和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:スポーツ( 25 )
アサヒビール直営BARの終身名誉店長に就任したフィギュア高橋大輔選手、進退と浅田真央選手について語る
どさんこワイド179 特集:5/20(火)放送 ※2014年
http://www.stv.ne.jp/tv/dosanko/eve/tokushu/index.html?idno=20140520135221
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
本日5月20日(火)に札幌市内で行われたイベントに、フィギュアスケーターの高橋大輔選手(※高は“はしごだか”)が登場!来シーズン、休養を表明している高橋選手の進退など、急式アナウンサーがインタビューしました。

アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR札幌
【住所】札幌市中央区南2条西4丁目(狸小路4丁目)
【営業期間】5月21日(水)~9月30日(火)


こちらは期間限定で狸小路4丁目にオープンするビール会社直営のBARです。そのお店の終身名誉店長に高橋大輔選手が就任しました。明日5月21日(水)のオープンを前に、報道公開が行われ、ビールの初注ぎも披露した高橋選手。上田市長と一緒に乾杯しました。


インタビューでは、報道陣を代表して急式アナウンサーが質問を行いました。

Q:北海道もしくは札幌の好きなところはありますか?
高橋選手:夏は毎年、札幌で合宿をしていて、本当に快適な気候で。よく豊平川を走っているのですが、あの川もすごく素敵です。

Q:来季は休養…今後について
高橋選手:今はほぼ考えていません。スケートをメインに考えているとなかなか時間がとれなかった色んなジャンルのダンスや語学をメインにやっていけたらなと思います。

Q:現役という意味で氷の上に戻ることについて
高橋選手:それはゆっくり考えたいです。もう一度挑戦してみたい気持ちはありますが、次、挑戦するとなると覚悟がいることなので中途半端な気持ちではできないと思っています。自分が覚悟を持ってやるのであれば戻ってきたいです。

Q:昨日発表された、浅田真央選手の休養について
高橋選手:浅田選手と「今後どうする?」と話したこともあります。「真央が思うようにするのが一番じゃない」と話したりしていました。ソチ五輪では、メダルが獲れなかった悔しさと、最高の演技ができた嬉しさの、両方を持っていると思うんですよね。一度くらいゆっくり休んで、じっくり考える時間が必要だと思いますので、彼女の決断は良かったのではないかと思います。焦らずゆっくり考えてもらえたらなと思います。

※掲載の情報は放送当日の内容です。
  この内容は変更になる場合がありますので、詳細は当該の場所へ
  お問い合わせ下さい。


札幌経済:札幌に「エクストラコールドBAR」初出店-高橋大輔選手が来店
2014年05月21日
http://sapporo.keizai.biz/headline/2089/
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
 札幌・狸小路商店街に5月21日、「アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR」(札幌市中央区南2西4 TEL 0120-057-678)が期間限定でオープンした。

 アサヒビール(東京都墨田区)が2010年に東京・銀座に初めて展開し、昨年は全国7カ所(銀座・仙台・名古屋・京都・大阪・広島・福岡)で展開した。今年は札幌と六本木を加え9カ所に拡大する。累計来店者数は今年のオープン期間中に100万人を超える見通しで、札幌店では4万2000人の来店を見込む。

 エクストラコールドは通常の温度よりも低い氷点下(-2度~0度)で「アサヒスーパードライ」を飲むビールの新しい楽しみ方。店内では「エクストラコールド」を自分でつぐマイスターコーナーを設置。体験者には「エクストラコールドマイスター認定証」を進呈する。

 黒を基調にした店内はスタンディング形式になっており、40人が利用できる。ドリンクメニューは「エクストラコールド」「ドライブラックエクストラコールド」「アサヒスーパードライ」(以上570円)、今年3月に発売した「アサヒスーパードライプレミアム」のたる生(600円)、ソフトドリンクなど。氷を入れてビールを楽しむ「ドライブラックBAR STYLE」は、ライム、オレンジ、パイナップルの3種類(各570円)を用意する。

 フードは、札幌ならではのメニュー「噴火湾産ホタテバター焼き」「南富良野産プレミアムエゾ鹿肉の三種盛り合わせ」(以上800円)、「小樽産ソイのカルパッチョ」(400円)、「羽幌産甘エビパン」(500円)など。1杯目のビールには「明太じゃがバターディップのグリッシーニ」が付いてくる。

 オープン前日には、終身名誉店長に就任したフィギュアスケーターの高橋大輔選手がスタッフと同じユニホーム姿で登場。進化したエクストラコールドに関連してスポーツ選手としての自身の進化について質問されると「たくさんの人の期待に応えて成長するためにどうすればいいかを常に考え進化してきた。今年は少しスケートから離れて新しい経験を積んでさらに進化したい」と語った。「札幌は毎年合宿で来ていて大好きな街。エクストラコールドで札幌の人を元気にできれば」と新店をピーアールし、終身名誉店長として初つぎを披露した。

 営業時間は11時30分~23時(日曜・祝日は22時まで)。9月30日まで。



エクストラコールドの初つぎを行う高橋大輔選手(2014-05-21) ※画像
http://sapporo.keizai.biz/photoflash/2528/
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)

http://sapporo.keizai.biz/headline/photo/2089/
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)



スポニチ:高橋大輔 真央の相談に乗ります「一緒にビールでも」
[ 2014年5月21日 05:30 ]
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/05/21/kiji/K20140521008203230.html
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
 男女のエースが進退について語り合う。フィギュアスケート男子で来季(14~15年シーズン)の休養を4月に表明した高橋大輔(28=関大大学院)が札幌市内に期間限定でオープンする「アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR札幌」のプレスプレビューに出席した。

 浅田真央(23=中京大)が19日に来季休養を表明したことについて「凄く良い選択。23歳で次の五輪を目指すには覚悟がいる」と言及。高橋も休養後の進退は未定だが、「相談があれば話し相手にはなる。(浅田の拠点の)名古屋に出張して一緒にビールでも飲みたい」と浅田をサポートする考えを示した。

 浅田はこの日、各種メディアに登場。TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」には初めてラジオに生出演し、「今は練習量が少ないので、ちょっと太ってきてるなって感じる」と話すなどリラックスムードだった。


道新:笑顔もビールもごちそうさま 高橋大輔さんがPR 札幌(05/21 10:42)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/540515.html
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)

画像=狸小路の飲食店でビールをPRする高橋大輔さん 狸小路の飲食店でビールをPRする高橋大輔さん

 バンクーバー冬季五輪のフィギュアスケート銅メダリスト高橋大輔さん(28)が20日、札幌市中央区の狸小路に現れ、21日に同所にオープンする「アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR札幌」をPRした。

 道内初出店の同BARは9月30日までの期間限定。アサヒビールの「スーパードライ」を氷点下2~0度まで冷やした商品が味わえ、高橋さんは終身名誉店長として来店した。

 「泡がきめ細かく、キレがあっておいしい」とPRした高橋さんのスケーティング技術と同様、研ぎ澄まされたビールが楽しめそうだ。<北海道新聞5月21日朝刊掲載>




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:スポーツ

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-05-21 14:19 | スポーツ | Comments(0)
真の戦士・3Aの浅田真央選手 心から愛され、世界中を感動させ、歴史に名を残す
このときをずっと待っていた。


プルシェンコがクワンが!真央のフリー演技に世界の名スケーターたちが感動
2014年02月21日 10時39分
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/2014sochi/237029/
d0164331_14453085.jpg

 真央の“最高の演技”に世界のスケーターたちが感動した! ソチ五輪フィギュアスケートの女子シングルでショートプログラム(SP)16位からフリーで6位に巻き返した浅田真央(23)にプルシェンコら有名スケーターたちからツイッターで賞賛の声が寄せられた。

 前夜のSPではミスが重なり16位となった浅田。そんな彼女に対しツイッターでは世界中のファンがハッシュタグ「#GoMao」「MaoFight!」をつけ応援。さらに長野五輪男子シングル銀メダリストのエルビス・ストイコや長野五輪女子シングル銀メダリストのミシェル・クワンら海外の有名スケーターたちからもエールを送られた。

 そんな応援に応えるように一夜明けたフリー。浅田は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させると計8度の3回転ジャンプをすべて決める完璧な演技。今季自己ベストの142・71点をマークし、集大成となる五輪を締めくくった。

 大きすぎるSPのショックからの劇的な″復活”に対し、世界の名スケーターたちからは惜しみない賞賛がツイッター上で寄せられた。

″皇帝”エフゲニー・プルシェンコは「真央は素晴らしかった。トリプルアクセルは特に良かったよ。君は真の戦士だ」と前夜のミスを引きずらずトリプルアクセルを成功させた浅田を賞賛。また前夜のショートプログラムの際「ミスは残念だけど、このプログラムは大好き」と応援したバンクーバー五輪銅メダリストのジョアニー・ロシェット選手も「真央!なんてスケート!なんてファイターなの!」とミスをはねのけたハートの強さをたたえた。

 演技後には感極まり涙を流した浅田。前夜のミスからの復活にこれまでのスケーティング人生の集大成。氷上では点数に表れない思いが伝わった。

 クワンは「真央の姿に涙した。一生忘れない演技だった」と感動のコメント。トリノ五輪男子フィギュア銅メダリストで、金メダリスト羽生結弦の振り付けを担当したジェフリー・バトルは「僕の目から涙がこぼれた。ありがとう真央。華麗だったよ」と感動をつづる。

 10代のころから浅田と切磋琢磨してきた安藤美姫も「真央を誇りに思います。今夜の浅田真央こそが本当の彼女。ソチで彼女は自身のベストの演技をしました! ありがとう」とツイート。誰しもがその演技に胸を打たれた。

 フリー終了後、世界中から寄せられたエールについて「昨日はすごく悔しい思いをして、心配してくださった方もたくさんいると思うんですけど、今日こうして自分の中で最高の演技をできたので、恩返しができたと思います」と語った浅田。その思いが世界中に届いたことは間違いない。


【写真特集】ソチ五輪 フィギュアスケート女子 2014年02月20日
http://sportsspecial.mainichi.jp/graph/2014sochi/figureLadies/068.html
d0164331_22245570.jpg
【フィギュアスケート】女子フリーで華麗に演技する浅田真央=ロシア・ソチのアイスベルク・パレスで2014年2月20日、貝塚太一撮影



SPの日の朝の練習と演技前の6分間練習のときは、
表情がとても曇っていて、強い不安に襲われているような雰囲気でした・・・。
あんな顔の真央ちゃんは見たことがなく、こちらも強い不安を感じるほどでした。

でも、フリー演技前の6分間練習のときは、
目には闘志が宿り、腹を決めた・・・まるで侍のように見え、
前日の表情とは全然違っていました。

そして、あの素晴らしい演技をやってのけました!!!
3Aが飛べる(女子では伊藤みどりさんと真央ちゃんのみ)ということだけでも奇跡なのに、
エイト・トリプルという前人未到のプログラムを完璧に滑りきり、
さらに浅田真央という一人のトップアスリートの人間性や生き様までも表現したのです。
何と言う強さ、何と言う美しさ、何と言う神々しさ・・・。
もう言葉では言い表せません。

世界中から愛される浅田真央選手は、非常に多くの人々の心に深く刻まれました。

真央ちゃんのあのはじけるような最高の笑顔が見られなかったのは少し心残りだけれど、
まさに有終の美を飾った。
真央ちゃんが満足ならそれでいい。
日本人が忘れかけていたものをも思い起こさせてくれた真央ちゃん。
日本人として、誇りに思います。
ほんとうにありがとう、真央ちゃん。
ほんとうに、お疲れ様でした。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

毎日:<写真記者協会賞>貝塚記者「浅田真央 氷上の涙」に部門賞
2014年12月5日(金)17:55
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20141206k0000m040016000c.html
(魚拓)
※抜粋
 東京写真記者協会(新聞、通信、放送など加盟34社)は、今年の優れた写真に贈られる協会賞と部門賞(7部門)を発表した。毎日新聞社は、スポーツ部門(海外)で、貝塚太一記者が、ソチ五輪で女子フィギュアスケートの浅田真央選手がフリーの演技を終えて涙を流しながら観衆に応える姿を撮影した「浅田真央 氷上の涙」が部門賞を受賞した。協会賞は、御嶽山が噴火した翌日に、稜線(りょうせん)でうずくまっていた生存者の姿を捉えた産経新聞社の航空写真「火山灰の中に生存者」。



受賞したのは以下の写真だと思われます。

【写真特集】ソチ五輪 フィギュアスケート女子
2014年02月20日
女子フリーの演技を終え、涙を流して観客の声援に応える浅田真央=ロシア・ソチのアイスベルク・パレスで2014年2月20日、貝塚太一撮影
http://sportsspecial.mainichi.jp/graph/2014sochi/figureLadies/090.html
(魚拓)




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■カテゴリ:スポーツ

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-02-21 10:10 | スポーツ | Comments(0)
必見!漫画でわかるフィギュアスケートの異常採点 失敗しても高得点の理由/日本スケート連盟の問題点
銀河点でおなじみのキム・ヨナ選手ですが、
どこがどのように異常なのか、漫画で解説されている方のブログを発見。
(プロの漫画家の方でしょうか?)
写真もたっぷりと使われていて、とても分かりやすいです。

こんな感じ↓ 必見です!

d0164331_173944100.gif


ぶくぶく さんより

最初のお話・1 - 2014.01.26 Sun
http://bukubukugame.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

最初のお話・2 - 2014.01.26 Sun
http://bukubukugame.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

「表現力」と「バレエ」・1 - 2014.02.16 Sun
http://bukubukugame.blog.fc2.com/blog-entry-12.html

「表現力」と「バレエ」・2 - 2014.02.16 Sun
http://bukubukugame.blog.fc2.com/blog-entry-13.html

「表現力」と「バレエ」・3 - 2014.02.16 Sun
http://bukubukugame.blog.fc2.com/blog-entry-14.html

「表現力」と「バレエ」・4 - 2014.02.16 Sun
http://bukubukugame.blog.fc2.com/blog-entry-15.html

素晴らしい動画集 - 2014.01.26 Sun
http://bukubukugame.blog.fc2.com/blog-category-2.html




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連リンク

著書も出されている有名ブロガーさんのサイトです。
自己採点と実際の採点の比較、解説、動画等も。

ときどき黒猫 さん
http://azplanning.cocolog-nifty.com/

黒猫さん運営 フィギュアスケート保護連合(略称:FPU)
http://fpu.nobody.jp/
FPU(Figure skating Protection Union)は、フィギュアスケートの未来を守りたいという気持ちから誕生しました。
フィギュアスケートファンの交流をはかりながら、不可解な採点の真相を究明してフィギュアスケートが公明正大なスポーツとして、多くの方々から信頼を得られるように、関係各所への働きかけをいたします。
会の趣旨に賛同していただければ、どなたでも会員になることができます。会費は必要ありません。
FPUは、フィギュアスケートを愛する皆様のご協力をお待ちしております。




2010年バンクーバー五輪のスコアについて。
(バンクーバー男子の金はライサチェク、銀はプルシェンコでした)

浅田真央が戦ってきたもの
http://www31.atwiki.jp/injustice/
日本の皆さんは、「浅田真央がノーミスなら当然金メダルだったはず・・・」と思っているでしょう。
違います。
浅田真央の代わりにプルシェンコが滑って、4回転ジャンプをかましても、キム・ヨナに勝つのは無理なんです。
男子と同じPCS(*女子は×1.6、男子は×2.0)で計算すると、 キム・ヨナはジャンプが1回少ないにもかかわらず、ライサチェックの得点を超えます。




バンクーバー五輪後の世界フィギュアで。

なでしこスポーツ動画 さん
キムヨナの世界フィギュア2010フリー演技 【疑惑の銀メダル】【動画】
2010.03.28 Sun
http://idolsukiotoko02.blog27.fc2.com/blog-entry-1445.html
ジャンプで転倒する上にミス連発のヘロヘロ演技にもかかわらず、考えられない高得点の採点に助けられフリー1位となり、総合銀メダルとなり表彰台を死守しました。




気になる話をざっと集めてみると、
やはり韓国人の問題行動が突出します。

(当ブログ内)ソチ五輪 韓国人が英国人選手を脅迫,竹島メッセージ,浅田真央選手への嫌がらせ,キム・ヨナまた買収疑惑等 2014-02-19
http://doumin.exblog.jp/20375707/



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

週刊文春 2014年2月20日号:禁断レポート「サムスンマネー」と「反日ママ」の脅威
浅田真央「金」最大の壁 キム・ヨナ高得点の「闇」に迫る!
2014.02.12 18:00
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3646


キム・ヨナ 「怪しすぎる高得点」の裏カラクリを徹底調査(1)
2014年1月16日
http://www.asagei.com/19457

キム・ヨナ 「怪しすぎる高得点」の裏カラクリを徹底調査(2)
2014年1月21日
http://www.asagei.com/19508

キム・ヨナ 「怪しすぎる高得点」の裏カラクリを徹底調査(3)
2014年1月22日
http://www.asagei.com/19509




こういう意見もあるので、ご紹介します。

キム・ヨナ八百長疑惑に荒川静香が反論!「ジャンプの浅田、芸術性のキム・ヨナ」は誤解!? 2014.02.17 月
http://www.cyzo.com/2014/02/post_16159.html


ダントツの成績だった真央ちゃんは“年齢制限”のため2006年のトリノ五輪には行けなかったけど、
トリノに行けて、結果金メダルとなった荒川さんがこういう意見なのは仕方がないのかも。
キムを自分に重ねているという意味で。

でも、強い疑問は一向に払拭されませんね。

まず、2010年の世界フィギュアスケート選手権でのあの醜態で、
キムが何故銀メダルなのか、荒川さんの説明を聞いてみたい。

上記記事で荒川さんが言っている「キムのジャンプは確実」云々については、
ジャッジが自分に有利に出る・高得点が出ると分かっていて滑る人の心理状態を想像すれば、
簡単に論破できてしまいます。

また、逆に言えば「キムにはジャンプしかない」ということでもあります。
体力のなさや体の硬さを何となくうやむやに出来そうな振り付けと顔芸、
点数稼ぎの適当なジャンプを組み込み、
せめて1種類くらいは難易度高めなジャンプを確実に飛べるようにすれば、
曲がった軸足、各種スピンの汚さ、がに股イーグル、ヨレヨレスパイラル、ヘロヘロステップ等、
とても上位選手とは思えないレベルの低さを誤魔化すことが出来、
異常な加点も可能というわけです。
そういう意味では、たしかに荒川さんの言う通り「キムのジャンプは確実」ではありますね。

「芸術性のキム・ヨナは誤解」という部分には同意。
あんな汚い姿勢で芸術性なんかあるわけがないから。




日刊ゲンダイの記事なので、ちょっとどうかなとは思うんですが、
いちおうご紹介します。
(知事選云々は全くの的外れだと思います)

橋本聖子 都知事選見送りのウラに女帝vs真央の確執
2013年12月21日 掲載
http://gendai.net/articles/view/news/146809
魚拓1ページ目)(魚拓2ページ目
 次期都知事選に向け、自民党の候補者選びが難航している。20日午前、自民党都連所属の議員が都内のホテルに集まったが、出てきた答えは、一部メディアが「本命」と報じた橋本聖子参院議員(49)の擁立見送りだけだった。

 橋本は現在、日本スケート連盟の会長を兼務。来年2月のソチ五輪で日本選手団の団長を務める。周囲に「ソチに専念したい」と語り、本人が出馬に消極的だったのが、候補から外れた理由だ。橋本が都知事の座よりソチを選んだのは、選手団団長という要職を務めているためだけではない。

「橋本会長は、スケ連の“女帝”と浅田真央との確執が心配なのでしょう」と話すのはフィギュア関係者だ。スケ連の女帝とは、06年の連盟の不正経理事件で失脚した元理事でフィギュア部門強化部長だった城田憲子氏のことである。

「城田氏はアッという間に連盟に返り咲き、今も選手の指導にあたるなど完全に復権を果たした。どの国際大会にどの選手を派遣するのか、彼女はその権限を掌握し、息のかかった選手ほど有利な日程でシーズンを過ごせるといわれています」(フィギュア関係者)


ムチャな日程押し付けられ…

 この女帝と折り合いが悪かったのが、2年前に亡くなった真央の母だ。2人はスケ連の運営方針をめぐり、しばしば対立。そのためか、城田氏は前回のバンクーバー五輪直前に真央にムチャな日程を押しつけたのではないか、と疑われた。

「10月3週目にパリ大会に出場した後、すぐさまモスクワに飛び、その週末に再び大会に出場する強行軍。真央ちゃんの成績は低迷し、一時は五輪出場も危ぶまれた。2週ブッ続けの国際大会出場がたたったのです。そこで仲裁に入ったのが、橋本会長です。その年の11月に浅田サイドと会談し、“環境整備”を約束した。以降、真央ちゃんは復調して前回五輪で銀メダルを獲得したのです」(フィギュア関係者)

 以来、橋本は浅田の後ろ盾となってきたが、ソチ直前の大事な時期にスケ連を離れたら、また女帝VS.真央の確執が再燃しかねない。今の橋本にとって都知事より真央のメダルが優先なのだ。



お母様が一生懸命に守ってきたんですね。
あぁ、お母様がご健在だったら・・・・・・・・・と、悔やまれます。
本当に真央ちゃんは試練の多い子で、知れば知るほどつらくなります・・・。

もともとの素晴らしい才能と、その才能ゆえの長く長く苦しい努力。
3Aを飛ぶために、将来子供が産めなくなる危険性のあるところまで体脂肪率を下げ、
文句ひとつ言わず、日々、血の滲むような努力を長い間黙々と重ねてきました。
そして、お母様が若くして逝去されるという、信じられない不幸がありました。

真央ちゃんは、非常に多くのつらく苦しい出来事を乗り越えてきたのです。

なのに、あの透き通るような、まるで妖精か天使のような、
一点の曇りも無い人柄は、一体どこから来るのでしょうか?

(以下、素人考えで色々述べていますが、真央ちゃんは他の選手云々よりも自分との闘いが一番大きいんだろうな、と私は想像しています)




それにしても、フィギュアには不快なことや疑問に思うことが多すぎる。

以前からの韓国によるロビー活動、審判買収疑惑、
真央ちゃんへの嫌がらせや数々の妨害行為はもちろんですが、
日本のマスコミによる「キム・ヨナはすごい選手キャンペーン」が相当酷かった。
荒川さんの「(浅田選手のジャンプが)完璧ですね」と解説した部分をカットしてみたり、
違う場面でのブーイングを真央ちゃんへのブーイングとしてみたり、
フジテレビでの安藤優子さんのあの酷いインタビュー等々。
つい最近では、
「キム・ヨナがどこそこの大会で復活した」
とか、
「キム・ヨナ過去最高得点!」
こんな感じで、無難に滑っている部分の映像をわざわざニュースで流していたので調べてみると、
記録にも残らないような格下大会での話で、
しかも2回のジャンプミスがあったり、尻餅をついていたり。
もう、挙げればきりがありません。
一体どこの国のメディア?と何度思ったことか。


それに加えて、日本スケート連盟・・・。
>女帝
>息のかかった選手ほど有利な日程
とか、もうね・・・。
日本選手を勝たせたいと真剣に思っているのか?
そもそも、3Aの点数がなぜあんなに低いのか?
真央ちゃんしか飛べないこの素晴らしい財産を、 (女子では伊藤みどりさんと真央ちゃんだけ)
何故もっと大切にして、もっとアピールしないのか?
ちゃんと働きかけをしてきたのか?
度重なるルール改正を、何故黙って見ていたのか?
スケ連は、一体今まで何をやってきたのか?

(私個人の素人考え&外野の無責任な意見で、酷い言い方だけど・・・あまりの3Aの点数の低さに、「一体何なの?真央ちゃんの血の滲むような努力は?こんなことなら、3Aを飛ぶ力のない選手だったほうが良かったの?!」と、考えてしまったこともありました・・・。しかし真央ちゃんは、ソチを集大成と位置付け3Aを盛り込みました。超一級のアスリートです。素人とは言え、私は自分の考えをとても恥ずかしく思いました)


男子は、4回転の点数の低さに皇帝プルシェンコが強い疑問を呈し、
採点が見直されたことで、ほとんどの選手が4回転を練習するようになり、
今では4回転を盛り込むことが当たり前のようになっています。
こうして、レベルが上がっていくものです。

しかし女子はどうでしょう。
今の点数のままでは、真央ちゃんのように3Aに挑戦しようとする選手は皆無となるでしょうね。
無難なジャンプを繰り返して無難に滑ったほうが点数稼ぎになる
 ↓
となると、誰もハイリスク・ローリターンの3Aの練習なんかしない
 ↓
女子のレベルアップは停止
こんな感じ。

女子にとっての3Aは、男子にとっての4回転よりも難易度が高くて、
ほとんどの人は習得できないから・・・ということも考えられるけれど、
でも、それならそれで、成功させたときの点数がかなり高くないとバランスとしておかしいのでは?
と素人考えでは思いますが。

国際スケート連盟は、採点を見直すべきだし、透明性と公平性を高めるべき。
日本スケート連盟は、息のかかった選手を優遇などというくだらないことをやっている場合じゃないし、もっともっと頑張るべきだった。
もう遅いけど。

また日本スケート連盟は、今シーズンも日程を詰め込みすぎだった、という声がありました。
団体戦は、結果はどうあれ選手にとってはいいのかな?
日程にわりと余裕もあるし、と私は思っていたんですが、
これも逆に選手に負担をかけたとの指摘も。
他国選手と比べても、試合が多いのは確かなようですし、
商業主義が過ぎると批判している人もいますし、
五輪出場選手決定時期の遅さなど、問題は多いようなので、
これから育っていく選手のためにも、改革が必要だと思います。



・・・改革、と偉そうなことを書いてしまいましたが、
真央ちゃんと高橋大輔選手が引退となると、もう今後フィギュアを見ることはないと思います。
腹立たしいことが多すぎるし。
もともと採点競技は嫌いだけれど、その中でもフィギュアは特に胡散臭いし。
3Aの点数の低さにはがっかりしたし。
フィギュア界のドロドロにもがっかりだし。
少なくとも今のままでは、見る気が全く起きません。




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:スポーツ

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-02-19 17:18 | スポーツ | Comments(0)
ソチ五輪 韓国人が英国人選手を脅迫,竹島メッセージ,浅田真央選手への嫌がらせ,キム・ヨナまた買収疑惑等
気になる話をざっと集めてみたんですが、
やはり韓国人が突出しますね。

韓国人のいない五輪はどれだけ清々しいだろうか?と想像してしまうくらいに、
(まぁ他国でも、スポーツマンシップとは程遠い卑劣な行為は決して少なくはないですが)
スポーツ関連においての韓国人の問題行動は毎度毎度のことなので、
もうこれは風物詩と言えそう。
あぁ平昌五輪が恐ろしい。


浅田真央 金獲り「最大の壁」キム・ヨナ贔屓「札付き韓国審判」
2014年02月17日08時00分
http://news.livedoor.com/article/detail/8543392/
(抜粋)
だが、浅田にとって最大の壁となるのが、公平な立場であるはずの審判員だとフィギュア関係者が明かす。
「韓国人のコ・ソンフィ氏が、審判団に含まれているんです。これが"札付き"だと悪名高いんですよ」

12年12月に行われた国際大会「NRW杯」に出場したヨナ。
ここでジャッジを務めたコ氏は、競技前に「ヨナは200点以上取るだろう」と予告し、実際に200点を超えた。
「このとき、審判の一人がキムに対し、異常に加点をしていたんです。それがなければ、おそらく190点前後でした」(前同)

これ以外にも、「ヨナには天賦の才能がある」「ヨナはいつも最高」と、立場を忘れて"ヨナ応援団"と化している。

さらには、こんな聞き捨てならない発言も。
「コ氏は、"浅田選手はトリプル・アクセルのエッジに問題があり、ヨナの敵にならない"と発言しています。しかし、過去のメダリストたちは、"ヨナは見せかけに必死だが、優雅ではない。真央は最高に美しい"と浅田の実力を認め、さらに"ヨナの得点が異常に高い""ヨナは4回転を2回飛んだのか"と、高得点に疑問を呈しています」(同)

メダルの行方を決める審判は、どうやって選ばれるのだろうか。
「ソチではまず、SPが始まる45分前に13カ国の審判から9人が選ばれ、残った4人がフリーに回ります。SPを担当した中から、5人がフリーも担当するので、抽選によっては、コ氏がどちらも採点することがあるかもしれませんね」(前出・五輪担当記者)

札付き審判の贔屓採点にNO!
公平なジャッジのもと、2人の最後の戦いを見たいものだ。

週刊大衆02月24日号



日本国内メディアは、
キムヨナがソチに出発しただか到着しただか、
どうでもいいことを垂れ流していましたが、
その、キム到着後の発言がこれ↓

ヨナ警告「ロシア選手Vムード良くない」
[ 2014年2月14日9時29分 紙面から ]
http://www.nikkansports.com/sochi2014/figureskate/news/p-sochi-tp0-20140214-1257342.html
 五輪連覇に挑む女子フィギュアスケートの金妍児(23=韓国)が警戒を強めた。12日(日本時間13日)にソチに到着。団体金メダルの立役者となったユリア・リプニツカヤ(15=ロシア)が優勝候補扱いされていることに「リプニツカヤが優勝するというような雰囲気があることはよくない。私も人間ですので」ときっぱりと口にした。浅田真央(23=中京大)とのラストバトルに15歳のヒロインが参戦。19日(同20日未明)から始まる女子シングルの戦いが一層熱を帯びてきた。

 金が警戒心をにじませた。韓国を中心に約100人の報道陣、20台以上のカメラが集結したソチの空港。深夜にそぐわない異様なムードの中「リプニツカヤが優勝候補に挙がっているが」と聞かれた時だった。

 金 まだ試合はしていないし練習もしていない。大会前には金メダルが誰、銀メダルが誰と(いう予想)はいつもなので別に構わない。ただリプニツカヤが優勝するというような雰囲気があるのはよくない。私も人間ですので。

 ジュニア時代からのライバル浅田との最終決戦に15歳の天才少女が割って入ってきた。新種目の団体金メダルに導いたヒロインは連日大きく報道され、個人戦との2冠達成というムードが増しつつある。そんな追い風に対して、到着直後からくぎを刺した。

 リプニツカヤの団体女子SPとフリーの合計点は、自己ベストを更新する214・41点(参考記録)。フリーでは柔軟性を生かした「キャンドルスピン」で今季最高を上回る得点をたたき出した。今大会ではロシア勢が高得点を出し、12日のペアでは金と銀を獲得した。地元の大声援をバックに快進撃が続く。

 金は自分に言い聞かせるように続けた。

 金 ロシア選手の後で演技するのは(観衆の)声が大きいので気にはなります。フィギュアスケートはスピードスケートのように、記録で競うものとは違う。試合によってジャッジは変わる。選手はそれを受け止めて、それも試合のうちだと思う。私ができることをすることが大事。自分にとって最後の試合なので、そういうこと(開催国ロシアへの追い風)にかまわず、自分の試合をしたい。

 本番への仕上がりには手応えを示した。女子SP(19日)の1週間前に決戦の地に入った。「他の大会に比べて早くソチに来た。バンクーバーでも早く入った」と、金メダルパターンを踏襲。さらに「日本とかイタリアの選手じゃなくてよかったと思った。試合をしていいこともあるが、体力が問題になるかも。試合は選手にとってストレスが多いので出ないほうがよかった」と、団体戦がなく個人戦に集中できるメリットも強調した。

 ソチ五輪が現役最後の演技になる。「最後の試合と思うと集中できないかも、と思って、ただの試合と思って練習してきた。試合もそうしたい。結果はどうなるか、わからないが、準備は完璧にしてきた」。警戒心や不安を交えつつ、最後は五輪女王として自信を漂わせた。【益田一弘】

 ◆フィギュアのロシア勢の快進撃 前回バンクーバー五輪では50年ぶりに金メダルなしに終わった。今回、団体(6、8、9日)では、観客が足を踏みならすなど熱狂的な応援の中、31歳の「皇帝」プルシェンコ、15歳の新星リプニツカヤらが活躍し、ロシアに最初の金メダルをもたらした。ペア(11、12日)ではボロソジャル、トランコフ組(ロシア)が開催国2つ目の金メダル。ストルボワ、クリモフ組が銀を獲得してワンツーフィニッシュ。伝統種目の復権を印象づけた。


「大会前には金メダルが誰、銀メダルが誰と(いう予想)はいつもなので別に構わない」のに、
「リプニツカヤが優勝するというような雰囲気があるのはよくない」ってどういうことですか(笑)。
リプニツカヤは、ホーム加点っぽいようなちょっと点数乗せ過ぎ感はあるものの、
いちおう団体戦で成績を残しているし、あの体の柔らかさはすごいし、
ましてや地元なんだから、地元選手が優勝するような雰囲気なのは当たり前だと思うんですが。

もしかして、
《韓国側はこれまで散々ロビー活動&お金を使ってきた。そのおかげで、雪がほとんど降らない平昌での冬季五輪を決めさせたし、バンクーバーでは金メダルを盗った上、ソチでも金メダルと決まっていたはずなのに、フタを開けたらこれなの?!私じゃなくリプニツカヤってどういうこと!》
という意味?
でもまさかそれはないでしょうしねぇーーーー。

これ↓も変な話。
「日本とかイタリアの選手じゃなくてよかったと思った」
負け惜しみなのか何なのか良く分かりませんが、
これでは、自らの体力の無さを認めるようなもの。
女子の場合は、団体戦から日程に余裕もありますしね。

また、この発言で新たな疑問も生まれます。
体力の無さはキムヨナの多くの弱点のひとつであり、
(と言うか、そもそもキムが上位の選手とは思えないけど)
それはだいぶ前から指摘されていたというのに、
これまで努力はしなかったのか?という疑問。
もっと言えば、《失敗しても銀河点=努力の必要なし》と考えていた、とも取れます。
ま、あくまでも個人的意見ですけどねーーーー。




毎回出てきますねぇ、こういう話。

【フィギュア】仏スポーツ紙、米ロが裏取引と報道 米国協会が否定
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20140209-OHT1T00261.htm
 フィギュアスケートの採点で米国とロシアが裏取引しているとフランスのスポーツ紙レキップが報じ、米国協会が「誰ともそんなことはしていない。ばかげている」と報道を否定したと9日、ロイター通信が伝えた。国際スケート連盟(ISU)は同日、証拠のないうわさや主張には答えないとの声明を発表した。

 レキップによると、アイスダンスでメリル・デービス、チャーリー・ホワイト組に米国初の金メダルを取らせる代わりに、ロシアがタイトルを狙う新種目の団体とペアで便宜を図るように取り決めが交わされた。

 米国協会の広報担当者は「私たちのアイスダンサーは世界選手権を2度制しているし、何もしなくても素晴らしい。報道は当惑させるだけじゃなく、スポーツにとって不幸だ」と反論した。

 2002年のソルトレークシティー冬季五輪ではペアでロシア組の金メダル、カナダ組の銀メダルが確定した後に採点疑惑が発覚。カナダ組にも金メダルが与えられ、ジャッジの不正が原因でメダルが変更される事態が起きた。(共同)


この“仏スポーツ紙”がどんなところなのかは知りませんが・・・、
ほんと、採点競技はどんどん見る気を失っていく。
特にフィギュアは顕著なので、もう来期以降は見ないと思う。
万が一、浅田真央選手が現役続行なら見るけど)
そしてモーグルも。
上村愛子選手は、どう見ても3位の選手より上だったし。
結局、何のためにタイムを計るのかも分からなくなってしまった。
(でも上村選手は、順位よりも自分の滑りに納得の様子だったので、そこは良かった)




こういう卑劣さは国民性なんでしょう。

浅田真央の平常心を失わせる 韓国メディアの“取材攻勢” 2014年2月15日 掲載
http://gendai.net/articles/view/sports/147999
(抜粋)
「韓国サイドの嫌がらせが凄まじく、浅田も平常心を失ってメダル圏外もある」とは某現地記者。

「5日深夜にソチ入りした際、空港に集結した100人近い韓国メディアが怒号を飛ばしながら突進。モミクチャ状態の浅田はケガでもしかねない状況だった。アルメニアからソチに戻る時も、韓国メディアは大挙して空港に向かい、浅田にアタックを仕掛けようと手ぐすね引いている。会見では、浅田に<団体ジャンプ失敗のショックは癒えたのか><3回転半はもう跳ばないのか>など、一番気にしている質問をズケズケ聞いてくる。韓国メディアは、基本的に自国選手の熱狂的な応援団。どんなエゲツナイことを仕掛けてくるか、浅田陣営も戦々恐々です」


共同:真央到着に韓国報道陣殺到、怒号も ヨナとの氷上対決過熱
[ 2014年2月6日 09:34 ]
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/02/06/kiji/K20140206007529920.html
(抜粋)
 報道陣約100人のうち半数以上を韓国メディアが占める異様な状況で、日本のエースは取材に応じた。韓国語で怒号が飛び交う中でも「大丈夫です」と話し「(前回五輪の)バンクーバーが終わって一から見直してきたことをソチで発揮できればいい」と意気込んだ。

 韓国メディアからは代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)について英語で問われ、戸惑う場面もあったが「アクセルはショートプログラムとフリーで一度ずつ。(トリプルジャンプを全6種類組み込む)また違った自分への挑戦だと思う」と答えた。(共同)


J-CAST:「浅田真央 やっぱり失敗しそう」と実況中継 KBSアナに批判殺到、韓国大手紙が異例の報道 2014年02月12日18時39分
http://news.livedoor.com/article/detail/8529956/
日本選手に対して敵意を示すことも多い韓国メディアが、珍しく日本選手を揶揄した韓国人アナウンサーに矛先を向けている。

ソチ五輪フィギュアスケート団体の女子ショートプログラム(SP)で、浅田真央選手がトリプルアクセル(3回転半)に臨もうとしたときに「やっぱり失敗しそう」と実況したことについて「相手選手に対して過度に軽蔑的だ」と批判が殺到。大手紙がそろってその内容を伝えている。

「私が思うに、まだ浅田はキム・ヨナの相手にならない」

フィギュア団体の女子SPは2014年2月9日行われ、浅田選手はトリプルアクセルで転倒。180度以上回転が足らないと判定された。その結果、浅田選手はユリア・リプニツカヤ選手(ロシア)、カロリナ・コストナー選手(イタリア)に次いで3位だった。この様子を実況していた韓国KBSの趙建軫(チョ・コンジン)アナウンサーに対して批判が集まった。KBSは韓国唯一の公共放送で、日本のNHKに例えられる存在だ。

演技が始まる前に趙アナは「浅田真央のトリプルアクセルが成功するかがカギ」と解説。演技が始まると、「さあ、トリプルアクセル、やっぱり失敗しそうです」と続けた。さらに、

「全世界のメディアはよく韓国のキム・ヨナと浅田真央の多くを比較するが、私が思うに、まだ浅田はキム・ヨナの相手にならない」
「キム・ヨナのジャンプはそれこそ格が違い、高さ、距離、スピード感において他の追従を許さない」

とキム・ヨナ選手を一方的に称賛した。

浅田選手はトリプルアクセルで転倒しており、結果として趙アナの「予言」は的中した形だが、それでも韓国のメディアや視聴者は相当な不快感を抱いたようだ。趙アナは2月7日に行われた団体の男子SP中継でも、中継内容とは関係ない浅田選手について執拗に言及して批判を受けたという経緯がある。そのこともあって、女子SPでの発言に対する批判が大きくなったようだ。

東亜日報「中立性を大きく失った中継」

東亜日報は、

「中立性を大きく失った中継を継続した」
「KBSは公営放送という点で、趙アナの中継コメントはひどかった」

と論評。中央日報、朝鮮日報、京郷新聞など大手紙も、ネット上で趙アナへの批判が寄せられていることを「『偏向中継』に非難」といった見出しで報じている。

実際、京郷新聞の記事のコメント欄は、

「分別のない新人アナウンサーと思ったら、何と1959年生まれ。5年で還暦だが、韓国を代表する放送でそのような中継しかできないのか」
「それが愛国だと思う姑息な人間だ」

といった具合で、かなり怒っているようだ。

ただ、今回のような韓国メディアやネット利用者の反応は、あくまで例外に過ぎない可能性もある。団体の女子SPには韓国は出場しておらず、韓国の視聴者は浅田選手とキム・ヨナ選手を比較して一喜一憂していた訳ではないからだ。両選手は2月19日に行われる個人戦のSPで直接対決する。


外部サイト

キム・ヨナ採点疑惑を書いたフリーライター 事務所が提訴検討と韓国で報じられる
キムヨナ高得点に浅田舞が強い疑問 「審査員が好きなんですかね?」に韓国人激怒
ジャンプで転倒キムヨナが「今季最高得点」 「浅田真央より上」報道にネットで怒…





カナダのパトリック・チャン、この発言は潔くない。
こんなことを言うくらいなら、
単に「フリーではベストを尽くす」と言えばよかったのでは?と思う。
まぁ、後でじっくりとVTRを見れば本人も納得するだろうとは思うけど。

<ソチ五輪>フィギュアのパトリック・チャン、歴代最高得点の羽生に皮肉?―中国メディア
Record China 2月14日(金)11時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140214-00000016-rcdc-cn
14日、網易体育は、フィギュアスケートの男子シングル・ショートプログラム(SP)で2位となったパトリック・チャンが、同1位の羽生結弦を暗に皮肉ったと伝えた。写真はソチ。

97.52点を獲得したパトリック・チャンは、ジャンプにミスがあったものの「五輪で97点を取ることができてうれしい」と満足を示した。SPで首位に立った羽生結弦が世界歴代最高得点となる101.45点を記録したことについては「彼の得点が高すぎるとは言いたくない。審判を批判するつもりはない。しかし、明日には多くのことが変わるだろう。フリーでは、誰が真に訓練を積んできたかが証明されるだろう」とした。(翻訳・編集/北田)


【関連記事】
<ソチ五輪>「独島は韓国の所属」韓国人選手が政治的メッセージ持ち込みか―中国メディア
<ソチ五輪>日本の15歳が銀メダル!=「金でも不思議はなかった」「彼の時代が来る」―中国版ツイッター
<ソチ五輪>キム・ヨナが選手村滞在を拒否?ネットでは「トイレに閉じ込められるから」と皮肉―韓国





スピードスケートで。

Record China:<ソチ五輪>英国選手に韓国から脅迫文、女子ショートトラックで韓国選手巻き込み転倒―中国メディア 2014年02月15日12時08分
http://news.livedoor.com/article/detail/8539744/
2014年2月13日、ソチ五輪のショートトラック女子500メートル決勝で、前を走っていた韓国人選手に接触し、転倒させてしまったアリス・クリスティ(英国)のフェイスブックに韓国のネットユーザーから脅迫コメントが書きこまれていたことがわかった。騰訊網が伝えた。

レースをリードしていた韓国のパク・スンヒは、アリス・クリスティの転倒にイタリア選手とともに巻き込まれ、その後追い上げたものの銅メダルに終わった。

アリス・クリスティはレース後、自身のフェイスブックで「接触は故意ではなかった」と謝罪した上で、パク・スンヒに敬意を表した。

しかし怒りの収まらない韓国ユーザーからは非難が殺到。殺人予告ともとれるコメントまで書き込まれたことから、アリス・クリスティは投稿自体を削除した。

アリス・クリスティはその後、ファンへのメッセージを投稿したが、そこにも「パク・スンヒの金メダルを奪った」「彼女の4年間を台無しにした」「韓国人は永遠に許さない」など批判コメントが殺到した。(翻訳・編集/NY)



<ソチ五輪>英国のクリスティ選手「つらくて耐えられない」、韓国ネットユーザーからの“脅迫”やまず―英紙
配信日時:2014年2月17日 11時21分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=83502



<ソチ五輪>英国選手「つらい…」、韓国から“脅迫”=「私たちはみんなあなたの味方!」―中国版ツイッター
配信日時:2014年2月17日 21時10分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=83543



韓国が中国に行なった卑劣な行為と言えば、
2007年に「白頭山は韓国の領土」というポスターを掲げたのを思い出しましたが、
つい最近もこんなことを↓していたそうです。

<ショートトラック>韓国選手が試合後ライバルに卑劣な行為、過去の「証拠」写真に中国のネットユーザも怒りが爆発寸前―中国メディア
Record China 2月18日(火)8時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140218-00000011-rcdc-cn
(抜粋)
2014年2月16日、現地時間15日に行われたソチ五輪女子ショートトラック1500メートル決勝において、韓国のキム・アランが米国選手と中国の李堅柔(リー・ジエンロウ)を巻き込んで転倒、キム選手が違反で失格扱いになった。この妨害行為に怒った中国では、過去の試合で韓国人選手がライバルの中国人選手に卑劣な行為をしている「証拠」写真があらためて注目を浴びている。鳳凰網が伝えた。

注目されているのは、2012―2013シーズンのワールドカップ1500メートルの試合直後に撮られた写真。試合後に選手たちが休憩するなか、上位に入れなかった韓国人選手が腹立たしげに2位の成績を残した中国の李堅柔に近づき、李選手の腹部を殴る現場がはっきりと写っている。李選手が相手を押しかえすと、相手の韓国人選手はますます怒りが増したようで、ふたりは一触即発のにらみ合いに。結局、韓国チームの別の選手が仲裁に入り、事件には至らなかった。

韓国選手の卑劣さを示すこの「証拠」写真に中国ネットユーザーは、「韓国選手は負けを認めることを知らない」と非難の声を高めた。皮肉なことに、今回のソチオリンピックでは韓国女子ショートトラックは期待されたほどの結果が出ず、韓国国内でバッシングにさらされている。(翻訳・編集/YM)


【関連記事】
<ソチ五輪>元韓国人ビクトル・アンの父、息子の国籍変更の理由を語る―中国メディア
韓国ショートトラック選手の悪質な反則の数々、過去には「頸椎脱臼」「流血」「殴打」も―中国メディア
<ソチ五輪>行き過ぎた韓国の競争心、五輪選手でも失敗すれば「いっそ死ね!」と言われる=ショートトラック転倒選手に罵倒の数々―中国メディア





五輪憲章を理解できない韓国人は、
何度も同じ事を繰り返します。

【五輪】韓国のスピードスケート選手が「独島は韓国に属す」と英語表記されたキャリーバッグで移動? 2014.02.12 14:05
http://getnews.jp/archives/513470





「金メダルを取らせるために税金を払っている」
という妙な国民が、韓国には存在するようです。

J-CASTニュース:ソチ五輪、メダル逃した韓国選手に「死んでくれ」 国内ネットユーザーから罵詈雑言の嵐 2014年02月17日19時35分
http://news.livedoor.com/article/detail/8546152/







とにかく私は、メダル云々よりも真央ちゃんの最高の笑顔が見たい。
それだけを願っています。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

[PR]
by doumin | 2014-02-19 16:44 | スポーツ | Comments(0)
ソチ五輪 北方領土やグルジアの2地域を雲で隠す
もうすぐ開幕だと言うのにいつまでも工事中だらけ。
いつ完成するのかを問うと、
「明日出来上がる」
ソチでは、これを毎日繰り返してきたそうで。

そして、開幕式で↓

一輪開かず〝四輪〟に 開会式演出でハプニング
2014.2.8 02:59 [ソチ五輪]
http://sankei.jp.msn.com/sochi2014/news/140208/soc14020803020004-n1.htm

d0164331_15283682.jpg


開会式が始まり登場した五輪マーク。広がったのは四つの輪だけだった(代表撮影・共同)

 【ソチ=佐々木正明】ソチ五輪の開会式セレモニーで、雪の結晶のオブジェが徐々に輪に変わり、五輪マークを形作る演出中に、一つだけ輪が開かず「四輪」になるトラブルがあった。

 開会式の総合プロデューサー、コンスタンチン・エルンスト氏は開会式後の記者会見で、「実は五輪の演出は一番簡単な技術だった。一つ輪が開かなかったが、オリンピックのムーブメントはすでに開いている」と述べ、問題ではないとの見方を示した。

 エルンスト氏は開会式の演出の狙いについて、「ロシアの印象はクマやウオツカ、バレエだけではない。今回のショーで、国の新しいイメージを作りたかった」と述べた。


国営放送では、きちんと開いているものに差し替えられているそうです。
まるで北朝鮮や中国みたい。



恐ろしいことに、次の冬季五輪も問題だらけ。
お金もノウハウもない韓国、
しかも雪の降らない平昌(ピョンチャン)での開催となります。
一体どうなることやら。

ケチだらけのソチ五輪 雪不足、整備の遅れ、危険なコース…ハプニングと隣り合わせ!?
2014.2.8 07:00
http://sankei.jp.msn.com/sochi2014/news/140208/soc14020807000006-n1.htm
 テロへの懸念が高まる張り詰めた空気の中、ソチ五輪が開幕した。意外なのは、ロシアで冬季五輪が開催されるのは初めてということ。そんな不慣れな事情が影響してか、聖火リレーの最中に聖火が消え、競技会場では雪不足、宿泊施設の整備の遅れと、開幕前から予期せぬ問題が次々と発生していたのをご存じか-。

 ■危なっかしい運営ぶり

 モーグル会場では開幕前まで人工降雪機がフル稼働。コースの整備が依然、途上にあることを露呈してしまう始末。AP通信は大会直前、取材陣を収容する会場近くのホテルの開業が間に合わず、全体の3分の1のホテルで準備が整っていないと伝えた。ロシアのコザク副首相はホテルの準備が遅れていることに関して、「ホテルは建設を終えている。今は清掃作業が続いており、問題は近い将来、解決される」と語った。開幕直前という切羽詰まった時点で「近い将来」と言ってしまうところはロシア特有の強心臓なのか。

 一方、ソチ五輪の新種目、スノーボード男子スロープスタイルのメダル候補といわれるノルウェーの選手が3日、練習中に鎖骨を折る大けがを負って欠場を余儀なくされたという。実は今大会のコースの難易度はすこぶる高く、昨年の世界王者が「障害物が難しく、危険に見える」と皮肉を込めて指摘した。

 問題はうやむやのまま、“見切り発車”のような形で17日間の幕が開けた。日本選手や関係者は、その危なっかしい運営や対応ぶりに相当、ストレスをため込んでいることだろう。そもそも人工雪と天然雪では雪質そのものが違うはずだ。人工の雪上で競技をするなんて、選手は誰も想定していない。

 ■ハプニングは日常茶飯事!?

 実は海外のスポーツの祭典では、こうしたハプニングはある程度、想定しておいた方が無難だ。2002年ソルトレイクシティー冬季五輪を取材したときのこと。開幕数カ月前に予約したはずのホテルが取れてなく、弊社の取材記者数人が“宿なし”になったことがある。ホテルで押し問答を繰り返したが、「(部屋が)ないものはない」の一点張り。結局、会場から離れたロッジを転々とさせられた。

 モルモン教の総本山があるソルトレイクシティーでは、前年に起きた米同時多発テロの余波でテロを警戒。そのため、競技会場やメディアセンターへの出入りの際には厳重かつ慎重な手荷物検査に遭い、20分前後の時間的ロスを強いられた。空港ではロビーにスーツケースを置いたままトイレに向かおうとすると、空港警備の警察官に「常にバッゲージを身につけ、トイレに行くならそれを持って行きなさい」と厳重注意された。平和ボケの日本人は「そこまでしなくても…」とつい思いがちだが…。

 ■平昌では代替地検討も

 五輪候補地は開催7年前に決定する。ソチの次の2018年冬季五輪は韓国の平昌(ピョンチャン)での開催が決まっているが、早くも雪不足が懸念され、スキー競技などの代替地が検討され始めているという。国際オリンピック委員会は開催地選考の際にそうした現実的な問題に目をつむったわけではないだろう。今となっては後の祭りだが、山肌がむき出しになった中での冬季競技なんて、観戦する側にとっても興ざめである。


画像=障害物にロシアの巨大マトリョーシカ人形が配置されたスノボSSのコース。「経験したことのない難コース」と選手の間で嫌われ、公式練習でもけが人が出た(古厩正樹撮影)
※関連記事:韓国、東京五輪招致妨害→今度はボイコット呼びかけ 日本への借金未払い&平昌冬季五輪でもたかりの可能性 2013-09-11




デーブ・スペクターさんの言うことで同意できることってほとんど無いけれど、

スポニチ:入場行進に見るお国事情 北方領土は雲で覆われ、中国は相変わらず…
[ 2014年2月9日 05:30 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/02/09/kiji/K20140209007546680.html
d0164331_15542441.jpg
日本選手団の入場行進時に、地面に映し出された日本地図の北海道周辺。雲のようなもので北方領土は見えない
Photo By 共同

 北方領土を雲で隠す映像や、ペースを乱す立ち止まり行進――。ソチ五輪の開会式の入場行進では、参加国の“お国柄”やロシアとの関係が垣間見えた。日本も隣国とさまざまな問題を抱える中、放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏は「世界中が見る平和の祭典だからね。2020年の東京五輪にも参考になったでしょ」と指摘した。

 最後から2番目に登場した日本選手団。選手たちが日本とロシアの小旗を振りながら笑顔で進むその地面には、他国と同じように日本の地図が映し出された。

 しかし、画像をよく見ると北海道東部周辺に雲のようなものがかかり、北方領土が見えなくなっていた。くしくも7日は日本では「北方領土の日」。ロシア訪問中の安倍晋三首相とプーチン大統領が翌8日に会談し北方領土問題の解決に向けた交渉を加速させることを確認するタイミングでもあった。

 グルジア選手団の入場時も、ロシアが一方的に独立承認しているグルジアの2地域が白い雲で覆われた。共同電によると、グルジアのインターネットメディアは「ロシアは五輪開会式でグルジアの面目をつぶした」とおかんむりだ。

 スムーズだった入場行進のペースを乱したのは中国の選手団。スタンドで立ち上がった習近平国家主席を見つけたのか、多くの選手が歩みを止め、客席に向かって大きく手を振り続けた。これで行進が詰まってしまい、沿道のスタッフが選手団に歩くように促すなど、マイペースなお国柄をここでも発揮した。

 ファッションでは、カリブ海にあるケイマン諸島の選手団の男性3人は、膝丈のバミューダパンツにビーチサンダルという、この日の最低気温2度というソチには季節外れのファッションで参加。ミニスカート姿のロシア人女性が各国選手団を先導したが、イラン選手団だけは、くるぶしまで隠れる衣装を着けた女性が登場。女性の肌の露出を控えるイスラム教の戒律に従ったためだ。

 “北方領土の雲”について、デーブ氏は「演出としてはまずまず。雲が動いて北方領土が見えたり見えなかったりする方が良かった」と分析。日本も隣国とはさまざまな問題を抱えており「“雲”の演出は2020年の東京五輪にとって参考になるかも。日本にはサムライや忍者、漫画など世界に誇れる素材がたくさんある。開会式の演出を思い切って海外の人に頼んで、外から見た日本という視点を大切にするのもいいかもね」と指摘した。
※竹島と尖閣はどうだったんでしょうね?


>雲が動いて北方領土が見えたり見えなかったりする方が良かった。
この部分のみ少し同意。
日本人としては納得できないことだけど、
開催国から見れば、ずっと見える状態には出来ないだろうし。
平和の祭典というスローガンに則れば、
開催国がどこであれ、それぞれの国の主張通りに映していくのがベスト?なのかな。

でもまぁ、五輪を今後見ることは無いかも。
腹立たしいことが多すぎるから。
タイムで順位が決まる競技はいいけれど、
審判が絡む競技の場合はまるで、
誰が一番お金を使ったか、ロビー活動を頑張ったか、の戦いみたいで。
(バンクーバーでの女子フィギュアのキム・ヨナのいわゆる銀河点=4回転が飛べなくても男子に混じって十二分に勝てるほどの異常な加点、これが一番分かりやすい例)

8日=日本時間9日未明に行なわれたモーグルの上村愛子選手のあのあまりにも低すぎる得点で、
その気持ちがまた強まった。
商業主義もここまで来るとね。

採点競技は見る気がだんだん失せてきているし、
フィギュアの浅田真央選手と高橋大輔選手もソチで引退だろうから、
今後は、冬季はスキージャンプの髙梨沙羅選手(追記:現役続行と思われる銀メダリスト・葛西紀明選手も)、
夏季五輪は東京開催のみ応援していこうかなぁ。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:スポーツ

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-02-09 16:21 | スポーツ | Comments(0)
あまりに身勝手すぎる新垣隆さんに怒り 佐村河内守さんのゴーストライター
2013年の放送当時の魚拓↓

NHKスペシャル:魂の旋律 ~音を失った作曲家~
http://archive.is/fhlu7
d0164331_15461815.jpg

初回放送
総合2013年3月31日(日)
午後9時00分~9時49分

関連ジャンル
文化・芸術・エンターテインメント

d0164331_15525785.jpg“現代のベートーベン”と呼ばれる日本人がいる。佐村河内守(サムラゴウチ マモル)、49歳。14年前に原因不明の病で両耳の聴力を失いながら、クラシック作品の中で最も困難とされる交響曲を書き上げた。現存作曲家の交響曲が演奏される事がほとんどない中、彼の「交響曲第一番“HIROSHIMA”」は、広島、東京、京都、大阪など5回も演奏されただけでなく、一昨年発売されたCDは、音楽チャートでTOP10入りを果たしJ-POPと上位を競うなど、“偉業”とも言える空前のヒットを記録した。
そんな彼が、今取り組んでいるのは、東日本大震災の被災者へ向けたピアノ曲「レクイエム」。彼の曲に勇気づけられたと、多くの被災者から声が届いたことを受け、“鎮魂”の思いを強く願うようになったのだ。しかし、震災を体験した訳でもない自分に、納得できる鎮魂曲が作れるのか…。被災地を訪ね、被災した人たちとの交流を深めるなど、佐村河内の格闘の日々が続いている。
番組では、音のない世界の住人、佐村河内がいかにしてレクイエムを完成させるのか。3月上旬に予定されている宮城での演奏会に向けた制作現場に密着。さらに、彼の交響曲に救いを見いだした被災者たちの取材も加え、“命を削り、音を紡ぐ”作曲家・佐村河内守の実像に迫る。



放送を終えて

私が佐村河内さんと出会ったのは5年前。以来、激しい耳鳴りや偏頭痛に苦しみながら作品を生み出し続ける佐村河内さんをずっと見続けてきました。大量の薬を服用し、生きていくだけでも困難な中、なぜ、作曲を続けるのか。この問いに対し、佐村河内さんは「人生は苦である。苦難、闇の中にいるからこそ、真実の音をつかむことができる」と、折に触れお話されてきました。同じ“ものを作る人間”として、その姿にいつも勇気をもらい、そのことを視聴者の方にも届けたいとの思いで、今回の番組を制作しました。
佐村河内さんは、「自分の作品を聴くことができない悔しさとみじめさは、今も乗り越えられていない」と語ります。それでもコンサート会場には、足を運ばれています。理由は、お客さんの拍手の振動を感じることができ、それが唯一の救いだからとのことです。私はこの先も佐村河内さんの音楽に、拍手を送りたいと思います。

ディレクター 古賀淳也



「自分にできることは、まずは彼女の、そして彼女のママの魂を救うこと。僕は1人しか救えませんよ。」 東日本大震災で、母親をなくした少女にささげるレクイエムの作曲にあたり、佐村河内さんが発したことばが、特に印象に残ったという声を、放送後、多くの方からいただきました。
佐村河内さんは言葉通り、膨大なメールのやりとりや、石巻に何度も足を運ぶなかで、少女の喪失感と対じし、レクイエムを作曲されました。そして完成後も、交流を続けています。
まだ10歳の少女は、ふだん悲しみを口に出したり、泣いたりすることはほとんどありません。ただ、夜、祖母の精子さんと手首をひもでつなぎ合わないと眠ることができない姿を見ると、その悲しみの深さを突きつけられます。
取材中、震災で失われたすべての命の背後に、こうした深い悲しみが横たわっていることに、改めて身がすくむ思いでいました。佐村河内さんが、たった1人のために生み出した音楽が、今も悲しみのうちにある多くの方々に届くよう願っています。

ディレクター 木下千種
※TBS出身のフリーディレクターである古賀淳也さんは、『魂の旋律-佐村河内守』とかいうすごい本を出しているようです。たいした人ですね。色々な意味で。(amazonの魚拓


今はこうなっています↓

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0331/
魂の旋律
~音を失った作曲家~

初回放送
総合2013年3月31日(日)
午後9時00分~9時49分

関連ジャンル
文化・芸術・エンターテインメント

NHKスペシャルでは、去年3月31日、「魂の旋律~音を失った作曲家~」と題し、両耳の聴力を失った作曲家として、佐村河内守氏を紹介いたしました。
しかし佐村河内氏が、NHKに対して、自らは作曲しておらず、代わりに作曲していた人物がいることを明らかにしました。佐村河内氏は、「曲の全体構成や曲調などをその人物に伝えたが、自分では曲を作っていない」と話しています。
NHKは、放送当時、本人が作曲していないことに気づくことができませんでした。
視聴者の皆様や、番組の取材で協力していた方々などに、深くお詫び申し上げます。


捏造、歪曲、人種差別、名誉毀損裁判、特定の国ごり押し等々、
ほんとNHKの番組にはろくなものがありませんね。



さて。
先程、ゴーストライターだった新垣さんの記者会見をざっと見て思ったこと。
(ずいぶん長い時間を取っていたようですが全部は見てません)


あまりにも身勝手すぎる新垣さんは、
はっきり言って佐村河内さんと同じレベルだと私は思います。
発表することで本人は多少苦しみから解放されるんだろうけど、
その苦しみが今度はどこへ行くのかを本当にちゃんと考えたんでしょうか。
(いちおう、今発表することの理由を説明してはいましたけどね)

いい人だの気の弱い人だのと言われているようだけど、
子供じゃあるまいし、いい大人がここまでのことをしてきたわけです。
多くの人を欺いて。

結局は佐村河内さんのやっていることを18年間も呑んで来たということ。

耳が聞こえないという嘘、
子供の頃の虚偽のエピソード、
『HIROSHIMA』は、実は『現代典礼』という曲名だった等々、
どんどんエスカレートしていく佐村河内さんを黙って見ていた。

それでも、やめるタイミングはたくさんあったはずです。
なのに、自殺すると脅されていたからやめられなかったなんて、
そんなものは一切理由にならない。
気が弱いんだかなんだか知らないけど、
常識、責任、倫理等々、普通の大人ならば持っていて当然の話で、
それに沿っていけば、この行為がどれほど罪深いことなのかはバカでも分かること。
言いなりになればなるほど、その罪はどんどん深くなっていく。

でも新垣さんは黙っていた。
解決策が本当にないのか、正しい方向に修正できないのかも考えず、
自身は結局黙りこくるだけで何も行動を起こさなかった。
18年もの間。

「大好きな音楽をこれ以上云々」
という言葉を新垣さんが発した瞬間、強い嫌悪感を覚えました。
18年もの間“大好きな音楽”までも欺いたこの人に、こんな言葉を言う資格があるのかと。
あまりにも幼稚で自己中心的ではないかと。
佐村河内さんと新垣さんの違いは、積極的詐欺か消極的か程度で、はっきり言って同罪。


一番腹立たしいのが、このタイミングでの発表。
要は、「自分が苦しいから」という身勝手な理由だけでしょう。
(うがった見方をすると、少しでも同情を引いて民事裁判回避の算段もあるんじゃないの?と思ってしまう)

ここまでのことをしでかした以上、責任は最後まで負うべき。
その苦しみを呑んで悪魔になりきり、それを最後まで突き通すべきだった。
どうしても発表するというなら、五輪後にすべきだった。
(もっと言えば、五輪終了直後ではなく、たとえば秋以降とか。人間の心理として、そのくらいの時期なら「高橋選手がメダルをとったことには変わりないし」と思う人がほとんどだと考えられるから。そのほうが全員にとって良かったのでは・・・)


高橋大輔選手の最大の魅力と武器は、圧倒的な表現力だと思います。
ということは、曲をどの選手よりも深く深く解釈し演じる力があるということ。
また、トップアスリートの戦いは、メンタル面も非常に大きいし、
それでなくともナーバスになる時期でもあるし、
高橋選手は直前に怪我もあった。
そこにこの騒動。
肝心の曲が詐欺師とのコラボ曲だったと分かっても、
一切(無意識レベルでも)気にせず、全力で滑ることができると言い切れるでしょうか?

本当に許せない。


新垣さんはこれから曲を作っていくのかな。
(既に食指を伸ばしている会社があったりして)
佐村河内さんが大まかなものを書き、詐欺まがいの演出やエピソードも含めた上でのふたりでひとつでしょうから、新垣さん単体で良い曲を作れるかどうかは微妙だと思います。

佐村河内さんはどうするんでしょうね。
今回の騒動がなければ、目も見えなくなったとか言い出しそうな勢いに見えましたけどね。
現在は“体調も精神的にも状況が良くない”ということになっているようだけど、
まぁ今後は、お笑いか何かなら受け入れてもらえるんじゃないの。
次長課長の河本さんあたりと、自虐お笑いみたいな感じでやれば。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

NHKは本当にだまされていたのかという疑惑。

BLOGOS 池田信夫:NHKは本当にだまされたのか 2014年02月06日 16:33
※検証動画あり
http://blogos.com/article/79750/



TBSの動画がアップされていました。

金スマ 両耳の聴力を失った作曲家の壮絶人生・佐村河内守!
http://himado.in/197389



番組トップにはお詫びが掲載されていました。

http://www.tbs.co.jp/kinsma/ ※魚拓
お知らせ

2013年4月26日、金スマでは佐村河内守氏を取り上げましたが
その時点では別人が作曲していることに気付くことができませんでした。
毎週楽しみに見てくださっている視聴者の皆様にお詫び申しあげます。




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事
週刊ポスト:被災地ニセ医者「確認せず自分を取り上げる朝日新聞はアホ」 2011.08.19 16:00

■当ブログ内関連記事
読売新聞社の大誤報 2010年にも「森口尚史氏らがiPS活用 初の創薬…C型肝炎 副作用少なく」という記事 2012-10-13

■カテゴリ:スポーツ

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-02-06 15:43 | スポーツ
韓国、東京五輪招致妨害→今度はボイコット呼びかけ 日本への借金未払い&平昌冬季五輪でもたかりの可能性
東京五輪招致を妨害していた韓国が、

ZAKZAK:韓国、東京五輪妨害工作 IOC、米メディアなどに「資格ない」と働きかけ
2013.07.01
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130701/frn1307011811004-n1.htm

6月15日、スイスで開かれた各国オリンピック委員会連合総会で演説する東京招致委員会の竹田恒和理事長。韓国側の工作への対抗策も必要だ(AP)【拡大】

 韓国の民間団体が、2020年東京五輪招致を阻止する運動を展開している。一部の「反韓・嫌韓デモ」を取り上げて、「五輪の資格なし」などと、国際オリンピック委員会(IOC)や海外メディアに訴えているのだ。インターネットで反対署名を呼びかける動きもある。開催都市を決めるIOC総会まで約2カ月というなかでの妨害工作。ジャーナリストの西村幸祐氏が、日本人の癇(かん)に障る、隣国の言動に迫った。

 「東京の大会開催能力の高さをアピールしていきたい。五輪選手のような心境で、頑張ってこようと思っている」

 東京都の猪瀬直樹知事は1日未明、スイス・ローザンヌで3日に行われる2020年夏季五輪招致のプレゼンテーション(IOC主催)に出席するため羽田空港を出発した。飛行機に乗り込む直前、猪瀬氏はこう意気込みを語ったが、韓国側の妨害活動は今年4月ごろから目立ち始めた。

 韓国・聯合ニュースは4月5日、以下のようなニュースを配信した。

 《韓国の民間団体『VANK(バンク)』は5日、日本の右翼団体が東京や大阪などで在日韓国人を狙った人種差別的な『反韓・嫌韓デモ』を行っていることについて、平和と人類愛を掲げる五輪精神に反すると訴える書簡をIOCに送付した。書簡は米紙ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポスト、CNNテレビなどの海外メディアにも送付された》

 同様の記事は、複数の韓国メディアも報じた。

 VANKは、韓国に関する情報宣伝活動をネットを使って行う民間団体。島根県・竹島を韓国領土とアピールしたり、日本海を東海と書き換えるよう、各国政府や国際機関などに働きかけたりしている。VANKの朴起台団長は今年2月、韓国政府から勲章と大統領表彰が授与されている。

 こうした動きと連動しているのか、米国で運営されているオンライン請願サイトでは、東京五輪を阻止する署名活動が展開。韓国のコミュニティーサイトなどが、この動きを取り上げている。

 VANKが指摘する反韓・嫌韓デモは、一部の団体が行っているもので、日本でもヘイトスピーチ(憎悪表現)とともに問題視されている。参加グループと対立グループの間では乱闘騒ぎもあり、警視庁は6月16日、暴行容疑で、双方のグループの男女計8人を逮捕している。

 安倍晋三首相も同月7日の参院予算委員会で、「一部の国、民族を排除する言動があるのは極めて残念なことだ」「日本人は和を重んじ、排他的な国民ではなかった」などと、強い否定的見解を述べている。

 こうしたなか、韓国の大統領表彰まで受けた団体が一部団体の言動だけを根拠に、IOCに「東京五輪反対」を訴えるとは尋常ではない。

 そもそも、韓国側は、ロンドン五輪サッカーや、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)といった国際的スポーツの舞台で政治的主張をする、マナー違反を繰り返してきた。

 2020年夏季五輪の開催都市を決める招致レースは、有力とされたイスタンブール(トルコ)が反政府デモの激化で逆風となり、「安心、安全な五輪」を訴えた東京が評価されている。

 冒頭で紹介したスイス・ローザンヌでの五輪招致プレゼンには、猪瀬知事をはじめ、麻生太郎副総理兼財務相やニュースキャスターの滝川クリステルさんらが出席。9月7日、最終的に開催都市が決まるアルゼンチン・ブエノスアイレスでのIOC総会には、安倍首相が出席する意向だ。

 朝鮮半島情勢に詳しい元公安調査庁調査第2部長の菅沼光弘氏は「VANK以外の団体も『東京五輪などやる資格はない』と吹聴しているようだ」といい、続ける。

 「韓国は『自分たちの方が、日本よりも精神的、文化的に上位だ』と思っている。一時、サムスンが台頭して、日本の電機メーカーがひどかったときは日本への同情論も聞かれた。現在、韓国経済が危機的状況にある一方、日本はアベノミクスで復活しつつある。何もかも気に入らないのだろう。韓国はこれまでロビイングに大金を投入してきたため、国際社会に一定の影響力はある」

 韓国側の妨害工作などで、東京五輪が断念に追い込まれたら、日韓関係はさらに厳しい局面を迎える。ただ、日本にも妙手があるという。

 菅沼氏は「実は北朝鮮にもIOC委員がいて、東京五輪に好意的だ。日本側は早急に接触すべきだ」と語っている。


週刊ポスト2013年9月13日号:韓国の市民団体が東京五輪妨害工作展開 IOCに告発文送付
2013.09.02 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20130902_208743.html




東京に決定したことで、今度はボイコット呼びかけだそうです。

その上、開催が危ぶまれている2018年冬季オリンピック(韓国・平昌)で、
日本から資金や技術供与を引き出す可能性も指摘されています。
表向きは、
「18年の冬季五輪と20年の夏季五輪を成功させるため全面的に協力することで合意」
ということらしいけど、
日本に対して韓国が一体何を“協力”できるというのか疑問。

しかも、
「過去2002年のワールドカップを強引に合同開催した韓国だが、スタジアム建設費の300億円をびた一文払っていない(ガジェット通信)」
というのに・・・。

J-CAST:日韓が五輪で「全面協力」の報道、18年冬季と20年夏季 ネットでは「ふざけるな!」と大荒れ「祭り」に
2013/9/10 18:30
http://www.j-cast.com/2013/09/10183510.html?p=all
日本と韓国が2018年に韓国の平昌(ピョンチャン)で開催される冬季五輪と、20年の東京オリンピックで成功に向け「全面協力」を行うと2013年9月10日に報道された。

ネットではこの報道に対し批判が渦巻いていて、掲示板「2ちゃんねる」では「ふざけるな!」「韓国に食い物にされるだけ!」などといった書き込みが大量にあふれ盛大な「祭り」に発展している。


冬季オリンピック2度開催の日本は韓国にノウハウを提供

共同通信などによれば、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長と韓国オリンピック委員会(KOC)の金正幸会長が13年9月9日にブエノスアイレスで会談し、18年の冬季五輪と20年の夏季五輪を成功させるため全面的に協力することで合意した、と報道した。日本は冬季オリンピックを2度開催しているためそのノウハウを韓国に提供。韓国は12年のロンドン五輪で日本の倍近い金メダルを獲得した実績があり、両国の選手の交流を進めることで日本選手の実力アップを図ることなどが狙いだと書いている。

両国の政治的関係がしっくりいっていない現状はあるが、スポーツは別で、むしろこうした協力は、

「両国の関係を好転させることができると確信する」

と韓国の金正幸会長が述べているのだ。

朝日新聞も同日付の社説で、五輪は「平和の祭典」だから外交関係が揺れる中国や韓国ともわだかまりなく交流できる雰囲気作りは欠かせないし、18年には平昌で冬季五輪があるからこの好機を逃さずに官民挙げての友好をめざしたい、と手を取り合って互いのオリンピックを成功させようと呼びかけている。

ところがネットでは、朝日新聞の社説とJOCとKOCの「全面協力」の記事について大反発が起こっていて、掲示板「2ちゃんねる」の「祭り」に発展。JOCや共同通信、東京都庁、文部科学省の電話番号やついったーアカウントを晒して「抗議をしよう」など大荒れの状況だ。


韓国では今も「東京五輪は中止させるべき」と言っていると反発

ネットには、

「日韓戦で日本人が韓国人から暴行受け続けている。今回も五輪招致で妨害受け、いままでの借金もかえさない連中に、なに媚売ってんだ!」
「韓国は東京五輪をボイコットするんじゃなかったの?あれだけ妨害活動しておいて、今でもクサしているじゃないか」
「竹田会長はバカですか?後ろからバットで殴ってきた国となに協力なの??」
「また金を融資してもらい、ほとぼりが冷めたら反日を繰り返すだけの連中。その前に仏像を返せ」

などといった書き込みが出ている。

また、東京オリンピック開催が決まった13年9月8日から韓国内で「東京五輪は中止させるべき」「世界各国にボイコットさせよう」などといった呼びかけが起こり、福島第一原発の汚染問題を皮肉った東京五輪を蔑むようなパロディポスターが作られているとネットで取りざたされ、いくつもの写真がアップされている。夏季オリンピック開催地の決定直前に韓国は、東京電力福島第1原発の汚染水漏洩問題を理由にし、日本の8県から水産物輸入を全面的に禁止すると発表したことなども、「全面協力」を否定する感情を生んでいるようだ。

もっとも韓国政府は東京開催の決定を受け、劉震竜(ユ・ジンリョン)文化体育観光相が下村博文文部科学相に祝電を送り、また、李丙ギ(イ・ビョンギ)駐日韓国大使も岸田文雄外相に五輪開催決定を祝うメッセージを送ったと報道されている。


ガジェット通信:2020年東京オリンピックを野次る韓国 しかし2018年冬季韓国オリンピックは開催も危うい状況
2013.09.10 19:30
http://getnews.jp/archives/415168
9月8日に2020年オリンピックの開催地が東京に決定されたが、この開催地決定に対してお隣の韓国は「東京オリンピックをボイコットする」と騒ぎ立て、また他国に対してもボイコットを呼びかけている。それだけではなく「放射能の影響がある国での開催なんか考えられない」と言うネチズンの意見も多いようだ。形式的ではあるが韓国政府は東京オリンピック開催に祝電を送っているが、相変わらず世界中でのロビー活動は手を緩めていない。

そんな2020年の東京オリンピックに横槍を入れてくる韓国だが、その2年前に開催される冬季オリンピックの開催地が韓国の平昌(ピョンチャン)に決定している。しかしこの平昌オリンピックには様々な問題が予測されているのだ。

まず積雪問題であり、開催地の江原道平昌は韓国では最も雪の多い地域ではあるが、積雪は多い年で40cm、暖冬の場合は雪が一切積もらない可能性もある。その場合は人工雪で補わなくてはいけない。

問題はこれだけではない。スケートリンク、ボブスレー、スケルトンの施設などは選手が実際に試走するのである。しかし韓国のボブスレーやリュージュの選手は非常に少なくノウハウが全くない状態。そのためコース設計は日本が補うことになりそうだ。もちろんその資金は日本が立て替えなければいけない。立て替えると言っても返してくれるとは思えないが。過去2002年のワールドカップを強引に合同開催した韓国だが、スタジアム建設費の300億円をびた一文払っていない。

2020年の東京オリンピックに野次を入れる前に、自国での平昌オリンピックの代替地候補を模索した方がいいのではないだろうか。スキー文化もほとんどない国がなぜ冬季オリンピックに名乗り出たのだろうか。

F1ドライバーがいないのにF1サーキットを作り、F1韓国グランプリを開催した経緯に似ている気がするが……。


ZAKZAK:日韓五輪協力の怪… 東京招致妨害から“手のひら返し”のあきれた厚顔ぶり
2013.09.11
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130911/frn1309111153003-n1.htm

d0164331_1231369.jpg
7月28日、サッカー日本対韓国戦で「歴史を忘却した民族に未来はない」と反日メッセージを掲げるも、困ったときは手のひら返し (※画像はゲキサカより)


 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長と、韓国オリンピック委員会(KOC)の金正幸会長が9日、ブエノスアイレスで会談し、韓国で開催される2018年平昌冬季五輪と、20年東京夏季五輪の成功に向け、全面協力することで合意した。日韓関係が冷え込む中で浮上した相互協力案。背景には、五輪準備が遅れる韓国の思惑が関係していそうだ。

 竹田会長は「両国の関係がしっくりいっていないときでも、スポーツは互いの理解を深めることに貢献できる」と意義を説明。金会長も「われわれの交流と相互協力は現在の両国の関係を好転させることができると確信する」と友好促進をアピールした。

 唐突な感もある日韓タッグ。不可解なのは、韓国政府が、国際オリンピック委員会(IOC)総会の直前、汚染水問題を理由に、福島県など8県からの水産物輸入を全面禁止するなど、執拗に東京五輪招致の妨害工作をしてきたためだ。手のひら返しの意図は何なのか。

 ジャーナリストの室谷克実氏は「相互協力というのは名ばかり。日本からカネと技術を引き出そうというのが本当の狙いだ」と説明し、こう続ける。

 「平昌は競技コースの建設に手間取るなど、問題が山積している。日本から資金や技術供与を引き出すつもりだろう。いよいよ切羽詰まってきたら、共同開催まで申し出てくる可能性さえある」

 厚顔ぶりにはあきれるばかりだ。




その韓国、冬季オリンピック誘致の際にはこんなこともやっていました。
2007年のweb archiveをご覧ください↓

PyeongChang 2014 Candidate City
http://web.archive.org/web/20070707220731/http://pyeongchang2014.org/
eng/main.html

d0164331_14431480.gif


北朝鮮と共同開催のような配色になっているばかりか、
なんと日本列島が削除されています。





■関連記事と追記

韓国で開催された悲惨なF1。

FMotorsports F1さんより
英『タイムズ』紙、韓国GPを酷評 2012/10/11
http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2012/10/gp-9b9e.html
 『Times』
かつてのフランスGP(マニクール)同様、F1開催場所として不適格との声が多い韓国GPについて、イギリスの有力紙『タイムズ』が酷評している。
その見出しは、「カビ臭いサンドイッチとラブホテル、そしていないファン」という衝撃的なものだ。
それによれば、F1関係者は「ホテル」に着いたあと最初にすべきは冷蔵庫のチェックというもの。
これは、かつて1年前のかびたサンドイッチが発見されたことを皮肉ったもの。
そのホテルもほとんどラブホテル同様のもので、またグランプリには観客がいないと風刺している。

日本GPに続く連続開催となる韓国GPだが、今週韓国でイベントがある人以外はギリギリまで東京に留まっているので、ヨンナム・サーキットのある木浦行きの鉄道は今日(水曜日)に関係者で満杯になるだろうとも書いている。

これまでの開催による赤字も累積していて、再び将来の開催に黄色信号が灯っていると指摘されている。




欧州で超有名なスポーツジャーナリスト、マーティン・ヘーゲレ氏が、
韓国による卑劣なロビー活動を暴露。

ハバネロ風味さんより:マーティン・ヘーゲレ氏
2013-02-14 14:12:21
http://blog.goo.ne.jp/habanero-hu/e/b006ca91ccb5795c587bfe25b890c9b1
マーティン・ヘーゲレ氏は、ドイツのジャーナリストでスポーツに関しては右に出る者がいないとされている。
日本人ならとても書けないような記事も書いている。
彼の見た或るロビー活動が「ワールドサッカーダイジェスト2005年8月4日号」に掲載されている。

d0164331_19314765.jpg


日本が韓国と2002年ワールドカップを争っていた1995年のこと。
訪問した東京と広島で両手に余る程のお土産(ボールペン、キーホルダー、ワッペン)を貰った。
品物には全て「World Cup 2002 in Japan」と印刷されていた。

一方で、同じ招待旅行でも韓国を訪れた記者は、日本とは全く違う物をプレゼントされていた。
「高価な品々」はもとより、連日のパーティーと酒盛り、
挙げ句の果てには「女性まで用意されていた」のだ。
全ては招致活動を指揮していた鄭夢準(チョン・モンジュン)の指示だった。

私はこういう汚い手段を徹底的に憎む。ジャーナリストの対する行為で、もっとも卑劣なものではないか。
アルコールで酩酊させ、(女性提供の事実で)相手を脅迫する。
私が長年、アジア・サッカー界でもっとも権力を持つ人物を国際的メディアで批判し続けてきたのも、ここに理由がある。

鄭夢準はこういうことがあって、私をソウルでのワールドカップ開催式とFIFA総会から閉め出そうとした。
彼はフランツ・ベッケンバウワーとDFB(ドイツ・サッカー連盟)会長に、私の取材を禁止するように要請する書簡を送った。
しかしベッケンバウワーとDFB会長もこれを一蹴。
逆に、鄭夢準に警告を送ったのだが、私としては彼との対決はむしろ望む所でもあった。
出る所に出て争えば、鄭夢準がいかなる手口でサッカー界の権力を握ってきたか、
白日の下に晒すことが出来たからである。

マーチン・ヘーゲレ(ワールドサッカーダイジェスト2005年8/4号)



鄭夢準とは、韓国現代財閥の六男であり、FIFAの前副会長。キム・ヨナの最大スポンサーである。
もう一つ付け加えるなら、今回の韓国大統領の代表選に立候補表明してた。(もしも朴氏でなかったらどうなっていただろう。)
賄賂とそれに対する「たかり」が、スポーツ界では当たり前だった。
オリンピックの開催国を決める役員達の汚職ぶりも一時話題になったが、今は改められていると考えられるだろうか。
レスリングはロビー活動が足りなかったなんて、言っている限りは元の黙阿弥のように思える。
鄭夢準でググると、もろもろと面白い物が釣られてくる。



2チャンネルから

「視察で来日したアフリカの※※※※※の理事ですけどね、
街なかを歩いているとき、楽器店の前で立ち止まって動かないんですよ。

随行していた日本のスタッフが不思議に思って聞いたら、
『グランドピアノを買ってくれ』と。
それはできない、と答えると、
『なぜ?韓国は車をくれたのに。支持はいらないのか』
って怒っちゃったんですよ。
こりゃ、韓国には勝てないな、って思いましたね」

そのほか、「韓国では理事の泊まるホテルは夜、若い女性であふれていた」という証言も。

(Number 561号 「日本vs韓国」68P)



ハニートラップは、かの国のお家芸だったね。


日韓W杯について 各国の発言
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1183440796



醜いですねー。

産経:五輪招致の日本に嫉妬、韓国「日本産水産物、全面禁輸」の愚政…「反日」で食う経済成長率117位の韓国の末路
2013.9.10 07:00
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/130910/wec13091007010000-n1.htm


産経:「東京五輪」悔しくてたまらない中韓…「五輪機に日本は滅ぶ」と韓国ネット、誤報の中国からは「ボイコット論」も
2013.9.20 07:00
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130920/waf13092007010001-n1.htm


日経ビジネス:なぜ、韓国は東京五輪を邪魔したいのか
鈴置 高史
2013年9月26日(木)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20130924/253788/?rt=nocnt


週刊ポスト:韓国 どんな材料使っても国際社会で日本を貶めようと工作中
2013.10.02 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20131002_214309.html


週刊ポスト:2013年韓国による反日 「とにかく日本叩くネタを出そうぜ」
2013.12.10 16:01
http://www.news-postseven.com/archives/20131210_230756.html


日韓W杯での審判買収疑惑 FIFA元副会長、鄭夢準氏が微妙な発言
2014.06.09
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140609/frn1406091820010-n1.htm


産経:平昌五輪 「長野」との共催もある!? 現実味を帯びてきた分散開催…
11月29日(土)18時29分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141129-00000545-san-spo






■当ブログ内関連記事

[PR]
by doumin | 2013-09-11 19:18 | スポーツ
まさにチーム・ジャパンの勝利!2020年オリンピック・パラリンピック東京開催決定!
ハフィントンポスト:オリンピック東京プレゼン全文
更新: 2013年09月08日 13時55分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/07/
olympic_candidate_tokyo_presentation_n_3886260.html
 ※魚拓

d0164331_1393072.jpg


高円宮妃久子さま・冒頭ご挨拶

1. 佐藤真海選手(パラリンピアン)

2. 映像上映 - Feel the pulse

3. 竹田 恆和 (招致委員会理事長)

4. 水野 正人 (招致委員会副理事長/専務理事)

5. 競技会場映像上映 - Venues

6. 猪瀬 直樹(東京都知事/招致委員会会長)

7. 滝川 クリステル(招致“Cool Tokyo”アンバサダー)

8. 映像上映 - Pulse of the city

9. 太田 雄貴(オリンピアン/招致アンバサダー)

10. 安倍 晋三首相

11. 映像上映 – Share the pulse

12. 竹田恆和


NHK:ニュース特設「2020年夏の五輪 東京で開催決定」
「五輪招致」を勝ち取ったプレゼン
日本語・英語全文掲載
http://www3.nhk.or.jp/news/0904olympic/presentation.html ※魚拓



東京に決定しました!

東京は若干リードとは言われていましたが、
開票するまでは分からないと思っていました。
あぁ、うれしい。


招致委員会の皆様の努力に感服。
2016年はリオに決定し、東京は涙を呑みましたが、
長い長い活動の末にやっと叶った2020年東京五輪。
本当におめでとうございます。
7月に奥様が急逝された招致委会長の猪瀬都知事は、
奥様の写真を入れたペンダントを握り締め、涙ぐんでいましたね。
ちょうどこの日は四十九日だったそうです。

安倍総理は外遊の際にも五輪招致を強く意識し、
「五輪は文科省の管轄だから」 ←いかにも縦割り行政・お役所仕事
と考えていた外務省の意識を変えたそうです。



最終プレゼン、良かったですね。
ニック・バレー氏という五輪招致請負人がついており、
効果的な話し方や表情、身振り手振りなど、仔細に組み立てていたそうです。
(上記ハフィントンポスト記事には、お一人お一人のプレゼン動画リンクがあります。また、プレゼン内容がテキストでも掲載されています)

そしてやはり、高円宮妃殿下と安倍首相が大きかったのかな。
(もし民主党政権下だったらと想像すると、寒気が)




2020年、7年後ですが、
そのときも安倍総理であってほしい。
最大のアベノミクスと評される一方で、
課題は多く困難も多々ありましょうが、
責任を果たすべく全力を尽くす、そのパワーと能力が安倍総理にはあると信じています。

また、アスリートを育て、様々な面からバックアップしていく、
これまで以上に、国としてできることをやって頂きたいと思っています。
(五輪競技から除外されてしまったものも、その先を見据えて育ててくれると嬉しいのですが)



そしてやっぱり石原慎太郎氏。
東京都知事の頃から大好きでしたが、
「五輪をふたたび東京で」
と言い出したときは正直ピンと来ませんでした。
でも、昨年のロンドン五輪を見て、理解できました。
あぁ、やっぱり石原氏は間違ったことは言わないんだな、と思いました。
本当にすごい人です。

日経:「五輪招致の火、消さなくてよかった」 維新・石原共同代表
2013/9/8 9:30
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK08008_Y3A900C1000000/
 日本維新の会の石原慎太郎共同代表は8日のフジテレビ番組で、2020年夏季五輪の東京開催が決まったことについて「(招致の)たいまつの火を消さなくてよかった」と語った。石原氏は東京都知事時代、16年大会の招致を目指したが失敗。11年に20年大会への再挑戦を表明した。石原氏は「もう一回(招致を)やりたいと言った時はひんしゅくを買った」と振り返った。

 国際オリンピック委員会(IOC)総会が開かれているブエノスアイレスから中継出演した安倍晋三首相を「本当にご苦労さまでした。さっそうとした首相だ」とねぎらった。首相は「石原さんが挑戦してくれたおかげだ」と応じた。同じく中継出演した猪瀬直樹都知事にも「よく頑張った」と呼びかけた。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

トルコ首相、抱擁で祝意=安倍首相、健闘たたえる―2020年五輪招致
時事通信 9月8日(日)10時42分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130908-00000048-jij-pol
 【ブエノスアイレス時事】7日(日本時間8日)の国際オリンピック委員会(IOC)総会で東京が2020年夏季五輪の開催地に選ばれた直後、決選投票で敗れたトルコのエルドアン首相が安倍晋三首相に駆け寄り、抱擁で祝意を示す一幕があった。安倍首相がフジテレビの番組で明らかにした。
 安倍首相は5月にトルコを訪問した際、「もしイスタンブールが五つの輪を射止めたら、私は誰より先にイスタンブール万歳と言う。東京が射止めたら、誰よりも早く万歳と叫んでいただきたい」と訴えていた。
 首相は番組で「エルドアン首相に5月の約束を果たしていただいた」と両国の友情を強調するとともに、「(イスタンブールの)健闘に応えるためにも、20年五輪を何としても成功させたい」と、決意を新たにしていた。


「おめでとう東京」五輪決定後にネットで感動を呼んだトルコからの祝福
東スポWeb 9月8日(日)20時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130908-00000035-tospoweb-ent
 2020年夏の東京でのオリンピック、パラリンピックの開催が8日早朝に決まり、日本列島は歓喜に包まれた。この開催をめぐりスペインととも“ライバル”となったトルコの人々の行動がネット上で感動を呼んでいる。

 20年の開催都市には東京、マドリード(スペイン)、イスタンブール(トルコ)の3都市が立候補。IOC委員による決選投票の末、東京での56年ぶりの開催が決まった。

 ツイッターでも決定後多くの日本人が喜びの言葉を上げ感動を分かち合ったが、その後さらに感動的なことが起こった。世界のトレンドワードには「Tebrikler Tokyo」との言葉が入ったのだ。意味はトルコ語で「おめでとう東京」。トルコの人々からの日本への祝福だ。トルコ語で「トルコは日本の友人です」との言葉や日本語による「東京おめでとう」との祝福も見られた。

 もともと親日国として知られるトルコだが、落選してすぐに相手国の開催を祝うことは簡単なことではないだろう。この話がネット上で広がると「かなり感動した」「オリンピックが決まったことよりうれしい」などトルコへの感謝を述べるツイートが数多く寄せられた。

 アルゼンチン・ブエノスアイレスの会場でも東京が開催地に選ばれた直後、トルコのエルドアン首相が安倍晋三首相に駆け寄り、抱擁し祝意を示した。開催国をめぐり争った相手であっても、決定後には相手を祝福する。「平和の祭典」と呼ばれるオリンピック、そしてスポーツの尊い精神を体現したトルコの行動だった。


歓喜の雄叫び!“お家芸”レスリング存続決定
テレビ朝日系(ANN) 9月9日(月)11時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20130909-00000006-ann-int
 日本のお家芸が東京オリンピックでも見られることになりました。IOC=国際オリンピック委員会は、2020年の東京オリンピックの実施競技の残り1枠にレスリングを選びました。

 IOC・ロゲ会長:「49票でレスリングが選ばれました」
 2020年のオリンピック実施競技から一度外されたレスリングは、復活を目指して組織改革に取り組んできました。国際レスリング連盟の会長を代えて、女性理事の登用、女子の階級を増やすなどの改革をアピールした結果、1度目の投票で過半数を獲得し、追加競技として採用されました。
 東京都・猪瀬知事:「皆が一致団結できる目標ができたのは良いことです」
 一方、東京都の猪瀬知事は帰国の途に就きました。日本到着後、すぐに招致決定の報告会に出席します。

最終更新:9月9日(月)19時39分



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
韓国、東京五輪招致妨害→今度はボイコット呼びかけ 日本への借金未払い&平昌冬季五輪でもたかりの可能性 2013-09-11
柔道を踏みにじる金メダリスト…ロシアのイサエフ選手(男子73kg級) 韓国人の横暴 不快なロンドン五輪 2012-07-31
石原都知事辞職 新党結成、国政復帰へ この原動力は一体どこにあるのか? 2012-10-26

■カテゴリ:スポーツ

トップページ
[PR]
by doumin | 2013-09-10 14:53 | スポーツ
サッカー東アジアカップ横断幕問題 旭日旗を振った男性、フットボールチャンネルに寄稿、どちらもしばき隊
なぜ韓国サポーターは政治的な横断幕を掲げ、旭日旗に反発するのか?
フットボールチャンネル 7月30日(火)17時10分配信
清義明
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130730-00000006-footballc-socc&p=1
※魚拓1ページ目
※魚拓2ページ目
※魚拓3ページ目
※魚拓4ページ目


長い記事だけど、筆者が言いたいことは1点。
旭日旗をやめさせたい。
こんな印象。
一見、中立(を装っている)的だけど、かなり違和感を覚えます。


>JFA管轄では禁止されている旭日旗
そんな事実はありません。
オーストラリア戦(ホームは日本)では掲げられていましたしね。


>筆者はこの旭日旗が日本ゴール裏に挙げられた日、
>試合前に韓国のサポーターグループ「レッドデビル」の会長にインタビューを試みていた。
>テーマは日韓のサッカーにまつわるナショナリズムの問題について。

サッカーとナショナリズムを混同して問題を引き起こすのは韓国人だけですし、
韓国のこういった問題行動は、なにも日本が相手の場合だけではありません。
なので正しくは、
「サッカーにまつわる韓国人のナショナリズム問題」
とするべきでしょう。
また、韓国人はサッカー以外のスポーツでも様々な問題を起こしているので、
「サッカーをはじめとしたスポーツにまつわる韓国人のナショナリズム問題」
とも言えますね。


>いらぬ敵意を生んだある日本のサポーターの行為
> この旭日旗が掲示されたのはほんの数分。

勘違いしそうですが、一番最初に掲げられたのは旭日旗ではなく横断幕の方なので、念のため。
ちなみに横断幕は、試合開始前から前半終了まで1時間近くも掲げられていました。


>(旭日旗を提示することで)このように政治的に論議を呼びよせ、
>ピッチのみらならず相手国に対していらぬ敵意を呼び起こすことが
>本当に選手のためになったのか、
>本当にスポーツの応援としてふさわしい行為なのだろうか。

旭日旗を掲げて騒ぐのは韓国人だけだし、
サッカーのみならずスポーツ全般と政治を混同するのも韓国人だけですが。
そもそも、旭日旗の意味を正しく知っていて、スポーツと政治的議論を結びつけたりしない普通の日本人ならこんなことは言わない。
「選手のためなのか」「ふさわしいのか」などの尤もらしい主張にすれば日本人に受け入れられやすいと考えた、旭日旗をやめさせたい韓国側の代弁者の主張、に見えます。


>今後、日本のサポーターの自浄作用に期待したい。
日本のサポーターの自浄作用ではなく、
韓国とそれに類するサポーターの間違いでは。


>韓国側では試合開始前から、大きな横断幕とビッグフラッグが二階席に設置されていた。
>そのメッセージがわからないように裏返されていたのだが、
>(中略)まさか前回に禁止されていた政治的横断幕を今回も出すとは思えなかった。

問題ない内容の幕なら、裏返して設置しておく意味が無いでしょ。


>ネガティブなものをぶつけあっても何一つ得ることはないということを
>日韓双方のサポーターが理解するべきだと思う。

ぶつけ“あって”の意味が分からない。
日本はいつも一方的にぶつけられているだけですが。


>清義明 (筆者)
ここが肝です。
清義明氏は『レイシストしばき隊』のメンバーで、逮捕されたうちの一人。




『しばき隊』関係者がもう一人。
なんと件の日韓戦で旭日旗を振った男性です。
これは一体どういうことでしょう(笑)。

日韓戦で旭日旗を振った男性 「試合に勝ったので後悔ない」
NEWS ポストセブン 8月3日(土)7時6分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130803-00000003-pseven-soci
7月28日、ソウルの蚕室スタジアムでおこなわれたサッカー東アジア杯の男子日韓戦において、日本側のサポーターが旭日旗を振ったことが、日韓双方で騒動になっている。この旗を振っていたのは、横浜F・マリノスの熱心なサポーターである、ハンドルネーム「しなり」氏(35)だ。なぜ国際試合の、しかも日韓戦で旭日旗を振ったのか。しなり氏に話を聞いた。

 彼が横浜F・マリノスのサポーターになったのは2001年頃。地元が横浜で、当時は川口能活や松田直樹など、スター選手が多数在籍していたことが理由だ。その後はずっとマリノスのサポーターを続けながら、日本代表の応援にも駆けつける日々を送っていた。

そんなしなり氏の心に火がついたのは2010年、サッカーの日韓戦で韓国サポーターが伊藤博文を殺害した安重根の横断幕を掲げたのがきっかけだった。

「これは日本チームに対する挑発のアピールだと思いました。でもその時は意味がよくわからなくて(苦笑)。家に帰って誰なのかを調べたんです」(しなり氏)

 しなり氏は「サッカーサポーターの理屈は“やられたらやりかえす”。これはJリーグの試合なら当たり前のこと。だからいつか韓国側に対して、何かしてやろうと思っていた」そうだが、以降アウェイで日韓戦を観戦する機会を持てず、たまたま巡ってきたチャンスが7月28日の試合だったそうだ。

 ではなぜ、「仕返し」のために旭日旗を振ったのか。旭日旗は戦前には軍旗として使われ、戦後は自衛隊旗・自衛艦旗として使われていることなどから、「日本の帝国主義の象徴」として韓国では忌み嫌う人も多い。現在でも「在日特権を許さない市民の会(在特会)」をはじめとする自称愛国者団体による、排外デモ時のアピールに利用されることがよくある。

だが、自らを「無学で無教養。歴史や政治に対してはあまり関心がないし、熱心に勉強したこともないノンポリ」と語るしなり氏は、旭日旗に関しては「自衛隊の海外における、災害救助の場面で映っているのをテレビで見た程度。悪いイメージはなかった」と自己の認識を語り、韓国人の旭日旗に対するアレルギーについては、不勉強であるがゆえに「戦争を知らない若い世代には、薄くなっているのではないかという思いしかなかった」と語った。

つまり政治的・歴史的なアピールではなく、「旭日旗を振ることで韓国側が動揺し、結果、日本チームに有利な空気が作れるのではないか」という思いしかなかったという。だから一部サイトで「新大久保で排外デモのカウンターを続ける集団、『レイシストをしばき隊』の一員ではないか」「どこかの政治団体に頼まれたのではないか」と指摘されていることに対しては、辟易しているそうだ。

「自分は誰かに操られているワケではないし、日本チームがアウェイの雰囲気に飲まれてしまわないように、応援したい気持ちだけで振った。スタジアムで観戦すればわかることだが、Jリーグの応援は、かなり過激なものがある。それをよく知らない人に政治的な解釈を勝手にされてしまうことは、とても不本意」(しなり氏)

しなり氏自身は「レイシストをしばき隊」の一員ではない。しかし新大久保での排外デモに反対する、カウンター活動には参加したことはある。そのことについては「差別に抗議の声をあげるのは当たり前」としながらも、一方で後悔する思いがあるそうだ。それは「思想に偏りがあるのではないかと勝手に解釈されたり、そのことでマリノスや、自分以外のマリノスサポーターに迷惑がかかってしまっては、本当に申し訳ない」と考えているからだ。

 そして今回、旭日旗を振ったことに対しては、後悔の気持ちはないとも語った。

「実は韓国側が挑発してくるのを待っていたのですが、全然その兆しがなくて。だから先にあげてしまいました。するとすぐあちらも、豊臣秀吉の朝鮮出兵で戦った李舜臣と安重根の肖像が描かれた横断幕を掲げてきて。また自分が旭日旗を振ったことで、韓国のサポーターチームの『プルグンアンマ(レッドデビル)』が怒って、かなりの人数がスタジアムを出ていってしまった。

それも日本代表が勝った理由の一つになったのではないか。アウェイの日韓戦におけるプレッシャーは、すさまじいものがある。それに負けないよう、秘策で士気をアップさせるのもサポーターの役割。旭日旗はその、「秘策のひとつ」に過ぎなかったと思っている。決して政治的な意味合いはないし、結果として勝てたので、後悔はしていない」(しなり氏)

 だが、心残りもある。それは試合前にスタジアムの外で日の丸を振っていた彼に対し、プルグンアンマのメンバーから「その旗、カッコいいな」などと気さくに話しかけられ、メールの交換をしていたが、気が引けて連絡できなくなってしまったことだ。

またスタジアムでは旭日旗こそ没収されたものの、力づくで制止されたり殴られたりすることもなく、その後日章旗に付け替えて応援を続けたが、誰もとがめなかったこと、試合後もトラブルなどはなく無事日本に帰国できたことなど、韓国側の対応がソフトだったことにも驚かされた。ボコボコにされる覚悟を持っていたのに、試合終了後に話をした韓国人女性をはじめ、怒る人もいなかったそうだ。

決して韓国や韓国人に恨みがあったワケではなく、サッカーを愛する気持ちだけで起こした行動だった。だが帰国後に友人達から激しく注意されたことなどを踏まえ、今後日韓戦や日中戦で旭日旗を振ることは、控えたいと語った。

なお没収された旭日旗は、しなり氏自身が赤と白のナイロンタフタ製の布を切り合わせて、ミシンがけして作ったもの。製作所要時間は約20時間で、タテ3.5メートル、横4.5メートルのサイズ。布代は全部で約5000円だったそうだ。


【関連記事】
アメリカ・国連で活発化する中韓ロビー活動の実態を解説



※管理者注
上記記事では2001年からマリノスサポーターとなっていますが、
しなり氏は無期限入場禁止処分を科されており、今も継続中です↓

ゲキサカ:横浜FMが日韓戦での出来事についてコメントを発表 8月4日(日)12時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130804-01122957-gekisaka-socc
(抜粋)
 横浜F・マリノスは4日、クラブの公式HPで「ファン・サポーターの皆さまへ」と題し、東アジア杯の日韓戦で横浜FMのユニフォームを着た男性サポーターがスタンドで旭日旗を掲げていたことに関してコメントを発表した。

「韓国戦での出来事について、弊クラブ宛に多数お問い合わせをいただいております」と、コメントを出すに至った理由を説明。そのうえで「対象とされる人物は、3年前、Jリーグの試合において『スタジアム内』で起こした事件により、既に弊クラブの試合に関しては無期限入場禁止処分を科しており、今も処分は解いておりません」という。


韓国側に安なんとかの肖像画などを出す理由を与えるための、
もうこれ以上に無いほど綺麗なマッチポンプ(自作自演)に見えます。

しばき隊の過激なデモに参加までするような人が、
旭日旗の意味を知らなかったということはあり得ないでしょうし、
この手の自作自演は韓国人が好んで使う手です。

また、しなり氏はNHK職員(大道具?)という噂もあります。

ヘイトスピーチがどうしたとかいうNHKの番組では、
しばき隊の一員なのに一般の在日韓国人を装った者のインタビューがあって、
「怖い」などと述べていたそうですが、
この在日は、しなり氏の絡みなんですかね?



まぁ、清義明氏の長ーーい記事を読んだ感想にしろ、
しなり氏のインタビュー記事の感想・NHK職員の噂・在日との絡み疑惑にしろ、
あくまでも私個人の印象ですけどね。
(ご判断は個々でお願い致します)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事と追記

J-CAST:「日本が先に旭日旗を…」韓国釈明のウソ 試合開始前から掲示、過去に何度も登場 2013/8/ 1 18:56
http://www.j-cast.com/2013/08/01180668.html?p=all


産経:世界に嘘つきまくる韓国の“奇妙”、横断幕事件でも稚拙な嘘、嘘…身のほどわきまえない“欲深さ”が理由 2013.8.8 07:00
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130808/waf13080807000001-n1.htm



マッチポンプは、韓国に住む韓国人には伝わっていなかったみたいです(笑)。

J-CAST:「日本人、体にいい福島産さくらんぼを食べろ」 放射能からめた芸人暴言コントに韓国紙「大喝采」 2013/8/ 6 08:00
http://www.j-cast.com/2013/08/06180865.html?p=all



こりさか:韓国の反応:東アジア杯韓日戦で心が温まる日本の横断幕があった
2013年07月31日
http://korisaka.doorblog.jp/archives/31094706.html



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
サッカー東アジア杯・日韓戦 持ち込み禁止とされた横断幕と、なぜか持ち込めてしまった横断幕の画像 2013-07-29
しばき隊と活動する「男組」の添田充啓(40歳 住所不定 自称自営業)と木本拓史(42歳 川崎市 自称介護士)逮捕 2013-09-30

■カテゴリ:スポーツ

■関連カテゴリ:歴史

トップページ
[PR]
by doumin | 2013-08-05 13:19 | スポーツ | Comments(0)
柔道を踏みにじる金メダリスト…ロシアのイサエフ選手(男子73kg級) 韓国人の横暴 不快なロンドン五輪
柔道が「JUDO」になってしまい、
ルールも昔とはガラッと変わってつまらなくなってしまったという声がありますが、
まるで「ショーとしての格闘技」にまで貶めるような態度も許されるほど、
変わってしまったのでしょうか?


勝利したロシアのイサエフのこの態度。
試合終了直後は並んで仰向けになっていたのに、

d0164331_16103735.jpg


わざわざ中矢選手にまたがり、
人差し指を突き出し、

産経フォト:【男子柔道】 中矢は「銀」 男子は3日連続メダル
2012.07.31
http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2012/07/0731judo-nakaya/
d0164331_1421189.jpg
男子73キロ級決勝で、惜しくもロシアのイサエフに敗れた中矢力(下) =エクセル(門井聡撮影)




このまま中矢選手を見下ろしてから、

ロンドン五輪、不可解・不愉快な出来事ハイライト【日本編】
http://matome.naver.jp/odai/2134370871217360001/2134374711420796103
d0164331_13575964.jpg
出典www.upi.com  Olympic Medal: M 73kg Judo - UPI.com


男子73kg級、決勝に進んだ中矢力(日本)とマンスール・イサエフ(ロシア)。結果、友好を取られイサエフ選手に優勢負け。判定が出た直後、わざわざ中矢に馬乗りになって「やったどぉ」パフォーマンスをしたイサエフ。

 Twitterなどではイサエフが柔道精神を踏みにじっている、とする声が多々聞かれた。




立ち上がって静止。

ロシアNOW:マンスル・イサエフ選手が2個目の金メダル 2012年7月30日
http://roshianow.jp/articles/2012/07/30/38263.html
d0164331_142265.jpg
ロシアのマンスル・イサエフ選手が優勝した =Getty-Images撮影



試合終了後とはいえ、イサエフのこういう態度が許されるべきではないでしょう。
日本側は抗議しないんでしょうか?


オリンピックは神聖なもの、とまでは言いませんが、
アスリートにとって最も重要な舞台であることには変わりない。
この日のために想像を絶するほどの努力を積み重ね、
この舞台に立つことが出来た選手同士、互いに敬意を払うのは最低限のことでしょう。

そんなオリンピックという舞台でこんな行為が許されるなら、
「あぁ、ロシア人なら不思議はない。国民性の下劣さや強盗国家という点でも、韓国といい勝負」
政治・外交問題や領土問題に結びつけたくはないけれど、
腹立たしい気持ちを通り越してそう考えてしまいます。
(戦後の北方領土・樺太強奪だけではなく、最近でも、ロシア人の横暴に嫌悪する北海道人は少なくない)
そんな自分にも嫌気が差すけど・・・。


世界的に柔道人口が増えているそうで、それは喜ばしいことではあります。
でも、こんなにルールが変わってしまい、相手選手に敬意を払うどころか、
まるでエンターテインメントのようなパフォーマンス(外国人には受けるでしょうが)。
これが、日本の柔道界が望んでいたオリンピック種目としてのJUDOなんでしょうか?
こんなことならオリンピック種目になんかしなきゃ良かったのに。

剣道は反対しているそうなので、それを貫いた方が良い気がします。



それにしても、不快なことが多いですね。
柔道に限ったことではないけど。

前述のイサエフの態度をはじめ、
妙に短い柔道着が許されていたり(韓国人選手に多い)、
何のためにいるのか分からないおかしな審判(柔道の海老沼選手、体操男子団体の判定)、
そもそも審判が悪いのに日本が叩かれたり(「銀メダルをスナッチ=強奪」 と表現した英メディアなど)、
日本選手団が開会式から退場させられたり(誘導ミス?)、
疑惑の採点など(開催地とはいえ、イギリスはかなり・・・)、
不快なこと、おかしなことが多すぎる。

日本側はもっともっと抗議すべき。

現在の選手のため、これからの選手のためにも、
言うべきことはうるさいくらいに言うべきだと思います。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


■関連記事


バカな英国メディア。
イギリスが2位ってこと自体が異常なのに。

デイリースポーツ:内村、英国メディアの質問に律儀に応対
2012年7月31日
http://www.daily.co.jp/newsflash/olympic/2012/07/31/0005255478.shtml
 内村のあん馬の得点が審議により変更されたことにより、当初、2位と表示されていた地元英国が3位に転落。会見では英国メディアから内村にこの件に対する質問も飛んだ。

 英国メディアから「銀メダルをスナッチ(強奪)する形になったことをどう思うか?」という質問を受けた内村は、苦笑いを浮かべながらも「英国だけじゃなく、ウクライナも銅メダルだと思っていたかもしれない。申し訳ないっていうのは変ですけど…。そこは点数で順位が決まる競技なので」と、律儀に応えていた。




何故、こういう人を主審に?

スポニチ:ミナカワ主審 南米では有名だった「あの人は日本人に上げない」
7月30日(月)7時59分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120730-00000067-spnannex-spo
 ◇ロンドン五輪柔道

 海老沼の準々決勝を裁いたミナカワ主審について、南米で柔道を指導するある日本人コーチは「あの人は、旗判定になると日本人に上げないことで有名」と明かした。

 名前だけを見れば日系ブラジル人とも思えるが、南米では日本人嫌いで知られているそうで、判定に影響した可能性がある。以前から国際試合では判定は日本が不利と言われているが、延長の導入で最近は旗判定自体が減っていた。

【関連記事】
誤審防止のはずが…未熟すぎる「ジュリー制度」権限に規定なし
「柔道の根幹にかかわる」海老沼が巻き込まれたお粗末過ぎる判定




そして、謎の大甘処分。

読売:あの柔道3審判を謹慎処分…1日だけで解除(2012年7月31日09時41分)
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2012/news/martialarts/judo/1/20120731-OYT1T00309.htm
 【ロンドン=下山博之】国際柔道連盟(IJF)は30日、男子66キロ級の海老沼匡(まさし)選手(パーク24)の準々決勝の試合を巡る判定で混乱をきたしたとして、この試合を裁いた3人の審判を謹慎処分とし、30日の試合の審判から外した。

 この試合では、エディソン・ミナカワ審判(ブラジル)が主審を務め、ウズベキスタンとイタリアの審判2人が副審を務めていた。IJF関係者によると、謹慎処分は1日だけで解除し、31日からは復帰させる予定だという。




中矢選手と、前述のイサエフの試合時の微妙な判定。

スポーツ報知:中矢、悔しい銀 取り消された有効に篠原監督不満「不可解」…柔道
(2012年7月31日06時02分)
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/judo/news/20120731-OHT1T00047.htm



これがもし韓国だったら、
その後の競技のことは一切考えもせず舞台に長時間座り込み抗議とか、
(女子フェンシングの個人戦準決勝で、韓国のシン・アラムが1時間も座り込み)
対戦相手のツイッターやfacebookを炎上させるとか、
(女子フェンシング、ドイツのブリッタ・ハイデマン選手、男子サッカー、スイスのミシェル・モルガネラ選手が標的に)
いつものように火病を起こしたり、姑息な手段に出たりするんでしょうが、
日本の場合、最終的には「文句ない1本を取れなかった自分が悪い」「力量不足だった」となるでしょうね。

ただ、上にも書きましたが、
現在の選手のため、これからの選手のためにも、
明らかにおかしい場合など、言うべきことはうるさいくらいに言うべきだと思います。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


■追記


残念で残念で仕方がない女子サッカーの試合ですが、佐々木監督のコメントが素晴らしいです。
今後、サッカーにもチャレンジ制度のようなものを導入してほしいと思います。

ドイツ紙が主審の判定批判 なでしこ不運、米選手のハンドとらず
2012.8.10 08:59
http://sankei.jp.msn.com/london2012/news/120810/soc12081009000013-n1.htm
 ドイツの全国紙ウェルト(電子版)は9日、「PKが与えられなかったせいもあって日本は銀以上のメダルを取れなかった」と報じ、サッカー女子の決勝を担当した自国出身のシュタインハウス主審の判定を批判した。

 問題とした場面は前半、宮間のFKがペナルティーエリア内にいた米国選手の手に当たったのに、ハンドにならなかったこと。同主審は日米が対戦した昨年の女子ワールドカップ(W杯)決勝でも笛を吹いた実力者。だが、同紙は「シュタインハウス、決勝で失敗」の見出しを掲げ、明らかな誤審と記した。(共同)



米国「ラッキーだった」 “ハンド”認める選手も「自分が主審じゃなくてよかったわ」
2012.8.10 09:51
http://sankei.jp.msn.com/london2012/news/120810/soc12081009530025-n1.htm
 前半に宮間のFKがペナルティーエリア内で米国・ヒースの手に当たったが、主審は日本にPKを与えなかった。この判定についてロイドは「彼女の腕に当たっていたからラッキーだった。すごく微妙な場面だったから自分が主審じゃなくてよかったわ」と話し、ラピノーも「ハンドだったと言えるだろう」と認めた。

 他にも日本のシュートがクロスバーに当たるなど、運が味方する場面も。スンダーゲ監督は「日本は素晴らしかった。多くの指導者は日本のパスワークを研究するべきだ」と持ち上げた。(共同)



スポーツナビ:佐々木監督「選手たちを誇りに思う」=米国女子戦後会見
2012年8月10日(金)
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/special/london/soccer/japan/text/kaiken/
201208100007-spnavi.html

(抜粋)
――ペナルティーエリア内でハンドがあったと思うが、それがPKだったら展開は違っていたか?(外国人記者)

佐々木監督 どうですかね。レフェリーがジャッジを決めることですから。瞬間、僕も「あれっ」って思いましたけど、素直にレフェリーをリスペクトすることがわれわれの使命だと思います。




昨年のサッカーアジアチャンピオンズリーグで、
「日本の大地震をお祝いします」という幕を掲げた韓国人サポーターがいましたが、
ついに五輪代表選手も。

それにしても、
本当に韓国人ってあちこちでトラブル(と言うより、一方的に因縁をつける)を起こしますねぇ。

東スポ:韓国選手 セレモニーで「独島」パフォーマンス
2012年08月11日 14時11分
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/30233/


スポニチ:韓国選手ピッチ上で“独島はわれわれの領土”表彰式追放
[ 2012年8月12日 06:00 ]
http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/08/12/kiji/
K20120812003889371.html

 ロンドン五輪で10日(日本時間11日未明)に行われたサッカー男子3位決定戦「日本―韓国」の終了後、日韓両国が領有権を主張する島根県の竹島について、韓国選手がピッチ上で「独島(竹島)はわれわれの領土」と書いたボードを掲げた。五輪憲章で大会中の政治的宣伝を禁止している国際オリンピック委員会(IOC)は、問題の選手を表彰式に出席させないよう韓国側に通告。国際サッカー連盟(FIFA)も調査に乗り出した。

 愚行と呼ぶべきパフォーマンスがあったのは、日本が韓国に敗れた試合の終了直後。上半身裸のMF朴鍾佑(23)がピッチ上で「独島はわれわれの領土」の紙のボードを約1分間にわたり掲げ、走り回った。

 政治的宣伝活動については「五輪憲章」第5章に定められている。「五輪に関するあらゆる場所で、いかなる種類の示威行動、政治的、宗教的、人種的な宣伝活動も認められない」としている。3位決定戦キックオフの約12時間前には、韓国の李明博大統領が竹島に初めて上陸。それを受けてのアピールであることは明白で、朴鍾佑の行為は五輪憲章に抵触するとみられている。

 事態を重く見たIOCは「われわれは調査を始めており、韓国オリンピック委員会に説明を求めている。さらに問題の選手をメダル授与式に出席しないよう速やかな対応を求めた」との声明を発表。まだ調査段階にもかかわらず、朴鍾佑を表彰式に出席させないという厳しい姿勢をみせた。同じく試合での政治的メッセージの掲示を禁止しているFIFAも調査を開始。「問題は認識している」とし、規律委員会が写真を確認する方針で、こちらも重い処分が下される可能性が出てきた。

 実際、五輪での政治的パフォーマンスには“厳罰”が下されてきた。1968年メキシコ大会では陸上男子200メートルの表彰台で金メダル、銅メダルの米黒人2選手が黒い手袋をはめた拳を上げて黒人差別に抗議。2人はIOCから大会追放の処分を受け、米ナショナルチームからも除名された。

 IOCはロンドンでも毅然(きぜん)とした対応を貫いており、72年のミュンヘン大会で選手団が襲撃されたイスラエルが事件から40年目にあたるため、開会式で犠牲者へ黙とうすることを要望したが拒否。また、サッカーでは先月29日に韓国と対戦したスイスの選手が、ツイッターで「韓国選手は精神的におかしい」と差別的な書き込みをしたとして追放処分されている。

 これらの例と比較しても、朴鍾佑のパフォーマンスは愚かで、インターネット上では「メダル剥奪に値する」との声も出ている。スポーツ評論家の玉木正之氏は「パフォーマンスがチームの意思か、個人の意思かは韓国側に弁明させて、その上でIOCが韓国に厳重注意するのではないか」と話した。

 ≪韓国メディアは「感動のセレモニーだ」≫朴鍾佑の愚行について、韓国メディアは「感動のセレモニーだ」などと肯定的に伝え、批判的報道はほとんど見られなかった。共同電によると、韓国紙、毎日経済(電子版)は「勝利確定後、紙をさっと掲げて感動のセレモニーを演出した」と称賛。また、各メディアは「立派だぞ」「日本よ見ているか?」などと手放しで喜ぶネット上の書き込みも紹介した。

 ▼二宮清純氏(スポーツライター)残念と同時に不見識。昨年の国連総会では、加盟193カ国の全てが、ロンドン五輪期間中の休戦の決議案の提案国となり、採択している。韓国の選手も関係者もそれを知らないわけがない。五輪は平和の祭典。水を差すことになると思い至らなかったのか。後味が悪い。


サンスポ:韓国選手「銅」保留、FIFAが懲戒手続き
8月13日(月)7時51分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120813-00000001-sanspo-socc
 ロンドン五輪男子サッカー3位決定戦の日本戦に勝利後、韓国のMF朴鍾佑(パク・ジョンウ)選手(23)が、ピッチ上で島根県の竹島(韓国名・独島)領有を主張するメッセージを掲げた問題で、国際サッカー連盟(FIFA)が懲戒手続きに入ったことが12日、分かった。韓国サッカー連盟(KFA)および朴選手に対し、16日までに回答に応じるよう求めているという。

 複数の海外メディアによると、五輪でのサッカー運営を担当するFIFAは声明で、朴選手に対する懲戒手続きを開始し、KFAおよび朴選手に対し、16日までに経緯などについて回答するよう求めたという。

 一方、国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長は12日の記者会見で、朴選手へのメダル授与を保留していることを明らかにした。ロゲ会長は、FIFAが関係者への事情聴取を開始し、9月中旬に対応を決めるとした。IOCはFIFAの決定後にメダルの扱いを決めるという。

 12日の韓国の中央日報(電子版)によると、FIFAは朴選手の行動が故意だったかどうか判断するための懲罰委員会を開催。FIFAが故意性が高くないと判断を下せば後にメダルが贈られるが、そうでなければ受賞対象から外される可能性もあるとしている。

 韓国・聯合ニュースは12日、朴選手が掲げたメッセージが書かれた紙は、観客からたまたま渡されたものだった、と韓国サッカー協会関係者の話として報じた。韓国代表のスタッフを務める日本人の池田誠剛氏も「サポーターからもらったものを、大きな考えも持たずに掲げてしまったようだ」と話した。

 あくまで偶発的なものとの主張だが、中央日報(同)によると、韓国代表主将、具滋哲(ク・ジャチョル)選手(23)は試合後の会見で「(15日の)光復節を控えて意味あるセレモニーをしたかった。当初独島セレモニーも企画したが『当たり前の話をあえて取り上げる必要はない』という一部チームメートの意見があって万歳三唱に変えた」と話したという。つまり、朴選手の行動はメッセージの意味を理解した上でのものということになるが…。

 韓国代表は12日午後に帰国。朴選手を除く選手らが記者会見したが全員の胸にはメダルはなく、問題に関する質問も司会者からさえぎられた。

【関連記事】
韓国メディア同情的 「憲章違反」問題視せず
メダル剥奪も、韓国「独島はわが領土」




『竹島はわが領土』と韓国選手が掲げているとき、
日本サポーターは↓

試合後の清掃
2012年08月12日
http://blog.goo.ne.jp/fkdfk/e/435545851a8f24ffc60dd2091e251c69


日経:「来たときよりも美しく」。
2012/8/9 3:30
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO44742030Z00C12A8MM8000/



今だからこそ知っておきたい日本人サポーターのいい話
http://matome.naver.jp/odai/2139480881373306001?&page=1
※1998年フランスW杯、2002年日韓W杯、ブラジルW杯3次予選時でのゴミ拾いなど、日本人サポーターはこれまでも海外で賞賛されているそうです。




女子バレーは日本がストレート勝ち!
韓国人は、負けたときは必ず人のせいにしますが、今回は審判のせいらしいです(笑)。

韓国エースの金軟景、完敗に「審判のせいで…」
2012.8.11 22:39
http://sankei.jp.msn.com/london2012/news/120811/vol12081122410010-n1.htm





柔道のスペイン人審判に、韓国人が「殺す」という内容のメール爆弾。

佐藤正久参議院議員 ツイッター
http://twitter.com/SatoMasahisa/status/234893338644471809





ロンドン五輪で韓国人が起こしたと言われているトラブルをご紹介します。
(全てのソースは確認していませんので、真偽は各自でご判断をお願いいたします)

▼選手村で他国選手への執拗なストーカー行為→韓国選手は他国の選手に付きまとってはいけないと公式発表された。

▼選手村の食堂でも他国選手に嫌がらせ、注意したイギリス人のコックさんを集団で殴る蹴るの暴行(オリンピック委員会はオリンピック終了までの期間、他国の選手が集まる公共の場への出入りを禁止)

▼コーチの飲酒運転、逮捕→国外追放、選手村でのストーカー行為と集団暴行の事実がBBC.CNN等で世界中に報道された。

▼水泳選手のフライング取り消し事件がYouTubeで祭りになり世界中から非難の嵐。

▼柔道で日本選手の腕を折りに行く危険行為などを連発。判定で朝鮮人は勝ちとされたが、あまりにもおかしな判定に会場は大ブーイング。ビデオ判定の後朝鮮人の判定負け。日本人は審判を買収したと大騒ぎ。

▼男子サッカーで戦ったスイスの選手のブログを炎上させ、差別用語を引き出しスイスの選手を永久追放に追い込む。

▼フェンシング女子エペ個人で韓国選手が座り込んで抗議、3位決定戦と決勝が約1時間遅れて開始される事態に。その後IOCが発表したわけでもないのに、賞がもらえる、銀メダルがもらえるなど妄想の記事を書きまくる。ドイツ選手のブログ、審判やタイムキーパーのツイッターに朝鮮人が大量に書き込み、炎上させる。

▼バドミントンで前代未聞の無気力試合を連発、失格にされ、さらに選手村から追放される。在日ライターも使って、ニホンモー、ニホンモーと現在大騒ぎ中。

▼ホッケーでイギリスと戦い、ラフプレーをしてアドバンテージを取られ得点され負ける。自分達のプレイのせいなのに誤審だ誤審だと大騒ぎ。再度ビデオ判定を行ったが却下されさらに炎上。

▼バスケ予選で日本への悪行がばれ世界から叩かれる。youtubeに動画あり。

▼サッカー3位決定戦、試合終了後フィールド内で「独島は韓国の領土」のプラカードを掲げる。IOC、FIFAとも調査中。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

[PR]
by doumin | 2013-07-31 22:46 | スポーツ | Comments(0)