人気ブログランキング |
和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
公邸でお酒を飲みながら伸子夫人に聞く 「原点は市民ゲリラ」「菅総理になっても何も変わっちゃおらんわ」
毎日新聞が、首相公邸で伸子夫人と飲んだそうです。
ビールに始まり、記者は日本酒、酒豪の伸子夫人は赤ワインをぐいぐいと。


夫人が家庭内野党を自任しているんなら、
首相はもっとまともになるのが普通だと思いますけどね。
ま、その家庭内野党がこれ↓じゃ無理だけど。

ザ・特集:「家庭内野党」伸子夫人に聞く 菅さんが総理になって--
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110609ddm013010005000c.html

d0164331_5164765.jpg
 ◇何も変わっちゃおらんわ

 市民運動家から一国のトップにまで上りつめた菅直人首相、永田町の政争にもみくちゃになりながら、その座から降ろされようとしている。でも、当のご本人はすぐに辞める気配がない。「一定のメドがついた段階で……」。どんな思いなのか? 「家庭内野党」を自任する夫人の伸子さん(65)に聞いた。【鈴木琢磨、写真・藤井太郎】


 ◇けど“カネの力”封じ込めと、浜岡原発停止は大きいかな
 ◇「なりゆきを決然と生きる」ただいま菅家の座右の銘



 6日夜、首相公邸にお邪魔した。伸子さんいわく「首相の社宅」。ドタバタ引っ越し準備でもしているかと思いきや、どこにも段ボール箱は見当たらない。ダイニングテーブルには、すしにポテトサラダ、卵焼き、そして豆の含め煮が並んでいる。ご亭主は今夜も遅いのだろう。

 「引っ越し? ええ、決まれば、いつでも。だって、この社宅、家具はすべてちゃんとそろってたし、洋服と調味料、広辞苑くらいしか持ってこなかったもの。すぐ(東京都内の)吉祥寺の自宅に帰れますよ」

 拍子抜けするくらいあっけらかんとしている。「ちょっと飲もうかしら」。酒豪で鳴らす。ビールでのどをうるおせば、首相の辞意の真相もぽろり飛び出すに違いない。むろん、こちらもお付き合いするが、しーんとした日本一警戒厳重な社宅でのビール、なかなか酔えそうにもない。なんだかゲリラのアジトに潜入している気分にもなって。

 「アハハ、そうね。菅さんの原点はゲリラ、市民ゲリラだってこと、もっと思い出してもらわなくちゃ。昔の菅さんを知る支持者のみんなからさんざん言われるの。あと少ししかないなら、何かやってくれなきゃ。面白くないよって。私もそう思う」。そういえば、首相就任後、間もなく出た伸子さんの著書のタイトルは「あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの」。何が変わりました?

 「大して何も変わっちゃおらんわ! ただ東日本大震災があって、浜岡原発を止めたのは大きいんじゃないかなあ。突発の思いつきなんかじゃない。菅さん、国会議員に初当選した1980年にアメリカに出かけ、風力発電を視察しているんです。風力や太陽光エネルギーこそ、次の時代の基幹エネルギーになると信じてきた。それに究極は植物によるバイオマスエネルギーも夢見ている。いろんな政党を経験してきたけど、僕の最後は植物党をつくることだって、今も真顔で言ってますから」

 で、政界も変わらない?
 「うーん、やっぱり、おカネの力でものごとを動かそうとする人が強いのよねえ。あのDNAをわが民主党に残されちゃかなわん。菅さんは違う。震災の復旧・復興はほかの人でもできるけど、“政治とカネ”の封じ込めだけは菅さんじゃなきゃできないって、誰かが言ってた。それにしても、永田町の男って政局で元気になるのね。ねたみと、そねみが渦巻いて」

 名前こそあげないものの、小沢一郎民主党元代表のことが気になってしょうがないんだなあ。

 いつしか伸子さん、大好きな赤ワインをぐいぐい飲みだした。顔が赤らんでくる。さては愛するご亭主を、谷垣禎一自民党総裁に「人徳がない」とののしられたり、鳩山由紀夫前首相に「ペテン師」呼ばわりされたことに怒りがこみ上げてきた? 「ええ、ええ、うちの菅直人に徳なんてございません。今の政治家はみんな小粒でしょ。ペテン師? 古いわねえ。昭和の言葉でしょ。まあ、ハラが立つより、くすっと笑っちゃう。鳩山さん、憎めないのよ」

 なるほど、敵のあいくちをさらりかわすのも百戦錬磨のゲリラの妻ゆえか。とはいえ、すでに四面楚歌(そか)、激しくなるばかりの「菅降ろし」の風圧に耐えているのはなぜ? 2日の民主党代議士会で菅さん、こう語りかけた。「大震災に取り組むことが一定のメドがついた段階で、私がやるべき一定の役割が果たせた段階で、若い世代のみなさんにいろいろな責任を引き継いでいただきたい」。ほかでもない、一国のトップの言である。自然に解釈すれば、即辞任と受け取れる。

 「そうかなあ。これまで首相がいともあっさり、簡単に辞めちゃった方が不思議ですよ。日本は、男の引き際だとか、男の美学だとかってすごく好きでしょ。江戸時代の切腹がそう。よくない」。コピーを持ってきた。「読んでみて。菅さんも読んだ」。塩野七生さんの「日本人へ リーダー篇」(文春新書)の一節。<拝啓 小泉純一郎様>と手紙スタイルになっている。<私があなたに求めることはただ一つ、刀折れ矢尽き、満身創痍(そうい)になるまで責務を果たしつづけ、その後で初めて、今はまだ若造でしかない次の次の世代にバトンタッチして、政治家としての命を終えてくださることなのです>

 驚いた。あの代議士会でのスピーチと重なっている。菅さん、塩野さんの大ファンで、全15巻の「ローマ人の物語」も読破したらしい。「もうひとり、ハマッてる作家がいる。福島のお寺の住職でもある玄侑宗久さん。たまたまテレビを見ていたら、出ておられて、おっしゃった。『なりゆきを決然と生きる』。これよ、これ! この言葉だなあって。私が生まれたのもなりゆき、菅さんと一緒になったのもなりゆき、首相夫人になったのもなりゆきですから。どこへ行くかわからない。それでも決然と進んでいく。菅さんも、いいねって。ただいま現在、菅家の座右の銘でございます」

 飲んで、飲んで、と日本酒をつがれ、はぐらかされている気がしないでもないが、菅さんが即辞任しない理由だけはおぼろげに浮かぶ。まだやりたい、そして言いたいことが山ほどあるんだな、と。持ってきたCDをかけてもらった。食道がんから生還した桑田佳祐さんの新しいアルバムの中の一曲「いいひと」。

 ♪お辞任(やめ)になる前に総理(ボス)よ そっとツブやいておくれ Baby!! Tweet!! Baby!! “現代(いま)”が何処(どこ)に向かって何を唱(うた)うべきかを……。

 鳩山政権時代に書いた詞らしい。

 「へえーこんな歌、あるんだ。よく見てるわねえ」。2人してクワタワールドに遊んでいると、そこへふらっとご亭主が帰ってきた。なんだそれみたいなけげんな顔をし、そのまま消えた。ひょっとしてお遍路の旅支度でも?と伸子さんに水を向けたら、ガハハと笑った。「私も行くかなあ」。しばらくしてリビングに戻った菅さんに言った。「桑田さんの歌、いいわよー。あなた、つぶやかなきゃ、もっと、もっと」

==============

 「ザ・特集」は毎週木曜掲載です。ご意見、ご感想は

 t.yukan@mainichi.co.jp

 ファクス 03・3212・0279まで

毎日新聞 2011年6月9日 東京朝刊



何この記事。
漢字を使わず、意味不明なスペース、変な改行。
とにかく読みにくいし、ほんとに記者が書いたのか疑問に思うほど。

肝心の中身も、一体何を狙って書いたの?って言いたくなる。
(まともな人は、首相夫人がこれなの?こんな大変な時に・・・と、ドン引きするでしょうね)

で、毎日新聞は菅さんが同席してからの話はばっさりとカットしているけど、
もしも何か聞き出せたんだったら他のカテゴリで書くんでしょうね?



前首相の鳩山幸夫人も変わった人だとは思いましたけど、
現首相の菅伸子夫人も相当なものですね。 (ネット検索でも色々出てきます・・・)
品性のかけらもない。

そもそも市民ゲリラって一体何? (4列目の男は、ゲリラじゃなく市民ゲリラって言うのかも(笑))

「菅さんの原点はゲリラ、市民ゲリラだってこと、もっと思い出してもらわなくちゃ。昔の菅さんを知る支持者のみんなからさんざん言われるの。あと少ししかないなら、何かやってくれなきゃ。面白くないよって。私もそう思う」。


記事の書き方がおかしいのもあって、ちょっと良く分からないんですが。

一国の総理が「原点はゲリラ」というだけでも恐ろしいことなのに、
それを思い出せとはどういう了見なのか、
原点を思い出せと言ったのは伸子さんだけなのか、
それとも、支持者も散々言っているのか、
何かやってくれなきゃ面白くない、の話にいきなり繋がるのはなぜなのか、
面白いとか面白くないとかそういう次元の話で考える(喋る)首相夫人というのはいかがなものなのか、
等々・・・・・・・・、
もう、どこから突っ込めばいいのか分からないし面倒なので、
「菅さん」じゃなくて「菅」でしょ、あなたの夫なんだし(笑)と、
そこだけ突っ込んでおきます。



伸子夫人と言えば、2010年6月4日代表選の時の電話インタビューを思い出します。
テレ朝の、お昼12時からの番組で。
菅さんが291票、樽床さんが129票で、菅さんが勝利直後の伸子夫人。
とにかく喋る喋る喋る。
「ファーストレディという言い方が疑問に思っている」
「首相夫人という言い方でいいのではないか?」
「ファーストレディという人は日本にはいますから」
「夫が委員会で攻めてる様子を見て、あぁ私がうちでやってることを夫は外でやってるんだ、あんまりギャンギャンギャンギャンやるのは感じが良くないから私も気をつけようと思う」



これが日本の首相夫人・・・国民としては、とても恥ずかしいです。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記


最悪と言う言葉では表現しきれないほど最悪です。
この人たち、これからずーーーーーーーっと「元首相夫人」と言われるんですよね。
信じられない。
女性自身:菅伸子首相夫人 鳩山幸の“お告げ”にブチ切れ! 6月14日(火)0時36分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110614-00000301-jisin-pol
菅直人首相(64)の“年内続投”発言に「ペテン師」と言い張った鳩山由紀夫前首相(64)。新旧首相がバトルを繰り広げる裏で、菅首相夫人の伸子さん(65)と鳩山前首相夫人の幸さん(67)も壮絶な舌戦を展開していた。

ペテン師発言意向、幸さんは行く先々で「もう菅さんじゃダメ!」などと“口撃”。さらには「主人が再び首相の座に就くようにと、天からお告げがあった……」と、人と会う度に繰り返しているという。

そんな“お告げ”を耳にした伸子さんもブチ切れ。お酒を飲んで大荒れだったという。そして、鳩山前首相の米軍基地移転問題などでの“発言撤回”に触れて、「あの人にだけは“嘘つき”呼ばわりされたくない!」と敵意を露わにしていたのだ。

夫を置いてヒートアップする夫人同士のバトル。だが、国民目線では、どちらにも“退場”してもらうのが望ましいかも……。




毎日新聞の記事と似たような内容のインタビュー。 (こっちのほうはお酒は入っていないようです。多分)
あきらめないとか、しつこい人だとかどうでもいい。
「詰まらないと、いい考えは出ない」とか・・・・・・国は菅さんのおもちゃじゃない。
一人遊びやゲリラの真似事がしたいなら、さっさと辞めるべき。
中国新聞:退陣問題渦中の菅首相 伸子夫人に聞く '11/6/22
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201106220057.html
 ▽あきらめない人 しつこいですよ

 辞意を表明しながら、退陣時期については明言を避け続ける菅直人首相。「菅降ろし」は強まる一方だが、政権運営への意欲はむしろ高まっているようにさえ見える。21日、首相を最も近くで見ている伸子夫人(65)=浅口市出身=に聞いた。(荒木紀貴)

 首相官邸の隣の公邸で暮らす伸子さん。菅首相が「一定のめどがついた段階で若い世代に引き継ぐ」と表明した2日は選挙区の行事で外出中だったため、報道で辞意を知った。政界では「近く退陣」との受け止めが広がったが、「すぐに辞めるとは取らなかった」と振り返る。

 菅首相は東日本大震災の復興と原発事故収束に加え、再生エネルギー特別措置法案の成立に強い意欲を示す。伸子さんによると、衆院選で初当選した1980年に米国・デンバーに風力発電の視察に行ったほど、思い入れは深い。「基本的にはあきらめない人。本当にしつこいですよ」

 3回連続落選を経て議員バッジを手にした経歴が物語る。民主党幹部との協議が続いた20日も、菅首相は「行き詰まると考えないといけない。すると道がちょっと見える。詰まらないと、いい考えは出ない」と前向きに話していたという。

 福島県の住職で芥川賞作家の玄侑宗久さんが語る「なりゆきを決然と生きる」が最近の座右の銘。「人生はすべてなりゆき。その中で選び取って生きないといけない。その話を菅にしたら、『いいねえ』と言っていた。政局なんてまさになりゆき」

 伸子さんが昨年7月に出版した自著の題は「あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの」。この1年で何が変わりましたか。「何もそう変わっちゃあおらんわ。(中部電力)浜岡原発を止めたのはよかったのかな。でも1年では酷」との答えが返ってきた。

 毎年のように交代する国のトップ。菅首相が退陣後に行く四国遍路はいつになるのか。「秋口がいいのでは」と繰り返す亀井静香国民新党代表の言葉を借りて尋ねると、「気候のいい時なら一緒に行こうかなと言ってます」と笑った。

 ▽1年では酷すぎる 伸子さん一問一答

 主な一問一答は以下の通り。

 ―菅首相の辞意表明を聞いた時の感想は。

 「いずれは」という言い方だったので、そんなにすぐに辞めるとは取らなかった。どうしても辞めないといけない理由があるとは思っていない。震災対応がすごく悪かったとも思っていない。原発事故対応は、(原子力に詳しい)菅でまだよかったと思うことがあるくらい。

 ―国会・永田町では早期退陣論が勢いづいています。

 辞めた後をどうする気なんだろう。自民党は「菅でなければ誰でもいい」と言うが、衆院解散に持ちこみたい。でも今は震災があり、与野党が協力して事に当たる時。一般の人は「国会は何やってんの」と思っている。永田町ムラの人にはそれが分からない。

 ―菅首相はぜひ再生エネルギー特措法成立をやりたいのですか。

 それはそうなんです。基本的にはあきらめない人。本当にしつこい。昨日も「行き詰まると考えないといけない。すると道がちょっと見える。詰まらないといい考えは出ない」と言っていた。

 ―菅政権発足から1年。何が変わりましたか。

 何もそう変わっちゃあおらんわ。(中部電力)浜岡原発を止めたのはよかったのかなあ。自民党政権なら止められなかったのでは。でも1年では酷。

 ―短命政権が続いていますが。

 参院が(与党の過半数割れで)常にねじれて、国会が前に進まない。昨年の参院選で負けた菅の責任ですが。

【写真説明】野党時代の菅首相のポスターを背に、夫のこの1年を振り返る伸子さん=東京・武蔵野市の地元事務所(撮影・荒木肇)




首相夫人の言動とはとても思えない下品な話が続々と・・・。
奥様のこういう話は今に始まったことじゃないけど・・・それにしても酷い。
首相公邸に1、2か月で飲み切れぬ缶ビール箱の山 目撃者仰天 2011年7月4日 07時00分
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110704/Postseven_24817.html
これほど嫌われても続投の意欲を失わない菅直人首相。その根性には敬服するしかないが、この嫌われ者総理の心の支えが、姉さん女房にして従姉でもある伸子夫人だ。

被災地へ“お忍び”ボランティアに行ったと“リーク”するなど、相変わらずこの人も薄っぺらだが、権力の座に対する執着は夫以上という。

すでに菅政権が完全に死に体になっていた、ある日の昼下がり――。

伸子夫人は有力企業の経営者や官僚OBなどで構成される「親睦会」のメンバー約20人を公邸に招いた。残り少ない公邸生活を親しい友人たちと分かち合うため、というわけではなかったようだ。

その場で伸子夫人は自ら招待客に公邸を案内し、2時間ほどの歓談の中で「ファーストレディ続投」に意欲満々だったという。参加者が明かす。

「伸子さんは公邸の1階から2階まで、菅さんの書斎以外のほとんどの部屋を見せてくれました。

一緒に行った人たちとは、事前に“もう引っ越しの準備をしているんだろうね”なんて話していたら、そんな様子は微塵もなかった。『私がこれと見込んだ方などをお招きして意見交換しているんですよ。菅は最後まで職責を全うしますから、皆様も支えてくださいね』と、精力ギンギンでした」

夫人は一行を案内しながら、公邸での暮らしぶりを開けっぴろげに語った。

公邸の周囲はSPが24時間態勢で固めている。ある招待客が「不自由でしょう?」と同情すると、「庭の散歩をしたりして、結構楽しいんですよ」と夫人。そんな公邸ツアーの途中、招待客がギョッと目をむいたのは、キッチンに無造作に山積みされた缶ビールの段ボール箱だった。

「誰がこんなに飲むんですか」と水を向けると、夫人は声を上げて笑った。

「なかなか外に飲みに行けないでしょう。だから近くの酒屋さんでまとめ買いして、菅と2人で飲むのよ」

酒豪で鳴らす伸子夫人。ビール、焼酎、ワインと何でもござれで、夫が酔い潰れても介抱もせずに飲み続け、喋り続けることで知られる。まだ息子たちが子供だった頃から、その子供を連れて夫婦で新宿ゴールデン街の小さなカウンターバーを“占拠”し、ガンガン飲んでいたという酒豪伝説も、つとに有名だ。

ただ、いくら酒好きとはいえ、「とても1、2か月で飲める量じゃなかった」(前出の参加者)という。

※週刊ポスト2011年7月15日号

---------------------------

首相公邸に20人招待の菅伸子夫人 寝室で首相のブリーフ披露 2011年7月5日 07時00分
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110705/Postseven_24853.html
 バッシングにも耐え、「やめろ!」のプレッシャーもものともしない菅直人首相だが、そんな首相を支えるのが伸子夫人だ。そんな彼女は、有力企業の経営者や官僚OBなどで構成される「親睦会」のメンバー約20人をある日の昼下がり公邸に招いた。

 昼間だったので来客には紅茶やコーヒーが振る舞われたが、茶菓子の消費期限が切れていて皆で大笑いになった。

 キッチンの大きな冷蔵庫の中には果物や野菜がぎっしりと詰まっていたが、バナナは腐りかけていた。参加者は「ここに籠城しているような生活なんだと、ふいに憐れにも感じた」と感想を語る。

 伸子夫人は、一行を夫妻の寝室にも案内した。シングルベッドが2つ、傍らには菅総理のブリーフが干してあった。そして嬉しそうな表情で、

「ここは居心地がいいのよ。出たくないわ」

 そう口にしたのだという。

 夫が退陣表明(6月2日)した後も、伸子夫人はそれを認めていない。毎日新聞の取材に、「これまで首相がいともあっさり、簡単に辞めちゃった方が不思議です」(6月9日付)と答えている。

 菅氏の最後の粘り腰の源泉は、この夫人の権力欲にあるようだ。

※週刊ポスト2011年7月15日号




こんな記事を発見。
一筋縄ではいきませんね、この人。
産経:伸子夫人「玉砕はいいけど…」首相に中央突破を呼びかけ 2011.1.12 20:47
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110112/plc11011220490119-n1.htm
 菅直人首相夫人の伸子さんが12日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で講演し、政権運営が行き詰まっている首相について「混迷の時代から抜け出すためにできることをやって『玉砕』するのはいいが、いじめのような批判をされ、支持率が悪いから辞めるというのはあってほしくない」と、首相に「中央突破」を呼びかけた。

 講演で伸子夫人は「私は叱咤(しった)激励ではなく『叱咤叱咤』が多くて、手加減もしないといけないかなということはございますが…」と会場を笑わせた。民主党の小沢一郎元代表の政治資金問題に関しては「私も菅も政治とカネ問題は私たちの世代でけりを付け、次(の世代)に託さないといけないとの気持ちが強い」と首相と足並みをそろえた。

 ただ、内閣改造・党役員人事については「菅は危機管理に長(た)けていて、私にしゃべるとどこかに漏れるからと、肝心なことは申しません」と口を閉ざし、菅政権の今後についても「一寸先は闇の世界だから(政治は)面白い。予想は立ちません」とかわした。


ZAKZAK:菅“孤独死”仙谷が画策…「中間派」が攻勢、地方の乱も 2011.02.19
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110219/plt1102191507000-n1.htm
(抜粋)
 官邸筋によると首相の精神安定剤になっている伸子夫人は「支持率がマイナスになることはないから、続けなさい」と励ましているといい、これも大きな心の支えだという。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
菅伸子夫人「泣くような人に大臣は務まらない。あなたが泣いたら別れるわよ!」 夫婦で海江田氏批判 2011-08-02
伸子夫人、「なりゆきを決然と生きる」と、したためた紙を残して立ち去った と毎日新聞 2011-07-14
菅グルメ 2011.06.28~2011.06.29 2011-06-30
「犬の遠吠え」と思いながら居座る菅さんの美学…玄侑宗久氏や塩野七生氏の言葉を都合よく解釈しただけ 2011-06-20
菅首相、満面の笑みで「この作戦で行く」「顔見たくないなら法案通せ」 2011-06-17
被災者への寄せ書きに「決然と生きる」と書く菅さんの非常識 住職の言葉を都合のいい方向に解釈 2011-06-11

■カテゴリ:政治-与党(2012.12.25まで)

■関連カテゴリ:東日本大震災(東北太平洋沖地震)  マスコミ

トップページ
by doumin | 2011-06-10 14:00 | 政治‐与党(2012.12.25まで)