和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
<   2014年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧
上田文雄札幌市長、2015年の市長選か道知事選に意欲か…数年ぶりに政治資金セミナー開催
※2014年8月、市長は来春の選挙には出馬しないと表明しています。
詳細はこちら↓をご覧ください。

上田文雄札幌市長、来春の市長選には出馬しない意向 経済人グループが秋元克広副市長に出馬を要請へ 2014-08-27
http://doumin.exblog.jp/21053932/

秋元克広副市長,辞表提出 2015年札幌市長選出馬へ(追記)正式に出馬表明 民主党と連合,後方から支える方針 2014-09-05
http://doumin.exblog.jp/21082795/








この人、まだやるつもりなの?
もういい加減にしてほしい。

道新:上田・札幌市長 4選、知事選に意欲? 31日セミナー、臆測呼ぶ
(01/28 16:00)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/517824.html
(魚拓1)(魚拓2)
 札幌市の上田文雄市長は31日、政治資金セミナーを中央区のホテルで開く。3期目の上田市長は来年春の次期市長選への対応を明らかにしておらず、動向が焦点となっている。2011年11月以来の開催で、市内の政党関係者の間では「4選や道知事選への意欲の表れではないか」との臆測も飛び交っている。

 セミナーは後援会主催で、上田市長と親交があり、今春に法政大に移る予定の北大大学院の山口二郎教授らを迎え、札幌のまちづくりを語る。会費1万円で、後援会幹部は「山口教授の話を聞くのが目的」と説明する。

 ただ、市内の民主党関係者は「先の選挙を見据えているのではないか」と指摘。上田市長はこれまで積極的な姿勢を見せていないものの、市政運営を支えてきた同党内には、4選や知事選への擁立を模索する動きがある。

 自民党札幌市支部連合会は今月中旬、市長選の推薦候補を前回11年に上田市長に敗れた元総務省自治大学校研究部長の本間奈々氏に決めた。

 対抗馬の動きはまだ表面化しておらず、上田市長の動向が注目されている。(小倉敦)


第9回 上田文雄の元気セミナーのご案内 2013.12.27(金)
http://www.uedafumio.jp/cgi/message/news.cgi?com=infous&infopage=98&contpage=0
【と き】
  2014年1月31日(金)午後6時より
【ところ】
  東京ドームホテル札幌(大通西8丁目)
  旧札幌後楽園ホテル ℡:011-261-0111
【会 費】 10,000円

 北海道大学を退官される山口二郎教授をお招きし、北海道・札幌に対する熱い思いを上田市長とともに語り合っていただきます。進行は元UHBキャスターの佐藤正人さんにお願いしました。
 ご多忙のことと思いますが、お誘い合わせの上ご参加いただきますようご案内申し上げます。

※この催事は、政治資金規正法第8条2に規定する政治資金パーティです。

案内文・チケットをご用意しております。
お問い合わせは、『みんなでつくる札幌・市民の会事務局』までご連絡ください。

※関連記事→山口教授「(長年民主党を応援してきたことが)リフォーム詐欺の片棒を担いだ詐欺師みたいで肩身が狭い」 2010-12-19



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

毎日:上田・札幌市長:原発の町に住む人を考えて!! 勝手連結成、都知事選で細川元首相支援へ /北海道 2014年02月01日 地方版
http://senkyo.mainichi.jp/news/20140201ddlk01010172000c.html
(魚拓1)(魚拓2)
※抜粋
 また、2015年の道知事選出馬の可能性を問われ「任期は来年6月まで。途中で辞めるつもりはない」と否定。同日夜のセミナーでは市長選4選出馬について「先のことは走りながら考えたい」とした。【円谷美晶】



上田市政の継承も、民主党が比較第一党を目指すのも、
もうこれ以上は勘弁してほしい。

朝日:北海道)道議・札幌市議選の候補者公募へ 民主支部など
2014年2月12日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASG273FLYG27IIPE006.html
(魚拓)
※抜粋
 選対委員長の渡辺幸一・民主党札幌副代表は「道議は議席の過半数確保を目指し、3人区以上の選挙区には複数候補を擁立したい。市議では比較第一党の座を目指し、上田文雄市長の市政継承・発展を支えたい」と話した。



公契約条例は大もめにもめて消えたのに、しつこい。
上田さんが知事選出馬には大賛成。
札幌市からも北海道からも間違いなく消えるから。

道新:連合会長と上田市長対談 テーマは公契約 でも知事選絡み?臆測
(02/15 07:10)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/521293.html
(魚拓)
 連合の古賀伸明会長は14日、札幌市内のホテルで開かれた連合北海道の集会に出席し、札幌市議会で否決された「公契約条例」をテーマに上田文雄市長と対談した。民主党から知事選への出馬待望論がある上田市長と、同党最大の支持母体である連合会長との対談に「来春の道知事選をにらんだ動きでは」などの臆測も呼んだ。

 古賀会長は、春闘時期に各地に出向いて労働者らと対話しており、集会はその一環。市発注事業の受注業者で働く労働者の賃金下限額を定める公契約条例について、古賀会長は「良い労働条件の保障は質の高いサービスにつながり、住民にも関係ある問題。国で公契約基本法の成立を目指し、自治体の後押しをしたい」と訴えた。

 上田市長は「同価格で入札された場合、労働条件が良い業者と契約する仕組みを作るなど、待遇改善に努力したい」と答えた。<北海道新聞2月15日朝刊掲載>


道新:4選出馬か知事選か 来春の札幌市長選と北海道知事選 上田氏動向が焦点
(03/11 16:51)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/526392.html
(魚拓1)(魚拓2)
 2015年春の道知事選と札幌市長選に向け、上田文雄札幌市長(65)が両選挙の鍵を握る存在になりつつある。知事選では民主党北海道が高橋はるみ知事(60)の4選阻止を視野に、「脱原発依存」が持論の上田氏の擁立を模索。札幌市長選でも自民党が推薦を決めた元総務省自治大学校研究部長の本間奈々氏(44)に対し、上田氏の4選出馬か、後継指名かで臆測を呼んでいる。

 上田氏は7日、脱原発の講演のため来道中だった民主党の菅直人元首相と札幌市役所で会談。北海道電力泊原発(後志管内泊村)の事故の可能性に触れ、「札幌がほとんどの医療を担うのははっきりしているのに、権限を与えず、発言も聞かない状況は問題だ」と高橋氏をけん制した。

 こうした行動力に目をつけるのが、上田氏を支えてきた民主党北海道だ。

 上田氏は1月末に知事選出馬について「そもそも考えはない」と述べ、今のところ消極姿勢を示している。ただ、札幌市の有権者数は道内全体の3分の1を占めており、市長3期の実績や知名度とともに、脱原発の旗を掲げる上田氏に高橋氏の有力対抗馬として期待が高まっている。弁護士事務所の先輩でもある横路孝弘代表周辺をはじめ、党北海道関係者は昨年末以降、水面下で知事選への出馬意欲を探っている。

 一方、党内には上田氏に札幌市長選への4選出馬を望む声も根強い。

 自民党の候補選考の過程では、経済界の有志27人が秋元克広副市長(58)を札連に推薦した。秋元氏は上田氏に近く、「反上田」の町村信孝元官房長官(衆院道5区)らが巻き返し、本間氏擁立を決めた経緯がある。秋元氏は上田後継の「本命候補の一人」(民主党関係者)と目される。

 知事選か市長選への出馬、勇退の選択肢のうちどれを選ぶにせよ、決戦の構図を大きく左右することになる。


道新:民主北海道、知事選候補の来月決定を断念 上田氏は消極姿勢
(03/30 06:30、03/30 08:04 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/530173.html
(魚拓1)(魚拓2)
 民主党北海道は29日、札幌市内で常任幹事会を開き、2015年春の道知事選の候補者について、目標としていた4月中の決定を見送ることを決めた。「候補者を公表できる段階に至っていないため」(勝部賢志幹事長)としている。

 同党北海道は高橋はるみ知事の4選阻止を視野に、「脱原発依存」が持論の上田文雄札幌市長の擁立を模索中。水面下で出馬意欲を探っているが、上田氏は消極姿勢を示している。同党北海道は1月の定期大会で、原則4月をめどに候補者を決定することにしたが、当初から作業は難航が予想されていた。高橋知事が4選出馬を正式表明していないため、「決定を急ぐ必要はない」(同党北海道幹部)との判断もある。<北海道新聞3月30日朝刊掲載>


道新:上田・札幌市政への支持52%で横ばい 五輪招致は賛成66%(04/22 09:53)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/534771.html
(魚拓1)(魚拓2)
 北海道新聞社は19、20の両日、6月に就任11年を迎える札幌市の上田文雄市長の市政運営に関する世論調査を実施した。上田市政について「大変良い」「まあ良い」を合わせた支持派は52%。昨年3月の前回調査と同率で、就任以来最高の水準を維持した。

 「あまり良くない」「まったく良くない」を合わせた不支持派は25%で前回に比べ4ポイント下がった。「どちらとも言えない」は23%で、前回より3ポイント増。男女別では、男性の65%が支持派なのに対し、女性は40%だった。

 また、現在3期目の上田市長が「4期目を目指した方がいいと思うか」との問いでは、「目指した方が良い」が45%だった一方、「交代した方が良い」は52%で、交代を求める声が上回った。

 上田市長が推進の方向で調整している冬季五輪招致については賛成が66%で、反対の33%の2倍に達した。賛成の理由では「経済が活性化するから」が66%で最も多かった。<北海道新聞7月22日朝刊掲載>


毎日:札幌市長選まで1年 上田市長の去就焦点 続投?知事選転身?引退? /北海道
 2014年05月06日 地方版
http://senkyo.mainichi.jp/news/20140506ddlk01010070000c.html
(魚拓1)(魚拓2)
http://senkyo.mainichi.jp/news/20140506ddlk01010070000c2.html
(魚拓1)(魚拓2)


道新:道知事候補、上田氏軸に 民主北海道、10月までに選考
(06/30 06:00、06/30 07:52 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/548346.html
(魚拓1)(魚拓2)
 民主党北海道は29日、来春の統一地方選に向けた臨時大会を札幌市内で開き、知事選と札幌市長選の候補を10月までに擁立する方針を決めた。複数の地方支部から上田文雄札幌市長(66)の知事選擁立を求める声が出て、党側は上田氏を軸に選考を急ぐ方針を表明した。ただ、上田氏は出馬に消極姿勢を示しており、難航が予想される。大会では高橋はるみ知事について「国の指示待ちばかりで道政が停滞している」などとする道政検証と、重点政策骨子も承認した。

 横路孝弘代表はあいさつで安倍政権が目指す集団的自衛権の行使容認を批判し、「また政権をしっかり握って、今の路線を変えることが必要だ」と訴えた。終了後の記者会見で上田氏について「候補者としてはふさわしい人」と述べ、昨年12月に党員らに行ったアンケートなどで推す声が多かったことを理由に挙げた。<北海道新聞6月30日朝刊掲載>


毎日:民主党北海道 統一地方選、選対本部発足 重点政策決める /北海道
2014年06月30日 地方版
http://senkyo.mainichi.jp/news/20140630ddlk01010104000c.html
(魚拓1)(魚拓2)

あいさつする海江田万里・民主党代表=札幌市中央区で2014年6月29日午後1時20分、山下智恵撮影

 民主党北海道は29日、札幌市内で臨時大会を開き、来春予定されている統一地方選に向けた選挙対策本部を発足させ、道議選の1次公認・推薦候補28人(うち新人5人)と札幌市議選の公認・推薦候補19人を発表した。知事選と札幌市長選の候補は決定できず、10月までに選定するとした。(以降略)


朝日:知事選 固まらぬ構図
2014年7月28日11時33分
http://www.asahi.com/articles/CMTW1407280100010.html
(魚拓1)(魚拓2)




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治-2015統一地方選

■関連カテゴリ:政治-地方  政治-2011統一地方選

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-01-30 11:33 | 政治‐2015統一地方選 | Comments(0)
NHK新会長の籾井勝人氏、就任会見の一部発言を撤回 個人的見解として述べた「慰安婦」についての部分
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by doumin | 2014-01-27 13:56 | マスコミ
2015年から1基削減となる陸自製作のさっぽろ雪まつり大雪像、なんと建設業界に委託…札幌市
この件ですが、

陸自製作のさっぽろ雪まつり大雪像が2015年から1基削減へ… 反自衛隊の上田文雄札幌市長は受け入れる方針
2013-08-30
http://doumin.exblog.jp/19565460/
※抜粋
市長のくだらない政治思想のせいで、こんなことに。



なんと、民間に委託するようです。

道新:さっぽろ雪まつり大雪像、陸自1基減で建設団体に製作依頼 来年から
(01/21 16:00、01/21 17:10 更新) ※2014年
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/516511.html
 札幌市が、来年の「さっぽろ雪まつり」から陸上自衛隊が大雪像製作を3基から2基に減らすことを受け、1基の製作を市内の建設業の業界団体に依頼したことが21日、わかった。大通会場の大雪像5基体制を維持する狙いで、今後、会場管理者などとの調整を本格化させる。

 今年のまつり(2月5~11日)の大通会場で、陸自が製作するのは西5、7、8丁目の3基。残る2基は、NPOや市民ボランティアで構成する札幌市大雪像制作団が担当している。

 陸自は「訓練時間の確保」などを理由に、来年から製作を1基減らすことを決めているが、どこの会場の雪像を減らすかは決まっていない。<北海道新聞1月21日夕刊掲載>


毎日:さっぽろ雪まつり 大雪像製作を建設業界に依頼 札幌市
毎日新聞 2014年01月21日 22時42分(最終更新 01月21日 23時09分)
http://mainichi.jp/select/news/20140122k0000m040145000c.html
 札幌市の雪の祭典「さっぽろ雪まつり」で、陸上自衛隊が製作する大雪像が来年から1基削減されるのを受け、札幌市が建設業界の団体に1基の製作を依頼していたことが21日、分かった。大通会場では例年、大雪像5基と大氷像2基が設置されており、この体制を維持するのが狙い。

 陸上自衛隊北部方面隊は1955年から雪像づくりに参加。2001年には制作数を4基から3基に減らし、さらに「冬季の訓練時間の確保」などを理由に、来年からは2基とすることを決めている。しかし、どの会場の大雪像を減らすかはまだ決まっていない。

 大雪像5基のうち自衛隊が製作してきた3基は、テレビ局3社が会場を管理。残る2基は、NPOやボランティアで組織する「札幌市大雪像制作団」が担当し、実行委員会が管理してきた。市は、自衛隊の削減分を制作団に作ってもらい、制作団が担ってきた大雪像を、建設団体に委託する考えで、来年度予算案に製作経費数千万円を計上する方針。

 陸自が持つ製作技術は高く、制作者の交代は会場管理者の合意が必要。市は「雪まつりの魅力を減らさないよう、慎重に協議を進めたい」と話している。【平野美紀】


朝日:北海道)大雪像、建設業界に委託へ 自衛隊撤退分
2014年1月22日03時00分
http://www.asahi.com/articles/ASG1N6JLXG1NIIPE02Z.html
 「さっぽろ雪まつり」の大雪像5基のうち3基を制作してきた陸上自衛隊が来年から制作数を2基に減らす問題で、札幌市は減った1基の制作を市内の建設業界に委託する方針を固めた。新年度予算案に委託料として数千万円を盛り込み、目玉である大雪像5基体制を維持する方針だ。

 市側は、陸上自衛隊による大雪像の制作縮小を受け入れて以降、大雪像制作の新たな担い手として市内の建設関連の各団体と調整を続けてきた。契約締結に向けて前向きな反応は得られているといい、予算化することにした。

 市観光企画課の北川憲司課長は「雪まつりは、冬の札幌観光になくてはならないもの。自衛隊やNPOだけに制作を頼るのではなく、さまざまな選択肢を持っておきたい」と話す。



これ以上減らされると自分の首が危ないので、媚を売る上田さん↓

産経:さっぽろ雪まつり 大雪像作りを市長が激励
2014.1.23 14:34
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140123/hkd14012314480001-n1.htm

d0164331_13362840.jpg


雪まつり大雪像作りの会場を上田文雄札幌市長(左)が激励に訪れた=大通公園8丁目会場

 来月5日から始まる「第65回さっぽろ雪まつり」の大雪像作りが進められている大通会場で、雪像作りを担当している陸上自衛隊員らを23日、札幌市の上田文雄市長が激励に回った。

 上田市長は雪の降るなか、大通会場の5丁目会場から10丁目会場までを歩いた。

 8丁目会場では雪像について隊員の説明を受けた後、上田市長は大雪像作りを行っている隊員に対して、「ご苦労さまです。みなさまの技術で感動を与えてください。寒い中、頑張って作っている雪像は世界からの評価になっている。札幌市民のほこりになる仕事です。寒くなるが、努力していただき、ご苦労さまです」と、マイクで呼びかけた。

 それぞれの会場での雪像作りは順調に行われていて、次第に形が表れてきている。



減る分を民間に委託するというのは、
各方面からの批判をかわすためもあるんでしょうが、
2015年4月の市長選にまた出るつもりなのかも・・・あぁうんざり。



上田さんは11年も市長をやっているのに、
自衛隊の委嘱式には一度も出席したことがないほどの反自衛隊です。
(でも雪まつりには協力してほしいという、左○らしいダブルスタンダード)
「自衛隊のイラク派遣反対」と表明、
イラクに派遣された隊員を激励することを拒否(他市長は快諾)、
そして、さっぽろ雪まつり真駒内会場(自衛隊真駒内駐屯地)も閉鎖となりました。

メイン会場である大通公園の陸自制作大雪像が減ることになったのは、
第11師団の縮小や国際情勢の緊迫化などが理由とされていますが、
実は、上田さんの長年の態度が一番の原因でありきっかけでもあるのでは?と思います。
自分の失敗なんだから、せめて退職金返上でもして少しは自分で負担したら?
とも思うけれど、ま、この人は絶対にしないでしょう。

上田さんの個人の思想と利権のため、あらゆる面で札幌市を私物化し、
その一方で一般市民に様々な負担を強いるのは、
もう本当にいい加減にしてほしい。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治-地方

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-01-24 00:11 | 政治‐地方 | Comments(0)
小野田寛郎氏逝去…91歳の生涯を貫いた「誇り」と「不撓不屈」
産経:貫いた誇りと「不撓不屈」 40年前の取材キャップが見た小野田寛郎さん
2014.1.17 19:23
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140117/trd14011719390017-n1.htm

d0164331_17404128.jpg



産経新聞のインタビューに答える小野田寛郎さん=2008年6月、東京・大手町(中井誠撮影)

 小野田さんの戦いは終わった。91歳の生涯を貫いたのは「誇り」と「不撓不屈(ふとうふくつ)」だった。

 40年前のあの衝撃は、いまも鮮明に記憶している。ルバング島での初めての会見は、私たち報道陣への敬礼で始まった。質問にはひとり一人と正対し、よどみなく答えていった。手製の軍服は繕われ、ボタンもしっかりついていた。

 毅然(きぜん)とした立ち振る舞いは何なのか。謎が解けたのは、28年後。再会した小野田さんは「大切なことは“らしさ”です。“らしさ”とは自分の役割が何であるかを把握し、責任を持って遂行すること」と話した。孤独な戦いを続けながら「日本人の誇り」に通じる“らしさ”を磨き、表現したものだった。

 帰還後、小野田さんはブラジルへ渡り、成田空港よりも広い牧場経営に成功した。なぜ、そこまで戦い続けるのか。

 「自然が好きなんですよ。その気になればどこでも食っていけますから」

 あの牧場は、小野田さんの意地の証ではないか。「自分は戦争屋じゃない」との思いもあっただろう。

 あの日と同じように、背筋を伸ばし、謙虚でつつましく歩み続けてきた小野田さん。風化しない生粋の人間を、また一人、失ってしまった。

(当時の取材キャップ・産経新聞元常務 山下幸秀)


産経:小野田寛郎さん死去   終戦知らずルバング島30年間任務続行
2014.01.17
http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2014/01/17onoda/

d0164331_17474191.jpg



1974年3月、軍刀を渡し敬礼をする元陸軍少尉の小野田寛郎氏(中央)=フィリピン・ルバング島(共同)

 戦争が続いていると信じフィリピン・ルバング島に30年間任務を続けた元陸軍少尉で、ボランティアなどを養成する「小野田自然塾」理事長の小野田寛郎(おのだ・ひろお)さんが16日午後4時29分、肺炎のため都内の病院で死去したことが17日、分かった。91歳だった。葬儀・告別式は親族のみで行う。後日、お別れの会を開く予定。

 遺族らによると、体調を崩して6日から入院していたという。

 大正11年、和歌山県亀川村(現海南市)で生まれ、昭和19年に諜報員などを養成する陸軍中野学校を卒業後、情報将校としてフィリピンへ派遣。20年の終戦後も任務解除の命令が届かず、ルバング島の密林にこもって戦闘を続け、49年3月に任務解除命令を受けて帰国した。

 50年にはブラジルへ移住し、牧場を開業。平成元年には小野田自然塾を開設し、ルバング島での経験を基にキャンプ生活を通した野外活動などでボランティアの育成などに尽力した。近年は都内で生活し、国内各地で講演を行っていた。





  ■高度成長下「敬礼」に衝撃

 戦後30年近くにわたってルバング島の密林にこもって戦闘を続けた小野田寛郎さんが91歳で死去した。

 元上官の任務解除命令を受けて昭和49年に投降した小野田さんは、現地で記者らの前に古びた軍服と戦闘帽で現れ、直立不動のまま「敬礼」した。その姿は高度経済成長を謳歌していた日本人に衝撃を与え、同年3月、日航特別機で帰国した際には、両親をはじめ大勢の人が日の丸の小旗を手に出迎えた。

 小野田さんがルバング島に渡ったのは、戦況が不利となっていた昭和19年12月。陸軍中野学校二俣分校で秘密戦の訓練を受け「日本軍が負け、ルバング島が占領されても生き長らえて後方攪乱し、日本軍が再上陸したときに残置諜者としてこれを誘導する」との密命を受けていた。このため「上司の命令があるまで終戦はこない」と信じていた。

 47年、フィリピン警察との撃ち合いで仲間の元陸軍一等兵、小塚金七さんを失い、1人で山中に逃げたことから日本政府が救援に乗り出した。

 帰国後は、ルバング島の経験を生かし全国各地で「自然塾」を開いた。キャンプ生活を通じて子供たちに自然の大切さや知恵を教え、平成元年、福島県に小野田自然塾を整備した。

 平成17年に、戦後60年の終戦記念日の本紙企画でジャーナリストの櫻井よしこさんと対談した際は、行きすぎた利己主義を懸念し、「他人がまったく目に入っていないような感じがします。日本の今の人たちに信義があるのか、とも感じています」と、国の行く末を案じていた。


東京新聞:小野田寛郎さん死去 孤独耐え30年 最後の帰還兵
2014年1月17日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014011702000248.html
魚拓
 戦後三十年近く、フィリピン・ルバング島に潜み、帰国後は青少年を対象にした野外教室「小野田自然塾」を開くなどした元陸軍少尉の小野田寛郎(おのだひろお)氏が十六日午後、心不全のため死去したことが十七日、親族への取材で分かった。九十一歳。和歌山県出身。親族のみで密葬を行う。体調を崩し、六日から入院していた。 

 一九四二年に応召。陸軍中野学校二俣分校で遊撃戦の訓練を受け、四四年ルバング島に派遣された。終戦を信じずにとどまり、七四年三月、約三十年ぶりに帰還した。

 七五年にブラジルに移住し牧場を経営する傍ら「子どもたちをもっとたくましく」とルバング島の経験を生かし、八四年から日本各地で小野田自然塾を開催、五年後に財団法人化した。

 九一年には、福島県塙町の山林に施設が完成。キャンプ生活を通じて、子どもたちや野外活動の指導者を対象に自然教育の指導を続けた。九六年にはルバング島を二十二年ぶりに訪問した。

     ◇

 小野田さんは戦後五十年となる一九九五年、日本へ戻った「最後の帰還兵」としての体験を本紙「この道」に百回にわたり連載、その後『たった一人の30年戦争』(東京新聞刊)にまとめ出版した。ルバング島での戦闘からジャングル潜伏、帰還後、一転した生活などを詳細につづったこの本への愛着は強く、元気だった一昨年まではしばしば本社を訪れ、著書にサインしては、講演会場などに置いていた。

◆超人的な記憶力「捕虜恐れ メモ取らず」

<評伝> とにかく「弱さを見せない人」だった。自分を強く鼓舞することで、たった一人で、戦地を三十年にわたって生き延びたのだろう。

 戦後五十年を迎えるのを前に一九九四年、小野田さんの「三十年の孤独な戦い」を記録したいと思い、取材を申し込んだ。「私が何を語り、何を書いてもだれ一人、証人もいないので」と当初は気乗りしない返事だったが、夫人の町枝さんの説得でやっと承諾してくれた。

 その年のクリスマス、当時、小野田さんが住んでいたブラジルに渡った。カンポグランデの空港では、フィリピンから二十年前に生還した時と同じように背筋をピンと伸ばした小野田さんが出迎えてくれた。

 経営していた牧場で十日間ほど生活をともにした。一緒に馬に乗り、パトロールもした。毎日七時間、インタビューをしたが、記憶力は超人的だった。

 「諜報(ちょうほう)要員だったので、万が一捕虜になったときのことを考えて、一切メモはしません。すべて頭に記録してしまう習慣がついているんです。情報を積み重ねて、次の作戦行動を組み立てる。情報は命にかかわる」と、淡々と語っていたのが印象的だった。

 同様にグアム島のジャングルで二十八年間生き抜いた元日本兵の故横井庄一さんとは対照的に、影の部分をあまり見せない人だった。性格的なものもあったのだろうが、生と死のはざまで生き抜いた過酷な体験がそうさせたのだろう。最後の昭和が消えた思いがする (元本紙編集局次長・三枝貢)
※東京新聞は「孤独耐え30年」と書いていますが、小野田氏は「孤独感というような弱々しい感じを抱いたことはない」と述べておられます。

産経:帰国直後の様子を写真集として出版「年月経ても色あせない方だった」
2014.1.18 01:07
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140118/trd14011801090004-n1.htm
 小野田寛郎さんがルバング島から帰国した後、故郷の和歌山県海南市に戻ったのは昭和49年4月。その一日を撮影した写真集を昨年出版した同市内の写真家、産木(うぶき)民彦さん(69)=本名・椎崎義孝=は、小野田さんの訃報に「尊敬していた人物。すぐには受け止めにくい」と言葉を詰まらせた。

 「凛とした外見と、温和な性格に引きつけられた」と話す産木さん。「40年ほど前の話なのに、今でも帰国したときの様子が鮮明に頭に残っている」と話す。

 昨年、講演会で会った際も、昔と変わらない凛とした姿勢に感激したという。

 小野田さんの座右の銘「不撓不屈(ふとうふくつ)」が刻まれた石碑がある海南市の宇賀部(うかべ)神社の小野田典生(みちお)宮司(63)は父親が小野田さんといとこ同士だった。

 「記憶力が素晴らしく何でもよく知っていた。どんな困難にも打ち勝つ精神力をもち、本当に『不撓不屈』の言葉のままの人だった」と故人をしのんだ。

 和歌山には年に1度は戻り、「若者にはのびのび育ってほしい」と青少年向けの講演活動に力を入れていた。

 しかし、5年ほど前から体調を崩し「(和歌山に来るのも)これが最後かな」と弱気な一面も見せていたという。


小野田自然塾
http://www.onodashizenjuku.or.jp/index.html
※公式サイトには「不撓不屈」の文字が。

小野田寛郎 - Wikipedia
http://p.tl/TGNc


週刊長野:

小野田寛郎さんを考える1
http://weekly-nagano.main.jp/2012/07/531-1.html (魚拓

小野田寛郎さんを考える2
http://weekly-nagano.main.jp/2012/07/542.html (魚拓

小野田寛郎さんを考える3
http://weekly-nagano.main.jp/2012/08/553.html (魚拓

小野田寛郎さんを考える4
http://weekly-nagano.main.jp/2012/08/564.html (魚拓

小野田寛郎さんを考える5
http://weekly-nagano.main.jp/2012/09/575.html (魚拓

小野田寛郎さんを考える6
http://weekly-nagano.main.jp/2012/09/586.html (魚拓




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連リンク

朝日新聞:転職 あの人とこんな話
(財)小野田自然塾理事
小野田町枝さん

働くということが人生にどれほどの実りをもたらすか。
私は若い世代に語り続けていきたい。

http://www.asakyu.com/anohito/?id=28 (魚拓

おのだ・まちえ ●1937年茨城県生まれ。千葉県立佐原女子高等学校卒業後、日産自動車(株)、(株)トーメン、ブリヂストン(株)に勤務後、損害保険代理店を経営。69年上智大学聴講生として心理学を学ぶ。76年小野田寛郎氏と結婚し、ブラジルへ移住。牧場開拓に取り組み、また現地の子供たちのために日本語学校を創設。89年(財)小野田自然塾設立後、現職。ブラジルでの牧場経営と日本での青少年健全育成事業の活動を続けている。著書に『私は戦友になれたかしら―小野田寛郎とブラジルに命をかけた30年』(清流出版)がある。

 1974年3月、「小野田少尉、30年ぶりの帰還」というニュースが日本だけでなく世界中を驚かせた。終戦を知らされないままフィリピンのルバング島で30年間も軍人として生き抜いた小野田寛郎さんが、戦時中そのままの軍服を身につけ、厳しい表情でテレビの中にいた。
 「その姿を見て、彼の鋭く光る目に、こんなに潔くて強い信念を持つ人がこの世に存在していたのかと感動し、私の心はその強さに引きつけられました」

 もちろん連絡する方法もなく、ただただあこがれただけで月日は過ぎていった。しかし不思議なことが起きる。ホテルのティールームに偶然にも小野田さんその人がいるではないか。町枝さんはいてもたってもいられずあいさつに出向く。それからさらに日が過ぎ、耳に入ってきたのは小野田さんがブラジルへ移住するという情報だった。「小野田は苦しんでいたと思います。私はこの人のために命を懸けてでもお役に立ちたい。そんな思いから結婚へ踏み切りました」

 町枝さんは水道も電気もないブラジルの原野で、ゼロから共に牧場開拓に挑んでいくのである。それは生易しい仕事ではなかった。毎日睡眠時間は4時間ほど、7年間は無収入。現地のポルトガル語もほとんど分からず、厳しい気候や虫に悩まされながら働き続けた。

 軌道にのったのは8年目から。現在は1800頭の肉牛飼育に至っている。

 「OL時代の経験も、保険代理店を経営していた頃のセールス術もすべて役にたちました。牧場での力仕事も、自給自足の日常も学ぶことが多くて、労働って人間を支えるものだと思いましたね」

 過酷な牧場経営に従事していたとは信じられないほど、町枝さんは柔らかな印象が美しい。生命力があふれている。

 「私はね、若い人に働こうと言いたいの。生き方に迷ったり、袋小路に入ってしまったと感じたら額に汗して仕事をしてみて。必ず心は軽くなります。今の日本には若い人の仕事はたくさんある。どんな仕事でも、きっとあなたの血となり肉となる。理屈じゃなく、人を支えてくれます」

 ブラジルの大地を今も馬で駆け巡り、町枝さんは運命を楽しんでいるそうだ。

(8月30日掲載、文:田中美絵・写真:南條良明)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■カテゴリ:歴史

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-01-18 10:58 | 歴史 | Comments(0)
日教組教研集会、2014年は滋賀県 (追記)反原発,自衛権否定等,今年も“手柄話”の発表会 取材拒否も
京都新聞:日教組教研集会湖国で38年ぶり開催 「豊かな学び」議論
【 2014年01月17日 09時30分 】
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20140117000020
 日教組の第63回教育研究全国集会(教研集会)が24~26日、大津市におの浜4丁目の滋賀県立体育館など県内各地で開かれる。滋賀県での開催は1976年以来、38年ぶりとなる。

 いじめ問題や、東日本大震災・福島第1原発事故を受けた教育現場の課題など、全国から提出された712本のリポートを基に、3日間で延べ約1万人の教員らが、子どもたちにとって「豊かな学び」とは何かを議論する。

 24日午前8時半から県立体育館で開かれる全体集会では、オランダ教育・社会研究家のリヒテルズ直子さんが記念講演を行う。

 24日午後から26日正午までは、各教科や人権教育、障害児教育などをテーマにした25の分科会と、県内の高校生らが参加する特別分科会が、大津市、草津市、彦根市など24会場で開かれる。

 いじめ問題に関するリポートは5本あり、地元滋賀県の学校でのいじめ撲滅運動の取り組みや、岩手県の学校で起きたいじめの具体例などが報告される。震災関連では、防災・減災教育6本、放射線についての教育11本、被災地の現状など計31本のリポートが提出されている。

【滋賀県警が臨時の交通規制】

 教研集会の開催に伴い、滋賀県警は24日午前7時~午後7時、県立体育館周辺の市道約1キロを通行止めにする臨時の交通規制を行う。周辺道路の渋滞も予想され、県警はマイカー利用を控えるよう呼び掛けている。


滋賀県警:大津市内における大規模イベント警備に伴う交通規制のお知らせ
※pdfファイル
http://www.pref.shiga.lg.jp/police/files/kyoukenkisei.pdf



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

毎日:交通規制 教研集会開催伴い、会場周辺を−−24日、県立体育館 /滋賀
http://mainichi.jp/area/shiga/news/m20140120ddlk25040263000c.html
 日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会が大津市におの浜4の県立体育館などで始まるのに伴い、県警は集会初日の24日、会場周辺で交通規制を行う。集会に反対する団体の街宣車による活動で、大津市から草津市にかけて渋滞が起きるとして、迂回(うかい)を呼びかけている。

 24日午前7時〜午後7時、県立体育館と隣接するホテルに面した北側道路を通行止めにする。、大津市浜... 続きを読む(要会員登録)


産経:日教組の教研集会、滋賀県で始まる 延べ1万人参加 2014.1.24 09:09
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140124/edc14012409100001-n1.htm
 日本教職員組合(日教組)の第63次教育研究全国集会(教研集会)が24日、滋賀県で開幕した。26日まで3日間の日程で、全国から延べ約1万人の教職員が参加、日ごろの教育活動の実践例を報告し合う。

 日教組によると、今回発表予定のリポート数は712本で、各教科の指導方法のほか、いじめ問題、原発問題、東日本大震災後の課題なども議論される。平和教育や歴史問題ではイデオロギー色の強い発表も複数予定されている。

 24日午前には全体集会が行われ、加藤良輔・中央執行委員長が「震災後の教育復興も、原発事故をはじめ残念ながら多くの課題を残している。この実態から私たちは目をそらすことはできない」と強調。そのうえで「子供の権利としての教育ではなく、国家の意思としての教育が前面に出ようとしているのではないか」と問題提起した。


時事:日教組教研集会が開幕=滋賀(2014/01/24-09:20)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014012400180
 日本教職員組合(日教組)の第63次教育研究全国集会が24日、滋賀県で始まった。3日間で延べ約1万人の教員が参加し、25の分科会で712本の報告、意見交換が行われる。特別分科会では地元の高校生らによるシンポジウムも開かれる。




異様っぷりは例年通り。
中には取材拒否の教職員もいたというから驚き。
相当偏った思想を子どもたちにゴリゴリと押し付けているけれど、
記事にされて批判されるのはイヤ、ということなんでしょう。
“先生”が聞いて呆れますね。

ただ、今年は「郷土愛を育む教育」という異例のリポートがあったそうです。
63年間の教研集会で、こういったことは初めてなのかも。

読売:「教育改革」政治介入に警戒感…日教組教研集会(2014年1月24日13時42分)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140124-OYT1T00416.htm
 日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会(教研集会)が24日午前、大津市内で開幕した。

 全体集会で日教組の加藤良輔委員長は、いじめや体罰問題にふれ、「子どもや社会が抱える問題に学校、教員がどこまで迫ることができたのかが問われている」と述べた。

 続いて、岡本泰良書記長が基調報告を行い、安倍政権が「教育再生」を掲げて次々と打ち出す教育改革に対して、「道徳の教科化や、教科書検定・採択の見直しなど教育への政治介入が強まっている。現場の主体性・創造性が奪われないのかを注視していく必要がある」と警戒感を示した。


産経:今年も“イデオロギー授業”報告「憲法9条は自衛戦争放棄」
2014.1.25 20:44 (1/3ページ)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140125/edc14012520470006-n1.htm
 滋賀県で行われている日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会(教研集会)は2日目の25日、各教科ごとの分科会が開かれ、全国から集まった教員らが教育活動の課題について意見交換した。平和教育などの分科会では、子供たちに政府への不信感をあおったり、日教組の価値観を押し付けたりする“イデオロギー授業”が今年も報告された。


 ■技術科で反原発授業

 「私が何よりも怖いと思ったのはもちろん放射能もだが、何も正しいことを発表しない政府側…人間だ。なぜウソをつくのか?」

 東京都の中学校で行われた技術科の授業で生徒が書いた感想文だ。授業のテーマは「エネルギー変換」。中学校学習指導要領の単元の一つだが、その内容は、技術科とも指導要領とも無縁の「反原発」だった。

 25日の分科会で発表されたリポートによると、授業はまず、夏休みの宿題で1986年に起きたチェルノブイリ原発事故と東京電力福島第1原発事故の比較について生徒に調べさせ、その後教室で放射能の怖さなどを取り上げるという構成。授業を行った教員は「安倍首相は意図的に原発事故を小さくみせ、事実を隠蔽(いんぺい)して私たち国民をだまそうとしている」とリポートに書いており、政府批判をあおるような授業だったことがうかがえる。

 この授業後に生徒に感想を書かせたところ、「政府の対応がこんなにもひどく、ごまかしていることが分かった」「国は住民にウソしか言っていない」「国がだらしない」などの意見が目立ったという。


 ■自衛権も否定

 鳥取県の教員が発表した中学校の公民の授業リポートも、政府見解とは異なる方向に生徒を誘導しようとするような内容だった。

 憲法9条の解釈について、(1)自衛戦争も放棄(2)侵略戦争は放棄しているが自衛権は認めている(3)個別的自衛権だけでなく集団的自衛権も認められる-という3つの選択肢を提示して生徒に選ばせた上、教員自身は(1)の解釈を支持すると生徒に表明し、理由を説明するという授業だ。

 沖縄県の尖閣諸島をめぐる問題も取り上げ、「中国海軍が尖閣諸島を“奪還”するため大艦隊を出撃させた。自衛隊と在日米軍は迎撃態勢をしき、政府は憲法9条の解釈を変更して集団的自衛権の行使を宣言した。このような事態を生じさせないため、日本がとるべき行動は何か?」との課題を提示。生徒からは軍事力や金銭で解決する意見が多く出されたが、教員は「徹底して戦争を回避する」という意見を評価。この日の発表で「武力を持たないことがいかに大切かということで授業を進めている」と説明した。

 こうした“政治的”な授業について、元神奈川県教組委員長で教育評論家の小林正氏は、「一部の教員にとって日教組の教研集会は、イデオロギー教育の“手柄話”の発表会のようなものになっている。この構図は昭和26年の第1回大会から基本的に変わっていない」と批判している。


産経:日教組の教研集会閉幕 郷土愛を育む良識的リポートも
2014.1.26 21:45
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140126/edc14012621470002-n1.htm
 滋賀県で行われていた日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会(教研集会)は26日、3日間にわたる日程を終えて閉幕した。例年、学習指導要領を逸脱したイデオロギー的な授業例が複数報告される中、今年はちょっと“異色”の郷土愛を育む実践的なリポートも発表された。

 三重県松阪市の小学校教員は「郷土の先人に学ぶ」をテーマに、同市出身の国学者、本居宣長(1730~1801)の生き方を子供たちと考える授業リポートを発表した。

 11~12時間かけた長時間の授業で、最初に教室で本居宣長の業績などを教員が簡単に説明した後、児童とともに本居宣長の旧宅などをめぐるフィールドワークを行ったり、和歌を1時間に1首ずつ全員で朗唱したりして、郷土の先人や郷土そのものに対する興味を抱かせるという内容。

 本居宣長の墓前で、地元の自治会長が200年以上続く郷土の祭りについて児童に説明する課外授業も行われ、地域社会とも連携した教育活動だったようだ。

 授業を行った教員は「(郷土の先人の教えや遺物が)多くの人の力によって今に残され、これから先、自分たちがその一人になって残していこうという気持ちを(児童に)持たせることができたように思う」とリポートに書いている。

 本居宣長は江戸時代後期、35年かけて『古事記伝』を著したほか、日本固有の情緒「もののあはれ」こそ文学の本質だと提唱し、幕末の尊皇思想にも影響を及ぼしたことで知られる。

 今回のリポートについて水野雄司・宇都宮大学非常勤講師(国学)は「子供たちの郷土愛を育む良識的な授業構成といえる。ただ、せっかく本居宣長を題材にするなら、国を愛する心の育成にも踏み込んでほしかった」と話している。


産経:小1授業に裸のイラスト使用など行きすぎジェンダー教育 日教組教研集会 
2014.1.26 22:32
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140126/edc14012622340003-n1.htm
 26日に閉幕した日教組の教研集会では、ジェンダー教育をめぐり、行きすぎともいえる授業例も複数報告された。

 佐賀県の小学校教員は、小学1年生に行った性教育の実践リポートを提出。黒板に男女の裸のイラストを貼り、「性器」という言葉を踏まえながら男女の体について教える授業構成で、リポートによれば「教材がリアルだったので恥ずかしがったり笑ったりする子もいた」という。

 千葉県の中学校教員は男女平等をテーマに、童話「桃太郎」をパロディー化した文化祭の劇について報告した。桃から「桃太郎」と「桃子」の男女が生まれたという設定で、教員がリードする形で生徒に台本を作らせ、桃太郎に赤のランドセルを背負わせたり、桃子だけが鬼ケ島に行って「桃太郎が行かなかったことも男らしくないとかで責めないでください」と言わせたりする内容だ。

 こうした授業報告について、ジェンダー教育に詳しいジャーナリストの岡本明子さんは「性教育は児童の発達段階に応じて行う必要があり、小学1年生にリアルなイラストをみせるのはまだ早いのではないか。男女同権の劇も、日教組の『女性像』を子供たちに押し付けているような気がする」と批判している。


産経:教研集会閉幕 書記次長「取材対応を検討」 一部教職員取材拒否で 滋賀
2014.1.27 02:05
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140127/shg14012702050000-n1.htm
 県内で開かれていた日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会は26日閉幕し、岡島真砂樹書記次長が大津市内で集会を総括する記者会見を開いた。会場で授業例などを報告した教職員の一部が記者の取材を拒んでいたとし、「集会は公開が原則。今後は自由に取材してもらえるよう、対応を検討したい」と述べた。

 日教組によると、教研集会には全国の教職員延べ約1万人が参加。県内の25会場で、授業例や教育現場での課題などが報告された。




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:社会

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-01-17 13:30 | 社会 | Comments(0)
自民党推薦候補は本間奈々氏に決定 2015年の札幌市長選挙
道新:札幌市長選、秋元副市長を推薦 経済界有志27人が自民札連に
(2014/01/15 07:10)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/515265.html
魚拓
 来年春の札幌市長選で、同市内の経済界有志27人は14日、自民党札幌市支部連合会(札連)に対し、候補者として秋元克広副市長(57)を推薦した。現在、札連が選考対象にしているのは元総務省自治大学校研究部長の本間奈々氏(44)のみだが、秋元氏も新たな候補として検討する方向。秋元氏は取材に対し「まずは副市長の職務に専念したい」と述べ、慎重に検討する考えを示した。

 要請者は札幌商工会議所の副会頭6人のうち、岩田圭剛岩田地崎建設社長、勝木紀昭北海道エネルギー社長、似鳥昭雄ニトリホールディングス社長、布施光章DORAL会長、星野恭亮旭イノベックス社長の5人を含む。岩田、勝木両氏が要請書を札連幹部に提出した。要請書は、秋元氏について「行政経験が豊富で候補者として最適任」とし、候補として検討するよう求めている。

 秋元氏は夕張市出身で北大卒。1979年に札幌市役所入りし、市民まちづくり局企画部長、南区長、市長政策室長などを経て2012年4月から現職。<北海道新聞1月15日朝刊掲載>
※関連記事
中国人富裕層向け別荘、北海道千歳市に建設(完売) 将来は道内で1000棟目指す…家具のニトリ子会社 2010-04-20
「抑圧された側の歴史認識を共有」と韓国で述べた上田文雄札幌市長,3選出馬表明(民主/社民/市民ネット推薦) 2010-12-21



経済界27人はバカじゃないの?
締め切りを大幅に過ぎているこの時期に、
行政経験が豊富とかいう理由で、あの上田市長の「懐刀」「側近」を自民党に推薦要請するなんて。
しかも、本人に出馬の意思があるかどうかすらはっきりしない状態で。
理解に苦しむし、センスの欠片もないし、何がしたいのか、どうしたいのかもさっぱり分からない。



・・・と思っていたら、
自民党の推薦候補は本間奈々氏に決定となり、

道新:札幌市長選 本間氏の処遇焦点 自民札連、きょう候補選考を再開
(2014/01/16 10:42)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/515526.html
魚拓


道新:自民札連の推薦候補、本間氏に決定 来年春の札幌市長選
(2014/01/16 15:30)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/515584.html
魚拓
 自民党札幌市支部連合会(札連)は16日、来年春の札幌市長選の推薦候補を決める選考委員会などを札幌市内のホテルで開き、対象者の元総務省自治大学校研究部長の本間奈々氏(44)の推薦を決めた。選考委(26人)の出席者24人による投票の結果、推薦への同意が過半数に達した。本間氏の擁立には経済界から慎重論が出ていたが、支持派が巻き返した形だ。

 本間氏は前回2011年の市長選で同党の推薦を受けたものの、上田文雄市長(65)に約16万票差で敗れた。その後も札幌にとどまり、昨年11月には最も早く再出馬の意向を表明した。<北海道新聞1月16日夕刊掲載>


朝日:札幌市長選 自民、本間氏を推薦
2014年1月17日09時39分
http://www.asahi.com/articles/CMTW1401170100002.html
魚拓

 ■選考委で大多数信任

 自民党札幌市支部連合会(札連)は16日開いた選考委員会で、来春の札幌市長選の推薦候補に元総務省職員の本間奈々氏(44)を決めた。週明けにも道連を通じて党本部に推薦を申請する。経済界が秋元克広・副市長を推薦候補にするよう求める要請書を14日に提出していたが、議題にはならなかった。

 選考委員会では札連の公募に応募した本間氏の信任投票が行われ、山田一仁幹事長によると、出席した24人のうち大多数の信任票を得たという。

 昨年12月末に開かれた選考委員会の投票では、公募に応じた本間氏と市議の長内直也氏(49)のいずれも過半数の票を獲得できず、その後長内氏が辞退していた。今回、一転して本間氏が過半数を獲得したことについて、橋本聖子会長は「前回は2人のうち1人を選ぶ投票だったが、今回は1人。前回と今回で投票行動を変えた方がいらっしゃったということだ」と分析した。本間氏は「とにかくほっとしました。私を支持して下さらなかった方々にも時間をかけて歩み寄り、しっかり足元を固めていきたい」と語った。


道新:橋本聖子・自民札連会長が辞意 札幌市長選候補めぐる混乱受け
(2014/01/17 06:55)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/515702.html
魚拓


朝日:迷走選考劇 しこり残す 札幌市長選
2014年1月17日09時24分
http://www.asahi.com/articles/CMTW1401170100001.html
魚拓

※抜粋

 同様の不安を抱えた経済界は、「勝てる候補」として秋元克広・副市長に白羽の矢を立てた。行政経験が豊かで、経済界にも精通している。秋元氏なら民主党などの他党も「相乗りしやすい」という計算もあったとみられる。

 ただ、推薦要請書が札連に届いたのは選考委員会の2日前の14日。推薦候補の公募は昨年11月に締め切られていた。口説いていた別の市幹部に立候補を固辞されたという事情もあったが、秋元氏にしても立候補の意思を明らかにしたわけではない。ベテラン市議の一人は「そもそも、選考日程に間に合うよう話をまとめてこないのがおかしい」と指摘する。

 上田市長の「懐刀」ともいわれる秋元氏の名前が挙がったことが、札連の本間氏推薦に向けた流れを作る形になった。

 「上田市長の側近を推して、上田市政を継続させるのか」。町村氏は「相乗り」に傾きかけているとみた道議、市議らに電話をかけ、「本間氏支持」の説得を続けた。同じく電話作戦に出た本間氏が「かけた先、かけた先で、『町村先生からすでにお電話をいただいた』と言われた」と振り返る。

 この日の選考委員会では、経済界からの推薦要請書の取り扱いを議論すべきだという声もあがらなかったという。

 迷走を続けた選考劇は、しこりも残した。自民党の重要な支持基盤の一つである経済界の要請は門前払いされた形になった。橋本聖子会長は「議論せずに決定したことに、大変大きな責任を感じている」と繰り返し語った。

 本間氏は17日、町村氏とともに道連や公明党などを回る予定だ。本間氏は「丁寧に丁寧に、しこりを解いていきたい」と語る。


道新:札幌市長選、自民は本間氏 町村氏、巻き返し決着 経済界と関係修復課題
(2014/01/17 11:13)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/515747.html
 来年春の札幌市長選に向け、自民党札幌市支部連合会(札連)が16日、元総務省自治大学校研究部長の本間奈々氏(44)の推薦を決めたのは、民主党が支える上田文雄市長の影響力を嫌う町村信孝元官房長官(衆院道5区)らの主張が土壇場で支持を集めたためだ。ただ、本間氏擁立の慎重論を押し切った代償は重く、経済界との亀裂修復も急務となる。

 「当然の結果。上田市長を倒すのがわれわれの目標だ」。本間氏を支援してきた町村氏は札幌市内のホテルで開かれた候補選考委の後、記者団に満足げな表情を見せた。重鎮・町村氏を刺激したのは、14日に本間氏擁立に慎重な経済界有志27人が札連に提出した秋元克広副市長(57)の推薦要請だった。上田市政の中枢部門を歩んできた秋元氏を「上田直系」と見ていたからだ。

 執行部を中心に秋元氏擁立への期待感が高まる中、町村氏はまず関係者への電話で巻き返しを図った。選考委に先立ち開かれた、国会議員、道議、市議計約35人が出席した議員会では「上田市長側近を自民党から出すなんて自殺行為ですよ」と強調した。

 さらに本間氏支持派が「今ごろ別の人が出てくるのは筋が通らない」などと続いて流れをつくり、早期決着を求め、本間氏擁立の賛否を問う選考委での投票を要求した。札連は票数を明らかにしていないが、出席者によると、昨年12月27日の選考委の投票で出席23人中10人だった本間支持派は今回、出席24人のうち3分の2程度に増えたという。

 この結果に戸惑いを見せるのは、秋元氏を推薦した札幌商工会議所の副会頭5人を含む経済界有志だ。ある要請者は取材に対し「議論の俎上(そじょう)にも上がらなかったのは残念」と無念さをにじませる。札連の橋本聖子会長は記者団に「(経済界と一枚岩になって戦うのは)難しいとの声もあるが、努力をしていかなくてはいけない」と述べた。<北海道新聞1月17日朝刊掲載>


選挙:札幌市長選 自民推薦 本間氏選び、しこりも 経済界、慎重論ある中 /北海道
毎日新聞 2014年01月17日 地方版
http://senkyo.mainichi.jp/news/20140117ddlk01010231000c.html
(魚拓)
 難航していた自民党札幌市支部連合会の市長選推薦候補選考作業は16日、選考委員会が元自治大学校研究部長、本間奈々氏(44)を選んだことで決着した。ただ、本間氏擁立については経済界の一部などから慎重論が出ていただけに、しこりが残る可能性もある。

 選考委員会には橋本聖子・札連会長のほか、本間氏を推す町村信孝元官房長官(衆院道5区)らも出席。出席者によると、参加者が求めた信任投票の結果、総投票24票のうち約7割が本間氏を選んだという。

 14日には経済界有志27人から、秋元克広副市長(57)を推薦するよう求める要請書が提出されていたが、選考会では一切議論されなかった。橋本会長は終了後、「あれだけ多くの意思を受理しておきながら、テーブルに挙げて議論できなかったことの責任を非常に重く受け止めている」と語った。経済界との今後の関係については「札連として、支持を得られるよう丁寧な活動をやっていく。現段階では(一枚岩になって戦うのは)非常に難しいという声もあるが、一枚岩にするべく努力したい」と話した。

 一方、町村氏は本間氏への推薦決定を「当然の結果」と指摘。本間氏に対する評価が二分することについて「100%素晴らしい候補なんていない」と擁護した。秋元副市長に対する推薦要請については「上田文雄市長を倒すことが我々(自民党)の目標なのに、市長直系の副市長を推すなんてはなから考えられない。どういう思いで要請書を持ってきたのか理解できない」と不快感を示した。

 経済界有志の一人だった勝木紀昭札幌商工会議所副会頭は「市政が停滞することのないよう現職の中枢部から出てもらいたい、と思い要請した。検討してもらえなかったことは残念だ」と述べた。ただ「札連に説明を求めるつもりはない。決定したことを受け止める」と話した。【高橋克哉、円谷美晶】


読売:迷走劇で板ばさみの橋本聖子会長、辞意は固く
(2014年1月18日10時21分)
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20140118-OYT1T00242.htm
魚拓
 自民党札幌市支部連合会(札連)は17日、橋本聖子会長が2015年春の札幌市長選の候補者選考を巡り辞表を提出した問題で、札幌市内で役員会を開き、橋本氏を慰留することを決めた。

 橋本氏の辞意は固く、辞任する公算が大きい。候補者選考を巡る迷走劇は、札連に大きなしこりを残した。知事選への影響を懸念する見方もある。

 「橋本会長は経済界とのパイプもある。もう少し頑張ってもらいたい」。17日午後1時、札幌市中央区の札連事務所で開かれた役員会で、山田一仁幹事長や小須田悟士総務会長ら役員5人は橋本氏を慰留することで一致した。山田幹事長ら役員が18日にも東京都内で橋本氏を慰留するが、橋本氏は17日夜、札連幹部に電話で「私の意思は変わらない」と話しており、20日にも辞任する見通しだ。

 橋本氏が札連に辞表を提出したのは、選考委員会で元総務省自治大学校研究部長の本間奈々氏の推薦が決まった16日。選考を巡る迷走の責任をとるためだ。

 この2日前、前回市長選で上田文雄市長に16万票差で敗れた本間氏の擁立に消極的な経済界は、秋元克広副市長を推薦するよう札連に要請した。本間氏が昨年12月の選考委の投票で過半数を得られなかったこともあり、党内には「16日の推薦決定はない」との見方が広がった。

 ところが、前回選で本間氏擁立を主導した町村信孝元官房長官が、本間氏の推薦に向けて動いた。経済界が秋元氏の推薦要請を出した翌日の15日、町村氏は市内での会合で、態度を明確にしない選考委員の道議や市議らに「上田市政と対決してきた自民党が、(上田市長の側近である)秋元氏に乗っていいのか」と訴えた。札連関係者に電話をかけて「なぜ本間じゃだめなんだ」と問いつめる場面もあったという。16日には札連の選考委に初めて出席し、「今日、決めるべきだ。信任投票も一つの案だ」と早期決着を促した。町村氏に異論を唱える出席者はおらず、本間氏は大多数の票を獲得し、推薦が決まった。秋元氏については議題に上がることすらなかった。

 橋本氏は選考委終了後、「(経済界の)多くの方の意思を議論のテーブルに載せられなかった。責任問題も含めてしっかりと考えたい」と硬い表情で記者団に述べた。

 今回の迷走について、札連幹部は「橋本会長は町村さんと経済界との板挟みだった」と心情を推し量る。一方、有力市議は「橋本さんは調整力がなく、肝心な時に何も決められない」と批判する。党内にはしこりが残った。



良かったなぁと思います。
上田市政に心底うんざりしている者としては、
秋元副市長が俎上にも載らない状態だったことも良かったと思っています。
こんなものを呑んでしまったら民主党と変わらなくなってしまいますしね。

経済界27人にとっては愉快なことではないだろうけど、それは自民側だって同じだし、
時期と人選が少々無茶だったということくらいは内心では分かっているのでは?

あとは、候補者が決定した以上、
自民党札連は一枚岩となって、とにかく打倒上田に邁進してほしい。



推薦が決まった本間奈々氏は、2011年に落選後も札幌に残り活動を続けているようです。
(ご主人と2人のお子さんは、たしか東京?埼玉?かどこかに在住のはず)

また、「あくまでも札幌市にこだわりたい」と2012年の衆院選出馬を固辞しています。

あっちの選挙がだめだったらこっちの選挙、それがだめなら次はこっち、
こんな感じで、信念も節操も無い候補者が多い中、
本間氏のまじめな姿勢はとても好感が持てるし、
ここまで札幌市のことを考えてくれる人なら応援したいという気持ちにもなる。

それと・・・町村氏が後見人なら、本間氏は化けるかもしれませんし。
(2003年の道知事選に高橋はるみ氏を連れてきたのは町村氏。結果当選。現在3期目で、高い支持率を維持し続けています)

期待しています。


ちなみに前回の市長選は、
知名度不足の上に東日本大震災直後という状況で、
大変厳しい戦いだったにもかかわらず、本間氏は367,660票を獲得しています。
(上田市長は531,524票。基本は現職有利だし、2期もやっていたというのに)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

ほんとその通り。
脱原発だの反自衛隊だの男女共同参画だの、
上田市長と同じ思想の一部の人だけが利する札幌市政を、いい加減終わりにすべき。

道新:札幌市長選で自民・町村氏「重要なのは経済政策。上田市長は経済に無関心」
(2014/02/10 07:30)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/520218.html
(魚拓)
 自民党札幌市支部連合会(札連)の会長に就任した町村信孝元官房長官(69)=衆院道5区=は9日、北海道新聞のインタビューに答え、来年春の札幌市長選について「どう見ても重要なのは経済。上田文雄市長は理念だけの政策が多く、経済に無関心だ」と述べ、経済政策のアピールに力を入れる方針を示した。

 同時期に実施される道知事選と市長選との連動は「決して簡単ではない。知事選の候補者が決まった段階で、どう戦っていくかを考えたい」と述べるにとどめた。

 札連は市長選推薦候補を元総務省自治大学校研究部長の本間奈々氏(44)に決定する選考過程で、経済界との間に亀裂が表面化。橋本聖子前会長が辞任し、2日に町村氏が就任していた。<北海道新聞2月10日朝刊掲載>


HRE:経済界に逆バネ現象で広がる札幌市長選自民推薦候補・本間奈々氏への支持
2014年4月22日(火) 8:37
http://hre-net.com/seiji/sapprosisei/10419/
(魚拓)


道新:札幌市長選、札商工連盟が本間氏推薦 自民、経済界の後押し期待 公明は態度保留(2014/06/27 13:15)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/547903.html
(魚拓)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治-2015統一地方選

■関連カテゴリ:政治-地方  政治-2011統一地方選

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-01-17 13:23 | 政治‐2015統一地方選 | Comments(0)
韓国の朴槿恵大統領、インドでも慰安婦問題提起/ベトナムでの韓国軍の残虐行為と朴正煕政府の慰安婦管理
経済危機をうっちゃって悪口外交しか出来ない無能大統領が、
インドでもこんなことを。

どうしてベトナムでは言わなかったのかなぁ?

共同:朴大統領、印でも慰安婦問題提起 「格別な関心と支援」を依頼
2014/01/16 23:45
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011601002091.html
 【ソウル共同】聯合ニュースによると、インド訪問中の韓国の朴槿恵大統領は16日、インド下院の有力女性議員との会談で、旧日本軍の従軍慰安婦問題に「格別な関心と支援」を寄せるよう依頼した。韓国大統領府がニューデリーで明らかにした。

 朴氏は女性議員に、慰安婦問題は日韓両国間だけの懸案ではないとし「女性の人権侵害の問題で、高齢の被害者たちにあまり時間が残されていないことを考えれば早期の解決が極めて重要だ」と指摘したという。

 朴氏は昨年2月の就任以来、外国訪問の際に度々、演説や相手国のメディアのインタビューで日本との間の歴史問題を取り上げている。


聯合:朴大統領 インド女性指導者に慰安婦問題への支援要請
2014/01/17 00:27
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2014/01/17/
0900000000AJP20140117000100882.HTML

魚拓1)(魚拓2
【ニューデリー聯合ニュース】インドを国賓訪問中の韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は16日、インドの女性政治指導者で下院の野党代表、スワラジ議員と会談した。朴大統領は女性の人権向上に努めてきたスワラジ議員に対し、慰安婦問題への格別な関心と支援を要請した。青瓦台(韓国大統領府)が伝えた。

 朴大統領は慰安婦問題について、韓国と日本だけの懸案ではなく、女性の人権侵害問題と指摘。慰安婦被害者らは高齢のため、早期の解決が必要だと強調した。






■関連記事

ZAKZAK:ベトナム訪問の朴大統領、過去の戦争を謝罪せず 韓国紙は奇妙な解釈と皮肉 (1/2ページ)2013.09.11
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130911/frn1309110835000-n1.htm


韓国ハンギョレ新聞:‘基地村女性管理’朴正熙 親筆署名文書 公開
登録 : 2013.11.06 19:26 修正 : 2013.11.07 00:41
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/15985.html
魚拓


サーチナ:朴正煕政府が売春女性を慰安婦と呼び管理=韓国議員が資料公開
2013/11/11(月) 11:13
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1111&f=national_1111_017.shtml


ZAKZAK:韓国がダンマリを決め込む歴史上の“負の遺産” ベトナムの惨劇に謝罪なし
2013.12.16
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131216/frn1312161810008-n1.htm
 従軍慰安婦など歴史問題を盾に執拗な反日政策を展開する韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領。だが、実は、自国の“負の遺産”についてはダンマリを決め込んでいる。1960~70年代のベトナム戦争で、凄惨を極めた韓国軍による大量虐殺や性ビジネス。自国のこととなると知らぬ存ぜぬ一点張りの朴氏。その理解し難き精神構造と身も凍る残虐行為の実態とは-。

 今年2月の就任以降、日本に「過去を直視せよ」と迫り、安倍晋三首相との会談を拒み続ける朴氏。日本の戦争責任を厳しく追及しているが、韓国軍が犯したベトナム戦争での蛮行に目を向けると、「過去を…」という言葉をそのまま返したくなる。その残虐さは、近代戦争史のなかでも群を抜き、突出しているからだ。

 米国の要求に応えて、韓国がベトナム戦争に参戦したのは64年。朴氏の父親である朴正煕政権(当時)が、世論の反対を押さえて決断した。以降73年までに、米軍以外では最大規模の延べ30万人以上を派兵。「青龍部隊」「猛虎部隊」「白馬部隊」という先鋭部隊が、激戦区のベトナム中部の海岸地帯に送り込まれ、“拠点防衛”を任されたという。

 インドシナでの取材経験が豊富な戦争ジャーナリスト、井川一久氏(79)は“拠点防衛”の実態をこう話す。

 「いわゆる『農村無人化作戦』。最初は敵を探し出し、集中的に攻撃する作戦だったが、なかなか降参しないベトナムの武装ゲリラを掃討するため、民間人が住む農村部を攻撃することにした。事前通告して村から離れないものはすべて敵とみなして殺害する。米軍と規模こそ異なるが、韓国軍の手口は残虐さを極めた」

 井川氏が取材した海岸地帯のフーカイン省トイホア県では、9つの村落で計約900人が虐殺されたとされる。韓国軍による民間人の虐殺被害者数の全容は不明だが、韓国の雑誌によれば、少なくとも9000人以上との情報がある。

 「兵士である男は村にいないので、実際に殺害されたのは女性と子供、そして、老人ばかり。防空壕に逃げ込んだ村民を引っ張りだして片っ端から射殺したり、手榴弾を投げつけたりした。生き残った村民からは『韓国軍は事前通告をしなかった』という証言も得た」(井川氏)

 残虐方式にはパターンがあり、「子供たちの頭や首を切り落とし、手足を切断して、火に投げ込む」「妊婦の腹から胎児が飛び出すまで軍靴で踏みつける」など、筆舌に尽くしがたい生存者の証言内容が、韓国の雑誌などで報告されている。

 韓国軍による慰安婦問題もベトナム戦争の傷跡として重く残る。

 井川氏は「韓国軍や韓国の民間人は、村を追われて戦争難民であったベトナム人女性を『売春婦』に仕立てた。これは事実上の強制連行といえる」と強調。当時、南ベトナムの至る所に韓国人経営の性的慰安施設があり、戦闘地には軍人専用のものがあったという。

 「ある韓国軍副司令官の家に呼ばれた際に、10代のベトナム人女性が出てきて『今夜はお宅に連れていっていいですよ』と言われて非常に驚いた。まさに占領国意識の塊だった。韓国人男性とベトナム人女性の混血児『ライダイハン』は1万5000人いるといわれるが、セックス・ビジネスと無関係ではない」

 こうした負の遺産は、韓国国内で長い間、封印されてきたが、90年代後半から韓国の市民団体などが調査、報道して顕在化した。

  韓国政府はいまだ正式に調査を行っていないものの、2001年に金大中大統領(当時)がベトナム訪問の際に「不本意ながらもベトナム国民に苦痛を与えたことを申し訳なく思う」と謝罪した。

 これに対し、「金大統領の歴史認識を憂慮せざるを得ない。参戦勇士の名誉を傷つけるものだ」とかみついたのが当時、野党でハンナラ党副総裁だった朴氏。今年9月のベトナム訪問でも朴氏は一切、謝罪をしていない。

 「朴氏の発想の原点は『国軍の名誉』というところにある。要は、事実には目をつむるということ。自分の国の悪いことは一切言わないが、同じようなことが日本にあると攻撃する。大統領からマスコミ、国民までみんな同じ思考で、朴氏は韓国を映し出す鏡といえる」

 本紙の連載などをまとめた『呆韓論』の著者でジャーナリストの室谷克実氏はこう語り、朴氏が抱える矛盾を指摘する。

 「事実をねじ曲げて『慰安婦は性奴隷』と日本を批判している韓国人は、ベトナム戦争を体験した世代。自分たちがやったことは、日本もやったはずだと思い込んでいる」

 自国の歴史に直面せず「日本は慰安婦を侮辱している」などと繰り返す朴氏。虚偽をかたり、他者をおとしめ、都合の悪いことには、目をそむける。侮辱しているのは一体、どちらなのだろうか。


ウィキペディア:ライダイハン
http://p.tl/5179


産経:目に余る“告げ口外交” 朴大統領の軟弱な歴史認識
2013.11.16 08:17
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131116/kor13111608230002-n1.htm






■追記

パク・クネ大統領も将来こう言われそう(笑)。

TBS:ゲーツ元国防長官の暴露本が1位に ホワイトハウスは火消しに躍起
最終更新:2014年1月17日(金) 20時11分
http://news.tbs.co.jp/20140117/newseye/tbs_newseye2104993.html
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140117-00000025-jnn-int
http://www.youtube.com/watch?v=KQrXAfRwaeY
魚拓1)(魚拓2)(魚拓3
 アメリカのオバマ大統領の外交政策などを痛烈に批判した暴露本が、全米で売り上げトップになっています。書いたのは、かつて大統領を支えた元国防長官。オバマ政権は火消しに躍起です。

 オバマ政権に批判的な内容の回顧録を出版したのは、ゲーツ元国防長官。サイン会が行われているのですが、並んでいるのはいずれも政府の職員です。

 「待ち時間でここまで読んだよ 。(Q.2時間で?)そうだよ。間違いなく面白い。ページをめくる手が止まらないよ」(海兵隊員)

 オバマ政権1期目の国防長官ロバート・ゲーツ氏。サイン会が行われたのは、古巣の国防総省でした。軍人ら1000人以上が、長蛇の列をなしています。発売3日目にして、全米売り上げ月間1位に躍り出たゲーツ氏の回顧録「Duty」(責務)。軍の関係者のみならず、全米の大きな注目を集めるのにはワケがあります。

 まず、オバマ大統領のアフガン政策に疑問を呈し、「ホワイトハウスは良いことは全て自分たちの手柄にして、現場の人間には何もなし」。さらに、バイデン副大統領に対しては、「主要な外交政策のほとんどが間違っている」と痛烈に批判しています。

 矛先は、外国の首脳にもおよびます。当時の韓国、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領については、盧大統領が2007年の会談で「アジアの安全に対する最大の脅威はアメリカと日本だ」と発言したと明かした上で、「(盧元大統領は)反米で、おそらく少し正常ではない」と赤裸々な人物評を展開しています。

 元閣僚が現職の大統領を批判するのは極めて異例で、メディアは大きく取り上げています。

 「出版の意図は、この何十年、米国を、米政府をどういった問題が引き裂いてきたか、少し引いた党派を超えた視点を提供しようと思った」(ゲーツ 元国防長官)

 「オバマ批判の暴露本ではない」と当の本人は語るものの、「現職時代、ポーカーフェイスで知られたゲーツ氏が本音をぶちまけた」とメディアは受け止めており、オバマ大統領も火消しに躍起です。

 「ゲーツ元長官は在任時に傑出した仕事をし、私の良き友人でもある。彼の仕事ぶりにはいつも感謝している」(オバマ大統領)

 しかし、野党議員が「政権の失策が明らかになった」と早くも飛びついており、政権発足後、最低の40%前後の支持率にあえぐオバマ大統領にとって、ゲーツ氏の暴露本は新たな頭痛の種となっています。(17日18:03)






■当ブログ内関連記事

[PR]
by doumin | 2014-01-17 00:46 | 歴史 | Comments(0)
余市港に遺体…JR北海道の坂本真一相談役か 2011年には中島尚俊社長(当時)が自殺
朝日:JR北海道の相談役、遺体で発見か 北海道・余市港 2014年1月15日15時24分
http://www.asahi.com/articles/ASG1H4V4VG1HIIPE012.html
 15日午前8時20分ごろ、北海道余市町の余市港内で、男性の遺体が浮いているのが見つかった。JR北海道によると、同社の坂本真一相談役(73)の可能性があり、同社関係者が確認のため現地に向かった。

 余市署によると、遺体に目立った外傷はなく、着衣に乱れはないという。道警は、自殺の可能性を含めて調べている。

 坂本相談役は1996年から社長、2003年から会長を務め、07年から現職。


日経:元JR北海道社長の遺体か 北海道・余市港で発見 2014/1/15 16:08
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFC1500J_V10C14A1000000/
 15日午前8時20分ごろ、北海道余市町の余市港で、60~70歳くらいの男性の遺体が海に浮いているのが見つかった。近くで北海道旅客鉄道(JR北海道)の元社長、坂本真一相談役(73)が所有する車が見つかり、北海道警は遺体は坂本相談役の可能性があるとみて身元確認を急いでいる。関係者によると、坂本相談役はここ数日、行方がわからなくなっているという。


JR北:元社長の坂本相談役か 余市港で男性遺体発見
毎日新聞 2014年01月15日 16時21分(最終更新 01月15日 16時49分)
http://mainichi.jp/select/news/20140115k0000e040272000c.html
 15日午前8時20分ごろ、北海道余市町港町の余市港で、男性の遺体が浮いているのが見つかった。JR北海道元社長で相談役の坂本真一さん(73)とみられ、道警が確認を進めている。遺体に目立った外傷はなく、自殺の可能性もあるという。

 道警によると、遺体は海上自衛隊余市防備隊が、小樽港の防波堤から約100メートルの沖合で発見した。遺体は水色のワイシャツに紺色ニットベスト、黒色ズボンで黒色の紳士靴を履き、うつぶせの状態で見つかった。所持品はなく、死後1、2日程度とみられる。

 JR北海道では2011年9月に、当時の中島尚俊社長が自殺している。【坂本太郎、遠藤修平】


読売:JR北海道の坂本相談役か、港内に男性の遺体(2014年1月15日16時26分)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140115-OYT1T00796.htm
 15日午前8時20分頃、北海道余市町港町の余市港内で男性の遺体が浮いているのを、海上自衛隊員が見つけた。

 JR北海道の坂本真一相談役(73)が同日朝から行方が分からず、道警が身元を調べている。

 坂本相談役は、JR北海道で社長や会長を歴任した。

 JR北海道では、2011年9月、中島尚俊社長(当時64歳)の遺体が小樽市沖で発見され、遺書が見つかっている。


産経:元JR北海道社長が自殺か? 現相談役、余市港で発見
2014.1.15 16:43
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140115/crm14011516440019-n1.htm
 15日午前8時20分ごろ、北海道余市町港町の余市港内で男性の遺体が浮いているのが見つかり、道警は元JR北海道社長の坂本真一相談役(73)の可能性があるとみて確認を急いでいる。遺体に目立った外傷はなく、自殺とみられるという。遺体は防波堤から約100メートル沖合で、航行中の船が見つけた。

 JR北海道によると、坂本氏は15日、出社予定だったが会社に姿を見せていなかった。

 坂本氏は東京都出身。北海道大工学部を卒業後に昭和39年、旧国鉄に入り、JR北海道の発足後は取締役鉄道事業本部営業部長、専務取締役総合企画本部長などを歴任し、平成8年に第2代社長に就任した。平成15年から会長、同19年から相談役だった。

 JR北海道では同23年9月、当時の中島尚俊社長が自殺している。


道新:JR北海道の坂本相談役が行方不明 朝本社に出勤せず
(01/15 16:46、01/15 17:07 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/515379.html
 JR北海道元社長で、相談役の坂本真一さん(73)が15日朝、本社に出勤せず、行方が分からなくなっていることが同社関係者への取材で分かった。同日午前8時半ごろには、後志管内余市町港町の余市港に、「遺体のようなものが浮いている」と小樽海保に通報があり、同海保が約1時間後、男性の遺体を引き揚げた。余市署などは遺体が坂本さんの可能性があるとみて、死因と身元の確認を急いでいる。

 小樽海保によると、遺体はスーツ姿の初老の男性で、所持品はなかった。

 坂本さんは1940年、東京都生まれ。北大工学部を卒業した64年に旧国鉄入り。JR北海道が発足した87年に取締役鉄道事業本部営業部長となり、96年に同社の2代目社長に就任した。2003年から会長、07年から現職。06年からは北海道経済同友会代表幹事、08年からは社団法人北海道観光振興機構会長を務めている。

 JR北海道ではずさんな安全管理で事故が多発した上、レール検査データの改ざんが新たに発覚するなど問題が相次いでいた。

 11年9月には、当時の中島尚俊社長が遺書を残して自殺した。<北海道新聞1月15日夕刊掲載>


テレ朝:港沖合に遺体…JR北海道の元社長か 北海道余市町(01/15 17:01)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000019624.html
 北海道余市町の港で男性の遺体が見つかりました。近くでJR北海道の坂本真一元社長(73)の車が見つかったことから、警察は、遺体が坂本元社長の可能性もあるとみて調べています。

 15日午前8時半ごろ、余市町港町の余市港に「人が浮いている」と通報がありました。海上保安部が駆けつけたところ、防波堤から100メートルの沖合で男性が浮いているのが見つかり、約1時間後に引き上げられましたが、すでに死亡していました。現場近くでは、JR北海道の元社長で、現在、相談役の坂本さんの車が見つかっていて、本人の行方が分からなくなっていることから、警察は、遺体が坂本元社長の可能性があるとみて調べています。


時事:JR北海道相談役が死亡か=元社長、港に男性遺体-道警
(2014/01/15-17:20)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014011500660
 北海道警によると、余市町の余市港で15日午前8時20分ごろ、60~70代とみられる男性の遺体が浮いているのが見つかった。JR北海道の元社長で相談役の坂本真一さん(73)の行方が分からなくなっており、道警余市署などは遺体は坂本さんの可能性もあるとみて確認を急いでいる。
 同署によると、遺体の男性は身長170~180センチで、目立った外傷はなかった。
 坂本さんは1996年からJR北海道の社長、2003年から会長を務め、07年6月に相談役に退いてからも実力者として社内で強い影響力を持っていた。
 JR北海道では昨年9月の貨物列車脱線事故を契機に、レール幅の異常な拡大放置や、検査データの改ざんなど不祥事が相次いでいる。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

道新:JR北海道経営陣、年度内に刷新 政府方針、野島社長・小池会長更迭へ
(12/24 06:30)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/511817.html ※魚拓
 政府は23日、JR北海道の野島誠社長、小池明夫会長を退任させ、年度内に新体制に移行させる意向を固めた。ずさんな安全管理で事故が相次いだ上、レール検査データ改ざんが新たに発覚するなど、悪質な不祥事を防げなかった責任は重いと判断、事実上の更迭となる。近く国土交通省を中心に後任の人選に着手する。

 複数の政府関係者が明らかにした。首相官邸筋によると、後任は社内に限らず、幅広く検討する。坂本真一相談役(元社長)、柿沼博彦特別顧問(前会長)らも退任の方向で調整する。

 国交省は現在、同社に対し3度目の特別保安監査を続行中。監査結果を踏まえ、鉄道事業法に基づく事業改善命令などを検討、安全体制を再構築した上で経営陣刷新に踏み切る。一連の問題の全容解明に時間がかかる場合、新体制発足が年度をまたぐ可能性もある。<北海道新聞12月24日朝刊掲載>


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連リンク(ソースとは言えませんので、ご判断は各自でお願いいたします)

財界さっぽろ 怪文書BOX:JR北海道関連会社からの声 2013.9.29(日)
http://www.zaikaisapporo.co.jp/kaibunsho/topics.php?mode=list&month=2013-9&ofs=0#h792
魚拓1 ※魚拓2
(抜粋)
中島社長はそれを知っていたために命にかえて責任をとったと思いますが、
未だにのうのうとしている相談役が最大の戦犯でしょう。
彼は相談役を退任し、他に様々な経済界での肩書も辞任し、北海道から消えていただきたくことが必要と思います。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

NHK:JR北 坂本元社長が自殺か 1月15日 19時15分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140115/k10014510501000.html
15日朝、北海道余市町の沖合で男性が海面に浮いた状態で見つかり、その後、死亡が確認されました。
警察は近くで見つかった車のナンバーなどからJR北海道の元社長で現在、相談役の坂本眞一氏とみて、身元の確認を進めるとともに、自殺の可能性もあるとみて調べています。

15日午前8時すぎ、北海道余市町の沖合100メートルほどの海面に男性が浮いた状態で見つかり、その後、死亡が確認されました。男性の体の特徴や、近くで見つかった車のナンバーなどから、警察は、死亡したのはJR北海道の社長や会長を歴任し現在は相談役の坂本眞一氏(73)とみて、身元の確認を進めています。
関係者によりますと、坂本相談役は14日夕方、車で自宅から外出したことが確認されていて、15日朝秘書が迎えに行った際にも、自宅におらず、連絡が取れなくなっていたということです。
警察は、現場の状況などから自殺の可能性もあるとみて、調べています。
JR北海道を巡っては、3年前、石勝線で起きた特急の脱線火災事故を受けて、会社として安全対策に取り組んでいたさなか当時の社長が自殺し、去年からは、レールの検査データの改ざんなど安全管理上の問題が相次いで明らかになっています。
坂本眞一氏は昭和39年に国鉄に入社し、国鉄の分割民営化によるJR北海道の会社発足後は営業部長や専務などを務めました。
平成8年に2代目の社長に就任すると、札幌駅に複合商業施設「JRタワー」をオープンさせるなど、多角的な経営に乗り出しました。社長を退いたあとは会長を経て、平成19年から相談役を務めていました。
また、北海道経済同友会の代表幹事など務め、北海道経済の活性化にも取り組んでいました。



NHK:亡くなったのはJR北海道の坂本氏と確認 1月15日 22時7分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140115/k10014514701000.html


毎日:JR北・元社長自殺か:周囲に「死にたい」 不祥事続く中
2014年01月15日 23時30分(最終更新 01月15日 23時57分)
http://mainichi.jp/select/news/20140116k0000m040113000c.html
1ページ目魚拓 ※2ページ目魚拓
 JR北海道元社長の坂本真一相談役(73)の遺体が15日、厳寒の海で見つかった。レール検査記録改ざんなど深刻な不祥事が相次ぐ同社。坂本氏も最近、周囲に「死にたい」と漏らしていたという。約2年前、坂本氏が信頼を寄せていた中島尚俊元社長(当時64歳)の遺体が発見されたのもわずか15キロしか離れていない同じ海だった。繰り返されるトップの死に、社員らに衝撃や戸惑いが広がっている。【遠藤修平、森健太郎、鈴木梢、野原寛史】

 札幌市中央区の同社には午後3時ごろから報道陣が集まり、広報部員らはあわただしく事実確認に追われた。「遺体は本人と思われるとの情報を得ている」。午後5時、西野亨広報部長が約20人の記者団に説明。最近の様子を問われると「変わったところはなかった」「確認しています」などと繰り返した。

 坂本氏は2003年の社長勇退後も、経済界の公職を務める。取締役を引いた08年以降も取締役会に出席して社内に強い影響力を維持していた。関係者によると、昨年9月のレール異常放置発覚後は「役員は会社の席に座るのではなく、謝りに回るように」と経営陣を指導。毎日新聞の取材に、経済界の役職やJR相談役を続投する意欲を明言していた。

 だが、その後も不祥事が続発。衆院の国土交通委員会などでは坂本氏ら歴代トップの責任を問う声も高まった。国土交通省の特別保安監査は今も続く。関係者によると、坂本相談役は最近食欲がなく落ち込んだ様子で、周囲に「死にたい」と漏らしていたという。

 一方、野島誠社長(57)も体調不良のため、10日から札幌市内の病院に入院。相次ぐリーダーの不在に、社内には動揺が広がる。

 ベテラン社員は「(坂本氏に)何があったか分からないが、相当な責任や重圧を抱え込んでいたのかもしれない」。50代の技術系社員は「企業のトップに立った人が続けて2人も自殺したとするなら、組織としては異常だ」と言葉少なだった。

 遺体が発見された北海道余市町の余市港。当時、激しくふぶいて海は荒れていたという。「あれほど誠実な社長はいなかった」。15日午後、遺体発見の知らせに港に駆け付けた同町の元JR北海道社員、吉村裕二さん(65)はそう両手を合わせた。

 廃止直前の保線部署に勤めていた1998年、当時社長だった坂本氏が職場を訪れ、言葉を交わした。社長が保線部署を訪れるのは極めて異例。「つらいことがあっても余市の海を見ると気が晴れる」と話していたという。「現場を気にかけてくれていた」と声を落とした。

 ◇最近のJR北海道のトラブル

2011年                 

5月27日 JR石勝線のトンネルで特急が脱線、炎上し79人が負傷

9月18日 小樽市沖で中島尚俊社長(当時)の遺体発見。「戦線離脱をおわび」と遺書

2013年                 

2〜7月 特急列車の出火事故相次ぐ

9月19日 JR函館線大沼駅で貨物列車脱線

  21日 レール異常放置が発覚。国土交通省が特別保安監査を開始

10月4日 国交省が改善指示

  9日 2回目の特別保安監査。12日まで

11月12日 函館保線管理室のレール検査記録改ざんが発覚

  14日 3回目の特別保安監査始まる

  22日 衆院国土交通委員会が野島誠社長を参考人招致。28日に参院委も

12月12日 大沼駅脱線事故直後の記録改ざんを発表

2014年                 

1月15日 余市町沖で坂本真一相談役の遺体発見


日経:JR北海道の坂本相談役死去、悼む声相次ぐ 2014/1/16 3:51
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO65366420V10C14A1L41000/ ※魚拓



日経:JR北海道、再建なお混沌 人事刷新先延ばしも 2014/1/16 3:46
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFC15018_V10C14A1L41000/
 北海道旅客鉄道(JR北海道)で社長を務めた坂本真一相談役の遺体が15日、余市港内で見つかった。相次ぐ事故や不祥事を受けJR北海道は立て直しの真っただ中。野島誠社長は持病で入院を繰り返しており、いまだに大きな影響力を持つ元社長がいなくなったことで再建の行方はさらに混沌とする。混乱を避けるため、人事刷新が先延ばしとなる可能性もある。

 JR北海道では昨年夏以降、走行中の特急から出火する事故や、レールの検査データを改ざんする不祥事が続出した。改ざんは長年続いていたことも判明。旧経営陣の責任も問われた。

 坂本氏は民営化後の2代目社長として1996年から2003年まで在任。鉄道の営業や札幌駅ビル開発に力を入れた。政治家とのつながりを保ち、取締役を外れ相談役となった後も昨年9月まで取締役会に出席するほど影響力を残していた。

 一連の問題を受け、国土交通省は3度目の特別保安監査を続けている。行政処分とともに、政府内には経営陣の刷新を求める声がある。坂本相談役や小池明夫会長の交代を促す意見は強く、野島社長も代わるとの見方がある。

 国交省は行政処分を粛々と下す見込み。ただ人事については、坂本氏という実力者を予期せぬタイミングで失い、社内の混乱に拍車がかかる。折しも、持病による野島社長の入院で、16日に予定していた定例記者会見は延期になったばかり。

 国交省幹部は「今の状況で社長が代わっても混乱を助長するだけ」と話す。同社に新たな問題が発覚する恐れもあり、死亡の理由が明らかにならないと次の一手に踏み込みにくい。一方で坂本氏はいずれ退任が有力視されていただけに、影響は小さいとの見方もある。

 「相談役を辞めるという腹が決まったのか、一時より元気に見えた」。1月上旬に坂本氏に会った関係者は当時の様子をこう語った。体調不良や心労が重なり、一連の問題の発覚後はやつれが目立ったが、少し明るい雰囲気があったという。


読売:JR北、3年前にも当時の社長が遺体で海に(2014年1月16日08時31分)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140115-OYT1T01282.htm

坂本相談役の車が発見された余市港の現場周辺(15日午後5時16分、北海道余市町で)=栗原怜里撮影

 15日に遺体で発見されたJR北海道の坂本真一相談役(73)は、第2代社長として札幌駅南口の大型複合商業施設「JRタワー」を2003年に開業させるなど多くの功績を残した。

 相談役になってからも社内で発言力を持ち続けたが、レール計測データの改ざんなど一連の問題の発覚後、現経営陣への影響力を批判され、最近は取締役会への出席を取りやめるなど距離を置いていた。同社では3年前に当時の社長が小樽市沖で遺体で発見されていただけに、同社関係者は衝撃を隠せぬ様子を見せた。

 坂本相談役は1964年に北大工学部を卒業し、国鉄に入社。営業部長や総合企画本部長など、主に営業畑を歩き、96年に社長に就任した。経営の多角化を進め、2003年には社運をかけたJRタワーが完成。札幌の商業地図を塗り替える成功を収めた。

 07年に相談役となり、08年には取締役から退いたが、取締役会には出席し続けるなど、社内での発言力を持ち続けた。取締役会では、経営全般や安全管理の在り方について、様々な意見を述べていたという。

 同社関係者は「坂本さんはJR北海道の発足当時から会社を引っ張り、JRタワーなど鉄道事業以外にも力を尽くした。相談役になった後も会社では大きな影響力を持っていた」と説明する。

 11年5月に79人が軽傷を負った石勝線・特急脱線炎上事故の時には、すでに相談役となっていた。だが、当時の中島尚俊社長が同年9月に小樽市沖で遺体で見つかったことから、再び社長となった小池明夫・現会長とともに同社の立て直しにあたった。


道新:危機さなか社員沈痛 坂本元社長急死に幹部「信じられない」
(01/15 19:48、01/16 08:57 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/515424.html
 JR北海道の元社長で現在は相談役の坂本真一さん(73)が後志管内余市町の沖合で亡くなっているのが見つかった15日、同社内外に衝撃が走った。同社では昨夏から脱線事故やレール検査データの改ざん問題などが相次ぎ、組織は「存続の危機」(野島誠社長)のさなか。社員は一様に沈痛な表情を浮かべた。

 「相談役が行方不明だ」―。坂本さんは午前10時から道経連の会議に出席予定で、秘書が9時半に札幌市中央区の自宅に迎えに行ったところ、姿を見せなかった。合鍵を使って入った室内は携帯電話が残された不自然な状況だった。秘書から一報が入ると、社内が慌ただしくなった。

 同社は札幌中央署に相談、間もなく余市で坂本さんとみられる遺体が見つかっていたことが分かり、15日午後、社員が確認に向かった。現地からは「相談役と思われる」と報告があり、単なる所在不明ではないことが確実になった。

 同社では2011年9月にも、石勝線脱線炎上事故の対応の陣頭指揮を執っていた中島尚俊社長(当時)が自殺した。今回もレール検査データ改ざんなどで組織が揺れる中、突然の訃報。しかも経営トップ経験者2人目の自殺の可能性が高いとみられる。「こんな大変な時期に、うちはどうなってしまうのか」。あるベテラン社員がうめくように言った。

 坂本さんは会社の難局に深く心を痛めていたというが、幹部の一人は「どっしり構えた人。自ら命を絶つなんて信じられない」。今年に入って坂本さんと会ったというJR関連会社幹部は「6キロやせたと言っていたが、むしろ入退院を繰り返す野島社長を気遣っていたのに」と驚きを隠せない様子だった。

 坂本さんの遺体が発見された余市町。普段は静かな余市港は15日朝から、物々しい雰囲気に包まれた。

 「港内を自衛隊の船が行き来していたので何かと思ったら、スーツ姿の人がうつぶせで浮いていた。まさかJRの相談役だったとは」。遺体を目撃した漁業者(41)が振り返る。<北海道新聞1月16日朝刊掲載>



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
JR北海道の相次ぐ不祥事 赤字体質と極左暴力集団革マル系労組の北鉄労(JR総連所属) 2013-10-07

■カテゴリ:社会

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-01-15 17:44 | 社会 | Comments(0)
朝鮮総連競売,延期されていた売却許可決定は2014年1月23日 適格となれば正式な落札者に (追記)不許可決定
結論は23日に決定しました。
アバール社が適格と判断されれば、正式な落札者となります。
その後1週間、不服申し立てがなければ売却許可決定の確定となり、
期限内(確定からおよそ1ヵ月後)にアバール社が残金を納めれることが出来れば、
所有権が移転します。

産経:総連中央本部売却、23日に可否を判断 東京地裁 2014.1.14 14:39
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140114/trl14011414400006-n1.htm
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物の再入札で、東京地裁は14日、売却を許可するかどうかを判断する売却決定期日を23日に指定した。再入札では、昨年10月、モンゴル企業の「アヴァール・リミテッド・ライアビリティ・カンパニー」が50億1千万円で落札。同月に売却決定期日が指定されたが、手続きが続行となっていた。

 債務者である朝鮮総連への売却は民事執行法の規定で禁止されており、総連から資金提供を受けていることが分かった場合も売却は不許可となる。地裁は、ア社の買い手としての資格などを審査していた。

 中央本部の土地は約2390平方メートル。建物は地上10階、地下2階で、延べ床面積は約1万1740平方メートル。売却基準価額は約26億6800万円だった。

 昨年3月、1回目の入札で、宗教法人最福寺(鹿児島市)が45億1900万円で落札したが、資金を調達できず、購入を断念し、2回目となる入札が行われた。



d0164331_18402480.jpg



朝鮮総連中央本部
(画像は産経新聞[2013.3.29]より)


時事:売却可否23日に決定=朝鮮総連本部の再入札-東京地裁(2014/01/14-16:09)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014011400645
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地建物の再入札で、東京地裁は14日までに、落札したモンゴル企業「アヴァール リミテッド ライアビリティ カンパニー」への売却を許可するかどうかの決定期日を23日に指定した。
 再入札では同社が50億1000万円で落札。当初は昨年10月22日に売却可否を決定するはずだったが、延期されていた。
 モンゴルの税務当局によると、同社は昨年1月に設立された。税金を全く払っておらず、活動実態がないという。登記された住所には同社とは無関係の人が住んでいる。
 同社のチュワーメト・エルデネバト社長は昨年10月24日、首都ウランバートルで記者会見し、「ビジネスとして購入したもので、どの国の政府も関与していない」と述べ、北朝鮮などの関わりを否定した。


テレ朝:朝鮮総連の競売 23日に“アバール社”について結論(01/14 16:22)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000019572.html
朝鮮総連中央本部の土地と建物の競売で、東京地裁は最高値をつけたモンゴル企業に対し、今月23日に正式に落札先として適格かどうか決定します。

 モンゴルの「アバール・リミテッド・ライアビリティ・カンパニー」は、去年10月に行われた朝鮮総連中央本部の2回目の入札で50億1000万円の最高値をつけました。審査を行っていた東京地裁は、アバール社が落札先として適格かどうか去年10月22日に決定を下す予定でしたが、延期して審査を続けていました。今月23日にアバール社に売却許可の決定が出た場合、債権者である整理回収機構などの不服申し立てがなければ決定が確定し、その後、期限までに代金が納付されればアバール社に所有権が移転します。


共同:東京地裁、23日に売却許可決定 朝鮮総連本部の競売 2014/01/14 16:51
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011401002050.html
(抜粋)
 地裁は決定延期の理由を明らかにしていないが、書類に不備がないかなどを調べる必要があったとみられる。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

NHK:総連本部の建物 モンゴル企業へ売却認めず 1月23日 11時22分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140123/k10014701451000.html
競売にかけられた朝鮮総連=在日本朝鮮人総連合会の中央本部の土地と建物について、東京地方裁判所は審査の結果、最も高い価格をつけたモンゴルの企業への売却を認めない決定を出しました。
決定が確定すれば、今後、3度目の入札が行われることになります。

東京・千代田区にある朝鮮総連中央本部の土地と建物は整理回収機構の申し立てで競売にかけられ、去年10月にモンゴルの「Avar Limited Liability Company」という企業が50億1000万円と最も高い価格をつけました。
東京地方裁判所は、この企業が不動産を買い受ける資格を持っているかどうかなどを審査していましたが、23日、売却を認めない決定を出しました。
東京地裁は去年10月に審査期間を延期する異例の措置を取り、外務省を通じてモンゴル政府に調査を依頼するなど企業の実態などを調べていました。
今回の決定に対して、企業側は1週間以内に裁判所に不服の申し立てができますが、認められなければ入札結果は無効になります。
この不動産は去年3月に鹿児島県の宗教法人がいったん落札したあと、代金が納付されずに入札がやり直されていて、今回の決定が確定すれば、今後、3度目の入札が行われることになります。


朝鮮総連「何も申し上げることない」

モンゴルの企業への売却を認めない決定が出たことについて、朝鮮総連=在日本朝鮮人総連合会はNHKの取材に対し「何も申し上げることはない」としています。


時事:モンゴル企業への売却認めず=朝鮮総連本部の再入札-東京地裁
(2014/01/23-11:26)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014012300052
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部(東京都千代田区)の土地建物の再入札で、東京地裁は23日、50億1000万円で落札したモンゴル企業「アヴァール リミテッド ライアビリティ カンパニー」への売却を許可しない決定を出した。

〔写真特集〕北朝鮮の女性たち 2013年秋

 昨年10月22日に決定する予定だったが延期されていた。地裁は同社の提出書類について、事実関係をモンゴル側に確認していたとみられる。
 民事執行法では、債務者側が落札したと認められる場合などは不許可になると定められている。モンゴルの税務当局によると、同社は昨年1月に設立されたが、税金を払っておらず活動実態がないという。
※この特集は一体何?

日経:朝鮮総連本部、落札者への売却認めず 東京地裁 2014/1/23 11:28
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG22048_T20C14A1CC0000/
(抜粋)
 昨年10月の再入札には2件の応札があり、最高額を提示したアバール社が落札していた。2回続けて売却が成立しない事態となり、ビルは当面、朝鮮総連が使い続けるとみられる。

 中央本部の競売を巡っては、2007年6月、整理回収機構が持つ朝鮮総連に対する約627億円の債権が確定。12年6月に中央本部の強制競売を認める判決が確定し、機構が同年7月に強制競売を申し立てた。


産経:総連本部のモンゴル企業への売却、許可せず 東京地裁、3回目入札手続きへ
2014.1.23 11:30
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140123/trl14012311310000-n1.htm


毎日:東京地裁 朝鮮総連本部、モンゴル企業への売却は不許可
2014年01月23日 11時44分
http://mainichi.jp/select/news/20140123k0000e040211000c.html
(抜粋)
地裁は今後(1)3回目の入札を行う(2)最低売却価額を設定し先着順で買い手を決める特別売却に移行する−−のいずれかを検討する。

 東京地裁は昨年10月22日、ア社への売却可否の決定を出す予定だったが、期日を延期。ア社の登記上の所在地がウランバートルとなっており、外交ルートなどを通じア社に関する情報を同国政府に求め、資産状況や朝鮮総連との利害関係の有無などを審査していた。

 審査は書面のみで「通常は書類が整えば売却が許可される」(ベテラン裁判官)といい、書類上何らかの不備があったとみられる。

 民事執行法などによると、入札が不調に終わった場合、裁判所が再入札するか特別売却に移行するかを決める。

 中央本部を巡っては、1回目の昨年3月の入札で宗教法人最福寺(鹿児島市)が45億1900万円で落札した。地裁は売却を許可したが、最福寺が同5月の納付期限までに資金を調達できずに購入を断念。同10月17日の再入札で最高額を提示したア社が落札した。ア社が地裁に納めた保証金約5億3000万円は返金される。

 中央本部の土地は約2390平方メートル、建物は地上10階、地下2階で延べ床面積は約1万1730平方メートル。【川名壮志】


共同:総連本部の売却許さず、東京地裁 競売白紙に 2014/01/23 11:45
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012301000966.html


朝日:朝鮮総連本部の売却不許可 東京地裁、モンゴル企業に 2014年1月23日11時47分
http://www.asahi.com/articles/ASG1Q6K1QG1QUTIL04K.html
(抜粋)
 アバール社は決定に対して不服申し立て(執行抗告)をすることができる。申し立てなかったり、申し立てが最終的に退けられたりした場合は、不許可が確定する。その場合、昨年3月、同10月に続いて3度目の入札となる。

 アバール社は「モンゴル企業」と説明しているが、業種などは不明。地裁は不許可とした理由を明らかにしていないが、審査で、買い手の資格を満たさないと判断されたとみられる。


読売:朝鮮総連本部、落札のモンゴル企業に不許可決定(2014年1月23日12時07分)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140123-OYT1T00528.htm
(抜粋)
 地裁が競売の落札者への売却を認めなかったのは極めて異例。

 同社は昨年10月に落札したが、提出書類に不備があり、地裁が決定を延期していた。中央本部の競売については今後、再々入札が行われる見通し。

 昨年10月の再入札には2件の参加があり、下限額(約21億3400万円)を大幅に上回った同社が落札した。しかし、同社の実態に不透明な部分があり、地裁が外交ルートを通じてモンゴル側に法人登記簿を送るよう要請するなど、審査に時間を要していた。


FNN:朝鮮総連中央本部落札のモンゴルの会社に落札許可しない決定(01/23 12:17)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00261749.html



FNN:朝鮮総連中央本部の売却は「不許可」 必要な書類提出されず(01/23 19:53)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00261775.html


産経:謎の業態「親北」指摘も 総連本部購入不許可のモンゴル企業
2014.1.23 13:16
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140123/crm14012313170010-n1.htm
 東京地裁で23日、朝鮮総連中央本部の土地建物購入を不許可とされたモンゴルの「アヴァール・リミテッド・ライアビリティ・カンパニー」は、業態すら明らかでない謎の企業だ。

 昨年10月の入札で、購入最低額の倍以上となる50億1千万円の高値を付けたア社は、モンゴルでもほとんど知られておらず、納税履歴すら確認されていない。公安当局は「事業実態はなく、入札目的のペーパーカンパニー」とみている。

 売却を許可するかの判断を延期する決定が地裁から下されると、元横綱の朝青龍関の親類を名乗る社長が現地で急遽(きゅうきょ)記者会見。「総連救済」の疑惑を晴らそうとするかのように「ビジネスが目的」とアピールした。

 総連内部では「ア社が購入すればビルを引き続き使用できる」との期待も広がったが、地裁の不許可決定で先行きは混沌としてきた。


産経:総連「話すことない」 競売不成立に本部ビル、門閉ざし 2014.1.23 13:17
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140123/crm14012313190011-n1.htm


TBS:モンゴル法人関係者か、最福寺法主に出資求める(23日17:55)
http://news.tbs.co.jp/20140123/newseye/tbs_newseye2110321.html
 北朝鮮と国交がない日本において、事実上の北朝鮮大使館の役割を果たしている朝鮮総連中央本部。その総連本部が入居する土地と建物が競売にかけられていた問題で、東京地裁は23日、去年10月に50億1000万円で落札していたモンゴルの法人「アヴァール・リミテッド・ライアビリティ・カンパニー」への売却を認めないとする決定をしました。

 朝鮮総連本部の売却を認められなかったモンゴルのアヴァール社を訪ねてみると、アヴァール関係者はいませんでした。

 去年10月以降、アヴァール社に落札企業としての資格があるか審査してきた東京地裁。その結果、アヴァール社が提出した文書がコピーされたもので、公式な文書とは認められないなど書類不備があったことが明らかになりました。

 朝鮮総連の土地と建物をめぐっては、去年3月に行われた1回目の入札で、鹿児島の最福寺が45億円で落札。しかし、資金を調達できずに競売がやり直しになっていました。そして、2回目の競売で落札したアヴァール社。最福寺の池口恵観法主によると、去年11月、2人のモンゴル人男性が池口氏のもとを訪ね、数億円を出資するよう求めてきたといいます。

 「私にお金のことを言うということは、まだ足りないんじゃないかなと、50億に」(最福寺 池口恵観 法主)

 池口氏はその際、2人が拉致問題の解決策について話していたといいます。

 「(2人のモンゴル人が)日本と北朝鮮では拉致問題が解決しづらいから、モンゴルとだったらできるということで」(最福寺 池口恵観 法主)

 出資は断ったという池口氏。アヴァール社の狙いは何だったのでしょうか。

 「(アヴァール社は)商売できるか考えている。金もうけで考えている(と思った)」(最福寺 池口恵観 法主)

 モンゴルの企業として日朝間を仲介する役割があるのではとみられていたアヴァール社の競売でしたが、専門家は・・・

 「今回の不許可決定を見ると、モンゴル政府が日本政府との関係の中で何らかの動きをしたとは見えない」(毎日新聞編集委員 鈴木琢磨氏)

 アヴァール社には、保証金として納めた5億円は返却され、早ければ4月中旬にも3回目の入札が行われる見通しです。


産経:当面居座りも“アキレス腱”のまま 張氏粛清で内紛の火種に
2014.1.24 08:03 (1/2ページ)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140124/trl14012408040001-n1.htm
 モンゴル企業への朝鮮総連中央本部の売却が不許可になった問題で、朝鮮総連執行部が直前まで「思い通りいく」との認識を示していたことが分かった。許可、不許可にかかわらず、当面、本部に居続けられると見越していたようだ。ただ、北朝鮮の張成沢(チャン・ソンテク)派粛清を引き写したように朝鮮総連でも内紛の火種がくすぶっているとされ、競売問題は本国との間の“アキレス腱(けん)”であり続けている。(桜井紀雄)

 公安関係者によると、入札したアヴァール社の取引銀行幹部らが昨年11月末に来日し、前回の競売で資金調達できず断念した最福寺の池口恵観法主に融資を求め、断られたとされる。

 大手旅行会社経営者やモンゴル出身の元力士らによる融資の可能性も取り沙汰されたが、いずれも関与を否定。融資に意欲があったとしても手を引いた可能性もあり、今回、売却が許可されていた場合も、約50億円もの購入金をア社が用意できたかは定かではない。

 朝鮮総連関係者によると、それでも許宗萬(ホ・ジョンマン)議長に近い幹部は「われわれの思う通りにいく」と自信を見せていたという。関係者は「ア社が落札すれば賃貸料を支払って入居できただろうし、不許可でも再入札まで当面、本部機能は維持でき、いずれも“成功”とみなせる」と解説する。

 執行部は立ち退きに備え、東京都文京区の別の施設への移転を検討していたとされるが、移転準備の動きは見られず、逆に傘下団体が中央本部に移る動きが確認された。5月に予定されている全国の幹部を集めた全体会議も競売問題で執行部が突き上げられかねず、開催が危ぶまれたが、現在は執行部が開催に自信をみせているという。

 一方、北朝鮮で昨年12月、ナンバー2とされた張成沢前国防副委員長が処刑されただけに、朝鮮総連内でも、粛清がどう波及するかに関心が集まっている。

 関係者によると、許氏に反発するグループが昨夏、競売問題や許氏の不正疑惑に関する情報を北朝鮮の崔竜海(チェ・リョンへ)朝鮮人民軍総政治局長らに上げようとし、許氏のグループに阻止されたという。許執行部は朝鮮総連を管轄する工作機関225局などを通じ張派ともつながりがあったとされる。崔氏は張派粛清で新たにナンバー2の地位を固めた勢力であり、本国の縮図といえる権力争いの“火種”が朝鮮総連内にも存在することを意味する。

 ア社の落札に絡み、許氏は以前、「本国首脳が裏で動いている」と周囲に語っており、今回の不許可について組織内で説明を迫られる可能性もある。関係者は「退去の危機は当面ない。だが、今後、本部を手放すともなれば張派同様に執行部が責任を問われ、失脚させられかねない」とみている。


元旭鷲山「モンゴル政府関係ない」総連本部建物競売(01/24 10:55)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000020151.html
 朝鮮総連中央本部の土地と建物の競売で売却が認められなかったモンゴル企業について、元旭鷲山でモンゴルの首相補佐官を務めているダバー・バトバヤル氏がモンゴル政府の関与を否定しました。

 元旭鷲山、ダバー・バトバヤル氏:「モンゴル政府は一切、関係していない。政府は全然関係ないので。個人と個人なので、日本政府もモンゴル政府も一切、関係ない」
 バトバヤル氏はこのように話し、今後もモンゴル政府が関与することはないと強調しました。また、売却が認められなかったアバール社について、バトバヤル氏は社長と面識はあるが連絡は取っていないとし、自身の関与も否定しました。


時事:売却不許可は想定外=古屋担当相(2014/01/24-11:51)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014012400404
 古屋圭司拉致問題担当相は24日午前の閣議後の記者会見で、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部(東京都千代田区)の土地建物の売却が不許可となったことについて「結果として朝鮮総連があのビルにずっといることができることになる。これは想定外だ」と述べた。 
 朝鮮総連本部の土地建物は再入札が行われ、モンゴル企業が約50億円で落札したが、東京地裁は23日に売却を許可しない決定を出している。


モンゴル企業不服申し立て 総連本部の売却不許可で 2014.1.29 20:04
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140129/trl14012920050004-n1.htm



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

[PR]
by doumin | 2014-01-14 17:27 | 社会 | Comments(0)
以前から言われていた偽装献金 松木謙公前衆議院議員の父親経営の北海道通信社グループ、数億円の所得隠し
偽装献金は何年も前から言われていましたけどね。
(関連記事はこのページ下部に掲載しています)

読売:松木前議員に偽装献金…親族企業が6年で1億円
(2014年1月12日03時06分)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140111-OYT1T01196.htm
魚拓
 元農水政務官・松木謙公前衆院議員(54)の親族企業が、松木氏の三つの政治団体に対し、実際には企業の資金で献金したのに、取引先経営者らの個人名義に偽装していたことが分かった。

 こうした名義借り献金は2011年までの6年間で約20人分、計約1億円に上る。他人名義の献金や資金管理団体への企業献金を禁止した政治資金規正法に違反する可能性が高い。札幌国税局が昨年1月から親族企業や個人献金の「名義人」を一斉調査して判明した。

 名義借り献金は過去にも、鳩山元首相の偽装献金事件などで問題となったが、今回は名義人約20人のうち約10人が、松木氏の政治団体が発行した領収書を使って所得税計約2000万円の不正還付も受けていた。

 この親族企業は、松木氏の父親(84)が社長を務め、建設や教育関係の日刊紙を発行する北海道通信社(札幌市)グループ。松木氏も同社副社長に就いている。

 関係者によると、グループは役員らに支払った報酬の一部をバックさせ、松木氏の父親が現金や自分の口座などでプール。その後、プール金を取引先経営者らの名義に分散し、松木氏の資金管理団体「新世紀研究会」や、松木氏が11年まで代表を務めた「民主党北海道第12区総支部」など3団体に献金していた。

 名義人の取引先経営者の中には、領収書を受け取って初めて献金を知った人もいた。グループ元役員は取材に「社長から『個人の献金額に上限があって息子に金を出したくても出せない』と言われ、名義人を探すよう頼まれた」と証言した。

 政治資金規正法は、資金管理団体に対する個人献金の上限を年間150万円、政党支部は2000万円に制限。資金管理団体への企業献金を禁じ、政党支部の企業献金には資本金に応じた上限額を設けている。

 札幌国税局は、グループが規正法を免れるため約2億円をプールし、取引先経営者らの名義で献金していたと認定。約2億円を役員らの報酬に仮装して損金計上しており所得隠しにあたると指摘し、重加算税を含め約5000万円を追徴課税した。


NHK:松木前議員の父親の会社が所得隠し
1月12日 12時12分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140112/k10014437821000.html
魚拓
松木謙公前衆議院議員の父親が経営する企業グループが、役員報酬に見せかけて資金をプールし、取引先の経営者らの名義を借りて松木前議員への政治献金に充てていたとして、札幌国税局からおよそ2億円の所得隠しを指摘さでれていたことが関係者への取材で分かりました。松木前議員の父親は「他人の名義を借りて献金したことはない」などと話しています。

所得隠しを指摘されたのは、建設関連の新聞などを発行する札幌市中央区の「北海道通信社」グループです。この会社は松木謙公前衆議院議員の父親が社長を務め、松木前議員も副社長に就いています。
関係者によりますと、グループでは会社の資金の一部をプールし、取り引きがあった会社経営者らの名義を借りて、松木前議員の資金管理団体などへの献金に充てていたということです。こうした資金は会社の役員への報酬に見せかけて捻出していたということで、札幌国税局はおよそ2億円の所得隠しを指摘し、重加算税を含めて追徴課税したということです。
政治資金規正法では、他人名義での献金などを禁じていて、今回のケースは政治資金規正法に違反する疑いもあります。
松木前議員の父親は税金を納付したことを認めたうえで、「資金をプールしたことも、他人の名義を借りて献金したこともない」と話しています。一方、松木前議員は「献金については父親に任せていて詳しく分からないが、最終的な責任は自分にある」と話しています。


道新:松木前衆院議員親族企業 2億円所得隠し 名義借り献金か
(01/12 18:43、01/13 00:02 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/514890.html
 元農水政務官の松木謙公前衆院議員(54)の親族企業グループが、札幌国税局から約2億円の所得隠しを指摘されていたことが12日、関係者への取材で分かった。親族企業が役員報酬を還流させた上、プールした一部を取引先企業の経営者らの名義を借りて個人献金を装い、松木氏の資金管理団体などに献金したとされ、国税局は重加算税を含め約5千万円を追徴課税した。

 親族企業は、松木氏の父親(84)が社長を務め、建設関係の日刊紙などを発行する北海道通信社(札幌)グループ。松木氏も同社の副社長に就いている。

 関係者によると、松木氏の父親が役員らに支払った報酬の一部を還流させてプールし、取引先の経営者らの名義を使い、松木氏の資金管理団体「新世紀研究会」などに献金したとされる。

 他人名義の献金や、資金管理団体への企業献金を禁止した政治資金規正法に違反する可能性がある。

 松木氏の父親は「資金をプールしていないし、取引先の名義を借りて献金もしていない。国税局と見解の相違があるが、税理士と相談して追徴課税には応じた」と説明。松木氏は「細部まで確認できていない部分があるが、違法であれば責任は私が取る」と話している。

 松木氏は2003年の衆院選で、民主党から初当選。11年6月に当時の菅直人内閣不信任案に賛成して、同党から除籍処分を受けた。

 衆院議員を3期務めた後、12年12月の衆院選道12区(オホーツク、宗谷管内)には新党大地から立候補したが、落選。昨年7月の参院選比例代表にも同党から出馬して、落選した。


時事:松木前議員に偽装献金=親族企業が2億円所得隠し-国税調査
(2014/01/12-19:05)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014011200099
 松木謙公前衆院議員(54)の父親が経営する企業グループが役員報酬の一部を還流させ、取引先経営者らの名義で松木氏の政治団体に献金していたとして、札幌国税局から約2億円の所得隠しを指摘されたことが12日、関係者の話で分かった。取引先経営者らによる偽装献金は2011年までの6年間で約20人、計約1億円に上るとみられる。
 政治資金規正法は他人名義での献金を禁じており、同法に違反する可能性がある。
 松木氏の父親は取材に対し「他人名義での献金はしておらず、法律に触れることはしていない」と否定。「国税当局と見解の相違はあるが、指摘を受け修正申告に応じた」と話している。
 関係者によると、所得隠しを指摘されたのは北海道通信社(札幌市)グループ。役員らに支払った報酬の一部を同社グループに還流させ、松木氏の父親が現金や自分の口座などで管理。取引先経営者らの名義で松木氏の政治団体に献金したという。
 札幌国税局はグループへ約2億円が還流していたと認定。役員報酬として損金計上していたのは仮装・隠蔽(いんぺい)を伴う所得隠しに当たると判断し、重加算税を含め約5000万円を追徴課税した。


朝日:松木前議員の親族企業、所得隠し 国税局が指摘
2014年1月12日23時48分
http://www.asahi.com/articles/ASG1D4Q15G1DUTIL00K.html
 松木謙公・前衆院議員(54)の父親(84)が経営する札幌市の企業グループが札幌国税局の税務調査を受け、約2億円の所得隠しを指摘されたことが分かった。役員報酬に見せかけて資金をプールし、取引先の経営者らの名義を借りて前議員の政治団体に献金していたとされる。他人名義の献金などを禁じた政治資金規正法に違反する可能性もある。

 所得隠しを指摘されたのは、松木氏の父親が社長で、建設や教育関係の専門紙を発行する「北海道通信社」を中心とする企業グループ。松木氏も副社長を務めている。

 関係者によると、同グループは2011年までの数年間、役員報酬に見せかけて一部をプール。取引があった会社経営者らの名義を借りて、松木氏の資金管理団体「新世紀研究会」や「民主党北海道第12区総支部」などの団体に献金するなどしていたとされる。


東京新聞:松木前議員に偽装献金か 親族企業、取引先名義借り
2014年1月13日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014011302000115.html
 松木謙公(けんこう)前衆院議員(54)の親族企業グループが、札幌国税局から約二億円の所得隠しを指摘されていたことが、関係者への取材で分かった。役員報酬を装って資金をプールし、その一部を取引先企業の経営者らの名義を借りて個人献金を装い、松木氏の資金管理団体「新世紀研究会」などに献金していたという。

 政治資金規正法は、他人名義での献金や資金管理団体への企業献金などを禁じており、同法に違反する可能性がある。

 関係者によると指摘を受けたのは、松木氏の父親(84)が社長を務め、建設関係の日刊紙などを発行する「北海道通信社」(札幌市中央区)のグループ。松木氏も副社長に就いている。重加算税を含めた追徴税額は約五千万円だった。

 父親は取材に対し、二〇一二年十二月の衆院選で松木氏が落選した後に税務調査があり、既に修正申告したことを認めた上で「国税から不当な支払いがあると指摘されたが、資金のプールや、名義を借りた献金はやっていない」と話した。松木氏も取材に「詳細は分からないが、名義借りという認識はない。問題があるとすれば私が責任を取るべきだと思う」と話した。

 松木氏は〇三年の衆院選で北海道12区に民主党から出馬し初当選。三期務め、一二年の衆院選は新党大地から立候補し落選した。


FNN:松木謙公前衆院議員の父親が経営の企業グループ、数億円所得隠し
(01/13 12:33 北海道文化放送)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00261150.html
松木謙公前衆議院議員の父親が経営する企業グループが、札幌国税局から、数億円の所得隠しを指摘されていたことがわかった。
所得隠しを指摘されたのは、松木前議員の父親が経営する、北海道通信社グループ。
松木氏の父親によると、札幌国税局から、数億円の所得隠しや、会社の資金の一部をプールして、取引先の経営者らの名義を借りて、松木氏へ献金したと指摘されたという。
北海道通信社は、およそ5,000万円の追徴課税を納めたが、献金については否定している。
北海道通信社の松木慶喜代表取締役は「僕らはね、これっぽっちも悪いことをしたと言ってないし、思ってないの。だいたい、なかったことが、あった(ことになっている)ってことは、驚いたっちゅうか、あきれたね」などと話した。
一方、松木氏は、FNNの取材に対し、「今回の献金が違法であるなら、全ての責任はわたしにある」と答えている。


毎日:所得隠し:松木前議員に偽装献金 親族企業が工作−−札幌国税指摘
http://mainichi.jp/shimen/news/m20140113ddm041040120000c.html
 元農水政務官の松木謙公前衆院議員(54)の親族企業グループが、取引先企業関係者からの個人献金を装い、会社の資金を松木氏への政治献金に充てていたとして、札幌国税局から約2億円の所得隠しを指摘されていたことが12日、関係者への取材で分かった。国税局は重加算税を含めて約5000万円を追徴課税し、親族企業は指摘通り全額納付した。

 所得隠しを指摘されたのは、建設情報...



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連リンク

転職会議:株式会社北海道通信社
http://jobtalk.jp/company/49505_evaluate.html




松木前議員って誰だっけ?と思う方は、
これを聞けば思い出すかも。

「俺はもう賛成するよこのまま!みんなおかしいよみんな!自民党もおかしいよ!民主党もおかしいよ!何なんだよこれ?!俺はまじめにやってんだよ!」
の人です。

d0164331_1452040.jpg


内閣不信任決議案への賛成票をポケットから取り出す松木謙公衆院議員。奥は菅直人首相=国会内で2日、手塚耕一郎撮影

出典:2011年6月9日 毎日新聞東京夕刊
※菅さんの顔が面白すぎ。 (関連記事1)(関連記事2

youtube:ANNnewsCH 土壇場で造反回避 小沢系議員が苦渋の選択(11/06/02)



小沢系の松木前議員は2011年6月、菅内閣不信任決議案に賛成票を投じ、
民主党を除名処分となりました。

あの時も、民主党議員の○ズっぷりがすごかった。
ルーピー鳩山さん、風見鶏原口さん、小沢系議員も賛成を表明していたのに直前でひるがえし、
その後も辞める辞めないのすったもんだがしばらく続いて、
あぁ、与党民主党にとっての東日本大震災はどうでも良いことのひとつなんだなぁ、
大事なのは自分の椅子だけなんだなぁ、
烏合の衆が政権を握るということは、こういうことなんだなぁ、
と思ったものです。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治

■関連カテゴリ:政治-与党(2012.12.25まで)

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-01-13 14:58 | 政治 | Comments(0)