和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
<   2010年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧
民主ベテラン議員が秋篠宮ご夫妻に野次 ※野次は中井洽衆院予算委員長(前国家公安委員長)と判明
産経:非礼の極み 民主ベテラン議員が秋篠宮ご夫妻に野次 議会開設120年記念式典で みんなの党議員が指摘 2010.11.30 14:01
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101130/plc1011301403020-n1.htm
 29日に開かれた「議会開設120年記念式典」で、民主党ベテラン議員が、秋篠宮ご夫妻に対し「早く座れよ」などと野次を飛ばしていたことが分かった。野次を聞いたみんなの党の桜内文城参院議員が、30日朝の自身のブログで明らかにした。

 桜内氏のブログによると、先に式典会場の参院本会議場にお入りになった秋篠宮ご夫妻は、天皇皇后両陛下のご入場まで、ずっと起立されていた。その最中に民主党ベテラン議員が「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」と野次を飛ばしたという。

 当初の式次第では、秋篠宮ご夫妻はいったん着席され、天皇皇后両陛下のご入場の際に起立してお迎えすることになっていた。

 しかし、議会開設120年を祝うために国会を訪ねられ、両陛下を起立して待ち続けられた秋篠宮ご夫妻に、国会議員が、非難がましく指図するような野次を飛ばすことは非礼の極みとしか言いようがない。

 桜内氏は30日朝のブログで「想像を絶するようなことが起こっていた。これでは『国会崩壊』だ」と記した。さらに同日午前のブログでも「天皇陛下をはじめ皇族の皆様に対する尊敬の念を強く抱いている1人の日本国民、参院議員として、今回の野次は決して許すことのできないものだという強い憤りを抱いている」としている。

 一方、野次を飛ばしたとされる民主党ベテラン議員は30日、衆院本会議後に産経新聞の取材に対し「『早く(秋篠宮ご夫妻が)座らないと誰も(国会議員が)座れないよ』と言ったかもしれない。宮様に(直接)言うはずがない」と述べた。




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

産経:非礼の極み 民主・中井前国家公安委員長が秋篠宮ご夫妻に不平…「早く座れよ」 議会開設120年記念式典 2010.11.30 21:09
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101130/plc1011302110030-n1.htm
 11月29日の議会開設120年記念式典で、民主党の中井洽前国家公安委員長が、来賓の秋篠宮ご夫妻が天皇、皇后両陛下のご入場まで起立されたのを見て「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」と不平を漏らしていたことが30日、分かった。自民党は「懲罰の対象になりうる著しく品を欠く発言だ」と問題視している。西岡武夫参院議長も事実関係を調査する意向を示した。

 複数の国会議員によると、秋篠宮ご夫妻は式典会場の参院本会議場に入られ、天皇、皇后両陛下のご入場まで約5分間起立して待たれた。国会議員も立っていたところ、中井氏は1分半ほどで「早く座れよ」などとぼやき始めた。それほど大声ではなかったが、議場は静まっており、周囲に響き渡ったという。

 みんなの党の桜内文城参院議員は30日にブログで「想像を絶することが起こった。これでは国会崩壊だ。1人の国民として今回の野次は決して許すことはできない」と批判した。

 中井氏は30日、産経新聞の取材に「『早く座らないとだれも座れないよ』と言ったかもしれないが、秋篠宮さまに向けて言うはずがない。副議長らに言った」と釈明した。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
金賢姫元工作員が3泊4日の「VIP待遇」 2010-07-23

■カテゴリ:政治-与党
[PR]
by doumin | 2010-11-30 14:20 | 政治‐与党(2012.12.25まで) | Comments(0)
日本の常任理事国入りに反対=中国高官が表明-米外交公電
時事:日本の常任理事国入りに反対=中国高官が表明-米外交公電(2010/11/30-12:46)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010113000357
 【ワシントン時事】中国政府高官が2009年4月、在北京米大使館幹部に対し、日本の国連安保理常任理事国入りに反対する立場を示し、安保理改革に積極姿勢を示さないよう要請していたことが29日、内部告発サイト「ウィキリークス」などが公表した外交公電で分かった。
 2009年4月30日付の公電によると、何亜非・外務次官(現・国連大使)は、米大使館幹部との会談で、安保理改革の議論に弾みがつきつつあることに懸念を表明。常任理事国5カ国の「P5クラブ」を「希釈」すべきではないなどと主張した。 
 その上で、中国の国民にとって、日本の常任理事国入りは受け入れ難いと指摘したと記されている。大使館幹部はこれに対し、オバマ政権が安保理改革をめぐる政策を決定していないとした上で、国連分担金比率が2位の日本を含まない改革は考えにくいとの見解を伝えた。


産経:日本の常任理事国入り反対 中国外務次官、米国に伝達 ウィキの外交公電で判明
2010.11.30 11:58
http://sankei.jp.msn.com/world/china/101130/chn1011301159007-n1.htm
 英紙ガーディアン(電子版)は29日、中国の何亜非外務次官が北京の米大使館当局者に対し、日本を国連安全保障理事会の常任理事国とすることへの反対を伝えた昨年4月30日付の米外交公電を掲載した。公電は「ウィキリークス」から入手した。

 何氏は、現在の常任理事国5カ国にとって安保理改革は「良いことではない」と指摘。5カ国が10カ国になれば米中双方にとって「面倒なことになる」と述べ、改革に積極的にならないよう求めた。

 その上で「中国国民は日本を常任理事国に迎えるのは困難だろう」と述べたという。米大使館当局者はこれに対し、国連予算の第2の拠出国である日本を含めずに安保理拡大の構想を進めるのは困難だと答えた。(共同)


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
邦人に注意喚起=中国漁船衝突で反日警戒-日本大使館 2010-09-15

■カテゴリ:社会

トップページ
[PR]
by doumin | 2010-11-30 13:05 | 社会 | Comments(0)
「『内閣支持率が1%になっても辞めない』ではなく『1%になっても辞めないで』と激励された」とルーピー鳩山
「支持率が1%になっても辞めないで」
は、ルーピーにとっては激励になるんですね。
福山さんのアクロバット擁護も面白い。

毎日新聞:鳩山前首相:菅首相の1%発言「間違って報道されている」
2010年11月28日 19時07分(最終更新 11月28日 20時13分)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101129k0000m010025000c.html
民主党の鳩山由紀夫前首相は28日、茨城県取手市で開かれた党会合で講演し、27日に行われた鳩山氏と菅直人首相との会談で、首相が「(内閣支持率が)1%になっても辞めない」と語ったと報じられたことについて「首相が言ったのではなく、(首相の)友達が1%になっても辞めないでくれと激励した。間違って報道されている」と述べた。

 一方で「1%」発言には政権内でも波紋が広がっており、福山哲郎官房副長官は28日、東京都内で記者団に「そういう思いで実績を積み重ねて、国民の信頼を得られるよう頑張るという意思の表れだ。数字自身に意味があるのではない」と語った。【大久保陽一、吉永康朗】



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■カテゴリ:政治-与党

当ブログ内関連記事
鳩山前首相、引退表明→引退撤回を示唆→引退撤回濃厚・・・ 2010-10-26
[PR]
by doumin | 2010-11-29 17:50 | 政治‐与党(2012.12.25まで) | Comments(0)
11月、12月の地方選挙一覧 沖縄知事は仲井真氏が再選 12月は宮崎県知事選など
時事通信:沖縄知事に仲井真氏=11月の地方選挙(2010/11/29-15:37)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010112900526
 11月の主な地方選挙は、和歌山、愛媛、沖縄の各県知事選と新潟、福岡の両政令市を含む22市長選などが行われた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の行方に影響を与えるとして注目された沖縄県知事選は、自民党県連と公明党、みんなの党の推薦を受けた現職の仲井真弘多氏(71)が、共産、社民、国民新など推薦の新人らを破って再選を果たした。
 与野党対決の構図となった和歌山県知事選と福岡市長選は、いずれも自民、公明両党が支援した無所属候補が民主、国民新両党の推薦候補らを下した。
 12月は任期満了に伴う宮崎県知事選のほか、市議会による2度の不信任決議を受けて市長が失職した埼玉県草加市など10市長選が行われる。

◇11月の地方選挙の結果
(自治体名、投票日、当選者、年齢、当選回数、所属・推薦政党の順、※は無投票当選、年齢は投票日現在)

〔知事選〕
和歌山       28日 仁坂 吉伸(60) 2無現 自推薦         
愛 媛        〃  中村 時広(50) 1無新             
沖 縄        〃  仲井真弘多(71) 2無現 公、み推薦      

〔政令市長選〕 
新 潟       14日 篠田  昭(62) 3無現             
福 岡        〃  高島宗一郎(36) 1無新            

〔市長選〕 
旭 川(北海道)   7日 西川 将人(42) 2無現 民、大地推薦、社支持  
網 走(北海道)   〃  水谷 洋一(47) 1無新             
妙 高(新 潟)   〃  入村  明(63) 3無現 民推薦         
韮 崎(山 梨)   〃  横内 公明(66) 2無現             
熊 本        〃  幸山 政史(45) 3無現 民、自、公支持     
長 井(山 形)※ 14日 内谷 重治(54) 2無現             
ひたちなか(茨城) ※〃  本間 源基(56) 3無現 民、自、公推薦     
館 山(千 葉)   〃  金丸 謙一(61) 2無現 自推薦         
小千谷(新 潟)   〃  谷井 靖夫(72) 2無現 自推薦         
小矢部(富 山)  ※〃  桜井 森夫(56) 2無現 民、自、み、国推薦   
大船渡(岩 手)  21日 戸田 公明(61) 1無新 公推薦 
新発田(新 潟)   〃  二階堂 馨(58) 1無新             
稲 沢(愛 知)  ※〃  大野 紀明(65) 2無現 民、自、公推薦     
尼 崎(兵 庫)   〃  稲村 和美(38) 1無新             
室 戸(高 知)   〃  小松 幹侍(61) 2無現             
八 街(千 葉)  28日 北村 新司(62) 1無新 民支持         
金 沢        〃  山野 之義(48) 1無新             
松 山        〃  野志 克仁(43) 1無新             
古 賀(福 岡)   〃  竹下司津男(42) 1無新             
宜野湾(沖 縄)   〃  安里 猛(58) 1無新 共、社、沖縄社会大衆推薦

〔特別区長選〕 
新 宿(東 京)  14日 中山 弘子(65) 3無現 自、公、た推薦


◇12月の地方選挙(日付は投票日)

〔知事選〕 
26日 宮崎

〔市長選〕  
 5日 白山(石川) 
12日 草加(埼玉)、逗子(神奈川)、三島(静岡)、犬山(愛知) 
19日 八千代(千葉)、荒尾(熊本) 
26日 深川(北海道)、成田(千葉)、一宮(愛知)
[PR]
by doumin | 2010-11-29 16:08 | 政治‐地方 | Comments(0)
札幌市指定ごみ袋は中国製 札幌市収集の雑がみは中国へ輸出…道内事業への影響を危惧する声も
上田文雄札幌市長は、
地元企業を応援する気はないのでしょうか・・・。

北海道新聞:札幌市収集の雑がみ、中国へ輸出(11/28 09:01、11/28 12:23 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/262154.html
 古紙を原料にした家庭紙製造の道内最大手、道栄紙業(後志管内倶知安町)が、札幌市が回収した「雑がみ」の入札で、中国へ輸出する業者に敗れて困惑している。これまでは毎回落札していたが、11月分以降は大差で敗れた。海外で再資源化できるよう制度変更されたためだが、処理量増を見込んで多額の設備増強を行ったばかりの道栄紙業は対応に頭を悩ませている。

 不純物の混じった「雑がみ規格外品」の再資源化には、不純物を取り除くための高水準の設備が必要なため、道栄紙業以外に応札する企業はなかった。

 同社は将来の処理量増を見込んで、昨年9月に2億8千万円かけて本社工場の設備を増強し、古紙回収問屋からの買い取り量は大幅に減らした。

 一方、札幌市は入札業者の参入を促すため、今年2月末に関連要綱を改定し、雑がみの再資源化処理を海外でもできるようにした。道栄紙業としても、グループ企業が所有するベトナムの工場で処理できるため、改定を歓迎していた。

 ところが10月末に実施された11月分の入札で、札幌市内のリサイクル会社が、道栄紙業のそれまでの落札額の約3倍の1トンあたり8505円で落札。12月分も同社が落札した。日本の商社が間に入り「購入した中国の企業が再資源化する」(落札したリサイクル会社)という。

 原料の約4割を札幌市の「雑がみ」入札に依存する形となっていた道栄紙業は「古紙回収問屋からの買い取り量は、一度減らすと簡単には元に戻せない」と戸惑いを隠せない。ただ、同社は札幌市の「雑がみ」の3分の1を処理するなど、道内リサイクル業界で一定の役割を担ってきただけに、関係者からは道内の紙リサイクル事業への影響を危惧(きぐ)する声も聞かれる。


これは酷い。


そういえば、札幌市指定のとっても高~いゴミ袋も中国製。
なぜだろう?

調べてみると、
札幌市はもちろん北海道内の会社も落札できていない。

札幌市 入札情報サービス
https://www.nyusatsu.city.sapporo.jp/PPI/Public/Server?ID=01
物品・役務→入札等結果情報→発注担当又は払出担当→部局名:環境局環境事業部、課所名:企画課


ごみ袋の大きさごとに、それぞれ入札。
結果、東京や大阪など本州の企業が落札していて、製造は主に中国、そしてマレーシア。

これ、全然地元のためになってないでしょ。



そこで、入札の条件等を札幌市環境局環境事業部企画課に問い合わせてみました。
分かりやすく、とても丁寧なお返事を頂戴しました。
要約すると、

政令指定都市である札幌市は、
「政府調達に関する協定」(平成7年条約第23号)の適用対象となり、
入札を国際的に開放しなければならず、地元を優遇できない。


まぁここまでは分かりました。

でも、ここは優遇すべきだと思うし、その方法を考えるべきだったのでは?
平成7年と今では状況も全然違う。
せっかくこんな大きな仕事なのに。
地元が出来るように、って少しでも考えたとは思えない。

そもそも、何のために本州や中国にお金を落とさなきゃならないのかしら。
日々使用する決して安くはないゴミ袋、
地元のためになるなら納得もできる。




ちょっと話はずれるけど・・・。
外国資本による水土保全林などの土地購入について、
国と地方に問い合わせた時もこういう感じでしたね。
事実は把握していないだの、法律がないだのと、国と地方でたらい回しだったけど、
最近になって頻繁に報道され騒がれるようになると、
まるで以前から動いてたかのように言い出してびっくり。
しかも、国の対応を待たずに条例制定は出来ないのか?と質問すると、
所有権にかかわる問題だから無理、とその時は言われたんですが、
でも今は条例制定の動きになっています。

出来るのにやらない。
動かなくてすむように。
問題が大きくなってから重い腰を上げる。
お役所仕事。



ごみ袋の件も、お役所仕事感が否めない。
何とかできなかったのかなぁ。
ましてや現政権は地域主権とか言ってるわけだし、
上田市長だって民主党の支援を今まで受けてる。
素人考えかもしれないけど、
特例みたいなことは出来なかったのかなぁ、
地元に任せられる方法はないか少しでも考えたのかなぁ、
という残念な気持ちや疑問が、どうしても拭えません。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:社会

■関連カテゴリ:政治-地方

トップページ
[PR]
by doumin | 2010-11-29 15:26 | 社会 | Comments(2)
政府の危機管理、甘さ露呈 北朝鮮砲撃 岡崎トミ子国家公安委員長は在宅勤務
現与党は、休日に問題は起こらないと思っているんでしょう。
たとえば大地震などの天災も(日本の祝日も除いた)平日にしか起こらないと。

岡崎トミ子氏は在宅勤務。
ニコニコ顔で答弁。
公安委員長ですよ、この人。
就任時は「男女共同参画」ばかりを連呼し、
韓国の反日デモに参加したり、
元慰安婦への金銭補償を「検討していかなければならない」などと述べたり、
質問に合わない意味不明な答弁を繰り返して謝罪したり。
資質は?任命責任は?って言いたいけど、
肝心の任命権者も「休日だったので集まるのが遅れた」

スポーツ報知:北朝鮮砲撃一報も「警察トップ」岡崎氏は在宅勤務(2010年11月26日06時02分)
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20101126-OHT1T00048.htm
 北朝鮮による韓国砲撃を受けた菅政権が対応遅れを批判されるなか、岡崎トミ子国家公安委員長(66)が発生の一報を受けた後も東京・麹町の議員宿舎にいたことが25日、明らかになった。砲撃当日には一度も警察庁に登庁せず宿舎で指揮していたという。あまりのノンビリぶりに野党から批判が続出。岡崎氏の問責決議案を検討すべきとの声があがっている。

 北朝鮮の韓国砲撃で日本が危機的状況の真っただ中、「警察のトップ」である国家公安委員長が議員宿舎にとどまっていたという仰天事実が明らかになった。

 衆院予算委員会で、岡崎氏は「私自身はその日は警察庁に入ってはおりません」。砲撃があった23日に一度も警察庁に登庁しなかったことを認めた上で「随時報告を受け情報収集に努め、適宜指示していた」と述べた。

 岡崎氏は、午後4時ごろに一報を受け、約5時間後の午後8時45分に関係閣僚会議出席のために官邸入り。参院予算委員会で、自民党の山本一太参院議員(52)から「どこで何をやっていたんですか?」と問われた岡崎氏は「5時25分まで議員宿舎におりました」。同6時の宮中行事に出席後、8時まで周辺で待機していたことを明かし「いつでも官邸、警察庁に行ける所で待機していた」とニコニコ顔で答弁した。

 山本氏は「国家公安委員長の資格はないですよ」と絶叫。その後、岡崎氏は「警察庁に出向いてきちんと対応できればよかった」と自身の対応に問題があったことを遅ればせながら認めた。野党からは「家で寝てたんだろ!」「あんた、本当に警察のトップか!」と厳しいヤジが飛んだ。

 岡崎氏に対し自民党の小泉進次郎衆院議員(29)はあきれ顔。「どう考えても、岡崎大臣は国内治安、警察をつかさどってる現実は信じられない。ほかの方に代えた方がいい」とバッサリ。「普通、問責を出す時っていろんな理由を探すけど、探す必要がない。一言、不適格! それだけ」。直ちに問責決議案を検討すべきとの考えを強く示した。

 岡崎氏はこれまでに、テロ捜査に関する警視庁内部資料の流出問題などで、自民党などから問責を検討すべきとの声があがっていた。

 自民党は26日に仙谷由人官房長官(64)、馬淵澄夫国交相(50)の問責決議案を参院に提出することを決定。国会軽視発言で辞任した柳田稔法相(56)に続く“ドミノ辞任”の危機のなか、岡崎氏の首筋にも寒風が吹き付けてきた。


日経:政府の危機管理、甘さ露呈 北朝鮮砲撃 2010/11/25 21:33
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E0E7E
2E0878DE0E7E3E3E0E2E3E28297EAE2E2E2;at=ALL

 25日に衆参両院の予算委員会で開かれた北朝鮮による韓国砲撃事件に関する集中審議で、政府の初動対応など危機管理体制が問われるような答弁が相次いだ。

 自民党の山本一太参院政審会長は菅直人首相が23日の事件発生後、すぐに首相官邸に出向かず隣接する公邸に滞在していた点を「官邸はすっからかんだった」と追及。首相は「公邸というのは首相官邸と実はつながっている」などと答弁し、結果として官邸の内部構造を明かす格好となった。

 岡崎トミ子国家公安委員長は事件発生の当日に警察庁に登庁していなかった事実も判明した。岡崎氏は議員宿舎に滞在しながら関係者に指示するなど「何かあれば対応する体制だった」と強調。ただ「待機していたが何の連絡もなかった」とも答弁し、山本氏から「なぜ自ら主導権をとって情報収集をしなかったのか」と追及を受けた。

 結局、岡崎氏は「警察庁に出向いてきちんとした対応ができればよかったかと思う」と答弁した。首相は25日夜、首相官邸で記者団に「今回の対応は迅速かつ適切であったと考えている」と強気だった。


テレ朝:【北砲撃】菅総理「休日で集まるのが遅れた」(11/25 00:02)
http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/201124049.html
北朝鮮による砲撃をめぐって与野党の党首会談が開かれ、野党側が対応の遅れを批判したのに対して菅総理大臣は「休日だったので集まるのが遅れた」と釈明しました。

 このなかで、菅総理は、政府が入手している情報を野党の党首に直接説明し、政府の対応に理解を求めました。自民党の谷垣総裁が国会での非難決議を提案したほか、公明党の山口代表が国連安全保障理事会での対応を求めました。また、みんなの党の渡辺代表によると、政府の対応が遅いとの批判の声に対し、菅総理は「休日だったので集まるのが遅れた」と述べたということです。対応の遅れを認めたとも取れる発言で、25日の集中審議でも政府の初動について議論になりそうです。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■カテゴリ:政治-与党

■当ブログ内関連記事
暴言、失言、迷言、撤回、謝罪 止まらぬ閣僚 2010-11-19
政治資金規正法違反・反日デモの岡崎トミ子国家公安委員長、元慰安婦への金銭補償「検討していかなければ」 2010-10-29
菅内閣改造 閣僚名簿発表 2010-09-17
[PR]
by doumin | 2010-11-26 15:46 | 政治‐与党(2012.12.25まで) | Comments(0)
「北朝鮮の砲撃は民主党にとって神風」幹部“失言”
FNN:自民党、補正予算案採決前の問責提出見送り 民主党幹部「北朝鮮砲撃は党にとって神風」(11/24 18:30) ※2010年
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00188466.html
朝鮮半島西側の延坪(ヨンピョン)島に向けて、北朝鮮が砲弾を発射した事件への対応で、これまでの失点を取り戻したい菅政権。しかし、思わず漏れた本音をめぐって、野党が徹底追及している。
菅首相は24日、「これは許し難い蛮行だと言わざるを得ません」と述べた。
尖閣、北方領土と失態続きの中、今度こそ失敗が許されない菅外交。
菅首相は24日、「韓国政府の立場を強く支持してまいります」との思いを李明博(イ・ミョンバク)大統領に電話で伝えた。
さらに仙谷官房長官は、検討が進んでいた朝鮮学校の高校授業料無償化についても、見直しの可能性に言及した。
激変した国際情勢を受け、仙谷・馬淵両大臣らへの問責決議案を24日にも提出する構えだった自民党は、補正予算案採決前の提出を見送ることを決めた。
自民党の谷垣総裁は「問責は事態を見ながら。衆参の国対委員長に判断してもらう」と述べた。
しかし、この有事について、民主党幹部から「北朝鮮の砲撃は民主党にとって神風だ」と耳を疑うような発言もあった。
この発言に対し、自民党の石破政調会長は「なぜそんな発想しかできないのだ」と述べ、安倍元首相は「2人の兵士が亡くなっている。このことまで政局に利用しようとしている」と述べた。
さらに、23日の菅首相の「報道で」との発言について、安倍元首相は「とんでもない危機管理」と述べ、小泉 進次郎議員は、「当事者意識がないのか」、「今回の事態は対岸の火事だけど、対岸の火事じゃない」と述べた。
問責決議案の提出は当面見送られても、依然、野党の追及はやむことがなかった。
その矛先は、政府の初動対応に向けられた。
また小泉議員は、菅首相の「情報収集に全力を挙げて。第2点は不測の事態に備えて、準備してほしい」との発言について、「この2点の発言の前に、北朝鮮を非難する言葉がないのがありえない」と述べた。
さらに、菅首相の今回の事態をテレビで初めて知ったかのような発言。
菅首相は23日、「韓国軍も応戦した報道があり、わたしにも(午後)3時半ごろ、連絡がありました」と述べていた。
この発言について、周辺は「秘書官から第1報が入ったあとにテレビをつけたら、ニュースでやっていたため」と釈明している。
しかし、FNNが入手した資料には、首相への連絡体制に疑問点が浮かんだ。
外務部門会議で松本議員は「(午後)3時すぎには、情報が入った時点で対応をスタートいたしまして」と述べた。
その後、午後3時18分にオーストラリアにいる前原外相に報告され、その2分後には首相官邸に情報連絡室が設置された。
菅首相には、さらにそのあと、官邸に連絡室が設置されてから10分もたって連絡があった。
自民党の石破政調会長は「政権全体に緊張感に欠ける」と述べた。


J-CAST:「北朝鮮の砲撃は神風だ」 「民主幹部が発言」報道
2010/11/24 20:58
http://www.j-cast.com/2010/11/24081665.html?p=all
2010年11月23日に起きた北朝鮮の韓国・延坪島砲撃について、「民主党幹部」が「砲撃戦は民主党にとって神風だ」と発言したという報道が流れた。砲撃戦の影響で、野党が仙谷由人官房長官への問責決議案提出を見送ったことに関しての発言だが、韓国で死者が出ていることもあり、ネットでは「不謹慎だ」と非難する声があがっている。

23日14時半すぎ、韓国が黄海上の軍事境界線と定める北方限界線(NLL)から約3キロにある韓国西部の延坪島に、北朝鮮側から砲撃があった。

野党、砲撃戦で問責案提出を見送り
報道によると、砲弾は100発以上にも及び、そのうち数十発が島内の韓国軍基地や民家に着弾。韓国軍も砲撃で応戦したが、兵士2人、民間人にも2人の死者が出た。

現在も緊迫した状況が続いているが、皮肉にも砲撃戦の影響で民主党は危機を脱したというのだ。そもそも野党は22日に辞任した柳田稔前法相に続いて、仙谷官房長官にも問責案を出す構えだった。

しかし、砲撃戦翌日の24日午後、野党7党が会談を開き、2010年度補正予算案の採決前の問責案提出を見送ることで一致。朝鮮半島情勢が緊迫する中で危機管理を担当する仙谷官房長官に問責案を出すことは、国民の支持を得られないと判断したためだ。

この問題について、FNNが24日のニュースで報じたところによると、民主党の衆参両院の国会対策委員長らが23日夜に会談し、砲撃戦の国会への影響を協議した。その中で「民主党幹部」が、砲撃戦で野党が問責案を出しにくくなることに触れ、「北朝鮮の砲撃は民主党にとって神風だ」と発言したのだという。

「民間人にまで死者がでているというのに」
ネットではこの「神風」発言がすぐに注目を集め、

「こんな不謹慎な発言は聞いたことが無い」
「民間人にまで死者がでているというのに」
「どうしてそんな発言がでるのか」
といった非難の書き込みが殺到。2ちゃんねるにもスレッドが乱立した。

FNNによると、石破茂自民党政調会長もこの発言について「なぜそんな発想しかできないのだ」と非難。安倍晋三元総理も「2人の兵士が亡くなっている。このことまで政局に利用しようとしている」と話したという。

J-CASTニュースは、民主党に、この会談がどういうものだったのか、そしてこの発言をした「民主党幹部」は誰なのか問い合わせたが「国会対策委員長らが、国会での対応を巡ってちょっと集まるというのはよくあること。オフィシャルな会談であれば党にも情報が入ってくるが、承知していない」ということだった。


「北朝鮮の砲撃は民主党にとって神風だ」幹部“失言”
(2010年11月25日06時03分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20101125-OHT1T00031.htm
 民主党内では、北朝鮮による韓国砲撃の余波で“閣僚ドミノ辞任”を当面回避することができたとして「神風だ」と仰天発言が飛び出した。

 菅直人首相(64)は24日、北朝鮮による韓国砲撃を受け、自民党の谷垣禎一総裁(65)ら各党党首と会談した。危機管理に当たる仙谷由人官房長官(64)に対する問責決議案の提出見送りなど、国会運営面で野党に協力を要請。砲撃に関する予算委員会集中審議を求めた谷垣氏に対し、今年度補正予算成立を優先させるべきだと主張した。

 自民党は、仙谷氏と馬淵澄夫国交相(50)に対する参院での問責決議案について24、25両日の提出は見送る方針を決定。柳田法務相(56)に続く“閣僚ドミノ辞任”はひとまず回避した形。永田町では、民主党幹部が「北朝鮮の砲撃は民主党にとって神風だ」と“失言”を吐いたという情報が流れ、自民党の石破茂政調会長は会見で「問責を逃れたとか神風が吹いたとか言っている与党の方がいるそうだが、それはそれ、これはこれ。なぜそんな発想しかできないのか」と批判した。

 野党は政府危機管理対応を優先すべきとの判断で、補正予算採決前の問責処理を見送る方針。勢いを止められたが「問責の理由が消えたわけではない」(自民・逢沢一郎国対委員長)と引き続き提出のタイミングを探る。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
暴言、失言、迷言、撤回、謝罪 止まらぬ閣僚 2010-11-19

■カテゴリ:政治-与党(2012.12.25まで)

■カテゴリ:トップページ
[PR]
by doumin | 2010-11-25 16:25 | 政治‐与党(2012.12.25まで) | Comments(0)
柳田法相・拉致問題担当相辞任 後任は問責決議案が提出される仙谷氏・・・
昨日、日曜日。
午後2時半にわざわざ会見を開いて何を言い出すかと思ったら、
「今後とも真摯(しんし)な答弁で頑張りたい」
え・・・。
急激な円高株安の中わざわざ緊急会見を開き、
「注意深く見守る」と言って唖然とさせた野田財務相じゃないんだから・・・。

さらに柳田氏は、
「踏み込んだ答弁ができるよう法務省に指示した」
まるで法務省に責任があったかのような言い方。

日刊スポーツ:柳田法相が居直り続投宣言…問題ヤマ場
[2010年11月22日7時43分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20101122-705148.html


当ブログ:無能、無策の野田佳彦財務相 そのツケは重い
2010-08-25
http://doumin.exblog.jp/11803518



で、今日の辞任。
昨日の会見は一体何だったのか意味が分からない。
24時間も経ってませんよ・・・。

コロコロ変わるのは民主党のデフォだから、
民主党内では普通のことなのかもしれませんけどね。


驚くのはこの発言。

「この世界に入った20年前から応援してくれた仲間なので、
気を許し過ぎたというのが率直なところだ。
結果的にああいう不用意な発言をしたことは私の非であり、心からおわびしなければならない」


気を許しすぎた?
不用意な発言?
そういう問題ではないんですが・・・。
だめだこりゃ。


米長晴信参院議員の、

「身内の会合で話したことで辞める必要はないのでは」


これも驚き。
民主党ってこんな人ばっかりですね。


時事:柳田法相辞任会見の要旨
(2010/11/22-12:46)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010112200342


スポニチ:どうなる拉致問題…嘆く横田さん「本当に嫌になります」
[ 2010年11月22日 11:33 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20101122024.html


日経:軽い発言に冷たい視線 官僚あぜん、法務行政は課題山積
2010/11/22 12:13
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C9381969
5E0E0E2E2998DE0E0E3E3E0E2E3E29191E2E2E2E2;bm=96958A9C938194
81E0E0E2E2988DE0E0E3E3E0E2E3E29C9C91E2E2E2

 「驚いた。前日は全然、辞める気がない様子だったのに……」。普段より早めに出勤した若手職員は、柳田法相の突然の辞意表明にあぜんとした表情。法相は21日午後、法務省内で報道陣の取材に応じ「これから真摯(しんし)に、さらに踏み込んだ国会答弁をする」などと続投の意欲を語ったばかりだった。

 別の幹部は辞任の影響について「法務行政そのものは、それほど揺るがないだろう」と冷めた様子。「就任から約2カ月は大阪地検特捜部の事件や尖閣諸関連の対応に追われ、積極的な政策展開は特になかった」と指摘した。

 「検察改革」を目指して立ち上げた有識者らによる「検察の在り方検討会議」はまだ本格的な議論の前。ベテラン職員の一人は「もはや何が起きても驚かなくなった。我々は粛々と仕事をするだけだ」と、半ばあきれたようにつぶやいた。

 柳田法相には前任者に引き続き、死刑制度に関して国民的な議論を深めていくことが期待されていたが、結局、省内勉強会を一度も開いていない状態だ。

 辞任について、「全国犯罪被害者の会(あすの会)」の岡村勲代表幹事(81)は「発言はあまりに軽すぎで辞任は当然。死刑制度の是非や裁判員制度が大きく焦点になるなかで、法務行政にあまりにうとい法相という印象だった」。

 岡村代表幹事は死刑制度廃止には反対の立場で「柳田法相は死刑制度について何も考えを持ち合わせていないようだった」と振り返った。

 北朝鮮による拉致被害者家族会の横田滋さん(78)も「これから定期的に情報交換しようとした矢先だった」としたうえで、「拉致被害者家族は高齢化しており、後任には問題に精通した方を選び、引き継ぎによる空白期間が少なくてすむようにしてもらいたい」と話した。

 法相の辞任に同僚の民主党の国会議員らから「残念」「辞める必要はないのでは」との声があがった。

 民主党の外山斎参院議員(34)は「残念ですね。閣僚はいつでも発言の責任追及を受けますから」と言葉少な。小川敏夫法務副大臣(62)は「十分に支えてあげられなかったことは残念です」と足早に議員会館の事務所に向かった。

 一方で擁護する声も。米長晴信参院議員(45)は「過去の国会答弁の中で(国会軽視の発言が)あったのなら責任をとるべきだが、身内の会合で話したことをもって辞める必要はないのでは」と話した。



後任は仙谷氏とのことですが・・・大丈夫なんでしょうか?
色々な意味で不安。
それに、仙谷氏も暴言連発などで問責決議案が出される予定ですよ。
よほど人材がいないんでしょうが・・・。

日経:柳田法相が辞任「補正速やかに通すため」
2010/11/22 11:02
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819481E
0E0E2E29A8DE0E0E3E3E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C93819481E0
E0E2E2988DE0E0E3E3E0E2E3E29C9C91E2E2E2

※抜粋
法相と拉致問題担当相は当面、仙谷由人官房長官が兼務する。


東京新聞:自民 仙谷氏ら問責崩さず 2010年11月22日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010112202000168.html


産経:みんなの党、補正採決前に仙谷氏の問責提出へ 「責任一番重い」
2010.11.22 15:00
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101122/stt1011221501027-n1.htm



読売にこんな記事が出ていました。

読売新聞:首相らのシナリオ通り…柳田法相更迭
(2010年11月22日14時31分)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101122-OYT1T00640.htm


ああいう人たちが集まって書いたシナリオって、
お笑いか自虐ギャグか何かのシナリオでしょうか。
(お笑いの人に失礼ですね)

柳田氏を更迭するとかしないとかの話(シナリオ)に限ったことではありませんが、
お馬鹿さんがいくら集まったところで、
良い案なんて産み出されるわけもない(笑)って私は思いますけど。
しかも無責任集団だし。
これは致命的。



気になることが。
数日前に、「柳田氏更迭へ 後任に小川副大臣の名」という記事が出ていました。

産経:柳田法相更迭へ 補正予算成立を優先 後任に小川副大臣の名
2010.11.20 01:30
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101120/plc1011200131004-n1.htm


更迭する方針を19日に固めた、というのは間違い(?)だったようですけど、
気になるのは、後任に名前が挙がったという小川敏夫法務副大臣。
菅総理の盟友だそうで、
参院選の時も「蓮舫さんより側近(小川氏)支持して」などと地元で訴え、
単なるテコ入れにはとどまらず、党代表の立場で異例の肩入れぶりだったとのこと。
9月の菅内閣改造では、法相のポストに小川氏が有力視されていました。

当ブログ:菅内閣改造 閣僚名簿発表
2010-09-17
http://doumin.exblog.jp/11934408


小川氏は、落選しても居座った千葉景子元法相と同レベルに偏った人のようです。
さらに、前妻に対するDV(ドメスティック・バイオレンス)・・・。
前妻は女優の市毛良枝さんで、
「DVが原因で離婚」と当時はずいぶん報道されていたそうです。
こんな人がもし今後法相になったら・・・。

仙谷氏がいつまでも官房長官と法相と拉致問題担当大臣を兼務ってわけにもいかないでしょうし、
民主党は人材がいないので、
こういう風に名前が上がった人が就任してしまう可能性も・・・?
これはちょっと不安ですね。

毎日新聞 えらぼーと 2010参院選:小川敏夫
http://mainichi.jp/select/seiji/10saninsen/mai/kouji/party_areameikan.php?mid=B13000018018
選挙区:東京
当選回数:2
年齢:62
党派:民主
代表的な肩書:弁護士
略歴:弁護士、党国民運動委員長、判事補、東京・福岡・横浜地検検事、立教大

問1: 憲法9条の改正に賛成ですか、反対ですか。
回答: 反対
問2: 集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すべきだと考えますか。
回答: 見直す必要はない
問3: 日本の核武装について、あなたの考えに近いものを一つ選んでください。
回答: 将来にわたって検討すべきでない
問4: 日米安全保障条約について、あなたの考えに近いものを一つ選んでください。
回答: 今のままでいい
問5: 北朝鮮を巡り、拉致問題、ミサイル発射、核実験に加え、韓国海軍の哨戒艦沈没事件が起きています。これまで政府がとってきた対北朝鮮政策について、あなたの考えに近いものを一つ選んでください。
回答: 妥当だ
問6: 鳩山前政権は、沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場を、同県名護市辺野古付近に移設することを決めました。普天間飛行場の移設先について、あなたの考えに近いものを一つ選んでください。
回答: 国外
問7: 経済・財政運営について、「行政の無駄削減」を前提とした上で、あなたの考えに近い方を選んでください。
回答: 法人税の減税や規制緩和による経済活性化
問8: 消費税について、あなたの考えに近いものを一つ選んでください。
回答: 次期衆院選の後に引き上げるべきだ
問9: 地球温暖化対策として温室効果ガス排出などに課税する「環境税」に賛成ですか、反対ですか。
回答: 賛成
問10: 基礎年金は現在、国民の支払う保険料を財源にあてる保険料方式がとられていますが、全額を税で賄う方式にすべきだとの意見もあります。あなたはどちらがふさわしいと思いますか。
回答: 全額税方式
問11: 現在、月1万3000円の子ども手当を増額することについて、あなたの考えに近いものを一つ選んで下さい。
回答: 今のままでいい
問12: 高速道路無料化に賛成ですか、反対ですか。
回答: 賛成
問13: 選択的夫婦別姓に賛成ですか、反対ですか。
回答: 賛成
問14: 政党への企業・団体献金を全面的に禁止すべきだと思いますか。
回答: 禁止すべきだ
問15: 官僚が国会で答弁することに賛成ですか、反対ですか。
回答: 反対
問16: 行政の無駄削減に際し、インターネットで公開して民間の「仕分け人」も参加する現在の「事業仕分け」についてどう思いますか。
回答: 続けるべきだ
問17: 参院選の結果次第で連立政権の枠組みが変わる可能性があります。現在、野党の立場を取る政党が、参院選後に民主党と連立を組むことは問題だと思いますか。
回答: 問題ない
問18: 日本の政党政治のあり方について、あなたの考えに近い方を選んでください。
回答: 二大政党化が望ましい
問19: 永住外国人への地方選挙権付与に賛成ですか、反対ですか。
回答: 賛成
問20: 犯罪の容疑者に対する取り調べの全過程を録音・録画(可視化)することに賛成ですか、反対ですか。
回答: 賛成
問21: 国から地方自治体に財源・権限を移譲する地方分権について、あなたの考えに近い方を選んでください。
回答: 移譲を進め、自治体の裁量で実施できる業務を最大限増やすべきだ


youtube:慰安婦問題 小川敏夫議員VS安倍晋三首相
http://www.youtube.com/watch?v=k99AIqSL0VU


livedoor 2010参院選 立候補者意識調査
http://politics.news.livedoor.com/election2010/question/?q=5
※抜粋
国会議員の靖国参拝に反対



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治-与党

トップページ
[PR]
by doumin | 2010-11-22 16:37 | 政治‐与党(2012.12.25まで) | Comments(2)
暴言、失言、迷言、撤回、謝罪 止まらぬ閣僚
政治ごっこをやっている人たちの失言や暴言などを、
いくつかまとめてみました。

東京新聞:失言、迷言 止まらぬ閣僚
2010年11月19日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010111902000036.html
 閣僚メンバーの国会答弁の乱れが止まらない。十八日の参院予算委員会では仙谷由人官房長官の「自衛隊は暴力装置」発言に加え、蓮舫行政刷新担当相、岡崎トミ子国家公安委員長が従来と食い違う答弁や「迷言」を展開し、野党側の攻撃の標的になった。いずれも謝罪したが、柳田稔法相の国会軽視発言に続いて閣僚の答弁能力の弱さを露呈した。

 「暴力装置でもあり、ある種の軍事組織でもある」。防衛省が政治的発言をする第三者を行事に呼ばないように行政通達を出していた問題をめぐる質疑の中で、仙谷由人官房長官が自衛隊をこう表現すると、委員会室は騒然となった。

 仙谷氏は直ちに「実力組織」と訂正。さらに、野党から発言の撤回を求められると素直に応じ、「法律上の用語としては不適当だった」と頭を下げた。

 蓮舫行政刷新担当相は国会内でのファッション誌の写真撮影が再び、攻撃されて答弁に苦労。これまで、国会に提出した撮影許可願の目的欄に「議員活動の記録のため」と記入したのは、衆院事務局の「示唆によるもの」と説明していたが、この日は発言を一転、撤回。

 従来の答弁について「自分の誤解だった」と説明し、野党側に謝った。さらに蓮舫氏は独立行政法人に関する答弁でも野党側に事実誤認を指摘され、再び、発言を撤回し、謝罪した。

 岡崎トミ子国家公安委員長は二〇一〇年度補正予算案に盛り込まれた警察車両の配備先について十分に答えられなかったほか、質問に合わない答弁を続け、審議がたびたび中断。岡崎氏も答弁を撤回し、陳謝した。

 閣僚答弁の迷走について自民党の谷垣禎一総裁は「まさに政権末期状況だ」と述べた。


読売新聞:仙谷、蓮舫氏も失言…連合会長「みんな空回り」
(2010年11月19日10時07分)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101119-OYT1T00180.htm
 菅内閣の閣僚の失言や発言撤回が止まらない。

 18日の参院予算委では、前日に柳田法相の発言を厳重注意したばかりの仙谷官房長官が、自衛隊について「暴力装置でもある」と発言し、直後に撤回、謝罪した。

 国会内でファッション誌の写真撮影をした蓮舫行政刷新相も、過去の答弁を撤回。民主党最大の支持団体である連合の古賀伸明会長は同日の記者会見で「みんなが空回りしている。原点に返って立て直すべきだ」と苦言を呈した。

 仙谷氏の「暴力装置」発言は、防衛省が政治的な発言をする部外者を関連行事に呼ばないよう求める次官通達を出したことに関する答弁の中で飛び出した。

 「暴力装置」という言葉は、かつて自衛隊違憲論を唱える人々が使っていたこともある表現だ。仙谷氏は、野党側の激しいヤジを浴び、「じゃあ実力組織と訂正させていただく」と語ったが、質問した自民党の世耕弘成氏の抗議で撤回。「法律上の用語としては不適当なので、自衛隊の皆さん方には謝罪する」と述べた。

 次官通達をめぐっては、前日に「自民党内閣でも、たぶん同じことをするだろう」と述べ、その後発言を撤回した北沢防衛相も18日、この問題に絡む追及に「質問者もしっかり事実関係を調べて」と反論し、審議が紛糾した。

 蓮舫氏は、国会内での写真撮影をした際、撮影許可申請で「議員活動の記録のため」とした理由について、10月の答弁で「事務局の示唆」としたことを問いただされると、「私の誤解だった。示唆はなかった」と発言を撤回、謝罪した。

 今国会ではこれまでも、仙谷氏が、政府参考人の官僚に「将来を傷つける」とどう喝的な発言をしたり、国会内での写真取材を「盗撮」と表現して謝罪や撤回を重ねたりするなど、閣僚発言が問題視されるケースが相次いでいる。


J-CAST:厳重注意ブーメラン現象 仙谷長官の「暴力装置」発言
2010/11/19 14:53
http://www.j-cast.com/tv/2010/11/19081272.html?p=all
次々と繰り出す判断ミスや身内同士のケンカ、方言、暴言で菅政権へのバッシングが止まらない。
今朝(2010年11月19日)の『朝ズバ!』が取り上げたのは柳田法相の『スチャラカ放言』の続き。

撤回と謝罪要求され…
柳田法相に『厳重注意』したばかりの仙谷官房長官が、今度は11月18日の参議院予算委員会で自ら暴言を発した。自衛隊の政治的中立をめぐる問題で答弁に立った仙谷長官がこんどは「暴力装置でもある自衛隊……ある種の、ある種の軍事組織」と。
自民党の世耕議員も看過できないと即座に「撤回と謝罪」要求したが、仙谷長官は「撤回して実力組織と言い換えます」と、わけのわからない答弁を。
案の定、謝罪がなかったことに、委員会会場から「自衛隊をバカにしているのか」と大声でヤジが飛んだ。
仙谷長官のこの後の答弁も「法律上の用語としては不適切でございましたので自衛隊の皆さんに謝罪します」ともって回った言い方を。
「法律上の用語」は余分。菅政権NO2になっても、旧社会党議員だったころの『アンチ自衛隊』の考えが抜けていないと見える。
自民党は、柳田法相の問責決議案を参議院に提出する方針で、野党各党も賛成する考えという。提出されれば可決する見通しだ。

「泣きっ面に蜂」
スタジオでは、司会のみの・もんたが「問責決議、いったいどうなるんでしょうね」と呆れた。
これに毎日新聞論説副委員長の与良正男が次の発言を。
「泣きっ面に蜂というか、普天間基地移設問題から始まって領土問題、経済問題、財政再建などこの国をどうするのか、皆が心配し国会で議論してほしいと思っているのにこのありさま。柳田発言にはコメントする気もない」
自民党は柳田法相のほかに仙谷長官、馬淵国交相への問責決議案も準備しているという。


ZAKZAK:仙谷も蓮舫も失言…民主ボロボロ末期症状 みんな渡辺「左翼のDNA」
2010.11.18
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20101118/plt1011181654010-n1.htm
 参院予算委員会は18日、菅直人首相と全閣僚が出席し2010年度補正予算案に関する基本的質疑が行われたが、仙谷由人官房長官が自衛隊を「暴力装置」と述べて委員会が紛糾。蓮舫行政刷新相も発言の撤回に追い込まれたほか、細川律夫厚労相などの答弁をめぐっても度々審議がストップ。まさに「政権末期症状」との指摘が出るほどの惨状となった。

 まず、この日の失言王となったのは仙谷氏だ。同日午前の委員会では、防衛省が関連行事の来賓に政治的発言を控えるよう求める通達を出したことに対する質疑が行わた。この中で、仙谷氏は「公務員の世界では、(言動に)政治的中立性が求められる」と指摘。そのうえで、「暴力装置でもある自衛隊、軍事組織でもあるから、シビリアンコントロールが効かなければならない」と語ったのだ。

 「暴力装置」という表現は、ロシア革命で主導的役割を担ったレーニンの著書「国家と革命」に出てくるほか、かつて自衛隊を違憲と批判する立場から使用されてきた経緯もある。

 当然、委員会室は怒号で包まれ、質問者である自民党の世耕弘成幹事長代理は発言の撤回と謝罪を要求。仙谷氏は「不適当だった。自衛隊のみなさんには謝罪致します。撤回して実力組織と言い換える」と陳謝した。

 また、菅首相も同日午後の委員会で、「(仙谷氏を)後で呼んで注意する」と述べるとともに「内閣の責任者として私からもおわびしたい」と述べた。 

 また、仙谷氏は、中国漁船衝突事件をめぐる自民党の丸山和也参院議員との電話での会話を同氏から公にされ、丸山氏を「いいかげんな人」と批判したことについて、「失礼なことを申し上げた。その点については謝る」と語った。

 このほか、補正予算案についても蓮舫、柳田両大臣の答弁をめぐり審議が度々ストップしたが、みんなの党の渡辺喜美代表は「昔の左翼時代のDNAが図らずも明らかになっちゃったということではないか。(失言が相次ぐのは)政権末期症状だ」と斬って捨てた。




あら?
政治主導はどこ行ったんですか?(笑)

産経:仙谷氏、閣僚の失言続出に「野党の無通告質問が原因」と責任転嫁
2010.11.19 11:45
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101119/plc1011191150013-n1.htm




玄葉さんがすごい庇い方をしています。

読売新聞:仙谷氏「暴力装置」発言、防衛相が遺憾の意
(2010年11月19日16時49分)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101119-OYT1T00727.htm
 仙谷官房長官が自衛隊について「暴力装置でもある」と参院予算委員会で発言し、直後に撤回、謝罪したことに関連し、北沢防衛相は19日午前の閣議後の記者会見で、「まさに残念だという思いだ」と述べ、遺憾の意を表明した。

 海江田経済財政相も同日の記者会見で、「今の自衛隊が果たしている役割、自衛隊が一生懸命やっていることを考えれば、不適切な発言だ」と批判した。玄葉国家戦略相は、「言い間違いだ。官房長官は今後、そういう(暴力装置との)言葉は使わないと思う」と語った。


暴言を今後使わないのは当たり前の話。
わざわざ言うまでもないです。

それにしても、「言い間違い」はないでしょう。
「学術的には正しい」とか言い出さなかっただけまだいいけど、
もう少しましな庇い方は考えられなかったのでしょうか(笑)。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治-与党(2012.12.25まで)

トップページ





.
[PR]
by doumin | 2010-11-19 18:03 | 政治‐与党(2012.12.25まで) | Comments(4)
石油石炭税率を1.5倍に増税 環境税に衣替えし2011年度導入の方針
増税が目白押しです。
重要なことは何一つ満足に出来ないし詐欺まがいなのに、
増税などはせっせと提案して素早い導入のために一生懸命なんですね。

石油石炭税については、
暫定税率分を一部引き下げて負担軽減を“検討”するそうですが、どうなることか。
引き下げを実施するかどうかは別として、
最低でも検討はしておかないと非難轟々ですもんね~。
後で言い訳にも使えるし。
(ところで、ガソリン値下げ隊ってどこ行ったの?)

でもこれって矛盾してますよね。
「増税することによって消費を抑制してCO2排出量を低減する狙い」
なのに、暫定税率の方で調整したら変わらないし。
どのくらいの引き下げを“検討”するのかがまだ分かりませんけどね。

わーわー言われたくない、これ以上支持率を下げられない、お金がない、増税したい、CO2削減目標が・・・。
みたいな感じっぽい。

バカみたい。

朝日:環境税11年度導入の方針 政府民主 石油石炭税を増税 2010年11月19日6時14分
http://www.asahi.com/business/update/1119/TKY201011180558.html
 政府・民主党は18日、環境対策の財源とする地球温暖化対策税(環境税)を2011年度から導入する方針を固めた。石油や石炭などの化石燃料にかかっている石油石炭税を増税して、環境税に衣替えさせる。増税は最終的に5割(2500億円規模)を想定しているが、経済界は大幅な負担増に難色を示しており、初年度は数百億円規模となる見通しだ。

 民主党税制改正プロジェクトチーム(PT)が同日、石油石炭税を増税するなどの提言案をまとめた。政府税制調査会はこの提言を受けて、最終的な制度設計に入る。

 2500億円の規模は、国内排出権取引制度などの環境税以外の温暖化対策も踏まえたうえで、「2020年に温室効果ガスを90年比で25%削減する」との目標達成に必要な予算額として算出した。

 石油石炭税は主に輸入業者が納めており、増税した場合、ガソリンの販売価格に増税分が転嫁される可能性がある。このため、民主党は消費者の負担増を避けるため、ガソリン税の上乗せ税率分(旧暫定税率)は一定規模で縮小するよう、政府税調に検討を求めることも盛り込む。

 09年の衆院選では、旧暫定税率を廃止して環境税を導入すると公約に掲げており、何らかの負担減を求める声が党内に強くあがっていたことが背景にある。昨年は財源を生み出すために旧暫定税率の廃止は見送った。

 環境税は、燃料価格に転嫁することで利用者の節約を促し、税収を温暖化対策に使って温室効果ガスの削減効果を高める狙いがある。ただ、新法か法改正が必要なので、参議院で少数与党のねじれ国会のなか、実現には不確かな部分もある。


毎日:環境税:石油石炭税率を1.5倍に 民主PT素案 2010年11月18日 23時10分
http://mainichi.jp/life/money/news/20101119k0000m020136000c.html
 民主党の税制改正プロジェクトチーム(PT)は18日、政府が11年度からの導入を目指す地球温暖化対策税(環境税)の素案をまとめた。石油やガスなどの化石燃料にかかる石油石炭税の税率(輸入原油で1キロリットル当たり2040円)を1.5倍程度に引き上げる内容。

 増税によって化石燃料の消費を抑制し、二酸化炭素(CO2)の排出量を低減するのが狙い。ガソリンや軽油については、本則の税率に上乗せされた暫定税率分の引き下げなどで、環境税導入に伴う車利用者や運輸業界の負担の軽減も検討する。党内で最終調整を進め、月内にも政府に提言する。


日経:来年度の環境税新設を明記 民主PTが提言原案 2010/11/18 20:25
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E3EAE2E1E
38DE3EAE3E3E0E2E3E29797E0E2E2E2;at=DGXZZO0195164008122009000000

 民主党税制改正プロジェクトチーム(中野寛成座長)は18日、地球温暖化対策税(環境税)に関する提言の原案を固めた。石油石炭税を5割程度引き上げる形で来年度に環境税を新設することを明記した。増税批判にも配慮し、揮発油税や軽油引取税の旧暫定税率分の一部引き下げなどで負担軽減することも盛り込む方向だ。

 党チームは原案をもとに党内の議論を集約し、2011年度の税制改正に反映するよう政府に申し入れる。原案は玄葉光一郎国家戦略相(民主党政調会長)とも調整しており、政府税制調査会もこの案を軸に検討を進める見通しだ。揮発油税などの引き下げ幅は政府税調の議論に委ねる方針。

 石油石炭税は石油や天然ガスなどの化石燃料に課税し輸入業者などが納税している。原油の場合、1キロリットル当たりの税金は2040円。同チームは周知期間も含め来年秋ごろの引き上げを想定。平年度ベースの増税規模は2400億円を見込む。

 ガソリンでは1リットル当たり約0.8円の増税になる換算だが、実際の価格がどうなるかは揮発油税率に影響されそうだ。


ZAKZAK:民主の底知れぬ増税計画 たばこ1箱1000円も? 2010.11.18
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20101118/plt1011181709011-n1.htm
 政府税制調査会で議論されている主な増税項目は次の通り。

【2011年度税制改正で検討】

(1)法人税…経済産業省は法人税5%下げを要望も、ナフサ免税縮小などで増税

(2)環境税…石油・石炭税を上乗せし新税とする案が軸。ガス、電気が値上げ

(3)所得税…配偶者控除への所得制限(1000万円以下が有力)や給与所得控除に上限設定検討(2000万円超は除外が有力)。累進性の強化も打ち出しているほか、11年1月から扶養控除廃止。子ども手当をもらっても負担増となるケースも

(4)相続税…贈与税の優遇措置と引き換えに増税検討

(5)証券優遇税制…廃止の方向で検討

【将来的に予想される増税】

(1)消費税…菅首相が執着

(2)たばこ税…11年度は見送りも、小宮山洋子厚労副大臣が執着、1箱1000円?

(3)酒税…第3のビール増税か。アルコール度数に応じて?

(4)TPP関連…農業補償にかかる財源として

(5)医療制度…どの年代でも将来は負担増。増税でまかなう?

(6)軽自動車増税…総務省の悲願


時事通信:増税も「あり得る」=B型肝炎救済で-野田財務相(2010/10/15-11:06)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010101500311
 野田佳彦財務相は15日の閣議後会見で、B型肝炎訴訟で国側が示した総額2兆円に上る和解案に関し、「どうしても国民負担をお願いせざるを得なくなる。今からどういう財源かは詰めていないが、(増税も)あり得ると思う」と述べ、増税により救済費用をまかなう可能性を示唆した。
 財務相は「おそらく最初の数年は1000億円単位で予算措置が必要になる」とした上で、「国民に対する説明と理解が必要。議論を与野党関係なくしっかり国会の中でやるべきだ」と話した。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
経産省、石油石炭税増税求める 2010-08-25
軽自動車は4倍強の増税に 「環境自動車税」導入提案へ 2010-09-21
後期高齢者医療制度(後期医療)廃止などがマニフェストの民主党、また路線転換 2010-10-21
2012年度から地球温暖化対策税(環境税)導入の方針 石油石炭税1.5倍に 2011-12-07

■カテゴリ:政治-与党

トップページ

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

MBS:環境税 来年度導入へ、暫定税率は維持 ページ更新時間:2010年12月06日(月) 20時28分
http://www.mbs.jp/news/jnn_4594105_zen.shtml
 政府の税制調査会は、来年度から地球温暖化対策税、いわゆる「環境税」を導入する方針を固めました。現在実施されている「石油石炭税」の税率を1.5倍に引き上げる方向で調整しています。

 「環境税」は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出を抑えるためもので、民主党が去年の衆議院選挙のマニフェストで導入を打ち出していました。

 政府税調は来年度から環境税を導入する方針を固め、具体的には化石燃料に対して輸入段階で課税する「石油石炭税」を最大1.5倍に引き上げる方向で調整しています。

 1.5倍に引き上げた場合、税収の規模は2400億円にのぼりますが、ガソリンや軽油が1リットル当たりおよそ0.8円値上がりする計算となることなどから、産業界の反発が強く、来年度の増税幅は小幅にとどめる方針です。

 一方、同じく民主党が去年の衆院選のマニフェストで廃止を掲げていたガソリン税に1リットル当たりおよそ25円上乗せされている、いわゆる「暫定税率」については、厳しい財政事情から来年度も維持することを決めています。(06日18:50)


産経:「一貫性なく不信感」 環境税導入に産業界反発  (1/3ページ) 2010.12.6 22:58
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/101206/fnc1012062300011-n1.htm


毎日:環境税収:「一般財源にも」 財務省提案、経産省は反発 2010年12月7日 2時33分
http://mainichi.jp/select/today/news/20101207k0000m010125000c.html

[PR]
by doumin | 2010-11-19 15:13 | 政治‐与党(2012.12.25まで) | Comments(0)