和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
<   2015年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧
本物のジャーナリストを潰すTBS、山口敬之ワシントン支局長を左遷…韓国軍にベトナム人慰安婦のスクープで
d0164331_14451194.jpg
出典:山口敬之氏Facebook(2015年4月28日)より


【TVの反対側で見る日米首脳会談】

2001年の第一次小泉内閣発足以降、私は全ての日米首脳会談をTBSの記者として何らかの形で取材し、原稿を書き、解説をして来ました。

今回も、戦後70周年という節目の年に行われる歴史的首脳会談をどう伝えるか、ワシントン支局長として半年前から様々な準備を進めていました。

ところが、記者廃業を宣告された今、このニュースをテレビで見ています。

包丁なくした料理人。
カメラを盗られたカメラマン。
ペンを折られたジャーナリスト。

こういう状況に置かれた時に、何を考えどう行動するか。何と闘い誰を赦すか。じっくり考えてます。




■これまでの流れと関連記事

<週刊文春2015年4月2日号『スクープ速報』より>
米公文書が暴いたベトナムの「韓国軍慰安所」
2015年3月25日(水)21時1分
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150325-00004952-sbunshun-soci
(魚拓)
※抜粋
 ベトナム戦争当時、サイゴン(現ホーチミン市)に韓国軍の慰安所が存在したことが、アメリカの公文書によって初めて明らかになった。

 日韓間に横たわる慰安婦問題に新たな視点を供する歴史的資料を発見したのは、TBSワシントン支局長の山口敬之氏。山口支局長は2013年9月から、約1年をかけて米国立公文書記録管理局のベトナム戦争に関する膨大な資料を調査。その中から、サイゴンの米軍司令部が、同じくサイゴンの韓国軍最高司令官・蔡命新(チェ・ミュンシン)将軍に送った「書簡」を発見した。


週刊文春 2015年4月2日 春の特大号
2015年3月26日 発売
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4950
(魚拓)
歴史的スクープ

米機密公文書が暴く朴槿恵の“急所”

韓国軍にベトナム人慰安婦がいた!
TBSワシントン支局長 山口敬之

ベトナム現地取材 「女に飢えた韓国兵がトラックでやってきた」


ZAKZAK(夕刊フジ):朴政権に衝撃「ベトナムに韓国軍慰安所」 TBS支局長『文春』でスクープ執筆
2015年3月31日 17時12分
http://news.livedoor.com/article/detail/9953565/
(魚拓)
 韓国に炸裂した、超ド級スクープの展開が注目されている。26日発売の『週刊文春』が、米国の公文書などから、韓国軍がベトナム戦争中にサイゴン(現ホーチミン)に「慰安所」を設けていた証拠を発見したとリポートしているのだが、朴槿恵(パク・クネ)大統領や韓国政府、韓国メディアが目立った反応をしていないのだ。絶妙のタイミングで発表された、米紙による安倍晋三首相のインタビュー。韓国は「慰安婦=日本の性奴隷」という事実無根の誹謗中傷を流しているが、どう抗弁するのか。

(中略)

 なぜ、TBS記者による衝撃スクープが、同局で報道されず、他社の媒体に掲載されたのか。夕刊フジの取材に対し、TBSは「社内のやり取りについては、従来よりお答えしておりません」と文書で回答した。


<週刊文春2015年4月9日号『THIS WEEK 国際』より>
古森 義久(在米ジャーナリスト)
「韓国軍慰安所」 山口レポートが米に広げた波紋
2015年4月2日(木)18時1分
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150402-00004979-sbunshun-int
(魚拓)
※抜粋
3月26日の国務省記者会見で「米国立公文書館の文書がベトナム駐留の韓国軍が売春宿を運営していたことを証したという日本からの報道を知っているか」という質問が出た。ラトケ報道官は「知っている」と答えた。「この事例は人身売買だが、調査する意図はないか」「この問題で韓国政府と協議するか」などという関連質問も出た。報道官は確かな答えは与えなかったが、「韓国軍の慰安婦問題」が米側の国政の場で知られる結果となったのは確かだ。

さらに、本誌報道は同26日、ワシントンのアジア関連ニュースレターの「ネルソン・リポート」でもほぼ全文の英訳が掲載された。同リポートは民主党リベラル派の活動家、クリス・ネルソン氏がアジアのニュースや評論を流すネット・サービスで、米側のアジア問題関係者らが購読し、投稿する。歴史問題では中韓両国の主張を優先して、日本を糾弾することが多い。


ダイヤモンド・オンライン:日本に謝罪を求め続ける韓国はベトナム戦争で何をしたか?(上)
2015年4月25日(土)8時0分

▼1ページ目
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150425-00070751-diamond-soci
(魚拓)


▼2ページ目
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150425-00070751-diamond-soci&p=2
(魚拓)


▼3ページ目
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150425-00070751-diamond-soci&p=3
(魚拓)
※抜粋
 韓国軍にベトナム人慰安婦がいた――、と暴いたのはTBSワシントン支局長の山口敬之氏だ。赴任前、ある外交関係者から聞いた話が発端だったそうだ。

 「実は、ベトナム戦争当時、韓国軍が南ベトナム各地で慰安所を経営していたという未確認の情報がある。これをアメリカ政府の資料等によって裏付けることができれば、慰安婦問題において韓国に『加害者』の側面が加わることになる。それをきっかけに、朴大統領と韓国国民が頭を冷やし、真摯に慰安婦問題に向きあうようになれば、事態は変わるかもしれない」

 山口氏は全米三十三ヵ所に公文書管理施設を持つNARA(国立公文書記録管理局)でベトナム戦争の記録を調べ始めた。

 『五〇年代前半の朝鮮戦争で国土が荒れ果て、世界の最貧国レベルにまで落ち込んでいた韓国。六三年に第五代大統領となった朴正煕は、ベトナム戦争を復興に向けた千載一遇のチャンスと位置づけた。粘り強い交渉の結果、アメリカ政府から派兵規模に応じた補助金支給と、対米移民枠の設定を勝ち取り、六五年から本格的に韓国軍を投入。南側では米軍に次ぐ三十一万人の韓国兵がベトナムに渡った』

 山口氏が集中的に読み込んだのは、ホワイトハウスや国務省等の外交文書だった。それら資料から判明したのは、当時のアメリカ政府がベトナムにおける韓国兵の行状に、相当手を焼いていたということだった。

 『韓国兵の蛮行の記録は、本格派兵直後の六五年から始まっていた。戦地での市民の虐殺、強姦から、サイゴンなどの都市部での為替偽造、物資の横流し、麻薬密売に至るまで、ありとあらゆる犯罪記録が大量に残されていた。

 米軍司令部は韓国軍司令部に対して繰り返し書簡を送り、違反者の訴追と再発防止を求めたが、事態は悪化の一途をたどった』



ダイヤモンド・オンライン:日本に謝罪を求め続ける韓国はベトナム戦争で何をしたか?(下)
降旗 学 [ノンフィクションライター]
【第112回】 2015年4月25日

▼1ページ目
http://diamond.jp/articles/-/70752
(魚拓)
※抜粋
 山口氏が片っ端からコピーした資料には、強姦、暴行、窃盗、傷害、軍需物資の不正取得など、おびただしい数の韓国兵の犯罪がさまざまなかたちで記録されていたとのことだ。アメリカ連邦議会下院の外交委員会では、一九七〇年、韓国軍による虐殺行為を追及する特別調査チームまでつくられたという。

 そして、サイゴン(現ホーチミン市)のアメリカ軍司令部から韓国軍司令部に送られた書簡に、とんでもない事実が記されていた。不正な通貨を用いて米軍の軍需物資が大量に横流しされていると指摘した文書には、一連の犯罪のひとつとして、サイゴンの中心部に置かれていた「The Turkish Bath」なる施設についても言及していた。

 施設は文字どおり「トルコ風呂」と訳されるが、書簡には、このトルコ風呂で「売春行為が行なわれ、ベトナム人女性が働かされている」との記述もあった。そして米軍とベトナム通関当局が共同で家宅捜索を行なった結果が次のように記されていた。

『この施設は、韓国軍による、韓国兵専用の慰安所(Welfare Center)である』

 資料の中には、韓国兵の福利厚生を担当する特務部次長(韓国軍大佐)の署名入りの書類もあり、その書類には「韓国軍による韓国兵専用の慰安所である」と記されてもいた。山口氏は、当時を知る人たちへの取材を試みる。


▼2ページ目
http://diamond.jp/articles/-/70752?page=2
(魚拓)
「何故あのような大規模な慰安所があったかというと、韓国兵がベトナム人女性をレイプしたり、個別に性的関係を持ったりするのを防ぎたかったからです。また、韓国軍将校が農村で女性を売春婦として囲う恐れもあり、こうした行為はベトナム社会と韓国兵のあいだで政治的トラブルに発展する危険性がありました。

 それと、軍にとっては性病も大きな懸念でした。慰安所ならば慰安婦の健康を管理できます。当時、南ベトナムでは性病が深刻な問題になっていて、特に梅毒が蔓延していました」

 山口氏は書く。「軍の規律維持」と「性病防止」のために、韓国政府と韓国軍が組織的な慰安所を設置、運営したのであれば、そこには明白な国家の意思が存在することになる。そして、その構図は、韓国政府が繰り返し厳しく批判する日本軍の慰安所と全く同じだ、と。

 ベトナム戦争時、韓国軍はフーイエン省の海岸側のほぼ全域に駐留していたが、婦女子への性暴行や民間人の大量虐殺が行なわれていたこともまた事実だ。フーイエン省の地元紙「フーイエン新聞」のファン・タン・ビン編集長が言う。

「我々は二年間をかけてフーイエン省の村々で起きた韓国軍による虐殺事件の聞き取り調査をしました。その中には我々も耳を疑うような事例が多数、含まれていたのです」

 調査報告書には、吐き気を催すようなおぞましい事件がある。たとえば――、韓国軍は村の女性を輪姦し、ナイフで乳房を切り取り、その後、女性器にナイフを突き立てて殺害した、といった類の蛮行の数々だ。まるで弄ぶかのように子どもを殺す事例まである。資料に目を通すと、韓国兵は、本当に吐きそうになるような蛮行に及んでいることがわかる。

 六〇歳になるヒュエン・ティ・ムイ氏は一二歳のとき、村を韓国軍に襲撃された。

「一九六六年一月二三日の午後二時ごろ、韓国軍が村にやって来ました。私は咄嗟に近くの家に逃げ込んで助かりましたが、村人十三人は全員、拳銃で射殺されました。しばらくして村に戻ってきた韓国兵は、弾が急所を外れて悶え苦しむ村人に再び銃口を向け、とどめを刺したのです」

 韓国軍は、知られたところでは、ダナンからほど近いハミ村で民間人一三五人を虐殺し、ビンディン省ゴダイ集落で三八〇人の命を奪った「ゴダイの大虐殺」を起こしている。さらには一二〇〇人もの民間人を虐殺した「タイヴィン虐殺」などがある。

 そして、現在のベトナムには、「ライダイハン」と呼ばれる混血児が数多くいる。


▼3ページ目
http://diamond.jp/articles/-/70752?page=3
(魚拓)
※抜粋
 山口敬之氏の記事は「山口リポート」として、ワシントンの政府担当者やアジア専門家たちのあいだに波紋を広げている。

 民主党リベラル派のクリス・ネルソン氏は、アジアの歴史問題においては中韓両国の主張を優先し、日本を糾弾することが多いが、山口リポートが事実ならば「韓国側の偽善や二重基準が証される」と述べた。


▼4ページ目
http://diamond.jp/articles/-/70752?page=4
(魚拓)
※抜粋
 また、慰安婦問題ではこれでもかというくらいの日本叩きを続けてきたコネチカット大学のアレクシス・ダデン教授(安倍首相を「悪漢」と罵り、菅官房長官を「ペテン師」と呼ぶほどの反日。「尖閣諸島も竹島も北方領土も国際的には日本の領土ではなく、安倍政権がその領有権を主張するのは危険な膨張主義」とアンビリーバボーなことを論文に書いた女性)も「韓国も同じことをしていたという主張は日本の悪事を帳消しにはしない」と意見したほどだから、山口リポートは反日家の急所を衝いたとも言える。

 が、ダデン教授の言うとおり、山口リポートは韓国政府の日本「口撃」に反撃するためのものではない。さんざん慰安婦問題で謝罪と賠償を求めておいて、お前も同じ穴の狢じゃないか、と言い返すほど日本人は浅ましい民族ではない。山口氏の、資料発掘の発端になった人物の言葉が全てを物語っている。


ハンギョレ新聞:週刊文春の「韓国軍トルコ風呂」報道、腹立たしいが反論は困難…
2015年4月25日(土)8時16分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150425-00020445-hankyoreh-kr
(魚拓)


 

遠藤健太郎オフィシャルブログ:TBS山口支局長、処分へ
皇紀2675年(平成27年)4月24日
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post3788/
(魚拓)
※抜粋
しかも山口支局長は、TBS本局に何度も報道の打診をしたにもかかわらず無視され、挙げ句に「報道しない」との回答だったため、発表の場は週刊文春(三月二十六日発売号)でした。


ZAKZAK(夕刊フジ):TBS支局長“左遷”のナゼ 『文春』で「韓国軍慰安所」スクープ
2015.04.26
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150426/dms1504261140005-n1.htm
(魚拓)

夕刊フジ:TBS支局長、不可解な異動で営業部門へ 『文春』で「韓国軍慰安所」スクープ
2015年4月27日(月)16時56分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150427-00000004-ykf-soci
(魚拓)
 韓国軍がベトナム戦争中にサイゴン(現ホーチミン)に「慰安所」を設けていた-とするスクープ記事を「週刊文春」に掲載したTBSの山口敬之ワシントン支局長が、同社から15日間の出勤停止処分を受け、営業局ローカルタイム営業部への異動を内示されていたことが25日、分かった。関係者の間では、取材の成果を他社の媒体に発表したため左遷されたという見方も広がっている。

 記事は3月26日発売の文春に掲載された。山口氏が米国内で発見した公文書に「韓国軍による韓国兵専用の慰安所」の存在が明示されていたとする内容で、これを裏づける元米軍海兵隊幹部の証言も盛り込まれている。

 朝日新聞が大誤報を認めたことで、日本の慰安婦問題の核心である「強制連行」の根拠は崩壊したが、いまだに韓国は筋違いな「解決」を求め続けている。韓国軍の慰安所の存在が明らかになれば、これまでの日本への批判は天に唾するものだったことが白日の下にさらされることになる。

 まさに「意義あるリポート」(ジャーナリストの室谷克実氏)といえるが、これだけの歴史的スクープをなぜ自社で報道しなかったのか。そして、なぜスクープを物にした有望社員が突然、異動の憂き目にあったのか。

 TBS関係者は「ローカルタイム営業部というのは関東ローカルの番組を扱う部署で、花形とは言いがたい。門外漢である記者、しかも海外支局長クラスを送り込むというのは、嫌がらせとしか思えない」と述べ、今回の異動が出勤停止処分と併せた事実上の左遷であるとの見方を示す。

 TBS広報部は、夕刊フジの取材に「人事についての詳細は公表しておらず、お答えできない」としているが、憶測は広がるばかりだ。


山口氏Facebookより

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=834444453301510
今日の夕刊フジの記事についてたくさんのお問い合わせをいただいたので、この場でご説明させて下さい。

私が4/23付でTBSワシントン支局長の任を解かれ、営業局への異動を命じられたのは事実です。ですから、もう私は「TBSの記者」ではありません。

なお、この異動と懲戒処分に際しては、私の週刊文春への寄稿内容ではなく、寄稿に至る手続きが問題とされました。見解の相違はありますが、今回の懲戒処分がTBSの報道姿勢に直接リンクするものではない事は、ご理解をいただけたらと思います。

PS:
自分の異動に関する新聞記事を読みながら食べる餃子は、不思議な味がしました。うまかったけど…



https://www.facebook.com/photo.php?fbid=834898209922801
私の投稿に、1日足らずで1100を越える「いいね」が寄せられました。昨日までは考えられなかった事です。

そして、一度もお目にかかった事のないたくさんの方から、温かくて力強い励ましのメッセージを数え切れない程いただきました。

知ってる人の敵意や怒りに翻弄されてると思っていたら、翌日には見ず知らずの方々の優しさと善意に支えられている。世の中には嫌な事や残念な事も多いけど、予想もしなかった素敵な事も起こるんですね。

今日は、街ゆく人の表情も、いつもより心なしか柔らかく温かく映りました。これも皆さんのひとつひとつの「いいね」とメッセージのおかげです。

もうちょっと頑張ってみます。
皆さん、本当に本当にありがとう。



https://www.facebook.com/photo.php?fbid=835337229878899
【息子の誕生日】

きょうは、ワシントンに残してきた息子の5歳の誕生日。今回のゴタゴタで一緒に祝ってやれないのか悔しい。

でも、産経新聞前ソウル支局長の加藤さんは、何ヶ月も家族に会えなかったんだよな。しかも、いつになったら会えるかの見通しもないままに。

それなのに、映像で見る加藤さんはいつも毅然としてた。サムライだな。僕も見習わなきゃ。


J-CASTニュース:韓国軍のベトナム慰安所報道で処分、「左遷」 TBS山口敬之ワシントン支局長に激励の声相次ぐ
4月28日(火)20時2分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000006-jct-soci
(魚拓)




TBSにもこういう人がいたんだ…と驚き、
何よりも、山口氏の勇気には心底感動しました。
あなたも侍ですよ、と私は言いたいですし、
FBの投稿からも分かるように、お人柄もとても良い方だと感じます。

そんな山口氏は安倍首相の訪米をテレビで観ることとなり、
ご自身を次のように表現しています。

包丁なくした料理人。
カメラを盗られたカメラマン。
ペンを折られたジャーナリスト。


山口氏がどれほど辛い気持ちかを考えると…本当に、胸が痛みます…。
しかし、
<山口支局長は本当のジャーナリズムを追求した本物のジャーナリスト>
と言えると私は思います。
今後も見守っていきたいし、応援したい。

言論人のはずなのに言論で返せず、名誉毀損裁判ばかりしているあの人は、
山口氏を見習えばいいのに。





■追記

山口氏Facebookより
2015年5月1日
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=838340589578563
※抜粋
今回私がどうしても譲れなかったものが3つあった。
日本人である事。
ジャーナリストである事。
そして、息子の父である事。
この3つは私が私であるための核である。


WiLL:韓国を慌てさせるアメリカの転向
2015年6月17日(水)22時19分

「韓国には疲れる。あれはビョーキだ」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150617-00010000-will-pol

特ダネを潰し、支局長を左遷したTBS
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150617-00010000-will-pol&p=2


Japan In-depth:[久保田弘信]【韓国従軍慰安婦問題、闇に消えた歴史的スクープ】~ベトナムにあった韓国の慰安所~
2016年1月10日(日)23時0分
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160110-00010003-jindepth-int






2016年11月頃~テレ朝のニュース番組に山口氏が!
その後も、いくつかのテレ朝ニュース番組で拝見しています。
テレ朝がなぜ山口氏を?TBSとはお仲間では…と思いつつ、
それよりも何よりも、山口氏のご活躍、本当に嬉しく思っています。






■当ブログ内関連記事






.
[PR]
by doumin | 2015-04-30 15:44 | マスコミ | Comments(4)
NHK調査委員会、「クローズアップ現代」でやらせや捏造はなく過剰演出と強弁/総務省の指導文書を一時拒否
d0164331_11514931.jpg




NHKが「ブローカー事務所」として報じた大阪市内の事務所。番組では向かい側のビルから“隠し撮り風”の撮影も行われた

(画像出典:デイリースポーツ




何を調査したんでしょうね?
「やらせではない」とする方策の調査かな?

NHKクローズアップ現代:「『クローズアップ現代』報道に関する調査報告書」について
2015年4月28日(火)
http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/cyousaiinkai/index.html
(魚拓)

「クローズアップ現代」報道に関する調査報告書(PDF 341KB)
http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/cyousaiinkai/pdf/150428_houkokusyo.pdf
(魚拓)

外部委員3名の見解(PDF 227KB)
http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/cyousaiinkai/pdf/150428_kenkai.pdf
(魚拓)

懲戒処分について(PDF 112KB)
http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/cyousaiinkai/pdf/150428_shobun.pdf
(魚拓)





そして、総務省の行政指導文書を受け取り拒否・・・と。
その後受け取ってはいますが、
反省する気は全くなく、事の重大さも認識していないことが分かります。

毎日新聞:<NHK>「捏造なかった…過剰演出」会長ら20人処分
2015年4月28日(火)7時30分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000009-mai-soci
(魚拓)
※抜粋
 NHKの報道番組「クローズアップ現代」などでやらせが指摘されていた問題で、NHKの調査委員会(委員長、堂元光副会長)は視聴者に誤解を与える過剰演出があったとする一方、やらせによる捏造(ねつぞう)はなかったとする最終報告をまとめたことが、27日分かった。担当記者の停職など約20人の処分とあわせて28日に公表する。籾井勝人(もみい・かつと)会長を含む会長ら役員は、処分の規定がなく、報酬を自主返納する方向。


朝日新聞デジタル:NHKの過剰演出認める 「クロ現」問題、最終報告へ
2015年4月28日(火)7時38分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000010-asahi-soci
(魚拓)
※抜粋
 昨年5月放送のNHK「クローズアップ現代」で「記者の指示によるやらせがあった」と指摘されている問題で、NHKの調査委員会は最終報告を取りまとめ、28日に公表する方針を固めた。記者が詐欺の活動拠点を突き止めたかのような番組の構成などについて、過剰な演出があったと認める一方で、関係者の言い分が食い違うことから、演技指導などの意図的なやらせや、事実のねじ曲げがあったとの認定には至らなかったという。


読売新聞:クローズアップ現代、NHK「やらせ」否定
2015年4月28日(火)9時6分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00050010-yom-soci
(魚拓)
※抜粋
 過剰演出の存在を認める一方で、NHKのガイドラインにある「やらせ」とは認定しない方針。


TBS系(JNN):NHK調査委「過剰な演出あったが、やらせは無かった」
2015年4月28日(火)13時8分
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150428-00000020-jnn-bus_all
(魚拓)


デイリースポーツ:NHK「やらせ」認めず訂正報道しない 出演男性憤慨「ふざけるな」
2015年4月28日(火)22時37分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000094-dal-ent
(魚拓)


日本テレビ系(NNN):総務省がNHKに行政指導 NHK側は拒否
2015年4月28日(火)23時18分
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150428-00000085-nnn-pol
(魚拓)


テレビ朝日系(ANN):NHKが総務大臣の「厳重注意」を拒否、一転受け取る
2015年4月29日(水)5時50分
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150429-00000006-ann-pol
(魚拓)


サンケイスポーツ:NHK「クロ現」“灰色決着”…15人処分もやらせは否定
2015年4月29日(水)7時0分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150429-00000038-sanspo-ent
(魚拓)


こんなおかしな局に、
なぜ受信料を強制徴収されなければならないのか。
強い疑問を感じます。





■追記

産経:NHK「クロ現」問題 BPOが審議入り
2015年5月8日(金)20時21分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150508-00000580-san-ent
(魚拓)


毎日:<BPO>「クローズアップ現代」審議入りへ
5月8日(金)20時36分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150508-00000083-mai-soci
(魚拓)


朝日:「クローズアップ現代」問題、BPO検証委が審議へ
才本淳子
2015年5月8日21時14分
http://www.asahi.com/articles/ASH584CJ7H58UCVL00Q.html
(魚拓)


NHK:「クローズアップ現代」BPOが審議対象に
5月8日 21時44分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150508/k10010073661000.html
(魚拓)


IRORIO:NHK「クローズアップ現代」がBPOの審議入り「取材ディティールに問題あり」の意見も
県田勢
2015年05月08日 22時45分
http://irorio.jp/agatasei/20150508/227676/
(魚拓)


読売:クローズアップ現代、放送倫理機構の審議対象に
5月8日(金)22時48分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150508-00050139-yom-soci
(魚拓)


日テレ:「クロ現」問題 BPO検証委が審議入り
5月9日(土)1時37分
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150509-00000003-nnn-pol
(魚拓)


スクープ まだまだ続くNHK「クローズアップ現代」のやらせ疑惑〈週刊朝日〉
5月20日(水)7時11分
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150520-00000002-sasahi-soci
(魚拓)






■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:マスコミ

トップページ
[PR]
by doumin | 2015-04-29 13:00 | マスコミ | Comments(0)
サムスン(SAMSUNG)、日本向けスマホのロゴ削除 最新型「ギャラクシー(Galaxy)S6エッジ」「S6」に社名なし
d0164331_17315516.jpg
韓国サムスン電子は「Galaxy S6 edge」「S6」から社名を消した。付属品にも社名は入っていない。




社名を消せばいいと思っていること自体がズレているんですが、
まぁ韓国人らしくもありますね。



産経は見出しに“嫌韓”の文言を入れているものの、
中身はそうでもなく、わりと淡々と報じています。

産経:【経済裏読み】スマホから消えた「サムスン」の文字…“嫌韓”の日本限定「ステルス作戦」か、付属品からもロゴ削る徹底ぶり
2015年4月28日(火)11:02
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/communications/sankei-wst1504280004.html
(魚拓)



一方、サーチナ記事の中で紹介されている中国メディア「*柴网」は、
(*は石へんに「欠」)

サーチナ:サムスンは「社名変更」すら厭わないのか?=中国メディア
2015-04-23 11:24
http://biz.searchina.net/id/1570985?page=1
(魚拓)
※抜粋
記事は、歴史問題や政治問題をめぐって中国や韓国の一部の消費者が日本製品を排斥する態度を取っていると伝える一方、「実際には日本の消費者も韓国製品を排斥している」と主張し、だからこそサムスンは日本で発売するスマホから自社ロゴを削除するのだと論じた。


と報道しているそうですが、それは中国人・韓国人の感覚でしょう。
大方の日本人は、歴史・政治問題云々よりもまずは品質重視。
スマホは特に。
つまり、安かろう悪かろうは受け入れられないということです。

「サムスンは社名変更すら厭わないのでは」には同意(笑)。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

保守速報さん

【動画】韓国サムスンのギャラクシーS7が英国のカフェで爆発!!
2016年09月14日13:00
http://hosyusokuhou.jp/archives/48445412.html

【緊急】日本航空「サムスン社製ギャラクシーノート7については発火の危険性があるためお預けいただけません」
2016年09月14日19:32
http://hosyusokuhou.jp/archives/48447436.html



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:社会

■関連カテゴリ:歴史

トップページ





.
[PR]
by doumin | 2015-04-28 17:25 | 社会 | Comments(2)
古舘プロジェクトの放送作家(25歳男)盗撮で現行犯逮捕 古舘プロは「元見習い構成作家の報道に~」と矮小化
古舘プロジェクトの放送作家が逮捕されていたことが分かりました。

ZAKZAK:「古舘プロジェクト」放送作家の男を逮捕 スマホで女子トイレ盗撮
2015.04.28
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150428/dms1504281203007-n1.htm
(魚拓)
 キャスターの古舘伊知郎(60)が所属する制作プロダクション「古舘プロジェクト」(東京)に在籍していた放送作家の男(25)=東京都渋谷区=が、トイレで女性を盗撮したとして、警視庁北沢署に東京都迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕されていたことが28日、分かった。

 同署によると、逮捕容疑は23日午後8時ごろ、世田谷区北沢の下北沢駅前のビル内の女子トイレに侵入し、個室トイレの上から20代の女性をスマートフォンで盗撮した疑い。スマホにデータが残っていた。

 女性が気付き、逃走した男を追いかけている最中、騒ぎを知った通行人が身柄を取り押さえた。男は容疑を認め、送検後の25日に釈放された。

 「逮捕時に、本人は古舘プロジェクトに所属していると話していた。同社のホームページにも名前が掲載されていた」(捜査関係者)ことから、逮捕後に解雇されたとみられる。

 古舘プロジェクトは、テレビ朝日系「報道ステーション」などテレビ、ラジオ番組の企画・制作会社。


livedoor NEWS(読売配信記事):古舘プロジェクトに所属する放送作家の男 トイレで盗撮し現行犯逮捕
2015年4月28日 0時32分
http://news.livedoor.com/article/detail/10055779/
(魚拓)
ざっくり言うと
・古舘伊知郎氏が所属する「古舘プロジェクト」所属の放送作家の男が逮捕
・世田谷区のトイレで20歳代の女性をスマートフォンで盗撮した疑いだという
・男は容疑を認め、25日に釈放されており、警視庁が任意で捜査している


時事:「古舘プロ」放送作家を逮捕=女子トイレで盗撮容疑―警視庁
4月28日(火)2時31分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000011-jij-soci
(魚拓)


スポニチ:放送作家が盗撮容疑で逮捕 古舘プロ謝罪「教育を再徹底」
[ 2015年4月28日 10:57 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2015/04/28/kiji/K20150428010252760.html
(魚拓)


オリコン:古館プロ、放送作家逮捕で謝罪
4月28日(火)11時1分
http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0428/ori_150428_7264777778.html
(魚拓)


J-CAST:古舘プロジェクトが構成作家の盗撮逮捕にHPで謝罪
2015/4/28 12:40
http://www.j-cast.com/2015/04/28234159.html
(魚拓)


日刊スポーツ:古舘プロジェクトが元所属の放送作家盗撮逮捕で謝罪
[2015年4月28日13時23分]
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1468330.html
(魚拓)



逮捕は23日、その後送検され、25日に釈放。
解雇は逮捕後の模様。


google等のキャッシュで調べてみると、
日本時間の25日夜には公式サイトからプロフィールを削除していたようです。

削除前
2015/04/25時点のbingキャッシュの魚拓
https://archive.is/sYiCb

削除後
2015年4月25日 11:46:22 GMT(JST=20:46)に取得されたgoogleキャッシュの魚拓
https://archive.is/SCFE6



でも謝罪文では、

古舘プロジェクト:弊社 元見習い構成作家の逮捕の報道に触れて
http://www.furutachi-project.co.jp/
(魚拓1)(魚拓2)
この度、弊社の元見習い構成作家が東京都迷惑防止条例違反の容疑で4月23日逮捕されたとの報道に触れました。

同人の個人的な行為であるとはいえ、このような事態に至りましたことについて、被害に遭われた方には大変なご迷惑をおかけするとともに、関係各位に多大なご迷惑とご心配をお掛けし、深くお詫び申し上げる次第です。

当社では、これまで、全社員に対して、法令遵守の徹底を行ってまいりましたが、このような事態が発生したことを厳粛に受け止め、今後は、従業員ひとり一人の倫理観の醸成やコンプライアンス意識の向上を一層図るべく、教育を再徹底し、信頼の回復に全力で努めてまいります。



2015年4月28日
株式会社 古舘プロジェクト
取締役社長 阪本 倫代



「報道に触れ」と、まるで今日の報道で初めて知ったかのような書き方。
普通の会社ではちょっと考えられませんし、
報道されなければ発表もしなかったの?という疑問も沸きます。

そして、「個人的な行為であるとはいえ」などと前置き。

「元見習い構成作家」としているのも疑問。
削除されたプロフィールには「事務所最年少放送作家」としか書かれていませんでしたし、
レギュラー番組もしっかりと持っていたようですけどねぇ。

こんな会社が、
「従業員ひとり一人の倫理観の醸成やコンプライアンス意識の向上を一層図るべく、教育を再徹底」
出来るのかどうかは疑問です。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:マスコミ

トップページ
[PR]
by doumin | 2015-04-28 14:34 | マスコミ | Comments(0)
元朝日新聞記者で北星学園大学非常勤講師の植村隆氏、2015年5月1日~8日にかけて米国各地で講演
なでしこアクション さんより:you really want to hurt us more ?
April 27, 2015
http://nadesiko-action.org/?p=8146
元朝日新聞記者の植村隆氏が、2015年5月1日~8日にかけて米国各地で講演を行います。
スケジュール・演題はこちら Uemura Takashi (former Asahi reporter)’s Lectures in the U.S.

以下の英文は、なでしこアクションの協力者から送っていただきました。
ジャーナリストとしての責任を充分果たさず、被害者を主張している植村氏の状況を説明する英文です。
転載・コピー自由です。

*************************************************

The comfort women issue was rather suddenly created in the late 1980’s to early 1990’s, just as the generations who knew the truth of the matter became lessened in population. Meanwhile, some Japanese anti-Japan activists went to South Korea and instigated litigation demanding reparations from the Japanese government. This was backed by the Asahi Newspaper which launched a public awareness campaign built on fictions, making the comfort women issue become a major diplomatic matter between Japan and South Korea. The Asahi Newspaper’s reporter who played the central role at that time was Mr Takashi Uemura. He continues his battle even after his former employer admitted its wrong doing and made a public apology.



Mr. Takashi Uemura, do you really want to hurt us more ?



Mr. Uemura, the former Asashi Newspaper reporter, who is directly responsible for disseminating inaccurate information and inflaming the comfort woman issue, is planning to give speeches at renowned universities in the United States from the end of April to early May this year. Despite the clear evidence that Mr. Uemura misled general public regarding the controversial comfort woman issue he claims that he has been unfairly “slammed and threatened by right wing revisionists”.



I would like to take this opportunity to make it very clear that it is totally incorrect for him to make the claim that it is only right wing extremists who are angered and unfairly harassing him. The truth of the matter is in fact that a significant portion of the Japanese general public is outraged at what he has done. We do sympathize with some of the inappropriate actions which have occurred and the safety of his family should be guaranteed but this situation could have been avoided from the beginning if he had taken responsibility for his actions as his former employer, Asahi Newspaper has done.



Mr. Uemura should have never been permitted to write articles regarding the comfort woman issue in the first place, because his mother-in-law heads the “Association for the Pacific War Victims and Bereaved Families” that organized a lawsuit, seeking an official apology and reparations from the Japanese government. He denies this clear conflict, but if that were the case, why did he write inaccurate articles in support of the court case without revealing this relationship?



What he wrote was also highly questionable.



On August 11,1991, the Asahi Newspaper published a major scoop written by Mr. Uemura. The article featured the statements of Kim Hak Sun, a former comfort women living in Seoul. The opening paragraph of the article began: “A ‘Korean military comfort woman’ forced to provide sexual services for Japanese military personnel after being taken to the combat zone under the name of the Women’s Volunteer Corps during the Sino-Japanese War and World War II has been found living in Seoul … ” From the beginning, the article gave the impression that the woman had been forcibly taken away by the Japanese military and forced to be a comfort woman. (Recently Mr. Uemura admitted that he confused the “Comfort women” with the “Women’s Volunteer Corps,” but he made an excuse that previously not only himself but also many others confused the two organizations.)



Only three days later, on August 14 1991, Ms. Kim Hak-sun held a press conference in Seoul. South Korean newspaper articles clearly depicted Ms. Kim’s personal history that “she was sold by her mother to a kisaeng( female entertainment) house in Pyonyang at the age of 14. After finishing three years of training, her adoptive father told her that she could make money if she went to China and took her to Northern China where the Japanese troops were stationed.”(Kisaeng is the traditional Korean prostitution system which legally operated until 2004)



Moreover, on December 6, 1991, when she sued the Japanese government, Ms. Kim firmly stated at the Tokyo District Court, “I had been in kisaeng house for three years from the age of 14 when, at 17 years old in the spring of 1939, I was told about a place where ‘if you go, you can make money.…’ ‘Accompanied by my adoptive father, I was delivered to that place in China.’”



Although we are deeply sympathetic with Ms. Kim’s plight, the implications of “a comfort woman forcibly taken away by the Japanese military” and an “unfortunate comfort woman sold off by her parents” are strikingly different. Mr. Uemura is fluent in Korean, so he had to have known what “being sold to a kisaeng house” meant, but he made no mention that she had been sold by her parent – only that she had been taken to the battlefield under the designation as a Woman Volunteer.



Today Mr. Uemura contends that he never fabricated the story. If he had made genuine mistakes, then he should’ve corrected or retracted his articles when he realized these mistakes. No matter what his intensions were it cannot be denied that what he did was at the very least highly unethical and misleading which significantly damaged Japan’s international reputation.



His former employer, the Asashi Newspaper, officially apologized in 2014 for continuously reporting the fabricated stories by Seiji Yoshida, that women were forcibly abducted, without any verification and for not withdrawing them following the revelation that those stories were totally unfounded. Mr. Uemura, should he wish to repair his integrity as a professional reporter should take responsibility for these inaccurate articles he published. Contrary to this, however, he is painting himself as being a victim of some backlash from right wing extremists.



We once trusted the Asashi Newspaper and his reporting of this issue. The Japanese general public have been deeply hurt and offended not only by his misleading stories but even more so by his attitude in refusing to accept responsibility for his actions and instead playing the role of a victim despite irrefutable evidence to the contrary. We sincerely request that he refrain from causing further damage with his filing of a lawsuit claiming he is the victim of ultra-nationalism.



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

産経:元朝日記者・植村氏の名誉毀損訴訟 文芸春秋と西岡氏が争う姿勢
2015年4月27日(月)18時13分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150427-00000547-san-soci
(魚拓)


Record China:朝日新聞元記者の名誉毀損訴訟「慰安婦記事は捏造ではない」=韓国ネット「日本にはまだ希望が残っている」「日韓の民間同士は仲良くしよう!」
2015年4月28日(火)11時57分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000033-rcdc-cn
(魚拓)


道新:「捏造ではない」との司法判断を 元朝日記者・植村氏、第1回口頭弁論で求める
2015年4月28日(火)12時37分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00010002-doshin-soci
(魚拓)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

弁護士ドットコム:「捏造記者」という表現は名誉毀損か?「元朝日植村記者VS週刊文春」の裁判開始
2015年4月28日(火)14時54分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00003028-bengocom-soci
(魚拓)


産経:元朝日の植村隆氏、NYで安倍首相を批判 櫻井よしこ氏らも 「私はこの闘いに負けない!」
2015年5月5日(火)15時53分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150505-00000527-san-n_ame
(魚拓)


Record China:元朝日記者「慰安婦問題は歴史的真実」=韓国ネット「韓国もベトナムの慰安婦に謝罪する必要がある」「何が真実で、何がうそなんだ?」
2015年5月5日(火)22時33分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150505-00000037-rcdc-cn
(魚拓)



だんだんエスカレート。

Record China:元朝日新聞記者の植村隆氏、慰安婦報道について米ニューヨークで講演「私に対する攻撃は報道の自由に対する攻撃」―米メディア
2015年5月6日(水)9時16分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150506-00000012-rcdc-cn
(魚拓)


産経:元朝日記者の植村氏「民主主義への攻撃」 LA講演で持論
2015年5月10日(日)7時55分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150510-00000074-san-soci
(魚拓)


Record China:元朝日記者の植村氏「日本の記者は慰安婦問題報道を恐れている」=韓国ネット「日本には言論の自由がない」「韓国も謝罪や賠償を報じてない」
2015年5月12日(火)0時28分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150512-00000002-rcdc-cn
(魚拓)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:マスコミ

■関連カテゴリ:歴史

トップページ
[PR]
by doumin | 2015-04-28 13:24 | マスコミ | Comments(0)
【2015統一地方選 後半戦】各地の選管でミス相次ぐ
産経:事前審査人数を埼玉県選管が訂正
2015.4.19 07:01
http://www.sankei.com/region/news/150419/rgn1504190018-n1.html
(魚拓)
 県選挙管理委員会は18日、20市議選で事前審査を終えた立候補予定者数を597人から600人に訂正した。県選管によると、各市からのデータ集計時に表計算ソフトで誤った一覧表を作成したことが原因だという。県選管は「再発防止を徹底する」としている。

 また、同日、2人が審査を終え、1人が出馬を取りやめたため出馬予定者は計601人となった。


東京新聞:【埼玉】県選管 立候補予定者数と党派別内訳を訂正
2015年4月19日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20150419/CK2015041902000154.html
(魚拓)


ちばとぴ:閲覧不可期間に誤って名簿開示 浦安市選管
2015年04月20日 11:00
http://www.chibanippo.co.jp/news/national/252192
(魚拓)


ちばとぴ:はがき差出票 町村用を誤配布 白井市選管
2015年04月20日 15:20
http://www.chibanippo.co.jp/news/national/252191
(魚拓)


陸奥新報:選挙ポスター掲示場に不備/弘前市議選
2015/4/20 月曜日
http://www.mutusinpou.co.jp/news/2015/04/36031.html
(魚拓)


NHK福岡:期日前投票用紙 交付ミス
04月23日 19時00分
http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20150423/4270571.html
(魚拓)
※抜粋
今月26日に統一地方選挙の後半戦として市議会議員選挙の投票が行われる大牟田市と古賀市で、期日前投票の投票用紙の交付ミスが相次ぎました。


NHK北海道:“無投票”チラシ誤って配布
04月23日 21時10分
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20150423/4284061.html
(魚拓)
※抜粋
統一地方選挙の後半戦として町議会議員選挙が行われている日高の新冠町で、町の一部に無投票を知らせるチラシが誤って配布されたことがわかりました。


四国新聞:期日前投票で事務処理ミス/高松市選管
2015/04/24 09:52
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/20150424000152
(魚拓)
※抜粋
 高松市選管は23日、市長・市議選の期日前投票で、実際には市議選の投票をしていない有権者1人について、投票済みとカウントするミスがあったと発表した。市議選の投票用紙を受け取っていない有権者への確認を怠ったのが原因。


神奈川新聞:期日前投票でミス 藤沢市
4月26日(日)7時3分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150426-00000670-kana-l14
(魚拓)


産経:認知症の女性に投票用紙2回交付 高知の町議選で選管がミス
2015.4.26 19:25
http://www.sankei.com/west/news/150426/wst1504260043-n1.html
(魚拓)
※抜粋
 高知県田野町選挙管理委員会は26日、町議選の期日前投票を23日に済ませた女性に、投票日の26日に再び投票用紙を交付するミスがあったと発表した。候補者名を記入していれば票は有効。

 また高知市選管は、11~16日に死亡した52人を誤って二重に抹消したとして、25日に集約した当日有権者数を訂正した。


神戸新聞:用紙二重交付ミス 伊丹市議選
2015/4/26 22:40
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201504/0007958970.shtml
(魚拓)


読売:北区選挙公報 未配布 ※東京
2015年04月26日
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyo23/news/20150426-OYTNT50009.html
(魚拓)


山梨日日:集計ミスで確定遅れる 忍野村議選
2015年04月27日 06時30分
http://www.sannichi.co.jp/article/2015/04/27/00048160
(魚拓)


四国新聞:高松開票トラブル/市長・市議選で票数過不足
2015/04/27 08:53
https://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/20150427000122
(魚拓)


常陽新聞:新人の選挙公報に「土浦市議」選管、不適切記載見逃す
2015年04月27日09時00分
http://joyonews.jp/smart/?p=3891
(魚拓)


産経:北海道・初山別村議選で二重交付 期日前投票の女性、2票とも有効に
2015.4.27 09:51
http://www.sankei.com/west/news/150426/wst1504260043-n1.html
(魚拓)


読売:3票多く得票記録、読み取り機に1票置き忘れも
2015年04月27日 10時57分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150427-OYT1T50046.html
(魚拓)
※抜粋
 26日の高松市議選(定数40)の開票で、候補者の得票を3票多く記録したり、票の自動読み取り機の中に1票置き忘れたりするミスがあった。


ちばとぴ:船橋市が速報でミス 県議選データ誤掲載 15分後にHP修正
2015年04月27日 11:00
http://www.chibanippo.co.jp/news/national/253378
(魚拓)
 船橋市選挙管理委員会は26日夜、同日投開票の同市議選投票結果・開票結果を速報する市公式ホームページで、午後10時から15分間、2週間前に行われた県議選船橋市選挙区のデータを掲載するミスが発生したと発表した。


livedoor NEWS(読売配信記事):茅ヶ崎市議選挙で当選確実が6時間遅れる事態に「慎重に票の点検」
2015年4月27日 11時6分
http://news.livedoor.com/article/detail/10052713/
(魚拓)


産経:2度も再点検して大幅遅れ 過去に不正開票の高松市選管
2015.4.27 11:14
http://www.sankei.com/west/news/150427/wst1504270024-n1.html
(魚拓)


産経:長野・立科町長選で投票用紙を二重交付 当落に影響なし
2015.4.27 12:14
http://www.sankei.com/politics/news/150427/plt1504270036-n1.html
(魚拓)


以降、追記していきます。

埼玉新聞:埼玉の滑川町議選で束ごと票取り違える 再点検でミス発覚
4月27日(月)23時58分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00010000-saitama-l11
(魚拓)


毎日:<統一地方選>奈良県で町村議選の投票率に誤り
4月28日(火)0時17分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150428-00000000-mai-pol
(魚拓)
※抜粋
集計に使用した表計算ソフトの計算式が間違っていたのが原因。
27日に総務省から指摘され、初めて誤りに気付いたという。


山形新聞:市町村議選開票、長井と川西で大幅遅れ 二重計上や立会人点検が原因
2015年04月28日 08:17
http://yamagata-np.jp/news/201504/28/kj_2015042800610.php
(魚拓)


産経:転出者18人に投票用紙交付するミス 旭川市選管
2015.4.28 18:58
http://www.sankei.com/politics/news/150428/plt1504280031-n1.html
(魚拓)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

トップページ
[PR]
by doumin | 2015-04-27 14:01 | 政治‐2015統一地方選 | Comments(0)
2015年 第18回統一地方選挙開票結果(後半戦)
26日、第18回統一地方選挙の後半戦が行なわれました。 (前半戦は12日でした)

後半戦も自民党は堅調な戦い。
民主党との実質対決となった大分市長選では自民党が勝利し、
全国の市議選でも議席を伸ばしました。
ただ、東京都特別区長選での取りこぼしなど都市部での弱さがあり、
今後の課題となっているようです。

一方民主党は、近畿での大幅な議席減を批判する声、
「底は打った」とする意見、
「底打ちというよりも、ぎりぎり土俵際で歯を食いしばっている状況ともいえる」とする意見など、
見方が分かれています。
いずれにしても低レベルな範囲での見方には変わりなく、党勢の回復には程遠いようです。


読売 統一地方選2015:開票結果
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/2015/kaihyou/


都道府県選挙管理委員会連合会:全国47都道府県選挙管理委員会一覧
http://www.todofuken-senkan.jp/senkan-lists.html



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■参考リンク

日経:自民、市長選も堅調 統一地方選後半戦
2015/4/26 22:11 (2015/4/27 1:47更新)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H1W_W5A420C1MM8000/
(魚拓)


産経:【統一地方選】市議選で自民が議席増
2015.4.27 01:42更新
http://www.sankei.com/politics/news/150427/plt1504270009-n1.html
(魚拓)
 統一地方選の市議選で、自民党は前回平成23年に獲得した514議席を上回ることが確実となった。


NHK:統一地方選結果 各党の反応は
4月27日 5時42分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150427/k10010062111000.html
(魚拓)
統一地方選挙の結果について、自民党は、前半の10の知事選挙に続き、後半の大分市長選挙で支援した候補が勝利したことなどで、地方の基盤が強化されたとしていて、来年の参議院選挙につなげたいとしています。これに対し、民主党は、党内で、統一地方選挙の結果について評価が分かれており、今後、党員・サポーターの拡大などに取り組む方針です。

統一地方選挙の結果について、自民党は、前半の10の知事選挙に続き、26日に投票が行われた後半でも、民主党と事実上対決する構図となった大分市長選挙で、支援した候補が勝利したことなどで、地方の基盤が強化されたとしていて、来年の参議院選挙につなげたいとしています。
ただ、世田谷区長選挙など、東京の3つの区長選挙で推薦した新人が敗れたことを受けて、都市部の無党派層への浸透が課題になるという指摘も出ており、選挙結果を詳しく分析することにしています。
公明党は、地域に密着して政策実現に取り組んできた党の姿勢が評価され、目標をほぼ達成できたとしており、来年の参議院選挙も見据えて、与党の政策を丁寧に説明していく考えです。
これに対し、民主党は、執行部に「党勢の底は打った」という見方がある一方、大阪など近畿で大幅に議席を減らしたことを批判する声も出るなど、選挙結果について評価が分かれており、今後、参議院選挙に向けて、地方組織の強化や党員・サポーターの拡大に取り組む方針です。
維新の党は、大阪維新の会が、大阪の府議会と市議会で第1党を維持したことは成果だとする一方で、首都圏などでは思うように議席が伸びなかったとして、地元での活動を徹底するなど、地方組織を固めていきたいとしています。
共産党は、今回の選挙の結果は、安倍政権と対決している党の姿勢に共感が集まったものだとして、さらなる支持の拡大につなげたいとしています。


読売:大阪維新、3市長選で敗北…反維新の推薦候補に
4月27日(月)9時0分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150427-00050022-yom-pol
(魚拓)


日経:地方選で女性躍進 市長4人、市議16%で最高
2015/4/27 11:13
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS27H13_X20C15A4EAF000/
(魚拓)
 統一地方選は27日午前、市議選の全議席が確定し、女性の比率が16.1%(1103人)と過去最高になった。女性は市長選でも最多の4人が当選した。東京都の特別区長選・区議選は翌日開票が進み、江東、大田、江戸川の3区長選はいずれも自民、公明両党が推薦する現職が共産党系新人らを退けた。

 市議選の議席数を党派別にみると、自民党が前回より120議席増の634議席、共産党も45議席増で672議席に伸ばした。民主党は105議席減らして284議席。公明党は7議席減の908議席となり、落選したのは1人だった。


日経:東京特別区長、現職9人全員が当選
2015/4/27 12:32
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H35_X20C15A4CC0000/
(魚拓)


産経:統一地方選 民主・枝野幹事長「ぎりぎり土俵際で歯を食いしばっている」
4月27日(月)11時32分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150427-00000511-san-pol
(魚拓)


(追記)HBC:道議会は自民会派が過半数に
4月30日(木)17時41分
http://news.hbc.co.jp/04301902.html
(魚拓)


(追記)NHK:道議会自民党会派が単独過半数
04月30日 19時23分
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20150430/4412531.html
(魚拓)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

トップページ
[PR]
by doumin | 2015-04-27 13:19 | 政治‐2015統一地方選 | Comments(0)
札幌市がやっとアイヌ施策課職員3人と中央区の印刷会社「クルーズ」社員1人を道警に告発 官製談合疑惑で
d0164331_171498.jpg
官製談合疑惑が発覚したアイヌ文化交流センター(サッポロピリカコタン)




時事:アイヌ施策課職員ら告発=出版物で官製談合疑い―札幌市
4月24日(金)18時10分 ※2015年
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150424-00000130-jij-soci
(魚拓)


HTB:アイヌパンフ作成で不適正契約 札幌市職員を告発
2015/04/25(土) 00:15
http://www.htb.co.jp/news/archives_1429888529_25000.html
(魚拓)
 札幌市は、アイヌに関するノートなどの作成をめぐり特定の会社と不適正な契約をしていたとして、市の職員3人を道警に告発しました。

 札幌市は、アイヌに関するノートやリーフレットの指名競争入札などにおいて、札幌市中央区の印刷会社「クルーズ」との契約を前提に不適正な契約が行われていたとして、官製談合防止法違反の疑いで市の職員3人を道警に告発しました。
 市は今後、捜査の進捗状況を踏まえ職員の処分について厳正に対処するとしていて、「皆さまの信頼を損ねお詫び申し上げます」とコメントしています。
 また、札幌市は、印刷会社のクルーズの社員1人も告発しましたが、クルーズは「わかる者がいないので答えられない」ということです。


道新:札幌市、職員ら4人を告発 アイヌ施策課で官製談合疑惑
04/25 07:00
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0127220.html
(魚拓)


毎日:官製談合? 札幌市が職員3人告発 アイヌ施策発注巡り
2015年04月25日 09時30分
http://mainichi.jp/select/news/20150425k0000e040161000c.html
(魚拓)
※抜粋

 市議からの指摘を受けて発覚し、告発に向け道警に相談していた。市は職員の名前を明らかにしていない。

 この問題を巡り、市監査委員は3月、住民監査請求を棄却する一方、上田市長に対して損害賠償請求を求める意見を付けた。
※指摘したのは金子快之市議(任期は5月1日まで)。公式サイトはこちら

日経(共同配信記事):不適切な発注で職員ら4人告発 札幌市、官製談合の疑い
2015/4/25 12:09
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25H1V_V20C15A4000000/
(魚拓)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

読売 北海道:札幌市 また不正契約
職員 根深い法令軽視 「まずいと知っていたが…」
2015年01月18日
http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/feature/CO003966/20150119-OYTAT50000.html
(魚拓)
※抜粋

 札幌市アイヌ施策課の委託契約を巡る官製談合疑惑が先月、発覚した。同市では、昨年6月に市立病院の入札を巡る談合が発覚したばかり。市は施策運営の難しさが不正の背景にあると説明する一方、職員の順法意識の向上を図る方針だ。

■組織ぐるみ

■「上司が決めたので」

■研修後も不正

◆「納税者の視点欠く」



【札幌市の入札をめぐる事件と対策】

<2008年6月>
事件概要/公正取引委員会が下水道電気設備工事を巡り市役所を立ち入り検査
主な対策/市職員の天下り禁止、不正情報の通報窓口を設置

<2011年1月>
事件概要/橋解体工事で最低制限価格を漏らしたとして市係長らを競売入札妨害容疑で逮捕
主な対策/業者との癒着防止マニュアル作成、入札資料管理を担当課長に一元化

<2014年6月>
事件概要/市立札幌病院の指名競争入札で入札情報を漏らしたとして市豊平区の係長らを逮捕
主な対策/契約事務をテーマにした職員研修、病院サーバーの管理強化



【官製談合防止法】
2000年に摘発された北海道庁発注の農業土木事業を巡る談合で、官の責任追及を求める声が高まったことを受け、03年に施行された。入札などを実施する国や自治体の職員が、談合を働きかけたり、予定価格を漏らしたりする行為を禁じている。職員が談合に関与した場合は、5年以下の懲役か250万円以下の罰金が科せられる。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治-地方

トップページ





.
[PR]
by doumin | 2015-04-25 16:45 | 政治‐地方 | Comments(0)
中国人投資家「都内に土地を購入しタワーマンションを建てたい」等/相次ぐマナートラブルで日本人が敬遠か
中国人富裕層、日本の不動産まで「爆買い」…居住者とトラブル、市況悪化の懸念も
産経新聞 4月21日(火)10時35分配信 ※2015年
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150420-00000526-san-bus_all
(魚拓)
※抜粋

 中国人旅行者が2月の「春節(旧正月)」に大挙して日本を訪れ、高額・大量消費する「爆買い」が話題となった。お花見シーズンにも多くの中国人客が入国し同様な行動を起こすなど、勢いに衰えはない。こうした中、円安も味方につけて、一段と加速しているのが中国の富裕層による日本の不動産の“爆買い”だ。地価の上昇にもつながってデフレ脱却を後押しする動きだけに、本来であれば歓迎すべき傾向かもしれないが、「これまで培ってきたビジネス慣習が崩壊しかねない」と不安視する声が不動産業界で出始めている。


■都内物件を買いあさり

■郊外の戸建て物件にも“触手”

■不動産の収益モデルを覆す!?



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事と追記

日刊サイゾー:「日本に住むなら、日本のルールを守って!」高級タワマン住民が激白 都心湾岸エリアが中国人に占領される!?
2014年9月14日 16時0分
http://news.livedoor.com/article/detail/9252661/
(魚拓)


ZAKZAK:日本全国に浸透し始めている「赤い貴族」のチャイナマネー 資金洗浄か 京都の割烹旅館が…  (1/2ページ)
2014.12.25

1ページ目
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20141225/frn1412251535006-n1.htm
(魚拓)
※抜粋
 中国全土を揺るがせた胡錦濤前国家主席の側近、令計画・人民政治協商会議副主席の失脚劇。習近平国家主席による権力闘争の色合いも濃いが、中国共産主義青年団(共青団)出身者で構成する「団派」の実力者である令氏一族の不正蓄財も注目されている。中国メディアによると計370億元(約7100億円)ともされる巨額資産の一部が日本の京都にあるというのだ。

2ページ目
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20141225/frn1412251535006-n2.htm
(魚拓)


中国人が爆買いするタワーマンション 資産価値下がるリスク
NEWS ポストセブン 2015年5月5日(火)7時6分
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150505-00000006-pseven-bus_all
(魚拓)


中国マネー爆買い、都心マンション高騰に一役-庶民には高根の花に
Bloomberg 2015年7月3日(金)6時0分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150703-00000013-bloom_st-bus_all
(魚拓)


週刊ポスト2015年7月31日号:湾岸タワマン 中国人居住者が友達呼び連夜のドンチャン騒ぎ
2015.07.21 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20150721_336667.html
(魚拓)
※抜粋
「マンション最上階に居住者専用のパーティルームがあって、中国人居住者が大勢の友達を呼び、夜な夜なドンチャン騒ぎを繰り広げている。酔っ払って大声の中国語が飛び交い、日本じゃないみたい。後片付けをせず、翌日は部屋中がゴミだらけです。マナーも悪く、ゴミを分別せず手当たり次第、敷地内に捨てていく。中には組合に払う“管理費”を無視する住人もいる」
 
 大手デベロッパーはそうした中国人の実態を「隠蔽」していると指摘するのは、『やってはいけないマンション選び』(青春出版社刊)の著者で不動産ジャーナリストの榊淳司氏だ。


オウチーノ:「外国人トラブル」に関する実態調査
2015年11月18日
http://www.o-uccino.jp/article/archive/kurashi/20151118-gaikokujintrouble/


中国人観光客のマンション“民泊乗っ取り”実態
2015年11月24日 08時00分
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/475586/


産経:〝隣人〟は中国人観光客だらけ!? マンション前に観光バス縦列駐車…「民泊」はホテル不足の救世主か、トラブルメーカーか
2015.12.29 11:00

(1/4ページ)
http://www.sankei.com/west/news/151229/wst1512290007-n1.html

(2/4ページ)
http://www.sankei.com/west/news/151229/wst1512290007-n2.html

(3/4ページ)
http://www.sankei.com/west/news/151229/wst1512290007-n3.html

(4/4ページ)
http://www.sankei.com/west/news/151229/wst1512290007-n4.html



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:社会

トップページ
[PR]
by doumin | 2015-04-24 17:01 | 社会 | Comments(0)
町村長選と町村議選告示 相次ぐ無投票当選、定員割れも…担い手不足浮き彫り 2015統一地方選・後半戦
21日、町村長と町村議会議員の選挙が告示されました。
無投票当選が相次ぎ、
また、定員割れの地域も出ており、
担い手不足が浮き彫りになっています。

読売:122町村長選と373町村議選が告示…統一選
2015年04月21日 11時23分
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/2015/news/20150421-OYT1T50045.html
(魚拓)


NHK:統一地方選 町村長・町村議選告示
4月21日 19時20分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150421/k10010055611000.html
(魚拓)
※抜粋
統一地方選挙は、21日、後半戦のうち、町村長と町村議会議員の選挙が告示され、立候補者数は、いずれも、これまでで最も少なかった前回・4年前を下回りました。また、町村長選挙では定員の43%にあたる53人が、町村議会議員選挙では22%にあたる930人が、それぞれ無投票で当選を決めました。


読売:2回連続で無投票…議員報酬が県内で最も安い村
2015年04月22日 08時05分
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/2015/news/20150421-OYT1T50167.html
(魚拓)


読売:レタスの方が収入いい…「定数割れ」目前で回避
2015年04月22日 09時08分
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/2015/news/20150422-OYT1T50012.html
(魚拓)
 21日に告示された統一地方選後半戦の町村長・町村議選も無投票が相次いだ。

 無投票は町村長選で4割超、町村議選で2割超になり、東京都神津島村議選など4町村議選が、立候補者数が定数に満たない「定数割れ」となった。都道府県議に比べて低い議員報酬や、議会活動による長い拘束時間などが、担い手不足の要因とされる。専門家は「議会自体が変わらなければ担い手は出てこない」と指摘する。

 ◆20分前駆け込み

 無投票となった長野県川上村議選(定数12)は、正午過ぎまでに立候補を届け出たのが10人。「定数割れ」の心配もあったが、午後2時過ぎに1人、午後5時の届け出締め切り20分前に、1人が立候補を届け出て定数を満たした。

 レタスの産地として知られる村では、集落ごとに話し合いが持たれ、立候補者を決めることが多いという。農業などの「本業」を優先させるために1期限りで交代するのが暗黙のルールとなっており、今回も現職は1人だけで、ほかはみな新人。

 立候補しなかった現職議員は「(村議は)割に合わない。レタスを出荷しているほうがなんぼも収入がいいから」と本音を漏らす。議員報酬は月額16万1000円。村の幹部は「議員報酬の引き上げを検討しなければならない」と話す。

 総務省の統計(2013年4月時点)によると、町村議の平均月額報酬は21万255円で、都道府県議(79万766円)、政令市議(76万6155円)、政令市を除く市議(40万2407円)に比べて圧倒的に低い。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■北海道内の状況

NHK:町村長選・町村議選 告示
04月21日 18時45分
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20150421/4021751.html
(魚拓)
統一地方選挙の後半戦は21日、36の町村長選挙と100の町村議会議員選挙が告示されました。
町村長選挙は十勝の幕別町やオホーツク海側の美幌町、道東の別海町など36の町と村で告示されました。
NHKのまとめによりますと町村長選挙には現職27人、新人27人、元町長1人の、あわせて55人が立候補しました。
空知の由仁町や道東の羅臼町、それに十勝の鹿追町など18の町と村では、立候補者が1人だけで、無投票で当選が決まりました。
このうち現職が立候補した道北の初山別村では、道内の町村では最も多い、昭和50年から11回連続して無投票となりました。
また21日は100の町と村で議会議員選挙も告示され、定員1075人に対し1190人が立候補を届け出ました。
このうち日高の浦河町やオホーツク海側の斜里町などの31の議会では立候補者と定員が同じになったほか十勝の浦幌町は立候補者数が定員を下回り、あわせて32の町と村で無投票当選となりました。
町村長選挙と町村議会議員選挙は19日に告示された市長選挙、市議会議員選挙とともに今月26日に投票が行われ即日開票されます。


NHK:浦幌町議選 再選挙は回避
04月21日 18時45分
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20150421/4207741.html
(魚拓)
※抜粋
浦幌町議会では効率的な議会運営を図ろうと、これまで13人だった定員を去年3月に2人減らして11人にすることを決めました。
しかし引退する議員が相次ぐ一方、新人の立候補の動きが見られず、21日の告示の直前まで定員の6分の1を超える2人の欠員が出るおそれがあり、公職選挙法の規定により再選挙を余儀なくされる可能性がありました。
こうした事態を受け、町内で木材加工会社を経営している澤口敏晴さん(67歳)は、急きょ立候補を決めました。
当初、立候補するつもりはまったくなかったという澤口さんでしたが、関係者に説得されて20日の夜になって立候補することを決心し、21日午前5時に起きて手づくりでたすきなどを用意しました。
運動員はかつての同級生などに協力を仰いで遊説隊をつくりました。
澤口さんは「再選挙になってはいけないので、町のためにという思いで立候補を決めた」と話しています。
結局、立候補を届け出たのは新人の澤口さんと現職9人のあわせて10人で、全員の無投票での当選が決まりました。
欠員は1人にとどまり再選挙は回避されたものの、今回の統一地方選挙で道内で唯一、定員割れとなりました。
再選挙という異例の事態は避けられましたが地方議会の議員のなり手不足が浮き彫りになっています。


HTB:統一地方選挙 町村長選と町村議会議員選が告示
2015/04/21(火) 20:42
http://www.htb.co.jp/news/archives_1429616564_21009.html
(魚拓)
 統一地方選の後半戦、道内の町村長と町村議会議員の選挙が21日に告示されました。道内では多くの町村で無投票当選となった一方、長年、無投票が続いた小さなマチで久しぶりの選挙戦の火蓋が切って落とされました。

 清里町では2人が立候補しました。町長選が選挙戦となるのは実に44年ぶりです。これまで10回にわたり町長は無投票で決まっていたがついに今回選挙戦に突入する。
 現職で2期目を目指す櫛引政明さん。道路や水道の整備を進めたことなど、4年間の実績を訴える。
 対するのは新人の古谷一夫さん。町役場の元総務課長で、37年の行政経験を武器に支持を訴える。
 44年ぶりの選挙戦に町民の期待や関心も高まっている。町民はこう話す。「一人一人が街のことを考えると思うし、それによって無投票で選ばれるより政策もしっかり考えていると思う」「選ぶ権利があるから、せっかくの権利ですから行使できたほうがいい」
 一方でこんなマチも…
 道南の乙部町では、現職の寺島光一郎さんが8回連続となる無投票で再選を果たした。道町村会の会長も務める寺島さんは、道内の現役市長村長で最も長い9期目の任期に突入する。
 乙部町を含め、道内18の町村長選挙で立候補が1人しかなく、無投票に終わった。
 統一地方選後半戦は26日が投開票です。


道新:北海道内18町村長、無投票当選 町村議も告示、浦幌は定数割れ
04/21 18:00、04/22 07:44 更新
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/2015local/1-0125801.html
(魚拓)
※抜粋
 第18回統一地方選の後半戦で、21日告示された町村長選と町村議選は午後5時に届け出が締め切られ、道内36町村長選の立候補者は計55人で確定した。留萌管内初山別村が道内最多の11回連続無投票となるなど、18町村で無投票当選が決まり、18町村で選挙戦に入った。オホーツク管内清里町は1971年以来44年ぶりの選挙戦。道内100町村議選には総定数1075に計1190人が立候補、32町村で無投票となった。

 道内36町村長選で無投票当選したのは18町村の現職14人、新人4人。

 初山別村は11回連続の無投票で、現職の宮本憲幸氏(57)が3選を果たした。檜山管内乙部町は現職の寺島光一郎氏(70)が8回連続の無投票で9選を決め、現職町村長で全国最多選となった。

 選挙戦に入った18町村のうち、44年ぶりの清里町は2期目に挑む現職の櫛引政明氏(66)と、元町総務課長で新人の古谷一夫氏(62)が争う。オホーツク管内斜里町は再選を目指す現職の馬場隆氏(64)と、返り咲きを狙う元職の村田均氏(67)の一騎打ち。十勝管内足寄町は唯一の三つどもえの構図で、4選を目指す現職の安久津勝彦氏(63)に、元町議で新人の矢野利恵子氏(62)、元町職員で新人の清野幸吉氏(61)が挑む。

 道内100町村議選は立候補した1190人のうち、32町村の321人が無投票当選した。十勝管内浦幌町議選は、立候補者が定数11より1人少ない定数割れとなった。


(追記)道新:清里町長選、44年ぶりに関心高く 両陣営「投票率90%超も」
04/24 07:30、04/24 09:58 更新
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/2015local/1-0126704.html
(魚拓)


(追記)道新:空知の議員、なり手不足 9市町で無投票 低報酬で敬遠も
04/24 10:30
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/2015local/1-0126730.html
(魚拓)


(追記)道新:統一選後半あす投開票 道内23市町村長選と89市町村議選
04/25 07:00
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/2015local/1-0127164.html
(魚拓)


道新 2015統一地方選

道内町村長選 立候補者 一覧
http://dd.hokkaido-np.co.jp/cont/2015local/kouho/t_mayor.html
(魚拓)



道内町村議選 立候補者 一覧

道央
http://dd.hokkaido-np.co.jp/cont/2015local/kouho/t_councilor_01.html
(魚拓)

道南
http://dd.hokkaido-np.co.jp/cont/2015local/kouho/t_councilor_02.html
(魚拓)

道北
http://dd.hokkaido-np.co.jp/cont/2015local/kouho/t_councilor_03.html
(魚拓)

道東
http://dd.hokkaido-np.co.jp/cont/2015local/kouho/t_councilor_04.html
(魚拓)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

トップページ
[PR]
by doumin | 2015-04-22 13:54 | 政治‐2015統一地方選 | Comments(0)