「ほっ」と。キャンペーン
和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:政治( 89 )
ピコ蓮舫
誰だよこのピコ蓮舫つくったの!独特の表情がじわじわくる
腹BLACK
2016年11月26日
http://netgeek.biz/archives/88074

d0164331_164082.jpg


※抜粋

流行に政治的風刺を織り交ぜたコラ画像にセンスを感じる。特にネタでありながら事実に基づいている点は秀逸。

This is Japan!

This is Taiwan!

ummm !二重国籍!

JPTW!

自分を犠牲にしてまで笑いを取りに行くピコ蓮舫のプロ魂には熱いものを感じる。未だに戸籍謄本の公開を拒否している蓮舫議員に日本の政治家としての資格はない。それにもかかわらず、最近の蓮舫氏は安倍総理の一挙手一投足を非難しまくり、意味不明な攻撃を仕掛ける始末。

安倍総理が、我々の揚げ足を取っていちゃもんをつけても民進党の支持率はあがらないと的確なツッコミを入れたときは全視聴者が同意してみんなが笑った。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

共同:内閣支持率、60%に上昇
2016/11/27 15:54
http://this.kiji.is/175500171438966269



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治

■関連カテゴリ:政治‐与党(2012.12.25まで)

トップページ





.
[PR]
by doumin | 2016-11-28 16:41 | 政治 | Comments(0)
二重国籍問題で説明が二転三転の蓮舫氏、「記憶不正確」でごまかし党代表選継続 (追記)民進党新代表に決定
この人は本当に分かりやすいですねー。
もしきちんとした手続きを踏んでいたら、
いつものあの不快な口調とドヤ顔でとっくに説明しているでしょうからね。

産経:【蓮舫「二重国籍」】民進・蓮舫代表代行、台湾籍認め謝罪 党代表選辞退はせず
2016.9.13 10:46更新

(1/2ページ)
http://www.sankei.com/politics/news/160913/plt1609130009-n1.html
 民進党の蓮舫代表代行は13日午前、国会内で記者会見し、日本国籍と台湾籍とのいわゆる「二重国籍」疑惑について「17歳のときに抜いたという認識だった台湾籍が残っていた」と明らかにし、「私の記憶の不正確さによって、さまざまな混乱を招いたことは、本当におわび申し上げたい」と謝罪した。

 蓮舫氏側は今月6日に台北駐日経済文化代表処(東京都港区)で台湾籍を放棄する書類を提出しており、手続きが進められている。

 立候補している党代表選(15日投開票)については「日本のためにしっかりと仕事をしたいという思いは変わらない」と述べ、辞退しない考えを示した。

 蓮舫氏は昭和60年1月に日本国籍を取得し、代表処で台湾人の父と放棄の手続きをしたと説明。関係者が今月6日に代表処で台湾籍の除籍を照会したところ、確認が取れず台湾籍を放棄する手続きも行った。蓮舫氏によると、12日夕に代表処から籍が残っている連絡があったという。


(2/2ページ)
http://www.sankei.com/politics/news/160913/plt1609130009-n2.html
 蓮舫氏は会見で「17歳当時、父に確認すればよかった」と釈明。平成22年の菅直人内閣での行政刷新担当相就任や今回の代表選出馬に際して確認しなかったことに関しては「日本人だから、そこに制限はないと認識している」と述べた。

 この問題で、蓮舫氏は当初「生まれたときから日本人」と主張し、その後「法律的には昭和60年から日本人だ」と修正するなど、説明が二転三転。台湾籍の放棄が完了していたのか疑問視されていた。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は13日午前の記者会見で、蓮舫氏が台湾籍が残っていると明らかにしたことについて「議員自身で説明する問題だ」と述べた。


日経:蓮舫氏「台湾籍残っていた」 二重国籍問題で謝罪
2016/9/13 11:11
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H0G_T10C16A9EAF000/


朝日:蓮舫氏「台湾籍残っていた」とおわび 民進代表選は継続
2016年9月13日11時17分
http://www.asahi.com/articles/ASJ9F3G3QJ9FUTFK003.html


読売:「台湾籍残っていた」民進・蓮舫氏が陳謝
2016年09月13日 11時50分
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160913-OYT1T50074.html


NHK:蓮舫氏「台湾籍残っていた」と謝罪 代表選は継続
9月13日 11時50分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160913/k10010683491000.html

※抜粋

民進党代表選挙に立候補している蓮舫代表代行は、父が台湾の出身、母が日本人で、日本国籍と台湾籍の、いわゆる「二重国籍」になっているのではないかという指摘が出ています。
これについて、蓮舫氏は、国会内で記者団に対し、「17歳の時に、日本国籍を取得したのに合わせて、父と一緒に台湾籍を抜く作業をしたという認識でいたが、台湾当局に確認したところ、きのう、籍が残っていたと連絡を受けた」と述べ、台湾籍が残っていたことを明らかにしました。
そのうえで、蓮舫氏は、「私の記憶の不正確さによって、さまざまな混乱を招いたこと、発言の一貫性がなかったことにおわびを申し上げたい。今、台湾籍を抜く届け出をしており、手続きが完了すれば、籍に関することは最終的に確定する」と述べました。
一方で、蓮舫氏は、「これまで政治家として、日本人という立場以外で行動したことは一切なく、日本のために働いてきたし、これからも働いていきたい。党を変えたいという思いは変わらない」と述べ、引き続き、代表選挙を戦っていく考えを示しました。


時事:蓮舫氏、台湾籍認める=「記憶不正確」と謝罪
(2016/09/13-11:53)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016091300255&g=pol

※抜粋

 蓮舫氏は旧民主党政権で、台湾籍が残ったまま閣僚を務めていたことになり、波紋が広がりそうだ。

◇蓮舫氏の台湾籍をめぐる経緯
【8月】
  5日 蓮舫氏が民進党代表選出馬表明
 29日 インターネット言論サイトで「二重国籍疑惑」の指摘
【9月】
  2日 代表選告示
  3日 民放番組で「(台湾)籍は抜いている」「18歳で日本人を選んだ」と説明
  6日 記者会見で「17歳で日本国籍を取得した際、台湾籍を放棄」と説明。改めて
     台湾当局に放棄申請
  8日 ネットメディアの取材に「私の国籍は形式上『中国』」「中国の国内法では二
     重国籍にはならない」と説明
 11日 記者会見で「一つの中国」原則に言及し、二重国籍を否定
 13日 記者会見で台湾籍が残っていたと説明、混乱を謝罪



2位じゃだめなのか?から何にも成長していない蓮舫さん。
地頭の悪さと素養のなさと浅はかさに加え、
大嘘吐きであることも露呈しました。
さらに、旗色が悪くなると途端に媚びだし、
差別だのネットは怖いだのと問題のすり替え。
逃げ切れないと見るや「記憶の不正確さ」が原因とまた嘘。
国会議員どころか人間性を疑うレベル。

こんな人が「総理大臣を目指す」なんておこがましいにも程があるとは思いますが、
でも、蓮舫さんらしい。
こんな人じゃないと、こんなことは言えませんからね(笑)。
そして、自分をどこまでも高く評価し、失敗は人のせい、揚げ足取りだけは超一流の民進党議員の鑑とも言えるでしょう。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

朝日:蓮舫氏「岡田代表は大好き、ただ本当につまらない男」
2016年8月23日18時26分
http://www.asahi.com/articles/ASJ8R4TSKJ8RUTFK008.html


The Huffington Post:蓮舫氏が朝日新聞に苦言「この編集のされ方は残念すぎます」 実際の発言は?
執筆者: 安藤健二
投稿日: 2016年08月23日 20時37分 JST 更新: 2016年08月24日 15時55分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/23/renho-asahi_n_11659740.html
d0164331_15255240.jpg


J-CAST:蓮舫氏、軽口会見批判に「猛省してます」 代表選支持の岡田代表を「つまらない男」
8月24日(水)18時48分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000005-jct-soci


日刊スポーツ:蓮舫氏、岡田代表つまらない男発言「釈明しません」
9月1日(木)23時53分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000182-nksports-soci


産経:【民進党代表選】蓮舫代表代行インタビュー(3)台湾との「二重国籍」疑惑報道に「帰化じゃなくて国籍取得」「質問の意味分からないけど、私は日本人」
2016.9.2 08:29更新
(5/5ページ)
http://www.sankei.com/politics/news/160902/plt1609020012-n5.html


朝日:民進・玉木氏、前原氏に涙の訴え 蓮舫氏「男が泣くな」
9月7日(水)20時33分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160907-00000092-asahi-pol


アゴラ:ますます支離滅裂になる蓮舫氏の説明 --- 池田 信夫
9月10日(土)7時10分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160910-00010003-agora-pol
アゴラ編集部の問い合わせに10日たっても答えない蓮舫氏が、ヤフーニュース(http://news.yahoo.co.jp/feature/349)のインタビューに答えている。こういう対応をすること自体「私にはやましいことがあります」と告白しているようなものだが、その内容にも疑問が多い。

“――これまでのメディアの取材で「生まれたときから日本人だった」と語ったことがありましたが。

この間、ネットなどで私の家族を攻撃するような、いわれなき書き込みがあったので、あえて私の気持ちとしては日本で生まれて育って日本の風土で育まれたという気持ちを話しました。ですが確かに法律上は17歳から日本人になっています。”

経歴詐称を自分でも認めたわけだ。問題はいつからこういうことを言っているかで、選挙期間中に言ったら公選法違反(虚偽事項公表罪)であり、それ以外の時期でも軽犯罪法違反に問われる。企業だったら、経歴詐称は解雇できる。民進党の代表選挙にも影響する。

“――日本の国籍取得の後は、台湾のパスポートは使っていないのですか。
使っているのはすべて日本のパスポートです。台湾のパスポートは失効しています。”

つまり台湾のパスポートが手元にあったわけだ。台湾籍を喪失した場合はパスポートも返却するので、手元に残ることはありえない。それを今週の火曜に代表処に返却したのだから、それまで台湾籍が残っていたことは確実だ。

要するに、この聞き手(野嶋剛)もいうように「1985年に日本国籍を取得した以降、台湾の国籍放棄については、本人は台湾政府に確認していないし、確認が必要だという認識もなく、その点について家族からも説明はなかったので、一切の放棄のための行動を取ってこなかった」ということだ。

これはアゴラでわれわれの出した結論と同じだが、驚いたことに蓮舫氏はこう言い出す。

“1972年以降、私の国籍は形式上「中国」になっています。仮に中国の国内法では外国籍を取得した者は自動的に喪失をしているので、二重国籍にはなりません。”

この「中国」が中華人民共和国のことなら、問題ははっきりしている。問い合わせには「中華人民共和国の国籍法によって1985年に私は国籍を喪失した」と答えれば終わりで、台湾代表処に行く必要もない。これは八幡さん(http://agora-web.jp/archives/2021332.html)もいうようにガセネタだが、彼女はこの話が自分の行動と矛盾することにも気づかないのだろうか。

中華人民共和国は中華民国を認めていないので「中国籍はわが国の国籍法で処理する」というだろうが、日本の法務省がそんなことをしたら在日台湾人はパニックになる。だから法務省は「中国籍」という奇妙な国籍をつくって、在日台湾人には中華民国の法律を適用しているのだ。彼らの旅券にも「台湾」と書かれており、扱いは中国とは別だ。

彼女は次のどれか、はっきりさせてほしい。

1. 中華人民共和国の国籍法によって1985年に国籍を喪失した
2. 中華民国の国籍法によって1985年に国籍を喪失した
3. まだ喪失していなかったので9月6日に台湾代表処に喪失届けを出した

論理的には1もありうるが、そうだとするとこのインタビューも意味不明になる。31年前に中華人民共和国が抹消した国籍を、台湾政府にどうやって確認するのか。彼女は台湾代表処ではなく、中国大使館に行くべきだ。


【関連記事】
「日本旅券、嫌だった」蓮舫氏、朝日新聞で発言の過去
蓮舫氏は「二重国籍」より嘘が問題
民進党は蓮舫氏の経歴詐称を調査せよ
台湾人は中国本土の国籍法適用?共同が報じた法務省の謎見解
このまま蓮舫氏を代表にしたら民進党はもう終わり


ZAKZAK(夕刊フジ):「国籍」問題だけじゃない…蓮舫氏のブレた言動 過去に「政界進出しない」
2016年9月12日 17時12分
http://news.livedoor.com/article/detail/12009092/


The Huffington Post:「ネットの怖さを痛感した」蓮舫氏「二重国籍」騒動を語る 【単独インタビュー】
執筆者: 泉谷由梨子、長澤蘭
投稿日: 2016年09月12日 21時40分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/2016/09/12/renho-interview_n_11971430.html


アゴラ:蓮舫氏には台湾の国籍法が適用される --- 池田 信夫
9月13日(火)7時10分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160913-00010000-agora-pol
これまで八幡和郎さんと私が蓮舫氏の発言の矛盾を指摘したが、9月11日の産経(http://www.sankei.com/politics/news/160911/plt1609110014-n1.html)で、今までになかった話が出てきた。国籍問題で「『一つの中国』論で言ったときに、二重国籍とメディアの方が使われることにびっくりしている」というのだ。

これは日本語として意味不明だが、台湾は国ではないので自分は二重国籍ではないといいたいらしい。これについては共同通信などが「台湾人には中華人民共和国の国籍法が適用される」というガセネタを流したが、2006年の衆議院法務委員会で法務省が答弁した正式の法務省見解(http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/164/0004/16406140004031c.html)は次の通り。

“枝野委員 台湾の皆さん、台湾に住み、あるいは台湾の陳水扁総統の統治下に国籍があるといいますか、この皆さんの本国法はどうなるんでしょうか。

杉浦法相 準拠法の指定は、国際私法においては、私法関係に適用すべき最も適切な法は関係する法のうちどれであるかという観点から決まる問題でございまして、一般に国家または政府に対する外交上の承認の有無とは関係がないと解されておりまして、台湾出身の方については、国際私法上は、台湾において台湾の法が実効性を有している以上、その法が本国法として適用されるということとなり、実務上もそのように取り扱われているというふうに承知しております。

枝野委員 当然、台湾法が適用されなければいけないと思います。”

台湾人には、台湾の国籍法が適用されるのだ。今までもそうだったし、蓮舫氏もそう理解していたから、台湾代表処に行ったのだろう。中共の国籍法が適用されるなら、中国大使館に行かなければならない。これは国際私法の専門家である枝野氏も知っているはずなので、早めにアドバイスし、もう見苦しい言い逃れはやめたほうがいい。


【関連記事】
蓮舫氏は国会議員として経歴詐称していた疑いがある
台湾政府の官報に蓮舫氏の「国籍喪失」の記載はない
「自分は中国国籍」蓮舫氏、朝日新聞に語っていた
「日本旅券、嫌だった」蓮舫氏、朝日新聞で発言の過去
台湾を“裏切った”?蓮舫氏への台湾人の複雑な気持ち



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

毎日:蓮舫氏「台湾籍残っていた」会見で陳謝「二重国籍」問題
2016年9月13日 10時51分(最終更新 9月13日 13時26分)
http://mainichi.jp/articles/20160913/k00/00e/010/229000c


サンケイスポーツ:蓮舫氏が国籍問題を生釈明「手続きが終わったら、この問題は終わり」
9月13日(火)14時11分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00000531-sanspo-soci


テレビ朝日系(ANN):“二重国籍”で民進党に衝撃「大臣までした人に…」
9月13日(火)16時55分
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160913-00000030-ann-pol


日刊スポーツ:蓮舫氏「つまらない男」一変「素晴らしいリーダー」
9月13日(火)22時53分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00000160-nksports-soci


保守速報さん

【画像】蓮舫「私は二重国籍なんです」と明言 1993年2月6日号対談記事より。当時25歳
2016年09月14日07:06
http://hosyusokuhou.jp/archives/48443575.html

中国共産党メディア「日本『民進党』の蓮舫党首立候補は台湾が国じゃないと宣言、台湾民進党のガラスの心が割れた」
2016年09月14日14:00
http://hosyusokuhou.jp/archives/48445527.html

蓮舫「台湾は国ではない」→台湾議員「台湾は蓮舫氏に抗議すべき」
2016年09月14日17:14
http://hosyusokuhou.jp/archives/48446625.html


日経:台湾出身者に中国法適用せず 法務省見解
2016/9/14 19:48
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS14H3Y_U6A910C1PP8000/

※抜粋

中国の法律では外国籍を取得した時点で中国籍を失うが、この見解に基づくと蓮舫氏は日本国籍取得後も台湾との二重国籍だったことになる。


産経:【阿比留瑠比の極言御免】法令守らぬ「蓮舫代表」担ぐ怪奇 何が問題かも理解できず
2016.9.15 01:00更新
http://www.sankei.com/premium/news/160915/prm1609150004-n1.html


ライブドアニュース(東スポ):蓮舫氏に二重国籍問題以外の「爆弾」存在か 怪文書出回る?
2016年9月15日 6時30分
http://news.livedoor.com/article/detail/12020584/


スポニチアネックス:結党初の代表選なのに…民進党ゴタゴタ 延期、出馬撤退求める声
9月15日(木)7時1分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000048-spnannex-soci


アゴラ:法務省、「蓮舫氏に中国大陸法適用」報道に訂正申し入れ --- アゴラ編集部
9月15日(木)7時11分
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160915-00010002-agora-pol


夕刊フジ:【野党の存在価値】“ウソつき”蓮舫氏「まだ本当のことを語ってない」疑問も 議員辞職を
2016.09.15
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160915/plt1609151140002-n1.htm





こんな人でも党首になれます。
さすが民進党、サポーターも所属議員も良くない方に向いたままで全くブレませんね。

NHK:民進党 新代表に蓮舫氏
9月15日 14時33分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160915/k10010687331000.html

※抜粋

民進党の代表選挙は、臨時党大会で、国会議員らによる投票が行われ、地方議員と党員・サポーターの票と合わせて開票された結果、合わせて849ポイントのうち、蓮舫代表代行が過半数の503ポイントを獲得し、前原元外務大臣と玉木国会対策副委員長を抑え、新しい代表に選出されました。


さ、二重国籍問題はどうなるか。
マスコミは追及すべきだと思うけれど、
法務省の見解を捏造してみたり、
よく分からない弁護士の「問題ない」とする見解を流してみたり、
コメンテーターが「出自で差別するな」など問題のすり替えをしてみたりと、
擁護する方向のところが多いようで。
自民党と違って、民進党は本当に恵まれていますねぇーー。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治

■関連カテゴリ:政治-与党(2012.12.25まで)

トップページ





.
[PR]
by doumin | 2016-09-13 13:08 | 政治 | Comments(0)
民進党・横路孝弘衆議院議員(75歳/衆院道1区=札幌市中央区・南区・西区/通算12期/世襲)やっと政界引退へ
道新:横路氏、衆院選不出馬へ 通算12期 元道知事
5月20日(金)7時30分 ※2016年
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160520-00010001-doshin-pol


読売:民進・横路孝弘氏、次期衆院選に不出馬の意向
2016年05月20日 08時35分
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20160520-OYT1T50006.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160520-00050006-yom-pol


共同:民進党の横路氏が衆院選不出馬へ
高齢理由に、元衆院議長
2016/5/20 11:45
http://this.kiji.is/106206826537846265


HBC:横路孝弘氏 次期衆院選不出馬の意向
5月20日(金)12時10分
http://news.hbc.co.jp/05201200.html

※抜粋

複数の関係者によりますと横路氏は先月末、札幌市内で開かれた労働組合の会合で、次の衆議院選挙には出馬しない考えを伝えたということです。しかし、後援会などがまだ正式決定していないことなどから、夏の参院選と同じ日に衆院選が実施される場合、後継者の調整は難航も予想されます。横路氏は弁護士出身で1969年に社会党公認で出馬し、初当選しました。北海道知事を3期務めたあと再び衆議院議員に復帰し、衆議院議長も務めました。


HTB:横路孝弘衆議院議員が 次の衆院選に不出馬の意向
2016/05/20(金) 12:43
http://www.htb.co.jp/news/archives_1463715784_20002.html

※抜粋

 関係者によりますと、横路孝弘議員は現在、複数の民進党幹部や労組の関係者に自ら電話をかけ、次の衆院選に出馬をしない意向を伝えたり引退の挨拶をしているということです。横路議員がこの時期に不出馬の意向を固めたのは衆参ダブル選挙の可能性がある中、後継候補の擁立に向けて進退を早めに明らかにさせたかった意図があるとみられます。横路議員は北海道知事を3期、衆議院議員を通算12期務め2009年には政権交代に伴い衆議院議長に就任しています。


引退する引退すると言いながら、通算12期。
今回は本当に引退するようで、良かった。

後釜でもめそうだけど、
まさか上田文雄前札幌市長あたりを擁立したりしないでしょうねぇ?



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

道新:<上>擁立曲折、時間切れ
2015/02/16
http://dd.hokkaido-np.co.jp/cont/2015local/rensai/h_governor_report/2-0018558.html

※抜粋

 「責任を感じている」。15日午前、札幌市内。フリーキャスター佐藤のりゆき氏支援を決める北海道政権戦略会議の直前、民主党北海道の横路孝弘代表は勝部賢志幹事長と会い、辞表を手渡した。勝部氏は慰留したが、横路氏の決意は固かった。

 代表辞任の理由は、旧社会党時代を通じて初めての独自候補擁立断念とされる。しかし横路氏は、高橋はるみ知事の対抗馬一本化に向け佐藤氏支援を求める声が党内で強まっていた1月下旬、佐藤氏について「推薦に値しない」と記者団に明言した。こうした発言を覆すのは「メンツが許さなかった」(党関係者)ようだ。


産経:民主に世代交代の波 輿石副議長引退へ ベテラン議員続々
2016.1.16 08:14
http://www.sankei.com/politics/news/160116/plt1601160014-n1.html

※抜粋

このうち輿石氏に加え、北沢俊美元防衛相、江田五月元参院議長、直嶋正行元経済産業相が引退。残る前田武志元国土交通相は引き続き比例で出馬し、今回から改選数が2から1に減る新潟選挙区選出の田中直紀元防衛相は比例に転出する。


【産経抄】「民主党政権だと思っていたら…政策は社民党政権だった」大社会党の復活か 5月14日
2016.5.14 05:04
http://www.sankei.com/politics/news/160514/plt1605140014-n1.html



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

HTB:横路元衆院議長が引退へ 次の衆院選に出馬せず
2016/05/21(土) 00:23
http://www.htb.co.jp/news/archives_1463757795_21000.html

※抜粋

民進党北海道市橋修治幹事長は「びっくりしている。後継も大変だと思う。横路さんは日本の政治史に足跡を残した人ですので」と話しています。横路議員は今月28日に札幌で開かれる民進党道1区の定期大会に出席し不出馬を正式に表明する見通しです。


HTB:不出馬意向固めた横路孝弘議員「28日に発表する」
2016/05/21(土) 18:15
http://www.htb.co.jp/news/archives_1463822106_21004.html

※抜粋

 次の選挙に出馬しない意向を固めた民進党の横路孝弘衆議院議員が21日正午前、HTBのカメラの前で1週間後の「28日に発表する」と話しました。


HBC:横路氏後継 道下道議で最終調整
5月24日(火)19時10分
http://news.hbc.co.jp/05261311.html

※抜粋

引退を表明した民進党の横路孝弘元衆議院議長の後継について道議会議員の道下大樹氏で最終調整が行われていることが分かりました。


NHK北海道:横路元衆院議長 政界引退表明
05月28日 18時13分
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20160528/5520021.html

※抜粋

横路氏は28日、札幌市内で自身が代表を務める党の地元組織の会合に出席したあと記者会見しました。
この中で横路氏は、「民主党政権の実現に向けて長く活動してきたが、政権を継続できず、党も民進党と新しくなったため、一線から退いて新しい人たちに政権を目指してもらいたい」と述べ、次の衆議院選挙に立候補せず、今期限りで政界を引退する意向を明らかにしました。


HTB:次期衆院選で道1区 横路議員の後継に道下道議
2016/05/28(土) 18:45
http://www.htb.co.jp/news/archives_1464428739_28005.html

※抜粋

 一方、道1区には、前回の衆院選で横路議員と議席を争った自民党の船橋利実前衆議院議員が立候補を予定しています。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ

■関連カテゴリ

トップページ





.
[PR]
by doumin | 2016-05-20 13:13 | 政治 | Comments(0)
民進党・徳永エリ参議がまた嘘をついていたことが判明 公職選挙法違反罪で刑事告発されていたことも判明
民進党・徳永エリ参議院議員(北海道選挙区選出)が刑事告発されていたことが判明しました。
また、「秘書がやった」という釈明は、やはり嘘だったことも判明しました。

この人、何度嘘をつけば気がすむんでしょうね?

産経:民進・徳永氏、公選法抵触 起訴猶予 投票日に応援書き込み
4月14日(木)7時55分 ※2016年
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160414-00000089-san-soci
 民進党の徳永エリ参院議員(54)が昨年9月の北海道北見市議補欠選挙の投開票当日、自身のツイッターに、民主党(当時)推薦候補の応援を呼びかける書き込みをしたとして、公職選挙法違反罪で刑事告発されていたことが13日、関係者への取材で分かった。

 徳永氏側は当初、報道機関の取材に私設秘書が書き込んだと説明していたが、徳永氏は東京地検特捜部に対し、自ら書き込んだと認めたという。特捜部は犯罪の成立に疑いはないものの、検察官の裁量で起訴を見送る起訴猶予処分とした。

 徳永氏側によると、昨年9月27日午前9時すぎ、ツイッターに「市議会議員の補欠選挙、投票日です」とした上で、民主党推薦候補の実名を挙げ「応援お願いします」と書き込んだ。

 公選法は選挙運動の期間を投票日前日までと定めている。関係者によると、徳永氏は同法違反罪で刑事告発され、特捜部が昨年12月25日付で起訴猶予処分としたという。起訴猶予とは、起訴して有罪立証が可能な見込みがあっても、犯罪の軽重や悪質性などを考慮して検察官の裁量で起訴を見送る処分。

 徳永氏は産経新聞の取材に対し「私はこの内容が選挙運動に当たるとは思わなかった。検察庁の判断で、選挙運動に抵触するが、悪質ではないことをご理解いただき、起訴猶予としていただいたと理解している。今後は一層慎重に行動してまいりたい」と説明した。

 徳永氏の事務所が発覚当初、報道機関の取材に「徳永氏は地元回りで忙しく、私設秘書が代わりに書き込んだ」と説明していたことについては「電話での取材であり、本当に(報道機関の)取材か確認が取れなかったので、ご指摘の電話回答をした。以後は正確性を期す」と釈明した。

 徳永氏は平成22年7月の参院選で初当選。25年4月の参院予算委員会で、古屋圭司拉致問題担当相(当時)の靖国神社参拝を「拉致被害者が落胆している」と批判。これに対し安倍晋三首相が「捏造(ねつぞう)の質問」と疑問視し、拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表も確認できなかったとして、「誠に遺憾」とする見解を発表した。


日刊スポーツ(共同配信記事):民進・徳永エリ参院議員を起訴猶予
[2016年4月14日10時52分]
http://www.nikkansports.com/general/news/1631490.html
 民進党の徳永エリ参院議員が昨年9月の北海道北見市議補欠選挙の投開票日に、自身のツイッターで民主党(当時)推薦候補の応援を呼び掛ける書き込みをしたとして、公選法違反の疑いで刑事告発され、東京地検が起訴猶予処分としていたことが14日、分かった。

 徳永氏の事務所によると、徳永氏は昨年9月27日の北見市議補選(欠員1)の投開票日、ツイッターで民主党北見支部副代表の長南幸子氏への応援として「北見市長、市議会議員の補欠選挙、投票日です。(中略)長南さちこさんへの応援お願いします」と書き込んだ。

 徳永氏側は、書き込みが判明した後の共同通信の取材に「書き込んだのは私設秘書」と説明していた。(共同)


朝日:民進・徳永エリ氏、投開票日に応援ツイート 起訴猶予に
2016年4月14日11時26分
http://www.asahi.com/articles/ASJ4G3GHLJ4GUTIL00X.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160414-00000028-asahi-soci
 民進党の徳永エリ・参院議員(北海道選挙区)の事務所は14日、昨年9月の北海道北見市議補選の投開票日に自身のツイッターで民主党(当時)の推薦候補への応援を呼びかける書き込みをしたとして、公職選挙法違反の罪で東京地検特捜部から起訴猶予処分を受けていたことを明らかにした。同法違反の罪で刑事告発されていたという。

 事務所によると、徳永氏は昨年9月27日午前9時過ぎ、ツイッターに北見市議補選の民主党推薦候補の名前を挙げながら「補欠選挙、投票日です」「応援お願いします」などと書き込んだ。公選法では、選挙運動ができる期間は投開票日の前日までとされている。書き込みを見た秘書が「誤解を招くかも知れない」と指摘し、数時間後に削除したという。

 徳永議員は朝日新聞の取材に「この内容が選挙運動になるとは全く考えませんでした」「今後は一層慎重に行動して参ります」などと書面で回答した。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

道新:民進・徳永氏を起訴猶予 投開票日、応援書き込み
04/14 13:52
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0259238.html
 民進党の徳永エリ参院議員(54)=道選挙区=が昨年9月、北見市議補欠選挙の投開票当日に自身のツイッターに民主党(当時)推薦候補の応援を呼びかける書き込みを掲載した問題で、徳永氏が公職選挙法違反の疑いで告発され、東京地検が起訴猶予処分としていたことが14日分かった。

 公選法は選挙運動の期間を投票日前日までと定めている。徳永氏は、書き込みが判明した昨年9月、北海道新聞の取材に「事務所のスタッフが代わりに書き込んだ」と説明していたが、東京地検の調べに対し自身が書き込んだと認めた。地検は同法違反は認められたものの悪質性が低く起訴には及ばないと判断し、起訴猶予処分としたとみられる。

 徳永氏側によると、徳永氏は北見市議補選の投開票日の昨年9月27日午前9時すぎ、候補の実名を挙げて「応援お願いします」と書き込んだ。

 徳永氏は起訴猶予処分を受け、北海道新聞の取材に「(書き込みの内容が)選挙運動になるとは考えなかった」と釈明した。当初、スタッフが書き込んだと説明したことについては「電話での取材であり、本当に北海道新聞の取材か確認が取れなかった」と述べた。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治

■関連カテゴリ:政治‐2016参院選

トップページ





.
[PR]
by doumin | 2016-04-14 13:11 | 政治 | Comments(0)
【民進党】道民も呆れて「アホみたい。何の意味があるのか」/英語表記「DIP」は米俗語で「間抜け」の意味
本当に素晴らしいコメントです(笑)。

STV:「民進党」に道内の反応は…
(2016年3月15日(火)「どさんこワイド179」)
http://www.stv.ne.jp/news/item/20160315190003/index.html
d0164331_14405978.jpg

民主党と維新の党が、合流した後の党の名前がきのう、「民」が「進む」と書いて「民進党」に決まりました。この新しい名前をどう受け止めたのか。道民の反応を取材しました。
民主・維新両党はきのう午後、合流後の党名を民進党に決定しました。民主党は「立憲民主党」という党名案を出していましたが、世論調査では維新の党が主張した民進党を支持する意見が上回りました。新しい党名を聞いた高橋知事は。
(高橋はるみ知事)「民主党の民と維新の新?民を進める党。前へ前へ進んでいくイメージですかね」
自民党道連は冷静に受け止めました。
(自民党道連・吉田正人幹事長)「率直に言って、まだイメージがわかない。政策などが、どう変わるかが一番大事なこと。その辺はゆっくり見届けたい」
一方で民主党北海道は、今後の選挙への影響を懸念しています。
(民主党北海道・市橋修治幹事長)「5区補選、7月の参院選がある。(党名変更は)その後でもいいと主張してきた。国民、道民に定着するには、あまりにも時間がない」
(市民)「アホみたいだと思う。どういう意味があるんですか?民のために進むんですか?」「民主党よりいいと思います。民主党のイメージを捨てたほうが、いい形で伝わると思う」
民主党、維新の党は今月27日の結党大会で新しい党名を正式決定するとしています。




ルーピーでもDIPでも何でもいいのでは。
看板を架け替えても、中身は全く変わりませんしね。

産経:民進党は「間抜け」!? 英語表記の頭文字がネットで波紋
2016.3.18 08:40
http://www.sankei.com/politics/news/160318/plt1603180009-n1.html
 民主党と維新の党が結成する合流新党「民進党」の英語表記をめぐり、維新側が提唱する「Democratic Innovation Party(DIP)」が、インターネット上などで波紋を呼んでいる。DIPには米俗語で「間抜け」との意味があるためで、民主党側の反発も予想される。

 DIPについて、維新の江田憲司前代表は「市民の政治参加の促進、深化という意味もある」と採用を訴えている。一方、民主党内では現在の「The Democratic Party of Japan(DPJ)」の継続使用を求める声が根強い。背景には党職員らのメールアドレスを変更しなくて済むなど実務的なメリットもある。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事と追記

保守速報さん

【民主】岡田代表、衆院選も共産党と協力していく考え
2016年03月13日14:00
http://hosyusokuhou.jp/archives/47076717.html

民主、維新が新党名を公募する方針決定 4~6日にインターネットなどで
2016年03月03日15:41
http://hosyusokuhou.jp/archives/46989895.html

民主維新「新党名」 4日午前0時に募集をスタート 多数決で決めない方針
2016年03月03日20:01
http://hosyusokuhou.jp/archives/46991856.html

民維「新党名」募集に1万9933件「自分の名前も決められない党」など
2016年03月07日22:05
http://hosyusokuhou.jp/archives/47028774.html

【パヨク絶叫】民主維新の新党、民進党に「期待しない」69% NHK世論調査
2016年03月14日22:51
http://hosyusokuhou.jp/archives/47091724.html




政党名を変えればいいとか、党首を代えればいいとか、
そういう問題ではないということに未だに気付かない民主党議員たち。

週プレNEWS:“民主”の名前が残らなくてよかった…民進党で本当に変えるべきは党首
3月22日(火)6時0分
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160322-00062704-playboyz-pol
※抜粋

「最後まで『民主』の名前にこだわった議員は少なからずいましたが、正直、民主という党名では選挙は勝てない。民主と聞くだけで、多くの有権者は顔をしかめてしまうほどですから。どんな党名だろうが、変えないよりはずっとマシだと思いますよ(民主系議員・衆院当選2回)」

「党の中身が変わらないと、いくら党名を変えても無意味ですから。党名変更という第1ラウンドが終わった今、第2ラウンドでやるべきことはひとつしかない。それは新しい党首選びです(民主系議員・衆院当選3回)」




鋭い突っ込みです。

毎日(共同配信記事):おおさか維新 「民進党はあほ」連発 足立議員
2016年4月7日 22時40分(最終更新 4月7日 22時40分)
http://mainichi.jp/articles/20160408/k00/00m/010/112000c


J-CAST:「民進党は嘘つき、アホ、バカ」と国会質問した「維新」議員 首相も認めた?自称「ヤジの帝王」発言の中身
2016/4/ 8 19:12
http://www.j-cast.com/2016/04/08263676.html?p=all


産経:民進党「アホ」認定でフルボッコ おおさか維新最終兵器 足立康史って一体何者?
4月17日(日)8時20分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160417-00000501-san-pol


時事:おおさか、民進に謝罪拒否=足立氏の中傷発言
4月22日(金)19時6分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00000154-jij-pol



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ

■関連カテゴリ

トップページ





.
[PR]
by doumin | 2016-03-18 14:52 | 政治 | Comments(1)
街中に掲げられた日章旗に疑問を持つ民主・徳永エリ参議「何だろうこの国旗の波。特別な祝日でもないのに」
徳永さんは本当に日本人なんでしょうか?

d0164331_16433876.jpg















ちなみに、徳永さんの大好物は太極旗だと思います。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治

トップページ





.
[PR]
by doumin | 2015-12-28 15:30 | 政治 | Comments(0)
メルマガ訴訟で菅直人元首相が全面敗訴(笑) 異様な振る舞いを指摘された上「記事は真実。公益性あり」判決
時事:菅元首相の賠償請求認めず=安倍氏メルマガ訴訟―東京地裁
12月3日(木)13時19分 ※2015年
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00000076-jij-soci
 東京電力福島第1原発事故への対応をめぐり、メールマガジンに事実に反する内容の記事を掲載され名誉を毀損(きそん)されたとして、菅直人元首相が当時野党議員だった安倍晋三首相に1100万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が3日、東京地裁であった。
 永谷典雄裁判長は「記事の重要な部分は真実と認められる」と述べ、菅氏の請求を棄却した。
 問題となったのは、2011年5月20日付で掲載された「菅総理の海水注入指示はでっち上げ」と題する安倍氏のメルマガの記事。同年3月の事故直後、菅氏がいったん始まった原子炉への海水注入を、「俺は聞いていない」と激怒して中断させたのに、側近は「注入指示は総理の英断」といううそをばらまいたと記載した。実際には、注入は中断されていなかった。
 永谷裁判長は、政府や国会の事故調査委員会に対する関係者の証言などから、「菅氏に海水注入を中断させかねない振る舞いがあった」と指摘。記事は野党議員が首相の政治責任を追及したもので、「意見や論評の域を逸脱していない」と判断し、名誉毀損に当たらないと結論付けた。


産経:菅元首相、安倍首相に敗訴 メルマガめぐる名誉毀損訴訟
12月3日(木)13時41分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00000539-san-soci
 東京電力福島第1原発事故の政府対応をめぐり、安倍晋三首相が発行したメールマガジンの記事で名誉を毀損(きそん)されたとして、菅直人元首相が安倍首相に謝罪記事の掲載や約1400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が3日、東京地裁であった。永谷典雄裁判長は「記事は事故対応の詳細が判明する前に発信されていた上、菅元首相の資質や政治責任を追及するもので公益性があった」とし、菅元首相の訴えを棄却した。

 訴状によると、安倍首相は平成23年5月20日付の記事で「3月12日の海水注入の指示は菅首相の唯一の英断とされているが、実際は菅首相の指示で注入は中断されていた。しかしこの事実を隠すため、注入は総理の英断とする嘘を側近がメディアに流した」などと指摘。しかし、菅元首相は実際には注入中断を指示していない上、現場では注入は中断なく続けられており、安倍首相は虚偽を記載し、菅元首相の名誉を傷つけた、としていた。


朝日:安倍首相メルマガ訴訟、菅元首相の請求棄却 東京地裁
12月3日(木)13時47分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00000046-asahi-soci
 民主党の菅直人元首相が、東京電力福島第一原発事故時の対応を批判した安倍晋三首相のメールマガジンの記述で名誉を傷つけられたとして、安倍首相に約1100万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が3日、東京地裁であった。永谷典雄裁判長は、「記事は重要な部分で真実だった」と認め、菅氏の請求を棄却した。

 判決は、原子炉を冷やすための海水注入について、「菅元首相には、東電に海水注入を中断させかねない振る舞いがあった」と認定。安倍首相が野党当時の2011年5月20日付のメルマガで、「やっと始まった海水注入を止めたのは、何と菅総理その人だったのです」「菅総理は間違った判断と噓(うそ)について国民に謝罪し直ちに辞任すべきです」などと書いたことについて、賠償責任はないと判断した。

 菅元首相が13年7月、「海水注入の中止を指示していないうえ、実際に注入は中断していなかった。記事はすべて虚偽だ」と提訴していた。


読売:メルマガ訴訟、安倍首相を訴えた菅元首相が敗訴
2015年12月03日 14時58分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151203-OYT1T50157.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00050157-yom-soci
 民主党の菅直人元首相が、東京電力福島第一原発事故への対応を批判した安倍首相のメールマガジンの記事で名誉を傷つけられたとして、首相に謝罪記事の掲載や1100万円の慰謝料などを求めた訴訟で、東京地裁は3日、請求を棄却する判決を言い渡した。

 永谷典雄裁判長は「記事は重要な部分で真実だった」と判断した。

 問題になったのは、2011年5月20日付の記事。東電が事故後、原子炉を冷却するために行った海水注入について、首相は「菅総理の海水注入指示はでっち上げ」との見出しで、「やっと始まった海水注入を止めたのは、何と菅総理その人だった」などと記載していた。


日本テレビ系(NNN):安倍首相メルマガ訴訟 菅元首相全面敗訴
12月3日(木)17時5分
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20151203-00000054-nnn-soci
 菅直人元首相が、原発事故への対応を巡り、安倍首相のメールマガジン記事で名誉を毀損(きそん)されたとして、安倍首相本人を訴えていた裁判で、東京地裁は菅元首相全面敗訴の判決を言い渡した。

 この裁判は2011年5月、安倍首相が自らのメールマガジンに当時の菅首相の原発事故への対応について、「菅総理の海水注入指示はでっち上げ」「海水注入を止めたのは何と菅総理その人だったのです」などと掲載した記事を巡り争われているもの。

 菅元首相は「自らが海水注入中断を指示したことはなく、記事は虚偽だ」として安倍首相に1100万円の慰謝料などを求めていた。

 3日の判決で東京地裁は原発事故直後の菅元首相について、「海水注入を中断させかねない振る舞いがあった」と指摘した。その上で、メールマガジンの記事は重要な部分が真実で、名誉毀損には当たらないとして、菅元首相の訴えを全面的に退けた。




菅さんに名誉なんかあったかな・・・?
という疑問はさておき、
当時は以下のように報道されています。

当ブログ:「海水注水中断せず」現場判断の吉田所長はさすが! 一方、処分を含め検討と言う変な東電、グダグダ政府
2011-05-26
http://doumin.exblog.jp/13657986/

※抜粋

▼現場の吉田昌郎・福島第1原発所長が注水継続が必要と判断し、「空白の55分」を防いでいたことがわかった。しかし、東電は吉田所長について「処分も検討する」としており、ネット上には怒りの声が溢れている。
▼政府と東電の説明が二転三転
▼吉田所長の人柄
▼原子力安全委員会の班目春樹委員長「私は何だったのか」
▼原発の海水注入、実際は中断せず 東電「所長判断で継続」(日経)
▼福島第一の海水注入中断せず 東電所長、本社に無断(朝日)
▼海水注入に、本店が「もったいない」と難色を示していたことが明らかになった。東電の発表を国が止めようとしたため情報公表が遅れたことも判明。(日経)


この後、
「撤退を菅首相が食い止めた」
「海水注入は菅首相が指示した」
などと言いだしたんでしたっけ?
これは本当に、故・吉田昌郎元所長を愚弄していると思います。

<関連記事>
福島第1原発、吉田所長が事故後初のメッセージ 謝罪とともに感謝の意「国内外の励ましの言葉が心の糧」 2011-08-19
福島第1原発吉田所長が入院、退任へ 病名非公表(東電) 放射能の影響ではない(細野) 因果関係公表(枝野) 2011-11-29
福島第一原発・吉田昌郎元所長が逝去・・・心よりご冥福をお祈り致します 2013-07-09


そもそも、2年も待ってから提訴した理由は?
(メルマガは2011年5月20日付。吉田元所長が亡くなられたのは2013年7月9日。菅さんが提訴したのは2013年7月16日。吉田氏が亡くなられた1週間後に提訴って・・・)

菅さんといえば、
パフォーマンスのためにヘリを飛ばして視察・なぜか現場で怒鳴り散らして邪魔をしてみたり、
SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)とAMS(実測値)を隠蔽したり、
政府の原子力災害現地対策本部長が10日間も不在だったことを隠蔽したり、
避難所を掃除しろなどと言って被災者を困惑させたり、
復興相や経産相など、度重なる人事のゴタゴタ、
問題だらけの太陽光発電推進など、
大変多くの、且つ取り返しのつかない大失敗が有名です。
それらをぜーーーーーーーーーんぶ棚に上げ、
「ぼくのてがら」を主張し提訴とは、呆れて物も言えません。
安倍政権に対する攻撃のつもりでもあるんでしょうが、
あまり頭のよろしくない人たちが集まって考えたのがミエミエ。
(まぁ菅さんらしいし民主党らしいですけどね)

でも今回の判決で、
>安倍氏のメルマガ記事は真実
とされた上、
>菅元首相の資質や政治責任を追及するもので公益性があった。
>海水注入を中断させかねない振る舞いがあった。
とまで指摘されたので、良かった。
(これには爆笑。正直、弁護士さんはどなた?と聞きたくなるほど、見事な判決だと思います。菅さん側の弁護人も知りたい(笑))



さて。
菅さんが控訴するのかどうかは知りませんが、

d0164331_12171117.jpg

街頭演説中の菅元首相
(2012年衆院選)

「脱」原発、「卒」原発というかけ声が連呼される選挙を象徴するように、演説する菅の足元には白地に赤で「原発ゼロ」と書かれた手製の踏み台があった。それを見た通学途中の小学生がやじを飛ばした。

「これって、意味あるんですか?」


出典:産経新聞 2012.12.7


※首相経験者が比例名簿に名を連ねるだけでも珍しいことなのに、なんと菅さんは2度も比例復活という異例の事態に。現職大臣で落選者を出した民主党らしい珍事とも言えそう。


そろそろ現実を見たほうが良いのでは。

4列目の男で市民ゲリラで引きこもりの仮免総理だった菅さんには難しいかもしれないけれど、
ほんの一部の人間に持ち上げられることと現実との差、
「ぼくのてがら」等々と足掻いても憧れの名宰相にはなり得ないという事実、
菅さんがあれこれ動いたところで影響力はないという事実を、
もうこのあたりで冷静に受け止めたほうが、ご自身のためにもなるのではありませんか?



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連リンク

ルーピー鳩山に対して菅さんが。

菅直人オフィシャルブログ:元総理の発言
2013-01-18
http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11451494971.html
 鳩山さんの海外での発言が物議をかもしている。鳩山さんは素直に個人の意見と思って発言しているようだ。しかし、元総理という立場を考えれば、意見を言うにも、どこで発言するのか、誰に言うのか、マスコミに流れるように言うのか、それとも個人的に伝えるのか、そうした事を考えて発言する必要がある。歴代総理もそうしているはずだ。



判決前のブログ。
自信満々です。

菅直人オフィシャルブログ:安倍晋三議員の虚偽メルマガ
2015-12-01
http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-12101576528.html



2014年11月に公開されたヒアリング記録です。

内閣官房:政府事故調査委員会ヒアリング記録
http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/hearing_koukai_3/hearing_list_3.html



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治

■関連カテゴリ:東日本大震災(東北太平洋沖地震)

トップページ
[PR]
by doumin | 2015-12-03 17:50 | 政治 | Comments(0)
維新の党が佐藤のりゆき氏擁立を目指していた(笑)来年夏の参院選で/衆院道5区補選で共産党との協力はせず
橋下さんじゃないほうの維新の党が、
代表選をやっているようです。

維新の党・松野頼久氏らが街頭演説 認知度の低さを露呈する結果に
2015年11月28日 20時48分
http://news.livedoor.com/article/detail/10887765/
ざっくり言うと
▼28日、維新の党の代表選に立候補した松野頼久代表らが新宿で街頭演説をした
▼党関係者によると、「拍手が少なく、手応えがなかった」と反応は今ひとつ
▼同党がほとんど認知されていないことを浮き彫りにする結果となったようだ

産経:【維新の党代表選】松野、小野両氏街頭演説も反応今ひとつ 「知っている人は橋下さんだけ」の声も…




札幌でも立会演説会を開催したそうなんですが、



松木けんこうFacebook

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1060816243937035&id=870688479616480
札幌とその近郊のみなさまにご案内します。11月29日の14時から、札幌市中央区北5条西7丁目の京王プラザホテル札幌3階「雅の間」で維新の党代表選挙立候補者立会演説会を開催します。どなたでもご入場できますので、候補者2人の議論を直にお聞きください。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=494261317420654&id=100005103697886
先程、京王プラザホテル札幌で、維新の党代表選挙立候補者立会演説会が行われました。




なんと佐藤のりゆきさんの擁立を目指していたとのことで、
笑ってしまいました。

HBC:衆院道5区補選 維新の党「共産党と協力せず」
11月29日(日)17時59分
http://news.hbc.co.jp/11291801.html
※抜粋
維新の党の松野頼久代表と小野次郎総務会長の2人による立会演説会が札幌で行われました。
その中で2人は、来年4月に行われる衆院道5区の補欠選挙で、共産党と協力した統一候補は出さないと明言しました。5区の補選をめぐっては共産党の志位委員長が「野党で協力できたら候補者は取り下げる」と発言していました。また来年夏の参院選について、元キャスターの佐藤のりゆき氏の擁立を断念したことを明らかにしました。




佐藤のりゆきさんは今年4月の道知事選で敗北後、
公式サイトもFacebookもTwitterも放置状態。
こういう人はだめでしょう。
また、選挙期間中も何やら色々と指摘されていましたし、
討論会では驚くほどの浅はかさも露呈しました。
ただ、佐藤さんは知名度だけは高いので、
維新としては色々な目論見もあるんでしょうけどね。

<関連記事>

まぁ、維新が佐藤さんを擁立しようが断念しようが、
共産党と協力しようがしまいが、
どうでもいいけど。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

道新:北海道5区補選、共産候補取り下げも 志位氏 野党共闘に意欲
11/27 08:30、11/27 08:37 更新 ※2015年
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0206586.html



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治

トップページ
[PR]
by doumin | 2015-11-30 15:33 | 政治 | Comments(0)
道選管が「平成27年度北海道政治講座」開催 本年度は18歳選挙権をメインに講演とパネルディスカッション等
北海道選挙管理委員会が「18歳選挙権」を大きなテーマとした討論会を開催しました。
先日、江別で開かれたイベント(ゲストは五寸釘ほなみさんら)とは大違いですねぇ。

北海道 報道発表資料:平成27年度北海道政治講座の開催について
選挙管理委員会事務局
11月10日(火)発表分 ※pdf
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tkk/hodo/happyo/h27/11/271110-04seijikouza.pdf


STV:高校生が考える「選挙」は
(2015年11月19日(木)「どさんこワイド179」)
http://www.stv.ne.jp/news/item/20151119182213/index.html
来年の選挙からスタートする「18歳選挙権」について考える討論会が札幌で開かれました。学生からは選挙や政治への関心を高めるための素直な意見が出されました。
(高校3年生)「クラスの中では正直(政治に)関心が無い」
(大学3年生)「受験生の時はあまり政治のことには興味は無なかった」
札幌市内の高校生や大学生たちが討論しているのは、来年の参議院議員選挙から実施される「18歳選挙権」
ことし6月の公職選挙法改正で選挙年齢が18歳以上に引き下げられました。いかに、18歳から20歳までの若者に、選挙への関心を持ってもらうかが大きな課題となっていますが 学生から、こんな注文も・・・。
(高校1年生)「政治に関心を持つためには行政として政治について話し合う機会を設けて欲しい」
また、学生を指導する現場の先生からは「政治」という言葉が学生に誤解を産んでいると指摘します。
(札幌龍谷学園高等学校・櫻田典子教諭)「(学生は)政治というと拒否反応。普段の生活が政治に結び付いていると説明すると納得する」
専門家は若者たちの声を大事にすることが重要と話します。
(札幌大学・浅野一弘教授)「私は46歳、18歳の若者と感覚がずれている。若者の声を聞くことが、非常に重要」
新しく選挙に参加する若者の意見を如何にくみ取り投票に繋げるか。今後、行政、教育現場と一体となった積極的な取り組みが求められます。


NHK:若者の政治参加 高校生が討論
11月19日 19時02分
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20151119/3560591.html
d0164331_14504673.jpg

来年夏の参議院選挙から選挙権を得られる年齢が18歳以上となることを受けて、19日、札幌市で高校生らが若者の政治参加について意見を述べる討論会が開かれました。
この討論会は道選挙管理委員会が開いたもので、高校生や大学生、それに高校教諭らがパネルディスカッションを行いました。
この中で、独自に模擬投票の授業を行っている札幌龍谷学園高校の櫻田典子教諭は「政治を遠い世界のものと捉えている生徒が多いが、自分の悩みと政治がつながっていて、それを変える手段として投票があることをもっと知ってほしい」と述べました。
またインターネットなどを通して、高校生が政治を語り合う取り組みに参加している高校1年の松山泰斗さんは「若者の意見がより政治に反映されることになりよかったと思うが、行政にはさらに若者が政治を語り合う場を設けてもらいたい」と述べました。
選挙権を得られる年齢が18歳に引き下げられることで、道内ではおよそ9万6000人が新たに有権者となることから、道選挙管理委員会は希望する高校には政治に関心を高めてもらう授業を実施しています。
討論に参加した高校3年の女子生徒は「選挙権を得たら家族みんなで投票に行き、将来のことを考えつつ投票したい」と話していました。


HTB:「18歳選挙権」をテーマにパネルディスカッション
2015/11/19(木) 19:50
http://www.htb.co.jp/news/archives_1447930228_19006.html
 選挙年齢が18歳以上に引き下げられたことを受け、19日、高校生らが「選挙権」について話し合いました。

 道選挙管理委員会が主催するパネルディスカッションには、18歳の高校3年生や高校の教師、大学生らが参加しました。
 選挙年齢が引き下げられれば若者の意見が政治に反映されるようになるので嬉しいと述べる一方で、政治に無関心な若者も多く、どれだけの人が選挙に足を運ぶのか不安だ、という声も聞かれました。
 18歳以上による投票は、来年夏の参院選からの予定です。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治

トップページ
[PR]
by doumin | 2015-11-20 13:03 | 政治 | Comments(0)
噂話レベルの質疑が得意な民主党・徳永エリ参議院議員、またまた的外れな質問で甘利TPP担当相を呆れさせる
限られた時間を無駄に使う才能に長けている、
民主党・徳永エリ参議院議員(北海道選出。任期は2010年~2016年)の質疑です。

参議院インターネット審議中継:予算委員会
徳永エリ(民主党・新緑風会)
2015年11月11日
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/detail.php?ssp=23822&type=recorded


youtube:徳永エリ(民主)vs安倍総理呆れ顔「まったく間違った長い質問だと甘利大臣からも指摘されてしまうトンデモ質疑(笑)」[国会中継]最新
2015/11/11



ニコニコ動画:H27/11/11 参議院予算委員会・徳永エリ【甘利氏もあきれ顔】





冒頭のみ文字起こし。



>総理ご存知でしょうか。北海道はー、国土の22%の面積です。首都圏からはるかに遠い。1年の半分を冬に、雪に閉ざされている。そして地域によっては、農業も作れるものと作れないものがあって、農業の形も色々とあります。

釈迦に説法ですか(笑)。



>そして、今までそういったハンディキャップを背負いながらも、北海道の農業者の方々は、国の政策に従って、規模拡大を進め、生産コストを削減し、必っっっ死の努力を続けてまいりました。そして、やっっっと、

テレビを意識しているためか、ものすごく芝居がかっていて妙な感じです。
でもたぶん、こういうのを「弱者に寄り添っている(ように見える)」と勘違いするんでしょうねぇ。



>やっとみんなが安心して、農業を続けていける。ま、後継者不足の問題もありましたけれども、皆さんは、安心して、農業を続けていける。

んっ?
安心?
何がきっかけで?



>そんな雰囲気だった時に、

えっ?!
"雰囲気"の話ですか?
あまりにも抽象的だけど、今ここで立ち話ですか?
でもここは国会ですよね?



>このTPPの話が出てまいりました。

これにはびっくり!
これを言うための前置きが、
聞きかじった話と想像で適当にストーリーを創作し批判に持っていくお得意のあれ。
「後継者不足の問題があったが、やっと安心して農業を続けていけるという雰囲気」
も、いつのことなのかさっぱり分かりません。

ですが、とりあえず事実と仮定して、
TPPの話が"出てきた"と言えば、この時。
まさか忘れてはいないですよねぇ?

首相官邸:第176回国会における菅内閣総理大臣所信表明演説
平成22年10月1日(金)
http://www.kantei.go.jp/jp/kan/statement/201010/01syosin.html
※抜粋

 国民の皆さん、国会議員の皆さん、菅直人です。六月に政権を担って四か月、九月に民主党の代表に再選され、党と内閣の改造を行い、政権を本格稼働させる段階に入りました。「有言実行内閣」の出発です。

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉等への参加を検討し、アジア太平洋自由貿易圏の構築を目指します。



ちなみに、野田さんもこんな感じでした。

当ブログ:道内民主候補者、姑息な民主党隠し…ロゴを小さくする、のぼりを使わない等 党の積極姿勢に反しTPP反対も
2012-12-01
http://doumin.exblog.jp/17339205/
※抜粋
積極姿勢を示している野田首相が北海道入り。
でもTPP交渉参加については直接言及なし。




文字起こしをした部分以降は見る気を失ったので、
ざっとニュースを検索してみると・・・。

参院予算委 民主、徳永エリ議員また的外れ質問 甘利氏あきれる
産経新聞 11月11日(水)13時8分 ※2015年
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151111-00000532-san-pol
http://www.sankei.com/politics/news/151111/plt1511110017-n1.html

閉会中審査の参院予算委員会で質問する民主党の徳永エリ氏=11日午前、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)(写真:産経新聞)

 参院予算委員会は11日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)などをテーマとする閉会中審査が行われた。ところが、満を持して登場したはずの民主党議員からは、勉強不足を疑われてもおかしくない質問が飛び、安倍晋三首相や甘利明TPP担当相は時にあきれ顔で答弁した。

 質問者は農業や酪農が盛んな北海道選挙区選出の民主党のトップバッターとして登場した徳永エリ参院議員。徳永議員は「強制労働で生産された物を輸入しないことを奨励すると規定しているが、これは競争条件を公平にするため、(労働賃金が安い)新興国に対して労働規制を強化しろと言っているのではないか」「(新薬のデータ保護期間)の延長で、安価なジェネリック薬品を作れなくなり、日本国内の医療費が恐らく膨らむ」などと7分間にわたって質問を続け、「この分析は間違っているでしょうか」と問いかけた。

 すると甘利氏は「全く間違っている。本当に御党の中で、そういう認識が共有されているとは思えない」と一蹴。「児童労働とか過酷な労働で安い賃金で作った物に競争力はつくかもしれないが、裏に過酷な実態がある。その是正を図ったわけで、企業の収益というよりも人権の問題から出てきた話だ」などと強調した。

 首相も立ち上がり「(新薬の)データ保護期間は8年になったが、日本はもともと8年だった。なので、日本でジェネリックを作っている方々に何か変化があるわけでは全くない」などと説明した。

 徳永氏は米国が交渉の最終局面まで主張した「12年」と勘違いしていたのか、一瞬言葉に詰まり、「まあ、いずれにしてもジェネリック薬品を作れなくなるということで、データの移管でもめたのですね」などと応じるのが精いっぱいだった。

 また、徳永氏は「ブルネイ、シンガポール、ハワイ、アトランタに行き、交渉関係者の方々と情報交換をしてきた」と前置きしたうえで、「カナダの関係者から『どうして日本は大筋合意を急ぐんだ』と言われた」とただした。

 すると甘利氏は「カナダのよっぽど下っ端の人と話されたんだと思う」と皮肉たっぷりに応じ、「交渉を急いだのはカナダだ。総選挙に入ってしまうから。カードもばんばん切ってきた。関係者がそういうのはトップの意思が伝わっていないのだろう」と全否定した。


日経:TPPでバラマキせず、一億総活躍へ政策総動員 首相が表明
2015/11/12 0:41
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H4X_R11C15A1PP8000/
※抜粋
 後発薬の保護期間を巡って、民主党の徳永エリ氏は「安価なジェネリック薬品(後発薬)が手に入りにくくなる」と表明。首相は「日本でジェネリックを作っている方々に変化があるわけではない」と反論した。

 バイオ医薬品の特許は大手製薬会社を抱える米国が12年間の保護を訴えたが、オーストラリアなどは5年以下を主張。「実質8年」で決着しており、もともと8年だった日本への影響は限られるという主張だ。



本当に、この人は全く成長しませんね。
国会は井戸端会議ではないことに未だに気付いていないし、
「いずれにしても~」を誤用して無理矢理ごまかすのも変わっていない。

指摘ではなく批判ありきで物事を進めようとするからこうなる。
そんな人間に、まともな情報収集・情報交換など無理だし、
ブルネイに行こうがアトランタに行こうが、生むのは無駄だけ。
そして、噂話レベルで質疑に立って、こうやって浅はかさを露呈する。

これがトップバッター(しかも55分間も)・・・と思うけれど、
こんなのしかいないんでしょうねぇ、民主党には。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

民主党幼稚園の園児たちと、転園した園児も集まって、
新しい政治ごっこを始めたがっているようです。

「民主解党」岡田氏に要請へ=前原、細野、江田氏が一致
時事通信 11月11日(水)21時54分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151111-00000159-jij-pol


細野・江田両氏会談 「年内に両党解党し新党結成がベスト」
フジテレビ系(FNN) 11月12日(木)5時17分
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151112-00000190-fnn-pol


<民主党・維新の党>前原氏、江田氏「解党して新党」で一致
毎日新聞 11月12日(木)6時30分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151112-00000002-mai-pol


細野、前原両氏が民主党解党を申し入れへ 江田・維新の党前代表と合流で一致
産経新聞 11月12日(木)12時44分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151112-00000525-san-pol



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治

トップページ





.
[PR]
by doumin | 2015-11-12 15:14 | 政治 | Comments(0)