おり、今後の浸透具合によっては情勢が変動する可能性もある。

 自民党は支持層を固めたうえ無党派層も取り込んでいる。逆風下の前回も勝ち抜いた2、11、15区のほか比例復活だった1、10、13区も安定した戦いを展開。3、5、7、18区は元職が雪辱を果たしそうだ。17区の新人も好調な滑り出し。他に複数の選挙区で競り合っており、10議席台半ばの確保も視野に入る。

 一方、民主党は優位な選挙区はない。現職閣僚は10区で苦戦、もう1人も12区で混戦状態になっている。6、9、14、16区でも競り合う。支持層を固めきれていないうえ、前回獲得した無党派層が第三極などに流れている。最大でも5議席程度にとどまりそうな見通しで、前回初めて奪った「県内第1党」の座を明け渡す公算が大きい。

 二大政党の対決に割って入りたい第三極は明暗を分けている。みんなの党は党幹部が立つ4、8区で優位に戦っているほか6区の新人も健闘。公示直前に結党した日本未来の党は12区で前職が猛追している。8人を立てた日本維新の会は現状では支持を広げていない。

 公明党は唯一6区に擁立し、自民との選挙協力で議席奪還を目指している。共産党は再び全選挙区に候補者を擁立したが、小選挙区での議席確保は困難な情勢。1人を擁立した社民党も厳しい戦い。

◆調査の方法 
 神奈川新聞社の衆院選世論調査は4、5日に県内の有権者を対象にRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施した。コンピューターで無作為に電話番号を発生させてかける調査法で、電話帳に番号を載せていない人も調査が可能。この結果、性別、年代別など有権者の縮図に合わせた精度の高い機動的な調査ができる。今回は各区からそれぞれ400人以上、合計7642人(男2876人、女4766人)から回答を得た。


北日本新聞:自民5議席確保の勢い 比例北陸信越ブロック2012年12月6日
http://webun.jp/news/A390/knpnews/20121206/71363
北日本新聞社と共同通信社は、衆院選世論調査の結果とこれまでの取材などに基づき 、富山、石川、福井、長野、新潟の5県で構成する比例代表北陸信越ブロック(定数11) の情勢を分析した。自民は5議席を確保する勢いで、逆風の民主は2 ...(会員登録)


福井新聞:衆院選、福井は自民3氏がリード 世論調査、民主と維新が追う展開
(2012年12月6日午前7時10分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/shuin2012/38410.html
 16日投開票の衆院選について福井県内有権者の投票行動を探るため、福井新聞社は公示後の4、5の両日、電話による世論調査を行った。


読売(福井版):本社世論調査<上>自民が先行追う民主(2012年12月6日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukui/news/20121206-OYT8T00005.htm


関連記事・情報
【鳥取】[衆院選]2区 自民を民主追う 本社世論調査<上> (12月6日)
【岡山】自民1、5区で優位 (12月6日)
【青森】[衆院選]3選挙区で自民優位…本社情勢分析 (12月6日)
【島根】[衆院選]1、2区とも自民安定・・・本社世論調査? (12月6日)
【秋田】[衆院選]2区金田、川口が互角 (12月6日)


岐阜新聞:県内全区で自民優勢 衆院選情勢・本社世論調査、比例も 2012年12月06日10:33
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20121206/201212061033_18778.shtml


京都新聞:京都、自民3選挙区優位 衆院選電話世論調査
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20121205000171


神戸新聞:兵庫県内、自公が優位 衆院選情勢調査 2012/12/6 05:15
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201212/0005578824.shtml
 衆院選の兵庫県内12小選挙区の情勢について、神戸新聞社が4、5日に行った電話世論調査に取材を加えて分析した結果、半数以上の選挙区で自民、公明が優位な戦いを進めていることが分かった。前回から一転して民主が苦戦する中、日本維新の会やみんなの党など第三極勢力が善戦に持ち込んでいる選挙区もある。ただ、公示直後のため回答者の5割以上はまだ態度を決めておらず、流動的な要素も多い。


 前回、小選挙区で1議席しか獲得できなかった自民は、候補を立てた10選挙区のうち5、9区など4選挙区で優位に立ち、ほかの2選挙区でも支持を広げる。公明は前回議席を失った2、8区で安定した戦いを繰り広げている。

 前回公認10人全員が当選した民主は全選挙区に擁立したが、政権批判の逆風を受け、12区で先行するほかは他候補と競り合い、または追う展開となっている。

 第三極勢力のうち、みんなは1区で自民と互角の戦い。新人8人が立候補した維新は3区などで追い上げる。公示直前に2人を公認した日本未来の党は出遅れが響いている。

 8区の新党日本前職は公明に先行を許す。全選挙区に擁立した共産党は支持拡大に懸命だ。

 電話世論調査の有効回答は計5435人(男性1757人、女性3678人)。(岸本達也)


宮崎日日新聞:宮崎1区は武井氏リード 衆院選電話世論調査 2012年12月06日
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=50244&catid=74&blogid=13
 宮崎日日新聞社は4、5日の2日間、第46回衆院選について宮崎1~3区の有権者を対象に電話世論調査を実施し、その結果に取材を加えて選挙情勢を探った。

 6人が乱立する宮崎1区は自民党新人の武井俊輔氏(37)がリードし、日本維新の会元職の中山成彬氏(69)と民主党前職の川村秀三郎氏(63)=国民新推薦=が追う。2区は自民前職の江藤拓氏(52)=公明推薦=が優勢で、民主前職の道休誠一郎氏(59)が追走。3区は自民前職の古川禎久氏(47)=公明推薦=が独走態勢を築く。ただし、投票候補を決めていない有権者が半数近くに上り、終盤の攻防で情勢が変わる可能性がある。

(詳細は6日付朝刊または携帯サイトで)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

長野日報 4~6日調査

衆院選4区中盤情勢世論調査 後藤氏先行、追う矢崎氏 更新:2012-12-9 6:01
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=27019

衆院選5区中盤情勢世論調査 宮下氏が優位、4氏支持拡大に苦慮 更新:2012-12-9 6:01
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=27013



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事一覧
政治-2012衆院選

トップページ
[PR]
by doumin | 2012-12-06 13:32 | 政治‐2012衆院選 | Comments(0)
2012衆院選関連サイト集 街頭演説スケジュール、ボートマッチ、選挙管理委員会
■街頭演説会(立会演説会)


各党へのリンクです。
(公式サイトに予定がアップされている政党のみ)

自民党:演説会
http://special.jimin.jp/speech/

自民党:ニュース
http://special.jimin.jp/news/
党役員演説会のお知らせ というタイトルをクリック


民主党
http://www.dpj.or.jp/search/%E9%81%8A%E8%AA%AC
【お知らせ】党幹部等遊説等日程 というタイトルをクリック

野田佳彦代表をはじめ、党幹部等の当面の遊説日程をお知らせします。日程、場所は変更となる場合があります。詳しくはそれぞれの党総支部事務所等にお尋ねください。


日本維新の会:遊説予定
http://oneosaka.jp/news/


みんなの党:街頭一覧
http://www.your-party.jp/calender/gaitou/


公明党:党幹部演説予定
http://www.komei.or.jp/campaign/nipponsaiken/speech/


共産党:演説会・懇談会の日程
http://www.jcp.or.jp/web_info/index-yotei.html


社民党:幹部街宣スケジュール
http://www5.sdp.or.jp/news/newslist121206.htm


新党大地:松山千春・佐藤優・細川たかし 応援日程 ※pdf
http://www.daichi.gr.jp/images3/pdf/20121203.pdf


(追記)日本未来の党:演説日程
https://twitter.com/Nipponmirai2012



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


■ボートマッチ

毎日新聞の2012年衆院選ボートマッチが今日から開始されました。
政党・候補者との相性診断ができます。
また、候補者一人一人の回答も見ることができます。
(衆院選全立候補者の91%から得た回答を基に比較)

毎日新聞社:毎日ボートマッチ(えらぼーと)
http://mainichi.jp/votematch/
第46回衆院選挙 毎日ボートマッチ
あなたと政党、候補者との一致度を知るには?

 「毎日ボートマッチ(えらぼーと)」は、衆院選の争点に関する質問に答えると、自分と政党や候補者との考え方の近さを「一致度」という数値で知ることができる仕組みです。政党との一致度を知り、「選挙区」や「比例代表」の立候補者個人との一致度を比較して、ぜひ投票の参考にお役立て下さい。

 毎日新聞社は立候補予定者を対象に、「候補者アンケート」を実施しており、「えらぼーと」は、この候補者アンケートの結果を基礎データとして使っています。立候補者と同じアンケートに利用者自身が答えることで、政党や候補者との一致度が計算されます。さらに、候補者個人の全回答を見ることもできます。

 毎日ボートマッチ「えらぼーと」は、あなたが衆議院選挙の立候補者と同じアンケートに答えると、その回答と各政党候補者の平均的回答との「近さ」が数値で分かり、政党候補者間の考え方の違いを知ることができるツールです。
 この「近さ」は、候補者から得た回答を手を加えずに利用し、あなたの回答から機械的に計算します。もちろん、毎日新聞として特定の政党や候補者への投票を勧める意図はありません。
 ぜひこのボートマッチを活用し、投票の参考材料の一つとしてお役立て下さい。




日本政治.comのボートマッチ。

日本政治.com:投票マッチング
http://nihonseiji.com/votematches
投票マッチングでは、20の政策に関する質問に答えるだけで、科学的手法に基づき、あなたの考えに最も近い政党を判定します。結果の解説と見比べながら、あなたの支持政党選びの参考にしてください。




2010年参院選のときは、毎日(えらぼーと)の他、読売もボートマッチをやっていたのですが、
今回の衆院選では実施しないようです。
いちおう参考までに↓

読売新聞社:日本版ボートマッチ ※2010年参院選のもの
http://vote.yomiuri.co.jp/




(追記)2010年参院選で読売新聞に提供していた『日本版ボートマッチ』ですが、
2012年衆院選では独自での提供となっているようです。 (読売新聞とは全く無関係)

日本版 ボートマッチ:-2012総選挙版-
http://votematch.jp/
あなたの意見に最も近い政党がわかる投票支援ツールです。
公約分析の結果、重要と考えられる25の争点について、
「賛成」「反対」「わからない」の中から選んでください。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


■選挙管理委員会


小選挙区は、各都道府県の選挙管理委員会が管理しています。

総務省:都道府県選挙管理委員会ホームページ一覧
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/links/senkan/index.html




中央選挙管理会は総務省の附属機関です。
比例代表選挙と最高裁判所裁判官の国民審査に関する事務などを管理しています。

総務省:第46回 衆議院議員総選挙 候補者・名簿届出政党等情報
http://www.soumu.go.jp/senkyo/46ge/index.html


総務省:第22回 最高裁判所裁判官国民審査 審査対象裁判官情報
http://www.soumu.go.jp/senkyo/46ge/shinsa.html




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
2013参院選関連サイト集 街頭演説スケジュール、ボートマッチ、ネット選挙解禁の注意点、選挙管理委員会 2013-07-04
【2010参院選】政党、立候補者との相性診断ができるサイト。候補者へのアンケート結果も 2010-07-07

■カテゴリ:政治-2012衆院選

■関連カテゴリ:政治-2010参院選  政治-2013参院選

トップページ
[PR]
by doumin | 2012-12-05 13:52 | 政治‐2012衆院選 | Comments(0)