和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
造反は約70名(反対57、棄権・欠席10以上)消費税増税法案 壊し屋小沢には最初で最後の国民へのご奉公を望む
FNN:消費税増税法案、衆院本会議で可決 民主・小沢氏ら57人が反対票(06/26 15:59)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00226195.html
国会は26日午後、衆議院本会議で消費税増税法案が可決された。採決では、民主党の大部分と自民・公明両党などが賛成に回ったが、民主党の小沢元代表ら57人が反対票を投じたほか、棄権・欠席も10人以上にのぼった。
午後1時からの本会議では、社会保障と税一体改革の関連8法案の採決が順次行われた。
それぞれ賛成多数で可決されていったが、民主党からは、小沢グループの議員らが反対票を投じ、社会保障改革推進法案では、45人が反対に回った。
また、午後3時すぎから始まった消費税増税法案の採決では、賛成363票、反対96票で可決されたが、鳩山元首相らも反対票を投じ、57人が反対に回ったのに加え、10人以上が棄権・欠席し、民主党内の「造反」は、およそ70人にのぼった。
今後、造反議員に対する民主党執行部の処分に加え、離党・新党結成の方向で調整している小沢グループの動きなどが焦点となる。




棄権した議員は一番卑劣だと思うけど、
反対の青票を投じた議員も、まぁどっこいどっこいですね。
『三党合意』というものを理解できているのか以前に、
『党』の意味を理解しているのかすら疑わしい。

小沢さんの腰巾着の皆さんは昨日あたりからテレビに出て、
「国民の皆様の生活がどうした」
とか、
「民主党が掲げた公約と違う」
とか、
「政権交代を果たした意味がなくなる」
などと、
任期はもう半分以上過ぎているという事実を無視して意味不明なことをグダグダダラダラ述べているけど、
自分の椅子の心配はもうその辺にしといたら?
どうせ次はないのは自分でも感じているでしょうに。
有権者をバカにしたい(そんな文句に今更騙される有権者がいるとでも思っている)のなら別だけど。


さて。
壊し屋いっちゃん(笑)は今後どうするんでしょうね。
個人的には、小沢さんには頑張ってほしい。
民主党を奪還する方向ではなく、離党の方向で。

何故かと言うと。

政権交代して良かったこと、実行できたことなどは全く思いつかないばかりか、
国益を損なうことしかしない民主党には消滅してほしいからです。

だから、ここで小沢さんには頑張ってもらいたい。

そして共倒れしてほしい。

自分自身の利権と選挙だけを長年追及してきた小沢一郎議員が、
「国民の生活が第一。」
と騙った責任をせめて最後に取ってから、民主党と共に散ってほしい。

もしそうなったとすれば、
これが小沢さんにとって最初で最後の、
国民に対する本当の意味での“ご奉公”となるでしょうね。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

73人の造反議員名一覧です。
内訳は、反対57、棄権13、欠席3。
ただし羽田さんは“体調不良”により欠席らしいけど。

読売:反対・棄権・欠席した民主党衆院議員の顔ぶれ(2012年6月27日07時26分)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120626-OYT1T01155.htm
 消費税法改正案の採決で反対、棄権、欠席した民主党衆院議員は次の通り。(カッコ内は選挙区。※は小沢一郎元代表グループ以外の議員。敬称略)


 ▼反対

 【当選14回】

 小沢一郎(岩手4)

 【当選8回】

 鳩山由紀夫※(北海道9)

 【当選5回】

 東祥三(東京15)

 川内博史※(鹿児島1)

 小林興起※(比例東京)

 山岡賢次(栃木4)

 山田正彦(長崎3)

 【当選4回】

 牧義夫(愛知4)

 松野頼久※(熊本1)

 【当選3回】

 小泉俊明※(茨城3)

 小宮山泰子(埼玉7)

 鈴木克昌(愛知14)

 中津川博郷(比例東京)

 樋高 剛(神奈川18)

 【当選2回】

 青木愛(東京12)

 太田和美(福島2)

 岡島一正(千葉3)

 古賀敬章(福岡4)

 階猛(岩手1)

 辻恵(大阪17)

 中川治※(大阪18)

 松崎哲久(埼玉10)

 横山北斗(青森1)

 【当選1回】

 相原史乃(比例南関東)

 石井章(比例北関東)

 石原洋三郎(福島1)

 石山敬貴※(宮城4)

 大谷啓(大阪15)

 大山昌宏(比例東海)

 岡本英子(神奈川3)

 笠原多見子(比例東海)

 加藤学※(長野5)

 金子健一(比例南関東)

 川島智太郎(比例東京)

 菊池長右ェ門(比例東北)

 木村剛司(東京14)

 京野公子(秋田3)

 熊谷貞俊(比例近畿)

 熊田篤嗣※(大阪1)

 黒田雄(千葉2)

 菅川洋(比例中国)

 瑞慶覧長敏(沖縄4)

 平智之※(京都1)

 高松和夫(比例東北)

 橘秀徳(神奈川13)

 玉城デニー(沖縄3)

 中野渡詔子(比例東北)

 萩原仁(大阪2)

 橋本勉※(比例東海)

 畑浩治(岩手2)

 初鹿明博※(東京16)

 福嶋健一郎(熊本2)

 福島伸享※(茨城1)

 福田衣里子※(長崎2)

 水野智彦(比例南関東)

 三宅雪子(比例北関東)

 村上史好(大阪6)


 ▼棄権

 【当選6回】

 小沢鋭仁※(山梨1)

 【当選5回】

 原口一博※(佐賀1)

 【当選4回】

 黄川田徹(岩手3)

 【当選3回】

 篠原孝※(長野1)

 村井宗明※(富山1)

 【当選2回】

 橋本清仁(宮城3)

 福田昭夫(栃木2)

 【当選1回】

 石森久嗣(栃木1)

 空本誠喜※(広島4)

 玉置公良※(比例近畿)

 宮崎岳志※(群馬1)

 柳田和己(比例北関東)

 山岡達丸※(比例北海道)


 ▼欠席

 【当選14回】

 羽田孜※(長野3)

 【当選2回】

 石関貴史(群馬2)

 梶原康弘※(兵庫5)


ZAKZAK:民主“造反議員”が増えたホントの理由…“大甘処分”見透かされる 2012.06.26
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/photos/20120626/plt1206261136006-p2.htm
民主党の造反議員への処分例

・2001年11月 テロ対策特別措置法に基づく自衛隊派遣承認案件
 反対した横路孝弘衆院議員を党役職停止3ヶ月

・2008年05月 道路整備費財源特例法改正案
 賛成した渡辺秀央参院議員、大江康弘参院議員を党員資格停止3ヶ月

・2011年03月 11年度予算案
 欠席した渡辺浩一郎衆院議員を党員資格停止6ヶ月、同調した議員15人を厳重注意

・2011年06月 菅内閣不信任案
 賛成した横粂勝仁衆院議員と松木謙公衆院議員を除籍(除名)、欠席・棄権した小沢一郎元代表ら8人を党員資格停止3ヶ月など

・2011年12月 ヨルダンなど4か国との原子力協定
 棄権した岡崎トミ子参院議員らに党役職の辞任要求



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

週刊文春:小沢一郎夫人が支援者に「離婚しました」
「愛人」「隠し子」も綴られた便箋11枚の衝撃 2012.06.13 18:03
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1442
民主党の小沢一郎元代表(70)の和子夫人(67)が、昨年11月に地元・岩手県の複数の支援者に、「離婚しました」という内容を綴った手紙を送っていたことがわかった。

 便箋11枚にも及ぶ長い手紙の中で、和子夫人は、昨年3月の東日本大震災後の小沢元代表の言動について触れ、「このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先に立ち上がらなければならない筈ですが、実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げだした小沢を見て、岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました」と書いている。

 手紙では、小沢元代表の愛人や隠し子の存在についても触れている。8年前に隠し子の存在がわかったとき、小沢元代表は和子夫人に謝るどころか、「いつでも離婚してやる」と言い放ち、和子夫人は一時は自殺まで考えたとも記している。

 そして、このように綴っている。

「それでも離婚しなかったのは、小沢が政治家としていざという時には、郷里と日本の為に役立つかもしれないのに、私が水を差すようなことをしていいのかという思いがあり、私自身が我慢すればと、ずっと耐えてきました。

 ところが3月11日、大震災の後、小沢の行動を見て岩手、国の為になるどころか害になることがはっきりわかりました」

「国民の生命を守る筈の国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げるというのです。何十年もお世話になっている地元を見捨てて逃げるというのです」

 こうした大震災後の小沢元代表の言動がきっかけとなり、和子夫人は昨年7月に家を出て別居を始めたという。その後も現在まで別居は続いているが、小沢事務所は「離婚の事実はない」としている。

 和子夫人はこうも綴っている。

「かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています」

 現在、消費税増税法案の採決をめぐって、小沢元代表は造反をちらつかせて野田政権を揺さぶっているが、和子夫人の手紙はそうした政治情勢にも大きな影響を与えそうだ。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
小沢氏ら52人(衆院40人、参院12人)離党届提出 2012-07-02
書いてないことを命がけで実行する野田総理、地元で「嘘つき」「ペテン師」と罵声を浴びバカ扱いされる 2012-06-26
小沢元代表裁判 控訴を決定 2012-05-09
無罪と無実は違うでしょ(笑) 小沢一郎元代表に無罪判決 2012-04-26
やっと地元入りの小沢氏「新党結成の噂」、訳有り議員寄せ集めの鈴木宗男氏と民主離党組「政党名変更」 2012-01-07
菅氏、小沢氏 札幌での演説会に行って来ました(2010.9.9)

■カテゴリ:政治-与党

トップページ
[PR]
by doumin | 2012-06-26 16:16 | 政治‐与党(2012.12.25まで) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード