和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
朝鮮半島出身者の遺骨発掘調査…芦別市 “連れてこられ”“従事させられ”“虐待などで死亡の証言”とNHK
「強制連行」とテレビでは言っていたような気がするんですが・・・違ったかな。

NHK北海道:朝鮮半島出身者の遺骨発掘調査
08月24日 18時39分
http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20120824/4477821_
20120824183932_e69c9de9aeaee58d8ae5b3b6e587bae8
baabe88085e381aee981bae9aaa8e799bae68e98e8aabfe69fbb.html

空知の芦別市で、太平洋戦争中に炭鉱労働に従事させられて死亡した朝鮮半島出身者のうち、記録が残されていない人たちの状況を調べようと、遺骨の発掘作業が24日から始まりました。
調査を始めたのは、寺院の僧侶などで作る仏教会や、朝鮮半島出身者や中国人の遺骨の発掘などを行っている団体です。
団体によりますと、芦別市にあった炭鉱では、太平洋戦争中に朝鮮半島から連れてこられた、およそ1900人が炭鉱労働に従事させられ、このうち、一部の人の記録が残ってなく、虐待などを受けて死亡し、市内の河川敷に埋められたという証言も寄せられています。このため、遺骨の発掘調査を行うことにしたもので、団体のメンバーのほか、日本や韓国の大学生など、あわせて100人が参加し、測量のほか、土を掘り返す作業を始めました。
遺骨が見つかった場合は、韓国の大学で詳しい鑑定などを行うということです。
東京の大学生の小坂直生さんは「日韓の外交とは関係なく、仲良く作業でき、良かった」と話し、韓国の大学生のムン・ヒさんは「両国には、いろいろ問題があるが、過去のことを明らかにすることで、未来を向くことができる」と話していました。
実行委員会の梅田正孝さんは「人知れず、弔われた人がいるのなら、明らかにしていくのが、われわれの使命だ」と話していました。
現地での調査は26日まで行われ、最終日は追悼の会と報告会が予定されています。



この、寄せられた“証言”というのは、
一体誰の証言?
記録が残っていないのを良いことに、
虐待だの何だのと、どうとでもでも言えるでしょ。
“従軍”慰安婦みたいに捏造の可能性が高いのでは?としか思えない。
韓国人の言うことは一切信用できない。



NHKも気持ち悪い。
韓国擁護が酷い。

>「日韓の外交とは関係なく、仲良く作業でき、良かった」
という部分をわざわざ使う意味は?
お得意の「民間では交流が続いている」などの印象操作かな?

数日前のニュースも酷かった。
尖閣と竹島の問題を同時に報じ、
<日本人が感じる親近感 中国><日本人が感じる親近感 韓国>
というグラフを並べ、
「中国は2010年の尖閣事件から急激に下がっているが、韓国は上がっている」
などと、わざわざ中国を引き合いに出してまで、
李明博による陛下への謝罪要求&竹島上陸の前までの調査結果を使う気持ち悪さ。

夜9時のニュースも酷い。
なんとトップニュースで韓国の歌手の話、
ろくに調査もしていないのに「ハングルメールが流行」などと言い出す。

ドキュメンタリーなどでは、事実の歪曲・捏造・印象操作。
 ※特に戦争に関するドキュメンタリーが酷いです。
 ※出演した人たちから訴えられ、現在係争中。
 ※出演予定だった漫画家に「誘導尋問で答えを引き出すやり方だった」と暴露され出演を断られることも。

あと、オリンピック選手に「外国人選手からデートに誘われましたか?」などのくだらない質問、
朝からバカな内容の変な情報番組など・・・。

多額の税金を貰い、受信料まで徴収している局とは思えない酷さ。
NHKは民営化すべき。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

道新:朝鮮労働者の遺骨調査 芦別で初 市民団体など70人
(08/25 09:57)※2012年
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/398953.html
 【芦別】市民団体「強制連行・強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム」(札幌)と芦別市民が行う、朝鮮人労働者の遺骨発掘調査が24日から3日間の日程で、芦別市内で始まった。団体のメンバーのほか日韓の学生ら約70人が参加し、丁寧に土を掘り起こした。

 同フォーラムはこれまで4回、宗谷管内猿払村などで調査を行っている。芦別市では、戦時中に旧炭鉱の朝鮮人労働者宿舎計8棟があり、このうち2棟に収容されていた労働者の死亡記録がなかった。芦別郷土史研究会による旧鉱山会社員への聞き取り調査で、朝鮮人労働者の遺体が宿舎近くに埋められたとの証言があり、今回初めて芦別市で発掘調査することになった。

 24日は、芦別川沿いにある約600平方メートルの調査地を半日かけて掘り起こした。遺骨は発見されなかったが、韓国から参加した大学生の洪里奈さん(24)は「日韓の人が“歴史の闇”を掘る作業を通し、平和を築く関係をつくりたい」と話した。調査は26日まで。


毎日:朝鮮人遺骨:芦別・炭鉱労働、「闇埋葬」解明へ 市民ら110人、証言基に発掘調査 /北海道
8月25日(土)10時54分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120825-00000020-mailo-hok
 芦別市西芦別町で24日、戦中に炭鉱労働に従事した朝鮮人の遺骨の発掘調査が始まった。一部がひそかに埋葬されていたという証言を基に、市民有志や韓国人学生ら約110人が26日まで現地で調査し、過酷な労働実態を明らかにしたい考えだ。
 きっかけになったのは、旧三井鉱山芦別鉱業所の職員だった男性からの伝聞による証言。同市の「星の降る里百年記念館」の長谷山隆博館長(52)が05年11月に元職員から「1950年ごろ、空き地で焼香していた同僚から『戦時中、寮で虐待を受けて死んだ朝鮮人や、食糧として殺された馬が埋葬されている』と聞いた」との話を得たという。
 現場は当時、同市西芦別町の大曲地区にあった炭鉱住宅で、戦時中には朝鮮人約1600人が収容されていた寮8棟があった。当時の会社の手続きによると、坑内労働や病気で死者が出た場合、遺骨は地元の寺院に保管されることになっていたが、朝鮮人宿舎の「第七寮」と「第八寮」の記録が不明で、「日本人寮長の独断で河川敷に闇埋葬されたのではないか」との指摘が出ている。
 今回調査するのは、43年に建てられた「第八寮」跡の近くの河川敷約620平方メートル。発掘は前日までに地表を覆っていた草木を取り払って、表土を重機で除去。くわやスコップで土を少しずつ削るようにして始められた。初日は遺骨は見つけられなかったが、何かを埋め戻したような跡があり、25日も発掘を続ける。
 市民団体「強制連行・強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム」(札幌市)の殿平善彦・共同代表(66)は「強制連行された中国人、朝鮮人は過酷な重労働に従事させられたが、死者数は明らかになっていない。遺骨は物ではなく、魂であり、心そのものだ」と指摘。長谷山館長は「遺骨が見つかっても国籍や個人を特定するのは極めて困難だが、歴史の一端を明らかにし、過酷な運命をたどった人々への供養と、祖国への返還の端緒を開くことを期待したい」と話している。【西端栄一郎、鈴木勝一】

8月25日朝刊



NHKニュースでは、
虐待は寮でのこととは報じていないし、
また、伝聞の伝聞とも報じてないし、

>太平洋戦争中に朝鮮半島から連れてこられた、およそ1900人が炭鉱労働に従事させられ、
>このうち、一部の人の記録が残ってなく、虐待などを受けて死亡し、
>市内の河川敷に埋められたという証言も寄せられています。
>(中略)
>韓国の大学生のムン・ヒさんは「過去のことを明らかにすることで」

「連れてこられ」「従事させられ」「虐待」「証言」「過去のことを明らかに」
こう聞くと、まるで日本人が朝鮮人を虐待したかのような印象。
あのニュースを見ていた視聴者の多くも同じように受けとめたでしょうね。

朝鮮人労働者の寮でのことなんだから、
単に朝鮮人同士の揉め事じゃないのかと思いますが。
わざわざ日本人が、朝鮮人がたくさん寝泊りしている寮に行って虐待って考えられないし、
意味も分からない。



NHKは何故か団体名を報じていませんでしたが、
伝聞の伝聞でここまでやるのはすごい。
ある意図をもつ団体のパフォーマンス?

この団体の遺骨発掘調査には、
あのとんでもない民主党議員、小林千代美前衆議院議員が何度も参加してましたねぇ。
北教組事件で辞職を要求されても逃げ回り、一時は行方不明に。
ろくに仕事もせずにお給料を貰い続け、
そして夏のボーナスもしっかりとgetしてから辞めた、あの小林さんです。




北海道の公営施設内の展示物、とくに歴史に関する説明などを読むと、
朝鮮人に対するどうこうっていう書き方が多いです。

北海道は色々な意味で特殊な地域だし、
これらの説明がどこまで本当なのかは分かりません。

伝聞の伝聞による証言者は「星の降る里百年記念館」の長谷山隆博館長(52)とのことですが、
ここも公営施設。

ま、“北海道の特殊な地域性”と関係があるのかどうかは分かりませんけどね。





で、人骨らしいものは結局見つからなかったそうです。

朝日:強制労働 遺骨発掘2日目 住民ら参加
2012年08月26日
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001208270009

芦別川の河川敷を地中深く掘り進める参加者たち=芦別市

■強制労働犠牲者の遺骨発掘2日目
■住民ら参加、170人作業

 芦別市の旧三井芦別炭鉱に戦時中に強制連行された朝鮮人の遺骨の発掘調査が25日、芦別川河川敷で前日に引き続いてあった。日韓の学生のほか、約30人の地元住民も参加し、総勢約170人が作業にあたったが、この日も遺骨は見つからなかった。調査は26日が最終日。

 地元から参加した元小学校長の須藤栄松さん(81)は戦時中、同炭鉱に近い自宅を訪ねてきた朝鮮人労働者と食事をともにしたこともあったという。「強制労働の過去は情けない話。なんとか骨を見つけて故郷に届けたい」と話す。

 赤平市の泉真澄さん(40)は「作業を見せたい」と小学校2年生の娘を連れて参加。「死んでいった朝鮮の人たちの魂がさまよっていると思った。日本人の責任として手伝いたかった」と話した。
 (平塚学)

   ◇

■かつて焼香に同行「事実伝えたかった」
■「埋葬」証言した炭鉱元社員語る

 今回の調査は旧三井芦別炭鉱の元社員が地元の郷土史家に対し、埋葬に関する証言をしたことがきっかけで実現した。元社員は朝日新聞の取材に「事実を伝えたかった」と語る。

 元社員は2005年ごろ、朝鮮人の同僚から聞いた記憶を郷土史家に伝えた。元社員は取材に対し、戦後に同炭鉱に就職して人事を担当する労務課に勤務し、同僚から「河川敷に朝鮮人が埋められた」と聞いた。この同僚は相当な数のろうそくと線香を手に、しばしば河川敷を焼香して回り、元社員も何度か同行したという。

 同僚はかつて同炭鉱で朝鮮人労働者のまとめ役をしていた。元社員は「同胞からは日本人の手先と見られたこともあっただろう。もう亡くなったが、立派な人だった」と振り返る。


毎日:朝鮮人遺骨調査終了 大きな手掛かりなく
2012年08月26日21時54分
http://mainichi.jp/area/hokkaido/news/20120826hog00m010002000c.html
http://megalodon.jp/2012-0828-1346-57/mainichi.jp/area/hokkaido/news/20120826hog00m010002000c.html


昔の写真を示しながら調査状況を説明する長谷山隆博館長(中央)=芦別市の「秀岳寺」で2012年8月26日午後4時50分、西端栄一郎撮影
http://megalodon.jp/2012-0828-1349-52/mainichi.jp/graph/2012/08/26/20120826hog00m010002000c/001.html




この人が帰国した後、日本のことを何と言うのかは想像に難くない。

毎日:芦別の炭鉱労働者遺骨、発掘調査が終了 「人骨であって」−−苫小牧駒沢大の留学生・崔さん /北海道
2012年08月27日 地方版
http://mainichi.jp/area/hokkaido/news/20120827ddlk01040099000c.html
http://megalodon.jp/2012-0828-1405-29/mainichi.jp/area/hokkaido/news/20120827ddlk01040099000c.html
 遺骨発掘調査に参加した韓国・翰林(ハンリム)大学4年生で苫小牧駒沢大に交換留学中の崔乗凡(チェスンボム)さん(26)に感想を聞いた。【聞き手・鈴木勝一】

 調査に参加したのは、北海道に強制連行された人たちのことを知り、日本人と交流を深めたかったからです。

 現場の近くで朝鮮人たちが暮らしていた寮の跡の土台を見ました。多くの朝鮮人が過酷な環境で暮らしていたかと思うと胸が痛みました。調査の結果、骨が出てきましたが、人間の骨であってほしいと願います。

 今、日韓関係がぎくしゃくしていますが、互いの悪いことをクローズアップする報道ばかり目に付きます。韓国人も日本人も一対一の人間同士で付き合えば優しい人間です。

 発掘調査は明るい雰囲気で、国籍も人種も関係ありませんでした。歴史と向き合う地道な作業ですが、日本でこういう調査が行われたことを韓国で友達に話していきたい。(談)




よど号犯の森の父親は北朝鮮人(黄海南道出身)のようですが、
上記の報道が事実だとしたら、
そんなところに弟を来させようとするでしょうか?

「語るに落ちた」というフレーズが、個人的には浮かびますね。

よど号犯妻 森順子の手記
2013年12月27日
http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/35197522.html
父が15歳のとき北海道の炭坑で働く兄を頼り、平安南道の南浦(ナムポ)という港から日本に渡ったことを知りました。




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
戦時徴用で日本に渡航した朝鮮人、残っていたのはわずか245人 2010-03-11
猿払村で、強制連行強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム,曹洞宗,日韓の大学等が朝鮮半島出身者遺骨調査 2010-05-08
この市民団体の意図は 2010-07-03
頭のおかしな札幌市議会、地方自治法第99条に基づき「日韓請求権協定協議に応じよ」という意見書を可決 2012-04-01
精神疾患としか思えない韓国人の異常行動 李明博、サッカー協会、韓国世論 2012-08-16
ドイツ人「南京大虐殺等の否定で多くのアジア人が日本に嫌悪感をもつのは当然」…頭が痛い中韓のロビー活動 2012-08-18
民主主義国家とは思えない韓国の異常性…まるで北朝鮮 異様な韓国政府、マスコミ、芸能人、大学教授など 2012-08-22
市民団体らが美瑛で朝鮮人遺骨調査 8月に共同発掘調査を計画/台湾と韓国の違い 2013-06-07


「復興予算横流し」と報道したNHKの二枚舌 不祥事と腐敗と偏向報道のデパートNHK、平均年収は1780万円 2012-11-10
NHK、ウォン高を心配し、どうでもいい韓国ミュージカルをニュースにし、教養番組でまで朝鮮ごり押し 2013-01-13
NHKが国際放送強化…諮問委員会で「ベトナムの子供が『韓国が一番好き』と答えた」「ブータンの少女も…」 2013-01-24
民放の30倍以上の不祥事を叩き出すNHK、公式アカウントで非常識なツイート→意味不明な言い訳で火に油 2013-02-21
NHKが韓国大統領就任式を約1時間半にわたり生中継 2013-02-25
法治国家とは言えない韓国、韓国政府・韓国メディア・芸能人・著名人・国民と同様に、司法もやりたい放題 2013-08-09
NHK「サハリンに連行された韓国人・朝鮮人は戦後置き去りにされた」 BS1の国際放送2015で 2015-03-06

■カテゴリ:歴史

■関連カテゴリ:マスコミ

トップページ
[PR]
by doumin | 2012-08-24 23:50 | 歴史 | Comments(18)
Commented by marimoni33 at 2012-08-27 16:47
私も録画して観ました!偏向報道もいいとこでしたねぇ。
たぶんその当時は朝鮮人であろうが日本人であろうが仕事熱心じゃない人間やサボり癖がある人間はは叩かれたりしたと思うんですがねぇ、私は。 まるで朝鮮人だから虐待されたというような報道でしたが…。私は見てて本当に腹が立ちましたよ!
Commented by doumin at 2012-08-30 16:46
あのNHKニュース、酷かったですねー。
一体どう思わせたいの?と。
道新とかもそうだけど、ほんとに気持ち悪い。

たしかに炭鉱での労働は過酷なものだっただろうと思うし、
今私たちが使っている道路やトンネルなども、
大変な工事のおかげなんだと感謝もしています。
でもそれは、日本人とか朝鮮人とかではないですよね。
なのに、
「朝鮮人だけが差別されていた」
「日本人に虐待された」
って印象にしたくてたまらないのが透けて見えます。

歴史関連の施設で、
もっとストレートに書いているものを大昔に見たことがあります。
札幌市の、ある慰霊碑に書かれている説明文も、
良からぬ意図が透けて見える内容でしたね・・・。

北海道はこういうのがとても多そうで頭が痛いです・・・。
http://doumin.exblog.jp/11141303/
http://doumin.exblog.jp/11457870/
Commented by gakusei at 2012-09-26 23:31 x
初めまして。私は北海道の大学で、北海道で行われていた強制労働について調査している学生です。


今回の芦別での発掘調査についての報道等については確かに疑問を呈する部分があります。それは強制労働に従事され無念の思いで亡くなった人達は朝鮮人だけでなく、日本人や中国人、戦時中捕虜にされた連合国軍の兵士もいたにも関わらず、その部分に触れていないということです。それは今回の発掘が朝鮮人との交流を主とした目的で行われたという事もあるでしょうが。
(すみません続きます)
Commented by gakusei at 2012-09-26 23:35 x
しかし実際にそのようなことが(朝鮮人を強制労働に従事させていたこと)あったのは、北海道で大規模な開拓事業を行っていた王子製紙や三菱等の社紙にも記録されており、戦後の連合国軍の調査でも明らかになっています。
そしてそれら北海道の負の歴史というものを隠蔽してきたという事実もあります(最近ようやく国や道も調査に乗り出してきました)。

したがって今回のような発掘調査自体が間違っているとは思いません。ただ強制労働に従事されてきた人は朝鮮人だけでないことをマスメディアが真摯に報道することに期待したいのですが、それも難しい問題ですね。
Commented by doumin at 2012-10-01 16:45
gakuseiさま、はじめまして。
コメントありがとうございます。
また、詳しく書いてくださってありがとうございました。


まず・・・あくまでも私感ですが・・・結論から言うと、
『朝鮮人“だけ”が声高に叫ぶ』
ここに答えがあるのではないかと私は思います。
“従軍”慰安婦と同じ構図ではないかと。

“強制”労働と言う表現には疑問があります。
強制の定義として、『高い対価を得ていても自分の意思に反していれば強制労働』と言うのかどうか。
また、連合国軍の兵士なら分かりますが、日本が統治し日本人となっていた人々には当てはまらないのでは?(白人が有色人種にやってきた植民地支配と、日本による統治には、大きな違いがあると私は考えています)
さらに、出稼ぎで来た人もいますし、炭鉱などのような過酷な労働に従事していた人たちには非常に高いお給料が支払われていたという事実もあります。
強制連行・従軍慰安婦という表現は、一部を除き、徐々に使われなくなってきているようには感じますが、“強制”はその「一部」が使いたいワードの一つにも見えます。

(続きます)
Commented by doumin at 2012-10-01 16:45
(続きです)

ただ、戦時中とは言え大変な労働であったことは確かでしょうし、亡くなられた方々のご遺骨が本当にあるならば、発掘調査は非常に重要なことであり、ご遺族の元に戻してあげたいとも思います。
「家族の遺骨を発掘して埋葬したい」と“純粋に”願っている人々に、出身国は全く関係ありませんしね。

気になるのは、
朝日新聞社・高木弁護士・福島みずほ弁護士らが従軍慰安婦をつくりあげた目的と同じように、
この件にもそういう目的が見え隠れすることと、
gakuseiさまも仰っている、疑問を感じる報道。
朝鮮人だけをクローズアップするのは発掘調査に限ったことではなく物凄く多いです。
報道倫理を遵守することを強く望みますが、たしかに難しそうですね・・・。


では、またぜひお越しください。
私の認識不足な点も多々あるかと思いますし、
gakuseiさまのように調査に参加されている方など、私とは違った側からのお話は勉強になります。
コメントの文字数制限が厳しくて、お手間をとらせてしまってすみませんでした(^-^;
面倒でなければ、また書き込みしてくださいね。
Commented by 元芦別市民 at 2014-05-22 04:56 x
こんな発掘調査が地元で行われていたとは知りませんでした。
正直驚きました。

私は昭和50年代前半産まれの、いわゆるファミコン世代ですが、
「朝鮮人が炭鉱鉄道橋の人柱にされた。」
と、大人に聞かされたことを今でも覚えています。

人柱は「タカネ」という場所に今でも現存しているはずです。
私の母方の一族が、そこの出身です。

地元では幽霊スポットとされている場所です。
廃坑後に町自体が人口減少により自然消滅しており、現在は奥深い茂みの中に建物基礎を残すのみとなっています。
ヒグマ出没地域で、市中心部からも遠く、地元民も滅多に立ち入ることのない寂しい場所です。

私が子供の頃は夏になると、わけもわからず、よく法事で何もない山の中に集まる慰霊蔡に参加していました。
場の雰囲気を察するに、私の祖父母世代で炭鉱の労働で亡くなって行ったかつてのご近所さんたちに向ける慰霊式だと思います。
記憶が定かではありませんが、山中に大きな慰霊碑もあったような。
そこには名前なども刻まれてあったかもしれません。
また、外国人などの無縁仏の供養が含まれていたのかもしれませんが、詳しくは地元の寺に聞いてみないと分からないです。
↓↓↓
Commented by 元芦別市民 at 2014-05-22 05:00 x
↓↓↓
この記事を読んで思い出したのですが、
数年前、私の祖母が無くなり、その通夜で親戚が集まって昔話をしていたので、酔っていた私は父にこの人柱の話を聞いたことがありました。

父は元々の地元でもないし、戦後まもなくの産まれなので、信ぴょう性は測りかねますが、この地域では朝鮮人労働者に対しての差別が酷かったことは事実の様です。
現に身分を隠し生活している、いわゆる「在日」も少なくないと聞いています。父の親友の中にもいますし、私もそのおじさんを小さいころから知っています。そのおじさんが在日とは、その日の父の話で知りました。

いわゆる炭鉱町ですから…
戦後、一攫千金目指して移住してきた輩ばかりで気も荒いでしょうし、山奥の田舎で労働者が寄せ集められてできた町ですから、排他的なのは今思っても想像に難くないです。
知り合いを3人辿ると、眼の前の相手にいきつく位の狭い世界。
相手が言葉もわからない朝鮮人の集団ともあれば、当然いろいろなことがあったでしょう…。

三国人とかバカにしてたのは、親の世代までは当たり前だったようですから。

↓↓↓
Commented by 元芦別市民 at 2014-05-22 05:01 x
補足ですが…
北海道は、古くはアイヌ民族。その後の函館松前藩の開拓移民を祖とする人たち、昭和期の関東・東北からの移民が多いため、あまりお互いのルーツを深掘りしない傾向にあります。
親の世代もあまり語らないですし。

今思えば、同級生にも先住民アイヌの面影ある縄文系の人もちらほらいましたし、たぶんいわゆる出部落や在日もいたと思います。
でも、我々の世代では誰一人として気にするひとはいませんでした。
もともと移民ばかりですし。蝦夷地で日本地図にも無かったですし。

ネットの普及で、差別用語や様々な主張が氾濫していますが、自分たちの世代の話でもない過去の問題にこだわるのは、個人的にどうかと思います。


昔にはそんなこともあったんじゃない?イヤ知らんけど。
どこでも掘り返して調査すればいいし、何かが出てきても今さらどうこう争わず、皆で苦しみを痛んで手を合わすだけ。
日本人も、アメリカ人も、中国人も、朝鮮人も。
アイヌも、倭人も、部落民も…
戦争はもう終結してるんだし。すべては昔ばなし。 そう思います。
Commented by 元芦別市民 at 2014-05-22 05:28 x
ちなみに…
今は亡き私の祖父は、戦後シベリア抑留されたそうですが、
地元ロシア女性にかくまれて、難を逃れたそうです。

あのまま帰国しなかったら、父も、私も、この世に無かったと思うと
なんだか複雑な気持ちです。

スパシーバ ロシア女性。 ウチのばあちゃんの魅力に乾杯。
Commented by doumin at 2014-05-24 19:10
元芦別市民さま、はじめまして。
コメントありがとうございます。


>「朝鮮人が炭鉱鉄道橋の人柱にされた。」
>と、大人に聞かされたことを今でも覚えています。

えっ?
何のために、そんなことを子供に教えるんですか?
「いたずらしたり、悪いことをするとそうなるわよ!」のようなしつけの一環ではなく?
それは驚きです。
(お祖母様のお通夜でお父様は何と仰いましたか?何故か差別の話のみになっていて分からなかったので)

人柱自体は実在しています。
亡くなったタコ部屋労働者と聞いていますが、朝鮮人かどうかは分かりません。
(現在、快適に移動できるのは、従事されていた方々のおかげでもあることに感謝しています。国籍は全く関係ありません。亡くなられた方々を悼み、感謝と合掌の気持ちを忘れてはいけないですね)

ところで、タカネの炭鉱鉄道橋の件、
しつけだったのか事実なのかはともかく情報提供されてはいかがですか?
上記の市民団体は伝聞の伝聞でも動いているようなので、公式サイトにぜひご一報を。
探しているご家族が今もいらっしゃるかもしれませんし。
Commented by doumin at 2014-05-24 19:11
>父は元々の地元でもないし、戦後まもなくの産まれなので、信ぴょう性は測りかねますが、
>この地域では朝鮮人労働者に対しての差別が酷かったことは事実の様です。

信憑性が高いのか低いのか、良く分かりません。
寄せ集めでできた狭い町なのに排他的というのも、ちょっと理解に苦しみます。

が、事実と仮定してみましょうか。

そもそも、その地域で「三国人」として差別されるきっかけは何だったのかな?と考えました。
何の理由もなく、いきなり差別はないでしょうからね。

庇を貸して・・・などのことわざ、
朝鮮人にはかかわるなというフレーズが思い浮かんだものの、
もともと素養が低いうえに言葉が通じない(日本の炭鉱の仕事は命がけですから)こと、
それが主な要因なのかな、と想像。

まぁ、大なり小なりの差別はどこにでもあるものです。
ただしそれは、朝鮮人に限ったことではありません。
炭鉱町に限らず、また朝鮮人に限らず、その他の外国人、日本人同士、性別等々。
Commented by doumin at 2014-05-24 19:11
私が一番疑問に思うのは、朝鮮人(韓国人)だけが声高に叫ぶこと、その思惑、日本国内の報道についてです。
すぐ上の私のコメント(at 2012-10-01 16:45の、まず・・・あくまでも私感ですが・・・結論から言うと~)も、出来ればお読みください。

ちなみに、台湾の方はこう捉えるようです。
ご参考までにどうぞ↓
http://doumin.exblog.jp/16689208/
>当時、日本のマスコミは彼らを「強制連行」と報道したため、自尊心を傷付けられ、
>会長が会員全員を引き連れ、抗議に行くという話もあったほどだ。
>日本での過去を誇りとしている。
>韓国人がいかに「強制連行」「虐殺」「迫害」だけを喚いているかを示唆する話ではないだろうか。
Commented by doumin at 2014-05-24 19:11
>我々の世代では誰一人として気にするひとはいませんでした。
>もともと移民ばかりですし。蝦夷地で日本地図にも無かったですし。

地図になかったとは随分昔まで遡ったなぁ(笑)と思いましたが、
つまりこういうことですよね。
北海道は、もともと移民ばかりで日本地図にも載ってなかったような地域なので、出自を気にするような人は昔からいないため差別もなかった、と。

でも、芦別は「差別が酷かったのは事実の様」なんですよね?
芦別以外の「移民ばかりの蝦夷地」と、「寄せ集めで出来た町の芦別」は全く同じ状況に思えるんですが。
ちょっと良く分からないです。


>我々の世代では誰一人として気にするひとはいませんでした。
それは今も昔もそうでしょう。
韓国人だから、朝鮮人だからという“だけ”で差別する人はいませんよ。
Commented by doumin at 2014-05-24 19:11
>ネットの普及で、差別用語や様々な主張が氾濫していますが、
>自分たちの世代の話でもない過去の問題にこだわるのは、個人的にどうかと思います。

これが誰に向けられた言葉なのかは分かりませんが、
中国人や韓国人ではなく、もし私を含めた日本人に向けた言葉なら、それは違うと思います。
「自分たちの世代の話でもない過去の問題にこだわる」のは日本人ではないからです。
その辺を混同されませんよう。

そしてそれは、まさに今、現在進行形となっており、
千年恨むと宣言してみたり、時には捏造、歪曲をし、
世界各国であることないことを言いまくるため、
(このあたり、かなり報道されているのでご存知ですよね?)
おとなしい日本人も、さすがに疑問に感じる人が多いということです。
政治利用にしても度が過ぎていますし。
Commented by doumin at 2014-05-24 19:12
悲しいことですが、差別用語を使う人はどの国にもいます。
(日本国内の場合は在日等による自作自演もあり)
割合としては、日本よりも外国の方が多い印象。

一度、中韓あたりのSNSや掲示板等をご覧になってみてはいかがですか?

日本叩きをするネットユーザーに関する中韓大手マスコミの論調も、
日本とは全く違っていて興味深いですよ。
Commented by doumin at 2014-05-24 19:12
>皆で苦しみを痛んで手を合わすだけ。
>日本人も、アメリカ人も、中国人も、朝鮮人も。
>アイヌも、倭人も、部落民も…
>戦争はもう終結してるんだし。すべては昔ばなし。 そう思います。

全く同意です。
靖国に参拝したというだけで大騒ぎする人々に言いたいです。
上にも書きましたが、亡くなられた方々を悼み、感謝と合掌の気持ちを忘れてはいけない、と思っています。
また、私の直前のコメント(at 2012-10-01 16:45の、ただ、戦時中とは言え大変な労働であったことは確か~)も出来ればお読みください。


>地元ロシア女性にかくまれて

まさに地獄に仏。
こういう人は、どこの国にもいるんですね。
本当にありがたいことです。
お祖父様、良かったですね。
Commented by 道民 at 2016-09-24 23:53 x
また賠償するニダーってタカリはじめるだけだろ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード