和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
<   2013年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
外資による日本の森林・土地取得、水問題 2013年の動き(6) ※6月
2013年6月の報道をまとめました。

2010年、2011年、2012年、2013年5月以前と7月以降のまとめ、問い合わせ結果、関連リンクについては、こちらをご覧ください。


中日:【富山】森林の半分「水源地域」に 水ビジョン 推進会議 県条例受け保全案 2013年6月6日
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20130606/CK2013060602000032.html
 県の水資源を守る県水源地域保全条例を受け、保全に必要な「水源地域」に民有林一四・六万ヘクタールと上市町の湧き水二カ所を指定する案が五日、県庁で開かれたとやま二十一世紀水ビジョン推進会議で示された。水源地域は今夏に正式に指定され、本年度後半にはさらに二次指定もする。(石井真暁)

 条例は四月に施行。木が生い茂る山間部の「森林地域」と自然の湧き水が出る「湧水地」、水道水源の「公共用水源の取水地点」を水源地域としている。

 案では森林地域に、県全体の面積の34%で県内の森林の半分に相当する民有林を指定。舟橋村と滑川市を除く全ての市町に該当する。湧水地は、地元住民と指定の合意ができた上市町黒川の「穴の谷の霊水」と同町大岩の「大岩山日石寺の藤水」の二カ所。公共用水源の取水地点は、二次指定以降で定める。

 今後は市町村への照会後、県の広報誌などに掲載して県民から意見を募る。会議ではこのほか、これまで協議してきた水源地域の指定基準を示した水源地域指定案もまとまった。指定案は今月中にも策定、公表する。

 水資源をめぐっては、利用目的が定かではない外国資本の森林買収が全国的に発生。県によると、同様の条例は、十一道県が制定している。県では、十月から水源地域の土地所有者が土地売買契約の六週間前までに土地の利用目的を県に届け出る制度も導入される。


読売 富山:水源地取引で県 事前届け出地域公表へ(2013年6月6日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20130606-OYT8T00032.htm
 県の「水ビジョン推進会議」は5日、「水源地域の保全に関する基本指針」をまとめ、県条例で10月から土地取引の事前届け出が義務化される「水源地域」のエリアを定めた。月内にも策定、公表し、夏頃に水源地域の第1次指定を行う。

 条例は、外国資本による水源地の土地買収が全国で相次いだことを受け、4月に施行された。森林、取水地点、湧水地を水源地域として指定し、土地取引をする場合、契約の6週間前までに県に届け出ることを義務付けている。土地保有者への指導、助言が可能となるため、乱開発につながる土地取引を県が監視できる。県によると、現在11道県が制定している。

 基本指針では、県内の民有林17万9000ヘクタールのうち、水源地として重要な14万6000ヘクタールを水源地域に指定。大字単位で区切り、地区内に水源地域が存在する場合は地区全体の民有林を水源地域として土地取引を監視する。

 さらに、水道水の取水地点や湧水地などのうち、地元住民や市町村の要望がある地点も、一定範囲を水源地域と定め、事前届け出の対象地とする方針。

 県は夏頃の第1次指定で森林を、年度内の第2次指定で取水地点や湧水地についても水源地域に定める計画だ。8~9月に県内4か所で地域説明会を開く予定で、県民生活課は「土地保有者らの理解を深めたい」としている。


KNB北日本放送:水源保全区域案、民有林8割を保全区域に
2013 年 06 月 07 日 11:03 現在
http://www2.knb.ne.jp/news/20130607_36779.htm
 県内の貴重な水源地を外国資本による買収から守るために制定された条例に基づいて県は県内の民有林の8割を保全区域に指定する案をまとめました。

 これは7日開かれた県議会の厚生環境委員会で県が報告しました。

 案では、県内の民有林17万9000ヘクタールのうち82パーセントにあたる14万6000ヘクタールが水を蓄える機能が高いとして保全区域に指定されます。

 また名水では上市町の「穴の谷の霊水」と「大岩山日石寺の藤水」の2か所があがっています。

 今後、市町村から意見を聞くなどして今年夏の指定を目指します。

 案には公共用水の取水地などは含まれていませんが、県は市町村からの要望があれば順次指定していきたいとしています。


新潟日報:水源地保全、条例の必要性を議論 県検討委が第2回会合
2013/06/11 09:40
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20130611048108.html
 外国資本による土地買収などに備え、県内の水源地保全について議論する県の検討委員会の第2回会合が10日、新潟市中央区で開かれた。県が森林の取得や利用を事前届け出制にするなどの条例制定を視野に入れる中、委員からは「事前に買収を知れば対応を整えられる」といった肯定的な意見や、「条例以外の対策も検証が必要だ」などと慎重な見解が示された。

 会合には林業関係者ら委員7人が出席した。県は森林の売買や利用を規制する法令や、既に制定された11道県の条例を説明。制定の過程では条例以外の保全策として、水源地域を保安林に指定したり、私有林の公有林化を進めたりすることも検討されたという。

 委員からは「全てを保安林に指定することはできず、市町村による購入も難しい」「森林の売買を把握することは必要だが、今以上の規制は要らないのでは」といった意見が出た。

 次回は他道県の条例を詳細に検討する予定。


農業協同組合新聞・書評委員会がおすすめする6月の注目書籍・新刊紹介
(2013.06.11)
http://www.jacom.or.jp/news/2013/06/news130611-21188.php
『日本の地下水が危ない』橋本淳司 著
(幻冬舎新書 本体780円+税)

 外国人による森林買収面積は昨年1年間で16ha。国内の外資系企業によるそれは130haだったとこの4月、農水省が発表した。この問題が注目されたのは外国資本によって水資源が奪われる、との懸念からだ。本書は「水資源をめぐる戦いが日本各地ではじまっている」と現場を取材して警告する。
 驚くことに日本には地下水に関する法律がないのだという。著者は水源地の買収に動く外国人や外資をレポートするともに、水を守る条例制定に動き始めた地方自治体にも足を運んだ。ただし、地下水枯渇は日本人にも責任がある。取材を通じ著者は「減反政策は減水政策」と喝破している。


読売:宮崎県が水資源条例策定へ、外国資本森林買収に備え(2013年6月13日)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/miyazaki/20130613-OYS1T00300.htm
 河野知事は12日、外国資本による水源地や周辺の森林買収に備えて、保全条例を策定する考えを明らかにした。全国で11道県が導入済みで、今年度中に県議会に提案するという。

 この日から始まった県議会一般質問で松村悟郎議員(自民党、児湯郡区)の質問に答弁した。

 県議会の水資源保全対策特別委員会は3月、海外資本による県内の森林買収を視野に、山林所有者が売却する際、事前の届け出を義務付ける条例制定を求めて県に報告書を提出。これを受けて松村議員は河野知事に考えをただし、知事は「今年度中に条例案を提案することを検討したい」と述べた。

 国の調査によると、2011年に外国資本から買収された国内の森林は計157ヘクタール。特別委の報告書は、所有者に売却時の届け出を義務付けることで「売る側と買う側の精神的な足かせになり、目的不明の売買のけん制にもなる」としている。


下野新聞:【那須塩原市議会一般質問】警察署跡地に保育園 (6月13日 朝刊)
http://www.shimotsuke.co.jp/town/region/north/nasushiobara/
news/20130613/1064939

(抜粋)
 ■外国資本の森林買収

 全国で外国資本による森林の買収が問題視されている。斉藤一太産業観光部長は戸田の山林約1ヘクタールを台湾の個人が12年2月に取得した1件を確認していることを明らかにした。平地林で、周辺は別荘地として分譲されている。伐採や土地形質変更などは行われていない。松田氏が質問した。


県議会:水源地保全、条例化へ 河野知事、年度内の提案目指す /宮崎
毎日新聞 2013年06月13日 地方版
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20130613ddlk45010597000c.html
 県議会一般質問が12日に始まり、河野俊嗣知事は、外国資本への売買が問題となっている水源地の保全対策について「利用目的が不明な土地取引の監視を強化することが、森林の保全につながる」と述べ、今年度中の条例提案に向けた作業を進めていることを明らかにした。条例には、森林の土地取引に事前届け出を求めることなどを検討する。

 松村悟郎議員(自民)の質問に答えた。県環境森林課によると、水源地保全を目的とした条例は現在、北海道、埼玉など11道県が制定。県議会が昨年度設置した水資源保全対策特別委も3月、県に意見書を提出し、外資による森林売買への適切な対応を求めていた。

 河野知事は議会終了後、各社の取材に「森林県として、宝である水源を守っていこうという取り組みだ」と説明。水源地に指定する地域の選定や罰則などの内容は今後、有識者も交えて検討するという。

   ◇  ◇

 県は一般質問に先立ち、国が地方交付税を減額したことに伴い、職員の給与を平均6%減額する条例改正案を追加提案した。これに関連して、鳥飼謙二議員(社民)は「国のやり方は地方交付税法に違反するのでは」と指摘し、知事に見解をただした。知事は「地方公務員の給与は地方が自主的に決めるべきで、一方的な措置が二度とないよう国に強く要望する」と述べた。

 一方、7月に再稼働申請が見込まれる九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)について、知事は「国民的議論や地元の意向も踏まえ、最終的に政府が判断していくべきもの」との考えを示した。質問した前屋敷恵美議員(共産)は「国のやることだから仕方ないという立場は残念。県民の命と健康の責任を負うのは知事であり、明確な立場を表明してほしい」と苦言を呈した。【百武信幸】


京都新聞:琵琶湖水源保全へ条例 嘉田知事が検討【 2013年06月14日 23時00分 】
http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20130614000164
 滋賀県の嘉田由紀子知事は14日、琵琶湖の水源保全に関する新たな条例制定を検討する方針を明らかにした。外国資本による森林の買収や地下水保全への対策を視野に、国の動向や他の自治体の事例を研究する。定例県議会一般質問に答えた。

 嘉田知事は、超党派の国会議員が森や川、海の水の流れを一体的にとらえて保全を目指す水循環基本法案を準備していることについて、「水の公共性、流域で総合的に管理する考え方が盛り込まれている」と評価した。

 そのうえで同趣旨の条例制定を求める質問に対し、「琵琶湖を預かる県にふさわしい、実効ある条例への検討を始めた。前向きに進めたい」と答えた。

 ただ、琵琶湖森林づくり条例など関連する既存の条例や施策が多く、「すり合わせに時間がかかる」として、制定の時期は触れなかった。

 すでに庁内に検討会を設けており、外国資本による森林の買収対策として条例を制定した北海道や長野県などの事例を研究している。地下水は生活用水や工業用水などで担当部署が分かれており、データを一元的に管理できるよう調整している。


ZAKZAK:中国資本、日本で森林漁り!“領土買収”の実態 「土地ごと」購入のウラ 2013.06.15
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130615/dms1306151457009-n1.htm
日本が誇る森林が中部地方や九州で山ごと中国資本に買い取られている(写真と本文は関係ありません)【拡大】

 中国資本が、中部・九州地方などで、ヒノキや杉などの高級木材を山林ごと購入しようと、活発に動いていることが分かった。「中国の金持ちの間で、日本のヒノキや杉を使った住宅建築が静かなブームになっている」という説明だ。さらに、太陽光発電事業でも、中国資本が土地買収を進めていた。数年前から北海道などで、水源林が中国資本などに買われて社会問題となっているが、これらは名目を変えた領土買収ではないのか。

 「日本人仲介者を通じて『ヒノキを購入したい』という話がきた。『土地ごと買いたい』というのさ。値段は詳しくは言えないが、数千万円単位の話だ。木材価格が下がっているから、見合った額なら売りたい」

 中部地方の山林所有者はこう明かす。同様の動きは、九州地方でもみられている。現在、中国資本は「日本の業者が伐採・搬出をやるとコストが高い」などと、値段交渉でゴネているという。

 確かに、日本の木材価格は下落している。ヒノキは約30年前に比べて約3分の1、杉は4分の1以下といわれる。木造住宅の減少や、安い輸入木材の増加が原因という。

 こうしたなか、中国に「日本ヒノキ」や「日本杉」をブランド木材として高く売り込めるならいいが、「土地も含めて買いたい」というのは、どこか危険な匂いがする。

 深刻な水不足や水質汚染を背景に、中国資本が日本の水源林を狙っていることは、新聞やテレビでも数多く報じられている。また、自衛隊や海上保安庁の施設など、安全保障や治安維持に関わる場所に隣接する土地を、中国資本が購入したケースも報告されている。

 警戒を強めている日本人をうまく丸め込むために、「日本の高級木材がブーム」などと説得しているのではないか。

 中国事情に詳しい評論家の宮崎正弘氏は「中国で5、6年前から、日本の高級木材がブームなのは間違いない。『マイクロソフト社創業者のビル・ゲイツ氏が、別荘にヒノキ風呂を設置した』という話が広まり、お金持ちがマネをしている」といいながら、別の見方も披露する。

 「中国人は息を吐くように嘘をつく人が多い。『高級木材が欲しい』といいながら、実は水源林などの土地を狙っている可能性はある。以前、米国の鉱山会社を購入した大金持ちがいたが、まったく開発しなかった。結局、自分の隠し資産を米国に動かすための口実だった。今回の動きも、水源林確保や土地買収、資産隠匿の隠れみのかもしれない」

 林野庁によると、2006年から12年までの7年間で、外国企業や外国人による国内の森林買収は計801ヘクタールに上っている。これは、東京ドーム約170個分に相当する。

 高級木材だけでなく、太陽光発電が利用されている疑いもある。

 ここ数年、中国資本の太陽光発電関連企業が、次々と日本法人を設立している。昨年7月に再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)が施行され、2012年度の太陽光発電の買い取り価格が1キロワット時当たり42円という「世界水準の倍近い、割高な価格設定」が背景にある。

 ただ、ノンフィクション作家の河添恵子氏は、夕刊フジの連載「断末魔の中国」で、「『収益率』『儲け』に強くこだわる中国系企業が、太陽光発電の効率が悪い地域であえて積極的になる理由は『大規模な土地が二束三文で簡単に手に入るため』」と指摘した。

 そのうえで、高級木材を山林ごと購入しようという動きについて、河添氏は「間違いなく怪しい。危ない」といい、こういう。

 「熊本で『アタッシェケースに札束を詰めた中国人が森林を買いに来た』という話は聞いている。北海道では未遂に終わったが、中国資本が海岸沿いの300ヘクタールもの土地買収を計画していた。福島第1原発に近い耕作放棄地を狙っているとの情報もある。中国は着々と日本の領土を買い足している」

 狡猾な中国人には十分警戒しなければならない。


共同:水資源保全法案成立へ 外資買収に対抗 2013/06/17 22:49
http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013061701002406.html
 与野党は17日の衆院国土交通委員会理事懇談会で、国内の水資源を保全するための「水循環基本法案」を、金子恭之委員長の提案として18日に衆院に提出する方針を確認した。同日午後の衆院本会議で可決され、参院に送付される。外国資本による水源地や周辺地域の買収、乱開発への対抗を目指し、政府に必要な法整備や財政上の措置を求めるのが柱。与野党は今国会での成立で大筋合意している。

 法案は、水を「国民共有の貴重な財産」と位置付け、国や自治体に水源保全などの政策を遂行する責務を規定。水源地となる森林や河川、農地を整備する必要性にも触れている。


日経:水循環基本法案 与野党合意、成立へ  2013/6/18 0:38
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS17032_X10C13A6PP8000/
 与野党は17日の衆院国土交通委員会の理事懇談会で、水循環基本法案を金子恭之委員長の提案で18日に衆院に提出する方針を確認した。国内の水源地や周辺地域の乱開発を防止し、環境保全を目指す。同日午後の衆院本会議で可決し、参院に送る。与野党は今国会の成立で大筋合意している。


産経:外資の森林買収に対抗 水循環基本法、今国会成立見通し
2013.6.18 00:42
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130618/plc13061800450001-n1.htm
 国内の水資源の保全を目的とする「水循環基本法案」が17日、今国会で成立する見通しとなった。与野党が同日の衆院国土交通委員会理事懇談会で金子恭之委員長の提案として18日の提出を確認した。同日午後の衆院本会議で可決され、参院に送付される。

 水源地となる森林が中国資本などに相次いで買収されていることを受け、政府に必要な法整備を求めているのが柱。国内の水資源を「国民共有の貴重な財産」と位置づけ、首相が本部長を務める「水循環政策本部」を内閣に設置し、7省庁にまたがる水資源を一元管理することを明記した。

 法案は、超党派の議員連盟「水制度改革議員連盟」が策定を進めていた。自民、民主両党は昨年の通常国会への法案提出を目指し、各党に呼び掛けて準備を進めてきたが、衆院解散などに伴い見送っていた。


共同:水資源法案が衆院可決 政府に保全責務 2013/06/18 13:49
http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013061801001716.html
 衆院は18日午後の本会議で、国内の水資源を保全するための「水循環基本法案」を全会一致で可決した。外国資本による水源地や周辺地域の買収、乱開発に対抗し、政府や自治体が保全策を講じる責務を明記した。与野党は週内にも成立させる方向だ。

 本会議に先立つ衆院国土交通委員会で、金子恭之委員長による国会提出を決定。法案は、水を「国民共有の貴重な財産」と位置付け、政府に必要な法整備や財政上の措置を求めた。内閣に首相を本部長とする「水循環政策本部」を設置し、水関連行政を総合的に推進。水資源保全に向けた基本計画策定を政府に義務付けている。


読売:水循環基本法案衆院通過…外国資本の乱開発規制(2013年6月18日22時15分)
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20130618-OYT1T01044.htm
 国内の水源地や周辺環境の保全を目的とした水循環基本法案が18日、衆院本会議で全会一致で可決された。
今国会中に参院で可決、成立する見通しだ。

 同法案は、外国資本による水源林の買収や乱開発で水資源に悪影響が及ぶことを防ぐよう、政府に規制などの対策を取ることを求めている。水資源の保全・管理に関する権限や予算が複数省庁にまたがっていることから、全閣僚が参加する「水循環政策本部」(本部長・首相)を設置し、政府として一体的に施策を進めることも定めた。

 国や自治体に対して、河川流域の管理に当たり連携・協力することや、周辺住民の意見を反映するための措置を講じることも求めている。

 同法案は超党派の議員連盟が策定を進め、提出に向けて準備を進めていた。


意味不明な首相問責の影響で重要法案が廃案に…電気事業法、日本船警備等別措置、水循環基本法案など 2013-06-27
http://doumin.exblog.jp/19066821/


日本に帰化した中国人が『日本企業』として土地を購入する手口が増えている…水循環基本法案の抜け穴 2013-06-29
http://doumin.exblog.jp/19098523/

[PR]
by doumin | 2013-06-29 16:47 | 水問題と国土(外資による取得) | Comments(0)
日本に帰化した中国人が『日本企業』として土地を購入する手口が増えている…水循環基本法案の抜け穴
JBpress:抜けるに抜けられぬ中国ビジネス、人質を取り戻せ
中国が狙う日本の土地、中国人も買わない「MADE IN PRC」の正体~河添恵子氏
2013.06.28(金)
※「マット安川のずばり勝負」2013年6月21日放送
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38107
マット安川 ゲストに河添恵子さんを迎え、中国マネーによる日本の土地買収の現状などをリポートいただきました。“今の中国はファイナルステージにある”と河添さん。その実態とは。



水源地、農地・・・、中国に狙われる日本の土地

河添 中国による日本の土地の買収などはこれから加速度を増すと思います。中国はいま断末魔、ファイナルステージで、中国国内はもう魅力がない。それを一番よく分かっているのは中国共産党です。彼らは非常に賢いので、おカネをすでに外に出している。

 中国はおカネがある人が逃げているんです。共産党幹部も逃げている。そのおカネで何をするかというと、基本は土地を買う。日本の土地は簡単に取得できますから。

 特にこの1年くらいで多いのは、太陽光パネルの企業に化けて入ってきて、土地を取得している。北海道はものすごく買われています。東北地方や九州もそうです。太陽光パネルというと、人々はどうしても環境に優しい企業だと勘違いしてしまうわけです。彼らはメーカーですが、会社の目的は土地の取得だと思います。

 これから狙われるのは農地です。耕作放棄地が全国に40万ヘクタール以上あると言われていて、しかもいま農業は徐々に法人化されているので、そうすれば企業買収という形で買いやすいわけです。

 森林は今まで製紙会社の関連会社などが所有していて、その会社がつぶれそうな時に森林ごと買うというのが中国の手だったわけですが、農業も法人化が増えていけば同じことになります。

 農地を持っている企業を中国は買いたがっている。それはもちろん土地に対する魅力、それといいものが作れる土壌だと分かっているわけです。汚染されていない土地であると。

 そういう意味でこれから狙われるのは耕作放棄地と、法人化された農地も含まれると思います。



中国利権を持った「売国議員」はすぐに辞めよ

 外資が水源地を買うことに対して規制を設ける法案が衆院を通過する見込みのようですが、敵もさる者で、中国人は外資ではなく、帰化した日本人におカネを渡して、日本の企業に見せかけて土地を買うという方法がいま広がっています。

 外資だけ縛っても必ずしも防げないわけです。だから私は事前審査制にすべきだと思っています。土地を買う資格があるのか、どういう企業なのか、ある程度チェック機能がなければならないと思います。

 ただ、国会議員の中には中国に対して利権を持っている人もいます。名前は挙げませんが、自民党の中にも非常に親中派の方で、汚い利権を持っている議員、先生がいるわけです。そういう人たちは悪く言えば売国奴であり、自分たちの私服を肥やすことに関してもワンセットで考えているわけです。

 それに、国会議員だけではなく、市議会議員、県議会議員も割と事なかれ主義なんですよね。私がいろんな問題に警鐘を鳴らすと、「まあまあ」「いまはちょっと」「それ以上大きくしないで」と言うような議員もいて、「なにっ!」と思うわけですよ(笑)



日中経済はズブズブの関係。経団連の罪は重い

 経団連の米倉(弘昌)会長(住友化学会長)は中国が好きというか、中国から抜けきれなくなっています。それには理由が何かあると思います。

 住友化学は中国でいくつもプロジェクトがあるんですが、正直あまりうまくいっていないという話をいろいろと聞いています。ですからそれを何とかうまくやらせたいという気持ちもあるんでしょう。

 ただそれ以上に、中国はもてなしが非常にうまい国なので、経団連の上層部の方や、丹羽(宇一郎、前駐中国大使)さんも含めて、中国にはまってしまった理由がアレコレあるんだろうなと思います。

 しかし、現場との温度差は非常にあると思います。中国で働いている方たちにいろいろ話を聞いていますが、多くの人が早く日本に帰りたいと言っている。また、後任が決まらないという問題がある。みな断ってしまって、要するに中国に駐在したくないと。

 それと自殺が多い。中国に住んでいるのはイヤだということで。自殺の中には他殺もあるわけです。いろいろ入り込みすぎたことによって殺された。そういうことは企業もモミ消したりする。日本と中国はズブズブな関係になってしまっている。経団連の罪は重いと私は思います。

 安倍(晋三)総理は新たな外交をする上で、中国に住んでいる日本人を早く日本に戻さなければいけません。彼らは人質なわけですから、本当の意味での外交転換はできないと思います。

 そこではやはり経団連の方に理解をしてもらって、日本に企業を戻す、日本が高いということであればミャンマーでもベトナムでもどこか違う国に移転していくということをぜひやっていただきたいと思います。



中国に媚を売る日本のマスコミ

 マスコミも、スポンサーの問題などもあって中国の悪口を言えなかったりするんでしょう。それと中国でいろんなところを取材させてもらうためには、中国に媚びなければいけないわけです。

 例えば、NHKなどはいまでも中国に進出してうまくいっている企業のドキュメンタリーなどを放送しています。しかし、ひどい目に遭って撤退している実態も裏にはあるわけです。

 撤退しようと思ったら次の日から公安が来て、あれこれ違反しているからおカネを置いていけとか、従業員の何年分の給料を置いていけとか。また、ダマしに遭ったりとか。

 私もただ中国のことを悪く言えと思っているわけではなく、なぜそういう事実を報道しないのかなと。実はそっちのほうがいま増えているわけです。公平な報道ではないですよね。非常におかしい。



苦肉の策で生まれた「MADE IN PRC」

 最近、商品の原産国表示で「MADE IN PRC」というのが増えていますが、「PRC」というのは中華人民共和国(People’s Republic of China)の略です。私も最初は分からなかったんですが(笑)

 アメリカではだいぶ前からPRCという表示はありました。「MADE IN CHINA」のものは本当に売れなくなってきているんです。特に食の分野やおもちゃなど。それで中国は苦肉の策で「PRC」にしたわけです。そうしたらどこの国かよく分からないから、売り上げがちょっと上がったそうです。

 中国人も秋葉原に来て、「MADE IN CHINA」の家電製品は買わないわけです。中国人も嫌いな中国製品ということで、それを隠すために、いま世界中で「PRC」が広がっているんです。

_________

河添 恵子(かわそえ・けいこ)氏
ノンフィクション作家。主な著書に『豹変した中国人がアメリカをボロボロにした』(産経新聞出版)『中国人の世界乗っ取り計画』(産経新聞出版)『エリートの条件 世界の学校・教育最新事情』(学研)『中国人とは愛を語れない!』(並木書房)などがある。
_________

マット安川(本名:安川昌之)
(株)オフィスヤスカワ代表取締役。1973年1月10日生、神奈川県出身。O型。大学在学中から30種以上の仕事に携わり、のちに渡米。語学を学び、インターンシップ、のち現地法律事務所へ勤務、3年間マネジメントを担当する。帰国後、各界著名人のトレーナー兼マネジメントなどを手がけ、企業コンサルティング、事業マッチングのほか、TV・ラジオの番組DJ・企画制作など多方面に活躍中。




>中国人は外資ではなく、帰化した日本人におカネを渡して、
>日本の企業に見せかけて土地を買うという方法がいま広がっています。
>外資だけ縛っても必ずしも防げないわけです。
>だから私は事前審査制にすべきだと思っています。


と河添恵子氏も指摘していますが、
日本人が購入し転売・または名義貸し、これらは以前から言われていました。
なかなか実態が掴めないという問題があるようですが、
ザル法となってしまわぬよう、
このあたりも精査・熟慮の上で、
再提出に向けて動くことを強く望みます。



※管理者注
上記記事は21日の放送内容のため、

>外資が水源地を買うことに対して規制を設ける法案が衆院を通過する見込みのようですが

と文中にありますが、
26日、水循環基本法案は廃案となっています。

(当ブログ内)
意味不明な首相問責の影響で重要法案が廃案に…電気事業法、日本船警備等別措置、水循環基本法案など 2013-06-27




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
水問題 中国企業が買い漁る北海道の森林 2010-07-22
中国人富裕層向け別荘、北海道千歳市に建設(完売) 将来は道内で1000棟目指す…家具のニトリ子会社 2010-04-20
→他、関連記事一覧はこちら

■カテゴリ:水問題と国土(外資による取得)

■関連カテゴリ:社会

トップページ


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連リンク

国土交通省:水管理・国土保全
http://www.mlit.go.jp/mizukokudo/index.html

林野庁
http://www.rinya.maff.go.jp/

農水省
http://www.maff.go.jp/

北海道:水産林務部 林務局 森林計画課
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/srk/

総務省イーガブ:外国人土地法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/T14/T14HO042.html  (Wikipedia
[PR]
by doumin | 2013-06-29 16:32 | 水問題と国土(外資による取得) | Comments(0)
民主党のさびしい街頭演説 功績の全く分からない小川勝也参議院議員(改選組)、鉢呂氏、菅元首相、蓮舫氏
昨年末の衆院選では、
民主党への逆風がとにかくすごかったですね。
ま、当然ですが。


これが元首相(笑)↓

産経:(上)「脱原発」一色 代替なき「スピード競争」
2012.12.7 08:40 (3/5ページ)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121207/stt12120708420003-n3.htm
※抜粋

「脱」原発、「卒」原発というかけ声が連呼される選挙を象徴するように、演説する菅の足元には白地に赤で「原発ゼロ」と書かれた手製の踏み台があった。それを見た通学途中の小学生がやじを飛ばした。

 「これって、意味あるんですか?」
d0164331_12171117.jpg
 ※関連記事→菅グルメ 2011.08.22~2011.09.01



大阪から出馬する人の応援に駆けつけた、
仕分け(パフォーマンス)の女王とか言われてた人↓

NGワードで蓮舫氏“苦戦”
2012年12月13日 10時30分
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/62455/
d0164331_1220384.jpg
※抜粋
しかし、阪急正雀駅の近くで行った街頭演説の聴衆は、なんと本紙調べで16人。
 ※関連記事→厚顔無恥な蓮舫議員の質疑 2013-06-17



この状況は、『民主王国』と言われた北海道も同じでした。
道内小選挙区、民主党全敗。
自公が全勝。
これがすべてを物語っています。



さびしい演説といえば。
この間、民主党の鉢呂吉雄前衆議院議員(2012年12月衆院選で落選)の街頭演説を見ました。
鉢呂さんは、北教組OB献金の虚偽記載と「放射能をうつしてやる」発言が有名。
わずか9日で経産相を辞任し、その後マスコミのせいにしていた人です。

 ※関連記事→鉢呂吉雄経済産業相辞任…わずか就任9日目 2011-09-11

たしか、5月下旬か6月に入ってすぐの頃だったかな。
JR小樽駅前で一生懸命に演説をしていたんですが、聴衆はゼロ。
人はかなり多かったんですけどね。
「この時期に演説するくらいだから、来月の参院選に出るのかな?」
と思ったけど違うみたいです。
何を訴えてたんだろ。
もともと地元に帰るのが好きな人らしいから、趣味も兼ねてるのかも(笑)。




そして、もう一人。
さびしい街頭演説をやっていた民主党議員を見かけました。
今月いっぱい札幌大通公園4丁目~7丁目で開催されている『花フェスタ2013』で。

d0164331_11581528.jpg

5丁目あたりで誰かが演説をしていて、
「聴衆が一人もいない。で、この人は誰?」
と思ったら、
改選組の民主党・小川勝也参議院議員でした。
人はたっくさん歩いてたんだけどなーー(笑)。

2009年頃までなら、たぶんこんなことはなかったんでしょうねぇ。
道民の民主党アレルギーも相当なものなんだなぁ、と感じました。


さて、その小川勝也参議院議員が4期目出馬を表明し、
連合が断固支持とかいう報道を見たのは去年。
「えっ!この人、また出るの?」
と、びっくり。
民主党の場合、参議院は当選3回で次に譲るという流れだったはずなんだけど。
しかも、労組依存体質を隠しもしない状態になっていて吹き出してしまった。

朝日:連合北海道、小川氏推す方針 次期参院選
2012年07月10日
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001207100006
(リンク切れ)

■「4期目」曲折も

 民主党の支持母体の連合北海道は、来年夏の次期参院選の道選挙区(改選数2)で、民主党現職で3期目の小川勝也氏(49)を推薦する方針を固めた。ただ、党内部には多選批判を避けるため「参院議員の任期は3期18年が不文律」との考えも根強く、小川氏の公認には曲折も予想される。

 連合北海道は11日、内部の政治センター拡大幹事会で小川氏推薦の方向性を示し、7月末に最終的な方針を決めて同党北海道(道連)と本格的な協議を始める予定だ。次期参院選をめぐっては、道連は「公認候補2人の擁立は難しい」と判断。3期18年の不文律に関して岡田篤幹事長は「『守るべきだ』という意見もあるが、連合と協議して決めたい」としている。

 連合は2010年の前回参院選で、自治労出身で3期目だった峰崎直樹氏の続投を模索。だが、民主側が不文律を主張し、支援を断念した経緯がある。




民主党の労組依存体質・支持母体が広く知られるきっかけとなったのは、
2010年、小林千代美元衆議の北教組事件です。 (関連記事
こんな党が“民主党”と名乗ることの胡散臭さ。
さすが、あの詐欺フェ…マニフェストを堂々と掲げてしまう党なだけのことはあります。

その後の衆院北海道5区補選で立てた新人も同じ。
労組依存。
このときは、労組は表立たず陰に回る支援という狡賢い手段を取っていました。 (関連記事
結果は落選。

懲りずに、2012年衆院選でも道5区に同じ人を擁立。 (関連記事
また落選。
結局この新人は、5区支部長を退任しました(笑)。

そして、菅さん、枝野さん、前原さんらと、左翼過激派・革マル関係者、テロリスト・よど号犯、北朝鮮との深ーーーーーーーい関係も明らかに。 (関連記事

もう、民主党は名前を変えたらどうなんでしょうね。
ぜんぜん民主じゃないし。
社会共産党(うわー怖い(笑))とかそういう党名に変えるべき。



ところで、小川勝也参議院議員って一体何をやってくれたんでしょうね?
北海道選挙区、3期、つまり18年間も議員をやっていると言うのに、さっぱり分からない。
恐ろしい旧社会党・横路孝弘さんの弟子みたいな人だから、
そっち系の気味の悪い活動には一生懸命だったんだろうけど、
一般の道民・国民からすると、何の役に立ったんだか「?」な状態。
秘書が逮捕されたことと、ルーピー鳩山首相の補佐官だったことくらいしか。

あぁそういえば、
2010年に宮崎県で発生した口蹄疫で、小川さんは現地に常駐してましたね。
でも、民主党政権のやり方があまりに酷すぎで、地元宮崎では怒りが噴出。
その後の選挙でも民主党が惨敗したところを見ると、
何もしなかったか、余計なことをした、そのどちらかでしょう。



で、結局小川さんはこれからは何をするの?
与党時代になああああああんにもできなかったというのに、
野党になって一体何ができるの?

暫定税率廃止だのガソリン値下げ隊だの高速道路無料だのは全部嘘だったし、
TPP交渉参加議論は民主党政権下から始まっているのに、
それらを思いっきり棚に上げてまたこういうこと↓を言って、

小川勝也参議の政経パーティーで海江田万里民主党代表「北海道は民主党誕生の地。地獄から這い上がる再生の一里塚を北海道から」
2013年3月21日(木) 7:44
http://hre-net.com/seiji/seijizenpan/6790/
 小川氏は、「アベノミクスで恩恵を受けている道民はほとんどいない。むしろ灯油やガソリンが値上がり、さらに電気料金の値上がりを心配している。TPP交渉に参加することになったが、和寒町出身の政治家としてはどのような国益をもたらすとしても、受け入れられるTPPの姿は絶対に描けない。北海道はこれまでも本州ために犠牲になってきた歴史がある。TPPでまたも犠牲になることはあまりにも酷だ」とTPP参加することに反対の姿勢を改めて表明していた。


国民をあきれさせるのかな?



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治-2013参院選

トップページ
[PR]
by doumin | 2013-06-29 15:43 | 政治‐2013参院選 | Comments(0)
「尖閣を日本が盗んだ」発言のルーピー鳩山、訪中し王毅外相ら出席の平和フォーラムで講演の予定
今年1月にも問題発言をやらかしたルーピー鳩山が、
24日にまた問題発言をして、
25日にウソ釈明。

「『日本が盗んだ』発言はしていない」 鳩山元首相ウソ釈明でさらに批判高まる
2013/6/26 19:33
http://www.j-cast.com/2013/06/26178107.html?p=all
――香港のメディアで、鳩山さんが尖閣諸島について、『日本が盗んだと言われても仕方がない』と発言されましたが?

「してない」
「中国側がそういう判断をする、という可能性はあるということを申し上げた」

「尖閣盗んだ」発言が報じられた直後の2013年6月25日夜、鳩山由紀夫元首相は報道陣に、こう言い切った。


香港・フェニックステレビを確認して見ると…

本当に問題の発言を「してない」のだろうか。念のため、騒動の発端となった、24日収録の香港・フェニックステレビのインタビューを確認してみた。香港記者の「なぜ、尖閣諸島を『係争地』であると考えているのか」という質問に、鳩山元首相は日本側、中国側にそれぞれの主張があるとした上で、こう明言している。

「釣魚島、いわゆる尖閣に対しては、そのこと(ポツダム宣言・カイロ宣言)から言えばですね、1895年、日清戦争の末期に『そっと』日本のものにしてしまった、それは中国側から見れば『盗んだ』という風に思われても仕方がない。ならばそれは返すべきだというのは――カイロ宣言(※編注:『満洲、台湾及澎湖島の如き日本国が清国人より盗取したる一切の地域を中華民国に返還する』)の中に尖閣が入るだろうということは、そういう解釈は十分に、私は中国側から見れば当然成り立つ話だろうと」

中国側の主張を分析した形の発言とはいえ、これを「『日本が盗んだと言われても仕方がない』とは言っていない」と言い張るのは、苦しい。


菅官房長官に「もっと勉強していただきたい」

それでも鳩山元首相は意気軒昂、自宅前に集まった日本の報道陣に対しては「ポツダム宣言に書いてあるでしょ? 北海道、本州、四国、九州、それが日本の固有の領土だと」と講釈し、さらには自らを批判した菅義偉官房長官に向けてもこう言い切ってみせた。

「もっと勉強していただきたいということです」

その菅官房長官は翌26日の会見で、

「きのう私は『開いた口がふさがらない』と申し上げましたけど……開いたままです」

と、ただ苦笑いするばかり。「んー……そろそろいい加減にしてくれませんか、ということに尽きますね」と静かな怒りをにじませた自民の石破茂幹事長を始め、国内は批判一色で、民主の海江田万里代表も「わが党の主張とも違います」と他人のふり。また、「発言してない」との苦しい釈明にも、自民の佐藤正久・参院議員が、

「多くの国民は呆れているのに、本人は『言っていない』との釈明、しかも自分がかつて総理を務めた日本政府に『勉強しなさい』とは。恐らくその言葉をそのままお返ししますと思っている担当者も多いのではないか?」

とツイッターでツッコミを入れたのを始め、一般人からもネットなどで呆れる声があふれる。擁護の声は元外務官僚の孫崎亨氏が「真っ当な発言」と評した程度しか見つからない。ちなみに、孫崎氏は鳩山元首相が創設した「東アジア共同体研究所」の所長を務めている。


2010年の尖閣漁船事件を「事故」と表現

またインタビューのほかの部分でも、問題発言が散見される。たとえば、2010年に発生した尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件について、

「私が総理を辞めた直後に、漁船の衝突『事故』がございましたよね?」

と、問題を「事故」と表現したのがその一例だ。ちなみに鳩山元首相は2012年にも、同事件について講演で「事故」と言及したと報じられヒンシュクを買ったことがある。この事件などをめぐり日本政府が中国側との「暗黙の了解」を無視するような行動を取り続けたことが尖閣問題をこじれさせたと、責任の所在が日本にあるとも取れる見解も示した。

なお鳩山元首相は、25日にニコニコ動画で公開した動画の中でも尖閣問題に触れている。その中では「資源の共同開発」と「棚上げ」した上で、対話の場を設けることが落としどころだと主張し、

「日本のほうからそういうメッセージを送れば、あっという間にこの問題は落着点を作れるんじゃないかと期待しているんですが」

との「楽観論」を大真面目に披露した。



25%削減なんちゃら発言や、
最低でも沖縄県外発言などに代表されるように、
ルーピーは「すごい」と言ってくれる人がいれば、
どこへでも行くし、何でも言うんでしょうね。
さすが、頭の中に何か沸いている人らしい言動で納得です。
ただ、日本国元首相という肩書きを消せないのが痛い・・・。


そしてまた、幸夫人とともに訪中。
今日の午後、講演するそうです。

鳩山元首相尖閣発言 鳩山氏が中国へ出発、目的などは明かさず
フジテレビ系(FNN) 6月26日(水)17時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130626-00000734-fnn-pol
菅官房長官は、26日午前の記者会見で、鳩山元首相が沖縄県の尖閣諸島をめぐり、「中国側から日本が盗んだと思われても仕方がない」と、中国政府の主張に理解を示す発言をしたことについて、あらためて批判した。
菅官房長官は「全く、コメントする気にもならないです」と述べた。
鳩山氏の発言をめぐっては、25日、菅官房長官が「開いた口がふさがらない」と強く批判したのに対し、鳩山氏は「もっと勉強していただきたい」と反論していた。
菅官房長官は「きのう(25日)、わたしは『開いた口がふさがらない』と申し上げましたけど、まだきのうのような状況です。開いたままです」と述べた。
そんな中、渦中の鳩山氏は、26日午後、中国に向けて出発した。
訪問の目的などについては明かしていない。


鳩山元首相、幸夫人とともに中国・北京空港に到着 27日に講演へ
フジテレビ系(FNN) 6月27日(木)0時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130626-00000758-fnn-int
鳩山元首相は26日夕方、幸夫人とともに、中国・北京空港に到着した。発言にブレはないのか、注目が集まっている。
鳩山氏は27日午後、中国の王毅外相らも出席する平和フォーラムで講演する予定で、その発言が注目される。



ルーピーは「日本が盗んだ」発言はいちおう否定したものの、
中国で絶賛されているそうなので、

鳩山氏「日本が盗んだ」発言…中国で絶賛の嵐=中国版ツイッター
サーチナ 6月27日(木)11時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130627-00000020-scn-cn


気を良くしたルーピーが、今日の講演でまた妄言、
もしくは、その場の雰囲気に呑まれて問題発言、
その可能性は大です。


それにしても、中国ってこんなに浅はかでしたっけ。
まるで韓国のやり方のように、お笑いじみていて稚拙なので、
あれ?と思ってしまう。
民度としては中韓にはあまり差がないけど、
政府としては、中国はずっとずる賢いはず。
国内情勢がかなりまずい状態ってことなのかな。
元首相という肩書きしかとりえのないルーピー鳩山のような変人※を招いて、
おだてて変なことを言わせたところで、
何の意味もないことくらいは分かっているだろうに、
こんなものに頼らなきゃいけないほど中国政府は困っているの?(笑)



※ルーピー=loopy(俗語)=変わった、狂った、混乱した、ばかな
※『ルーピー』の名付け親は米メディア
※日本の政権交代ということで注目度が高かっただけに、ルーピー鳩山の異様さは諸外国も詳しい
※よって、『元首相』という肩書きは消せないものの、普通のそれとはかなり違って受け止められていると考えられる


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
人民日報が沖縄の帰属は未解決と妄言 一方,沖縄県民調査では9割が中国に[良くない印象][否定的]という結果 2013-05-10
中国資本による土地買収 自衛隊基地隣接地、離島、原発が見える高台…北海道、青森、新潟、東京、沖縄等で 2013-03-06
沖縄米軍用地の1割以上を中国資本が買収 基地外の軍人住宅から次々と盗聴器が見つかる 2013-03-06
北方領土問題に何故か沖縄を絡めるシンポジウム パネラーは屋良元沖縄タイムス論説委員,TBS,ルーピー鳩山 2013-02-08
世界中で嫌われる中国人、各国で批判と締め出し政策相次ぐ 一方日本は… 2013-02-04
ルーピー鳩山「南京大虐殺記念館で手を合わせる姿を見て頂き、日本の元総理の思い分かって貰った」とご満悦 2013-01-24
訪中したルーピー鳩山の妄言集と日本国内の反応 2013-01-18
ルーピー鳩山、“中国学術団体”に招かれ訪中 2013-01-16
またメドベージェフが複数の閣僚と北方領土入り…前日まで訪問していた鈴木宗男、余計な事をした鳩山と菅 2012-07-05
鳩山由紀夫元首相に外交問題、菅直人前首相にエネルギー問題を担当させる方針 2012-02-09
海兵隊の「抑止力」は後付け 「軽い」鳩山前首相に怒りと不信再び 2011-02-13
鳩山前首相、政治活動へ意欲・・・民団新年会、交礼会、北方領土、地方参政権付与等・・・ 2011-02-07
石原知事激怒「日中間で尖閣諸島帰属を協議?こんなバカをいう総理大臣いるのか?」…鳩山また勉強不足露呈 2010-05-29

■カテゴリ:政治

トップページ


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

やっぱりね。

読売:鳩山元首相、北京で「尖閣盗んだ」発言撤回せず(2013年6月27日21時47分)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130627-OYT1T01084.htm
 【北京=五十嵐文】鳩山元首相は27日、北京市内で開かれた清華大主催の国際フォーラムで講演し、沖縄県・尖閣諸島について「カイロ宣言は、日本が清国から盗んだものは返さなければならないとしている。中国が(尖閣諸島が)当然入ると思うことを否定するものではない」と述べ、尖閣諸島を「日本が盗んだ」とする中国政府の言い分に改めて理解を示した。

 鳩山氏は、訪中前に香港のフェニックステレビに対して同様の発言をし、菅官房長官らが批判していた。鳩山氏は講演後、記者団に、日中国交正常化の際に日中両政府が尖閣問題の「棚上げ」で合意していたとの認識も示した。


時事:尖閣「盗んだものは返すのが当然」=鳩山元首相、中国でも発言
(2013/06/27-22:10)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013062700843
 【北京時事】鳩山由紀夫元首相は27日、北京市内で開かれた清華大学主催のフォーラムに出席し、沖縄県・尖閣諸島について「ポツダム宣言の中で日本が守ることを約束したカイロ宣言は『盗んだものは返さなければならない』としており、中国側が(返還すべき領土の中に尖閣諸島が)入ると考えるのも当然だ」と述べた。
 鳩山氏は訪中前、香港のフェニックステレビのインタビューで同様の発言をし、菅義偉官房長官が25日に「絶句した。開いた口がふさがらない」と批判。この日の発言は、講演後の質疑応答の中で、傅瑩・全国人民代表大会外事委員会主任委員(前外務次官)と同席した公開の場で飛び出した。中国でも日本政府と異なる見解を改めて強調したことで、波紋が広がる可能性が高い。
 1943年のカイロ宣言は「満州、台湾、澎湖諸島のように日本が清国から窃取した一切の地域を中華民国に返還する」としており、中国はその中に尖閣諸島が含まれると主張。鳩山氏は「カイロ宣言の中には(返還されるべき領土として)台湾、澎湖諸島以外の島もあると中国側が考えるのは当然だ」と指摘。
 さらに「(日清戦争終了直後の1895年の)下関条約ができる3カ月ほど前に(尖閣諸島は)日本領として閣議決定した事実がある。中国側として中華民国に返せという中に当然入るのではないかという理解は成り立ち、それを否定するものではない」と語った。
 鳩山氏はフォーラム出席後、記者団に対し、尖閣諸島は日中が国交正常化した「約40年前に棚上げしようと決めた」と述べ、日本政府が否定する領有権の棚上げがあったとの認識を示した。


ルーピーは昼と夜で言ってることが違う、こんなことはよくあるらしいし(弟談)、
我々国民も、その状態を何度となく目の当たりにしているので、
この発言はまったく不思議ではありません。
また、上にも書きましたが、
「すごい」
と言われたいがためにどこへでも行くだろうし、
何でも言うでしょう。
これからもたぶんそう。
[PR]
by doumin | 2013-06-27 11:31 | 政治 | Comments(0)
意味不明な首相問責の影響で重要法案が廃案に…電気事業法、日本船警備等別措置、水循環基本法案など
首相問責可決 国民生活より党利党略か 2013.6.27 03:24
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130627/stt13062703240003-n1.htm
 国会最終日の参院本会議で、安倍晋三首相に対する問責決議が野党の賛成多数で可決された。「なぜ問責なのか」よくわからないままの幕切れだった。

 安倍首相は26日夕の会見で「これこそが『ねじれ国会』の象徴」と指摘し、政治の停滞を打破するため参院選で多数を奪還する決意を改めて強調した。

 今回の決議は参院選に向けた野党の得点稼ぎの色彩が濃い。そのあおりで多くの重要法案が廃案になったことは極めて重大だ。

 野党第一党の民主党が当初、採決に消極的だったのも、決議が妥当性を欠いていることに自ら気付いていたからではないのか。だが結局は、都議選惨敗の後、問責可決で一矢報いることにした。

 終盤国会では、首相と海江田万里民主党代表との党首討論を求めるか、多くの野党が参加できる予算委集中審議の開催かで民主党や野党内の足並みがそろわず、いずれも実現できなかった。国会攻防での失点を首相問責決議で取り返そうとしたのなら筋違いだ。

 賛成した日本維新の会の松井一郎幹事長は「そんなことをやっている場合ではない。国民に理解されない」と語ったが、それならなぜ賛成に回ったのか。

 生活、社民、みどりの風の3党が問責決議を提出した理由は、安倍首相が24、25両日の参院予算委員会を欠席したことを「憲法違反だ」などとしたものだ。

 憲法に規定のある衆院の内閣不信任決議とは異なり、参院の問責決議に法的拘束力はない。しかし、その後の審議が拒否されるなど、いったん可決されると重大な結果をもたらす。

 事実、問責決議可決による審議ストップのため、電力システムを改革する電気事業法改正案や不正受給対策を進める生活保護法改正案、海賊多発海域における日本船舶に武装警備員を乗船させる特別措置法案などの重要法案は、前日まで成立が見込まれていたのに廃案となった。電気事業法改正案のように、与野党で修正を加えたものも含まれる。

 民主党の輿石東参院議員会長は「できるだけ法案を通そうという方針に変わりはなかった」と廃案の責任は与党にあると強調した。だが、選挙を意識して党利党略を先行させ、国民の生活を犠牲にすることは、厳しく指弾されなければならない。


共同:生活保護法など6法案が廃案 法案成立率は84% 2013/06/26 21:03
http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013062601001916.html
 第183通常国会は26日、150日間の会期を終え閉会した。参院が安倍晋三首相に対する問責決議を可決したあおりで、参院で同日中に審議、採決する予定だった不正受給対策を強化する生活保護法改正案など6法案は、参院選がある年の慣例に従い廃案となった。政府が今国会に新規提出した法案75本のうち成立は63本、成立率は84%。最近では麻生政権だった2009年通常国会の89・9%に次ぐ高さとなった。

 他に参院で廃案となったのは、電力システム改革に向けた電気事業法改正案、海賊対策で武装警備員の乗船を認める日本船警備特別措置法案、水資源保全のための水循環基本法案など。


<国会閉会>参院選へ 首相問責、重要法案廃案
毎日新聞 6月26日(水)21時37分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130626-00000101-mai-pol
 第183通常国会は26日閉会した。安倍晋三首相に対する問責決議案が同日、民主党など野党が多数を占める参院本会議で可決された影響で、発送電分離を含む電力システム改革を進める電気事業法改正案や生活保護法改正案などの重要法案は廃案になった。首相は閉会後の記者会見で「参院選で政治の安定を取り戻さなければ日本の国力が回復しない。与党で過半数を目指す」と述べ、国会の「ねじれ」解消への決意をあらためて表明した。7月の参院選に向けて与野党の戦いが本格化する。

 首相は会見で、参院選後の政権運営について「デフレから脱却することは歴史的大事業だ。政治の安定を得て3年間、基本的にはそこに集中していく」と述べ、引き続き経済再生に最優先で取り組む考えを示した。

 また、衆院議員の定数削減を含む選挙制度改革に与野党が今国会で結論を出せなかったことを踏まえ、「民間の有識者が冷静かつ客観的な議論を行う第三者機関を国会に設けることを提案する」と表明した。

 国会最終盤での与野党対立は、参院第1党の民主党が、衆院小選挙区を「0増5減」する公職選挙法改正案の参院での採決を見送ったのが発端。反発した自民、公明両党は21日、平田健二参院議長への不信任決議案を提出し、首相ら政府側と与党は24、25両日の参院予算委員会を欠席した。これを今度は野党が「憲法違反」と断じ、首相の問責決議案を提出。法案審議そっちのけで、与野党の駆け引きばかりがエスカレートした。

 首相は会見で「問責決議こそがねじれの象徴だ。重要な法案が廃案になった」と野党の国会対応を批判した。これに対し、民主党の海江田万里代表は党両院議員総会で「私たちは最後の最後まで国民生活に影響のある法律を成立させようと努力した」と強調。与野党が自らの正当性を主張すればするほど、国会の機能不全が浮き彫りになっている。

 一方、「つきまとい行為」の対象に迷惑メールを繰り返し送信することを加える改正ストーカー規制法と、同居中の交際相手による暴力からの保護を目的とした改正ドメスティックバイオレンス(DV)防止法は26日の衆院本会議で全会一致で可決、成立した。【中田卓二】


NHK:安倍首相への問責決議案 参院で可決 6月26日 13時8分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130626/t10015595201000.html
国会は会期末の26日、野党3党が提出した安倍総理大臣に対する問責決議が参議院本会議に緊急上程されて、採決が行われた結果、野党側の賛成多数で可決され、閉会しました。

生活の党、社民党、みどりの風の野党3党は、安倍総理大臣と閣僚が参議院予算委員会の集中審議を欠席したことは「憲法に違反する行為だ」などとして、25日、安倍総理大臣に対する問責決議案を参議院に共同で提出し、26日午前の参議院議院運営委員会の理事会で取り扱いが協議されましたが、採決を巡って与野党が折り合いませんでした。
このため、参議院議院運営委員会で採決が行われた結果、野党側の賛成多数で、問責決議案が参議院本会議に緊急上程されることが決まりました。
参議院本会議では、安倍総理大臣に対する問責決議案を巡って討論が行われ、自民党が「安倍政権に退陣を求めるのは一部の野党勢力だけであり、国民は全く望んでいない」と述べたのに対し、民主党は「安倍総理大臣は国権の最高機関である国会を無視し、議会制度を冒とくしており、傲慢の極致だ」と述べました。
そして、採決が行われた結果、問責決議案は、提出した3党に加えて、民主党、みんなの党、共産党、日本維新の会など、野党側の賛成多数で可決されました。
総理大臣に対する問責決議が可決されたのは、安倍総理大臣で4人目です。
これを受けて、参議院では審議が行われなくなり、自民党と民主党が今の国会で成立させることで合意していた電気事業法の改正案などは、採決が行われないまま廃案になりました。
一方、衆議院本会議では、ストーカー行為の規制を強化する「改正ストーカー規制法」と、配偶者などからの暴力への対策を強化する「改正ドメスティック・バイオレンス防止法」の採決が行われ、いずれも全会一致で可決・成立し、国会は閉会しました。


首相「めげずに元気にやっていきたい」

安倍総理大臣は、衆議院本会議のあと、自民党幹部らに会期末のあいさつ回りをした際、「先ほど参議院で問責決議が可決されたが、めげずに元気にやっていきたい。参議院選挙は頑張りましょう」と述べました。




意味不明な問責の影響で↓

今国会で廃案、継続審議となった主な法案
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130627-00000087-san-pol.view-000

<廃案>
・日本船警備等別措置法案
・電気事業法改正案
・生活保護法改正案
・生活困窮者自立支援法案
・水循環基本法案
・雨水利用推進法案

<継続審議>
・テロ資金提供処罰法改正案
・自動車運転死傷行為処罰法案
・消費者裁判手続き特例法案
・自衛隊法改正案
・「国家安全保障会議(日本版NSC)」創設関連法案




日本の野党には、
自分自身や所属政党のために汗を流そうという議員はいても、
国民のために汗を流そうという議員はいないんだなぁと改めて思いましたね。
いい加減に、
「当選すること(または、議席を伸ばすこと)が目的」
という、低すぎる目標の異常さに気づいたらどうなのか。
あまりにも幼稚で、あまりにもずれている。

特に、参院第一党の民主党が酷い。
まったく成長していないどころか、政権交代前より劣化しているのでは?(笑)
さらに、無責任な政治ごっこ、お得意の責任転嫁にも拍車がかかっているようで。
安愚楽牧場の件で損害賠償裁判を起こされている海江田代表は、
「参院選で野党が法案を潰したとアピールしたいがための行動で、強い怒りと憤りを覚える」
と責任転嫁。
「支持低迷の訳が分からない」とネット番組で切れるようなお馬鹿さんを幹事長にするしかない、
憐れな泡沫政党。
まともに反省も分析もできず、ひたすら人のせいにするようなお子様の集まりは、
早く消滅するべきでしょうね、ねじれ解消のためにも。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連リンク

参議院の議席配分(総議席:242) 2013年6月5日現在
http://seiji.yahoo.co.jp/guide/giseki/

<与党系 103議席>
自民党 84議席
公明党 19議席

<野党系ほか 139議席>
民主党 86議席
みんなの党 13議席
生活の党 8議席
共産党 6議席
みどりの風 4議席
社民党 4議席
日本維新の会 3議席
新党改革 2議席
その他 1議席
無所属 7議席

<欠員 5議席>


※時事通信調べ
※政党別議席数の表には政治資金規正法の政党要件を満たす政党名を示しています。
※平田健二議長は民主党に、山崎正昭副議長は自民党に含めています。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

通常国会閉幕 首相問責で野党は何を得たか(6月27日付・読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130626-OYT1T01542.htm
 あまりにお粗末な通常国会の幕切れである。

 参院が安倍首相の問責決議を民主党、みんなの党など野党の賛成多数で可決した。

 参院で野党は、当然のように法案審議を拒み、電気事業法改正案、生活保護法改正案や、水源地を守るための水循環基本法案など議員提出法案が廃案になった。

 問責決議は、生活の党、みどりの風、社民党の3党が提出したもので、参院予算委員会の審議に首相が出席しなかったことを「憲法違反」だと主張していた。

 参院選を前に、自民党批判の材料にしたいのが見え見えだ。こうした姿勢が国民に評価されると考えるのなら勘違いも甚だしい。

 そもそも首相を問責するほどの事態だったのか。参院予算委は民主党の石井一委員長が職権で開会を決め、与党は参院議長不信任案の処理が先だとして欠席した。

 菅官房長官が、首相が出席しないことに「正当な理由がある」と抗弁したのも一理ある。

 理解できないのは、問責決議に賛成した参院民主党である。

 民主党は25日、重要法案の処理を優先し、問責決議案は採決しない方針を与党と確認していた。

 ところが、26日午前になると、みんなの党など他党に同調し、対応が一変した。民主党が採決反対を貫いていれば何の問題もなく、重要法案は成立しただろう。

 民主党は与党を経験し、法的な効力のない問責決議の理不尽さを十分痛感したはずだ。細野幹事長は「自民党に法案を仕上げる熱意が全くない」と自民党を非難したが、責任転嫁にほかならない。

 今国会での最大の政治課題だった衆院選挙制度改革に関しては、与野党が、定数削減を含む抜本的な見直しについて「参院選後、速やかに各党間の協議を再開し、結論を得る」と文書で確認した。

 だが、各党が定数削減にこだわり、党利党略の主張を繰り返すだけであれば、こんな約束を何度交わしても意味がない。

 膠着こうちゃく状態を打破するために、首相は国会閉会後の記者会見で、「民間の有識者による第三者機関を国会に設けることを提案する」と言明した。妥当な判断だ。

 各党が有識者の出した結論を尊重するよう、拘束力をもつ機関とすべきである。

 今国会では、衆参の憲法審査会が、具体的な憲法改正内容にも踏み込んで論議を重ねた。参院選では憲法改正が大きな争点となる。有権者が判断しやすいよう、具体的な論戦を望みたい。

(2013年6月27日01時17分 読売新聞)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■カテゴリ
政治

■関連カテゴリ
政治-2013参院選
政治-与党(2012.12.25まで)
水問題と国土(外資による取得)

トップページ
[PR]
by doumin | 2013-06-27 10:52 | 政治 | Comments(0)
平成25年(2013年)6月23日の都議選、自民党圧勝!なんと候補者59人全員が当選
<東京都議選>自民59人全員当選 第1党奪還 民主惨敗
毎日新聞 6月23日(日)22時28分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130623-00000047-mai-pol
 ◇公明も23人全員が当選

 参院選の前哨戦として注目された東京都議選(定数127)は23日投開票され、自民党が全42選挙区に擁立した59人全員の当選を果たし、都議会第1党の座を奪い返した。自民の獲得議席は過去10回では1977年と85年の56議席を抜き最多で、全員当選は史上初めて。協力関係にある公明党も23人全員が当選した。共産党は現有8議席から倍増以上の17議席を獲得し、第3党に躍進。前回54議席と大勝した民主党は15議席にとどまり、第4党まで転落した。都議選では初の本格参戦となった日本維新の会も2議席と伸び悩んだ。投票率は前回(54.49%)を大きく下回り、過去2番目に低い43.50%となった。

【写真で振り返る】東京都議選、各党の記録

 今回の都議選は都政課題の明確な争点がなく、各党は安倍政権の経済政策「アベノミクス」への評価を主要な争点に取り上げた。

 自民党は「準国政選挙」(安倍晋三首相)と位置づけて、3分の1の14選挙区に複数擁立するなど攻めの戦いを展開。港区で2議席独占、3人を立てた大田、世田谷、練馬区でも全員当選を果たすなど強さを見せつけた。現職のみを公認した堅実な選挙で第2党になった公明と引き続き協力体制を敷き、都政運営を主導する構えだ。

 民主党は公認を前回より14人少ない44人に絞ったが、1人区で全敗したほか、定数8の世田谷区、同6の杉並区でも議席ゼロになるなど、昨年の衆院選から続く失速に歯止めがかからなかった。都議会ではこの4年間で離党者が相次ぎ、第1党としての存在感を発揮できなかったことも、都民の失望につながった。

 3回連続で議席を減らしてきた共産は、自公の大量得票で当選ラインが下がった定数3以上の選挙区などで健闘し、現有議席を大きく上積みした。みんなの党も無党派層の一定の受け皿となり、支持を伸ばした。

 一方、大量の34人を擁立した維新は、共同代表の橋下徹・大阪市長の従軍慰安婦問題などを巡る発言による逆風をはね返せなかった。昨年の衆院選に続いて首都圏で足場を築くのに失敗し、参院選に向けての戦略見直しが迫られる。【清水健二】


【関連記事】
<東京都議選>自民党本部 ボードの候補者全員に「赤い花」
【東京都議選】自民圧勝:安倍政権、参院選へ弾み
<東京都議選>民主に逆風…党本部「バラの花付け」見送り
<東京都議選>自民圧勝:勢力図替わり、知事との関係に変化も
<東京都議選>圧勝の自民 重鎮返り咲き


NHK:都議選 自民全員当選で圧勝 民主大敗
6月24日 1時24分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130624/k10015522511000.html
23日の東京都議会議員選挙で、自民党は59人の候補全員が当選して圧勝し都議会第1党に返り咲くとともに、第2党となった公明党と合わせて過半数を大きく上回りました。
一方、民主党は議席を半分以下に減らして大敗し、共産党を下回って都議会第4党に後退しました。

東京都議会議員選挙は、23日夜に開票が行われ、42選挙区、127のすべての議席が確定しました。
自民党は擁立した候補59人全員が当選して選挙前より議席が20増加し、前回の選挙で民主党に奪われた都議会第1党に返り咲きました。
都議会議員選挙で自民党の候補全員が当選したのはこれが初めてで、自民党は平成に入って最も多くの議席を獲得しました。
また、公明党も候補23人全員が議席を確保して第2党となり、自民・公明の両党で合わせて82議席と、過半数の64を大きく上回りました。
一方、前回の選挙で都議会第1党となった民主党は、複数の議席があった世田谷区や品川区などの選挙区ですべての議席を失うなど、選挙前の43議席から半分以下の15議席に減る大敗となり、都議会第4党に後退しました。
共産党は選挙前が8議席で、今回、議会で議案提出権を持つことができる11議席を目標としていましたが、これを大きく上回る17議席を獲得し、民主党を抜いて都議会第3党に躍進しました。
また、みんなの党は、党として初めての都議会議員選挙に臨み、選挙前の1議席を大きく上回る7議席を獲得しました。
地域政党の東京・生活者ネットワークは、選挙前より1つ多い3つの議席を獲得しました。
日本維新の会は34人を擁立しましたが、獲得したのは2議席にとどまりました。
このほか無所属は1人が当選し、生活の党と社民党、みどりの風、それに諸派はいずれも議席を獲得できませんでした。


[関連ニュース]
・ 自公は勢いを参院選に 民主は衝撃 (6月24日 4時33分)
・ 都議選 みんな7議席 維新2議席 (6月24日 0時9分)
・ 都議選 自民 候補者全員が議席確保 (6月23日 23時21分)
・ 都議選 民主 都議会第2党ならず (6月23日 23時11分)
・ 都議選 自民第1党確実 自公で過半数へ (6月23日 22時34分)

[関連リンク]
◇  東京都議選開票結果 NHK選挙情報 (6月23日)
◇  東京都議会議員選挙 自民党が大きく勝つ NEWS WEB EASY (6月24日)


都議選自公完勝 アベノミクスへの期待票だ(6月24日付・読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130623-OYT1T00857.htm
 安倍政権にとっては大きな追い風だ。

 有権者の政権に対する支持が本物かどうかは、来月の参院選で試されることになろう。

 東京都議選で自民党は候補者全員が当選し、都議会第1党を奪還した。公明党も手堅く全勝し、第2党の座を占めた。猪瀬直樹知事の与党である自公両党の議席が過半数を大幅に超え、都政が安定するのは間違いない。

 第2次安倍内閣の発足後、初の大型選挙となった都議選では、都政に関する大きな争点が不在だったこともあって、もっぱら安倍政権の経済政策「アベノミクス」に対する評価が焦点となった。

 自公両党の完勝によって、安倍政権の政策と政権運営は、前向きの評価を得たと言える。

 ただ、静岡県知事選など最近の地方選では、自民党系の候補が現職に敗れるケースが目立つ。安倍首相は選挙後、「今求められているのは、一層謙虚に身を引き締めていくことだ」と語った。

 前回都議選で第1党に進出した民主党は、地滑り的な大敗を喫し、第4党に転落した。国政で失政を重ねたことに対する有権者の不信感が、いまだに根強いことの証左である。退潮傾向に歯止めはかからなかったと言えよう。

 民主党は、株価や為替相場が乱高下していることなどから、アベノミクスのマイナス面を訴えた。だが、批判一辺倒で説得力に欠けたのではないか。

 参院選では、具体的な対案を示し、自民党との政策論争を深めてもらいたい。

 日本維新の会は大量の候補を擁立したにもかかわらず、全く振るわなかった。橋下共同代表のいわゆる従軍慰安婦問題をめぐる発言が響いたのだろう。

 石原共同代表が選挙期間中に橋下氏に苦言を呈し、橋下氏も都議選の結果次第では辞任もあり得ると発言する事態にまで至った。

 ただ、東京は石原氏の地元だ。今回の惨敗は石原氏の影響力低下に負う面も小さくない。

 みんなの党は、橋下発言を機に維新との選挙協力を解消して選挙に臨んだが、躍進した。自民、民主両党に批判的な無党派層の一定の受け皿になったと見られる。

 共産党も議席を倍増し、民主党を抜いて第3党に進出した。投票率が前回を大きく下回ったことなどが、組織力のある政党を押し上げたと言えよう。

 今回の都議選で表れた各党の得票動向が、参院選にどう連動するか注目される。

(2013年6月24日01時40分 読売新聞)




衆院選で圧勝して天狗になっていた、どこかの党とは大違いですね。

読売:「敵は驕れる自分」石破氏、参院選全候補に文書
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2013/news1/20130624-OYT1T01076.htm
 自民党の石破幹事長は、東京都議選での同党の圧勝から一夜明けた24日、7月の参院選の全公認候補者に、「敵は驕おごれる自分自身だ」などとする文書を送った。

 「都議選勝利を受けて」と題した文書で、石破氏は、都議選の勝因を「民主党への批判、第3極政党の混乱など外的要因が大きい」と分析、「錯覚して、わずかでも緩みや驕りが感じられれば、たちまち情勢は逆転する。参院選では、今回の“自民党完勝”への反発、反動を覚悟しなければならない」と強調した。

 2001年や09年には、都議選に大勝した政党が直後の国政選でも勝利しており、自民党内には「参院選勝利」のムードが広がる一方で、緩みを警戒する声も出ている。石破氏は24日、党本部で記者団に、「いささかたりとも慢心することがないように引き締める。これ以上できないというところまでやる」と語るなど、甘い見通しを打ち消すことに躍起だ。

(2013年6月24日19時11分 読売新聞)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■カテゴリ:政治-地方

トップページ
[PR]
by doumin | 2013-06-27 10:34 | 政治‐地方 | Comments(0)
辛坊さんといえば 故中川昭一氏に対する暴言を思い出す
FNN:辛坊治郎さんら2人救助 辛坊さん「この国の国民でよかった」(06/22 00:35)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00248475.html


詳しくは知りませんが、
アメリカ?までヨットで行こうとして宮城沖で救助されたんでしたっけ。



この人の名前を聞くと必ず思い出す。
2009年3月、たかじんのそこまで言って委員会でのこの発言を。

youtube:追悼 中川昭一と辛坊発言
http://www.youtube.com/watch?v=WguaLvFcpS0



<文字起こし。敬称略>

辛坊:お父さん(故中川一郎氏)も自殺されたし、
たかじん(?):うん。
辛坊:ああいうこと(「朦朧会見」「酩酊会見」などと言われているG7会見のVTRのこと)を何回も何回もTVで放送すると、
たかじん(?):はいはい。
辛坊:本人は自殺の恐れがあるから、
たかじん(?):うん。
辛坊:もうこの辺で止めといたろうやないかいという話になるじゃないですか。
たかじん(?):うん。
辛坊:とんでもない話だと思う。
たかじん(?):んっ?!
辛坊:あんなものはね『自殺すればいい』(この部分は放送自粛音により放送されず)と思いますよ。
たかじん(?):(ちょっとそれはーという感じの笑い)
辛坊:あんだけ国際社会に恥かいてね、オメオメねぇ、
たかじん(?):うん。
辛坊:オメオメ、
たかじんかざこば(?):何か叫んでいるけど聞き取れず。
辛坊:有権者の前にもういっぺん出るなと!
たかじん(?):うん。
辛坊:あんな…二度と再びたぶん出られないと思う。
たかじん(?):うん。
辛坊:出てきたら必ずあのVTR(会見)流されますからね。
誰か:はは、そうやな。
辛坊:その意味ではねぇ、世の中にはやっちゃいけない事があるんだって!
宮崎:辛坊さん今のを放送するんですか?
辛坊:しません!

※管理者注
  • 辛坊さんは「コアなファンがいて~」などと支持者をも馬鹿にした発言もしていました。
  • 動画では『2009年10月4日 政治家・中川昭一 死去』となっていますが、正しくは10月3日です。
  • 時系列:2009年2月にG7、同3月に上記辛坊発言、同8月に衆院選、そして…同10月3日逝去。
  • 肝心のG7での功績(過去最高額の融資取極として感謝されている)を報じた日本のマスコミはほぼなし。
  • 米にだけ都合の良い身勝手な「バイ・アメリカン」を中川昭一氏が批判したことも報道なし。
  • 「酩酊」と言うけれど、下戸でもあるまいしランチのワイン程度であの状況はどう考えてもおかしいこと、そもそも財務省は何をしていたのか、という指摘もなし。
  • G7会見後のバチカン美術館視察時に「立ち入り禁止区域に入り警報機を鳴らした」「非常識な行動があった」などの捏造をしたマスコミはあり。 (同行した神父が全て否定)
  • 読売新聞は、公式サイトから女性記者を削除。 (「会見は面白いことになるわよ」とロイター記者などに言っていたという噂。あくまでも噂レベルですが)




私は忘れませんよ。
G7の記者会見の真相を知っているはずの、辛坊さんのこの発言を。
挙句の果てに、昭一氏のお父様である一郎氏まで持ち出すという下劣さ、
お門違いな批判を尤もらしく展開する辛坊さんの卑劣さもね。

いつまでも消えない冷たい怒り。

読売新聞の女性記者をかばっての発言なのか、
あるいは他の何かをかばってのものなのかどうかは知りませんけどねぇ。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連リンク

日刊ケボチ さんより
辛坊治郎は中川昭一氏誹謗中傷発言後、昇格していた
2009/11/1(日) 午前 2:34
http://blogs.yahoo.co.jp/quevotigets/30439339.html
(抜粋)
2009年3月1日放送の『たかじんのそこまで言って委員会』で、前衆議院議員中川昭一について、父親の自殺について触れた上で彼自身の自殺を唆すような発言をし(放送では一部自粛音)、物議を醸した。

2009年9月20日放送の『たかじんのそこまで言って委員会』で、2000年頃に日本記者クラブの講演で麻生太郎の演説を聞いた際に、「この人が総理大臣になったら日本国民を辞める!」と周囲の人間に公言していたと発言したが、2008年に麻生太郎が総理大臣に就任した後も未だに日本国籍のままである。


辛坊たまらん!もっと言っても委員会(2010.01.24版)
http://www.youtube.com/watch?v=bL4FPkNwgz4



民主党・原口総務大臣「いかに国を転覆・・・」


民団大阪:テレビで活躍 辛坊治郎氏 講演会開催のご案内
2011-06-08 16:12
http://megalodon.jp/2011-0802-0015-22/www.mindan-osaka.org/kccbbs/kannews_viewbody.php?number=289

d0164331_1155725.jpg

 この度、韓国大阪青年会議所の主催で、テレビで活躍する辛坊治郎氏を招いて講演会「明日を読み解くために~本物はこうして見つけよう~」を開催することになりました。

 今回の講演会は、韓国大阪青年会議所が1971年に(社)韓国青年会議所より正式に認准を受けて、40年を記念する行事です。

入場無料となっていますので、興味・関心のある方はぜひ、お申込み下さい。

 辛坊氏は、現在(㈱)大阪綜合研究所代表/元・讀賣テレビ放送(株)解説委員長/芦屋大学客員教授を務めるほか、テレビでは「朝生ワイド す・またん!(関西ローカル)」(月~金 朝5時20分~8時)、「ウェークアップ!ぷらす」(土曜 朝8時~9時25分)、「たかじんのそこまで言って委員会」(日曜 13時30分~15時)に出演しています。

                   - 記 -

韓国大阪青年会議所 認准40周年記念 
        「辛坊治郎氏講演会」 明日を読み解くために~本物はこうして見つけよう~
 
日  時:2011年7月2日(土)
      (受付)PM14:15 (開始)PM15:00 

場  所:大阪韓国人会館 5F 大ホール (韓国民団大阪本部)
      〒530-0016 大阪市北区中崎2-4-2
     〇地下鉄谷町線「中崎町」駅②番出口から徒歩3分
         
入 場:無 料 <定員500名 ※定員を超えた場合は抽選となります>

お問合せ:韓国大阪青年会議所


安倍晋三と共に中川昭一の「越前谷知子」が帰って来た
質問日時:2013/03/22 21:21
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8006545.html



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

日刊スポーツ:辛坊さん、莫大な救助経費の負担発生せず
[2013年6月22日8時55分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20130622-1145936.html
魚拓
 太平洋横断に挑戦していたフリーアナウンサー辛坊治郎氏(57)と全盲のセーラー岩本光弘さん(46)の小型ヨットが21日朝に浸水、救助要請を出した。同日午後6時過ぎ、海上自衛隊の救難飛行艇が現場海域で救命ボートに乗った2人を救助した。

 海上自衛隊によると、第2管区海上保安本部・本部長からの災害派遣要請を受け、自衛隊法にのっとり出動したため、辛坊氏らの費用負担は発生しないという。今回は航空機が海上保安庁航空機1機、海上自衛隊救難飛行艇2機と3機が出動し、飛行時間は計10時間以上。飛行機の規模は違うが5人乗りのジェット機を1時間チャーターした場合の費用は約60万円。費用負担が発生した場合は燃料費や人件費を含め莫大(ばくだい)な金額だと考えられる。


産経:【辛坊さん遭難会見詳報】声を詰まらせ感謝繰り返す
2013.6.22 12:53 (1/6ページ)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130622/dst13062212560006-n1.htm
魚拓1
魚拓2
魚拓3
魚拓4
魚拓5
魚拓6


サンスポ:ヨット遭難で救助の辛坊氏、無言…しばらく休業
2013.6.23 05:02
http://www.sanspo.com/geino/news/20130623/oth13062305030008-n1.html
魚拓
 小型ヨットで太平洋横断に挑戦中、航行不能になり宮城県沖1200キロで救助されたニュースキャスターの辛坊治郎氏(57)が22日、新幹線で帰阪した。週明けに海上保安庁で“事情聴取”を受ける予定で、この日は無言。聴取まで大阪府内の自宅で静養する。

 関係者によると、救助から一夜明けた辛坊氏は元気な様子で、ともに挑戦した全盲のセーラー、岩本光弘さん(46)とジュース、パン、卵料理などの朝食を取ったという。今後はしばらく休業する意向で、大阪で会見したり、テレビ出演したりする予定はないとしている。

(紙面から)




なぜかブログを全削除したそうです。

ロケットニュース24:【炎上】救出された辛坊治郎さんがブログ全削除で物議 / 出航前に漏水が発覚するも「24時間テレビに間に合わせるため出航したのでは」との声
2013年06月23日13時26分
http://news.livedoor.com/article/detail/7792417/
魚拓



いちおう、ブログとTwitterの魚拓を取っておきました。

削除されたブログの魚拓 (googleキャッシュより)

ブラインドセーリング:行ってきます! 投稿者:辛坊 治郎
Posted by shinbou on 14th June,2013 in Travel
魚拓1
魚拓2

元URL
http://www.b-sailing.com/archives/date/2013/06/14
http://www.b-sailing.com/archives/990


ツイッター魚拓

ブラインドセーリング
@b_sailing
魚拓1
魚拓2
ブラインドセーリング ‏@b_sailing 2 Aug
ブラインドセーリングをご支援いただいた皆様へ ホームページを更新しました。 http://b-sailing.com/

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 21 Jun
◆ブラインドセーリング浸水について(18時40分)◆ 6月21日18時14分、海上自衛隊の航空機(US2)が2人を救助し、機内に収容しました。 18時23分に現場を出発し、21時頃厚木基地に到着する見込みです。 2人とも元気だということです。

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 20 Jun
◆ブラインドセーリング浸水について(12時時点)◆ 6月21日11時44分に、海上保安庁航空機が2人のライフラフト(救命ボート)を発見しました。 交信して2人は無事、元気だということです。

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 20 Jun
ブログが投稿されました。 < 定時連絡6月21日午前5時半(ローカ ルタイム午前6時半) > http://goo.gl/F26v7

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 20 Jun
ブログが投稿されました。 < 20130620 「いろいろこわれました」 > http://goo.gl/7qt5V

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 20 Jun
ブログが投稿されました。 < 6月20日、ブログアップしまし た! > http://goo.gl/7I8Id

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 20 Jun
ブログが投稿されました。 < エオラスが連れて行ってくれっから! > http://goo.gl/HtLBO

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 19 Jun
ブログが投稿されました。 < 定時連絡 > http://goo.gl/42xYW

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 19 Jun
ブログが投稿されました。 < 20130619 「がんばれ!」 > http://goo.gl/D3yqN

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 18 Jun
ブログが投稿されました。 < 朝日に向かって > http://goo.gl/WZpa6

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 18 Jun
ブログが投稿されました。 < 定時連絡 > http://goo.gl/DomR3

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 18 Jun
ブログが投稿されました。 < 2013年6月18日 「ご褒美!!!!??」 > http://goo.gl/4sse8

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 18 Jun
ブログが投稿されました。 < 2013年6月18日「ご褒美!!???」 > http://www.b-sailing.com/archives/1065

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 18 Jun
ブログが投稿されました。 < エオラスごめん、だけど頑張って > http://goo.gl/9NeD6

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 17 Jun
ブログが投稿されました。 < 温かいシャワーを運んできてほしいな > http://goo.gl/WJqM5

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 17 Jun
ブログが投稿されました。 < 定時連絡6月18日午前5時 > http://goo.gl/9HwqL

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 17 Jun
ブログが投稿されました。 < 20130617いよいよ!太平洋横断ふたりぼっち! > http://goo.gl/5VSwP

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 17 Jun
ブログが投稿されました。 < 20130613いよいよ!本当に太平洋ふたりぼっち! > http://goo.gl/aDaaO

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 17 Jun
ブログが投稿されました。 < いよいよ!本当に!太平洋ふたりぼっち! > http://goo.gl/UDuVs

ブラインドセーリング ‏@b_sailing 17 Jun
ブログが投稿されました。 < 真剣に逃げています > http://goo.gl/SfNoN




「これだけたくさんの人に迷惑をかけて、口が裂けてももう一回やりたいとはいえないでしょ。いや言えません。もし今度やるとするならば、誰にも連絡せずに全部自己責任、何があっても自分たちで責任を取るという覚悟で、船を出すことはないとはいえない。でも、これだけの方に迷惑をかけるということがわかっていながら、もう一回やるとはいえません」
「正直いうと、ちょっとやはり今後どのツラ下げてという感じがします。そういう意味では、やっぱりしばらく自らを省みる時間がいるだろうなと思う」
「しばらく休業の意向」
のはずが↓

ガジェット通信:辛坊治郎さん「自己責任論には反論できない」「お金は払わない」「再チャレンジする気持ちも」文春と新潮にコメント
2013.06.28 15:15
http://getnews.jp/archives/369775


デイリーニュース:辛坊氏 海難事故での批判に違和感
2013年8月3日
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/08/03/0006217427.shtml
※抜粋
 6月21日にヨットで太平洋横断中に遭難し、救助された辛坊治郎キャスター(57)が3日、読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」(土曜、前8・00)に生出演し、復帰を果たした。多額の救助費用が税金から支払われることについて、一部で批判の声もあがっているが、辛坊氏は「発生したことについて、救助にあたり、「海難事故で『自己責任』という言葉が出てくるのは、違和感を覚えました」と語った。


日刊スポーツ:辛坊治郎氏、太平洋横断の再挑戦に意欲
[2013年8月4日13時35分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130804-1168050.html
魚拓
事故後、初めての生番組出演を終え記者会見する辛坊治郎氏(共同)

 6月にヨットで太平洋横断中に遭難し救助された辛坊治郎氏(57)が3日、日本テレビ系「ウェークアップ !  ぷらす」(土曜午前8時)に生出演し、事故報告した。出演後に大阪・読売テレビで会見。遭難時を「本気で死ぬと思った。(今が)2回目の人生」という一方で、再挑戦については「行くような気がします」と話した。

 1カ月あまりの休養中、救助に当たった岩国の海上自衛隊に出向いたこと、日本水難救済会に寄付していたことも告白。関係者によると金額は500万円という。多額の救助費用がかかり、救助直後は再挑戦に「どのツラ下げて」と話していたが、遭難原因が「マッコウクジラとの衝突」と分かり、不可避だったことから意欲が湧いたようだ。

 ただし「今度は全額、自己負担で、ひっそりと行く」とし、そのために「足場を固めたい」と仕事復帰した。10日から同番組に司会として正式に復帰する。【村上久美子】




なんと辛坊さんが↓

当ブログ:嘘つき辛坊さんを完全復帰させたい読売テレビの茶番
2013-09-03
http://doumin.exblog.jp/19590151/
※抜粋
辛坊さんが「嘘・捏造」と言い切った3つのこと
1.『24時間テレビ』は関係ない。
2.イラク人質事件で「自己責任なので助けなくていい」とは言ってない。
3.ブログ削除は嘘。自分の過去の発言をいじることは無い。




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
中川昭一氏、逝去から丸三年 2012-10-03
[PR]
by doumin | 2013-06-22 00:48 | マスコミ | Comments(0)
高市早苗政調会長を応援!
神戸新聞:海洋資源開発、自民党公約に 高市政調会長が講演 2013/6/17 20:28
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201306/0006084955.shtml
魚拓1
魚拓2

d0164331_23574571.jpg




エネルギー政策について話す高市早苗政調会長=神戸市中央区(撮影・後藤亮平)

 自民党の高市早苗政調会長は17日、神戸市で講演し、次世代資源「メタンハイドレート」などの海洋資源の開発推進を、近くまとめる党公約に盛り込むことを明らかにした。

 高市氏は「『資源小国から資源大国への挑戦』というタイトルで、日本の経済水域内の資源を集中的に開発していくことを公約に明記する」と表明。一方、原発については「廃炉には莫大な費用がかかり、電力の安定供給に向け、最大限の安全性を確保しながら活用するしかない」と述べ、運転の継続に理解を求めた。

 このほか安倍政権の経済戦略により、経済指標が改善していることなどを挙げ、「世論調査などに一喜一憂せず、公約を基にした安倍政権の方針をやり抜くのが成功の道」と力を込めた。(三木良太)


今騒がれている件は、上記、神戸市の講演での発言が元となっています。
質疑応答の時間を設けていたようで、
エネルギー政策についての女性支持者からの質問に、
高市早苗政調会長が回答した部分、

>原発については「廃炉には莫大な費用がかかり、電力の安定供給に向け、
>最大限の安全性を確保しながら活用するしかない」と述べ、運転の継続に理解を求めた。


ここがそれに当たります。

この記事を書いた神戸新聞の三木良太記者は取材のため講演会場にいて、
当然、「死亡者が出ていない」発言も聞いているはずですが、
特に違和感を覚えなかったためか、
事実のみを淡々と分かりやすく報じる普通の記事となっています。
これが正常な報道では?と私は思いますが。

で、今回騒ぎ出したのはどこなんでしょうね?(たぶん朝日新聞)




高市早苗政調会長はこんなに騒がれるほど変なことは言っていないのに、
揚げ足(と言うか歪曲)をとった上、
さらに煽りまくるような連日の報道にいい加減うんざりしてきました。

それに乗っかって批判を強める野党にもうんざり。
自民党福島県連までも抗議文を提出したり。

まぁ、政治家の場合は参院選が近いからなのかな?と。
ですが、マスコミは一体何なんでしょうねぇ。



にもかかわらず、
高市政調会長はその後の抗議をしっかりと受け止め、
進退を安倍総裁にお任せすると仰いました。
時期的なものもありましょうが、
(今回は泣いてくれ、って話が水面下であったのかな、なんて推察もしています)
それにしてもこの潔さ。

TBS:高市氏が発言撤回し陳謝、首相“辞任の必要なし”(19日16:42)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5361806.html
 自民党の高市政調会長が、福島第一原発事故で「死亡者が出ている状況ではない」などと発言したと一部で報道された問題で、高市氏は19日午後、「発言を撤回し、自身の進退については安倍総裁に任せる」と述べました。

 「(先日の講演会の質疑応答での)私自身のエネルギー政策に関する発言の全てを撤回いたします」(自民党 高市早苗政調会長)

 高市政調会長は午後、自民党本部で記者団に対し、福島第一原発事故で「死亡者が出ている状況ではない」などと発言したと一部で報道された問題について、「発言を撤回し、福島の皆様にお詫び申し上げます」と陳謝しました。その上で、自らの進退については「安倍総裁に任せる」と語りました。

 これについて菅官房長官は会見で、安倍総理から電話で「発言に注意し、職務に専念してほしい」という指示があり、高市氏が辞任する必要はないという考えを伝えられたことを明らかにしました。


日経:自民・高市氏が発言を撤回、謝罪 原発再稼働巡り
2013/6/19 23:49
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1902K_Z10C13A6PP8000/
 自民党の高市早苗政調会長は19日、東京電力福島第1原発事故で死亡者が出ていないとして再稼働の必要性を主張した自身の発言について「撤回し、おわび申し上げる」と謝罪した。野党の辞任要求は「進退は安倍晋三首相に任せる」とした。党本部で記者団に語った。

 訪欧中の首相は菅義偉官房長官と電話で協議し「今後発言に注意し、…

この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
※「東京電力福島第1原発事故で死亡者が出ていないとして再稼働の必要性を主張した」という日経の書き方も変。こういうのがマスコミのまずいところですね。


やっぱりこの人はいい。
あちこちのテレビやなんかに出て説明をしていくよりも、このほうがいい。
もともと好きな議員さんではありましたが、改めて好きになりました。

女性にありがちな、勘違いや生意気な感じは全くなく、
謙虚さを常に保ち、柔らかな雰囲気をかもし出しつつも、
きつく言うべきときは言うという上手なメリハリの付け方。
話が分かりやすい。
国家観がしっかりしており、主張がブレない。←政治家にとっての最重要課題と個人的に思うので
こういう議員さん(特に女性では)って、なかなかいません。

真っ直ぐで、とても強く綺麗な芯が高市氏にはある、と私は見ています。
今回のことも糧にして頑張ってほしいですし、将来がとっても楽しみ。
高市氏のような貴重な議員さんは、今後も期待して見て行きたいと思います。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事


朝日新聞のこのいやらしい見出し。
そしてこの更新時間、18時2分って。
講演会が何時からだったのかは分かりませんが、終わってすぐアップしたんでしょうか?
それとも、講演会の最中にアップした?(朝日ならやりかねない)

「原発事故による死亡者は出てない」自民・高市政調会長 2013年6月17日18時2分
http://megalodon.jp/2013-0617-1933-16/www.asahi.com/politics/update/0617/TKY201306170249.html



上記記事を加筆修正し、23時21分に再アップしたのは何故?

「原発事故による死亡者は出てない」自民・高市政調会長 2013年6月17日23時21分
http://megalodon.jp/2013-0620-1341-25/www.asahi.com/politics/update/0617/TKY201306170249.html




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
朝日新聞ですら問題視していなかった麻生副総理のいわゆる「ナチス発言」を最初に報道したのはどこか 2013-08-03

■カテゴリ:政治

トップページ
[PR]
by doumin | 2013-06-20 00:23 | 政治 | Comments(0)
2013年7月参院選アルバイト募集内容(札幌市の場合)についてメモ
札幌市選挙管理委員会:
第23回参議院議員通常選挙の選挙事務従事者(アルバイト)を募集しています
更新日:2013年6月4日
http://www.city.sapporo.jp/senkan/arubaito_23sangi.html
札幌市各区選挙管理委員会では、今夏に執行される参議院議員通常選挙の投・開票事務従事者のアルバイトを募集しています。

投票日につきましては、7月21日(日曜日)または7月28日(日曜日)を想定していますが、現在のところ確定していませんので、マスコミ報道等によりご確認ください。



申込受付期間・受付時間
平成25年6月4日(火曜日)から平成25年6月21日(金曜日)まで(土・日を除く)
午前8時45分から午後5時15分まで



申込方法
募集案内により事務の内容や応募資格をご確認のうえ、申込書に必要事項を記入し、お住まいの区の区役所総務企画課にてお申し込みください。また、お申し込みの際は、ご本人が申込書をお持ちくださいますようお願いします。

募集案内はこちらをご覧ください(PDF:107KB)

お問合せ先(各区の区役所総務企画課)はこちらをご覧ください(PDF:38KB)

申込書は、各種用紙ダウンロードのページに掲載しておりますので、ご利用ください。

なお、募集案内・申込書は各区の区役所総務企画課、札幌市選挙管理委員会事務局(市役所4階)でも配布しております。


札幌市:各種用紙ダウンロード
http://www.city.sapporo.jp/senkan/keihatu/fuzai_kijitsu/031_fzn10.html
選挙事務従事者(アルバイト)募集案内・申込書

申込書(学生用または一般用)を印刷して、必要事項をご記入のうえ、お住まいの区の区役所総務企画課にご本人がお持ちになり、お申し込みください。

-----------------------------

選挙事務従事者(アルバイト)募集案内
最初にご覧ください。
募集案内(PDF:107KB)  ※魚拓
1 事務の内容・手当(◎ 所得税を差し引いた額を支給します。)

<投票事務>
○投票所設営及び打合せ
   投票日の前日  2時間程度
   設営開始時間は、投票所によって異なります。

○投票事務に従事
   投票日の当日  6時30分~21時
 ※ 2日間とも従事できることが応募の条件です。

 2日間計 15,249円
(所得税差し引き後支給額 15,100円)
 ※ 昼食・夕食は各自でご用意願います。


<開票事務>
○開票事務に従事
   投票日の当日  20時~

 22時まで従事する場合 2,600円
 23時まで従事する場合 3,900円
 24時まで従事する場合 5,200円
 ※ 食事なし



2 応募資格
  満18歳(平成25年7月21日現在)以上の方。なお、18歳以上であっても、高校在学中の方は従事できません。



3 申込方法・問合せ先
申込書に必要事項を記入のうえ、お住まいの区の区役所に、本人がお持ちになり、お申し込みください。
なお、他の区での投・開票事務従事を希望する場合は、希望する区役所にご相談ください。



4 申込受付期間・受付時間
平成25年6月4日(火)から6月21日(金)まで(土・日を除く)  8時45分から17時15分まで



5 事務従事の場所・交通費
原則として
・ お住まいの区の投票所又は開票所になります。
・ 交通費は、自己負担となります。(自家用車での通勤はできません。)



6 その他
(1) 希望する事務の欄に○印を記入してください。採用又は不採用については、通知をいたします。
(2) 募集人員は、「問合せ先・募集人員」をご覧ください。
(3) 申し込みの内容を下表に控えておいてください。
(4) 投票事務に従事する場合、投票日前日の投票所設営及び打合せには必ず出席願います。
(5) 事務に従事する際は、公務にふさわしい態度、服装、頭髪、言葉遣いなどで従事してください。
(6) 札幌市教育委員会が所管する施設の投票所(小・中学校等)は、敷地内全面禁煙です。


-----------------------------


選挙事務従事者申込書(学生用)
学生の方はこちらの申込書をご使用ください(A4サイズで印刷してください)。
申込書(学生用)(PDF:66KB)  ※魚拓


-----------------------------


選挙事務従事者申込書(一般用)
学生以外の方はこちらの申込書をご使用ください(A4サイズで印刷してください)。
申込書(一般用)(PDF:62KB)  ※魚拓


-----------------------------


問合せ先・募集人員
問合せ先・募集人員(PDF:38KB)  ※魚拓
中央区 440(投票事務240 開票事務200)
北 区 580(投票事務300 開票事務280)
東 区 510(投票事務270 開票事務240)
白石区 412(投票事務216 開票事務196)
厚別区 280(投票事務150 開票事務130)
豊平区 283(投票事務223 開票事務060)
清田区 231(投票事務114 開票事務117)
南 区 350(投票事務210 開票事務140)
西 区 450(投票事務230 開票事務220)
手稲区 310(投票事務160 開票事務150)
合 計3,846(投票事務2,113 開票事務1,733)




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
参議院選挙の区割、投票の仕方をおさらい 北海道選挙区 2013-07-19
2013参院選関連サイト集 街頭演説スケジュール、ボートマッチ、ネット選挙解禁の注意点、選挙管理委員会 2013-07-04
開票作業のバイトについてと、投票用紙は鉛筆以外OKかを各選管と総務省に問い合わせ/党隠しの立候補者発見 2012-12-15

■カテゴリ:政治-2013参院選

トップページ
[PR]
by doumin | 2013-06-17 18:00 | 政治‐2013参院選 | Comments(0)
厚顔無恥な蓮舫議員の質疑 テレ朝「安倍政権の管理能力が問われる」「田村大臣は逃げの答弁に終始」
仕分けパフォーマンスの女王・蓮舫さんが今年4月、
とんでもないわがままを。

石川 博崇(ひろたか)認証済みアカウント‏@Hiro_Ishikawa
https://twitter.com/Hiro_Ishikawa/status/327246293124657153
本来、今日午前中に、参議院復興特別委員会で福島復興再生特措法の質疑を行い採決の予定でした。しかし昨日夜になって某民主党議員が、TVの入る今朝の予算委員会で復興大臣を追求したいと固執した為、今朝予定されていた復興特委員会は開けず、成立させるべき福島復興再生特措法採決も遅らせる事に!

2013年4月24日 - 19:22


この期に及んでもまだパフォーマンスに固執しているようです。
その無意味さにまだ気づかない頭の弱さと、
国民より自分を最優先させるという民主党議員としての鑑っぷりには、
本当に呆れるばかり。

そして翌日、お望み通りTV中継が入る時間帯で質疑。
その内容は↓

youtube:『イメージ操作はやめろ』ポピリスト蓮舫を安倍総理が一喝!!
2013年4月25日
http://www.youtube.com/watch?v=i-kQcJf40K8


FNN:蓮舫議員、安倍首相らに予算の無駄遣いについて論戦 参院予算委
(04/25 12:59)
http://megalodon.jp/2013-0425-1917-44/www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00244805.html
25日の参議院予算委員会では、民主党の蓮舫議員が、安倍首相らに対し、予算の無駄遣いについて論戦を挑んだ。
「仕分けの女王」と言われた蓮舫議員は、復興関連の基金の予算について、関係の薄い事業への流用が続いていると指摘し、そうした事業を、今からでも執行停止するよう迫った。
蓮舫議員は「基金というのは、執行停止ができます。なぜそれをやらせようとしないのですか?」と述べた。
これに対し、安倍首相は「みなさん(民主党政権)がつくったんですよね。みなさんがつくった負の遺産を背負っているんですよ。基金の執行状況等を、継続的に調査・公表することは、法律的に基金を活用する観点から、重要な取り組み」と述べた。
安倍首相が、民主党政権がつくった復興予算であることを指摘して、蓮舫議員の追及に疑問を呈すと、蓮舫議員は「猛省を込めて質問している」と強調したうえで、被災地の復興とに関係の薄い事業の執行を止めるよう繰り返し迫った。
また蓮舫議員が、自民党が批判していた農家の個別所得補償制度や高校無償化を、2013年度予算案で継続していることを追及したのに対し、安倍首相は「今でもおかしいと思っている」と述べ、2014年度以降に見直す考えを示した。


蓮舫さんは何を言っているんでしょうか・・・?



さらに、先週の予算委員会でもまた。

テレ朝:復興予算でゆるキャラ…問われる政権の管理能力(06/13 11:48)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000007079.html
 復興予算の流用を巡り、国会論戦です。民主党政権の時に組んだ復興予算は、安倍政権に引き継がれました。本来は被災者を支援するはずの予算ですが、そのなかの雇用対策事業では、被災地とは関係のない「ご当地ゆるキャラ」や植林の竹を伐採する作業員の給料なども含まれていて、約1000億円の流用が明らかになっています。

 (政治部・倉永寛子記者報告)
 民主党政権で組んだ復興予算を、元仕分け女王の蓮舫議員があえて「無駄な使い方だ」と切り込んでみせました。
 民主党・蓮舫元行政刷新担当大臣:「『ゆるキャラ』もずいぶんと使われているんですね。それが復興増税によって賄われていることに、納税者と被災者の理解が得られるとお考えでしょうか」
 田村厚生労働大臣:「被災地以外の地域で『ゆるキャラ』等々でいろんな事業をやられていることに関しては、本来の使われ方としてはそぐわない部分があるのではないか」
 そのうえで、田村大臣は「執行した予算の返還は、お願いベースだ」と述べ、現状は難しいものだと強調しました。「民主党時代の予算だ」と逃げの答弁に終始していますが、すでに政権発足から半年を迎えるだけに、安倍政権としての管理能力が問われています。
※民主党政権下での復興予算の流用は昨年秋に発覚し、大きな問題となりました。


内閣から外され、人気低迷に苦しみ、
露出の激減した蓮舫元行政刷新担当大臣にとっては、
この件は渡りに船だったかもしれません。

なんせ民主党というところは、
北朝鮮の砲撃は民主党にとって神風
などと発言した幹部や、
「(自分自身の選挙がままならないから)北朝鮮はミサイルをさっさと上げてくれればいい」
と述べた現役官房長官(大阪7区の藤村修氏。2012年落選)がいたくらいの馬鹿な党ですから、
同じく馬鹿で浅はかな蓮舫さんが、
「これは、私が再び脚光を浴びるための良いネタ!」
「自分を棚に上げることになるけど、『猛省を込めて質問している』とでも言っておけばいいや~」
などと考えていたとしても全く不思議ではありません。

ですが、仕分けには強制力がないことはほとんどの国民が知っていて、
いまさら感が強いためか報道はそう多くは無かったと思います(笑)。
そして実際、予算執行停止はされておらず、
拡大解釈や名目を変えての流用も横行しました。

これは復興予算に限ったことではなく、大震災前からのこと。
民主党が政権与党となってからずっとです。
民主党が組んだ予算を民主党が仕分けるという政治ごっこ(内輪揉めもありました)を、
延々と繰り返す状態が続いていました。



こういう流れがあって、
>民主党政権で組んだ復興予算を、元仕分け女王の蓮舫議員があえて「無駄な使い方だ」
この質疑です。
民主党の失策を棚に上げるにも程があると思うんですが。

厚顔無恥って言葉はこの人のためにあるようで笑ってしまう。
一体いつになったら賢くなれるのか。
まぁ、無理だろうけど。

そんなにテレビに出たいなら、
議員を辞めて(蓮舫さんの任期は2016年まで)熱湯コマーシャルでも毎日やってればいいのに。
枝野さんとお笑いコンビ結成もいいかも。
コンビ名は『2位じゃダメなのか』『直ちに影響はない』あたりで。



で、
>「民主党時代の予算だ」と逃げの答弁に終始
と報じるテレ朝は一体何なんでしょうね?

このニュースは、13日夕方のスーパーJチャンネルで見たんですが、
ゆるキャラ名を延々と読み上げ「私、勉強になりました」と嫌味たっぷりに言う、
蓮舫さんの様子を流していました。
VTR終了後、コメンテーターが、
「横流しは民主党時代に組んだ予算」
と言ったまではいいけど、
「自民党がやめればいいのに、枠を拡大してしまった」
と言っていてびっくり。

そしてその翌日の14日、
「枠を拡大したという事実はありません」
と訂正していました。

※13日も14日も、片手間で聞いていたような状態なのでうろ覚えですが。

枠を拡大ってどこから出てきたんだろう。
横に座っている人は、
水道橋博士みたいな小金稼ぎのコメンテーターなのかな。
ワイドショーじゃあるまいし。
いちおうニュースなのに。

ま、蓮舫さんなんかの低レベル質疑をたっぷりと時間をとって流すくらいだから、
ニュース自体がワイドショーレベルと言えるかも。
この番組は、「特集」に見せかけたステマみたいなことも良くやっていますしね。
日本国内の嫌韓が拡大してどうしようもなくなったときは、
ついに皇后陛下を引き合いに出してまで(韓国は大事な国と仰ったとか、国民のためなら訪韓も・・・と仰ったとか、まるでどこかの週刊誌レベル)韓国擁護をする、
卑劣極まりない報道もするような番組(局)でもあります。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

民主党の負の遺産を背負った自民党は、

朝日:復興流用基金の凍結要請へ 財務省、自治体などに 2013年6月4日5時58分
http://www.asahi.com/politics/update/0604/TKY201306030532.html
 【大日向寛文、座小田英史】東日本大震災の復興予算が自治体などの「基金」を通じて被災地以外に使われている問題で、財務省と復興庁は今月中にも基金を運営する自治体や公益法人に予算執行を止めるよう要請する方針を固めた。対応が後手に回ったため、すでに復興と関係のない事業に使われている例も多いが、まず執行を止めたうえで、残っている予算は政府に返すよう求める。

 2011~12年度の復興予算約17兆円のうち、政府は基金に約1・2兆円を配った。政府を離れて基金にお金が入るとチェックがしにくくなり、被災地以外への流用が相次いでいる。

 5月に朝日新聞がこの問題を報じ、財務省がどれだけ被災地以外に流用されているかを調べている。今月中にも結果がまとまる見通しで、小渕優子財務副大臣は3日の記者会見で「調査結果に基づき、執行停止要請を含めて対応を検討している」と述べた。


日経:財務相、復興予算流用問題「目下調査中で早急に結論出す」
2013/6/4 9:42
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL040IW_U3A600C1000000/
 麻生太郎副総理・財務・金融相は4日朝の閣議後記者会見で、東日本大震災の復興予算が自治体などの基金を通じて被災地以外に使われている、との報道について「復興庁と財務省で、(都道府県に)渡した金が契約しているのか、執行しているのか、まだそこに残っているのか、色々問題がある」と指摘した。実態について「目下調査中で早急に結論を出したい」とも述べた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕


NHK:自民 復興予算流用の補填求める 6月6日 4時14分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130606/k10015106421000.html
自民党の作業チームは、東日本大震災の復興予算が自治体などが管理する基金を通じて被災地以外で使われたケースについて、復興目的とは認められないとして、ほかの予算を削減して補填(ほてん)する方向で検討するよう求める報告書をまとめました。

自民党行政改革推進本部の「無駄撲滅プロジェクトチーム」は、東日本大震災の復興予算が自治体などが管理する基金を通じて被災地以外の事業にも使われているという指摘を受けて、ことし4月以降、復興庁や国土交通省などから復興予算の執行状況についてヒアリングを行い、報告書をまとめました。報告書では、復興予算を巡り、あらかじめ財源を確保して必要に応じて支出する「基金」が多く創設されたことについて、管理の主体が地方自治体や民間団体などさまざまで、実態を把握できていないものが多くあるなど、チェックの甘さが明らかになったとして、今後、基金の創設は必要最小限にとどめ、支出を被災地向けに限るよう求めています。
そのうえで、すでに被災地以外で使われた予算は復興目的とは認められないとして、一般会計に計上されているほかの予算を削減して補填する方向で検討するよう求めています。
自民党のプロジェクトチームは6日、報告書を党の行政改革推進本部に提出し、政府に必要な対応を求めていくことにしています。


(追記)日経:政府、復興予算の返還要請へ 未執行分の1000億円
2013/6/22 11:35
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2200A_S3A620C1MM0000/
 政府は22日、東日本大震災の復興に向けた2011~12年度の予算が地方自治体などの基金を通じて被災地の復興と関係の薄い事業に使われていた問題で、執行していない約1000億円の返還を自治体などに要請する方針を固めた。予算の執行前に返還を要請するのは異例。基金を所管する各省庁が自治体などに予算の執行停止と返還を求める見通しだ。

 政府は11年度第3次補正予算と12年度当初予算で、全国の自治体や公益法人がつくった16の基金を通し、23事業に1兆1570億円を配分。財務省と復興庁の調査で、まだ執行や契約をしていない額が約1400億円に上ることが分かった。このうち約400億円は復興関連に使い道を限って執行を認める方針だ。

 残る約1000億円が実際にどれだけ返還されることになるかは不透明。政府の要請に法的な強制力はなく、自治体や公益法人に自主的な返還を求めることになる。

 復興予算をめぐっては民主党政権時代の昨年11月、政府が13年度以降の予算の使い道を復旧・復興に直接結びつく被災地の事業に限定する方針を打ち出した。今回はそれ以前の資金の使途に関する問題だが、安倍晋三首相は「復興庁と財務省で執行状況などを調査している。結果を踏まえ、執行を見合わせることも含めて適切に対処する」と国会で答弁していた。


(追記)テレ朝:復興予算1000億円返還を要請へ 財務省と復興庁(06/22 13:55)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000007570.html
東日本大震災の復興予算が復興と関係の薄い事業に使われた問題で、財務省と復興庁は、約1000億円を返還するよう自治体などに求める方針を固めました。

 財務省などは、全国の自治体や公益法人に基金として配分した復興予算1兆1570億円の実態調査を進めた結果、約1400億円は返還や修正が可能と判断しました。約1000億円の返還を求めるとともに、残る400億円についても使い道を被災地や被災者に対する事業に限定する方針を固めました。安倍総理大臣も5月の参議院決算委員会で、「執行を見合わせることも含め、適切に対処していく」と答弁していました。


こんな状況です。
自民党は、民主党の尻拭いでしばらくの間大変でしょう。




蓮舫さんがやってきたことは、
所詮人気取りのためのパフォーマンスでしかないことを、
有権者には見抜かれているようです。

東スポ:NGワードで蓮舫氏“苦戦” 2012年12月13日 10時30分
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/62455/
※この記事の魚拓はこちら
※リンク先に、聴衆のいない状況のさびしい画像あり(画像魚拓はこちら

 民主党が誇る“仕分けの女王”の蓮舫国民運動委員長(45)が11日、大阪遊説を行った。本来なら、是が非でも出したほうがいいノーベル賞の話題が、裏でNGワードに設定されてしまうなど苦しい状況だ。

 北朝鮮問題などで地元に戻ることができない藤村修官房長官(63)の選挙区を重点的に回るなど、助っ人として大阪を訪れた蓮舫氏。しかし、阪急正雀駅の近くで行った街頭演説の聴衆は、なんと本紙調べで16人。

 また、大阪では野田首相や自民党の安倍総裁も必ず出していた人物の名前が出てこなかった。10日にノーベル賞を授賞した山中伸弥京都大学教授(50)の名前だ。

 山中氏は大阪出身。そのため、「今年のノーベル賞受賞者が生まれ育った大阪」というフレーズを各党ともに多用してたが蓮舫氏の演説ではノーベル賞のノの字も出なかった。民主党関係者は「さすがに山中教授の名前やノーベル賞の話題を蓮舫さんは言えないですよ。ネットでも『受賞が遅れたのは蓮舫のせい』って言い掛かりをつけられてますし…」と頭を抱えた。

 山中氏が研究していたiPS細胞が直接、対象となった訳ではないが、先の事業仕分けで科学技術関連事業の予算について多くが削減、見直しの憂き目に。山中氏は過去に事業仕分けに対して研究者として苦言を述べたことがある。また、今年3月には研究資金を集めるため山中氏自らが京都マラソンに出場し、カンパを集めたことも。そのため蓮舫氏は、山中氏の偉業の裏で森口尚史氏(48)と並んで名前を落とした数少ない一人と化しているのが実情だ。

 蓮舫氏は演説で「無駄な事業を1個ずつ見直して、いらないものは削減、廃止した」と事業仕分けに胸を張った。しかし、聴衆の目はシビアで拍手すら起きなかった。


(追記)日刊スポーツ:蓮舫氏が都議選応援も聴衆は50人弱
[2013年6月18日10時2分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20130618-1144232.html
 民主党の蓮舫幹事長代行(45)は17日、都議選候補の応援で東京都江戸川区の東京メトロ葛西駅前など3カ所を回った。民主党にとって不利な国政の話題は避け、福祉や食の安全といった身近なテーマで存在感をアピールした。平日の午後とあって聴衆は50人足らず。60代主婦は「威勢のいいこと言ったって、結局、何もできなかったじゃない」と手厳しい。蓮舫氏は、2010年参院選の東京選挙区で過去最高の得票を獲得。行革担当相などで名前を売ったが、その勢いも今はない。7月参院選で自身の改選はないが、民主現職2人が立候補する予定で、鈴木寛参院議員(49)は党への支援を呼び掛けた。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治

■関連カテゴリ:マスコミ  政治-与党(2012.12.25まで)

トップページ
[PR]
by doumin | 2013-06-17 16:58 | 政治 | Comments(0)