人気ブログランキング |
和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
脱中国 レアアース調達先拡大、代替品開発、再利用研究、使わぬモーター開発成功も
中国地方当局は企業に節電を強制しているため、
日系企業も生産に打撃を受けているらしいし、
人件費も上昇しているし、
中国餃子事件のようなこともあるし、
尖閣のように一方的に言いがかりをつけてきたり、
日本人学校のガラスが割られたり、
報復のように日本人拘束、
本当はチベットのものだったレアアースを輸出規制、
こういうことが今後また起きるかもしれないし、
今年7月から施行された国防動員法は驚くことに外国企業も適用範囲だったり、
etc・・・

もう、中国から他の国にシフトした方が良いと思います。

北海道新聞:中国地方当局、企業に節電を強制 日系も生産に打撃 (09/30 10:30)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/253507.html
 【上海共同】中国政府の省エネ目標を達成するため地方当局が国内外の企業に節電を強制する通達を相次いで出し、現地進出の日系企業も大幅な生産減少などの打撃を受けていることが30日分かった。通達には、工場の電力消費量の削減割合や休業日数を一方的に決める内容が含まれている。

 中国漁船衝突事件後に対日輸出が停滞していたレアアース(希土類)の通関手続きは再開したものの、日本企業にとって中国進出に伴う新たなリスクが表面化した。

 日系企業関係者によると、強制的な節電は数千社の日系企業が進出する江蘇省や浙江省で8月ごろから実施。河北省や山西省などにも拡大した。

 日系企業約110社が進出する江蘇省常州市は、市内の約7千社の企業を対象に「14日間のうち5日間は操業を停止して節電すること」を義務付ける通達を出し、従わない場合は処罰するとした。企業は生産計画の見直しや顧客への納品遅れの対応に追われた。

 常州市当局は電力消費量を前年比で2~3割減らすよう各企業に要求。浙江省寧波市のある中小企業は今年上半期より50%の削減を迫られ、生産量の激減で資金繰りが悪化、倒産の危機に直面したという。


北海道新聞:レアアース使わぬモーター開発 NEDOと北大(09/29 17:47)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/environment/253413.html
 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と北海道大の研究グループは29日、レアアース(希土類)を使わないハイブリッド車用モーターの開発に成功したと発表した。

 レアアースは、ハイブリッド車や電気自動車用のモーターに使用される磁石に必須となっている。研究グループは、モーターの構造を変えることによって、レアアースを使わない従来型の磁石でも、高出力を実現できたという。

 レアアースは生産量の9割以上を中国が握り、安定供給が困難になりつつある。

 レアアースを含んだ磁石は磁力が強く、高出力のモーターを造ることができる。一方、従来型の「フェライト磁石」は磁力が弱いことがネックだったが、研究グループはレアアース磁石とほぼ同等の高出力が可能な技術の開発に成功した。フェライト磁石は安価で、モーターの低コスト化にもつながるという。


北海道新聞:レアアース 脱中国、調達先を拡大へ 商社、メーカー代替品開発も(09/30 07:24)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/253466.html
 中国から日本へのレアアース(希土類)輸出の通関手続きが再開されたことに対し、商社や自動車業界からは29日、安堵(あんど)の声が漏れた。ただ「中国リスク」の顕在化で、レアアースの安定供給への懸念は一層強くなった。中国への依存度を低下させるため、業界は調達先をカザフスタンやベトナムに広げたり、代替品を開発するなどの対策を急ぐ。

 レアアースは中国からの輸出に9割を頼る。レアアースを使う部品が不可欠の製造業の関係者からは「輸出の停滞が長期化しない見通しになったのはよかった」(自動車大手)という声が多く聞かれた。

 中国の輸出規制の強化を背景にレアアース使用部品の在庫を増やしてきた経緯もあり、大半の企業は「慌てなかった」(同)としているが、輸出禁止が中国にとって有効な「外交カード」となることが明確になった。このため、各社は「別の調達ルートについて商社と検討する」(日立製作所)などと危機感を募らせていた。

 商社はすでに調達ルートの多様化に動きだしている。住友商事はカザフスタンの国営原子力公社とウラン残存物からレアアースを回収する事業を2011年末から開始する。住友商事は「中国以外の供給先を確保するのも目的」としている。

 豊田通商と双日は合弁会社を設立し、ベトナムでの権益確保に乗り出した。地元の化学公社と合弁会社を設立し、12年をめどにレアアース生産を開始する予定だ。

 自動車や電機業界などは、代替品の開発やレアアースの再利用の研究も加速させる。

 商社関係者は「いつまたこういうことが起こるか分からない。今後は脱中国の流れを推し進めないといけない」と話し、官民挙げての取り組みの必要性を訴えている。


時事通信:レアアース確保が柱=補正予算で経産省(2010/10/01-10:02)
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2010100100216


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

産経:中国、国防動員法施行 軍への政府の影響力拡大 2010.7.1 19:38
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100701/chn1007011939005-n1.htm
(一部抜粋)
 同法の前提である「有事」についての規定はあいまいだ。「国家の主権、統一、領土が脅威に直面するとき」と書かれているだけだ。チベット、ウイグル族など少数民族地域での騒乱や、大規模な民主化運動が発生したときなどにも適用される可能性がある。

 また、国防動員委員会総合弁公室の主任、白自興少将は記者会見で「外資、合弁企業も、国防動員における生産を担うことができる」と述べ、日本を含む外国系企業も法律の適用対象であることを明言した。具体的な条項としては「民間企業には、戦略物資の準備と徴用、軍関連物資の研究と生産に対する義務と責任がある」という部分だ。


ZAKZAK:中国紙、日本“恫喝”特集 外交ルール無視!禁じ手ばかり… 2010.09.22
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100922/plt1009221610007-n2.htm
 日本領海に侵入した中国漁船船長の逮捕をめぐる「尖閣問題」で、反日感情を高めている中国の大手紙が、効果的に日本を追いつめる「対抗措置」を特集で報じた。各方面の専門家らに「日本をギャフンと言わせる」ための経済政策や軍事戦略を語らせるという噴飯ものの記事で、いずれも外交ルールを無視した禁じ手ばかり。わが国も“返す刀”の対抗措置は十分にあるのだが…。

 中国大手紙「環球時報」が専門家らに聞いた日本への対抗措置は、(1)東シナ海ガス田の共同開発交渉を無期限延期もしくは中止(2)中国が円を買い進めることによる円高促進(3)レアアースやエネルギー資源の輸出制限(4)日中環境保護協力協定の停止(5)戦闘能力のある漁船の尖閣海域への定期派遣(6)尖閣海域での軍事訓練-など。もちろん、毎度おなじみの「日本製品ボイコット」も入っている。

 これに対抗する手はあるのか。別の中国紙の日本支局長は次のように言う。

 「中国にとって最大のダメージは、日本の環境技術撤退や無償資金協力(ODA)の即時中断。なかでも日本の環境技術の撤退は、深刻な環境汚染問題を抱える中国にとって最大級の痛手です。ODA中断も、中国の国民にほとんど知られていない日本の支援の大きさを知らしめる良い機会。中国と中国企業による知的財産侵害を片っ端から国際社会に訴え、『チャイナリスク』の危険性を執拗にアピールするのも効果的でしょうね」

 中国がすでに輸出規制を打ち出したレアアース、レアメタルも、代替品開発が進んでいる。中国国民が日本製品を本気でボイコットするなら、中国との領土問題を抱えるインドに製造拠点をシフトすればよいという。

 「多くの日本製品の生産拠点は中国内なので、中国が今後も強硬な態度を続ければ、結果的に自国の雇用を奪うことになる。日本企業は中国を無視して他の東南アジア諸国-ベトナムやインドネシア、タイ、ラオスなどに工場を移せばいい。観光にしても、まだ日本から中国に流れる金のほうが多く、双方の渡航自粛ムードが高まれば困るのは中国側です」(同)

 とはいえ、いまさら“目には目を”の対抗措置は大人げない。『中国をめぐる国際環境』の著書がある岡部達味・首都大名誉教授も「中国メディアの挑発を真に受けるのはむなしい」と冷ややかだ。

 「中国政府は自国民からの弱腰批判を避けるため、振り上げた拳がおろせない。日本としては、主権を堅持しつつ、中国のメンツをつぶさない引き際を考えてあげるべきでしょう」

 ちなみに、日本と同様に中国と領海問題でつばぜり合いを繰り広げている韓国では、年間5000人もの中国漁民を拘束しているという。たった1人の船長拘束による“恫喝”にオタオタする必要はないのだ。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

読売新聞:レアアース代替できた!インクが高感度センサー(2011年2月21日09時59分)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110221-OYT1T00155.htm
 価格が高騰するレアアースの代替素材として、インクに含まれる有機分子を使うことで、世界最小、高性能の磁気センサーの開発に、千葉大の山田豊和・特任准教授(35)ら日、独、仏3か国の共同研究チームが成功したと発表した。

 大きさ1ナノ・メートル(10億分の1メートル)の極小サイズながらセンサー感度は従来品の10倍にアップ。安価な材料でパソコンなどの小型化や高性能化が図れるという。

 研究成果は、21日付の科学誌「ネイチャー・ナノテクノロジー」電子版に掲載される。

 山田特任准教授らが開発したのは、パソコンなどのハードディスクの記録読み取り装置に使う磁気センサー。年々高騰するレアアースなどの代替品として、太陽光電池やディスプレーなどへの応用が進む有機分子に着目。インクや染料・顔料などに含まれているフタロシアニンを使ってみたところ、有機分子1個で磁気センサーの働きをすることを発見。センサー感度も10倍になることがわかった。

by doumin | 2010-10-01 14:48 | 社会 | Comments(13)
Commented by さむさら at 2010-10-02 08:28 x
foreign policy(アメリカの雑誌)の記事を
私なりに訳してみました。


早急の釈放が求められている
中国船の船長が拘束されて2週間、
日中間で緊張が高まりつつある。

”これは、全く違法で不当であり
そしてすでに船長の家族の苦痛の元となっている、、、
もし、日本がその方針に固守するのであれば、
中国(政府)はさらなる行動を起こすであろう”
と国連総会に出席中のWEN氏は
ニューヨークの在米華人(チャイニーズアメリカン)
に向けて発言した。

彼のコメントはウェブサイト
” the Chinese Foreign Ministry”に掲載された。

(②に続きます)
Commented by さむさら at 2010-10-02 10:36 x
②その船長は、諸島周辺で衝突後、
争点になっている諸島、
日本では”尖閣”として知られている諸島周辺で
日本の海上保安庁の(巡視)船に捕らえられた。

船の乗組員はすでに帰されているが
日本の検察官は
この船長をどうするのか、
9月の29日までに決断しなければならない。

国連総会(中)で恒例となっている日中首脳会談は、
(両国間の)緊張が高まっているために
取り止めとなった。

反日活動家による抗議はあちこちで勃発しており、
中国(本土)や台湾からの(反日)活動家達は
(特に中国では”Diaoyu”と呼ばれている)
領有を主張するために諸島への航海を試みている。
また、諸島周辺の海域では豊富なオイルやガスが埋蔵されているとも信じられている。

※こういったところでしょうか、、、。
私のつたない翻訳で、すみません。

このJhosua・K氏は
日本からの中国への支援(金銭)の記事も書いていますね。
”あまり知られてはいないが、、、”と。
もっと読んでみようと思います。
Commented by さむさら at 2010-10-02 10:56 x
韓国はこのレアアースを中国から沢山買い占めていて
すでにたくさんの備蓄もあるそうですね。
日本政府の外交の情けなさをさらに思い知らされたような
感じがしました。

”HYUNDAI"はまだまだ日本のTOYOTAやHONDAと比べれば
知名度は低く、品質も劣るかと思いますが
携帯やTVなどの電化製品と同様に
日本が追い抜かれる日が来るのかもしれないと
非常に危惧しております。
アメリカもデフレです。
今まで以上に安い物に客が群がるようになると
日本の技術や信頼性の価値が重んじられなくなってしまうのでは
と、、、日本政府には期待できそうにも無いので
ついついネガティブになってしまいます。

アメリカ人とは、車や電化製品の話になると
日本製のすばらしさを伝えているし、
彼ら、彼女らはそれを認めてくれているのですが
(リコール問題の時も、”それでもトヨタはトップだよ!”と
言ってくれたときには涙が出そうでした)
こちらも経済や就職率が良くならないと
どうなってしまうか、わかりません。
今はどこでも中国製品でいっぱいですから、、、。
Commented by doumin at 2010-10-02 11:51
おぉ!有難うございます!!
お手数をおかけいたしました。
うーむ、この記事じゃないんですね・・・。
foreign policy誌っていうのは間違いないんですが・・・。

>日本からの中国への支援(金銭)の記事も書いていますね。
おっ!
Jhosua・K氏の先程の記事を読む限り、
誰かさんと違って冷静に記事にしている感じに見えるので、
楽しみです!
Commented by doumin at 2010-10-02 12:22
>日本政府の外交の情けなさ
備蓄はこれから進めるようですからね・・・(^-^;
うーん・・・。

>今まで以上に安い物に客が群がるようになると
アメリカもですか・・・。
ふー。
安物買いの銭失いになってしまうかもしれないのが分かっていても、
こんな状況では安いものに手が出てしまうのでしょうね。
日本ブランドを壊さない、何か良い方法はないものか・・・。

>日本が追い抜かれる日
これからは、企業の努力だけでは無理。
国が率先して営業マンをやってくれないとだめなのではって思います。
そういえば、新成長戦略ってどんなのなんだろ(笑)
(骨格を考えたのはキャミソール荒井氏らしいので、期待できないかもです)
政治にしろ、経済にしろ、スポーツにしろ、もっと日本はアピールしてほしいです。
でも、幼稚な民主政権では無理だろうなぁ。
鳩山さんの、例の「学べば学ぶにつけ」に限らず、
実際に要職に就いてからお勉強されている方ばかりのように見受けられますし、
政治は稚拙でも権力闘争は一人前だし、頑張るのは選挙だけだし、危機感はないし。
でも時間はない・・・。
早く政権交代しないと日本が・・・。
Commented by さむさら at 2010-10-02 13:37 x
この記事ではなかったのですね^^;)あら~、、、。
もし、お探しの記事が見つかったら教えてくださいまし。

話は変わりますが、
日本には強気の中国人や韓国人は
アメリカ人には弱腰なんですよ。
確かに、モラルの無さ(特に中国人)は嫌われる原因の一つ
ではありますが、彼らはアメリカ人の前では
おとなしくなっているんですよね~(笑)不思議と、、、。
こういうところでも政治の影響があるのでしょうか。
日本人を嫌う外国人は殆どいませんが
それは、政治云々のせいではなく、
諸外国と関わりのあった先人方のお陰なのでしょうね。
Commented by さむさら at 2010-10-02 13:53 x
ありました!
http://shadow.foreignpolicy.com/posts/2010/09/20/chinas_maritime_aggression_should_be_wake_up_call_to_japan

↑これですね、きっと、、、。
Commented by doumin at 2010-10-03 13:35
あぁっ!探してくださったんですね!
有難うございます!!
またまたお手数をおかけいたしました<(_ _)>

>日本には強気の中国人や韓国人
日本には強気なのは、歴史の影響もあるのでしょうね。
あと、日本人の国民性も。
もしも日本人が中国や韓国のような国民性だったり、
アメリカのようにハッキリと主張するタイプだったら、
ここまで強気にはならないでしょうね。

お金持ちでおとなしい日本人は色々利用されてきましたが、
これからは変わってほしい。対外的なときは。

>先人方のお陰
仰る通りだと思います。
勤勉で真面目な日本人に信頼を置く外国人は多かったのではないかなぁって思います。
本当に有難いですね。
それを壊さず、守って、そして引き継いでいきたいです。
Commented by さむさら at 2010-10-05 00:50 x
上記、フォーリン ポリシー、DAN Twining氏の記事の訳が
出ていたので、貼っておきます。
もう既にご覧になられているかと思いますが、こちらに
訪問される方々にも読んでいただけるかな?と、、、。

http://ameblo.jp/neko-guruma/entry-10657290686.html
Commented by さむさら at 2010-10-05 01:02 x
ソースは2chなのですが

こちらの訳の方が読みやすいかも。

東アジアに「友愛」による共同体をつくるという、鳩山の曖昧模糊とした言葉は、
日本に代わってアジアの覇権国たらんとする中国についての
新たな現実主義に道を譲った。
先週、党代表選で「親中派」の小沢一郎を破って再選された菅直人首相は、
沖縄の米軍基地に関する日米合意を遵守し、
日米関係を強化することを強調している。
新外相の前原誠司は民主党右派の出身で、対中国強硬派として知られている。
彼は日米同盟の強力な支持者であり、何年も前から中国の攻撃的な軍備近代化に対して警告を発していた。
Commented by さむさら at 2010-10-05 01:05 x
民主党員の多くは、より対等な日米関係という考え方を支持している。
すなわち彼らは、日本が防衛力を強化し、アメリカに過度に依存せずに済むようになることを望んでいるのである。
日本の防衛予算はこの10年間、実質5%削減されてきたが、
いまや、(東アジア)地域の発展におけるこの(中国の覇権国化という)トレンドに
抗するべき時がきているのだ。
http://2chnull.info/r/news/1285062330/501-600

自分で訳さずに、手抜きをして
すみませんm(_ _)m。
Commented by さむさら at 2010-10-05 01:24 x
この問題/事件については色々な見方があります。
アメリカでの報道も極端に分かれています。

私は、この方をジャーナリストとして、好んではいませんし
すべての記事を信用しているわけでは無いのですが
こちらも、読まれると良いかと思います。

http://www.tanakanews.com/100917senkaku.htm
Commented by doumin at 2010-10-05 13:51
有難うございます!
原文だと微妙に違うんだなぁって思っていました。
それにしてもサー○ナは、
一体何を考えて報じたのか(しかも微妙にタイトルを変えて)良くわかんないですね(^-^;
また妙な記事も書いてるみたいだし。

>アメリカでの報道も極端に分かれています。
そうなんですか・・・。
まぁ、報じる側に色々な背景があるんでしょうね、多分。
報道を鵜呑みにしてしまう一般人が心配です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード