人気ブログランキング |
和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
やっと地元入りの小沢氏「新党結成の噂」、訳有り議員寄せ集めの鈴木宗男氏と民主離党組「政党名変更」
「警備の関係で迷惑をかける」
などと苦しすぎる言い訳で逃げ回り、
1月2日にやっと地元入りした小沢さん。

ZAKZAK:“剛腕”小沢にかげり?地元入りも冷たい反応「何で今ごろ…」 2012.01.04
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120104/plt1201041131001-n1.htm
 民主党の小沢一郎元代表が新年早々、動き出した。東日本大震災以来、10カ月近くも足を踏み入れなかった地元・岩手県の太平洋沿岸を、2、3日にやっと訪問し、政府対応を批判したのだ。ただ、後援会内には「何で今ごろ…」といったシラけたムードも漂い、今年70歳を迎えるためか、小沢氏自身も疲れた様子だったという。

 小沢氏は元旦に東京・深沢の私邸で開く、恒例の新年会を今年は自粛。2日夜、太平洋に面する岩手県北東部の久慈市に入った。

 この日の会合で、小沢氏は「東日本大震災という非常事態の中でも旧態依然の官僚支配が続き、旧来の手法で予算配分が行われている。迅速な解決ができていない」などと政府を批判。

 翌3日には、津波に見舞われた同県宮古市→釜石市→大船渡市→陸前高田市など約220キロを走破し、仮設住宅で被災者との記念写真に応じていたが、これは焦りの裏返しともいえそう。

 自らは陸山会裁判の被告人であるうえ、小沢グループ議員らが離党・新党結成に動いているが、こうした動きは決して、小沢氏が描いたシナリオではないのだ。

 加えて、地元の小沢評も変化している。後援会関係者は夕刊フジの取材に、「県民性か、代議士に面と向かって文句を言う人はいないが、裏では『震災直後の一番大変な時に来ないで、何で今ごろ…。バカにしている』とか、『子分を集めて政府批判ばかりしているが、自分で被災地を助ける政治力はないのか』といった厳しい意見も多い」と明かす。

 さらに、永田町から約400キロ、片道4、5時間はかかる移動のせいか、「代議士も今年5月で70歳。かなり疲れた表情をしていた」(同)ともいう。

 陸山会裁判の判決は4月。そのころ、野田佳彦首相は消費税増税の是非を問うため、衆院解散に打って出ている可能性もある。当選1回の新人議員ばかり抱える小沢氏はどんな立ち位置をしているのか。



>地元入りも冷たい反応「何で今ごろ…」
選挙のため以外にないですしね(笑)。


そんな小沢さんが、

ZAKZAK:小沢“70人新党”結成を決断!最後のカケで野田に引導 2012.01.06
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120106/plt1201061543007-n1.htm
★鈴木哲夫の核心リポート

 民主党の小沢一郎元代表が3月にも70人規模で新党を立ち上げ、財務省主導の消費税増税に突き進む野田佳彦首相に引導を渡す決意を固めたことが分かった。デフレ下での大増税路線が、日本経済に致命的打撃を与えるうえ、マニフェスト放棄が政治不信を増幅させると判断したもようだ。自民党の谷垣禎一総裁も「野田降ろし→政権奪還」に燃えているという。激動する2012年政局。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が核心に迫った。

 「去年12月、小沢さんは『民主党はもうダメだ。新党しかない』と腹をくくった」

 小沢グループの有力議員はこう明かす。4日の「新党きづな」、6日の「新党大地・真民主」の結党会見を受け、求心力が落ちたとの見方もある小沢氏だが、剛腕政治家はすでに次の一手を見据えている。

 注目の戦術は後述するとして、野田首相は5日の経済3団体の新年祝賀パーティーでも「通常国会の冒頭で、野党にご協力をいただきながら結論を出したい」と消費税増税への執着をあらわにした。官邸側近はいう。

 「野田首相も腹を固めている。消費税増税が前に進まないなら、これを争点に解散を仕掛ける。首相は選挙戦で『負けたら政治家を辞める』と訴えるだろう。命を賭けるという小泉郵政解散の再来だ」と語る。

 これに対し、自民党の谷垣氏は受けて立つ構えだ。同党中堅が語る。

 「年始のあいさつに出向くと、ほぼ、すべての支援者から『何をやってる! 解散に追い込め』といわれる。谷垣総裁は解散に追い込めないと、自身が引きずり降ろされる。早い時期に、内閣不信任案を出すしかない」

 観測気球にも聞こえるが、解散が現実味を帯びているのは確かだ。民主党が衆院多数を握るなか、自民党などが提出した不信任案が可決するには、民主党からの賛成、つまり造反が必要だ。

 そのカギを握るのは、小沢グループ。野党提出の不信任案に乗るのかどうかだが、自民党ベテラン議員の興味深い証言がある。

 「昨年6月、菅直人内閣の不信任案決議のとき、小沢氏は谷垣氏と連絡を取り合い、不信任案に賛成する意向を示していた。最後は、腰砕けになったが、小沢氏はずっと、『(谷垣氏に)悪いことをした』と悔いていた。今回、自民党が不信任案を出せば、必ず小沢氏は賛成するはずだ」

 小沢グループは昨年末、「政策研究会」を結成して結束を確認した。参加議員は106人だったが、冒頭のグループ議員は「不信任案賛成、離党、新党へと動くコアな人数は70人前後。昨年の不信任案採決前夜に集まったメンバーで、覚悟ができている」という。

 衆院は480議席で、民主党は現在、約290議席という多数を持っているが、小沢氏ら70人がまとまって野党提出の不信任案に賛成すれば、過半数241議席を割り込み、不信任案は可決される。追い込まれた野田首相は消費税増税を掲げて解散総選挙に打って出る。小沢グループは、新党を作り、大阪市の橋下徹市長率いる「大阪維新の会」などと選挙協力しながら戦うというシナリオだ。

 不信任案提出の時期について、自民党ベテラン議員は「あまり先延ばしにすると、国民の不満は自民党に向きかねない。小沢グループも4月の陸山会裁判の判決が問題。それより前なら、3月あたりだろう」という。

 小沢氏は当初、「新党きづな」などの小政党について消極的だった。1993年、自民党から飛び出した小沢氏らが不信任案に賛成し、自民党を下野させたが、連立8会派による新政権の運営は右往左往し、結局頓挫した反省からだ。

 「小政党が集まって行動する難しさを知っている。やるなら、より大きな塊で動くしかない。ただ、『新党きづな』については、小沢グループの若手らがTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)などで反旗を翻し、後戻りできなくなっていた。彼らを救済するためにも『1つぐらいは別動隊があってもいい』と了承した」(小沢氏周辺)

 どうせ作るならと、小沢氏は側近の松木謙公衆院議員に、公明党(衆院21人)より少なく、共産党(同9人)より1人多い、10人にするようにアドバイスした。

 「10人なら、衆院で野党第3党の存在感を持つ。自民党や公明党と連携を探る拠点ができ、本体が新党を作ったら合流するとの判断だ」(同)

 ところが、「新党きづな」は9人で船出した。参加予定だった松木氏は、鈴木宗男元衆院議員が率いる「新党大地・真民主」に参加した。

 「松木さんは、北海道での自分の選挙を考えれば宗男さんとの連携が第一だった。この新党には、小沢さんの元秘書、石川知裕衆院議員や、問題児の横峯良郎参院議員も参加しているが、どう見ても政策的大義がない。宗男新党のことが明らかになった先月27日、小沢さんは、宗男さんに強く抗議したが、宗男さんは聞き入れず、相当険悪なムードになったらしい」

 盟友関係にあった小沢氏と宗男氏の行き違いは、今後に不安要素を残した。いずれにしても、小沢新党は「政権交代時の原点回帰」を旗にカウントダウンに入った。



この記事が本当なら、(小沢さんが本当に新党を立ち上げるのなら)
次は橋下さんに擦り寄るんでしょうねー。

ZAKZAK(鈴木哲夫さん)は、
小沢さんのことを「豪腕政治家」なんて書いてるけど、
「壊し屋の異名を持ち、肝心要の政策は無茶苦茶で選挙のためだけに動く人」
って言う意味ならそれはそうでしょうけどね。

でも、それも今はどうなんでしょ?
2009年衆院選は奇妙な風が吹いたおかげで、
「小沢ガールズ」「小沢チルドレン」が多数当選しましたが、
「小泉チルドレン」とは意味が全く違って、
小沢さんの場合の「ガールズ」「チルドレン」ってそのまんまの意味。
バ○でも○ホでも何でもいいからとにかく頭数を揃えたところまでは良かったでしょうが、
この人たちの次期を考えたら、目も当てられません(笑)。
小泉チルドレンは多くの人が今も現役議員ですけど、
小沢チルドレンに次はないでしょ。


長い議員生活の小沢さんは、
国民(一部の地域を除き)のために何をしてくれたのか分からないし、
肝心の小沢さんが一体どうしたいのかさえも、さっぱり分からない。
この人がやったことといえば、自身の利益追及と引っ掻き回すことくらい。
政権交代後は酷さに磨きがかかり、
天皇陛下を無理矢理中国人に会わせたり、
自分のところに権限を集めたり、
菅さんの不信任決議案に賛成すると言っておきながら欠席したり、
驚くべきことに被災地入りは一切しなかったばかりか、しばらくの間、表にも出て来ませんでした。
曲がりなりにも与党でしょ、この人。
しかも岩手は地元なのに。

私ならこんな人には絶対に投票しないし、被災者の方々は余計にそう思うのでは?
と思ったんですが、
小沢さんの子分で現職の達増拓也岩手県知事(なんと民主推薦)が、
昨年9月の知事選で圧勝しちゃった(しかも前回より得票率を伸ばして)ので、
これを見ると、小沢さんだけは次も当選するんでしょうけどね。





訳有り議員を無理矢理寄せ集め新党を結成した、
仮釈放中の鈴木宗男さん。
変な政党名から変な政党名に変更(笑)。

道新:鈴木前議員の新党 「新党大地・真民主」に変更(01/06 09:41、01/06 18:32 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/341623.html
 鈴木宗男前衆院議員が結成した新党「大地・真民主党」は5日、党名を「新党大地・真民主」に変更すると総務省に届け出た。代表に鈴木前議員、代表代行兼幹事長に松木謙公衆院議員(道12区)、幹事長代行に浅野貴博衆院議員(比例代表道ブロック)を充てる役員人事も決定した。6日に結党の記者会見を札幌市内で開いて発表する。

 党名変更は新党参加者で協議した結果、鈴木前議員が2005年に結成した地域政党「新党大地」の名称が道内を中心に定着していることなどを考慮して決定した。所属議員は松木、浅野両氏と石川知裕衆院議員(道11区)、横峯良郎(比例代表)、平山誠(同)の両参院議員の5人で変更はなく、平山氏は参院議員会長を務める。

 新党は野田政権の消費税増税路線には反対の立場。党の基本理念と綱領には政権交代の原点に立ち返り、増税の前に国会議員の定数削減や行政の無駄排除に徹底して取り組むことを明記した。

 鈴木前議員は5日、民主党の輿石東幹事長と国会内で会談し「与党の立場でやっていく」と表明、輿石氏は「連携したい」と応じた。


もはやほころびが…鈴木宗男代表『大地・真民主党』 「本籍は民主党」と石川氏 政党交付金狙いの見方も 2011-12-29
http://doumin.exblog.jp/15186387/

鈴木宗男氏仮釈放 「私は生涯政治家」政界復帰に強い意欲 地元「ちょっとおかしい」「今後期待できない」 2011-12-07
http://doumin.exblog.jp/15068220/



松山千春さんが何やらほえてます。
横峯議員の件はバッシングじゃなくて事実。

千春が宗男新党毒舌応援 自身も出馬?[2012年1月7日7時39分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20120107-886133.html
 鈴木宗男元衆院議員(63)が代表を務める「新党大地・真民主」が6日、札幌市で設立会見を開いた。応援で出席した宗男氏の盟友、歌手松山千春(56)が冒頭の5分、あいさつをして「みなさん訳ありな人が多いから、訳あり新党、止まり木新党。記者の皆さん、よくご存じでしょうが」と毒舌全開で、宗男氏を含む6人を紹介した。

 「宗男さんは仮釈放中で、石川くんは裁判で闘っている。松木くんは内閣不信任案に賛成して民主党をクビになった。平山さんは師と仰ぐ人があちこち行き、今は自分がバッジをつけている。横峯さんはさくらパパといわれ参院議員になったが、ゴルフや女のことでバッシングがあった」。横峯氏については「民主党でまともな指導を受けたことがなく、宗男氏のもとで政治を精いっぱいやりたいようだ」と“代弁”。しかし、最後は「議員5人の腹は据わっている」とフォローした。

 さらに解散総選挙が早まるとの見通しが出る中、候補者選びに関連し、自身の出馬の可能性にも言及した。「コンサートで全国を回りながら、こんな人はどうですかと(宗男氏に)アドバイスするが、最終的にいなければ、オレで行こう、となるかもしれない」。

 一方、仮釈放から1カ月で新党を旗揚げした宗男氏は、今後5年間公民権停止で、立候補できない立場での代表就任を「ちゅうちょしたが、鈴木さんで、と(所属議員に)伝えられた」と強調。「新しい政治行動に向けた核が必要。与党の立場で活動する」と述べたが、野田政権が進める消費税増税には反対の考えを示した。同様に反対を表明している民主党の小沢一郎元代表については「1度政治のリーダーとして采配をふるって欲しい」と述べ、連携にも意欲をみせた。


北海道5区補選 松山千春氏は“今回は”出馬せず 国民新党と新党大地は民主新人を推薦 2010-09-02
http://doumin.exblog.jp/11849636/






政党名は最初「きずな」と発表したけど、
「きづな」に変更したと言う、
とことんまでどうでもいいことに心を砕く民主党離党組。

NHK:離党の9人「新党きづな」結成 1月4日 19時56分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120104/t10015053531000.html
民主党に離党届を提出した衆議院議員9人は「新党きづな」を結成し、代表に就任した内山晃元総務政務官は記者会見で、消費税の増税などには反対するとしたうえで、野田政権の他の政策については是々非々で対応していく考えを示しました。

去年の年末に民主党に離党届を提出した小沢元代表や鳩山元総理大臣に近い衆議院議員9人は「新党きづな」を結成したことを、4日、総務大臣に届け出たあと、そろって記者会見しました。この中で、代表に就任した内山元総務政務官は「私たちは、前回の衆議院選挙で民主党が掲げた政権公約を国民に訴えて、多くの人から1票を投じてもらった。この国民との約束を守るため、9人で新党を結党した」と述べました。そのうえで、内山氏は「国民との絆を大切にし、震災復興やデフレ脱却などに全力で取り組みたい。今やることは、消費税の増税や群馬県の八ツ場ダムの建設の継続ではない。野田政権の政策には厳しく是々非々でやっていきたい」と述べました。また、内山氏は幹事長に渡辺浩一郎氏、政務調査会長に斎藤恭紀氏、国会対策委員長に豊田潤多郎氏をそれぞれ起用することを明らかにしました。一方、内山氏は、党の名称を当初の「新党きずな」から「新党きづな」に変更したことについて、「絆の語源に綱が関係しており、目に見えない結びつきを大事にする意味を込めた」と述べました。




あちこちで連携するとかしないとかごちゃごちゃ言ってますが、
数日単位でコロコロ変わるので、最終的にはどうなることか。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■カテゴリ:政治-野党

トップページ
by doumin | 2012-01-07 17:07 | 政治‐野党(2012.12.25まで) | Comments(1)
Commented at 2012-01-07 17:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード