人気ブログランキング |
和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
「遺族の弁護受けるな」と市弁護士協会に 国営放送アナは涙 民衆の怒りに共産党衝撃…中国高速鉄道事故
中国の高速鉄道事故、色々すごいですねぇ。
利権構造、システムの問題、人為的ミス、事故後の対応等々、
様々な問題が明るみになってきました。



その中国鉄道、事故前はこんなことを。

サーチナ:中国鉄道省「日本に新幹線技術を提供したい」、高鉄特許批判に反論
2011年7月8日 11時14分
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20110708/Searchina_20110708024.html



「中国の独自開発である」と言い張り、
「逆に日本に技術提供したい」とまで。

このニュースを見たとき、
どうせ、爆発したり不具合が出まくったりするでしょ(笑)って思っていたんですが、
その矢先にあの大事故。
まさかこんなに早いとは。



その後の対応も、いかにも中国らしい。

事故の検証もせずに破壊してさっさと埋めてしまったり、 ※批判が強く、後に掘り返しました(笑)
奇跡の~~ などという話を捏造したり、
早すぎる運転再開、
遺族には賠償金をさっさと提示。 ※50万元(約600万円)→91.5万元(約1100万円)に引き上げ

さらに、遺族の弁護を受けないよう弁護士に圧力まで。

東京新聞:「遺族の弁護受けるな」 司法当局、弁護士協会に 2011年7月28日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011072802000197.html
 【北京=朝田憲祐】中国浙江省温州市の高速鉄道事故で、温州市司法当局が、市弁護士協会に対し「事故の遺族らの弁護を引き受けてはならない」との緊急通達を出していたことが分かった。二十八日付の上海紙・東方早報が伝えた。当局への批判が高まりそうだ。

 通知は二十六日付で出された。今回の事故を「重大で敏感な事件で、社会安定にかかわっており、重要視しなければならない」とした上で、弁護士に対し、独断による遺族らの弁護を禁じた。

 温州市のある弁護士は、同紙に対し「多くの弁護士が事故の死傷者の家族の弁護を無料で引き受けようとしていた。こんな通知を受けては、どうすることもできない」と語った。




遺族を懐柔しようと躍起になっているようですが、
そろそろ苦しくなっているようですねぇ。

読売:遺族の一部、抗議行動の構え崩さず…中国事故(2011年7月29日10時46分)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110729-OYT1T00321.htm
 【温州(中国浙江省)=関泰晴】中国高速鉄道事故で、真相究明や関係者の処分を求める遺族の一部は29日、抗議行動を続ける構えを崩さず、中国当局が抑え込みに躍起となっている。

 当局は遺族と断続的に交渉を行い、懐柔を図る見通しだ。

 ある遺族は29日、読売新聞に対し、「当局との交渉は続いているが、納得できる回答を得られていない」と明かした。交渉は28日夜、犠牲者の出身地ごとに遺族を集めて行われた。このうち、10人以上の犠牲者が出た福建省福州の遺族との交渉では、同省当局の幹部が「仲介役」として出席し、説明に当たる鉄道省担当者に、遺族の要望などを伝えた。

 関係者によると、交渉は深夜にまで及んだが、原因説明や賠償内容などについて遺族は納得しなかったという。




民衆の怒りに衝撃を受けているらしいです。
それも変な話ですけどね。
独裁し続けてきたから、こういうズレた感覚になったり異様な対応になったりするんでしょうけど。

読売:民衆の予想以上の怒りと不信…共産党、強い衝撃(2011年7月29日08時38分)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110729-OYT1T00173.htm
 中国浙江省・温州で23日起こった高速鉄道事故は、慌ただしく地中に埋められた事故車両が再び掘り返されるなど異様な迷走を続け、28日にはついに、温家宝首相が現場で釈明会見を開く事態になった。

 力で民衆を抑え込んできた共産党が、民衆の予想以上の怒りと不信に強い衝撃を受け、じりじりと後退しているかに見える。

 事故現場となった高架下で、68歳の温首相が、最高気温30度を超える炎天下に立っていた。重大事故や災害発生時、現場に急行、慈父的な役割を演じてきた首相は会見で、訪問が事故発生後6日目になったことについて「病気で11日間寝ていた」と弁明した。

 党内序列3位の温首相の健康状態は、中国では国家機密にあたる。首相はそれをあえて口にし、事故原因や事故処理について「社会に多くの疑問を生んだ」と述べた。もはや当局側の過ちを認めるしかない。

 嵐のような非難を生んだ最大の要因は、追突した列車の先頭車両を重機で壊し、地中に埋めた一件だ。インターネットでもビデオ映像が流れたこの行為に世界は驚き、国内では遺族はもとより、民衆も政権の体質をかぎ取り、「証拠隠滅だ」との批判が沸騰した。




インターネットも抑え込んでいるはずですが、それも厳しいようです。

サーチナ:中国政府「それでも、わが高速鉄道は先進的」…ネットで大非難
2011年7月25日 15時33分
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20110725/Searchina_20110725056.html




「日本の新幹線はマグニチュード9.0でも脱線しなかったけど、中国の新幹線は雨で脱線」
と書いているユーザーも。


怖いのは、この話。
TVの前で批判を繰り返してきた遺族が突然出てこなくなり、
「俺は力尽きた・・・これ以上真相究明を求めたら、残された家族も失ってしまいかねない」
と中国版ツイッターに書き込んだそうです。



そしてついに国営放送のアナウンサーが。
泰方さんという女性アナウンサーがニュースを読み上げている最中に突然涙。
中国版ツイッターに「感情を抑えきれなくなった」と、後に書き込んでいたそうです。

TVでた蔵:7月28日放送 16:53 - 17:54 フジテレビ スーパーニュース (ニュース)
http://datazoo.jp/w/%E6%B3%B0%E6%96%B9/7442416
中国の高速鉄道事故で、ニュースを読み上げていた中国国営テレビのアナウンサー・キャスター・リポーターキャスターが突然涙した。

中国の高速鉄道事故で、遺族50人が集結し真相を公表するよう抗議活動を行った。鉄道省は当初事故原因は落雷による設備故障だとしていたが、上海鉄道局が今日信号設備に重大な欠陥があったことを明らかにした。
中国国内のネットには事故を起こした高速鉄道にヘルメットをかぶり乗車する男性の写真なども投稿され、中国国営テレビのアナウンサー・キャスター・リポーターも涙ながらに原因究明を訴えた。教育関係者によると、涙を流しながら強く鉄道省を批判する報道ぶりは極めて異例だという。また、今日には政治家が事故現場を初めて訪れた。
中国インターネット情報センターの調べでは「新浪微博」の利用者が急増しており、ネット上でも政府批判が巻き起こっている。


TVでた蔵:7月29日放送 11:25 - 13:05 テレビ朝日 ワイド!スクランブル
http://datazoo.jp/w/中国/7454804
中国に異変!? 国営TV女子アナ涙の抗議

中国高速鉄道事故についてスタジオトーク。涙ながらに政府に嘆願した国営テレビの女性キャスターは、国内最大検索サイトでは、10大美人アナに選ばれる、影響力のある人と、説明。国民の批判の矛先は鉄道省に向いていると解説。
中国高速鉄道事故についてトーク。中国政府は犠牲者の遺族に対して、賠償金を引き上げや弁護の規制など、アメとムチを使い分けていると、説明。弁護士会への圧力に関する現地メディアの記事抜粋。




あらためて思ったけど、
中国ってほんとにすごい国ですねぇー。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

時事:「深い調査が必要」=高速鉄道事故で中国首相(2011/07/24-20:48)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201107/2011072400228
 【北京時事】中国の温家宝首相は24日、北京を訪れた河野洋平前衆院議長と会談した際、浙江省の高速鉄道事故について「原因究明のためさらに深い調査が必要だ」と述べた。「昨晩は事故対応でほとんど眠っていない」と語り、同席者によると、苦悩に満ちた顔だったという。

d0164331_1240385.jpg 河野氏は自ら会長を務める日本国際貿易促進協会の代表団を率いて訪中。団員がレアアース(希土類)の輸出制限の見直しを求めたのに対して、温首相は「品種を調整して、一部のレアアースの供給を増加しようと思っている」と表明した。
 外国人就労者に社会保障制度への加入を義務付ける社会保険法の施行に関しては「日本の不利にならないようにしたい」と述べ、日本政府と社会保障協定締結に向けた協議を始める考えを示した。


 河野氏は会談の冒頭、立ち上がってあいさつし、温首相が5月に東日本大震災の被災地を訪れたことについて「温首相の自発的、自主的な判断と聞いて感動した。被災者に勇気と力を与えてくれた」と述べ、一礼する場面もあった。




以前から事故は多発していたそうです。

日刊SPA:事故多発!中国高速鉄道に乗った日本人の話
2011年7月29日 11時08分 (2011年7月29日 23時11分 更新)
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20110729/Spa_20110729_00035006.html
(抜粋)
「北京上海路線の開通は、もともとの工期を1年も短縮し、7月1日の結党90周年に無理やり間に合わせたもの。それが、外国の技術の真似では人民に対して格好がつかない。だから国際社会の批判を承知で特許を申請したのでは」




乗りたくないと言う技術者もいましたね。

サーチナ:手抜きだらけの高速鉄道、作った技術者「恐くて乗れない」=中国
2011年6月22日 16時49分
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20110622/Searchina_20110622073.html



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記


中国のネット上の酷い言いがかりを報じるフランス紙って・・・。

サーチナ:中国高速鉄道の追突事故、世界のメディアはどう報じた?(2)
2011年7月29日 15時51分
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20110729/Searchina_20110729054.html
(抜粋)
 一方、フランス紙『Les Echos』は、中国のインターネット上では「日本の新幹線は開通以来、死亡事故を出していないと主張しているが、実は中国と同様の事故が多発し、緊密な管理と職員への口止めの堅さでこれらの欠陥を隠ぺいしている」という説が流れていると報じた。


日刊スポーツ:賠償金引き上げで抗議の遺族に圧力か[2011年7月30日8時16分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp1-20110730-812801.html
 新華社電によると29日、中国浙江省温州市の高速鉄道事故で、死者1人当たりの賠償金が50万元(約600万円)から91万5000元(約1100万円)へ大幅に引き上げられた。この金額は、中国の年間平均賃金の約28倍に当たり、中国での賠償金としては高額。中国中央人民放送によると、遺族の1人は28日、面会した温家宝首相に「当局者は最初、1人17万元と言っていた。金はいらないと答えると『50万元でどうか』と言ってきた。値段交渉されているようだ」と訴えていた。

 賠償額引き上げは、救助活動を早々と打ち切り、事故車両を埋めるなどした当局の対応に不満を高めた遺族らを懐柔する狙いがあるとみられる。この動きに遺族側も揺れ、メディアを通じて当局批判を繰り返していた遺族が突然、「取材は受けない」と宣言したほか、抗議の場に姿を現さなくなった遺族もいる。言論封殺の一環で懐柔と同時に圧力を受けた可能性も指摘されている。社会の安定を最重視する中国政府は、集団抗議行動を厳しく制限。遺族であっても同様とされる。

 またこの日、事故原因を調べている政府調査団の初会議で鉄道省次官が、追突した列車に誤って青信号を発信した温州南駅の信号設備と同型の設備を備える全国の駅に対し、当局が事故翌日の24日早朝に「緊急点検」を指示していたことも分かった。この重大な欠陥が事故直後に把握されていたことを示しており、遺族や国民に情報を伏せていたことになる。鉄道事故の死者は28日夜に男性が死亡したため、計40人になった。


産経:批判書き込みの投稿サイトで規制開始か 2011.8.1 00:23
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110801/chn11080100240000-n1.htm
 中国当局が、高速鉄道事故の鉄道省の対応などを批判する短文投稿サイト、ツイッターの中国版「微博(ウェイボ)」への書き込みに対し、規制を始めたとみられることが7月31日分かった。微博には「作者が削除済み」との記述が増え、規制開始を指摘する書き込みも出ている。

 国民の間での急速な批判拡大を前に中国当局は事故関連の投稿に対する規制を控えてきたが、香港メディアが伝えた報道規制を強化する29日夜の通知と歩調を合わせる形で、投稿への規制に着手したもようだ。

 香港各紙は報道規制について、中国メディアの記者や編集担当のデスクがボツになった記事や通知文を微博で公開したと報じたが、31日夜にはほとんどが消去された。

 中国当局は、民主活動家らの投稿など政府に批判的な書き込みは日ごろから規制している。(共同)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
「日本はプライド保つため中国批判」と韓国メディア 一方、世界普及狙うKTX韓国高速鉄道は事故・故障続出 2011-07-29
対中国ODA、大幅削減見送りへ 2012年度は実質7.6%減の42億5千万円 2011-07-14
尖閣事件の中国人船長が自宅軟禁状態 中国が尖閣40億円で買収計画も 2011-05-24
中国大使館が都心一等地購入…4月下旬、港区南麻布の約5677平方メートルの土地を落札していた 2011-05-16

■カテゴリ:社会

トップページへ
by doumin | 2011-07-29 14:53 | 社会 | Comments(1)
Commented by 名無しの恐竜 at 2011-08-21 17:24 x
お前ら共産党と鉄道省はキチガイで全くウルせーな。国連がこれに気付いたらあっという間に全滅だぜ。

あいつらは保障つきのバカなんだから
名前
URL
画像認証
削除用パスワード