和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
<   2011年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧
菅総理、G8の太陽光パネル発言で陳謝 「聞いてない」閣内不満
海江田さんが「聞いてない」とか言い出した時点で、
あーあ、また始まった、と思っていました。

それにしても・・・この人たちは一体いつになったらまともに政権運営ができるんでしょう?

毎日:<菅首相>太陽光パネル発言で陳謝 「聞いてない」閣内不満
2011年5月31日 22時24分 (2011年5月31日 22時35分 更新)
http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20110531/
Mainichi_20110601k0000m010130000c.html

 菅直人首相がエネルギー政策の見直しに関し「約1000万戸の屋根に太陽光パネルを設置」と表明したことで、閣内に不満がくすぶっている。政府内の調整をほとんどせず発言したためで、担当の海江田万里経済産業相は27日の記者会見で「聞いていない」と困惑。31日の閣僚懇談会では中野寛成国家公安委員長に「重大な発言をされる時は事前に閣僚と情報や意識を共有して」とたしなめられ、首相は「今後は気をつけたい」と陳謝した。

 発言は25日、パリであった経済協力開発機構(OECD)設立50周年式典での演説で飛び出した。演説草稿には盛り込まれておらず、首相が急きょ付け加えたものだった。

 枝野幸男官房長官は26日の会見で「積み重ね型の議論でなく、首相の強いリーダーシップで方向性を打ち出すやり方も、重要な課題で方向性を変えるには重要だ」と擁護したが、中野氏は31日の会見で「説得力を欠けば国際社会が真に受けてくれない」と注文をつけた。【笈田直樹】



強いリーダーシップとか何とか・・・っていう枝野さんの擁護はあまりにも変。
菅さんに一番無いものでしょ、それ(笑)。
それ以外に言い方がなかったのかもしれませんけどねーそれにしても酷すぎ(笑)。


太陽光パネル1000万戸とか言い出した菅さん。
(すごいと言われたかっただけの、ルーピー鳩山さんの25%削減を彷彿とさせます)
事前に情報共有すら出来ない総理大臣、というより、
いきなり思いついて発言しちゃった何かの病気の人、のように見える。
第一、政府内の調整をほとんどせずにG8で発言するようなことですか?これは。
G8出発時の、菅さんのあの笑顔にもびっくり。
何でこんなに笑えるの?
この人、やっぱりどこか病んでいるんじゃ?

※動画あり。記者団を前にしてニヤニヤ。政府専用機のタラップを上り、振り返って笑顔。

日テレNEWS24:菅首相、G8サミットなど出席のため出発< 2011年5月24日 23:18 >
http://www.news24.jp/articles/2011/05/24/04183300.html
 菅首相は24日午後5時過ぎ、フランスで開かれるG8(=主要8か国)サミット(=主要国首脳会議)などに出席するため、羽田空港を出発した。

 今回のサミットでは、原子力の安全性が大きなテーマとなり、菅首相はこれまでの福島第一原発事故の対応を説明する他、原発の安全性を高めるための施策について提言する考え。出発前、菅首相は「この東日本大震災をまさに乗り越えて、元気に復興していくと。そういうこの意気込みを、G8を通して世界のみなさんに伝えたいと思っている」と述べた。

 また、アメリカ・オバマ大統領やロシア・メドベージェフ大統領らと個別の首脳会談を行い、29日に帰国する予定。




総理という立場でこんなことを言われて、
恥ずかしいとか考えたことはあるのかな?

中野公安委員長、首相に苦言「閣僚と情報共有を」 配信元:産経 2011/05/31 10:59
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/509820/
 中野寛成国家公安委員長は31日の閣僚懇談会で、菅直人首相がパリでの経済協力開発機構(OECD)の演説で太陽光パネルを1千万戸に設置すると表明したことについて「事前に閣僚として情報や意識を共有しておきたいものだ」と苦言を呈した。首相は「今後、気をつけたい」と述べたという。

 1千万戸計画については海江田万里経済産業相も「聞いていない」と述べ、閣内で調整しないまま首相が突然発表していたことが明らかになっている。



もしかしてまだ仮免中ですか?

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

バカ総理のバカ計画「1000万戸に太陽光発電」は絶対あり得ない 2011年6月10日 16時00分
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110610/Postseven_22518.html
思い付きで“国際公約”するなど、もはや常軌を逸している。

菅直人・首相は5月のG8サミットで突然、「1000万戸に太陽光発電を設置する」と大風呂敷を広げて悦に入った。海江田万里・経産相が「聞いていない」と絶句し、後に仙谷由人・官房副長官が「夢は大きいほうがいい。『聞いてない』とかグチャグチャいわなくていい」と不真面目な言い訳で煙に巻くなど、またしても政府の体をなさない場当たり政治を露呈した。

ただし、このバカな思い付きは笑ってすませられるものではない。大きな問題点は4つある。第1に、そもそも政策として不適切だ。本誌はこれまでも太陽光発電による原発代替がいかに難しいかを科学的に分析してきた。

大臣すら聞いていなかった今回の計画は、菅氏に悪知恵をつけた経産省によれば「1戸あたり4kW×1000万戸=4000万kW」のパネルを設置するという計画で、これで“全原発の発電量の7割程度を家庭でまかなえる”ことになるという触れ込みだ。

もちろんウソである。原発が1基100万kW程度の「出力」であることは正しいが、「稼働率」が考慮されていない。原発の稼働率が現状でも(相次ぐ事故などで落ち込んでいるが)7割程度あるのに対し、太陽光パネルは12%しかない。したがって太陽光の4000万kWは原発に換算するなら6分の1(稼働率の比)に相当し、およそ6.7基分ということになる。

家庭用の4kWシステムの価格は約300万円なので、原発6.7基分を作るのに総額30兆円かかることになる。いくら脱原発が国民の願いだとしても、まともな政策とはとてもいえないのである。

さらにいえば、住宅はどんどん建て替えられる。パネルを常に1000万戸に設置しておくには、建て替えのたびに1戸300万円が必要で、これは未来永劫続く国民負担になる。

第2は、政治手法としての重大な問題だ。

国内で論議も提案もなく、突然、総理大臣が国際会議で「30兆円の公共事業計画」を約束してくることは暴走というしかない。もしこれが「30兆円かけて巨大ダムを300基造る」という話なら、マスコミはもっと叩いたはずだ。

第3には、憲法・法律に抵触する。

菅プランは一般家庭に政府が強制的に太陽光パネルを設置しようという前代未聞のものである。個人宅を勝手に徴用し、憲法が保障する財産権を侵す行為である。これも、もし「全家庭のベランダに小型発電機を置きますのでよろしく」という政策だったらどうかと想像すれば、異様さにすぐ気付くだろう。

左翼独裁政権でもなければ、とても思い付かない暴挙である。これを「夢が大きくていい」などという人物が人権派弁護士を気取るとは驚きだ。
第4に、技術的に計画遂行は無理である。

前述のように、経産省の“試算”は、一部の太陽光信者と同レベルのデタラメな代物だが、その数字さえも現実を見ていない。

日本には2700万戸の民間住宅があるが、同省がそのうち1000万戸にパネル設置可能とした根拠は、耐震基準調査である。全家屋の約3分の1がパネル設置に耐えられる耐震基準を満たしているというのだが、裏を返せば3分の2の住宅は設置ができないわけで、それくらいパネルは耐震性を損なうものなのだ。

設置可能とされた1000万戸のうち、いくつで事故が起きるだろうか。すべてが無事故ということはあり得ない。現に、今でも耐震基準に問題ないとされた住宅がパネルの重みで歪む、あるいは地震で損壊する被害は出ている。

地震だけではない。日本の国土の約半分は豪雪地帯である(豪雪地帯対策特別措置法による)。耐震基準ギリギリの家屋にパネルを設置し、その上に雪が積もれば危険このうえない。また、そうしたパネルは1年の3分の1くらいは雪の下だから発電効率は前記の12%よりずっと低くなる。しかも雪の重み、低温、湿気などでパネルの損傷は他地域より激しい。

こんな問題だらけの計画を大威張りで発表する総理大臣のバカさ加減には、もはや付ける薬もない。

※週刊ポスト2011年6月17日号


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

<政府>
参院復興委、委員長巡り異例の選挙 「答弁は二つ覚えればいい」柳田稔元法相起用で自民反発 2011-06-11
松木謙公議員、民主復党期待 「菅政権は一番邪悪で最低」「基本的には民主党に同調して活動していきます」 2011-06-10
公邸でお酒を飲みながら伸子夫人に聞く 「原点は市民ゲリラ」「菅総理になっても何も変わっちゃおらんわ」 2011-06-10
メルトダウンどころかメルトスルー 最悪の圧力容器貫通の可能性 2011-06-07
菅首相、山口二郎教授と日本料理店で会食し「2次補正成立まで続投」の意向→2日後「時期は常識的に判断」 2011-06-07
菅首相「谷垣氏が後継なら6ヶ月以内に解散するだろう」と難色を示す 民主・石井副代表明かす 2011-06-07
「退陣」ほのめかし、前夜作戦=不信任否決の舞台裏 死んだふり続投 巧妙トリック 2011-06-04
反対票を投じた議員達はその重みを後で思い知るがいい 内閣不信任案否決 2011.06.02
現地トップである政府の原子力災害現地対策本部長(池田経済産業副大臣)が不在…政府、10日以上公表せず 2011-06-02
消費税引き上げ また新たな会議を設置し政治主導で大詰め調整(笑) 内閣府・財務省案は2~3%ずつ段階的に 2011-05-30
責任を取るべきは、原発から遠い東京からテレビ会議で指示を出し続けた政府と東電トップだ 現場軽視改めよ 2011-05-30
民主党と左翼過激派の関係まとめ (プラス暴力団)  2011-05-30
「海水注水中断せず」現場判断の吉田所長はさすが! 一方、処分を含め検討と言う変な東電、グダグダ政府 2011-05-26
いっちゃんとこうちゃんのたのしいおたんじょうかい 名目は“農産物支援” 2011-05-25
福島2、3号機もメルトダウン…お笑い政治主導が引き起こす人災 情報隠しや班目発言のゴタゴタ等 2011-05-24
参政権に賛意を示す平田オリザ氏=劇作家で内閣官房参与 「汚染水放出は米の要請」と韓国・ソウルで発言 2011-05-18
高級中華料理店での“打ち上げ”を呼びかける民主党議員 「各党・政府震災対策合同会議 実務者会合」で 2011-05-12
5月3日から菅総理のグルメリポート開始 5月6日は仙谷さんと 5月9日は松本龍防災担当相と高級店でディナー 2011-05-10
大震災は他人事の民主党・石井一副代表(震災対策副本部長・NEMIC会長) マニラでゴルフを楽しむ 2011-05-06
“殺風景な男”菅首相の頭の下げ方、手の位置、表情がおかしい 2011-04-22
「直ちに影響はない」の枝野幸男官房長官 18日会見で「天下り自粛」 17日は福島県民と直接対話なしの視察 2011-04-18
子ども手当、東日本大震災の復旧・復興財源に 10月以降廃止の方向(読売) 1万に(日経) 恒久化を(厚労相) 2011-04-13
菅さんに少しでも良心があるなら、今すぐ退陣か権限委譲を チェルノブイリと並ぶ「レベル7」に引き上げ… 2011-04-12
後手後手の政府、素早いのは情報統制だけ?気象庁の放射性物質拡散予測を非公開にしていたことが判明 2011-04-05
菅総理の視察に被災者困惑「会場を綺麗にしてとか、車を整理してと言われた。何故こんな大変な時に」 2011-04-02
パフォーマンスに徹する民主党、今度はロゴ入り防災服を818万円もかけ新調…愚行を止める者すらいないのか 2011-03-31
どさくさ人事 「仙谷色」強まる官邸 首相補佐官に問責の馬淵氏 2011-03-26
子ども手当全面見直し否定…目玉政策がことごとくダメとは言えないし、少しいじってもしょうがない 輿石氏 2011-03-25
経産相の恫喝、防衛相の丸投げ、政局が大事な首相、「自民党さん頑張って」と言う民主議員、小沢待望論… 2011-03-22
このままではまずい…日本政府の隠ぺい体質・危機管理能力を疑問視・不信感 海外メディア 2011-03-18
世界に広がる支援の輪に水を差す日本政府の対応 不満や不信感…IAEA、米駐日大使、海外メディア等から 2011-03-17
気概が全く感じられない菅総理の会見 東北地方太平洋沖地震 2011-03-13
蓮舫氏を節電啓発担当大臣、辻元氏をボランティア担当の首相補佐官に 2011-03-13
自公「震災対策優先で国会休会を」 民主「予算成立が先」「子ども手当も成立させなければ」 2011-03-13


<メディア>
とても上品な朝日新聞御一行様 緊急停車新幹線で「降ろせ」「早く避難させろ」と恫喝したり酒盛りしたり 2011-04-27
「白雪姫の毒リンゴは日本産」手を加えヘラルド・トリビューンに漫画掲載 日本、親会社のNYタイムズに抗議 2011-04-22
沖縄メディアは批判的な論調を展開するも、県民は米軍への共感じわり 東日本大震災・Operation Tomodachi 2011-04-07
本州向け電力供給拡大検討・液化天然ガスLNG火力発電所建設発表(北海道電力) 各社の記事を読んで思うこと 2011-03-31
日本人は政府を信じ過ぎ 日本メディアの報道にも不満 東京脱出のイタリア国営放送RAI特派員 2011-03-25
救援活動する米軍に深々と頭を下げるお婆ちゃんと、「存在意義や普天間PRは不謹慎」と言う沖縄のマスコミ 2011-03-24
「今すぐ無条件で北方領土渡そう」ロシア紙が異例の主張 東日本大震災 2011-03-20
フジテレビ「ふざけんなよ、また原発の話なんだろどうせ」「あはは、笑えてきた」 2011-03-13


<道内>
道内の動きと、私達ができること・すべきこと(義援金、支援物資、ボランティア、省エネなど)東日本大震災 2011-03-28
北海道、被災者1万人受け入れへ 大型バスで出迎えも 2011-03-26
北海道内の節電について 東北地方太平洋沖地震 2011-03-15
東北地方太平洋沖地震 2011-03-12


<その他>
米紙に「Arigato」「You are our true friend」 感謝の気持ちを伝えようと、日本人有志約300人が掲載 2011-05-11
韓国の義援金 70%を竹島守護活動、10%を戦争性被害者(元従軍慰安婦)の団体、残りを東日本大震災に 2011-04-20
宮城・仙台の海岸「ARIGATO」文字に感動=機上から発見 Operation Tomodachiで復旧支援の米軍指揮官 2011-04-17
日本ユニセフ協会に「これじゃユ偽フだ」との批判殺到 2011-04-05
先見の明 退職金をつぎ込み避難所を造った男性、非常通路に尽力した市議、飼い主を救ったシーズー犬 2011-03-31
日本に集まる世界の称賛とエール 日本人の精神性・建物の耐震性の高さ 東北地方太平洋沖地震 2011-03-17
G7、円高阻止で強調介入・投機けん制 「必要とされるいかなる協力も提供する用意がある」各国連帯で支援 2011-03-18
シベリア等での日本人の労働力活用、人道支援も」ロシア・メドベージェフ大統領 2011-03-20
静岡でも震度6強の地震 東北地方太平洋沖地震が影響か 東海地震早まる見方も 2011-03-16
地震の混乱乗じ密航図る=あっせん役ら11人摘発-韓国 2011-03-25


■カテゴリ:政治-与党

■関連カテゴリ:東日本大震災(東北太平洋沖地震)  子ども手当  マスコミ

トップページ
[PR]
by doumin | 2011-05-31 23:33 | 政治‐与党(2012.12.25まで) | Comments(0)
消費税引き上げ また新たな会議を設置し政治主導で大詰め調整(笑) 内閣府・財務省案は2~3%ずつ段階的に
また会議を増やすの?
震災でも、会議やらポストやら何でもかんでも増やすにいいだけ増やしたはいいけど、
結局まともに機能していないのに。

しかも、消費税の検討会議に加えるのは“民主党の幹部ら”なの?
そして、懲りずに“政治主導”?

ばかみたい。

日テレ:消費税増税めぐり、新たな検討会議を設置へ< 2011年5月30日 22:47 >
http://news24.jp/articles/2011/05/30/04183685.html
 政府は、消費税率の引き上げ幅などを決定するため、首相と関係閣僚、民主党の幹部らを加えた新たな検討会議を設置する方針を固めた。

 新たな検討会議は、菅首相をトップとして、与謝野経財相ら関係閣僚の他、民主党・岡田幹事長ら与党の幹部がメンバーとなる予定。

 政府は6月末をメドに社会保障と税の一体改革の案を取りまとめる方針だが、政府の税制調査会と並行して、この新たな検討会議で、消費税の増税幅や税率の引き上げ時期について、政府・与党としての意思決定を行う方針。


東京新聞:消費増税で新会議設置へ 政治主導で詰めの調整 2011年5月30日 22時17分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011053001001149.html
 菅直人首相は30日、社会保障の財源確保に向けた消費税増税について議論する政府、与党幹部による新たな会議を設置する方針を決めた。新会議は、政府税制調査会や「社会保障改革に関する集中検討会議」と連携。消費税率の引き上げ幅や時期を中心に「政治主導」の陣容で大詰めの調整を進める。

 集中検討会議が6月2日に社会保障改革案をまとめることを受け、政府・与党社会保障改革検討本部(本部長・菅首相)の下に新会議を設置する。30日の集中検討会議後に記者会見した与謝野馨経済財政担当相は「2日以降は6月の成案に向けて(新会議を含めた)複線型の策定プロセスに入る」と説明した。

 新会議は、首相をトップとし、与謝野経財相ら関係閣僚、岡田克也幹事長や輿石東参院議員会長ら民主党幹部などが参加する見通し。

 集中検討会議はメンバーに有識者が含まれているが、民主党内では増税は政治家が決定すべきだとの意見もあり、新会議は政治家が前面に出て調整することにした。

(共同)





以下、消費税引き上げ関係の記事をメモ。

産経:消費税段階引き上げ 復興財源からの「衣替え論」再燃も
配信元:産経 2011/05/30 22:21
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/policy/509733/
 社会保障と税の一体改革を検討する政府の集中検討会議に30日提出された内閣府と財務省の報告書は、消費税増税の地ならしとも受け取れる内容だ。政府は報告書を受けて、社会保障財源を確保するための消費税の段階的な引き上げの検討を本格化させる。政府・民主党内には、東日本大震災の復興財源に増税分を充当すべきだという声もくすぶっており、当初は復興目的で増税し、その後に社会保障目的に衣替えする案が再燃する可能性もある。

 報告書は、消費税増税が経済や家計に及ぼす悪影響を消極的に評価し、増税は必要との結論に都合の良い分析を集めた印象が強い。

 例えば報告書は、消費税率を3%から5%に上げた平成9年に景気が悪化したのはアジア通貨危機や金融危機の影響が中心で、消費税増税が「主因とは考えられない」と強調。低所得者ほど所得に占める消費税負担が重くなる「逆進性」の問題もそれほど大きな問題ではないと指摘した。

 政府はすでに社会保障改革を始める平成27年度までに、消費税率を3%と2%の2段階で引き上げて10%とすることを検討。報告書も「一度に5%引き上げる場合はショックが大きい」との試算を紹介し、「段階的な税率引き上げが望ましい」と提言した。

 政府は今後、集中検討会議が6月2日に改革案を取りまとめた上で、政府・与党幹部による会議が同月20日にも消費税増税などの財源確保策を含めた全体像を策定するシナリオを描いている。

 一方、社会保障改革とは別に、20兆円超ともされる巨額の復興財源をどう調達するかも大きな課題で、今後は復興構想会議(議長・五百旗頭真防衛大学校長)が6月末にまとめる復興の青写真を踏まえ、財源確保策を論議する段取りだ。

 政府・民主党内では復興に使途を限定した「復興再生債」を発行し、増税で償還財源を確保する案が浮上している。消費税増税を社会保障目的に限ることになれば、復興財源として所得税や法人税の増税も視野に入り、国民の負担はさらに大きく膨らみかねない。

 このため、まずは消費税増税分を復興に使い、その後に社会保障目的に衣替えするシナリオが再燃する可能性もある。ただ、しばらく前に浮上した衣替え論は復興を大義名分とする税率アップは“火事場泥棒”のようなものだという反発が高まって沈静化した経緯もあり、それよりは、消費税率引き上げ自体を27年度以降にずらすべきだという声が高まる可能性もある。


ロイター:消費税率の段階的引き上げ方針は「すべて得心」、2日に費用推計を提示=与謝野経財相 2011年 05月 30日 22:20 JST
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK046119520110530
 [東京 30日 ロイター] 与謝野馨経済財政担当相は30日夜、社会保障に関する集中検討会議の終了後に記者会見し、消費税率は段階的な引き上げが望ましいとした内閣府などが提出した報告書について「すべて得心のいく中身」だと評価した。次回2日の会合では、社会保障改革の全体像と、必要となる費用の推計を提示する方針もあらためて示した。

 与謝野担当相によると、この日の会議では民主党や国民新党も社会保障制度改革に関する報告を提出。出席委員から消費税の引き上げを求める声が上がったほか、消費税率が10%以上となった際の軽減税率の取り扱いなども議論となった。与謝野担当相は「ひとつの税目だけで逆進性を議論するのがよいかどうか。欧州並みの税率では複数税率が必要かもしれないが、(消費税)10%ではかえってコストが高くなる」などと発言したという。

 菅直人首相はこの日、次回会合で1)社会保障改革の全体像、2)費用推計、3)社会保障・税一体改革の基本的な姿などの「社会保障改革案」を提示するよう指示。与謝野担当相は次回会合以降「成案策定プロセスに入る」として、政府・与党の幹部らが成案決定に向けた政治的な調整作業を進める一方、政府税制調査会と集中検討会議が議論を「相互に連携する形で進めていきたい」との方針を示した。

 内閣府と財務省が提出した報告書は、消費税引き上げのタイミングについて「経済活動の『変化』を重視し、景気が成熟する前、勢いのある段階で始めることが望ましい」とした。与謝野担当相は「学問的に説明されれば納得いく理論」としながらも、「財政の中期展望からの要請、与党の選挙公約、衆参における政治状況、国民理解の進展、いろんなことから(タイミングは)決まってくる。にわかに私が意見を言えない」として、引き上げ時期については明言を避けた。


時事:消費増税、段階的に=上げ幅3%検討、来年度視野―検討会議
2011年5月30日 22時15分
http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20110530/Jiji_20110530X963.html
 内閣府と財務省は30日、社会保障改革に関する集中検討会議に、消費増税に伴う課題をまとめた調査報告書を提出した。前回会議で、年金・医療・介護の経費として2015年に10%の税率が必要と試算された消費税について、段階的引き上げが望ましいと指摘。財務省は英国やドイツの例を挙げ、税率を1回で2.5〜3%上げることを検討課題に掲げた。

 引き上げ時期は「景気が成熟する前、勢いのある段階」(内閣府)にすべきだとし、東日本大震災の復興需要で景気の急回復が見込める来年度の増税を視野に入れた。

 内閣府は、1997年の消費税引き上げの影響も検証。消費増税が景気悪化を招いたとされるが、同年のアジア通貨危機と金融システム不安の影響に触れながらも、当時の消費動向などを踏まえ「景気後退の『主因』であると考えるのは困難」との見解を示した。

 消費増税の経済的影響については「増税や負担増が必ずしも景気後退を招くわけではない」(同)と強調。海外では経済がデフレギャップ(供給超過)の状態でも税率を上げた国が多いとし、景気が悪くても増税は可能との認識も示した。
 

毎日:消費税:「段階的増税を」…財務省、内閣府が報告書
2011年5月30日 21時14分 更新:5月30日 21時23分
http://mainichi.jp/select/today/news/20110531k0000m020101000c.html
 財務省と内閣府は30日、税と社会保障の一体改革に向けた集中検討会議に、「段階的な消費税増税が望ましい」とする報告書を提出した。有識者の研究成果などをもとに、消費税増税が経済や課税実務に与える影響をまとめたもの。景気への影響については、97年の税率引き上げ時の分析をもとに「増税は景気後退の主因ではない」と結論付けるなど、増税の地ならし的な性格が色濃い。

 報告書は、97年4月の消費増税による消費の落ち込みを(国内総生産の0.06%相当の)3000億円程度と分析。景気は同年5月を境に後退局面に入るが、7月のアジア通貨危機や11月の山一証券破綻などの金融危機の影響が大きいと指摘した。

 ただ、増税による消費の落ち込みが「経済にマイナスの影響を与えたとの見方がある」点は認識。このため増税のタイミングについては「景気が成熟する前、勢いのある段階が望ましい」とした上で、大幅増税は景気への影響が懸念され、小刻みだと事業者の実務負担が大きい点を指摘。英独で近年、2.5~3%引き上げた事例を紹介した。

 さらに「(増税を)先送りするほど大きな引き上げが必要になり、経済ショックも大きくなる」とし、早期実施の必要性を説いた。08年秋のリーマン・ショック後の需要不足下でも多くの国が増税に踏み切ったとし、デフレ脱却前の引き上げも可能との見方を示した。

 所得のうち消費の割合が高い低所得者ほど負担感が重い「逆進性」問題に対しては、生涯所得で見れば小さくなるとの研究成果を紹介し、「必ずしも不公平ではない」との見解を示した。食料品などの税率を下げ、低所得者の税負担を軽くする「軽減税率」に関して、軽減税率による減収分だけ標準の税率が高くなることや、対象品目の線引きや事業者の実務などが煩雑になることなどを理由に「極力単一税率が望ましい」と否定的な見解を示した。

 ただ、税率が高い欧州では、食料品などに軽減税率を導入しているのが一般的。フランスは標準税率19.6%に対し5.5%、ドイツでは19%に対し7%の軽減税率を適用している。低所得者に配慮する観点から、標準税率が2桁台になれば、軽減税率の導入も検討されそうだ。

 報告書は、与謝野馨経済財政担当相が取りまとめを指示。有識者の意見や専門家の論文を参考に、主要課題に対する見解を整理した。【赤間清広】


朝日:消費税2~3%ずつ引き上げ 内閣府・財務省案 2011年5月30日22時14分
http://www.asahi.com/politics/update/0530/TKY201105300525.html
 税と社会保障の一体改革を議論する政府の「集中検討会議」(議長・菅直人首相)が30日開かれ、内閣府と財務省が消費増税についての報告書を提出した。税率を2~3%幅ずつ段階的に引き上げる考え方を示した。低所得者向けに食品などの税率を低くする軽減税率は、導入を避けるべきだ、としている。

 集中検討会議は、6月2日に社会保障改革案と、どれくらいの財源が必要かの試算を取りまとめる。これを受け、菅政権は6月下旬に消費増税と社会保障の一体改革案を決める。財務省は最速で、夏以降の臨時国会に関連法案を出し、2012年4月からの増税を描く。だが、与党内でも消費増税に対する反対論は根強く、東日本大震災の復興財源も方向性は見えていない。このため具体的な引き上げ幅や時期は不透明だ。

 報告書は、一体改革を担当する与謝野馨経済財政相が1月に作成を指示。「社会保障制度の安定化のための増税は、経済への影響は必ずしもマイナスにならない」など、消費増税の実現をめざす与謝野氏の持論に沿った形でまとめられた。


読売:消費税率引き上げ、2段階で…社会保障検討会議(2011年5月30日21時13分)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110530-OYT1T00934.htm
 政府は30日、「社会保障改革に関する集中検討会議」(議長・菅首相)を開き、内閣府と財務省が消費税率引き上げに関する報告書を提出した。

 報告書は、社会保障改革と財政再建のために消費税増税の方向性を打ち出し、1回に2~3%程度ずつの段階的な引き上げが望ましいと指摘した。報告書を受けて政府は来月下旬、2012年にも消費税率を3%程度引き上げて8%前後にし、さらに15年までに2%程度引き上げて計10%にする「2段階増税」案の検討に入る。

 報告書は、消費税率の引き上げ方について、ドイツなどが引き上げに伴う価格表示の変更など事業者の負担が重くなることに配慮して、1回の上げ幅を「1%ずつでなく2・5~3%にした」と指摘した。一方で、「一度に5%も引き上げると経済が不安定化する」とも述べ、事実上、1回当たり2~3%程度ずつ2回に分けることが望ましいとの考えを示した。引き上げ時期は「景気が勢いのある段階」とした。震災の復興需要で景気が上向くとされる12年が念頭にあるとみられる。


iza:消費税、段階的に10% 首相、社会保障抑制を指示 配信元:産経 2011/05/30 21:05
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/509724/
 菅直人首相は30日、社会保障と税の一体改革を検討する政府・与党の集中検討会議(議長・菅首相)で、世代内、世代間公平などを目的とし、社会保障給付費の削減を含む効率化策を検討するよう指示した。これを受け、政府・与党は高所得年金受給者の基礎年金を減額し、最大で50%をカットする制度などを軸に社会保障改革案のとりまとめを目指す。また、民間出身委員らは同会議に対し、消費税率を「段階的に引き上げるのが望ましい」とする報告書を提出した。政府では10%を視野に検討が進められている。

 首相指示は「支え合い3本柱」と位置付け、(1)世代内、世代間の公平な支え合い(2)重点的な支え合い(3)超高齢時代に合った支え合い-が内容。これまでの検討では、高所得者の基礎年金減額のほか、外来受診時の窓口負担に加えて定額負担を求める制度も厚生労働省の社会保障改革案に盛り込まれている。介護保険制度では、保険料の算定方法を総報酬割として大企業のサラリーマンの負担を重くする案や、要介護度が低い人の自己負担引き上げを検討。保険料を40歳以下からも徴収する案も課題となっている。

 首相はさらに、(1)技術革新の重視(2)事業主体の多様化(3)新たなサービス分野創出-の「成長3本柱」の検討も指示。23日に指示した低所得者向けサービスの拡充策などを盛り込んだ「安心3本柱」とあわせ、社会保障の強化、抑制の両面でバランスのとれた姿勢をアピールしたい考えだ。

 政府・与党は6月2日に、社会保障改革案を取りまとめた上で、同月末までに消費税増税を含む一体改革案の作成を目指す。集中検討会議の上部組織である「政府・与党社会保障改革検討本部」(本部長・菅首相)のもとで、関係閣僚や与党幹部ら政治家中心のメンバーで検討を進める。
 一方、30日の集中検討会議で民間委員らが提出した消費税に関する報告書では、低所得者に配慮した複数税率について否定的な見解を明記。消費税増税の時期は「一度に大幅に引き上げる場合は、経済の変動を増幅する恐れがある」として、段階的に引き上げを行うことが望ましいとした。


ロイター:消費税率は段階的引き上げが望ましい=内閣府 2011年 05月 30日 18:30 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-21428720110530
 [東京 30日 ロイター] 内閣府と財務省は30日、政府の社会保障改革に関する集中検討会議に、消費税率を引き上げる場合は段階的な引き上げが望ましいなどとする報告書を提出した。
 報告書では、引き上げのタイミングについては、経済活動の「水準」より「変化」を重視し、景気が成熟する前、景気に勢いがある段階で引き上げ始めることが望ましいとも指摘。消費税の逆進性対策では、食料品などの軽減税率は効果が小さいとして否定的な見方を示し、格差や貧困の問題への対応という広い視野で取り組むべきと提言した。 

 報告書は与謝野馨経済財政・社会保障税一体改革担当相の指示で、内閣府が消費税の逆進性や消費税率引き上げが経済に与える影響について、財務省が複数税率や段階的引き上げの実務上の論点についてそれぞれまとめた。

 <消費税上げのタイミング、経済活動の「変化」重視>

 どのような景気情勢なら消費税引き上げが可能か。引き上げのタイミングについて内閣府は「GDPギャップのような経済活動の『水準』よりも、実際の成長率など経済活動の『変化』を重視し、先進諸国の多くの例にみられるように景気が成熟する前、勢いのある段階で引き上げを始めることが望ましい」とした。

 引き上げ時期が景気の「山」に近い場合は消費税引き上げによるショックで景気が下降局面に入る可能性があるのに対して、景気が成熟する前の勢いのある段階で引き上げを行う場合はショックがあっても景気の腰を折る可能性が低いと判断しているため。

 <段階的引き上げが望ましい>  

 ただ、引き上げ方については経済への影響の観点から内閣府は「税率を一度に大幅に引き上げると経済の変動を増幅する恐れがある」とし、「段階的な引き上げ方が望ましい」としている。

 財務省も「中長期的な社会保障の見通し等を見越して相当程度の消費税率の引き上げが必要になることを考えれば、段階的に税率を引き上げていくことが必要になる」とし、引き上げ方では、マクロ経済に与える影響のみならず、「税率の変更は値札の貼り替えやシステム変更など事業者の納税事務コストを増加させることから引き上げ回数が増えることが事業者の事務負担に与える影響にも留意しつつ、検討が行われるべきである」と付言している。

 <消費税上げの経済への影響、社会保障制度への不安払しょくでマイナス効果減殺> 

 一方、消費税引き上げが経済に与える影響について内閣府は、消費税を3%から5%に引き上げた97年の消費税増税が「97年─98年の景気後退の主因とは考えられない」とし、その後の、定率減税廃止や海外の付加価値税率引き上げなどの事例でも「増税や負担増が景気後退を招くわけではない」と指摘。社会保障制度の持続可能性に懸念が生じている現状では、「国民が払った税金が受益として返ってくることを実感できれば、制度に対する将来不安が払しょくされることにより、経済に与える影響は小さくなることが期待される」とした。

 <軽減税率、逆進性緩和策として効果小さい>

 消費税の逆進性対策に関しては、内閣府も財務省も同様に、国の内外を問わず専門家の間では「食料品への軽減税率適用は、他の手段による対応に比べ、効果が小さいという見方が一般的だ」(内閣府)とし、食料品への軽減税率適用は高所得者の負担も軽減される問題点なども指摘し、複数税率の効果に懐疑的な見方を示した。

 そのうえで消費税の逆進性緩和について、内閣府は、格差・貧困問題に対する政策との組み合わせで取り組むべきだと提言した。

 財務省も、逆進性対策が求められる場合には、「軽減税率の効果は高所得者にも及ぶことから効率的ではなく、低所得者向けの給付措置などより有効な方策が考えられる」と提言。複数税率の導入について、単一税率に比べて税収減をもたらすことや、事業者の事務負担や税務当局の執行コストを増加させる弊害をあげ、「軽減税率の導入や非課税範囲の拡大よりは、課税ベースの広い単一税率による税制が望ましい」とした。

 報告書は定性的な分析にとどめ、消費税引き上げの時期や幅など数値的な提言は盛り込んでいない。ただ、内閣府は消費税が3%から5%に引き上げられた1997年と現在の財政状況を比較すると、債務残高対GDP(国内総生産)比は97年の100%から2010年には198%に倍増しており、「97年と比べ財政状況が格段に悪化した今は、当時と比べ消費増税の必要性ははるかに高くなっている」と警告した。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■カテゴリ:政治-与党

トップページへ
[PR]
by doumin | 2011-05-30 23:42 | 政治‐与党(2012.12.25まで) | Comments(0)
責任を取るべきは、原発から遠い東京からテレビ会議で指示を出し続けた政府と東電トップだ 現場軽視改めよ
福島民報 論説:【原発事故対策】現場軽視を改めよ(5月30日)
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4127&mode=0&classId=&blockId=9850134&newsMode=article 
 東京電力福島第一原発の事故で、政府と東電の現場軽視の姿勢が目立つ。1号機の海水注入問題では東電内部の情報隠しという形で、ゆがみが表れた。責任のなすり合いや「犯人捜し」は今、最優先でない。現場の声や本県の苦しみをきちんと把握し、事故対策に全力を尽くすべきだ。
 海水注入問題は当初、震災発生翌日の3月12日に1号機の原子炉を冷やすために必要な海水注入が55分間にわたり中断した-とされた。菅直人首相や班目春樹[まだらめはるき]原子力安全委員長の判断と責任の在り方が取り沙汰されていた。
 ところが、東電は急きょ「第一原発の吉田昌郎[よしだまさお]所長が独自判断で注水を継続した」と発表、吉田所長の処分を検討しているとした。
 吉田所長は厳しい作業環境の中、事故収束の陣頭指揮に立ってきたという。海水注入継続も、事態悪化を防ぎ、作業員の安全を確保するための判断と報告している。
 危機管理の基本は全ての指揮権を握り、責任を取る前線指揮官の現場派遣だ。しかし、政府と東電本社は吉田所長に任せきりで、原発から遠い東京からテレビ会議で指示を出し続けた。
 菅首相は吉田所長の処分を不要としているが、当たり前だ。責任を取るべきは、政府と東電のトップだ。
 監督官庁である経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長が本県入りしたのは震災後54日目だった。本当に責任を感じているのだろうか。東電の勝俣恒久会長は「(東電の賠償額に)上限が必要なのは明白」など、会社を守る発言ばかりが目立つ。勝俣氏は事故の責任を取るとして、会長に留任する。それならば、第一原発に常駐してはどうか。
 現場軽視は事故収束対策にとどまらない。計画的避難区域などの設定、警戒区域への一時帰宅で、政府が地元市町村や避難住民の意向を十分に生かしていない事例が多い。
 小中学校などの屋外活動制限の放射線量を「年間20ミリシーベルト」とした暫定基準問題でも対策は後手に回り、専門家や保護者から批判を浴びた。文部科学省はようやく、毎時1マイクロシーベルト以上の校庭・園庭から表土除去する費用の全額負担を発表した。しかし、削った表土は校内で埋める方法を示しており、不安は消えない。
 「自分が福島第一原発で作業していたら」「自分が福島県に住み、子や孫が学校に通っていたら」。政府と東電の関係者、震災対策の各種法案を審議する国会議員は現場の人々の立場に立ち、行動してほしい。
(小池 公祐)



> 「自分が福島第一原発で作業していたら」「自分が福島県に住み、子や孫が学校に通っていたら」。
>政府と東電の関係者、震災対策の各種法案を審議する国会議員は現場の人々の立場に立ち、
>行動してほしい。

現場の人々の立場に立つ。
たしかにこれが一番欠けていると思います。

政府与党は、保身と責任転嫁しか頭にないからでしょう。
とくに菅さんは顕著。
さすが、政治ごっこ党のリーダーです。
想像力の欠如とか幼稚とか保身とかの域を超え、あまりに酷すぎるので、
どこか病んでいるんじゃないかと感じます。

信じられないことに、
何をやっているのか全く分からない人もいます。
たとえば、辻元清美首相補佐官・災害ボランティア活動担当。
震災から2ヶ月間で被災地入りしたのはわずか6日間。
これだけでもびっくりするのに、その6日間のためにかけた経費は114万円。
(政府の震災ボランティア連携室が支出したのは、5月上旬までで計240万)


この論説で書かれているような問題点は、
おそらくこれまでも散々指摘されていることでしょう。
それでもなお改善せず、この期に及んでも保身しか考えられない人たちです。
残念ながら、これからも改善の見込みは極めて薄いでしょうね。



47NEWSでは、上記の福島民報論説の一部が掲載されており、
コメントをつけることが出来ます。

47NEWS内(福島民報):【所長の処分を検討する東電】責任を取るべきは、原発から遠い東京からテレビ会議で指示を出し続けた政府と東電のトップだ 2011/05/30 16:32
http://www.47news.jp/47topics/e/213131.php


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記


あっそう。
iza:吉田所長の海水注入継続「正しい判断」と首相 配信元:産経 2011/05/31 10:07更新
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/509811/
 菅直人首相は31日午前の衆院東日本大震災復興特別委員会で、東京電力福島第1原発事故の海水注入問題をめぐって東電本社の指示を無視し、海水注入を継続した第1原発の吉田昌郎所長の対応について「正しい判断だった」と述べた。民主党の階猛氏への答弁。



国会で居眠りは菅さんの得意技でした。
でも、首相になってからはさすがに寝てはいない・・・と思ったら。
読売:報道見て「水を入れていたのか」と驚いた総理(2011年6月9日00時14分)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110608-OYT1T00945.htm
 東日本大震災の発生の翌日、東京電力福島第一原子力発電所1号機で行われた海水注入の開始時刻を菅首相が把握した時期について、新たな疑問が浮上した。

 政府は原発事故の直後、注水開始時刻を3月12日午後8時20分と公表したが、その後、実際は午後7時4分だったことが判明。正しい時刻を首相が知った時期について、政府は7日の閣議で、「5月20日に注水に関する報道があった後」とする答弁書を決定した。

 しかし、海江田経済産業相は5月2日、首相も出席していた参院予算委員会で「3月12日午後7時4分に海水注入試験を開始した」と説明していた。

 枝野官房長官は8日の記者会見で、「(首相は)答弁資料を見ながら、他の閣僚の答弁を聞いている状況なので(気がつかなかった)」と述べ、首相が海江田氏の国会答弁を聞いていなかったことを認めた。

 政府答弁書に関しては「首相の認識に基づいて正直に作った」と語った。枝野氏によると、首相は5月20日、海水注水開始に関する報道を見て、「(午後7時4分から)水を入れていたのか」と驚いた様子を見せたという。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

<政府>
消費税引き上げ また新たな会議を設置し政治主導で大詰め調整(笑) 内閣府・財務省案は2~3%ずつ段階的に 2011-05-30
民主党と左翼過激派の関係まとめ (プラス暴力団)  2011-05-30
「海水注水中断せず」現場判断の吉田所長はさすが! 一方、処分を含め検討と言う変な東電、グダグダ政府 2011-05-26
いっちゃんとこうちゃんのたのしいおたんじょうかい 名目は“農産物支援” 2011-05-25
福島2、3号機もメルトダウン…お笑い政治主導が引き起こす人災 情報隠しや班目発言のゴタゴタ等 2011-05-24
参政権に賛意を示す平田オリザ氏=劇作家で内閣官房参与 「汚染水放出は米の要請」と韓国・ソウルで発言 2011-05-18
高級中華料理店での“打ち上げ”を呼びかける民主党議員 「各党・政府震災対策合同会議 実務者会合」で 2011-05-12
5月3日から菅総理のグルメリポート開始 5月6日は仙谷さんと 5月9日は松本龍防災担当相と高級店でディナー 2011-05-10
大震災は他人事の民主党・石井一副代表(震災対策副本部長・NEMIC会長) マニラでゴルフを楽しむ 2011-05-06
“殺風景な男”菅首相の頭の下げ方、手の位置、表情がおかしい 2011-04-22
「直ちに影響はない」の枝野幸男官房長官 18日会見で「天下り自粛」 17日は福島県民と直接対話なしの視察 2011-04-18
子ども手当、東日本大震災の復旧・復興財源に 10月以降廃止の方向(読売) 1万に(日経) 恒久化を(厚労相) 2011-04-13
菅さんに少しでも良心があるなら、今すぐ退陣か権限委譲を チェルノブイリと並ぶ「レベル7」に引き上げ… 2011-04-12
後手後手の政府、素早いのは情報統制だけ?気象庁の放射性物質拡散予測を非公開にしていたことが判明 2011-04-05
菅総理の視察に被災者困惑「会場を綺麗にしてとか、車を整理してと言われた。何故こんな大変な時に」 2011-04-02
パフォーマンスに徹する民主党、今度はロゴ入り防災服を818万円もかけ新調…愚行を止める者すらいないのか 2011-03-31
どさくさ人事 「仙谷色」強まる官邸 首相補佐官に問責の馬淵氏 2011-03-26
子ども手当全面見直し否定…目玉政策がことごとくダメとは言えないし、少しいじってもしょうがない 輿石氏 2011-03-25
経産相の恫喝、防衛相の丸投げ、政局が大事な首相、「自民党さん頑張って」と言う民主議員、小沢待望論… 2011-03-22
このままではまずい…日本政府の隠ぺい体質・危機管理能力を疑問視・不信感 海外メディア 2011-03-18
世界に広がる支援の輪に水を差す日本政府の対応 不満や不信感…IAEA、米駐日大使、海外メディア等から 2011-03-17
気概が全く感じられない菅総理の会見 東北地方太平洋沖地震 2011-03-13
蓮舫氏を節電啓発担当大臣、辻元氏をボランティア担当の首相補佐官に 2011-03-13
自公「震災対策優先で国会休会を」 民主「予算成立が先」「子ども手当も成立させなければ」 2011-03-13


<メディア>
とても上品な朝日新聞御一行様 緊急停車新幹線で「降ろせ」「早く避難させろ」と恫喝したり酒盛りしたり 2011-04-27
「白雪姫の毒リンゴは日本産」手を加えヘラルド・トリビューンに漫画掲載 日本、親会社のNYタイムズに抗議 2011-04-22
沖縄メディアは批判的な論調を展開するも、県民は米軍への共感じわり 東日本大震災・Operation Tomodachi 2011-04-07
本州向け電力供給拡大検討・液化天然ガスLNG火力発電所建設発表(北海道電力) 各社の記事を読んで思うこと 2011-03-31
日本人は政府を信じ過ぎ 日本メディアの報道にも不満 東京脱出のイタリア国営放送RAI特派員 2011-03-25
救援活動する米軍に深々と頭を下げるお婆ちゃんと、「存在意義や普天間PRは不謹慎」と言う沖縄のマスコミ 2011-03-24
「今すぐ無条件で北方領土渡そう」ロシア紙が異例の主張 東日本大震災 2011-03-20
フジテレビ「ふざけんなよ、また原発の話なんだろどうせ」「あはは、笑えてきた」 2011-03-13


<道内>
道内の動きと、私達ができること・すべきこと(義援金、支援物資、ボランティア、省エネなど)東日本大震災 2011-03-28
北海道、被災者1万人受け入れへ 大型バスで出迎えも 2011-03-26
北海道内の節電について 東北地方太平洋沖地震 2011-03-15
東北地方太平洋沖地震 2011-03-12


<その他>
米紙に「Arigato」「You are our true friend」 感謝の気持ちを伝えようと、日本人有志約300人が掲載 2011-05-11
韓国の義援金 70%を竹島守護活動、10%を戦争性被害者(元従軍慰安婦)の団体、残りを東日本大震災に 2011-04-20
宮城・仙台の海岸「ARIGATO」文字に感動=機上から発見 Operation Tomodachiで復旧支援の米軍指揮官 2011-04-17
日本ユニセフ協会に「これじゃユ偽フだ」との批判殺到 2011-04-05
先見の明 退職金をつぎ込み避難所を造った男性、非常通路に尽力した市議、飼い主を救ったシーズー犬 2011-03-31
日本に集まる世界の称賛とエール 日本人の精神性・建物の耐震性の高さ 東北地方太平洋沖地震 2011-03-17
G7、円高阻止で強調介入・投機けん制 「必要とされるいかなる協力も提供する用意がある」各国連帯で支援 2011-03-18
シベリア等での日本人の労働力活用、人道支援も」ロシア・メドベージェフ大統領 2011-03-20
静岡でも震度6強の地震 東北地方太平洋沖地震が影響か 東海地震早まる見方も 2011-03-16
地震の混乱乗じ密航図る=あっせん役ら11人摘発-韓国 2011-03-25


■カテゴリ:政治-与党

■関連カテゴリ:東日本大震災(東北太平洋沖地震)  子ども手当  マスコミ

トップページ
[PR]
by doumin | 2011-05-30 17:03 | 政治‐与党(2012.12.25まで) | Comments(0)
民主党と左翼過激派の関係まとめ (プラス暴力団)
4月の統一地方選で、
東京三鷹市議選に立候補し落選した「市民の党」所属の森大志氏(28歳)は、
よど号事件のリーダー田宮高麿(死亡)と、森順子(国際手配中。北朝鮮に潜伏か)の息子。
(週刊新潮3/17号 ◆出自を秘めて三鷹市議に立候補する「よど号ハイジャック犯」長男)

出自を隠し、市民を欺いて一体何をしたいの?と、
この時点でもう相当びっくりなんですが、
なんと民主党議員の関係団体が、
市民の党」に計400万の献金をしていたことが発覚。

産経:法務政務官関係団体が拉致犯長男を選挙支援 三鷹市議選
2011.5.17 22:15
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110517/stt11051722160011-n1.htm
 民主党の黒岩宇洋法務政務官の関係政治団体が、今年4月の三鷹市議選に立候補した日本人拉致事件容疑者の長男が属する政治団体に献金を行い、選挙応援を行っていたことが17日の衆院法務委員会で分かった。黒岩氏は献金や選挙応援の事実について「知らなかった」と述べた。自民党の柴山昌彦氏への答弁。

 三鷹市議選に出馬したのは、昭和55年に石岡亨さんと松木薫さんを欧州から北朝鮮に拉致した結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子容疑者と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーの長男。平成16年に帰国したが、森容疑者は北朝鮮国内にとどまっているものとみられる。

 長男は「市民の党」から出馬し落選したが、総務省に黒岩氏の関係政治団体として登録された「越後の暴れん坊」が21年に3回にわたり計約400万円の献金を行っていた。

 また、14年に議場の国旗を降ろそうとするなどして横浜市議会を除名処分になった「市民の党」所属の市議について、黒岩氏が応援する内容のブログを削除していたことも分かった。自民党の河井克行氏が今月11日に質問した際には、除名について「詳しくは承知していない」と答えていた。


※黒岩 宇洋(くろいわ たかひろ 衆院 新潟3区)



さらに菅さんも。
市民の党」と同一団体と見られる「市民の会」なる団体に、
総額6,250万円もの寄付が発覚。

SAPIO 2011年6月15日号:菅首相が多額の寄付した団体 日の丸を引き下ろそうとした過去
2011.05.28 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20110528_21558.html
過去に菅直人首相の資金管理団体「草志会」は、「政権交代をめざす市民の会(以下、市民の会)」という団体に、多額の寄附をしている。聞き慣れない団体だが、菅氏の「草志会」からの寄附の額は2007年に5000万円、2008年に1000万円、2009年に250万円と特筆すべき多さである。一体どんな関係なのか。ジャーナリストの田村建雄氏が報告する。
* * *
さる政界関係者はこう解説する。
「『市民の会』は、神奈川県厚木市の市議が代表を務め、現民主党衆院議員の後藤祐一氏を支援するために2006年に立ち上げられた団体。平河町にある『市民の党』のメンバーが中心になっていて、実質的には同一団体と見ています」
確かに、「市民の会」と「市民の党」の2つの政治資金収支報告書を見ると、多くの同じ名前が重複して登場する。

(中略)

2002年5月、当時の中田宏横浜市長が施政方針演説をしようとした横浜市議会定例議会。そこで突然、女性市議2人が議場正面に立てられた国旗を引き下ろそうとした。この暴挙に出た市議が、「市民の党」所属議員だったのだ。
この場では、市職員が女性議員たちを強制退場させた。だが、あくまで国旗掲揚に反対の2人は議長に公開質問状で退場命令の説明を求め、回答がなかったなどとし市議会の議長席を約5時間にわたり占拠した。結果、2人の市議は懲罰委員会で最も重い除名処分。日本では極めて特異な事件として記録されている。

(後略)



上記の他、
これまでに分かっていることをまとめると、

<菅さん>
▼北朝鮮拉致の実行犯である辛光洙(シン・ガンス/シン・グァンス)らの釈放嘆願書に署名
▼革マル派が浸透していると日本政府・公安・警察庁が見ている「JR総連」から献金
▼よど号犯リーダーの息子が所属する「市民の党」と同一と見られる団体「市民の会」に6,250万円もの寄付
▼在日からの献金も発覚。大震災の翌日の12日に口止め電話、14日にはこっそり返金


<枝野さん>
▼革マル幹部との覚書
▼革マル派浸透の「JR総連」からの献金


<北沢俊美防衛大臣>
▼2010年2月、革マル派創設者の側近の田城郁さんら3人を大臣室に招き入れて会談


<革マル派創設者側近の田城郁さん>
▼北沢防衛相と大臣室で会談した田城さんは、2010年7月、民主党から参院選出馬→当選
▼なぜか横領事件の着服金が口座に入金されていることも発覚


<前原さん>
▼よど号犯人と北朝鮮で写真撮影
▼脱税、覚せい剤の暴力団関係者からの献金
▼在日からの献金


<蓮舫さん、野田財務相>
▼脱税、覚せい剤の暴力団関係者からの献金


<小沢さん>
▼革マル派浸透の「JR総連」から献金


<衆院議員の後藤祐一さん 神奈川16区>
▼2006年、後藤さんを支援するために立ち上げられた「市民の会」は、よど号犯リーダーの息子が所属する「市民の党」とメンバーが重複しており同一団体と見られている


<衆院議員の黒岩宇洋法務政務官 新潟3区>
▼「市民の党」に400万の献金
▼横浜市議会の議場の国旗を降ろそうとしたり、議長席を約5時間にわたり占拠するなどして、横浜市議会を除名処分になった「市民の党」所属の井上さくら市議を応援する内容のブログを発見され、あわてて削除
黒岩たかひろブログ:横浜市議除名
Up: 2002年6月28日10:00 Author: kuroiwa, Categories: 活動日記
http://www.t-kuroiwa.jp/blog/?p=8878 (削除)
Internet Archive) (キャプチャ) (キャプチャの魚拓
※抜粋
裁判をおこすでしょうから「横浜市議除名処分裁判」として日本の稚拙な議会制民主主義の足跡として後世に残ることでしょう。「功績デカいよ」と伝えたら喜んでいました。
 さくらさん頑張れ。




すごい党ですねぇ民主って。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


■関連リンク


市民の党」なる団体はこんな団体。

酒たまねぎやさん:斉藤まさし・森大志のつながり
http://www.tamanegiya.com/moritaisi23.3.16.html



要望書にサインをした議員リスト、当時の記事、動画など、
資料がたくさんまとめられています。

電脳補完録さん:辛光洙(シン・グァンス)を含む「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」
http://nyt.trycomp.com/hokan/0025.html




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


■追記


菅さんの6250万の献金の件、産経新聞も報じました。

産経:菅首相側、北の拉致容疑者親族の周辺団体に6250万円献金
2011.7.2 08:00
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110702/crm11070208000002-n1.htm


産経:菅首相側献金 「信じられない」「姿勢に疑念」 拉致被害者家族が怒り
2011.7.2 08:01
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110702/crm11070208020003-n1.htm



とんでもないことになっています。
「俺を誰だと思っている」と自衛官を恫喝した松崎哲久衆院議員
朝鮮学校無償化問題で反対意見を出した鷲尾英一郎議員(衆院拉致問題特別委員会理事)、
福島原発現地指揮官でありながら10日以上も不在にしていた池田元久経済産業副大臣も。

産経:拉致容疑者の親族周辺団体、民主3議員側に1690万円献金 密接ぶり浮き彫りに
2011.7.5 06:52
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110705/crm11070506540002-n1.htm
d0164331_1554152.jpg

 菅直人首相の資金管理団体が、日本人拉致事件の容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」(東京、酒井剛代表)から派生した政治団体「政権交代をめざす市民の会」(神奈川、奈良握代表)に多額の政治献金をしていた問題に絡み、めざす会が民主党国会議員3人の関係政治団体に計1690万円を献金していたことが4日、産経新聞の調べで分かった。民主党議員6人の関係団体が、市民の党に献金していたことも判明。献金を通じて民主党、市民の党、めざす会が密接に結び付いている実態が浮かんだ。

 政治資金収支報告書などによると、めざす会には平成19~21年にかけ、菅首相の資金管理団体「草志会」が6250万円、鳩山由紀夫前首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」が1千万円、「民主党東京都総支部連合会」(東京都連)が600万円を献金。新たに民主党の鷲尾英一郎、小宮山泰子両衆院議員の関係政治団体が計890万円を献金していたことが判明、民主党議員側からめざす会への献金総額は8740万円に達している。

 鷲尾氏は衆院拉致問題特別委員会理事を務めている。鷲尾氏の事務所は取材に「寄付をしていた団体はすでに解散させた。当時は支出内容を把握していなかった。市民の党が拉致関係者を選挙で擁立するような団体とは知らなかった」と話している。

 献金を受け取っためざす会は19年、黒岩宇洋法務政務官の関係団体「越後の暴れん坊」(解散)に860万円▽外山斎参院議員の関係団体「イッキの会」に200万円▽大久保潔重参院議員の関係団体「炎のチャレンジャー」に630万円-を支出していた。この3団体と、市民の党やめざす会は、事務担当者が共通している。黒岩氏の事務所は「運営や資金について黒岩は一切関わっておりませんので、こちらではわかりかねます」とコメントした。

 一方、市民の党には民主党6議員側が献金をしていたことも判明。池田元久経済産業副大臣▽松崎哲久衆院議員▽黒岩氏▽大久保氏▽鷲尾氏▽小宮山氏-の関連政治団体が19~21年にかけ、計約1693万円を提供していた。松崎氏の事務所は「寄付については報告書に記載した通り」と回答した。

 また、市民の党は、黒岩氏と外山氏、大河原雅子参院議員、川崎稔参院議員の民主党国会議員4人の「国会議員関係政治団体」として登録されていることも分かった。

 国会議員関係政治団体は、政治資金規正法で規定されており、「寄付金控除の適用を受け、特定の国会議員や候補者を推薦・支持する団体」は届け出義務がある。市民の党が4氏支持を公に申告している形だ。

 市民の党には、昭和55年に石岡亨さん=拉致当時(22)=と松木薫さん=同(26)=を欧州から北朝鮮に拉致したとして、結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子容疑者(58)と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーの間に生まれた長男が所属。長男は今年4月の東京都三鷹市議選に市民の党から立候補したが、落選している。




産経:首相「献金は事実」 拉致容疑者の親族周辺団体
2011.7.7 08:15
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110707/plc11070708160012-n1.htm
 菅直人首相は6日の衆院予算委員会で、自身の政治資金管理団体が、日本人拉致事件容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」から派生した政治団体「政権交代をめざす市民の会」に6250万円の政治献金をしていた問題について「事実だ」と認めた。

 自民党の石原伸晃幹事長が「めざす会は、極左過激派団体により結成された『市民の党』から派生し、設立された。日本人拉致事件との関係も取り沙汰されている」と指摘した。首相は「私の政治資金の流れは全て正式に届け出をしている」と述べ、適正な献金と強調した。

 めざす会には、鳩山由紀夫前首相の資金管理団体も1千万円を献金し、市民の党にも民主党議員6人の関係団体が献金。逆に、めざす会が民主党国会議員3人の関係団体に献金しており、民主党、市民の党、めざす会の密接な関係が指摘されている。


ZAKZAK:売国菅の“北献金”深まる闇…公安、米情報機関も関心
2011.07.07
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110707/plt1107071646005-n1.htm


読売:自民、首相資金団体と拉致容疑者親族の関係追及
(2011年7月7日21時41分)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110707-OYT1T01013.htm


時事:拉致容疑者親族の周辺団体に献金=首相認める、6250万円
(2011/07/07-22:49)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011070700998
 自民党の礒崎陽輔氏は7日の参院予算委員会で、菅直人首相の資金管理団体「草志会」が、北朝鮮による日本人拉致事件容疑者の親族が所属する政治団体から枝分かれした別の政治団体に、計6250万円を献金していたと指摘した。首相は献金の事実を認め、「政治資金規正法に基づき収支報告している。当時、党役職者としての職務を果たすため、ローカルパーティーとの連携・支援のため寄付した」と説明した。
 政治資金収支報告書によると、草志会は神奈川県内の政治団体「政権交代をめざす市民の会」に対し、2007年に5000万円、08年に1000万円、09年に250万円をそれぞれ献金した。
 一方、草志会が在日韓国人から計104万円の献金を受けていた問題で、礒崎氏は「3月10日、神奈川県の保土ケ谷パーキングエリア(PA)で、首相のスタッフがこっそり返したのではないか」と追及。首相は「弁護士から、現金で3月14日に返金したと報告を受けている」と答弁した。
 首相への献金は、東日本大震災が発生した同11日に発覚。首相側は代理人の弁護士を通じ、3日後の14日に返却していたと4月になって明らかにした。


産経:自民、首相献金問題調査チーム座長に古屋圭司氏
2011.7.8 13:17
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110708/stt11070813190008-n1.htm
 自民党は8日午前、菅直人首相の資金管理団体が日本人拉致事件容疑者周辺の政治団体「政権交代をめざす市民の会」に6250万円の政治献金をしていた問題を調査するためのプロジェクトチームの座長に、古屋圭司・党拉致問題対策特別委員長を充てることを決めた。

 古屋氏は党本部で記者団に対し「(今回の献金問題は)信じられない、許し難い話だ。菅首相は首相辞任という次元ではなく、議員辞職に等しい問題だ」と述べた。



産経:拉致容疑者親族周辺団体への献金、菅首相側に1億2300万円 民主の献金が“原資”か
2011.7.13 06:48
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110713/plc11071306500006-n1.htm
d0164331_23184928.jpg



産経:選挙プランナーら4人起訴 静岡市長選、公職選挙法違反
2015.6.17 07:04
http://www.sankei.com/region/news/150617/rgn1506170075-n1.html
※抜粋
 静岡市長選で落選した元薬局チェーン役員の高田都子(ともこ)氏陣営の選挙違反事件で、静岡地検は16日、公職選挙法違反(利害誘導、事前運動など)の罪で、陣営幹部ら4人を起訴した。

 起訴されたのは、選挙プランナーの斎藤まさしこと酒井剛容疑者(63)=東京都練馬区、高田氏の実兄で選対本部長を務めた高田隆右容疑者(66)=静岡市葵区、静岡市議の宮沢圭輔容疑者(36)=同市駿河区=の陣営幹部3人と、5月28日に書類送検されていた、広告代理業の井上有樹容疑者(30)=同市葵区。
※斎藤まさしこと酒井剛容疑者は市民の党代表。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治-与党(2012.12.25まで)

トップページへ





.
[PR]
by doumin | 2011-05-30 15:09 | 政治‐与党(2012.12.25まで) | Comments(0)
市民に死者が出ても外遊をやめないほど旅行好きな上田文雄札幌市長、選挙後また長期休暇を取り欧州へ
道新:札響、欧州へ出発 3カ国5都市で公演(05/19 06:25)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/293326.html
 【千歳】札幌交響楽団(札響)の一行約100人が18日午後、創立50周年記念欧州公演に向け、新千歳空港を出発した。22日から27日までドイツ、イギリス、イタリアの3カ国5都市で公演し、30日に帰国する予定。

 副首席オーボエ奏者の宮城完爾さん(43)は「澄んだ音色で札響の良さが発揮できるように頑張ります。帰ってから海外公演での成長ぶりを皆さんに伝えたい」と語った。

 一行は19日、成田空港で尾高忠明音楽監督らと合流し、最初の公演地ミュンヘンに向かう。尾高さんは「震災が尾を引く中で、僕たちがこれだけ元気に音楽をやっている姿を示したい」と話している。



札響くらぶの会長を務めている上田文雄市長は、
この公演に行くために長期休暇をとっていたそうです。
(道新紙面より)

この件、どうしんウェブには掲載されておらず、
なぜか上田さんの公式サイトも、
この期間がすっぽりと抜け落ちておりどこにも書かれていません。


道新紙面にはこんなことが書かれていました。
>この外遊は選挙前から関係者には言っていたこと
>自費なので市民には理解してほしい
>路面電車のある都市も視察してくる
こんなふざけたことを上田さんは言ってたそうです。


大震災も無関係で強行するんですねぇ。
そりゃそうかぁ、台風で札幌市民に死者が出ても関係ないみたいですしね、札幌の市長なのに。

また、上田さんが必死な路面電車延伸は反対の声が多いし、
長期休暇を取ることを、選挙前に関係者に言ってたって全く無意味でしょ。
一般市民がそれを知るわけがないんだから。
なのに何故「理解してほしい」と言えるんでしょうね?

だったら、4月の選挙演説で
「5月に長期休暇を取り、欧州を外遊してきます!」
って言えば良かったじゃない。
卑怯者。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連リンク

札幌市議会議員 勝木勇人氏
2010年10月8日 決算特別委員会質問原稿(総務局 国際部)
http://www010.upp.so-net.ne.jp/fruit-1/chugoku.gaikou.html
(抜粋)

 では、市長にお伺いします。

 古い話になりますが、2004年の秋に、札幌市はかつて経験したことのない強烈な台風に見舞われて、死者が2名出たことがあります。 そのとき、市長は中国の長春市の方へ赴かれておりました。台風についての情報は逐次伝えられたようですが、市長は、外遊を途中で打ち切ることなく、事態の収拾を副市長にまかせきりにして、外遊を続行されました。その外遊はよほど重要な案件があってのことなのかと思いきや、世界冬の都市市長会の実務者会議をその長春市で開催したことについてのご挨拶まわりだったとのことです。

註・上田市長は市長就任以来、22回も海外出張をしており、そのうち9回は中国への渡航でした。随行員のぶんなども含めた旅費の総額は1千万円を超えており、その4分の1が中国への渡航に使われています。市長が海外に出る場合、そこには旅費以外にも種々の事業費がついてまわります。こちらから市長が行けば、相手国からも返礼の訪問団が来たりしますし、とくに中国からは技術交流などの名目で毎年相当な数の訪問団がやってきます。それらの受け入れに係わる経費は年によって異なりますが、1千万円を超えることも珍しくありません。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
北教組弁護団出身の上田文雄札幌市長、学力テスト批判 2011-09-28
民主党推薦の上田文雄札幌市長、公約発表 91項目のうち32項目を重点政策と位置付け 2011-03-09
大人げない上田文雄札幌市長、除雪問題等を追及され「重大な名誉棄損。刑事告発含め検討」/札幌市汚職事件 2011-02-22
「抑圧された側の歴史認識を共有」と韓国で述べた上田文雄札幌市長,3選出馬表明(民主/社民/市民ネット推薦) 2010-12-21
山口教授「(長年民主党を応援してきたことが)リフォーム詐欺の片棒を担いだ詐欺師みたいで肩身が狭い」 2010-12-19
札幌市指定ごみ袋は中国製 札幌市収集の雑がみは中国へ輸出…道内事業への影響を危惧する声も 2010-11-29

■カテゴリ:政治-地方

トップページへ
[PR]
by doumin | 2011-05-30 14:19 | 政治‐地方 | Comments(0)
「海水注水中断せず」現場判断の吉田所長はさすが! 一方、処分を含め検討と言う変な東電、グダグダ政府
J-CAST:「注水中断せず」判断した吉田所長 「処分検討」にネットで怒りの声
2011年5月26日 19時38分 (2011年5月26日 20時25分 更新)
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110526/JCast_96664.html
「海水注入は中断していなかった」――東京電力は2011年5月26日、福島第1原発の1号機で、震災発生翌日に冷却用の海水注入が一時中断したとされる問題で、実際には中断はなく、注水は継続していたと発表した。

それによると、現場の吉田昌郎・福島第1原発所長が注水継続が必要と判断し、「空白の55分」を防いでいたことがわかった。しかし、東電は吉田所長について「処分も検討する」としており、ネット上には怒りの声が溢れている。


「正しい判断をした」
これまで東電が公表した資料では、3月12日19時4分に海水を注入し始めた後、官邸の意向を汲んで19時25分に注入を一時中断し、20時20分に再開したとされていた。そして、この一時中断をめぐり、菅直人首相の関与の有無や原子力安全委員会の班目春樹委員長の発言など、事情説明や報道が二転三転、混乱した。

しかし今回の発表によれば、3月12日18時5分ごろに政府から海水注入の指示があり、19時4分に注入開始。約20分後、官邸に派遣した社員から「首相の了承が得られていない」と連絡があり、東電社内の協議の結果「注入停止」が決まった。しかし、吉田所長が「事故の進展を防止するためには、原子炉への注水の継続が何よりも重要」と独自に判断し、停止に至らなかったという。

東電の武藤栄副社長は会見で、「正しい判断をした」と吉田所長の行動を評価したうえで、「報告やその後の対処について、これで良かったか検討する必要がある」と、処分も含めて検討する考えを示している。


「もう無茶苦茶!」「おかしい」
この方針に対し、ネットユーザーの怒りが爆発した。

「吉田所長が私達を守った。吉田所長が処分されるのだとしたら、それはおかしい。凄くおかしい」
「吉田所長が処分されるなら、全ての関係者が処分されなければならない」
「もう無茶苦茶!現場はまさにやってられねぇって感じだろうなぁ…」
福島第1原発の現場では、多くの作業員が厳しい環境の中で復旧作業を続けている。吉田所長はその現場の最高責任者だ。

週刊誌報道などでは、不眠不休で1000人以上の作業員の指揮をとり、本店からの指示に対しも現場の立場から声を荒げて言い返すなど、たくましい人物像やリーダーシップが報じられてきた。

その奮闘ぶりを知ってか、ネットでは、

「所長を処分したら誰が指揮をとるんだ!」
「吉田所長には処分でなく、休息を与えて下さいよ!!」

などの声が上がっている。





吉田所長はこんな人だそうです。

週刊現代:放射能の国の真実 福島第一原発「絶望の砦」45日の記録
2011.4.25
http://kodansha.cplaza.ne.jp/wgendai/article/110425/top_01_01.html
日本の運命を握るヨシダという男

吉田昌郎56歳。フクシマを仕切る最高責任者。第一原発のすべてを知る彼が判断を誤れば、再び爆発が起き、日本中に放射能汚染が拡がる。過労でキレかける現場を守り、本店と闘う。重すぎる責任、そして使命感。あまりのストレスにこの間、都内の病院に2度通った。ヨシダ、大丈夫か

--------------------------------------------------------------
ヨシダ、死ぬなよ!
--------------------------------------------------------------
 福島第一原発と東京電力本店の間では回線を結び、毎朝テレビ会議を行っている。4月20日、このテレビ電話会議の席上で、こんなやり取りがあった。

「『今後の余震と津波への対応』がテーマのひとつでした。

 本店のある部長が、『それでは(津波対策に)土嚢どのうを積もう』と提案したんですが、それに対して、ヨシダが声を荒らげたんです」(東京電力幹部)

 ヨシダは、突然怒り出した。

「ちょっと待ってくれ! 想定外の津波が来て、こういうことになったんだ。土嚢の積み増しでいいというなら、一度現地に来て、現状を見てからモノを言え! 机上のプラン、計画はもうたくさんだ!」

 会議室は一瞬、シーンと静まり返ったが、結局、ヨシダの言うとおり、「土嚢積み増し」案は見送りとなった。別の東京電力社員が、ヨシダの真意を解説する。

「ヨシダは、本店の幹部が福島第一に来ても、ほとんどが一泊することもなくすぐに戻ってしまうことに苛立っています。現場を知らずにモノを言うな、というのがホンネです。

・・・この続きは会員になるとご覧いただけます。



この記事、誌面でちらっと見たんですが、
スポーツマンの吉田氏は、
適切・的確な判断が出来、
相手が誰でもガンガン言うべき時は言い、
かと思えば心配りも出来るし、
緊迫した空気をジョーク混じりで和らげたりもするし、
知識もリーダシップも人徳もあるすごい人。
でも、さすがに疲労が溜まってしまっている。
こんな感じの内容でした。

もし吉田氏が倒れてしまったらどうなるんだろう・・・?
もし吉田氏じゃなかったら福島は、日本は、一体どうなっていた?
こんな人を、
「これで良かったか検討する必要がある」
などと言う東電の武藤栄副社長って何?
のんびりするにも程があるし、あまりにもズレているし、
他にもっとやるべきことがたくさんあるのは明白でしょうに。
こういう、机上の空論でしか物を考えられないボケた人は、
一度、現場に従事させるべきだと思いますけどね。
(それはそれで足手まといでしょうが)



それにしても・・・。
海水注入を止めた、実は止めてなかった、
菅さんが知ってたとか知らなかったとか
班目さんがこう言ったとか言わないとか、
東電がファクスしてたとか、
枝野さんが得意とする弁護士風なずる賢い言い逃れとか、
もううんざり。
一体いつになったら前に進むんでしょう。
それでなくとも無能、そして責任転嫁ばかりな人たちが政権をとるとこうなるという見本は、
今は本当に勘弁してほしい。

「俺が責任を持つ」
そういう菅さんの言葉を、みんな待っているんじゃないでしょうか。(絶対に無理だろうけど)
こういうゴタゴタや、頑張る・努力するなどの抽象的な言葉は聞きたくありません。





海水注入は、どうやら中断してはいなかったようだという情報を受けて、
班目さんは。

iza:「私は何だったのか」海水注入問題で班目氏 配信元:産経
2011/05/26 19:05更新
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/508844/


「可能性はゼロではない=事実上ゼロという意味」
と、良く分からないことを言う人ですが、
民主党のお家芸(責任転嫁)の餌食にされそうだったので、
若干お気の毒ではあります。






■追記

日経:原発の海水注入、実際は中断せず 東電「所長判断で継続」
2011/5/26 21:29
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG2601J_W1A520C1MM8000/


朝日:福島第一の海水注入中断せず 東電所長、本社に無断
2011年5月27日0時16分
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201105260339.html


読売:海水注入独断継続の吉田所長はこんな人
(2011年5月27日07時07分)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110526-OYT1T01093.htm
 海水注入の継続を独断で決めた吉田昌郎所長は、東京工業大大学院で原子核工学を修めて、東電に入社以来、一貫して原子力畑を歩んできた。

 所長就任前の本店・原子力設備管理部長時代には、新潟県中越沖地震で被災した柏崎刈羽原発の復旧に取り組んだ。4回目の赴任となる福島第一原発を知り尽くしており、細野豪志首相補佐官は「人を引っ張っていく人。事故対応に欠かせない」とそのリーダーシップを評価する。

 4月22日、福島第一原発で陣頭指揮をする吉田所長に会った、原子力委員会専門委員で独立総合研究所の青山繁晴社長も「現場の作業に細かく目配りし、上手に統率していた」と語る。

 東電関係者によると、本店などとのテレビ会議では、現場の状況を無視した指示に対し、「現場を見てから判断しろ」などと、厳しい口調で主張することが多いという。

 現場を大切にする指揮官像が浮かび上がるが、その一方で「本店の言うことを聞かない。自信家」との声もある。


自信家って(笑)そんなの当たり前だし、
このくらい肝が据わってないと、こんな現場は無理でしょう。
体も心もやられてしまう。




日経:「親分肌」「頑固」 福島原発の吉田所長
2011/5/27 9:24
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=969
58A9C93819499E0E5E2E2E58DE0E5E2E7E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;bm=9695
8A96889DE0EBE0EBE4E1E4E2E0E5E2E7E0E2E3E39C9CEAE2E2E2

 「止めろと言った」「言わない」で国会論戦にまでなった東京電力福島第1原発1号機への海水注入問題は一転、現場の所長が独断で注水を継続していたことが26日、判明した。情報共有も指揮命令系統も無視。事故収束にあたる2700人の作業員を束ねる吉田昌郎所長(56)とはどんな人物なのか、東電幹部らの証言から探った。

 「やってられんわ」。4月上旬、1号機の格納容器が水素爆発するのを防ぐためテレビ会議で本店から窒素ガス注入を指示された時、吉田所長は関西弁でそう声を荒らげた。「そんな危険なこと、作業員にさせられるか」。翌日には抗議の意味を込めてサングラス姿でテレビ会議に現れ、役員たちを驚かせた。

 大阪府出身。菅直人首相と同じ東京工大で原子核工学を専攻。1979年に東京電力入社。通商産業省(現経済産業省)にも内定していたが、大学の先輩の勧めで東電を選んだ。昨年、所長に就任し、第1原発での勤務は4回目となった。

 身長180センチで学生時代はボート部に所属し、社内の評価は「豪快」「親分肌」。免震重要棟の廊下で眠る作業員に「もう帰れ」と声をかける一方、収束に向けた工程表を持ち出して作業を急がせる本店に「作業員の被ばく量をどう考えるのか」と反論することも。

 「発電所のことは自分が一番知っているという自負があるのだろう。それが時には頑固に見える」と元同僚。

 枝野幸男官房長官が不快感を示すなど、情報の混乱が、新たな物議を醸している。東電のある幹部は「大変なご迷惑を掛けていることに違いはないが、事故が今の状況で済んでいるのは吉田の存在も大きい」とかばった。〔共同〕


「“直ちに”健康に影響はない」しか言えない枝野さんは無駄に偉そうにしていないで、
政府がまともに機能してないことを何とかすべき。




iza:「本店に盾突く困ったやつ」「気骨ある」 福島第1原発の吉田所長 配信元:産経 2011/05/26 22:43
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/508884/
(抜粋)
原子力技術畑を歩み昨年6月、所長に就任。第1原発での勤務は4回目となった。原子力委員会の専門委員で4月に第1原発を視察した独立総合研究所の青山繁晴社長(58)は東電社員から「自信過剰」「本店に盾突く困ったやつ」との評価を聞いたが、「あの官僚主義から抜けきれない東電にあって、気骨のある人物。現場を知らない本店に口答えをするのは責任感の表れだ」と話す。

 青山氏が「余震で津波が押し寄せた場合どうなるのか」と問うと「致命的だ」と包み隠さず答える誠実さを持ち、堤防設置などの対策をすぐに打ち出すスピード感もあったという。


「盾突く」って言い方がもうね。
本店の言う通りにしていて解決するならいいけどそうは思えないし、
吉田氏のようなタイプの人、且つこういう立場にある最高責任者が、
意味のないことを主張するとも思えない。




東京新聞:福島第一原発の吉田所長 「注水が何よりも重要」
2011年5月27日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011052702000032.html
 福島第一原発1号機の海水注水問題。東京電力が二十六日明らかしたところによると、第一原発の吉田昌郎所長(56)が会社の意向に逆らって水を入れ続けたのは「事故の進展を防止するには、原子炉への注水継続が何よりも重要」と判断したためという。吉田所長はどんな人物なのか。

 吉田氏は菅直人首相と同じ東京工大卒業。原子核工学を専攻し、修士課程を修了して東京電力に入社した。本店原子力設備管理部長などを経て二〇一〇年六月に福島第一原発所長に就任。執行役員も務めている。

 福島第一、第二原発で通算十四年にわたり勤務。今回の事故では地震直後から現場で指揮を執っている。東電関係者によると、強いリーダーシップで作業員を気遣い、励ましてきた。

 別の関係者によると、三月十二日夕の本店対策本部とのテレビ会議では、「まず水を入れなきゃだめだ」「(原子炉を)冷やさなきゃいけないんだ」と懸命に訴えていた。

 原子力委員会専門委員で独立総合研究所社長の青山繁晴氏が四月二十二日に第一原発を視察した際には、「必死で原子炉を冷却してきた」と話していた。

 菅首相は五月二日の参院予算委で、三月十二日早朝にヘリで第一原発を視察した際、吉田所長らと直接話ができたことが「その後のコミュニケーションを取る上で大変有効だった」と述べた。「菅首相が信頼を寄せている」と言う政府関係者もいる。


菅さんに信頼を寄せられても・・・。




J-CAST:海水注入継続を指示―福島原発・吉田昌郎所長「原子力村」エリート
2011/5/27 13:18
http://www.j-cast.com/tv/2011/05/27096705.html
※抜粋
ところが昨日、福島第一原発の吉田昌郎所長が独自の判断で注入を継続していたことが明らかになった。

与良正男(毎日新聞解説委員)「当初、菅総理は海水注水は自分の判断で指示したと手柄話のように語っていた。その後、班目春樹・内閣府原子力安全委員会委員長の再臨界うんぬんという進言で、中断を求めたとしていた。しかし、班目発言問題が起こり、これだけでもお粗末な事態なのに、今回また新たな問題が判明した。政府と東電は正面から事故と向き合っているとは思えない」


毎日新聞解説委員にすらこう言われる菅さん・・・。




読売テレビ ミヤネ屋:5月26日14時19分頃
吉田さんは(中断していなかったことを)早く言ってほしかった。
菅さんと谷垣さんなどの国会でのやりとりすべてが無駄になった。
と宮根氏やコメンテーターら


ほんとに馬鹿な番組。
(結構前の話だけど、仙谷さんを持ち上げてたこともあったし。気持ち悪い)
現場で、ゆっくりと国会や新聞などを見ているとでも思ってるんでしょうか?

私はむしろ、報告していたとしても隠されていたんじゃないのって思いますけどね。



責任を取るべきは、原発から遠い東京からテレビ会議で指示を出し続けた政府と東電トップだ 現場軽視改めよ
2011-05-30
http://doumin.exblog.jp/13687070/


福島民報論説です。
現場や避難住民を軽視、情報隠し、責任のなすりあいをしている政府と東電を糾弾しています。




産経:吉田所長以下、福島第1原発全体会議の写真公開 米国から贈られた激励の日の丸
2011.6.5 20:18
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110605/dst11060520190016-n1.htm
d0164331_2472189.jpg
東京電力本店などと結んで全体会議を行う福島第1原発の非常災害対策室の様子=5月27日(東京電力提供)


d0164331_2491266.jpg
福島第1原発の非常災害対策室に掲げられた、米国から贈られた日の丸=5月30日(東京電力提供)


 東京電力は5日、福島第1原発の免震重要棟に置かれた非常災害対策室と東京の本店、福島第2原発などを結んだ全体会議の写真を公開した。各地の担当者を一望できるモニターの下には、米国から贈られたという励ましの言葉が寄せ書きされた日の丸。激励は他にも、東電の国内支店や一般の人などから寄せられているという。

 東電によると、全体会議は通常、第1原発の吉田昌郎所長以下50~100人が参加し、午前9時と午後7時に開催。防護服の下に着けるジャージーや帽子を着用したまま、各号機の現状を報告する様子が見て取れる。




TBS News i:吉田所長「止めていたら死ぬかも」(06日15:53) ※リンク先に動画あり
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4743838.html
http://www.youtube.com/watch?v=tD8_VHtrY-g
 原発事故で復旧作業の陣頭指揮を執っている東京電力・福島第一原発の吉田昌郎所長がJNNの単独インタビューに応じました。このなかで吉田所長は、事故直後、本社の指示に従わず海水の注入を続けたことについて、「もし止めていたら死ぬかもしれないという気持ちだった」と語りました。事故の発生後、吉田所長がメディアの取材に応じたのは、これが初めてです。

 「強い気持ちでというか、士気高くやっています」(福島第一原発・吉田昌郎所長)

 JNNの単独インタビューに答える福島第一原発の吉田昌郎所長。3月11日の事故以来、福島第一原発の現場責任者として、2500人に及ぶ作業員をとりまとめ復旧作業の陣頭指揮をとり続けています。その吉田所長が初めて語りました。

 「あの時点の現場は生きるか死ぬかでしたから」(吉田昌郎所長)

 福島第一原発の現場責任者、吉田昌郎所長。JNNの単独インタビューに応じましたが、メディアの取材に答えるのはこれが初めてです。

 「まずやることを丁寧に一つ一つやること。現場でたくさんの人が働いてますから、健康や安全をちゃんと確保する。この2点だけですね」(吉田昌郎所長)

 吉田所長は大阪府出身。1979年に東京電力に入社した後は主に原子力畑を歩み、去年6月に福島第一原発の所長に就任しました。3月11日に事故が起きてからは、現場責任者として復旧作業にあたっています。

 「深刻な状況にありますので、大至急工程を詰めていく必要あります。よろしくお願いします」(吉田昌郎所長)

 依然として深刻な状況が続く福島第一原発。1号機から3号機まで全てメルトダウンした原子炉の内部では今、何が起きているのでしょうか。

 「現時点では1~3号機とも原子炉の中は冷えている。百数十度の中で冷えた状態にある。そういう意味で原子炉は安定していると考えていい」(吉田昌郎所長)

 1号機から3号機の現状について吉田所長は「安定している」と説明しましたが、10万トンにも及ぶ高濃度の「汚染水」が復旧作業の大きな障害になっています。

 「汚染した水をどう処理するか、ここが一番大きな課題。そこが最大のポイントだと思って取り組んでいる」(吉田昌郎所長)

 そして、政治問題にもなった1号機への海水注入。事故発生の翌日の3月12日。官邸の意向を受けた東京電力の本社は、吉田所長に対し海水の注入を中断するよう指示しました。しかし、吉田所長はこの指示に従わず、自らの判断で注入を継続しました。

 しかも、事故から2か月以上、その事実を本社に伝えていなかったことが先日、明らかになっています。吉田所長は、本社の指示に背く形で、なぜ、海水を注入し続けたのでしょうか。

 「ひと言で言うと、あの時点で現場は生きるか死ぬかでしたから、もし(海水注入を)止めていたら死ぬかもしれない。そういう気持ちでいたということはお伝えします」
 「(Q.判断は間違っていなかった?)間違っていなかったというよりは、入れ続けないといけないと思っていた。その手順でいろいろあってご迷惑をおかけしましたけど」(吉田昌郎所長)

 「止めていたら死ぬかもしれない」。吉田所長の説明はさらに続きます。

 「海水を入れるというのは、その前から決まっていた。(海水注入を)ずっと我々も早くやりたくて入れていて、途中で1回中断という話がありましたけど、1回止めると何時間止めるか分からない。これはもう入れ続けるしかない。プラントの脇にいる我々からすると、生きる死ぬの話でしたから、それだけですね」(吉田昌郎所長)

 そのうえで、海水を注入し続けていた事実を本社に伝えなかった理由についてこう話しました。

 「(Q.本社に報告しなかった理由は?)忙しかったからですよ。1号機だけでなく2号機、3号機も危機的な状態が続いていた。その後も海水が漏れたり事象が起きていました。(報告を)忘れてはいないですけれども、いちいち前に戻ってどうのこうのではなく、第三者委員会ができれば、きちんと経緯を話そうと思っていた。タイミングが若干遅れたということ、非常に申し訳なく思っています」(吉田昌郎所長)

 吉田所長は、インタビューの最後に今回の原発事故について謝罪の言葉を口にしました。

 「福島県の地元の皆さんにご迷惑をかけたということ、これはこの事故が起こってから忘れたことはありません。本当に皆さんに申し訳ない。しっかり謝りに行きたいが、なかなかそういう状態にならない。そういう皆さんのためにも一刻も早く(事故を)収束させたい。サポート、応援いただければと思いますので、よろしくお願いします」(吉田昌郎所長)




日経:海水注入「もったいない」 東電本店が難色
テレビ会議映像で判明 2012/8/11 1:36
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0904P_Q2A810C1CR8001/
※抜粋
 東京電力が6日に公開した福島第1原子力発電所事故後の社内テレビ会議の映像で、危機的状況にあった2号機への海水注入に、本店が「もったいない」と難色を示していたことが明らかになった。東電の発表を国が止めようとしたため情報公表が遅れたことも判明。






■当ブログ内関連記事
速報:福島第一原発・吉田昌郎元所長が逝去・・・心よりご冥福をお祈り致します 2013-07-09
福島第1原発吉田所長が入院、退任へ 病名非公表(東電) 放射能の影響ではない(細野) 因果関係公表(枝野) 2011-11-29
福島第1原発、吉田所長が事故後初のメッセージ 謝罪とともに感謝の意「国内外の励ましの言葉が心の糧」 2011-08-19
[PR]
by doumin | 2011-05-26 21:17 | 政治‐与党(2012.12.25まで) | Comments(0)
日韓国会議員会議で無茶苦茶な要求をした姜昌一議員(野党)ら初の北方領土訪問 韓国閣僚も竹島訪問
韓国の姜昌一独島領土守護対策特別委員会委員長は、
昨年8月の日韓国会議員会議に参加しており、
日本側に無茶苦茶な要求をしている人物です。

日韓国会議員会議 韓国要求エスカレート…慰安婦等解決済みの話を蒸し返す・談話に不満 日本側に反論なく 2010-08-20
http://doumin.exblog.jp/11772700/




その、姜昌一議員を始めとした韓国の野党議員らが、
北方領土入りの計画を立てていることが分かりました。

iza:韓国国会議員、初の北方領土訪問へ 竹島「実効支配」強化強調か
配信元:産経 2011/05/20 00:31
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/507711/
 【ソウル=加藤達也、モスクワ=遠藤良介】韓国が不法占拠している竹島(韓国名・独島)をめぐって韓国の領有権確定に向けた政策や立法を審議する韓国国会の「独島領土守護対策特別委員会」(定員18人)に所属する野党議員3人が、22日から北方領土の国後島訪問を計画していることが19日、委員会関係者への取材で分かった。韓国の国会議員が北方領土を訪問するのは初めてという。

 ロシアのメドベージェフ大統領が昨年11月に国後島を訪れて以降、ロシアは中国や韓国に北方四島への投資を呼びかけるなど領土問題に第三国を巻き込む戦術を鮮明にしており、韓国議員の北方領土訪問計画は、事態がロシアの思惑通りに進みつつあることを示している。

 委員会に所属する議員の事務所は訪問目的を「日本との領有権問題がある地域の支配・管理状況の視察」と説明している。一行は22日にロシア極東サハリン州のユジノサハリンスクへ向け出発。航空便が確保できれば24日までに国後島に渡る予定。

 韓国側は近年、竹島周辺で海洋研究基地の建設を計画する一方、今年3月の検定結果公表の際には日本の中学教科書の記述内容について強く反発するなど、竹島の「領有」を繰り返しアピールしてきた。こうした経緯から国後島訪問には韓国の竹島への「実効支配」強化を強調する狙いがあるとみられる。

 ロシアは東日本大震災を受け、日本への迅速な人道支援に動くなど対日関係改善のシグナルを送っていたが、15日にはイワノフ副首相ら5閣僚が択捉、国後両島に乗り込んでインフラ整備の加速を打ち出すなど、領土問題では強硬な立場を変えていない。

 プーチン前政権期のロシアは、領土交渉に応じる考えを示す一方で北方領土の「ロシア化」に乗り出し、日本に譲歩を迫る戦術をとった。ロシアによる強硬姿勢の背景として、最高実力者、プーチン首相(前大統領)の大統領返り咲きを視野に、有利な立場で領土交渉を再開する思惑も一部識者から指摘されている。

 原田親仁駐露大使は19日、「(訪問が)行われるのであれば、日本の北方領土に対する基本的な立場と相いれない」と述べた。


韓国国内向けパフォーマンスでしょうが、
やって良いことと悪いことの区別がつかない韓国人らしい異常な発想と言えます。



22日午前、ロシアへ向け出発。

姜昌一議員は日本に対して、
「韓国国会議員の行動にあれこれと言ってくるのは失礼な態度だ」
などと意味不明なことを口走っているようです。

東京新聞:韓国議員、北方領土訪問へ出発 実効支配の現状視察
2011年5月22日 11時15分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011052201000207.html
 【ソウル共同】島根県隠岐諸島の北西にある竹島(韓国名・独島)について、韓国領有に向けた運動を展開する同国国会の「独島領土守護対策特別委員会」所属の野党議員が22日、北方領土・国後島を訪問するため、経由地のロシア・ウラジオストクに向けて出発した。24日に同島に入る予定。

 出発したのは同委員会の姜昌一委員長ら2人で、いずれも最大野党民主党所属。姜氏によると、民主党の別の議員が同氏らとは別に極東サハリン州の州都ユジノサハリンスク入りし、23日に合流するという。

 姜氏は仁川国際空港で共同通信などに対し「日ロが領有権を争う北方領土の視察が目的。ロシアの実効支配の現状を見ることは、(韓国が実効支配する)独島の領有権を守る上でも役に立つ」と話した。

 日本政府が訪問に遺憾の意を示していることについては「韓国国会議員の行動にあれこれと言ってくるのは失礼な態度だ」と反発した。

 一行は、ウラジオストクとユジノサハリンスクで領土問題の専門家らと会談するなどし、24日に日帰りで国後島を訪れる計画。ただ、同島までの航空券はキャンセル待ちの状態で、日程は流動的という。

 当初は与党ハンナラ党の議員2人も同島訪問を検討しているとされたが、姜氏によると、参加を見送ったという。


読売:「抗議は大変失礼だ」国後島訪問の韓国議員(2011年5月25日19時44分)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110525-OYT1T00893.htm
(抜粋)
 姜委員長は仁川空港で本紙に対し、日本政府が韓国政府に抗議したことについて、「他国の国会議員の活動に抗議するのは大変失礼だ」と批判した。

 姜委員長は「ロシアの領有権を認めたものではない。日露の争いには関与しない」と強調した。




菅さんの「きちんと」とはどんな対応?

時事:国後視察で議員がロシアへ=韓国(2011/05/22-11:50)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011052200052
(抜粋)
 【ソウル時事】
 今回の訪問について菅直人首相は「確認されれば、きちんとした対応を取る」と述べ、事実確認後に抗議する考えを示している。




24日13時過ぎ、国後へ向け出発。

共同:韓国議員が北方領土訪問へ 国後島、日韓関係影響も 2011年5月24日 14時02分
http://www.excite.co.jp/News/world_g/20110524/
Kyodo_OT_MN2011052401000489.html

 【ソウル共同】北方領土・国後島を訪問するためロシア極東ユジノサハリンスクを訪れていた韓国の国会議員3人が24日、同島行きの定期航空便の航空券を確保した。この航空機は午後3時(日本時間同1時)すぎにユジノサハリンスクを出発した。議員らは現地に約1時間滞在し、24日中にユジノサハリンスクに戻る計画。

 韓国国会議員の北方領土訪問をめぐっては、菅直人首相が20日の参院予算委員会で「きちんとした対応を取りたい」と述べるなど、日本政府が憂慮を示していた。韓国政府は「(同国政府の立場と)無関係」としているが、国会議員が訪問を強行することで日韓関係への影響は避けられない見通しだ。

 出発したのは最大野党民主党の議員3人で、日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)の韓国領有に向けた運動を展開する韓国国会の「独島領土守護対策特別委員会」に所属している。関係者によると、定期航空便の航空券はキャンセル待ちとなっていたが、24日午前に確保できたという。

 同委員会委員長を務める姜昌一議員は、出発前に共同通信の電話取材に対し「短時間だが、日ロ間の領土紛争の現場を視察する。独島の(韓国)領有権を守るためにも実効支配の現状を見たい」と話した。




当然、元島民らは腹立たしい気持ちでしょう。

毎日:韓国議員、国後島入り 憤る元島民ら「政府は毅然と対処を」 /北海道
2011年5月25日 地方版
http://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20110525ddlk01040245000c.html
 竹島(韓国名・独島)を領有権を主張する韓国の野党議員が24日、北方領土・国後島入りした問題で、根室市の元島民らは一様に憤まんやるかたないといった表情を見せた。

 「独島領土守護対策特別委員会」の姜昌一(カンチャンイル)委員長(民主党)らの訪問について、千島歯舞諸島居住者連盟の宮谷内亮一・根室支部長(68)は「韓国もロシアもどちらも(竹島と北方領土という)領土問題を抱えており、日本をけん制するような何か共通の思惑が見え隠れする。政府が事前にきちんと抗議しないと、今後も同じようなことは起きる」と憤る。

 根室市の長谷川俊輔市長は「メドベージェフ大統領の国後島訪問以降、ロシアは閣僚を続々送り込んでいる。さらに竹島の係争問題を抱える韓国の国会議員を入れるとは、静かな雰囲気の中で北方領土問題を話そうという日露間の合意に水を差す行為。政府は毅然(きぜん)とした態度で対処していただきたい」と話す。 高橋はるみ知事は「ロシアの出入国手続きに従う形で国後を訪問したのはロシアの管轄権を前提としたかのような行為で大変遺憾」とコメントを出した。【本間浩昭】


朝日:韓国国会議員、国後訪問 元島民 警戒感 2011年05月25日
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001105250005
■元島民 募る警戒感

 韓国の野党国会議員が24日に北方領土の国後島を訪れ、元島民からは日本政府に対し、韓国に断固とした姿勢を取るよう求める声が相次いだ。韓国の国会議員の北方領土上陸は初めてとされる。今回の訪問をきっかけに韓国など第三国と北方四島との交流が進むようであれば、ロシアとの返還交渉が一段と複雑になるとの警戒感も広がった。


■政府に注文「毅然と」

 ビザなし交流で27日から色丹島に行く訪問団で、団長を務める同島出身の得能宏さん(77)=根室市=は「古里の島に帰れるのに、今回は本当に気が重たい」と力なく語った。

 ロシア側の意向で訪問団員の数が減った。そこに今回の韓国議員訪問の報が届いた。「韓国の四島への参入が進めば、領土問題はますます混迷してしまう。韓国の大統領が福島の避難所を訪れてくれたが、それでも日本政府は韓国政府に言うべきことは言って欲しい」と話した。

 元島民でつくる千島歯舞諸島居住者連盟の宮谷内亮一根室支部長(68)は「これを許していたら、とんでもないことになる。日本政府は毅然(きぜん)とした態度で、本気で島に渡ることをとめて欲しい」と語気を強めた。

 道北方領土対策本部は、この日午前から外務省を通じて情報収集に当たった。観光PRのため中国を訪問中の高橋はるみ知事は急きょ談話を発表し、「ロシアの管轄権を前提としたかのような行為で、北方領土を行政区域の一部とする北海道の知事として大変遺憾に思っている」と不快感を示した。

 竹島(韓国名・独島)をはじめとする領土問題に詳しい拓殖大国際学部の下條正男教授(日本史)は、今回の韓国議員の行動について「日本の中学校教科書検定で、日韓が領有権を争う竹島に関する記述が増えたことへの対抗措置だろう」と分析。そうした韓国の動きを「ともに日本との領土・領域問題を抱えるロシアと韓国はつながっている」というメッセージを日本に送るためにロシアが利用した、とみている。

 すでに経済面では、北方四島と韓国との交流が進みつつあるとの指摘もある。下條教授によると、国後島には空港整備に韓国・現代グループの重機が使われ、港湾施設の資材も韓国製が使われているという。

 一方、今年3月には、韓国や中国企業が四島への進出に意欲的だ、との現地の報道もあった。

 下條教授は「韓国の参入が進めば北方領土問題は複雑化する。今こそ日本政府は四島の(開発の)実態を研究する機関を設置し、返還交渉が進まない本質的な問題がどこにあるのかを把握するべきだ」と指摘した。

(神元敦司、深沢博、杉村和将)




姜昌一議員のこの言い草。

産経:「(日本側反応は)コメディー。見に行っただけだ」帰国直後、仁川空港で会見
2011.5.25 12:01
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/asia/508610/
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110525/asi11052512020002-n1.htm
(抜粋)
日本側が訪問を問題視していることに関し、「コメディーだ。北方領土を見に行っただけだ」と述べた。

 一方、渡航に当たりロシア側の働きかけを受けたかどうかについては「ロシア政府とは(事前に)連絡しておらず、まったく無関係」と説明。ロシアの関与を否定した。



言うこと、やること、何もかもが下卑ていて韓国らしい。

私のような一般人なら「韓国は徹底的に避ける」で済みますが、
国際社会における日本(政府)としてはやるべきことをやり、
強く出るべきときは出なければいけません。

でも現政権は・・・・・・・・・。

尖閣で大失態の後は、北方領土にロシア大統領訪問、韓国による竹島実効支配の強化と、
どんどん悪化するばかりでした。

今回の件も、いちおう抗議だけはしておいた、そんな感じですね。

また、菅さんの側近と言われている民主党の土肥議員が、
とんでもないものに署名したりもしているし。

(当ブログ内)
民主・土肥議員「日本は竹島領有権主張を直ちに中止」共同宣言署名→「その場にのまれたっちゃあのまれた」 2011-03-09
http://doumin.exblog.jp/13550568/




で、結局こんなことをされると。

共同:韓国閣僚が竹島訪問 松本外相、駐日大使に抗議 2011/05/25 22:25
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011052501001157.html
 【ソウル共同】韓国の白喜英・女性家族相は25日、日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)を日帰りで訪問した。韓国政府当局者が明らかにした。これに対し松本剛明外相は権哲賢駐日韓国大使に「到底受け入れることはできず、極めて遺憾だ」と強く抗議した。

 日本の中学校教科書検定で合格した社会科公民や地理の教科書に竹島が日本の領土として明記されたことに反発し、韓国政府の方針に沿った措置とみられる。

 3月末に日本の中学校教科書の検定結果が発表されて以降、同島を訪問した韓国閣僚としては、3人目。韓国の野党国会議員3人らが北方領土・国後島を訪問した直後だけに、日本側を一段と刺激しそうだ。


NHK:韓国閣僚が竹島訪問 大使に抗議 5月25日 23時6分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110525/t10013113951000.html
(抜粋)
外務省によりますと、25日午後、韓国のペク・ヒヨン女性家族相が、島根県沖の日本海の竹島を訪問しました。これを受けて松本外務大臣は25日夕方、韓国のクォン・チョルヒョン駐日大使を外務省に呼び、「竹島の領有権に関するわが国の立場から、到底受け入れることはできず、極めて遺憾だ。閣僚による訪問は、二度と行われないよう強く求める」と述べ、強く抗議しました。また、松本外務大臣は24日、韓国の国会議員3人が北方領土の国後島を訪問したことについても、「北方領土は、わが国固有の領土だ。第三国の国民が、ロシアのビザを取得して北方領土に入るという、ロシアの管轄権を前提とした行為は、日本の基本的立場から到底容認できず、大変遺憾だ」と述べ、再発防止を求めました。これに対し、クォン大使は「竹島については、閣僚が、わが国の領土を訪問したという認識だが、日本政府からの申し入れについては、本国に伝える。国会議員の北方領土訪問は、韓国政府の立場とは無関係だ」と述べました。


(追記)韓国の「日本海→東海」名称変更の狙いにロシアから援軍登場 2011年5月31日 07時00分
http://www.excite.co.jp/News/world_g/20110531/Postseven_21753.html


(追記)産経:韓国行政安全相が竹島訪問 2011.6.15 20:12
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110615/kor11061520130003-n1.htm




さらに、これ。

共同:国後訪問、韓国の在外公館支援 ロ外務省に航空券要請 2011/05/25 20:11
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011052501000945.html
 【ウラジオストク、ソウル共同】韓国の野党国会議員3人らが国後島を訪問した問題で、韓国の在外公館がロシア外務省に対し、議員の国後島行きの航空券確保で協力を正式要請し、訪問が実現していたことが25日、共同通信が入手したロシア外務省の文書などから明らかになった。

 韓国政府は3議員の行動について政府とは無関係と強調してきたが、在外公館による働き掛けは政府の関与に当たり、日本政府の反発は必至だ。

 韓国外交通商省は「国会議員の任務遂行に対する支援としてロシアに協力を要請した。政府の立場に変更はなく、別次元のこと」としている。




自民党の衛藤晟一参院議員は、さぞかし腹が立ったことでしょう。
「コップの水をまいた」という部分だけを見てしまえば、たしかに良い行為ではありませんが、
今、急に怒りだしたわけではなく、以前から積もり積もったものがあってのこと。
逆に、このくらい真剣で熱い人はありがたい、と私は感じました。

J-CAST:「領土問題に危機感なし」に激高 役人に「水かけた」衛藤議員の言い分
2011年5月25日 19時27分 (2011年5月25日 19時44分 更新)
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110525/JCast_96534.html




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ
北方領土、樺太

■関連カテゴリ
政治-与党
歴史

トップページ
[PR]
by doumin | 2011-05-26 14:43 | 北方領土、樺太 | Comments(0)
いっちゃんとこうちゃんのたのしいおたんじょうかい 名目は“農産物支援”
24日、いちろうちゃん(69歳・岩手4区)とこうぞうちゃん(79歳・福島4区)の合同お誕生会が開かれました。
ふたりともなにを考えているのかな~?

d0164331_1447213.jpg
震災そっちのけでとっても楽しそうないっちゃんとこうちゃん。
みんなで楽しく仲良く、力をあわせてがんばりましょう~。



脱税・覚せい剤の暴力団関係者在日韓国人ととっても仲良しの前原くんが、
代表世話人として音頭をとりました。
相変わらず外遊に忙しいルーピー鳩山くん(ぬくもり助け合い本部長)も参加しました。

いちろうちゃんはあまり上手ではないお歌を歌ってくれました。
大震災で地元が大変なときに、
「警備の関係で迷惑をかける」
という、尤もらしい理由でしばらく姿を消していましたが、
最近は政権批判のために徐々に表に出てきていましたね。
代議士って何のためにいるのかな~?

こうぞうちゃんも、地元が大変な状況にもかかわらず、
ずっと姿を現しませんでした。
普段から適当なことばかり言ってるおじいちゃんだけど、
せっかく与党議員なのにねー。
しかも、福島県知事の佐藤雄平くんとともに原発を推進してきました。


達増拓也岩手県知事がいちろうちゃんを師と仰いでいるのは有名ですが、
佐藤雄平福島県知事もこうぞうちゃんの身内(甥)。

さらに、岩手県も福島県も民主党が強い地域ですから、
さぞかし地元の人たちもこのお誕生会を喜んでいるでしょうね~~~~~。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■合同誕生会の主な出席者

【閣僚】松本外相、鹿野農相、高木文科相

【小沢グループ】山岡賢次、黄川田徹、階猛、奥村展三、松木謙公、松崎哲久、石原洋三郎=以上衆院▽藤原良信、主浜了、佐藤公治、広野允士=以上参院

【鳩山グループ】鳩山由紀夫、中山義活、大谷信盛、川内博史、松野頼久、斎藤恭紀=以上衆院▽米長晴信=参院

【前原グループ】前原誠司、渡辺周、高井美穂=以上衆院▽金子恵美=参院

【菅グループ】寺田学、津村啓介=以上衆院

【旧社会党系】輿石東=参院

【所属グループなし】馬淵澄夫=衆院


http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110524-OYT1T01129.htmより。敬称略。


大震災で財源を捻出しなければならない状況にもかかわらず、
目玉政策がことごとくダメでしたとは言えない」という驚愕の理由で、
主要政策の全面見直しは困難、と言い放った日教組のドン、輿石議員がいますね。

自衛官恫喝の松崎哲久議員や、
キャバクラ、ライブチケット等を計上、マルチ商法推進の松木謙公議員も出席。

マルチ商法推進といえば、山岡賢次議員も松木議員と同様に名を連ねていました。
山岡議員は、革マル派の田城郁参院議員とともに、4月の統一地方選(栃木)で頑張っていましたねー。

渡辺周議員は、「学校のプールにガソリンを溜められないか」という恐ろしい発想の安住国対委員長の話を、
わざわざ某テレビ番組内で紹介し、
それを「色々考えていることの一つ」だと思い込んでいる奇特な人。

ルーピーと前原さんは、前述の通り。

こうやって改めて見てみても、すごいスター揃いですねぇ民主党って。
悪い意味で。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

読売:小沢・渡部氏が合同誕生会、菅降ろしにも影響?(2011年5月24日20時57分)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110524-OYT1T01079.htm


時事:小沢氏と渡部氏、関係修復をアピール=合同誕生会、前原氏も参加(2011/05/24-21:02)
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011052400910


NHK:小沢・渡部両氏 農産物支援で集会 5月24日 22時7分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110524/t10013088011000.html
民主党の小沢元代表と渡部最高顧問は、東京電力福島第一原子力発電所の事故で、風評被害を受けている東北地方などの農産物を支援するため、集会を開きました。

小沢氏と渡部氏は、東日本大震災の被災地の岩手と福島が地元で、原発事故で風評被害を受けている東北地方などの農産物を支援するため、2人の誕生日の24日、集会を開き、およそ160人が参加しました。この中で、前原・前外務大臣は「政権交代の果実を出すために大同団結することが大切だ」と述べました。また、渡部氏は「小沢氏とは、これまで、目もあわせず、口もきかなかったが、きょうから、きたんなく意見を交わしたい。国民から政権交代してよかったと思ってもらえる政治を作るため、2人で一生懸命努力していく」と述べました。これに対して、小沢氏は「2人は全く性格が違い、彼はおしゃべりだが、私は口下手だ」と応じたうえで、「大変な局面のときに政治を任されている立場を認識して行動し、再び国民に信頼される政党・政治家にならなければならない」と述べました。集会のあと、渡部氏は記者団に対し、「菅総理大臣のことは尊敬していないし、岡田幹事長も気が利かない。党員みんなが、代わったほうがいいとなれば、代わってもらう。今の国会の会期を延長してでも、第2次補正予算案などを成立させるべきで、それとあまりにも異なれば、代わってもらうしかない」と述べました。また、松木謙公衆議院議員は、記者団が「菅内閣に対する不信任決議案が提出されれば、賛成するのか」と質問したのに対し、「私はずっと辞めてもらうのがいいと言ってきたので、当然そうなるだろう」と述べました。


TBS:小沢氏・渡部氏、3年ぶりに合同誕生日(24日22:35) ※リンク先に動画あり
http://news.tbs.co.jp/20110524/newseye/tbs_newseye4733235.html
http://www.youtube.com/watch?v=nXG9nPF2uY4
 「菅降ろし」の動きは加速するのでしょうか? 菅総理に批判的な民主党の小沢元代表と、小沢氏に批判的だった渡部最高顧問の「合同誕生会」が3年ぶりに開かれました。

 「ここ数年間、ちょっと彼は彼流に私の悪態をついていましたし、私は私流にシカトをしてきたんでありますけれども」(民主党・小沢一郎元代表) ※ここで笑い

 「小沢さんと今日からまた目を合わせ、口をきくことができるようになったわけですから」(民主党・渡部恒三最高顧問) ※ここで笑いと拍手

 小沢氏と渡部氏はいずれも5月24日に誕生日を迎えましたが、ここ数年は不仲な状態が続いていました。しかし震災の復興に向けては、岩手・福島出身の両者の協力が必要だとして、山岡副代表らが呼びかけ人となり、3年ぶりの「合同誕生会」となりました。

 民主党議員およそ160人が出席する中、小沢氏らは被災地から届いた野菜を頬張りました。さらに小沢氏は、地元岩手の民謡を披露するパフォーマンスも見せました。

 党内からは、この誕生会が「菅降ろし」に向けて両者が接近するきっかけになるのではと、警戒する声も出ています。


iza:前原氏が音頭 小沢・渡部氏が合同誕生会 配信元:産経 2011/05/24 23:43
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/508517/


朝日:小沢氏・渡部氏、3年ぶり合同誕生会 党内融和は見えず 2011年5月25日0時45分
http://www.asahi.com/politics/update/0524/TKY201105240738.html


毎日:小沢・渡部両氏の誕生会に160人 前原前外相も同席 2011年5月25日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110525ddm005010101000c.html


スポニチ:小沢氏と和解 渡部氏「弔辞をお願いしたい」[ 2011年5月25日 06:00 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/05/25/kiji/K20110525000887610.html


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

<政府>
福島2、3号機もメルトダウン…お笑い政治主導が引き起こす人災 情報隠しや班目発言のゴタゴタ等 2011-05-24
参政権に賛意を示す平田オリザ氏=劇作家で内閣官房参与 「汚染水放出は米の要請」と韓国・ソウルで発言 2011-05-18
高級中華料理店での“打ち上げ”を呼びかける民主党議員 「各党・政府震災対策合同会議 実務者会合」で 2011-05-12
5月3日から菅総理のグルメリポート開始 5月6日は仙谷さんと 5月9日は松本龍防災担当相と高級店でディナー 2011-05-10
大震災は他人事の民主党・石井一副代表(震災対策副本部長・NEMIC会長) マニラでゴルフを楽しむ 2011-05-06
“殺風景な男”菅首相の頭の下げ方、手の位置、表情がおかしい 2011-04-22
「直ちに影響はない」の枝野幸男官房長官 18日会見で「天下り自粛」 17日は福島県民と直接対話なしの視察 2011-04-18
子ども手当、東日本大震災の復旧・復興財源に 10月以降廃止の方向(読売) 1万に(日経) 恒久化を(厚労相) 2011-04-13
菅さんに少しでも良心があるなら、今すぐ退陣か権限委譲を チェルノブイリと並ぶ「レベル7」に引き上げ… 2011-04-12
後手後手の政府、素早いのは情報統制だけ?気象庁の放射性物質拡散予測を非公開にしていたことが判明 2011-04-05
菅総理の視察に被災者困惑「会場を綺麗にしてとか、車を整理してと言われた。何故こんな大変な時に」 2011-04-02
パフォーマンスに徹する民主党、今度はロゴ入り防災服を818万円もかけ新調…愚行を止める者すらいないのか 2011-03-31
どさくさ人事 「仙谷色」強まる官邸 首相補佐官に問責の馬淵氏 2011-03-26
子ども手当全面見直し否定…目玉政策がことごとくダメとは言えないし、少しいじってもしょうがない 輿石氏 2011-03-25
経産相の恫喝、防衛相の丸投げ、政局が大事な首相、「自民党さん頑張って」と言う民主議員、小沢待望論… 2011-03-22
このままではまずい…日本政府の隠ぺい体質・危機管理能力を疑問視・不信感 海外メディア 2011-03-18
世界に広がる支援の輪に水を差す日本政府の対応 不満や不信感…IAEA、米駐日大使、海外メディア等から 2011-03-17
気概が全く感じられない菅総理の会見 東北地方太平洋沖地震 2011-03-13
蓮舫氏を節電啓発担当大臣、辻元氏をボランティア担当の首相補佐官に 2011-03-13
自公「震災対策優先で国会休会を」 民主「予算成立が先」「子ども手当も成立させなければ」 2011-03-13


<メディア>
とても上品な朝日新聞御一行様 緊急停車新幹線で「降ろせ」「早く避難させろ」と恫喝したり酒盛りしたり 2011-04-27
「白雪姫の毒リンゴは日本産」手を加えヘラルド・トリビューンに漫画掲載 日本、親会社のNYタイムズに抗議 2011-04-22
沖縄メディアは批判的な論調を展開するも、県民は米軍への共感じわり 東日本大震災・Operation Tomodachi 2011-04-07
本州向け電力供給拡大検討・液化天然ガスLNG火力発電所建設発表(北海道電力) 各社の記事を読んで思うこと 2011-03-31
日本人は政府を信じ過ぎ 日本メディアの報道にも不満 東京脱出のイタリア国営放送RAI特派員 2011-03-25
救援活動する米軍に深々と頭を下げるお婆ちゃんと、「存在意義や普天間PRは不謹慎」と言う沖縄のマスコミ 2011-03-24
「今すぐ無条件で北方領土渡そう」ロシア紙が異例の主張 東日本大震災 2011-03-20
フジテレビ「ふざけんなよ、また原発の話なんだろどうせ」「あはは、笑えてきた」 2011-03-13


<道内>
道内の動きと、私達ができること・すべきこと(義援金、支援物資、ボランティア、省エネなど)東日本大震災 2011-03-28
北海道、被災者1万人受け入れへ 大型バスで出迎えも 2011-03-26
北海道内の節電について 東北地方太平洋沖地震 2011-03-15
東北地方太平洋沖地震 2011-03-12


<その他>
米紙に「Arigato」「You are our true friend」 感謝の気持ちを伝えようと、日本人有志約300人が掲載 2011-05-11
韓国の義援金 70%を竹島守護活動、10%を戦争性被害者(元従軍慰安婦)の団体、残りを東日本大震災に 2011-04-20
宮城・仙台の海岸「ARIGATO」文字に感動=機上から発見 Operation Tomodachiで復旧支援の米軍指揮官 2011-04-17
日本ユニセフ協会に「これじゃユ偽フだ」との批判殺到 2011-04-05
先見の明 退職金をつぎ込み避難所を造った男性、非常通路に尽力した市議、飼い主を救ったシーズー犬 2011-03-31
日本に集まる世界の称賛とエール 日本人の精神性・建物の耐震性の高さ 東北地方太平洋沖地震 2011-03-17
G7、円高阻止で強調介入・投機けん制 「必要とされるいかなる協力も提供する用意がある」各国連帯で支援 2011-03-18
シベリア等での日本人の労働力活用、人道支援も」ロシア・メドベージェフ大統領 2011-03-20
静岡でも震度6強の地震 東北地方太平洋沖地震が影響か 東海地震早まる見方も 2011-03-16
地震の混乱乗じ密航図る=あっせん役ら11人摘発-韓国 2011-03-25


■カテゴリ:政治-与党

■関連カテゴリ:東日本大震災(東北太平洋沖地震)  子ども手当  マスコミ

トップページ
[PR]
by doumin | 2011-05-25 16:03 | 政治‐与党(2012.12.25まで) | Comments(0)
福島2、3号機もメルトダウン…お笑い政治主導が引き起こす人災 情報隠しや班目発言のゴタゴタ等
共同:福島2、3号機もメルトダウン 圧力容器損傷の恐れも
2011年5月24日 09時49分 (2011年5月24日 10時10分 更新)http://www.excite.co.jp/News/science/20110524/
Kyodo_OT_MN2011052401000203.html

 東京電力は24日、福島第1原発事故の発生当初のデータの解析から、1号機と同様、2、3号機でもメルトダウン(炉心溶融)が起きているとの結果を公表した。原子炉の水位について、計器が示した水位より実際には低い場合、燃料が入っている原子炉圧力容器の損傷が起きたと推定している。ただ、現在の圧力容器周辺の温度からは、燃料の大部分が圧力容器にあると判断。安定的に冷却を進められており、今後、事故の進展はないとしている。1号機では事故後、水位計は燃料の半分ほどが水につかっているとの数値を示していたが、5月上旬に水位計の調整をした結果、燃料がすべて露出していることが判明。東電はメルトダウンが起きているとの見方を示していた。2、3号機の水位計はまだ調整が済んでおらず、実際の水位は不明だ。


産経:東電1号機「メルトダウン」認める 2011.5.13 01:21 (1/2ページ)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110513/dst11051301230001-n1.htm


結局はメルトダウン・・・。
他のところは大丈夫なんでしょうか・・・。


菅さんは、
「僕はものすごく原子力に詳しいんだ」  ※後に、「臨界って何だ」「少し勉強したい」と言っていたことが判明
「早くベントしろーって僕は東電に乗り込んだんだよ!」  ※菅さんの視察のせいで遅れたという指摘あり
みたいなことは張り切って言うのに、
肝心のメルトダウン(1号機)については「聞いてない」って・・・まるで子供。
iza:首相陳謝も「聞いていない」 1号機全炉心溶融 配信元:産経 2011/05/23 22:28更新
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/508362/



じゃ、なんで中村幸一郎審議官を外したの?
週刊ポスト2011年4月1日号:節電大臣蓮舫氏 計画停電に「初めての事なので」とパニック
2011年3月20日 16時00分
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110320/Postseven_15548.html
(抜粋)
 地震発生から菅政権は混乱の度合いを深めていった。地震発生翌日の3月12日夜、原発より先に暴発したのは、菅直人首相だった。
 その日、経済産業省原子力安全・保安院の中村幸一郎・審議官が、「(1号機の)炉心の中の燃料が溶けているとみてよい」と記者会見で明らかにした。ところが、菅首相は審議官の“更迭”を命じた。
「菅首相と枝野官房長官は、中村審議官が国民に不安を与えたと問題視し、もう会見させるなといってきた」(経産省幹部)
 さらに状況が悪化すると、菅政権は人事で目くらましを図った。


時事:柿沢氏追及「情報隠しの人事」=経産相は否定-溶融認めた担当交代
(2011/05/23-23:58)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011052300917



臨界の意味はお勉強したようですが、
ZAKZAK:あ~あ~菅無知ぶり全開 有識者に「臨界って何だ?」 2011.03.26
画像=質問にはほとんど答えず言いたいことだけを言い、首相官邸に引きこもる菅首相=25日午前
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110326/dms1103261530006-n1.htm
(抜粋)
 「原子力に詳しい」と吹聴していた菅直人首相(64)が、有識者に「臨界ってなんだ?」と尋ねていたことが分かった。

iza:細野補佐官「首相は再臨界を心配していた」 配信元:産経 2011/05/23 02:46
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/508220/



これを言っちゃおしまいでしょ・・・。
菅さんは小学生ですか・・・?
iza:首相「私は原子力の専門家ではありません」 配信元:産経 2011/05/23 23:39
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/508343/
(抜粋)
 首相の発言は、東京電力福島第1原発1号機への海水注入が一時中断した問題で、自民党の谷垣禎一総裁から「(当時)再臨界などいろいろな危険性があったとの認識でいいのか」とただされた際の答弁。

 日ごろは「周囲の意見を聞かない」(官邸筋)といわれる首相は続けて「東電や原子力安全委員会などから震災以来、助言をいただいている」とも言いだし、野党席から失笑が漏れた。


・・・この人、自分の立場を分かっているんでしょうか?
一体誰が司令塔なの?


班目発言のゴタゴタ等も、もううんざり。
読売:「班目発言は誤り」指摘したのに…そのまま発表(2011年5月23日23時39分)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110523-OYT1T01290.htm
 東京電力福島第一原子力発電所の1号機への海水注入を巡る問題で、注入中断の判断材料となった班目春樹・内閣府原子力安全委員会委員長の発言内容を政府・東京電力統合対策室が公表する前に、安全委側が内容の誤りを指摘したにもかかわらず、同対策室はそのまま発表していたことが分かった。

 班目委員長が23日午後の記者会見で明らかにした。事故対応を巡る関係機関の情報共有の悪さが浮き彫りになった形だ。

 安全委によると、21日の同対策室による記者会見直前の打ち合わせで、「再臨界の危険性がある」とする班目委員長の発言を記した文書が公表されることが初めてわかり、同対策室の細野豪志首相補佐官らに、その場で誤った内容であることを伝えたという。しかし、記者会見では配布文書の修正は行われなかった。


産経:亀井氏が班目氏更迭を要求 当人は「辞めたら末代の名折れ」 2011.5.24 00:45
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110524/plc11052400490002-n1.htm



「事故対応を巡る関係機関の情報共有の悪さ(読売)」ももちろんあるでしょうけど、
何もかもがあまりに酷すぎて、それだけじゃないように思えてしまう。
何かを隠蔽しようとするあまり、
嘘に嘘を塗り固めて訳が分からなくなってる状態の人たちに見えてしまう。

そう考えると、この日の菅さんのおかしな表情が納得できる。
“殺風景な男”菅首相の頭の下げ方、手の位置、表情がおかしい 2011-04-22
http://doumin.exblog.jp/13433435/

この妙な目つきは後ろめたさからきていたのかも、と。
まぁ、あくまでも私個人の感想でしかありませんが。



もうここまで来ると、
「政治主導」って言葉を聞いただけで爆笑してしまう。
(そもそも「政治主導」なんて言葉は、浅はかだからこそ言えることでしょうし)

いずれにしても、幼稚な人たちによる稚拙な政治は、
誰も幸せにはできないということ。
最小不幸社会どころか、最大不幸社会でしょうね。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

週刊ポスト2011年6月3日号:福島原発 本当の危険はメルトダウンより水による容器破損
2011年5月23日 07時00分
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110523/Postseven_21142.html
5月15日になって東京電力は福島第一原発の1号機でメルトダウンが起きていたと発表、国民の多くがまた不安を感じた。しかし、こうした「メルトダウン騒ぎ」は、政府と東京電力の隠蔽体質が招いた人災だ。
本誌は震災直後の4月1日号で、事故翌日に「炉心の燃料が溶けている」と述べてメルトダウンを認めた原子力安全・保安院の中村幸一郎・審議官が“更迭”されたことを報じた。
国会でもこの不自然な担当交代が追及されたが、こんな露骨な情報隠蔽をするから、今になってメルトダウンを認め、再び国民を不安に陥れる愚を重ねることになった。
情報隠蔽でいえば、本誌は4月29日号(4月18日発売)で、資源エネルギー庁が作成した極秘資料をスクープし、「原発をすべて止めても、揚水発電や火力発電をフル稼働させれば夏の停電は避けられる」という重大事実を明らかにした。
政府・東電は姑息にも、本誌発売に合わせて「計画停電目標」を引き下げてごまかそうとした。5月に入って東京新聞が後追い記事を載せて追及したが、大新聞は今もダンマリだ。
放射能拡散予測データ(SPEEDI試算)を隠していたことを暴いたのは、翌週の5月6・13日号(4月25日発売)。震災直後には官邸が飯舘村などの大量被曝を予測できていたのに、データを隠して住民を被曝させたという重大問題だ。これも政府は本誌報道後に慌ててデータを公表した。
こういう態度が、“危機ではない発表”まで騒ぎにしてしまう。九州大学特任教授・工藤和彦氏(原子炉工学)の指摘は厳しい。
「メルトダウンの事実など今さら事態に何ら変化を及ぼすわけではありません。燃料がどれほど溶融していたかに大きな意味はない。
意味のない発表に注目が集まる一方で、大事な問題で嘘が放置されているほうが問題です。例えば、私には実現困難とも映る政府の工程表などはもっと真剣に検証すべきです」
実は福島第一原発の現状についても、政府・東電は「本当の危機」をまだ明らかにしていない。本誌はエネ庁資料を報じた同じ号で、同原発の「最悪シナリオ」として、格納容器にずっと大量の水が入っている状態は問題だと指摘し、原子炉専門家のこんなコメントを掲載した。
「格納容器の設計では想定されていません。大きな余震があった際などに、水の重さで容器が破損する危険がないとはいえない」
その後、東電は1号機で格納容器全体を水で満たして炉心を冷やす「水棺(冠水)」を進めた。
しかし、いくら水を入れても炉心は水没せず、5月15日になって細野豪志・首相補佐官が、「水が漏れている。
別の方法を考える」と、計画断念を表明した。これは本誌が懸念した悪い事態が起きていることを示している。



(追記)福島原発でベント遅れたのは首相の思いつき視察のせいだった
2011年5月31日 07時00分
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110531/Postseven_21798.html
(抜粋)
 証拠がある。枝野会見後の3時53分、原子力災害対策本部事務局はSPEEDIを運用する文科省に、1号機のベント実施時間を「12時(正午)放出開始」へと遅らせて試算し直させていた図が存在するのだ。



こんな記事もありました。
(信憑性については、各自でご判断をお願いいたします)
週刊実話:極秘入手。福島原発大惨事の最悪“シュミレーションX” 〜危機的状況は変わっていない〜(1) 2011年5月21日 17時00分
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110521/Weeklyjn_747.html
(抜粋)
 「取材を進めれば進めるほど、政府が本当のことを何ら報じていないことがわかってきました。一番の問題は、1号機爆発で発生した放射能物質の汚染問題。さらに東電に配慮して廃炉の決定が遅れたことで発生した爆発や、菅総理が事故発生から初期の段階で米軍の支援要請を独断で断ったことなど、耳を塞ぎたくなるような情報がどんどん入ってくるのです。この時すでに、これは天災ではなく人災だと思いました」

 「そんな時に、デスク以上の人間に緊急呼び出しが掛かったのです。万が一に備え、放送の基幹を一部、大阪に移設する準備を始めろという指示。その際に渡されたのがこのマニュアルXです。まず一番最初に書かれていたのが、この非常事態体制が敷かれたことを、局内はおろか家族にも言うなと念押しをされ、誓約書を書かされました」


週刊実話:極秘入手。福島原発大惨事の最悪“シュミレーションX” 〜危機的状況は変わっていない〜(2) 2011年5月22日 17時00分
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110522/Weeklyjn_751.html
(抜粋)
 実は、この「シミュレーションX」の存在を裏付けることになったのが、日本テレビ社会部デスクの現場逃亡だった。現場に記者を行かせながら自分は一足早く、安全な大阪に逃げてしまったのだ。


ネット選挙ドットコム:「メルトダウン」とっくに承知! 恐るべき口封じを行った菅+枝野の大罪
2011年5月21日 12時00分
http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20110521/
Leafhide_election_news_5mhO9Bn2E.html


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

<政府>
いっちゃんとこうちゃんのたのしいおたんじょうかい 名目は“農産物支援” 2011-05-25
参政権に賛意を示す平田オリザ氏=劇作家で内閣官房参与 「汚染水放出は米の要請」と韓国・ソウルで発言 2011-05-18
高級中華料理店での“打ち上げ”を呼びかける民主党議員 「各党・政府震災対策合同会議 実務者会合」で 2011-05-12
5月3日から菅総理のグルメリポート開始 5月6日は仙谷さんと 5月9日は松本龍防災担当相と高級店でディナー 2011-05-10
大震災は他人事の民主党・石井一副代表(震災対策副本部長・NEMIC会長) マニラでゴルフを楽しむ 2011-05-06
“殺風景な男”菅首相の頭の下げ方、手の位置、表情がおかしい 2011-04-22
「直ちに影響はない」の枝野幸男官房長官 18日会見で「天下り自粛」 17日は福島県民と直接対話なしの視察 2011-04-18
子ども手当、東日本大震災の復旧・復興財源に 10月以降廃止の方向(読売) 1万に(日経) 恒久化を(厚労相) 2011-04-13
菅さんに少しでも良心があるなら、今すぐ退陣か権限委譲を チェルノブイリと並ぶ「レベル7」に引き上げ… 2011-04-12
後手後手の政府、素早いのは情報統制だけ?気象庁の放射性物質拡散予測を非公開にしていたことが判明 2011-04-05
菅総理の視察に被災者困惑「会場を綺麗にしてとか、車を整理してと言われた。何故こんな大変な時に」 2011-04-02
パフォーマンスに徹する民主党、今度はロゴ入り防災服を818万円もかけ新調…愚行を止める者すらいないのか 2011-03-31
どさくさ人事 「仙谷色」強まる官邸 首相補佐官に問責の馬淵氏 2011-03-26
子ども手当全面見直し否定…目玉政策がことごとくダメとは言えないし、少しいじってもしょうがない 輿石氏 2011-03-25
経産相の恫喝、防衛相の丸投げ、政局が大事な首相、「自民党さん頑張って」と言う民主議員、小沢待望論… 2011-03-22
このままではまずい…日本政府の隠ぺい体質・危機管理能力を疑問視・不信感 海外メディア 2011-03-18
世界に広がる支援の輪に水を差す日本政府の対応 不満や不信感…IAEA、米駐日大使、海外メディア等から 2011-03-17
気概が全く感じられない菅総理の会見 東北地方太平洋沖地震 2011-03-13
蓮舫氏を節電啓発担当大臣、辻元氏をボランティア担当の首相補佐官に 2011-03-13
自公「震災対策優先で国会休会を」 民主「予算成立が先」「子ども手当も成立させなければ」 2011-03-13


<メディア>
とても上品な朝日新聞御一行様 緊急停車新幹線で「降ろせ」「早く避難させろ」と恫喝したり酒盛りしたり 2011-04-27
「白雪姫の毒リンゴは日本産」手を加えヘラルド・トリビューンに漫画掲載 日本、親会社のNYタイムズに抗議 2011-04-22
沖縄メディアは批判的な論調を展開するも、県民は米軍への共感じわり 東日本大震災・Operation Tomodachi 2011-04-07
本州向け電力供給拡大検討・液化天然ガスLNG火力発電所建設発表(北海道電力) 各社の記事を読んで思うこと 2011-03-31
日本人は政府を信じ過ぎ 日本メディアの報道にも不満 東京脱出のイタリア国営放送RAI特派員 2011-03-25
救援活動する米軍に深々と頭を下げるお婆ちゃんと、「存在意義や普天間PRは不謹慎」と言う沖縄のマスコミ 2011-03-24
「今すぐ無条件で北方領土渡そう」ロシア紙が異例の主張 東日本大震災 2011-03-20
フジテレビ「ふざけんなよ、また原発の話なんだろどうせ」「あはは、笑えてきた」 2011-03-13


<道内>
道内の動きと、私達ができること・すべきこと(義援金、支援物資、ボランティア、省エネなど)東日本大震災 2011-03-28
北海道、被災者1万人受け入れへ 大型バスで出迎えも 2011-03-26
北海道内の節電について 東北地方太平洋沖地震 2011-03-15
東北地方太平洋沖地震 2011-03-12


<その他>
米紙に「Arigato」「You are our true friend」 感謝の気持ちを伝えようと、日本人有志約300人が掲載 2011-05-11
韓国の義援金 70%を竹島守護活動、10%を戦争性被害者(元従軍慰安婦)の団体、残りを東日本大震災に 2011-04-20
宮城・仙台の海岸「ARIGATO」文字に感動=機上から発見 Operation Tomodachiで復旧支援の米軍指揮官 2011-04-17
日本ユニセフ協会に「これじゃユ偽フだ」との批判殺到 2011-04-05
先見の明 退職金をつぎ込み避難所を造った男性、非常通路に尽力した市議、飼い主を救ったシーズー犬 2011-03-31
日本に集まる世界の称賛とエール 日本人の精神性・建物の耐震性の高さ 東北地方太平洋沖地震 2011-03-17
G7、円高阻止で強調介入・投機けん制 「必要とされるいかなる協力も提供する用意がある」各国連帯で支援 2011-03-18
シベリア等での日本人の労働力活用、人道支援も」ロシア・メドベージェフ大統領 2011-03-20
静岡でも震度6強の地震 東北地方太平洋沖地震が影響か 東海地震早まる見方も 2011-03-16
地震の混乱乗じ密航図る=あっせん役ら11人摘発-韓国 2011-03-25


■カテゴリ:政治-与党

■関連カテゴリ:東日本大震災(東北太平洋沖地震)  子ども手当  マスコミ

トップページ
[PR]
by doumin | 2011-05-24 15:42 | 政治‐与党(2012.12.25まで) | Comments(0)
尖閣事件の中国人船長が自宅軟禁状態 中国が尖閣40億円で買収計画も
サーチナ:尖閣沖衝突事件の中国人船長が“自宅軟禁”状態、出漁も禁止
2011年5月24日 13時06分
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20110524/Searchina_20110524033.html
 香港紙、明報は24日、昨年9月に尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で起きた中国漁船衝突事件の船長が、事件から8カ月間、地元政府によってほぼ“自宅軟禁”状態にあることを報じた。評論家は「中国に不利な話を引き出されるのを心配しているため」と話している。また漁船は政府が買い上げを検討しており、今後も出漁は禁止されるという。

 明報は5月初めにセン船長に単独インタビューを行ったという。記事によると、漁船衝突事件によって中国で「民族の英雄」とされたセン其雄船長(42歳)は、事件から8カ月間、「極めて敏感な日中関係のため」、地元の鎮政府によって外界からほとんど「隔離」された「全方位保護」を受けることを余儀なくされている。(センは「譫」のつくり部分)

 昨年1カ月間は現地の警察が24時間体制で船長の自宅を警備しており、今でも毎日見回りにやってくるという。外界から「隔離」されて200日余り、セン船長は「毎日家に隠れている」と話す。「政府が私の外出を好まないから、私も外出しない。愛国者や社長たちが大勢やって来るが、私の外出は認められない」

 保釈直後は「引き続き釣魚島海域で漁をしたい」と話していた船長だが、政治の現実が出漁を許さないことを悟った。「漁には出たくない。リスクが大きすぎる。また日本人に出くわしたら、国に迷惑をかける」と話す。「日本政府から私に損失を賠償せよという手紙が来たが、みんな政府に渡した。彼らも私が漁に出て、また騒ぎを起こすことを恐れている」

 セン船長は、現在政府が250万元(約3150万円)で、事件の漁船「ビン晋漁5179」の買い上げを検討していることを明かした。(ビンは門構えに「虫」)

 事件前のセン船長月収は1万元(約12万6000円)で、妻と子ども、母親の一家4人を養っていたが、「失業させられて」8カ月で、貯金も使い果たしたという。最近ようやく政府が月給3000元(約3万8000円)のふ頭の仕事を手配してくれているが、船長は不満だ。生活に煩悶(はんもん)し、たばこを1日4箱吸い、酒を飲み、気晴らしにテレビを見るが、眠れないという。

 保釈されたのに自由のないセン船長はそれでも、「国務院、外交部が良くしてくれることは分かっている。私は党を信じている。一切政府の処置に従う」と話す。

 時事評論家の劉鋭紹氏は、「中国は日本や外国のメディアが彼から中国に不利な話を引き出し、宣伝に使うのを心配している。政府は衝突事件のほとぼりが完全に冷めるまで、船長を『厳重に保護』し続け、自由にはさせないだろう」と話す。

 帰国後の船長の待遇が中国国民の想像とはかけ離れていることについて、劉氏は「彼の面倒を見る費用について、政府の関連部門でまだ調整ができていないのだろう」と推測する。さらに「事件は、中国の生活はどんなことでも『党のために使われる』という特殊な政治事情を表している。一般庶民は自分の思うようにできないのだ」と語った。(編集担当:阪本佳代)


【関連記事・情報】
・中国漁船衝突で香港紙、「相手がぶつかってきた」と船長(2011/05/23)
・温家宝首相の福島訪問は、日中関係の改善にプラス=中国学者(2011/05/20)
・尖閣沖:中国人漁民の粗暴な行為で「日本が悪い」58%…アンケ(2010/11/02)
・尖閣沖で対峙…日本の海保・巡視船と中国・漁政船=環球時報(2010/09/21)
・尖閣沖衝突の「ビデオ公開」で中国政府「それは日本に聞いてくれ」(2010/10/20)


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事追記

サーチナ:尖閣:衝突事件の中国人船長「ぶつけたのは海保、しかも殴った」
2011年5月24日 18時40分
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20110524/Searchina_20110524067.html
(抜粋)
◆解説◆
 セン船長は帰国直後、少数のメディアに対して話をしたが、その後は公の場に姿を見せることがなくなった。自宅に軟禁されており、当局が取材をさせないよう監視しつづけたとされる。

 なぜ、現在になって取材記事が発表されたか不明。中国上層部の対立に関係して、一部勢力が「対日政策に火種を投じる」ことを狙った可能性も否定できない。(編集担当:如月隼人)


サーチナ:尖閣衝突の中国漁船を「日中友好のレストラン船」に?=香港紙
2011年5月24日 19時32分
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20110524/Searchina_20110524068.html
 香港紙、明報は24日、昨年9月に尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で起きた中国漁船衝突事件で、一躍有名になった漁船に「商機」を見いだした中国企業が、漁船を競売にかけ、「日中友好のレストラン船」にする計画があったと報じた。また中国で「英雄」とされた漁船船長をイメージキャラクターに起用する商談もあったが、いずれも船長が断ったという。

 今年1月、中国のオークション会社「北京佳士凱国際拍売公司」が北京で「中国初の特別人材オークション」を開催した。このとき、漁船衝突事件で逮捕・釈放され、中国で「英雄」となったセン其雄船長を招待し、イメージキャラクターとして「年俸100万元」(約1260万円)から競売にかけるとしていた。(センは「譫」のつくり部分)

 しかし、セン船長は明報の取材に対し、招待を断ったと述べた。「ある人は私の名前を商標登録して、『セン其雄酒』を作って売れば儲かるぞと言ってきた。またある会社からイメージキャラクターになるよう誘われたが、行かなかった。もし本当にそんなことがあったら、国民は恥をかくし、政府にも迷惑をかける」。船長は、政府当局が許可しないとはっきり言い、「大局を考えないといけない」と主張した。

 2カ月ほど前、セン船長はまた佳士凱から手紙(契約書)を受け取った。今度は事件の漁船「ビン晋漁5179」号を競売にかけたいという話だった。開始値は1000万~1500万元(約1億2500万~1億9000万円)。だが船長は取り合わなかったという。(ビンは門構えに「虫」)

 明報は、船長の手元にあったという漁船の「競売委託契約書」を写真つきで報じている。オークション会社の提示した契約内容は、1500万元以上で売買が成立したら30%の手数料を支払うというもの。さらに売り出した「ビン晋漁5179」号は「日中友好のレストラン船」として経営すると宣言している。

 セン船長によると、ほどなく政府がこのことを知り、250万元(約3150万円)で漁船を買い上げたいと言ってきたという。ただし船の出資者は3人おり、船長の取り分は3分の1になるようだ。船長は政府から「宣伝活動」をしないようくぎを刺されたという。

 明報は5月初めにセン船長にインタビューしたとしており、日中首脳会談の終わった23日から漁船衝突事件の関連記事を一斉に報じている。23日の記事によると、セン船長は日本の「将兵」(海上保安庁職員)に「こん棒で殴られた」などと話している。

(編集担当:阪本佳代)


毎日:<尖閣衝突>漁船をオークションでレストラン化する構想
2011年5月25日 10時51分 (2011年5月25日 11時13分 更新)
http://www.excite.co.jp/News/world_g/20110525/
Mainichi_20110525k0000e030025000c.html

 【北京・工藤哲】10年9月に尖閣諸島沖で日本の海上保安庁巡視船に衝突した中国漁船を競売にかけ、レストランにする話を北京のオークション会社が漁船の※其雄(せん・きゆう)船長(42)に持ちかけている。船長の話として24日付香港紙「明報」が報じた。

 会社は「佳士凱国際オークション会社」。船長によると、2カ月以上前に「漁船を売ってほしい。(競売を)1000万〜1500万元(約1億9000万円)から始める。1億元(約12億6000万円)でも売れる」と持ちかける手紙を受け取った。漁船が売れたら、「中日世代友好船レストラン」に改造する構想を提示してきたという。

 また、「釈放を勝ち取った船長」として、落札者が出す広告に年100万元(約1260万円)の報酬で協力するよう求められたが、船長は「政府に迷惑をかけられない」と応じなかった。オークション会社の社長は毎日新聞の取材に「話は進めている最中だが、競売時期は未定だ」と話している。

 漁船は船長ら3人が共同所有している。明報によると、ビジネス目的の競争を懸念した地元政府は250万元(約3150万円)で船の買い取りを検討する一方、船長に月3000元(約3万8000円)の仕事を紹介したという。

 船長は衝突事件以後、地元政府の監視下に置かれて町から外に出られず、漁もできない。毎月1万元(約12万6000円)あった収入や貯金が失われ、借金生活という。船長は明報に「眠れず、煩わしい生活は海の上よりも苦しい。毎日たばこを4箱吸っている」と苦境を吐露している。

※は「擔」のつくり


ZAKZAK:中国が尖閣40億円で買収計画 菅の外交無策…領土が危ない 2011.06.14
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110614/plt1106141609004-n1.htm
 日本固有の領土である沖縄・尖閣諸島を、中国関係者がさまざまなルートを通じて購入しようとしていることが、国会関係者の話で分かった。所有者である埼玉県の企業家は国益を考えて突き返しているが、「40億円での買収」を提示したケースもあったという。沖縄は今週17日、返還調印40周年を迎えるが、中国海軍は沖縄近海での示威的活動を活発化させ、一部の華人系団体が尖閣接近を計画しているとの情報もある。日本の領土が危ない。

 関係者によると、中国側の怪しい動きが始まったのは約10年前から。3、4年前から特に顕著になった。

 手口は極めて巧妙。不動産業者を通したものだけではなく、国会議員や政治団体関係者などが「日本の領土を守りたい」「私が力になろう」などと接触してきた。その背後に、中国側の存在をうかがわせるものが多々あったという。

 尖閣諸島は1895年、日本がどの国にも属していないことを確認して領有を宣言した。1919年に中国漁船が尖閣・魚釣島に漂着座礁した際、船長ら31人は島民らに救助されて無事に帰国した。翌年、中国(中華民国)から日本の島民らに「感謝状」が送られている。

 ところが、国連が71年に、尖閣付近の海底に石油や天然ガスなどが埋まっている可能性を指摘すると、中国は「自分の領土だ」と言い始めた。

 現在の所有者は70年ごろ、同諸島を開拓した福岡県の実業家、古賀辰四郎氏の子孫から「日本のために使ってほしい」と託され、4つの島を譲り受けた。これらは国が借りて管理しているが、中国側があの手この手で「わが物にしよう」と画策しても不思議ではない。

 最近、中国人は金の力にものを言わせて、北海道をはじめ、全国の山林や原野を買いあさっているが、尖閣についても「所有者側に、40億円での買収を提示したこともあったようだ」(国会関係者)という。

 ちなみに、自民党政権時代に、尖閣諸島の国家買収が検討されたことがあるが、「数億円だった」(党関係者)。中国が領土的野心を高め、付近の海底資源が注目される中、その価値はさらに上がっているとみるべきだ。

 こうした動きに危機感を持った民間人による「日本の国土を守る国民の会」の設立総会が来月開かれる。

 代表世話人である中森ふくよ氏は「諸外国との友好を維持しながら、国民の生命と財産を守っていくことが国家の使命。現状を放置すれば、日本の国土は、国民の意思に関係なく、他国の思惑のままになっても不思議ではない」と警鐘を鳴らし、尖閣諸島に気象・地震観測基地など国際的平和施設を建設するよう提案している。

 政府の対応は急務だ。


読売:尖閣衝突の中国人船長、那覇地検が再び不起訴(2011年6月29日)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20110629-OYS1T00159.htm
 沖縄県・尖閣諸島沖で昨年9月に起きた中国漁船衝突事件で、那覇検察審査会が公務執行妨害罪などで「起訴相当」と議決した中国人船長(42)について、那覇地検は28日、再び不起訴(起訴猶予)とした。これを受けて同審査会は第2段階の審査に入るが、そこで「起訴議決」が出ても船長は既に釈放されて帰国しており、裁判は行われない公算が大きい。

 那覇地検は、中国漁船を海上保安庁の巡視船に衝突させた公務執行妨害罪、建造物損壊罪について「計画性は認められない」と判断。

 領海内での違法操業に対する外国人漁業規制法違反に関しては、船長が釈放後、尖閣諸島周辺で操業しておらず再犯の恐れが低いとして「起訴には至らない」とした。


尖閣衝突事件で船長を強制起訴 2012/3/16 14:42
http://www.j-cast.com/2012/03/16125719.html
沖縄県・尖閣諸島沖で2010年に起きた中国漁船衝突事件で、検察官役の指定弁護士は2012年3月15日、中国人船長(42)を公務執行妨害などの罪で強制起訴した。

事件当時、船長は逮捕されたが、那覇地検は処分保留で釈放し、後に不起訴とした。船長は中国へ戻っており、裁判を開くのは困難な情勢だ。

強制起訴について、中国外務省の報道官は2012年3月15日の会見で、日中関係を守る「大局」に立つべきで、「これに反することはすべきではない」と不快感を示した。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
「なぜ駄目なのか」「また上陸する」=尖閣上陸の石垣市議-沖縄 2010-12-10
「ビデオを公開しない」「沖縄県知事の尖閣視察中止」中国の要求を仙谷氏了承 事件当日も公開停止働きかけ 2010-11-12
【尖閣ビデオ流出】神戸の5管海保・海上保安官「自分が流出させた」と名乗り出る 警視庁が聴取へ 2010-11-10
尖閣ビデオがyoutubeに流出 sengoku38氏に感謝! 2010-11-05
尖閣ビデオ視聴メンバー一覧 衆参予算委理事が11月1日午前8時に視聴へ 2010-10-29
「日本が中国の属国になるのは今に始まったことではない」「健忘症かも。記憶は全くない」仙谷官房長官  2010-10-18
「日本のデモは、ある一定の思想を持った人たちがやったことで、一般の人じゃない」 今日のミヤネ屋より 2010-10-18
中国を「悪しき隣人だ」と批判した枝野氏に反論する仙谷由人官房長官 2010-10-05
脱中国 レアアース調達先拡大、代替品開発、再利用研究、使わぬモーター開発成功も 2010-10-01
中国漁船・尖閣領海内接触:中国反応見誤り認める 仙谷官房長官、当初段階で 2010-09-29
尖閣衝突で中国に巡視船修理代を請求 民主党は一体何をしたいのか・・・ 2010-09-27
四川大地震で助けられておきながら、「日本人の評価は一時的に高すぎただけ」「日本人は傲慢」と中国紙 2010-09-27
強制送還が弱腰なら、今回のこれは一体何と言えば良いのか・・・船長釈放の波紋 尖閣問題 2010-09-25
尖閣問題 中国人船長釈放、野党「外交的敗北」 与党にも批判の声 2010-09-25
ニューヨーク・タイムズ紙記者(妻は中国系)、尖閣問題で「中国に分がある」コラム掲載 外務省は反論 2010-09-21
中国外務省「強烈な報復」(笑) 2010-09-21
邦人に注意喚起=中国漁船衝突で反日警戒-日本大使館 2010-09-15
米アリゾナ州で不法移民の規制法案可決 「不法滞在者を雇えないとコスト増。他の州に転居も」と中華料理店 2010-06-03

■カテゴリ:社会

トップページ
[PR]
by doumin | 2011-05-24 14:03 | 社会 | Comments(0)