和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
<   2014年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
外資による日本の森林・土地取得、水問題 2014年の動き(4) ※6月
2014年6月の報道をまとめました。

2010年、2011年、2012年、2013年、2014年5月以前と7月以降のまとめ、問い合わせ結果、関連リンクについては、こちらをご覧ください。

長野日報:「水資源保全地域」へ申請 駒ケ根市中沢の8水源
更新:2014-6-6 6:01
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=31514
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
 駒ケ根市は5日に開いた市議会全員協議会で、中沢にある旧簡易水道の5地区8水源について、昨年3月施行の県豊かな水資源の保全に関する条例に基づき、土地取引の事前届出制の対象となる「水資源保全地域」の指定を目指す方針を明らかにした。併せて県水環境保全条例による「水道水源保全地区」指定の申請も行い、指定地区内での開発行為も制限する考え。市上下水道課は「森林の持つ水源かん養能力を維持・増進し、水資源の保全に努めたい」としている。

 豊かな水資源の保全に関する条例は目的不明な土地取引による地下水への影響が懸念される中、指定した水源地域の土地取引を事前届出制によって把握し、監視、指導する制度。保全地域は市町村長からの申し出を県環境審議会で審査し、県知事が指定する。

 市は今年度、吉瀬、大曽倉、中山、中曽倉、上割の5地区にある8水源(地表水)の取水地点と集水区域(計約37万平方メートル)を水資源保全地域として申請する計画。併せてゴルフ場や廃棄物最終処分場などの開発行為に際して、知事協議を要件とする水道水源保全地区の指定も目指す。

 市は今月中に地権者説明会を開き、県に指定を申請する方針。今後、第2弾として太田切川上流での指定も計画しており、隣接する宮田村と協議しながら検討を進める。

 県水大気環境課によると、制度創設後、水資源保全地域の指定を受けたのは南佐久郡小海町のみ。現在、いくつかの市町村で申請に向けた検討が行われているという。


河北新報:水循環基本法/「共有財産」を守る第一歩に
2014年06月06日金曜日
http://www.kahoku.co.jp/editorial/20140606_01.html
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
 蒸発し雲となって雨や雪の形で降下し、地表を流れ地中に浸透し、海に至る。命の源である水は、その過程で暮らしと生態系を潤し、産業活動を支える。
 地下水を含むそうした水のサイクルを健全に維持するため、総合的な施策推進をうたった「水循環基本法」が超党派の議員立法により今国会で成立した。
 水を「国民共有の貴重な財産」と初めて位置づけ、政府と自治体に保全策の策定と実施を義務づけた。基本法に基づき、首相を本部長とする水循環政策本部が7月までに発足し、基本計画づくりに着手する。
 「水行政」は河川が国土交通省、水源地の森林は林野庁、上水道は厚生労働省、工業用水は経済産業省、農業用水は農林水産省などと、水の循環を分断するかのように縦割りだ。
 統括する政策本部を設けることで、その弊害を排し、立法による規制を含めて一体的に取り組もうというのが法の理念だ。地域の水資源保全策の在り方を探る上でも、法的根拠ができたことで自治体の取り組みを後押しすることになる。
 新たな施策体系が既存策の寄せ集めであってはならない。水環境をしっかり守り後世に残すため、実効ある第一歩としたい。
 国土が森林に覆われ豊富にある水の重要性が立法化してまで強調されるのは、21世紀が「水の世紀」とされ、地下水の枯渇や温暖化に伴う異常気象などで世界各地で水をめぐる紛争が危惧されることと無縁ではない。
 法制定のきっかけとなったのは、外国資本による水源地を含む森林の買収が全国で相次いだことだ。民法で地下水は土地所有者に帰属するとされており、「地下水が奪われるのでは」との懸念が広がった。安全保障上も無視できない。
 そうしたケースは去年まで8年間で、北海道を中心に米沢市の1件を含め全国で79件、森林面積は計980ヘクタールに上る。ほかに日本人・企業名義の買収もあり、実態はつかみにくい。
 自治体の危機感は強い。山形県をはじめ、水資源保全地域を指定し土地売買や開発を事前届け出制として監視を強化する条例制定の動きが広がっている。
 その点で基本法が水資源保全の必要性を説くのにとどまり、有効な歯止め策を示さなかったことには物足りなさが残る。
 土地の取引や利用、地下水のくみ上げ量を特例的に制限するような法的措置が待たれる。自治体が水源地を買い上げる場合の財政支援策も検討に値する。
 基本計画では河川をはじめ、水源かん養・水貯留機能を有する森林、農地についても整備策が盛り込まれる。そうした多面的機能に対し、どのような保全策が講じられるか注目したい。
 河川については特に複数の都府県にまたがる水系流域で、国の出先機関や自治体がどんな体制で水資源保全に当たるのか、具体的な設計図を示すべきだ。
 水資源に関する国民の意識を新たにする意味でも、自然保護や水質改善に取り組む民間団体との連携策は欠かせない。


EICネット:「水循環基本法」の成立について
No.232
Issued: 2013.06.06
http://www.eic.or.jp/library/pickup/pu140606.html
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
 水循環基本法が、議員立法で2014年4月に成立した。法律の前文にもあるように、水は生命の源であり、絶えず地球上を循環し、大気、土壌等の他の環境の自然的構成要素と相互に作用しながら、人を含む多様な生態系に多大な恩恵を与え続けてきた。その水循環が近年の都市部への人口の集中や気候変動等の様々な要因が水循環に変化を生じさせ、渇水、洪水、水質汚濁、生態系への影響等問題を生じさせている。本法は、そのような水循環に関する施策について、その基本理念を明らかにするとともに、これを総合的かつ一体的に推進するための基本となる法律であり、いわゆるプログラム法として制定されたものである。この法律の制定に至るまでには、多くの関係者によるそれぞれの活動があった。本稿ではその経緯を振り返るとともに、その要点及び今後の課題について概説する。


法律制定の背景

 これまで、我が国において水に関連する法律や施策は様々な分野にわたっており、それを担う行政組織も多岐にわたっていた。ざっと見渡してみると、水質を中心とした水環境行政の面では環境省、水道行政は厚生労働省、水資源、河川・海岸行政は国土交通省、工業用水行政は経済産業省、農業用水行政は農林水産省といった具合である。2001年の中央省庁再編以前には、国土庁が独立の組織として水資源行政を管轄していた。
 これらの行政の間では、以前から連絡会議という形で各年における予算獲得の状況などの最低限の情報交換が行われていたが、それぞれの行政組織は別個の目的を持つ個別の法律によって行政が行われていたこともあり、必ずしも行政相互の実質的な調整が行われていたとは言い難かった。特に、「健全な水循環」という概念は、環境全般を所管する組織として1971年に設立された環境庁においても当初から自覚されていたものではなかった。


「健全な水循環」への政府部内での検討

画像=健全な水循環系の構築(出典:国土交通省)

 しかしながら、公害対策基本法が廃止されて新たに1993年に環境基本法が制定され、さらに翌年、国の環境基本計画が策定されるという状況の中で、関係省庁の担当者の間で、これまでばらばらに所管されてきた水関連行政を「健全な水循環」という視点で政策統合をする必要があるのではないかとの問題意識が次第に高まっていった。
 その問題意識に加え、中央官庁の統合・再編問題が具体化し始めた1998年に、関係省庁の課長クラスが自主的に集まった「健全な水循環系構築に関する関係省庁連絡会議」が設置された。本会議は、①それぞれの権限を変えるものではないこと、②ただし、会議ではそれぞれの権限を超えて自由に議論できるものであること、③懐疑の結論は皆の合意の上で決めるが、最終的には各省庁が合意した要綱の取りまとめを目指すこと、という取り決めのもと、精力的な討議を重ね、翌1999年に、「健全な水循環系構築に向けて(中間とりまとめ)」を、また、2003年に「慶全な水循環家構築のための計画づくりに向けて」をとりまとめ、事実上終了した。これらの動きと併せて、関係省庁の審議会などでも関連の審議が行われ、その成果は「環境基本計画」その他の政府文書に反映されていった。


法律制定に向けた動き

 前記の政府部内での検討は、関係者の間で、将来的には「水基本法」のようなものに結実させたいとの問題意識はあったものの、いざ具体的な法案の作成という面ではやはり困難な面が多く、2001年の省庁再編の施行に伴いその機運は低下していった。それに代わって活発になったのが、水関係の有識者及び超党派の国会議員を中心とした、議員立法の動きである。2008年6月には「水制度改革国民会議」が、また、同年9月には「水循環基本法研究会」が設立され、2009年12月には「水循環基本法案要綱」が公表された。さらに、2010年2月には中川秀直代表の「水制度改革議員連盟」が創設され、さらに同年4月には民主党「水政策推進議員連盟」が設立され、これらの動きが一体となり、同年12月には「水循環基本法案」が公表された。


「水循環基本法案」のその後の調整

 今回成立した「水循環基本法」は、内閣による国会への法律案の提出ではなく、国会議員によって国会へ法案を提出するいわゆる議員立法である。ただし、議員立法であっても、最終的に成立させる正式の法案とするためには、関係者による再調整が必要となる。実は、前項で述べた最初の「水循環基本法案」は、単なるプログラム法にとどまらず、「健全な水循環」という視点から、かなり踏み込んだ条文を掲げていた。例えば、「ダム、堰、護岸等は、(中略)、その有効性が検証されないものについては、速やかに除却、改築その他の必要な措置を講ずるものとする」などである。また、地下水や森林の管理などについても、かなり具体的な方向が示されていた。これらの問題については、調整の過程で、さらに議論を進めて個別法で対処すべきであるとされ、最終的に、一般的な理念及び、社会各主体の責務の制定、白書の作成と提出、水循環基基本計画の策定、内閣総理大臣を本部長とする水循環政策本部の設立などを規定するプログラム法として決着した。


今後の課題

 健全な水循環の確保は、今後の社会経済において、極めて重要な課題であり、とにもかくにもそれを政策統合的な視点から現状の改善を図っていくための基本法が策定されたことは素直に評価したい。しかしながら、これが、今後、現状を改善する具体的な成果につながっていくかどうかは、単なる理念にとどまらず、この法律の下で、さらに課題別に踏み込んだ個別法が制定できるかにかかっている。今回、その第1弾として、「雨水の利用の推進に関する法律」が同時に策定された。今後の展開に期待したい。


福井新聞 論説:水循環の法制化 地下水を「公共」の財産に
(2014年6月8日午前8時27分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/editorial/51011.html
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
 川から地下まで含めた“水の循環”を流域で保全、回復させる「水循環基本法」が議員立法で成立した。7月までに施行される。とき遅きの感だが、水の保全は国土と国民の生命を守ることにほかならない。「水の世紀」といわれる21世紀。国連は昨年を「国際水協力年」に制定した。紛争の懸念を抱え世界は深刻な水不足にあえいでいる。

 きれいな水を豊かに当たり前に使ってきた日本も、高齢化、過疎化の隙をうかがうように水源地買収を進めてくる外国資本(外資)に足をすくわれかねない状況にある。治水の在り方を本格的に見直し、自然な水の循環を守らなければならない。

 ■見事なバランス保つ■

 水の惑星・地球を覆う水は液体、気体、固体に変化しながら陸、海、空を往来している。少し理科の勉強をしてみよう(日本海事広報協会データより)。

 雨、雪は1年間に陸地へ111兆トン、海に385兆トンの計496兆トン降るという。地表や植物などから71兆トン、海から425兆トンが蒸発し計496兆トンが空へ帰るのでプラス・マイナス0。地球上の水は見事なバランスを保ち循環している。

 想像し難い数字を並べると、地球上には約14億立方キロメートルの水がある。97%以上が海水で淡水は2・5%ほど。淡水のうち70%を氷河が占め、地中深く閉じ込められた地下水が29・2%。残り0・8%が、人類が使える水の量。地球上の水全体のわずか0・01~0・02%という。

 蒸発した水は上空で冷やされ雲の粒(しずく)になり、雨や雪で地球上に落ちる。いろんな出入りを繰り返し最後は海へたどり着く。水の循環である。

 ■不気味な外資の買収■

 水管理をめぐる日本の行政は縦割りの典型と批判が強い。河川と下水道は国土交通省、水源地は林野庁、農業用水は農林水産省、上水道が厚生労働省、工業用水は経済産業省とばらばらの管轄は複雑で分かりにくい。

 このため、水の循環を断たずに守るという視点の欠落を指摘されてきた。基本法は内閣に水循環政策本部を置き、基本計画を策定する。関係省庁を横断した実効的な総合策を望みたい。

 立法目的の一つが潜行する外資による水源地の買収である。地下水の奪取を懸念する自治体は多い。民法で土地の所有権は「その上下に及ぶ」とされ、地下水は所有者に帰属するからである。2006年から12年までに計68件、800ヘクタールの森林が外資に渡った(林野庁集計)。買収の実態は不明で気味が悪い。

 ■良質の水いつまでも■

 自治体側は国に「地下水は公のもの」と法制化するよう求めてきた。基本法は「国民共有の貴重な財産、公共性が高い」と強調はするが、地下水が「公共のもの」とは明記せず自治体には不満な内容だ。将来のトラブル回避へ水源地の民有地一帯を買い上げる自治体もある。国は支援を検討すべきだろう。地下水保全の立法化も水循環の視点から規制の根拠を明示したい。

 河川の流域ごとに水の循環を管理する体制も重要な課題だ。温暖化の影響もあって集中豪雨が頻繁になり、今後も増えると予想されている。雨水の貯水も含めダムだけに頼らない治水を流域全体で議論するきっかけに基本法を生かすことだ。

 福井豪雨から10年の8月に、「雨水ネットワーク会議」全国大会が福井で開かれる。自然保護や水質改善に取り組む民間団体も挙げ、あらためて水の循環に目を向けたい。全ての人がいつまでも良質の水を享受できるために。
(大塚潤三)


京都新聞:森林条例の改正検討へ 滋賀・長浜の巨木群伐採問題
【 2014年06月12日 23時16分 】
http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20140612000173
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)


財経新聞:8月1日「水の日」 国あげて水循環保全へ
2014年6月23日 18:33
http://www.zaikei.co.jp/article/20140623/200465.html
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
 人類共通財産の「水」の健全な循環を後世に引き継ごうと「水循環基本法」が7月1日施行なる。基本法は「8月1日を水の日」と定め、国や地方公共団体が水循環への啓発活動行事を行うよう努めなければならないとしている。

 基本法は都市部への人口集中や産業構造の変化、地球温暖化に伴う気候変動など様々な要因が水循環に変化を生じさせ、渇水、洪水、水質汚濁、生態系への影響などが顕著になってきているとして「水循環に関する施策について基本理念を定め、国、地方公共団体、事業者の責務」などを定め、水循環保全への実効をあげることを目指している。

 国民にも「水利用にあたって、健全な水循環への配慮に努める」ことや「国、地方公共団体が実施する水循環に関する施策に協力するよう努めなければならない」と定めている。

 このうち、国については「法の基本理念にのっとり、水循環に関する施策を総合的に策定し、及び実施する責務を有する」。また、「法に定める目的達成のため、必要な法制上又は財政上の措置その他の措置を講じなければならない」と明記。国は安倍総理を本部長とする水循環政策本部を内閣に置き、水循環基本計画を策定して具体化を図る。

 一方、地方公共団体についても「水循環に関する施策に関し、国及び他の地方公共団体との連携を図りつつ、自主的かつ主体的に、その地域の特性に応じた施策を策定し、及び実施する責務を有する」と定め、事業者に対しては「事業活動に際しては、水を適正に利用し、健全な水循環への配慮に努めるとともに、国又は地方公共団体が実施する水循環に関する施策に協力する責務を有する」としている。(編集担当:森高龍二)

[PR]
by doumin | 2014-06-30 16:58 | 水問題と国土(外資による取得) | Comments(0)
北海道八雲町が食品偽装…熊石産と偽り,よりにもよって海洋汚染の酷い韓国からアワビを輸入,イベントで販売
自治体がこんなことをするなんて。


八雲町

熊石あわびの里フェスティバルにおける韓国産あわびの使用について
平成26年6月26日
熊石あわびの里フェスティバル実行委員会   実行委員長  長水 憲一
http://www.town.yakumo.lg.jp/modules/sangyou/content0005.html
(魚拓1)(魚拓2)



にわかSEは大忙し 情報政策室職員による徒然日記
誠に申し訳ございません。
カテゴリ : つぶやき 執筆 : 八雲町 2014-6-26 18:50
http://www.town.yakumo.lg.jp/modules/information_blog/details.php?bid=1104
(魚拓1)(魚拓2)



共同:韓国産アワビを「地元産」 八雲町イベント「だますつもりなかった」
[ 2014年6月26日 11:45 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/06/26/kiji/K20140626008445970.html
(魚拓1)(魚拓2)
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/140626/cpb1406261301001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140626/crm14062612520008-n1.htm
 北海道八雲町などが5月に開いたアワビの販売イベントで、地元産と偽り韓国産のアワビ約1万個を売っていたことが26日、町への取材で分かった。町は「だますつもりはなかった。大変申し訳ない」と謝罪している。

 町によると、イベントは5月18日の「熊石あわびの里フェスティバル」。買ったアワビをその場で焼いて食べられるのが人気で、約3万人が訪れた。地元産として約2万個のアワビを1個350円で販売したが、およそ半分が韓国産だった。

 町が開催直前に、地元で養殖しているアワビの状態を確認したところ、海水温低下の影響で約12万4千個のうち8割近くが死んでおり、急きょ韓国産を仕入れることにしたという。植杉俊克副町長は「アワビを確保することばかりを考え、韓国産と表示することを失念していた」と説明している。


読売:地元産、実は半分が韓国産だった「あわびの里」
2014年06月26日 13時20分
http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20140626-OYTNT50087.html
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140626-OYT1T50078.html
(魚拓1)(魚拓2)
 北海道八雲町熊石地区で5月、町などで組織する実行委員会が主催して開かれた「熊石あわびの里フェスティバル」で、韓国産の養殖エゾアワビを熊石産と偽って販売していたことが26日、分かった。

 同町は「来場者に喜んでもらおうと、してはいけないことをしてしまった。関係者一同、おわびしたい」(熊石総合支所産業課)としている。

 同課によると、5月18日に町青少年旅行村で開かれたフェスティバルでは、地元産の養殖エゾアワビ(Mサイズ、約6センチ)が、1個350円で2万個販売された。実際には9850個が韓国産だった。熊石地区では今年2月中旬~4月上旬、海水温の異常低温が続き、養殖エゾアワビ約10万個が大量死。フェスティバル直前の5月上旬になっても地元産を用意できず、函館の水産卸業者を経由して韓国産を緊急輸入したという。


道新:アワビ大量死、半数を韓国産で代替し「地元産」として販売 北海道・熊石のフェス
(06/26 16:32、06/26 22:06 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/547729.html
(魚拓1)(魚拓2)
八雲町熊石地区で水揚げされた名物の天然アワビ。フェスティバルでは養殖ものを販売するが、今年は大量死で量が確保できず、半数以上は韓国産だった=昨年6月

 【八雲】5月に開かれた渡島管内八雲町熊石地区の「熊石あわびの里フェスティバル」(実行委主催)で、「地元産」と銘打って来場者に販売するなどしたアワビ約2万個のうち、半分以上は韓国産だったことが26日、分かった。実行委事務局の町によると、地元で海中養殖していたアワビが海水の異常低温で大量に死んだため、販売予定量を確保できなかったという。町は「韓国産と明らかにしなかったのはミス。申し訳なかった」と話している。

 フェスティバル終了後に実行委内で問題視する声が挙がり、町などが25日の町議会全員協議会に韓国産を使ったことを報告した。渡島総合振興局は同日、原産地の表示義務違反の疑いもあるとみて、日本農林規格(JAS)法などに基づき、八雲町役場熊石総合支所に立ち入り調査を行った。

 町によると、5月18日の同フェスティバルで用意したアワビ1万9120個のうち、9850個が韓国産だった。フェスティバル直前の5月12日から15日に実施した調査で、海中養殖していたアワビの8割に当たる9万9千個が死んでいるのが判明。フェスティバルで使うサイズのアワビは9270個しか確保できなかったという。

 実行委は、近隣の檜山管内上ノ国町などのアワビの利用も検討したが、コスト面などで折り合わず、函館の業者を通し、割安な韓国産の養殖アワビ555・6キロを318万円で購入した。八雲町では天然アワビも水揚げしているが、量が少ないという。<北海道新聞6月26日夕刊掲載>


日テレ:韓国産アワビを偽り販売(北海道)
[ 6/26 20:24 札幌テレビ]
http://www.news24.jp/nnn/news8813750.html
(魚拓1)(魚拓2)
道南の八雲町のイベントで先月、販売されたアワビの半数が、地元産ではなく韓国産だったことがわかりました。町は「申し訳なかった」と謝罪しています。

八雲町熊石地区で先月18日に開かれた「熊石あわびの里フェスティバル」。地元産と称し、1個350円で販売されたアワビ2万個のうち、9800個が韓国産だったことがわかりました。
(八雲町・植杉俊克副町長)「来てくれた客と関係者に心からお詫びしないといけない。本当に申し訳ありません」
このイベントは、地元産のアワビを格安で販売することで知られ、ことしは3万人が来場しました。町によりますと、冬場の低水温の影響で、イベントの1週間前に養殖あわび12万4000個のうち、8割が死んでいるのが見つかったということです。急遽、かわりのアワビを探し、韓国産を手配しましたが、イベントでは韓国産とは表示していませんでした。
(八雲町・植杉俊克副町長)「信頼を失ったので、しっかり反省して前にすすめていく」
町では、新聞などに謝罪広告を掲載する予定ですが、イベントについては来年も続けたい考えです。


朝日:韓国産アワビ 明示せず販売 八雲の催し
2014年6月27日09時19分
http://www.asahi.com/articles/CMTW1406270100002.html
■地元産が足りず

 今年5月に八雲町熊石地区であった「熊石あわびの里フェスティバル」で、韓国産のアワビが産地を明示しないまま販売されていたことが26日、同町への取材などで分かった。

 約2万個のうちの半分が韓国産で、実行委メンバーでもある植杉俊克副町長は「心からおわびする。反省して信頼回復に努め…以降会員のみ


毎日:アワビ イベント炭火焼き半数が韓国産 北海道・八雲
2014年06月27日 09時52分
http://mainichi.jp/select/news/20140627k0000e040144000c.html
(魚拓1)(魚拓2)
 北海道八雲町などが5月18日に開催したイベント「第20回熊石あわびの里フェスティバル」で、韓国産アワビを地元産と偽って販売していたことが26日、分かった。養殖アワビが海水温の低下で大量死したため韓国産を緊急輸入したが、来場者に告知しなかったという。道は産地表示義務違反の疑いがあるとみて、日本農林規格(JAS)法に基づいて八雲町熊石総合支所の立ち入り調査を行った。

 町によると、イベントは地元漁協から提供を受けた養殖アワビを1個350円で格安販売し、その場で炭火焼きにして食べられる。今年は3万人が来場。約2万個を販売したが、約半数の9850個が韓国産だった。

 養殖アワビの大量死を受け、イベントの実行委員会は近隣産を使うことも検討したが、価格や大きさなどの面で折り合わず、函館市内の業者を通じて韓国から調達したという。

 実行委は「韓国産も地元産も同じエゾアワビであり、産地表示が必要と考えが及ばなかった」。植杉俊克副町長は「だますつもりはなかった。熊石産アワビを楽しみにしていた来場者に心からおわびする」と話している。【鈴木勝一】



あれだけ食品偽装問題で騒がれていたというのに、
八雲町は一体何を考えているんでしょうね。
「あれは民間のレストランなどの話なので関係ない」
こんな感じで、他人事のように捉えていたとしか思えない。
意識が根本からおかしい。

「確保することばかりを考え産地表示を失念(副町長)」
「騙すつもりはなかった(副町長)」
などと言われても信用できるわけがない。

実行委に至っては、「産地表示が必要と考えが及ばなかった」。
呆れて物が言えない。

そもそも、なぜ1ヶ月以上も経って発表?
報道されなければ、そのままやり過ごすつもりだったということ?

よりにもよって、代替が韓国産アワビって・・・。
韓国は海洋汚染が酷く、それはもう様々な細菌が検出されるため、
海産物を輸入禁止としている国もあるほどなのに。
(中国産の食材、食品、製品の問題は良く報道されていますが、実は韓国も相当酷いです。なぜか報道されませんが。比率で言えば、中国より韓国の方が高いかもしれません)



今回、食中毒は出ていないようではありますが、
失墜した信頼を取り戻すには相当な時間がかかると思われます。
食の安全・安心を軽視するような自治体のものは口に入れる気にはならないと考える人は多いでしょうから。
八雲町にはおいしいものがたくさんあるのに・・・本当に残念です。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

これがもし中国産だったら、徹底的に糾弾していると思われる小倉さんですが、
韓国産だったためか、八雲町を奇妙な論理で擁護したそうです。
(ま、フジテレビのことだから、役割分担だったことも考えられます。さすがに、全員が手放しで擁護はできないので)

トピックニュース:小倉智昭氏が韓国産アワビを地元産と偽った事件で北海道八雲町をフォロー 「韓国産を食べた人は喜んだかもしれない」「悪意はまったくなかったんです」
2014年06月27日21時15分
http://news.livedoor.com/article/detail/8986042/
(魚拓1)(魚拓2)
27日放送の「とくダネ!」(フジテレビ)で、司会の小倉智昭氏が地元産アワビと偽って韓国産アワビを1万個販売した北海道八雲町を擁護する一幕があった。

番組では、先月18日に北海道八雲町で開催された「熊石あわびの里フェスティバル」で、用意されたアワビ2万個のうち1万個が韓国産であったというニュースを取り上げた。

小倉氏は、今年の2~4月の海水の異常低温で、地元で養殖されたアワビが10万個が死んでしまい、アワビが用意できない事態に陥りそうだったが、フェスティバル2日前に韓国産アワビを1万個用意し、販売したという経緯を説明。そのときはトラブルもなく終了したが、後日、韓国産アワビが地元産アワビとして売られていたとを地元の新聞社が報じると騒動となり、八雲町がお詫びを表明したとも付け加えた。

ここで、小倉氏は「ただ、今年はこういうことでね養殖アワビが八雲町のはちょっと小さかったんだって。だから韓国産のが大きかったって。そっち食べて喜んでた人がいるかもしれないし」と、フェスティバル実行委員会をフォロー。しかし、隣の梅津弥英子アナに「いや、でも…」とツッコミを入れられてしまった。

続けて小倉氏は、実行委員会が「騒動になるとは思いもしなかった」と発言したことを紹介したうえで、「ですから悪意はまったくなかったんです」「3万人のお客さんのためにアワビを用意しなきゃっていう気持ちから韓国産になったっていうことでしょう」と、ここでも実行委員会をフォロー。

梅津アナは「気持ちはわかりますが、地元のアワビだと思って食べた方がいるわけですから、それは…」と小倉氏の発言に再度ツッコミを入れた。

その後、小倉氏は「アワビって日本と南アフリカのがいいって言われているんですが、韓国だって海がつながってすぐ近いからね、そんな変わらないんじゃないかと思うんですが、どうでしょうか」とコメントし、締めくくったが、またも梅津アナは「いや、いや…」と小倉氏の考えを否定した。




読売:アワビ産地偽装 八雲町長を減給
2014年08月05日
http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20140805-OYTNT50008.html
(魚拓1)(魚拓2)
 「八雲町熊石あわびの里フェスティバル」で今年5月、韓国産の養殖エゾアワビを地元の熊石産と偽って販売した問題で、町議会は4日の臨時会で、岩村克詔町長と植杉俊克副町長をそれぞれ減給10分の1とする給料条例の改正案を可決した。期間は町長が2か月、副町長は3か月。また、町は産業課長(59)と課長補佐(59)を減給10分の1(3か月、同1か月)の懲戒処分とする方針も示した。

 同フェスでは約2万個のエゾアワビを販売し、半分が韓国産だった。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治-地方

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-06-27 11:58 | 政治‐地方 | Comments(0)
札幌市豊平区戸籍住民課係長宮川貴行(50),市立病院の入札システム不正閲覧で逮捕→情報漏えい容疑で再逮捕
<官製談合容疑>病院指名競争入札 札幌市係長を逮捕
毎日新聞 6月25日(水)23時45分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140625-00000146-mai-soci
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)

 ◇業者に入札情報を漏らす

 札幌市立札幌病院発注の業務に関する指名競争入札で、業者に入札情報を漏らして談合に関与したとして、北海道警捜査2課とサイバー犯罪対策課などは25日、同市北区北13西2、市豊平区戸籍住民課係長、宮川貴行被告(50)=公電磁的記録不正作出・同供用罪で起訴=を官製談合防止法違反などの疑いで逮捕した。また、業務を受注した事務機器販売会社「北海道オフィス・マシン」(札幌市中央区)社員、宮嶋啓(あきら)容疑者(40)=札幌市東区北8東1=を競売入札妨害容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、宮川容疑者は同病院総務課主査だった2012年11月、病院内のネットワーク(イントラネット)用端末の設定と旧端末の撤去などの業務に関する指名競争入札で、宮嶋容疑者に業務に関する情報を漏らして公正な入札を妨害したとしている。入札には他に4社が参加し、オフィス社が91万円で落札した。

 市によると、宮川容疑者は10年4月に総務課へ異動し、11年4月から13年4月まで主査として院内の情報システムを担当。システム構築関連の発注権限を持っていた。

 豊平区への異動後、同病院の入札システムを不正に閲覧した記録が見つかり、宮川容疑者の関与が浮上。サイバー対策課などが今月4日、公電磁的記録不正作出容疑などで逮捕し、札幌地検が25日に起訴していた。

 捜査2課などは25日、同病院などを家宅捜索して資料を押収し、癒着の実態や金銭授受の有無などを慎重に調べている。

 上田文雄市長は「事実関係を調査中で、詳細が明らかになり次第、厳正に対処したい。徹底的に原因究明をし、再発防止に努める」とのコメントを出した。【酒井祥宏、三股智子、日下部元美】

 ◇官製談合防止法

 国や地方自治体が発注する公共工事や物品納入、業務などの入札で、公務員が▽談合させる▽落札業者の事前指名▽予定価格の漏えい--などをする行為を禁じており、2003年1月に施行。違反した場合は最大で懲役5年または罰金250万円と、刑法の談合罪より重い罰則が科せられる。

 ◇北海道で公務員が関与した主な談合事件

(肩書は当時)

2003年 1月  岩見沢市発注の土木工事などを巡り、公正取引委員会が官製談合防止法を全国初適用

  06年12月  深川市発注の小学校校舎工事で、道警が市長らを談合容疑で逮捕

  08年5~6月 国土交通省北海道開発局発注の農業土木工事などで、札幌地検が局長とOBらを談合罪などで逮捕・起訴

      6月  札幌市発注の下水道工事で、公取委が独占禁止法違反容疑で立ち入り検査。官製談合を認定し同防止法を適用

      8月  森町発注の消防防災建物の建設工事で道警が町長らを談合容疑で逮捕

  11年11月  池田町発注の中学校改築工事で、道警が町総務課長らを同防止法違反容疑で逮捕


共同:談合容疑で札幌市係長逮捕 病院入札で情報漏らす
2014/06/26 00:21
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014062501002047.html


時事:札幌市職員らを逮捕=入札情報漏らした疑い-北海道警
(2014/06/26-00:46)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014062600014
(魚拓1)(魚拓2)


道新:札幌市係長を逮捕 病院局入札 官製談合の疑い(06/26 02:02)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/547589.html
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
札幌市豊平区役所の家宅捜索に入る道警の捜査員=25日午後10時55分、札幌市豊平区平岸6の10

 札幌市病院局発注の業務をめぐり、業者に入札情報を漏らしたとして、道警捜査2課、サイバー犯罪対策課、札幌中央署などは25日、官製談合防止法違反などの疑いで、札幌市豊平区市民部戸籍住民課住民記録担当係長、宮川貴行容疑者(50)=札幌市北区北13西2=を再逮捕した。また、入札情報を受けたとして、公契約関係競売入札妨害の疑いで、同市中央区の事務機卸会社「北海道オフィス・マシン」営業部主任、宮嶋啓(あきら)容疑者(40)=同市東区北8東1=を逮捕した。道警は、2人の間に金品の授受がなかったか慎重に捜査する方針。

 道警は同日夜、市立札幌病院や豊平区役所、同社など関係先数カ所の家宅捜索を始めた。

 宮川容疑者の逮捕容疑は札幌市病院局経営管理室経営管理部総務課主査を務めていた2012年11月、市病院局が発注した市立札幌病院の院内ネットワーク(イントラネット)用端末の整備に関する指名競争入札で、宮嶋容疑者に入札情報を漏らし、入札の公正を害した疑い。道警は2人の認否を明らかにしていない。


道新:札幌市職員、またも業者と癒着 談合容疑で逮捕、防止策の実効性に疑問符
(06/26 09:22、06/26 10:10 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/547627.html
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
 札幌市職員と関係業者との癒着が疑われる事態が再び浮上した。25日夜、市病院局発注の指名競争入札をめぐり、業者に入札情報を漏らしたとして、官製談合防止法違反容疑で豊平区市民部戸籍住民課の係長、宮川貴行容疑者(50)が逮捕された。2011年に市発注工事をめぐる収賄事件で当時の係長が逮捕されてから、わずか3年半足らず。職員の規範意識と市の不正防止策の実効性に疑問符がつく事態となった。

 宮川容疑者は、市病院局経営管理室経営管理部総務課主査を務めていた12年11月、市立札幌病院の院内ネットワーク用端末の整備に関する指名競争入札で、市内の事務機卸業者に入札情報を漏らした疑いが持たれている。

 市によると、宮川容疑者は情報システムに詳しく、13年4月の現職場異動後も同病院のコンピューターにアクセスできるよう細工していたという。システムのチェック体制強化などが課題になりそうだが、市幹部は「特殊な技術を持っている職員の不祥事だけに、これまで以上に難しい対策が迫られる」と頭を抱える。

 札幌市の発注事業をめぐっては08年、下水道工事をめぐる官製談合が発覚。11年1月に判明した収賄事件では、逮捕された当時の財政局契約管理課の係長が、業者側に3件の工事の価格情報を伝える見返りに現金と商品券を受け取っていた。

 市は職員倫理規定の中で、職務上関係のある業者との行動基準として《1》金銭(小切手、商品券、タクシーチケットなどを含む)、物品(中元、歳暮など)の受領《2》会食《3》遊技(ゴルフ、マージャンなど)、旅行《4》講演、寄稿に対する謝礼の受領―などを禁じている。

 さらに11年の事件後、入札情報の管理徹底のため、工事設計書類の管理を厳重化したほか、職員向けには、法令順守の厳格化を訴える手引書を作成し、研修などでも不祥事防止を呼びかけてきた。さらに不正を行った業者に対する入札参加停止処分を、それまでの「1年以上2年未満」から「2年間」に延長するなどの不正入札防止策を講じた。

 しかし今回、再び職員が付き合いのある業者に入札情報を漏らしたと疑われる事態が発覚し、いずれの対策も効果に疑問符が付いた格好だ。癒着防止は職員個々の「モラル頼み」になっている状況が依然として続いており、市民の目がさらに厳しさを増すのは確実だ。(山田宏茂)


読売:札幌市係長を官製談合で再逮捕…病院端末入札で
2014年06月26日 11時12分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140626-OYT1T50048.html
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
 札幌市立札幌病院の指名競争入札で業者に入札情報を漏らしたとして、北海道警捜査2課などは25日、同市豊平区戸籍住民課係長の宮川貴行容疑者(50)(札幌市北区北13西2)=公電磁的記録不正作出・同供用容疑で逮捕=を、官製談合防止法違反と公契約関係競売等妨害容疑で再逮捕した。

 落札した同市中央区の事務用機器販売会社「北海道オフィス・マシン」社員宮嶋啓容疑者(40)(同市東区北8東1)も、公契約関係競売等妨害容疑で逮捕した。

 発表などによると、宮川容疑者は同市病院局が2012年11月に執行した、病院内のイントラネット用端末の更新に伴う指名競争入札で、同社が落札できるよう、宮嶋容疑者に入札に関する秘密事項を漏らした疑い。宮嶋容疑者は入手した情報に基づいて応札額を決めて落札し、入札の公正を害した疑い。道警は25日夜、豊平区役所や同社など関係先を捜索した。両容疑者の認否は明らかにしていない。


日テレ:異動後も入札記録を不正に閲覧(北海道)[ 6/26 13:27 札幌テレビ]
http://www.news24.jp/nnn/news8813748.html
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
市立札幌病院の業務の入札で、事前に業者に情報を漏らしたとして逮捕された札幌市の係長が、病院を異動したあとも病院の入札記録を不正に閲覧していたことがわかりました。

札幌市の係長・宮川貴行容疑者はおととし11月、当時勤務していた市立札幌病院が発注した入札をめぐって業者に情報をもらしたとして、きのう逮捕されました。
宮川容疑者は、去年4月に豊平区役所に異動したあとも外部から病院のサーバーに接続し、複数回にわたって入札記録を不正に閲覧していました。市によりますと、閲覧した記録から価格を推測することは可能ということです。宮川容疑者はきょう送検されますが、警察は今後、業者側との金銭のやりとりなどについて調べる方針です。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

道新:主任逮捕の業者の年間契約金額 容疑者着任で23万→2691万円に 札幌市病院局談合(06/26 17:55)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/547737.html

(魚拓1)(魚拓2)
 札幌市病院局発注業務の入札をめぐる官製談合防止法違反事件で、事務機卸会社「北海道オフィス・マシン」(同市中央区)に入札情報を漏らしたとして再逮捕された札幌市豊平区市民部戸籍住民課係長、宮川貴行容疑者(50)が市病院局経営管理室経営管理部総務課に在籍した2010年4月からの3年間、病院局と同社の契約金額が急増していたことが26日、札幌市への取材で分かった。パソコンの調達などで、11年度の契約金額は着任前に比べ120倍近くに上った。

 道警捜査2課などは、宮川容疑者が逮捕容疑となった12年11月の入札以外でも情報を漏らしていた可能性があるとみて調べている。

 市病院局によると、同局の入札と同局施設管理担当課の随意契約のうち、同社の受注は09年度、随意契約のみの7件、23万円だったが、宮川容疑者が着任した10年度は入札2件を含む56件、710万円に急増。11年度は56件(入札3件)で2691万円、12年度も逮捕容疑となった入札を含め44件(入札4件)で2567万円に達した。同容疑者が豊平区に異動した13年度は11件(入札1件)の148万円に急減した。

 道警捜査2課などは26日、官製談合防止法違反などの疑いで宮川容疑者を、公契約関係競売入札妨害の疑いで同社営業部主任、宮嶋啓(あきら)容疑者(40)をそれぞれ送検した。<北海道新聞6月26日夕刊掲載>


道新:札幌市、甘い情報管理 談合の容疑者、病院局臨職名簿に不正アクセス
(06/27 07:40)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/547843.html
(魚拓1)(魚拓2)
職員の逮捕について謝罪する札幌市の上田文雄市長=26日午後3時10分、札幌市役所

 札幌市病院局発注業務の入札をめぐる官製談合防止法違反事件で、入札情報を漏らしたとして再逮捕された同市豊平区市民部戸籍住民課係長、宮川貴行容疑者(50)=公電磁的記録不正作出・同供用罪で起訴済み=が、以前所属していた病院局のサーバーに外部から不正にアクセスし、同局の臨時職員約350人分の名簿を閲覧していたことが26日、同市への取材で分かった。同市は外部への流出は確認されていないとするが、個人情報が悪用される恐れもあり、情報管理の甘さが浮き彫りになっている。

 同市の内部調査によると、臨時職員の名簿は表計算ソフト「エクセル」のファイルで、職員の氏名や住所、生年月日、性別のほか電話番号が記載されていた。

 同容疑者は契約に関する仕様書や発注書、積算書などの保管場所も閲覧していたことが分かっている。

 職員の逮捕を受け、上田文雄市長は26日、記者団に対し「市役所に対する信頼を害し、誠に申し訳ない。どこに問題があったのか究明し、再発防止に向け最大限努力したい」と陳謝。27日に不祥事防止委員会を開き、幹部職員に法令順守の徹底を呼び掛ける。<北海道新聞6月27日朝刊掲載>


朝日:札幌市病院入札 係長を談合容疑 再逮捕
2014年6月27日10時07分
http://www.asahi.com/articles/CMTW1406270100004.html
(魚拓1)(魚拓2)
記者会見で謝罪する木内二朗・札幌市病院局経営管理部長(右から2人目)ら=25日午後11時30分、同市役所


■札幌市病院入札 情報漏洩

■異動後も資料再三閲覧か/北海道

 札幌市病院局が発注した病院内ネットワーク用端末更新業務の入札情報が漏洩(ろうえい)したとされる事件で、道警は25日夜、同市豊平区役所の住民記録担当係長、宮川貴行容疑者(50)=同市北区、公電磁的記録不正作出などの罪で起訴=を官製談合防止法違反と競売入札妨害の疑いで再逮捕し、発表した。市によると、宮川容疑者は病院担当を外れた後、病院のネットワークへの不正接続を繰り返し、入札の資料を閲覧していた疑いがあるという。

 また道警は同日、この業務を受注した同市中央区の事務機器販売会社「北海道オフィス・マシン」の営業社員宮嶋啓容疑者(40)=同市東区=も競売入札妨害の疑いで逮捕した。道警は、両容疑者の認否を明らかにしていない。

 道警などによると、宮川容疑者は2011年4月から病院局総務課主査として情報システムを担当。12年11月に実施した病院局発注の院内ネットワーク用端末の設定や旧端末の撤去業務の指名競争入札をめぐり、宮嶋容疑者に入札情報を漏らし、入札の公正を害した疑いがある。入札には5社が参加し、同社が91万円で落札した。

 市によると、宮川容疑者は昨年4月に豊平区役所に異動後、2度にわたって病院内ネットワークの管理者権限を不正取得。契約の発注書や仕様書、積算書などが入ったフォルダに何度もアクセスしていた。同6月、市に対し「ネットワークサーバーが正常に作動しているか確認したかった」などと説明したという。

 市は、これらの書類から予定価格を類推できるとみているが、漏洩情報が特定できないとし、同10月に道警に相談した。

 また、市病院局発注事業について、同社の09年度の受注額は23万円だったが、宮川容疑者が同局総務課に在籍した10~12年度は709万~2691万円に急増。異動後の13年度は148万円に落ち込んでいた。

 道警は、入札情報漏洩のいきさつや受注急増の理由などを調べる方針。


   ◇


■市長「再発防止へ対策」

 札幌市職員の逮捕を受け、市病院局の木内二朗経営管理部長らが25日深夜、記者会見し、「あってはならないこと。市民の信頼を裏切り深くおわび申し上げたい」と陳謝した。

 市が宮川容疑者に不信感を持ったのは、病院局から豊平区役所に異動した後の昨年5月。病院局のネットワークへの管理者権限を削除したのに、2度にわたり権限が再設定されたからだ。市は、宮川容疑者が病院局でシステム保守担当をしている時に権限の再設定ができるようシステムの設定を変えたとみている。

 札幌市では2008年、下水道電気設備工事をめぐり、公正取引委員会が立ち入り検査。市幹部らによる官製談合と認定された。

 上田文雄市長は26日、記者団に対し、「今回の談合が構造的に同じなのか、これから十分検証する。その結果を踏まえ、再発防止に向け、万全の対策を立てたい」と話した。


■業者の入札参加停止 入札妨害容疑で社員逮捕

 札幌市は26日、「北海道オフィス・マシン」に対し、市発注事業への入札参加を2年間停止した。


道新:調査委、一度も開かず 札幌市病院局「疑義情報なかった」(06/28 07:10)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/548064.html
(魚拓1)(魚拓2)
 札幌市病院局発注業務の官製談合防止法違反事件をめぐり、同局が契約の適正化のため、2006年に設置した談合情報調査委員会がこれまで一度も開かれていないことが27日、分かった。再逮捕された同市豊平区戸籍住民課係長、宮川貴行容疑者から営業部主任が入札情報を受け取っていたとされる事務機卸会社「北海道オフィス・マシン」との契約金額は、同容疑者の同病院局在籍中、急増したが、調査の対象になっていなかった。

 調査委は同局の経営管理部長ら5人で構成。対象の案件は同局が発注する工事や物品購入などに関する入札のほか、随意契約も含まれる。談合情報が寄せられた場合や、職員が談合を疑う情報を得た場合に開催する規定になっている。

 同容疑者が病院局に着任した10年4月から3年間、同社との契約金額が急増し、11、12年度は09年度の100倍以上に達したが、同局は「疑義に足る情報が寄せられていなかった」として調査委を開催しなかった。チェック機能の形骸化が浮き彫りになった格好だ。<北海道新聞6月28日朝刊掲載>




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

[PR]
by doumin | 2014-06-26 16:20 | 政治‐地方 | Comments(0)
都議会ヤジ問題 NHKとTBSの街頭インタビューに同一人物、塩村議員は「外国特派員協会」で108人を前に会見
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by doumin | 2014-06-25 15:20 | マスコミ
最高裁、朝鮮総連中央本部を落札したマルナカホールディングスへの売却許可の効力を一旦停止する異例の決定
NHK:朝鮮総連本部の売却 いったん停止
6月20日 17時17分 ※2014年
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140620/t10015381911000.html
(魚拓)
朝鮮総連=在日本朝鮮人総連合会の中央本部の土地と建物について、最高裁判所は、朝鮮総連が行っている不服申し立ての結論が出るまで高松市の企業に売却する手続きをいったん停止する、異例の決定を出しました。
最高裁は、売却を認めた地裁と高裁の決定が妥当かどうか、慎重に検討するものとみられ、中央本部の不動産の売却は、決着するまでさらに時間がかかる見通しとなりました。

競売にかけられている東京・千代田区の朝鮮総連中央本部の土地と建物は、去年10月の入札でモンゴルの会社が最も高い価格をつけましたが、東京地方裁判所は「提出文書に問題があった」などとして落札者と認めず、2番目に入札価格が高かった高松市の「マルナカホールディングス」に売却を認める決定をしました。
さらに東京高等裁判所も先月、この売却を認めたため、マルナカホールディングスが落札価格の22億1000万円を支払いさえすれば所有権が移る状態になっていました。
朝鮮総連はこれを不服として、最高裁判所に抗告し「入札をやり直すべきだ」と主張しています。
こうしたなか、最高裁第3小法廷の木内道祥裁判長は、朝鮮総連が1億円を供託することを条件に、不服申し立てへの最高裁の結論が出るまでの間、いったん売却の手続きを停止する決定を20日までに出しました。
最高裁は、入札をやり直さないまま、2番目に高い価格をつけた企業を落札者と決めた方法が妥当だったか慎重に審理するとみられ、中央本部の不動産の売却は決着するまでさらに時間がかかる見通しとなりました。
朝鮮総連は、NHKの取材に対し「特にコメントすることはありません」としています。


企業側「待つしかない」

売却手続きをいったん停止するとした今回の最高裁の決定について、高松市のマルナカホールディングスの代理人を務める弁護士はNHKの取材に対し、「まだその情報を確認していないのでコメントできる状況ではない。これまでも事実上、手続きは止まっていたので引き続き待つしかない」と話しています。


朝鮮総連中央本部「事実上の大使館」

朝鮮総連は、北朝鮮を支持する在日朝鮮人で構成される組織で、一部の幹部は、北朝鮮の国会に当たる最高人民会議の代議員を務めるなど、本国の指導部と密接な関係があります。
ことし3月に行われた最高人民会議の選挙でも、ホ・ジョンマン議長ら5人が代議員に選出されました。
その最大の活動拠点である中央本部は、昭和61年に、結成30年を記念して今のビルに建て替えられました。
キム・イルソン主席の誕生日を祝う催しなどが開かれる「大会議室」や、要人との会食などに使われる食堂が配置されているほか、各フロアーには、議長や副議長ら幹部の執務室などがあります。
北朝鮮と在日朝鮮人を結ぶ「事実上の大使館」とも呼ばれていて、北朝鮮や朝鮮総連の幹部は、施設が人手に渡りその威信が低下することに、危機感を持っているとみられています。


朝鮮総連異例経過の競売

朝鮮総連の最大の拠点である中央本部。
その土地と建物は朝鮮総連に627億円の債権をもつ整理回収機構の申し立てで競売にかけられています。
1回目の入札は去年3月に行われ、鹿児島県の宗教法人が落札しましたが、45億円余りの代金を期限までに納めることができず、入札がやり直されることになりました。
2回目の入札は7か月後の去年10月に行われ、モンゴルの企業が50億円余りと最も高い価格をつけました。
しかし、東京地方裁判所は、このモンゴルの企業について3か月かけて審査した結果、ことし1月に「提出された文書はカラーコピーの疑いがあり、モンゴル政府の認証もない」などとして落札者と認めませんでした。
そのうえで、入札の再度のやり直しは行わず、2回目の入札で2番目に高い価格をつけていた高松市の企業「マルナカホールディングス」に売却を認める決定を2か月後に出しました。
さらに東京高等裁判所も先月、この企業への売却を認めました。
その一方で、朝鮮総連が求めていた裁判所の判断が確定するまでの間の売却手続きの停止は認めなかったため、マルナカホールディングスが落札価格の22億1000万円を支払いさえすれば所有権が移る状態になり、このままこの企業に売却されるとみられていました。
しかし今回、最高裁が落札者を決めた方法が妥当だったかどうか結論を出すまでの間、売却手続きを停止する決定を出したことで、中央本部の不動産の売却は決着までさらに時間がかかる見通しになりました。


北朝鮮「裁判所の決定取り消しを」

朝鮮総連=在日本朝鮮人総連合会の中央本部の売却問題を巡って、北朝鮮は「わが人民のいちばんの関心事だ」として、日本政府に対して裁判所の決定を取り消すよう求めています。
先月、スウェーデンのストックホルムで行われた日本との政府間協議で、両国が合意した内容には「在日朝鮮人の地位に関連する問題については誠実に協議していく」という文言が入りましたが、ソン・イルホ日朝国交正常化担当大使は朝鮮総連の問題も含まれるという認識を示しています。
北朝鮮としては、拉致被害者などの再調査を巡って、近く開催される日本との政府間協議でもこの問題を取り上げ、日本側の柔軟な対応を求めるとみられます。


産経:総連本部競売、1億円納めれば売却停止 最高裁
2014.6.20 17:35
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140620/trl14062017350002-n1.htm
(魚拓)


日経:総連本部の「売却許可」一時停止認める 最高裁
2014/6/20 18:06 (2014/6/20 21:50更新)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG20046_Q4A620C1000000/
(魚拓)
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地建物の競売で、最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)は20日までに、落札した不動産業者への売却許可の効力をいったん停止する異例の決定をした。総連側が供託金1億円を納めることが条件。売却許可を不服とする総連側の特別抗告などについて同小法廷が結論を出すまで、売却手続きは止まることになる。

 決定は19日付。競売手続きに法的な問題がなかったかどうか審理している間に、先行して落札業者に所有権が移り、さらに第三者に転売されるなどして権利関係が複雑化するのを防ぐ目的があるとみられる。

 総連中央本部の競売で東京地裁は今年3月、22億1千万円で入札した不動産業、マルナカホールディングス(高松市)への売却を許可。総連側は執行抗告を申し立てたが、東京高裁が5月に棄却した。

 総連側は最高裁に特別抗告などを申し立てたが、マルナカ側が裁判所から必要書類を受け取り、代金を納付すれば所有権が移転する状況になっていた。

 売却手続きがいったん止まったことで総連は当面、中央本部を使い続けることが可能となる。

 総連中央本部は東京都千代田区の約2390平方メートルの土地と、地上10階地下2階建ての建物。整理回収機構が2012年7月に強制競売を申し立てた。

 昨年3月の1回目の入札では鹿児島県の宗教法人、最福寺が約45億円で落札したが、代金を納付できず購入を断念。昨年10月の2回目の入札ではモンゴル企業が約50億円で落札したが、書類不備で売却が認められず、次点のマルナカが落札した。総連側は入札自体のやり直しを求めている。

 総連中央本部の競売について、北朝鮮側が日本人拉致被害者の安否調査などの日朝合意に含まれると主張しているのに対し、日本側は「政府は裁判の過程に介入できない」との認識を示している。

 マルナカホールディングスの代理人の話 (決定について)裁判所からの連絡はない。社内での協議も行っておらず、現時点ではコメントは差し控えたい。

 朝鮮総連広報室の話 特にコメントすることはない。


共同:総連本部売却、最高裁が一時停止 供託金1億円で
2014/06/20 18:29
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014062001002079.html
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地建物の競売で、最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)は20日までに、不動産業マルナカホールディングス(高松市)への売却許可の効力をいったん停止する決定をした。総連側が供託金1億円を納めれば、最高裁が総連の特別抗告などに対する結論を出すまで所有権の移転はできなくなる。決定は19日付。

 マルナカへの売却許可が5月12日に東京高裁で決まった後も、裁判所側から代金22億1千万円の納付に必要な書類が交付されず、所有権移転手続きができない異例の状態が続いていた。


時事:売却決定、一時停止=朝鮮総連本部の競売-1億円供託が条件・最高裁
(2014/06/20-19:31)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201406/2014062000745
(魚拓)
※抜粋
最高裁は競売手続きをいったん停止させ、慎重に判断するとみられる。


日テレ:朝鮮総連本部“売却”を一時停止~最高裁
< 2014年6月20日 20:01 >
http://www.news24.jp/articles/2014/06/20/07253486.html
 朝鮮総連中央本部の土地と建物の競売で、最高裁は20日までに、香川県の会社への売却手続きを一時的に停止する決定をした。

 朝鮮総連本部の競売では、東京地裁が香川県の不動産投資会社「マルナカホールディングス」に売却を認める決定をし、東京高裁も決定を支持した。これにより、マルナカ社への売却手続きを進めることが可能になったものの、朝鮮総連の不服の申し立てを受け、最高裁で審理が続いていることが影響し、売却手続きは進んでいなかった。

 この状況を受け、最高裁は20日までに、売却を認めた決定の効力を最高裁の判断が出るまで、一時的に停止することを決定した。売却手続きはいったん停止することになる。朝鮮総連が1億円を供託することを条件としている。






■関連記事追記

文春:日朝交渉へ配慮か
朝鮮総連本部ビル売却一時停止の怪
2014.06.26 12:01
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4113


現代ビジネス:最高裁が朝鮮総連中央本部ビルの売却中断決定の裏側
2014年06月26日(木) 伊藤 博敏

1ページ目
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39669
(魚拓)

2ページ目
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39669?page=2
(魚拓)

3ページ目
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39669?page=3
(魚拓)

4ページ目
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39669?page=4
(魚拓)


産経:ストップした総連本部競売、揺らぐ司法への信頼
2014.7.17 17:45 (1/3ページ)

1ページ目
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140717/crm14071717450017-n1.htm
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物については、整理回収機構の申し立てによって平成24年に競売が開始され、本年3月にマルナカホールディングス(高松市)が22億1千万円で落札しました。

 ところが、現在も競売手続がストップしたままで、マルナカへの所有権が移転できないという異常事態が続いています。

 経緯を簡単に振り返りますと、3月24日、落札したマルナカに対し、東京地裁が売却許可決定し、これを不服とした総連側が執行抗告を申し立てました。総連側は記者会見で「在日朝鮮人に対する民族的差別をあらわにした暴挙であり、わが国に対する許し難い敵対行為である」などと激しく非難しました。

 しかし、競売は単なる民事手続ですから「差別」でも「敵対行為」でもありません。そもそも、問題の発端は、破綻(はたん)した在日朝鮮人系信用組合の不正融資事件にあります。預金者保護を理由に、国民の血税から1兆円超が公的資金として投入されたにもかかわらず、総連側が債務の返済をしないことこそ問題なのです。

 結局、5月12日、東京高裁は総連側の言い分を認めず、執行抗告を棄却しました。この時点で売却許可決定は確定したので、あとはマルナカが代金を納付するだけという最終段階まで来ていました。民事執行規則では、「裁判所は売却許可決定が確定した日から1カ月以内の日に納付期限を設定すること」と定められていますので、本来であれば、遅くとも1か月後の6月11日までにはマルナカが代金を納付して競売手続は終了するはずでした。


2ページ目
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140717/crm14071717450017-n2.htm
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
 ところが、なぜか、東京地裁は1カ月を過ぎても納付期限を設定しなかったのです。早く手続きを進めてほしいマルナカからの再三の抗議にもかかわらず、東京地裁はその後もこれを放置したままでした。このこと自体が極めて異常であり、日頃から迅速な事件処理を謳(うた)う裁判所としてはあり得ないことです。

 そうこうするうちに、6月19日、総連側の特別抗告を受けた最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)が「総連側が供託金1億円を納めることを条件に、一時的に売却許可決定の効力を停止する」という決定をしてしまったのです。極めて異例です。この決定を受けて、総連側が1億円を供託したため、現在、競売手続が一時的にストップしている状況なのです。

 東京地裁が、規則通り「1カ月ルール」にしたがって手続を進めていれば絶対に間に合うはずのなかった最高裁の執行停止の決定が間に合ってしまった、ということです。最高裁は「今後、売却許可の可否について慎重に審理する」ということですが、いつ、その結論が出されるのか?という期限はありません。最高裁の思惑次第で、競売手続がストップしたままの状態が続くのです。落札者のマルナカ側がこれを不服と思っても、最高裁の上には裁判所はありませんから、不服申し立ての手段がありません。


3ページ目
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140717/crm14071717450017-n3.htm
(魚拓1)(魚拓2)(魚拓3)
 結果的には、総連側の主張に配慮して、東京地裁が時間稼ぎをし、最高裁が競売手続にストップをかけたと見られても仕方ありません。仮に、東京地裁が最高裁からの意向を受けて時間稼ぎをしたのだとすれば、それこそ「裁判官の独立」に疑念を抱かせる大問題です。今回の件については、「拉致問題解決のカードとして総連本部を残しておきたい官邸側から裁判所への圧力があったのでは?」「マルナカ側にも何らかの背景があるのでは?」などと様々な憶測が飛び交っていますが、真相は分かりません。

 いずれにせよ、公平・公正であるべき裁判所がイレギュラーな対応をしたのは事実です。法治国家を自認する日本が北朝鮮側に対し、「日本、与(くみ)し易(やす)し」という印象を与えてしまい、今後の日朝政府間協議に良からぬ影響が及ぶことが危惧されます。裁判官と言えども、所詮、人間です。過度な期待や信頼は禁物ですが、今回の裁判所の不可解な一連の動きは、国民の「司法への信頼」という観点からは大きな禍根を残してしまいました。






■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:社会

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-06-25 14:05 | 社会 | Comments(0)
ススキノに迷い込んだカモの親子を無事救出!お手柄巡査と通行車両の協力で
道新:親ガモ役は警察官 子ガモを国道から札幌・豊平川まで誘導 ネットで話題に
(06/12 16:00、06/12 18:37 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/544965.html
(魚拓1)(魚拓2)
d0164331_13473643.jpg
親ガモを手に、子ガモに目を配りながら歩く板井田さん(ツイッターの投稿画像より)



 警察官が「親ガモ」役に―。札幌中央署の警察官が、札幌市中心部の国道36号に迷い込んだカモの親子を豊平川まで誘導する姿が短文投稿サイト「ツイッター」上に画像付きで掲載され、「ほほ笑ましい」と話題を呼んでいる。

 「国道の中央分離帯にカモの親子がいて危険だ」。110番通報があったのは6日午前11時半ごろ。同署地域課巡査の板井田祐弥さん(21)が同僚とパトカーで急行すると、親ガモ1羽と子ガモ6羽が身を潜めていた。

 「親ガモを抱いて歩けば、子ガモも付いてくるかもしれない」。板井田さんは親ガモをそっと抱え、子ガモの歩調に合わせ、約200メートル先の豊平川まで、ゆっくり20分間かけて「行進」した。川に放すと親子ガモは元気に泳いでいったという。

 ツイッター上ではリツイート(転送)が投稿から5日間で1万1千回を超え、「お巡りさんかっこいい」「かわいい」などのコメントが相次いだ。
<北海道新聞6月12日夕刊掲載>


カモの親子救った警官に称賛の声
[2014年6月14日20時48分]
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20140614-1317763.html
(魚拓1)(魚拓2)

親カモを抱きかかえ、赤ちゃんカモを誘導する板井田祐弥巡査(ツイッター投稿者提供)

 札幌・ススキノに迷い込んだカモの親子7羽を助けるため、近くの川に誘導する警察官の姿が写真付きで短文投稿サイト「ツイッター」に投稿され、評判になっている。投稿を見た人が転送する「リツイート」は1万件を超え「癒やされる」「素晴らしい」とのメッセージも寄せられている。

 「国道の中央分離帯に野鳥の親子がいる。危険だ」。北海道警通信指令室に110番が入ったのは6日午前11時半ごろ。近くの薄野交番にいた札幌・中央署地域課の板井田祐弥巡査(21)と町田航巡査長(24)がパトカーで向かうと、分離帯の茂みで親子がおびえていた。

 現場の国道36号は乗用車やバス、トラックが行き交う。6羽の赤ちゃんカモを狙っているのか、上空には3羽のカラスが飛び回っていた。

 意を決した2人は板井田巡査が先頭に立ち、町田巡査長は親子が離ればなれにならないよう、交通整理用の板で囲い込むように後ろから追った。

 ところが、おびえたカモはバイクの下に潜り込んだり、車の間を通り抜けたりと息が抜けない。

 親を捕まえれば子が付いてくるのでは-。ひらめいた板井田巡査が親カモを抱きかかえ、親カモの顔を見せながらゆっくり歩を進めた。すると、赤ちゃんカモが必死に追いかけてきた。

 ヨチヨチ歩きにペースを合わせ、約200メートル先の豊平川まで約20分かけて進んだ。川に着くと親子は安心した様子で泳いでいったという。

 ツイッターにはカモを守った2人の優しさをたたえるメッセージも数多く寄せられている。「車に止まってもらいましたが、誰からも文句を言われませんでした。皆さんの協力があったからこそできたこと」と板井田巡査。町田巡査長も「小さな命を守ることができて良かった。ほっとしました」と話している。(共同)


カモ親子救出劇:あっぱれ!道警警官 ツイッターで大反響
毎日新聞 2014年06月16日 20時51分(最終更新 06月17日 05時02分)
http://mainichi.jp/select/news/20140617k0000m040096000c.html
(魚拓1)(魚拓2)

親ガモを両手で持ち、6羽の子ガモを誘導する板井田巡査=札幌市中央区で2014年6月6日午前11時48分、ツイッター投稿者提供

 ◇「癒やされる」「可愛い」 リツイート1万2000件

 札幌市中心部の幹線道路の中央分離帯に迷い込んだカモの親子7羽を助けようと、北海道警の警察官2人が近くの川まで誘導した。この様子を撮影した写真が短文投稿サイト「ツイッター」に投稿されると大反響を呼び、リツイート(転載)は約1万2000件に。「癒やされる」「可愛い」と話題を呼んでいる。

 「国道の中央分離帯にカモの親子がいる。危険だ」と110番があったのは6日午前11時半ごろ。現場は札幌随一の繁華街・ススキノ近くの札幌市中央区南4東3。片側3車線の国道36号で、トラックやバス、乗用車が頻繁に行き交っていた。

 現場近くの薄野交番にいた札幌中央署地域課の板井田祐弥(ゆうや)巡査(21)と町田航(わたる)巡査長(24)がパトカーで急行すると、中央分離帯の茂みに親ガモ1羽と子ガモ6羽が迷い込んでいた。上空には数羽のカラスが旋回し、親子ガモを狙っている様子だった。

 2人は交通整理用の板を使って移動を促そうとしたが、カモの親子は分離帯の中を逃げ回るばかり。途方に暮れた板井田巡査は以前、近くの川で見たカモの習性を思い出した。「子は親についてくるはず」。親ガモを両手で持ち、子ガモたちに見せるように歩くと、ヨチヨチとついてきた。

 子ガモたちの小さな歩幅に合わせてゆっくりと車道を横断して歩道に入り、東に約200メートル離れた豊平川まで20分かけて誘導した。親ガモを川面に放し、泳ぎ去っていくカモの親子を見送った。

 この光景を車中から見ていた同市白石区の男性会社員(37)が「(警察官の)優しい人柄が出ていて、ほほ笑ましい」と、撮影した写真をツイッターに投稿した。板井田巡査は「車や自転車は誰も文句を言わず止まってくれた。無事に助けることができたのは皆さんの協力のおかげ」と話した。【日下部元美】



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

子ガモ:7匹、側溝に落ち…警察官8人がかりで救出 広島
毎日新聞 2014年05月24日 18時34分(最終更新 05月24日 20時29分)
http://mainichi.jp/select/news/20140525k0000m040017000c.html
(魚拓1)(魚拓2)
 広島県福山市内で24日、子ガモ7匹が親から離れて側溝に落ち、警察官が8人がかりで助け出した。無事親元に戻った子ガモたちは、元気よく用水路に戻った。

 福山東署交番勤務の池田義紀警部補(45)が巡回中、通行人から「助けてあげて」と通報を受けた。側溝は深さ約1メートルだったが、子ガモはさらに深い水たまり部分に落ち、はい上がれずにいたという。

 自宅ではインコを飼っているという池田警部補。約20キロの側溝のふたを持ち上げ、逃げ回る子ガモを1匹ずつ救出した。「殺伐とした事件もあるが、この事件処理は楽しかった」【菅沼舞】



朝日:溝にはまったカルガモ親子助けて 警察官8人が急行
2014年5月24日23時01分
http://www.asahi.com/articles/ASG5S4QG1G5SPITB009.html
(魚拓1)(魚拓2)

写真=救助されて小川を元気に泳ぐカルガモ親子=24日、広島県福山市南蔵王町5丁目

 広島県福山市で24日、カルガモの親子8羽が溝にはまる騒ぎがあった。通行人が交番の池田義紀警部補(45)に「どうにかして」と訴え、警察官8人が急行した。

 金属製のふたのある排水路の途中にさらに深くなる溝があり、8羽が身を寄せ合ってはまっていた。逃げ惑うひな7羽を手づかみで1羽ずつつかまえた。

 最後に残った親ガモは自分で飛び立ち、向かいの小川に舞い降りた。同じ小川にひなを放した池田さん。「親はずっと子に寄り添っていたのでしょうね」


道路をカモの親子が……車を止めて渡らせてあげる警察官にほのぼのする映像
(米国ウィスコンシン州)
2014年05月24日 20時00分
http://news.ameba.jp/20140524-306/



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:動物

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-06-17 14:01 | 動物 | Comments(0)
日韓友情の遍路小屋建設へ ヘンロ小屋プロジェクトの歌一洋氏「日韓友好を表現できるようデザインしたい」
共同:日韓つなぐ遍路道の小屋 香川に「友情の懸け橋」
2014/6/17 11:55
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1700H_X10C14A6CR0000/
(魚拓1)(魚拓2)
 外国人への差別貼り紙が相次いだ遍路道に「日韓友情の遍路小屋」を建てる計画が進んでいる。香川県三豊市高瀬町に夏ごろ着工し、秋には完成する予定。友情小屋に取り組む大阪府吹田市の建築家、歌一洋さん(66)は「日韓友好を表現できるようデザインしたい」と意気込んでいる。

 歌さんはこれまで、巡礼者が利用できる遍路道の休憩所約50カ所を設計しており、友情小屋もその一環。外国人女性として初めて、お遍路の魅力を伝える「先達」に公認された韓国人、崔象喜さん(38)=ソウル市=も「韓国と日本の懸け橋になってほしい」と期待し、寄付金集めに協力している。

 崔さんは2010~13年に全88札所の巡礼を4回達成。日本語の分からない外国人が迷わないよう、遍路道に矢印で道順を示すステッカーを貼る活動もしていた。

 しかし、今年4月以降「朝鮮人達が、気持ち悪いシールを、四国中に貼り回っています」などと記された貼り紙や書き込みが、徳島、香川、愛媛各県の30カ所以上で見つかった。

 強いショックを受けた崔さんは友情小屋の建設に一時消極的になったが、歌さんから「崔さんのやっていることは間違っていない」と励まされ、前向きになったという。

 友情小屋は賛同者の所有地に建て、費用は日本人や韓国人らの寄付金で賄う。これまでに計約70万円が集まっている。〔共同〕




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連リンク

四国八十八ヶ所ヘンロ小屋プロジェクト
http://uta.rgr.jp/henro/hennro.html
(魚拓1)(魚拓2)


近畿大学 さわちゃんのこんなん行ってきました!
「四国八十八ヶ所ヘンロ小屋プロジェクト」 文芸学部 歌一洋教授インタビュー
(2012年3月 1日 )
http://www.kindai.ac.jp/camerepo/2012/03/post-71.html
(魚拓1)(魚拓2)




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

朝日:遍路道に日韓友情の休憩所設置へ 先達の韓国人女性発案
細川治子
2014年6月18日08時33分
http://www.asahi.com/articles/ASG6K5J8QG6KPLXB014.html
(魚拓1)(魚拓2)

写真
韓国を訪れた歌一洋さん(左)に集めた寄付金を渡す崔象喜さん(右)=5月31日、ソウル市、崔さん提供

 四国霊場八十八カ所を巡る歩き遍路のための休憩所「日韓友情ヘンロ小屋茶処高瀬」が秋にも香川県三豊市に建てられる。昨年、案内役の「先達」に外国人女性で初めて公認された韓国の崔象喜(チェサンヒ)さん(38)が発案。4度の歩き遍路で、分け隔てなくお茶をふるまうなどしてくれた人々への「恩返し」だという。

遍路小屋に外国人排除の貼り紙 3県10市町に

 3月、各地に休憩所をつくる「ヘンロ小屋プロジェクト」に取り組む徳島出身の建築家歌一洋(うたいちよう)さん(66)に設計を依頼。プロジェクトの支援者が候補地を探した。

 その1カ月後、崔さんが貼った順路シールを巡り、「『大切な遍路道』を朝鮮人の手から守りましょう」という張り紙が遍路道で見つかった。


四国新聞:日韓友情のシンボルに/遍路道に小屋建設へ
2014/06/18 10:02
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/culture/20140618000183
(魚拓1)(魚拓2)
 今春、外国人を差別する貼り紙が相次いで見つかった遍路道沿いに、日韓の関係者が協力して巡礼者用の休憩所を建設する計画が進んでいる。香川県三豊市内に秋ごろに完成予定で、「日韓友情ヘンロ小屋」と命名する。関係者は「日韓友好のシンボルになってほしい」と期待を寄せている。

 ヘンロ小屋は、同市高瀬町の国道11号沿いに建設する。賛同者の所有地で広さは約30平方メートル。デザインは、四国4県で休憩所の設置を進めている「四国八十八カ所ヘンロ小屋プロジェクト」主宰の歌一洋さん(66)=大阪府吹田市=が手掛ける。高瀬町の特産で韓国でも親しまれている茶葉の形をイメージした屋根を取り付ける予定という。

 建設は今年3月、外国人女性として初めて、お遍路の魅力を伝える「先達」に公認された韓国人崔象喜(チェサンヒ)さん(38)=ソウル市=が「民間レベルでの日韓友好の懸け橋になれば」と願って歌さんらに提案した。崔さんは、2010~13年に全88札所の巡礼を4回達成しており、その道中で受けた多くのもてなしに感動。日本語の分からない外国人が迷わないよう、遍路道に矢印で道順を示すステッカーを貼る活動もしていた。

 しかし、今年4月以降「朝鮮人達が、気持ち悪いシールを、四国中に貼り回っています」などと記された貼り紙や書き込みが、香川、徳島、愛媛各県の30カ所以上で見つかった。深いショックを受けた崔さんは、ヘンロ小屋の建設が進むことで周囲に迷惑が掛かるのではと心配したが、歌さんから「あなたのやっていることは間違っていない」と励ましを受けて前向きになった。

 建設費は日本人や韓国人らの寄付金で賄い、これまでに計約70万円集まっているという。

 17日には、同プロジェクトを支援する会のメンバーら3人が三豊市役所を訪れ、横山市長にヘンロ小屋建設の理念などを説明。横山市長は「意識の高い取り組み。できる限りの協力をしたい」と応じた。

 同プロジェクトは2001年に始まり、香川県内6棟を含む49カ所に休憩所を設置している。




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:歴史

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-06-17 13:26 | 歴史 | Comments(0)
韓国教授、NYタイムズに旭日旗=戦犯旗・ナチス旗と批判広告 SNSで各国のサッカーのスター選手にも送信
サッカー日本代表ユニフォームの「批判広告」 韓国の大学教授がSNSで展開・・・ロナウドにも送信=韓国メディア
2014-06-15 03:37
http://news.searchina.net/id/1535025
(魚拓1)(魚拓2)

d0164331_14114485.jpg サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会が開幕したことを受け、韓国の広報専門家、ソ・ギョンドク誠信女子大学教授が、13日から日本代表のユニフォームを批判する広告をソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で展開した。複数の韓国メディアが報じた。

 広告には、日本代表ユニフォームの写真が中央に配置され、背景に赤と白の放射線状の線が入っているほか、「SAME」の「M」の字をハーケンクロイツのカギ十字に変えた文字が書かれている。

 下部には「2012年ロンドン五輪の日本体操代表のユニフォームにも戦犯旗模様が使われた。ブラジルW杯でも日本代表ユニフォームに使われる予定で、国際サッカー連盟(FIFA)は黙っているのか」などと主張するメッセージが入る。

 ソ教授は同広告をフェイスブックとツイッターを通じて展開。サッカーのスター選手で多くのフォロワーを持つ、ポルトガルのロナウド、ブラジルのネイマール、イングランドのルーニー、スペインのイニエスタにも送信したという。

 韓国メディアによると、ソ教授は「W杯の開幕日から閉幕までの1カ月間に渡りキャンペーンを行う予定」だとし、「特に外国人のフォロワーが多い各国の留学生や、海外同胞は積極的に参加してほしい」と話した。(編集担当:新川悠)(写真は聯合ニュースの13日付報道の画面キャプチャ)


韓国教授、サッカー日本代表ユニフォームをナチス旗になぞらえ批判 NYT紙が広告掲載
更新日:2014年5月29日
http://newsphere.jp/world-report/20140529-10/
(魚拓1)(魚拓2)
d0164331_1443016.jpg
 28日、サッカー日本代表の新ユニフォームが、『旭日旗』を連想させ「侮辱的」とする広告が、ニューヨーク・タイムズ紙に掲載された。広告は、「残忍な帝国主義の過去を思い起こさせる」旭日旗の使用を批判し、FIFA(国際サッカー連盟)に対応を求めている。


【旭日旗はFIFAの規定違反?】
 批判広告は、ナチズムのシンボル『ハーケンクロイツ』と旭日旗を比較。ナチス旗が使用を禁じられているのに、『戦犯旗』である旭日旗は、いまだに「デザインとして」いくつかの国で使用されていると問題提起している。

 朝鮮日報によれば、広告を企画したのは、「全世界日本戦犯旗退治キャンペーン」を展開する韓国広報専門家のソ・ギョンドク誠信女子大学教授だ。

 ソ教授は、「戦犯旗柄を使用するのは国際スポーツ精神に反するものであり、特に政治的表現を禁止するFIFAの規定に反するものだ。こうしたことを世界の人々に正確に伝えたい」と広告掲載の理由を語った。最終目標は、広報活動を続け、ブラジルW杯で旭日旗柄の使用を禁止させることだという。


【日本の見解は?】
 韓国で日本代表ユニフォームが波紋を呼んでいることは、昨年11月にハフィントン・ポスト日本版でも取りあげられた。サッカーが、たびたび日韓の「意識の食い違いが表面化する場」になっていると同サイトは指摘。ユニフォーム問題もその一つであることを示唆した。

 日本政府としては、「旭日旗は日の丸と並んで日本を象徴する旗であり、自衛隊も長く使用し、国際的にも広く受け入れられている」ことから、使用に関しては問題ないとする見解を、すでに昨年8月に作成している(産経新聞)。

 なおこの広告について、欧米主要紙は特に報道していない(29日17時現在)。


【蛍光色が不評】
 一方、英テレグラフ紙は、W杯開催を前に、出場32ヶ国のユニフォームのデザインを勝手に採点。

 同紙は、日本のアウェイ用ユニフォームについて、5段階評価で「星1つ」と酷評。蛍光イエローで、背中には「筆で描いたような」蛍光オレンジのストライプ入りと紹介し、「ブラジルではスタジアムが未完成という噂を真に受けて、(工事現場で使用する)反射素材を取り入れたようだ」と皮肉っている。

 ちなみに製造元のアディダスには、蛍光色で「ピッチ上での選手の存在感を高める」意図があったらしい。

 他にも、ドイツとスペインのアウェイ用、ボスニアのホーム用、アウェイ用が、星1つの最低評価に終わった。最高の星5つを獲得したのは、開催国ブラジルのホーム用とフランスのアウェイ用だった。


韓国 反日感情の正体 (角川oneテーマ21)



誠信女子がどんな大学なのかは知りませんが、
政治とスポーツをごっちゃにすることの問題点をいつまでたっても理解できないどころか、
数十年前の歴史すら理解できていないレベルの人間が教授を務める大学。

この手の主張をする人は、韓国では称賛の嵐だそうで。
うーん、韓国ってすごい。
反日って科目がありそう。




ところで、

外務省

中国(青島):「2012年ロンドンオリンピック・女子サッカーアジア最終予選」開催に伴う注意喚起
2011年08月25日
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2011C287

広州アジア大会及びアジアパラ競技大会観戦及び広州滞在上の注意事項
http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/guangzhou_info_notes.html


>過去の歴史を容易に想起させるもの(例えば「旭日旗」)を掲げるとトラブルを生じる可能性があります。

この書き方は色々とまずいんじゃないのかなぁ。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:スポーツ

■関連カテゴリ:歴史

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-06-16 13:43 | スポーツ | Comments(0)
アンブロークン(Unbroken・アンジー監督で映画化)原作者ローラ・ヒレンブランド氏インタビュー 徳留絹枝氏
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by doumin | 2014-06-13 16:11 | マスコミ
韓国の首相候補・文昌克[朝鮮民族のDNAは怠け者,自立心不足][日本の支配は神による試練][南北分断は神の意]
時事:「日本の支配は神の意思」=首相候補の発言波紋-韓国
(2014/06/12-12:04)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014061200333
(魚拓1)(魚拓2)
 【ソウル時事】韓国の新首相候補に指名された大手紙・中央日報元主筆の文昌克氏(65)が過去に、日本による植民地支配について「神の意思による」などと発言したとして、野党やメディアが猛反発している。

 KBSテレビなどによると、文氏は2011年、自らが通うソウルの教会で講演し、「神がなぜ、この国を日本の植民地にしたのか? (そこには)神の意思がある。『お前たちは李朝500年を無駄に過ごした民族だ。試練が必要だ』と」と発言。また、「(神が)南北を分断してくれた。これも今考えれば神の意思だと思う。当時の体質で(南北が一緒に)独立していれば、共産化されるほかなかった」と述べた。 
 同じ年、別の教会での講演では「朝鮮民族は怠け者で自立心が足りない。これが民族のDNAだ」と語った。
 12日付の韓国各紙は大きく報道。韓国日報は「日本の極右の歴史観と通じるものがある」と批判した。野党・新政治民主連合報道官も「憲法と建国精神を否定する歴史認識を持つ人に首相を任せるのは不適切だ」と非難、指名した朴槿恵大統領の謝罪を求めた。
 客船沈没事故の責任を取り、鄭※(※=火ヘンに共)原首相が辞意を表明。安大熙・元最高裁判事が指名されたが、弁護士として高収入を得たと批判され、辞退に追い込まれたばかり。文氏は首相室を通じ「宗教家として教会で話したもので、誤解を招き遺憾だ。首相に任命されたらバランスを取り、公正に国政を遂行する」と説明したが、批判は簡単に収まりそうにない。



日本の統治が試練とは、さすが怠け者のDNA。
きちんとした生活、教育、インフラ整備等々は一切迷惑で、
未開の地のような生活を続けたかったということでしょう(笑)。

冗談はさておき。
欧州などによる『植民地支配』と、日本による『統治』の違いを、
いつまでたっても理解できないのなら、
もう一度中国の属国になればいいと思います。
(認めたくない・因縁をつけたい・たかりたいという人も、面倒なのでまとめて)

朝鮮人のDNA分析には同意。
そして、そのDNAを助長させてしまった日本人は、深い反省の必要あり。





東京新聞に言わせると、

東京新聞:「植民地支配は神の意思」 韓国首相候補が物議
2014年6月12日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014061202000259.html
(魚拓1)(魚拓2)
 【ソウル=島崎諭生】韓国の次期首相候補に指名された韓国紙・中央日報の元主筆、文昌克(ムンチャングク)氏=写真、聯合・共同=が、二〇一一~一二年にソウル市内各地の教会で行った講演で「日本による植民地支配と南北分断は、神の意思だ」と発言していたことが発覚し、問題になっている。

 講演は、韓国の公営放送KBSが十一日夜に放映した。講演の中で文氏は「神はなぜ私たちの国を日本の植民地にしたのかと抗議するだろうが、それは神の意思ということだ。南北分断も神の意思だと考える」と発言。朝鮮民族の特徴についても「怠けて自立心が不足し、他人の世話になることが、私たちの民族のDNAに残っている」と卑下していた。

 文氏が首相に就任する前には、国会の公聴会の手続きがある。文氏は記者時代に、野党を批判する記事を多く書いており、野党・新政治民主連合は反発していた。問題発言の発覚で世論が悪化しており、順調に就任できない恐れもある。

 韓国ではフェリー「セウォル号」沈没事故の責任を取って、鄭〓原(チョンホンウォン)首相が四月末に辞意を表明。朴槿恵(パククネ)大統領が五月二十二日に安大熙(アンデヒ)元最高裁判事を後任候補に指名したが、弁護士転身後に短期間で高額な収入を得たことを批判されて辞退し、文氏が今月十日に指名された。

 首相候補が二人続けて就任できない事態になれば、朴大統領の求心力は大きく低下しかねない。

※〓は火へんに共


>「怠けて自立心が不足し、他人の世話になることが、私たちの民族のDNAに残っている」

この発言は「卑下」ということになるようです。
さすがあっち寄りの社。
でも残念ながら、これは朝鮮民族による正確な分析だし、
そもそも朝鮮に「卑下」なんて文化はないでしょ。





良い暮らしができるから慰安婦への謝罪は必要なし=日本への親近感
この解釈はいかにも韓国らしい。

日経(共同配信記事):「植民地支配は神の意思」 韓国首相候補、過去に発言
2014/6/12 11:38
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM12010_S4A610C1EAF000/
(魚拓1)(魚拓2)
 【ソウル=共同】韓国の朴槿恵大統領が10日に次期首相候補に指名したばかりの韓国紙、中央日報顧問、文昌克氏が、過去に教会での講演で、日本による朝鮮半島の植民地支配と南北分断を「神の意思だ」と話していたことが11日発覚し大騒ぎになっている。

 「怠け者で自立心が足りず、他人の世話になることがわが民族のDNA」とも発言していた。首相就任には国会の公聴会を経る必要があるが、世論は急速に悪化しており、実際に就任できるか不透明な状況になりつつある。

 野党は「(日本が植民地支配のために設置した)朝鮮総督府の官憲か」と非難。旧日本軍の従軍慰安婦問題で文氏が「(同問題は)深く考えなくてもわれわれは良い暮らしができるので謝罪を受ける必要はない」と発言していたことも12日分かり、同氏の日本への“親近感”が問題視される事態になっている。

 韓国では旅客船セウォル号沈没事故の責任を取り鄭●原(●は火へんに共)首相が4月下旬に辞意を表明。朴氏は5月下旬、後任候補に安大熙元最高裁判事を指名したが、安氏は高額の弁護士報酬を受け取っていたことが批判されて就任を辞退し、文氏が指名された。

 朴氏は近く閣僚らを複数交代させる方針とみられるが、文氏の騒ぎでこうした人事にも影響が出かねない。






以下、その他の記事。

聯合ニュース:韓国首相候補 また危うい?=植民地関連発言など波紋
2014/06/12 09:58
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2014/06/12/0900000000AJP20140612000600882.HTML
(魚拓1)(魚拓2)


朝鮮日報:新首相候補「朝鮮民族の象徴は怠惰」
過去の発言で物議醸す
2014/06/12 10:11
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/12/2014061201363.html
(魚拓1)(魚拓2)


中央日報:韓国新首相候補、過去の発言が物議
2014年06月12日10時39分
http://japanese.joins.com/article/417/186417.html
(魚拓1)(魚拓2)
文昌克(ムン・チャングク)首相候補が過去に教会の講演でした日帝植民支配、南北分断関連発言が物議をかもしている。

2011年に文候補は自分が長老の教会の特講で、「『神はなぜこの国を日本の植民地にしたのか』と私たちは内心、抗議するかもしれないが、神の意があるはず」とし「お前たちは李朝500年を無駄に送った民族だ。お前たちは試練が必要だ(という意味)」と述べた。また「朝鮮民族の象徴は怠けること」とも話した。「怠け、自立心が不足して他人の世話になるのが私たちの民族のDNAとして残っていた」としながらだ。

日帝植民治下で国民啓蒙運動をし、親日派に変節した尹致昊(ユン・チホ、1865-1945)については、「この人(尹致昊)は最後まで信念を裏切ってはいない。たとえ親日だったとはいえ、キリスト教を最後まで持って亡くなった人」と表現した。愛国歌の作詞者として知らされる尹致昊(ユン・チホ)は、徐載弼(ソ・ジェピル)先生、李商在(イ・サンジェ)先生らとともに独立協会を組織した人物。しかし1911年に105人事件で収監され、3年間の獄中生活を終えてからは、新聞に日本帝国主義を称賛し、青年の志願入隊を勧める文章を書くなど、親日活動をした。

文候補は韓国戦争(朝鮮戦争)の後、南北が分かれたのも神の意だと述べた。文候補は「今になってみると、それ(南北分断)も神の意だと考える」とし「当時、韓国に完全な独立を与えれば、私たちは共産化されるしかなかった」と話した。

2012年には別の講演で、済州4・3事件を暴動だと述べた。文候補は「済州4・3暴動事態というものがあった。共産主義者らがそこで反乱を起こした」と発言した。政府は2000年から首相を委員長とする済州4・3事件犠牲者名誉回復委員会を設置し、真相調査をした結果、国家レベルの補償を決め、2003年に盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領はこれについて公式謝罪している。

このほか、「意外にも突然、神が解放を与えた。米国に日本が敗北したため、私たちにただで解放をもたらした」「日本から技術を受け入れて経済の開発ができた。今、私たちより日本がだんだん朽ちている。日本の地政学は祝福の地政学」などの発言もした。


Record China:日本による植民地支配は「神のご意志」=韓国次期首相候補の発言が物議を醸す―韓国メディア 2014年06月12日12時10分
http://news.livedoor.com/article/detail/8929584/
(抜粋)

発言は韓国国内で物議を醸しているが、韓国国務総理室は「報道は一部を切り取ったもので、公演のテーマを代表するものではない。しかも、これは彼がメディアの仕事をしていた際に宗教信者に対して行ったもので、“特殊性”がある」としている。また、文氏本人も発言について謝罪する気はないとしている。(翻訳・編集/北田)


聯合ニュース:韓国首相候補「誤解招き遺憾」 植民地関連発言など
2014/06/12 13:13
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/12/2014061202242.html
(魚拓1)(魚拓2)
【ソウル聯合ニュース】韓国の新首相候補に指名された文昌克(ムン・チャングク)氏は12日、ジャーナリスト時代に書いたコラムや日本の植民地支配に関する自身の発言が波紋を広げている問題について、遺憾の意を表明した。

 文氏は国務総理室を通じて配布した報道参考資料で、問題となっているコラムはジャーナリスト出身のフリーランサーとして書いたもので、植民地関連の発言は宗教人として教会で行ったものだと説明。一般人の情緒とはかけ離れた内容になりかねず、誤解を招いたことは残念だとコメントした。

 また、首相になれば、公職者として均衡かつ公正に国政を遂行すると強調した。

 KBSの報道などによると、文氏は2011年、在籍するキリスト教会での講演で、日本による植民地支配と南北の分断は神の意思と主張した。講演の動画も公開され、民族をおとしめる趣旨の発言と批判されている。ジャーナリスト時代には保守色の強いコラムを書いたとして野党側から反発を受けている。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

朝鮮日報

「神の意思」発言の韓国首相候補 慰安婦めぐる発言で釈明
2014/06/13 21:04
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/13/2014061303744.html
(魚拓1)(魚拓2)

新首相候補「慰安婦発言、誠意ある謝罪が必要という意味」
「外交状況よく知らず個人的見解」
「今後は元慰安婦の立場から問題解決に最善尽くす」
2014/06/14 10:35
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/14/2014061400929.html
(魚拓1)(魚拓2)

「本意と異なる」 文昌克氏が「神の意思」発言を謝罪
2014/06/16 11:35
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/16/2014061601752.html
(魚拓1)(魚拓2)


聯合ニュース:韓国首相候補 過去の慰安婦めぐる発言を謝罪
2014/06/15 15:34
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2014/06/15/0900000000AJP20140615000600882.HTML
(魚拓1)(魚拓2)


中央日報:「本意と違い、傷ついた方々に心から謝罪」…文首相候補、コラム・講演を釈明
2014年06月16日09時50分
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2014/06/15/0900000000AJP20140615000600882.HTML
(魚拓1)(魚拓2)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:歴史

トップページ
[PR]
by doumin | 2014-06-12 14:56 | 歴史 | Comments(0)