和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
帯広市の藤丸百貨店で韓国物産展開催 韓国食材の危険性…ゴキブリ、ウジ虫、鼠、寄生虫等 人糞利用料理も
これは中止すべきでしたね。

NHK北海道:中止も検討の韓国物産展 開催 08月31日 18時46分
http://p.tl/p_Ul-
韓国のイ・ミョンバク大統領が竹島に上陸し、日本と韓国の外交関係が冷え込むなか、帯広市のデパートで、一時、中止も検討された韓国の物産展が開かれ、食品などを買い求める人たちが訪れています。
この物産展は、韓国の観光や特産品を紹介する団体が、帯広市のデパートで毎年開いています。
ことしはイ・ミョンバク大統領が竹島に上陸し、日本と韓国の外交関係が冷え込むなか、中止も検討されましたが、楽しみにしている客に応えようと開催されました。物産展には、韓国のソウルや東京、大阪などから23の店が参加して、キムチやチヂミといった韓国の食品や工芸品を販売していました。また、会場では、韓国の民族衣装を着た女性が太鼓や踊りを披露して盛んな拍手が送られていました。物産展を訪れた帯広市の女性は「政府には領土問題にきちんと対応してもらいたいですが、物産展などの交流はふつうにできるような状況になってほしい」と話していました。
物産展を主催した団体のイ・ドンスさんは「日韓関係が緊張しているときに物産展に足を運んでもらって、うれしいです。韓国の食を味わってもらって両国が親密になるよう頑張ります」と話していました。
この物産展は来月4日まで、帯広市のデパート、藤丸で開かれています。


藤丸百貨店:9月の催事
http://www.fujimaru.co.jp/contents/month_events/index.html#this_month
7階催し会場
第9回 韓国物産展/8月30日(木)~9月4日(火)
※最終日は午後4時閉場



楽しみにしている客というのは数人程度・・・かどうかは知りませんが、
予定通りに行なったところで、
良いことの方が少ないんじゃないかと思いますけどね。

「日本人には何をやっても大丈夫」
こう考えたとしても全然不思議はない。
韓国人には、日本人が考える性善説は通用しませんので。

第一、お客さんは入るのでしょうか?(笑)


これをわざわざ報じるNHKも気持ち悪い。
「民間レベルでは交流は続けたい、続けるべき」
という流れにしたいようで。
これはNHKに限ったことではなく、テレビ全体がそんな感じですね。
あまりにも韓国政府が異常なために、さすがに擁護は無理と踏んだのでしょう。
政府と国民を切り分けて印象操作することに余念がない。

でも残念ながら、常軌を逸しているのは韓国政府だけではなく、メディアも国民も異常。
つまり、韓国の国民性自体が異常なので、それもむなしい抵抗だと思いますけど。
予定されていたイベントなどは自粛したところの方が多いし。



さて。
札幌などでは浅漬けによるO-157被害が拡大していますが、
小売店の独自のチェック体制を疑問視する声も出ています。

今回の藤丸百貨店は、韓国物産展を開催するにあたって、
商品のチェック体制はどのようなものだったんでしょうね。
ましてや相手は韓国人。
日本向けの輸出キムチに唾やゴミなどを入れてみたり、
スポーツも政治も一緒くたにしたり、
東日本大震災で大喜びするような国です。
さらに最近のあの状況なら、
陰で何をやっているか分かったものじゃない。
それでなくとも、韓国の食品・食材は極めて不衛生。
大手食品会社であっても、衛生管理が異常すぎ。

まぁ、「宮廷料理(笑)」があの酷い有様だし、
人糞や牛糞を利用したお料理やお酒があるような国だから、
危険だとか不衛生だとかは思っていないのかもしれませんけどね(笑)。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

VOR:米食品医薬品局 韓国製海産物の回収を求める 16.06.2012, 09:12
http://japanese.ruvr.ru/2012_06_16/78294694/
米食品医薬品局(FDA)は、健康に害を及ぼす可能性があるとして米国市場に韓国製海産物製品を入れないよう求めた。
 14日ロイター通信が伝えたところでは、韓国製の海産物の中にヒトの糞便の痕跡が見つかり、この事は、胃腸の病気を引き起こすノロウイルスが食べ物の中に存在する可能性を意味する、との事だ。

  問題となっているのは、韓国製のカキ、ホタテなどの貝類やイクラなどで、生のものも又、缶詰入りのもの、さらには別の方法で加工された製品も含まれている。

  ロイター通信によれば、今のところ駐米韓国大使館からは、何のコメントも出されていない。


国立感染症研究所:下痢、腹痛の原因となる韓国産カキに寄生する吸虫(ギムノファロイデス)について
http://idsc.nih.go.jp/iasr/20/238/fr2385.html


読売:韓国産ヒラメからクドア・セプテンプンクタータ(2012年7月19日14時21分)
http://megalodon.jp/2012-0721-2258-10/www.yomiuri.co.jp/national/news/20120719-OYT1T00603.htm
 山形県は18日、新庄市の飲食店で食事した5人が下痢や嘔吐(おうと)などの症状を訴え、同店で提供された韓国産養殖ヒラメの刺し身から寄生虫「クドア・セプテンプンクタータ(クドア)」が検出されたと発表した。

 県はクドアを原因とする食中毒と断定。ヒラメの廃棄で、食中毒の拡大や再発を防止できることから、営業停止処分は行わなかった。クドアによる食中毒は県内で初めて。

 県食品安全衛生課によると、5人は14日昼に同店でヒラメの刺し身を食べ、約4時間後に症状が出た。4人が医療機関を受診し、うち1人が入院したものの、18日現在、全員が快方に向かっているという。

 厚生労働省によると、クドアは養殖ヒラメに寄生することが確認されており、昨年6月、食中毒の原因物質に加えられていた。


中央日報:英、農心辛ラーメンなど大量輸入禁止 2005年06月29日11時54分
http://japanese.joins.com/article/045/65045.html
(抜粋)
農心製品は放射線処理をした原料が含まれているのに、これを包装紙に表示していなかったことから輸入、販売禁止処分を受けた。


ライブドアニュース:韓国のインスタントラーメンにウジ虫が混入!? しかも生きたまま
2010年10月27日08時43分
http://news.livedoor.com/article/detail/5098779/


ゴキブリ、ウジ虫、ネズミ等が食品内に混入した過去のある韓国食品メーカー「農心」と業務提携した亀田製菓のブログ炎上 2012年04月29日 17:31
http://getnews.jp/archives/203516
(抜粋)
この「農心」の代表的な食品と言えば、日本でもよく見る「辛ラーメン」である。この農心は過去に数々の問題が起きている事が有名である。

異物混入事件として有名な物は2008年3月17日に、農心が製造する「セウカン」にネズミの頭部が混入した事があり、同製品が回収される騒ぎとなっている。

更に2008年6月20日には辛ラーメンに約13ミリのクロゴキブリが混入。農心側は流通過程で混入した事を認めているが製造された工場では毎週権益を行っており、ゴキブリが発見された事は一度もないと言う理由で回収や賠償には応じていない。

更に6月27日にはインスタントラーメン「チャパゲティー」からコクゾウムシの成虫が発見されている。更に7月9日には「ワカメクッパ」からハエが発見されている。

2010年10月15日、農心が生産したカップ麺から相次いで幼虫などの異物が検出されており、これも問題となっている。


『辛ラーメン』を発売するノンシンとはどういった会社なのか? 2012.05.03 09:30:24
http://getnews.jp/archives/203516
亀田製菓との提携が発表された韓国の大手食品メーカー「農心(ノンシン/ノンシム)』。この提携を発表を機に亀田製菓のブログは大炎上している。いわゆる嫌韓、反韓によるものだ。通常韓国企業との提携はどこもやっているだろうが、何故今回に限って大炎上したのだろうか。

それはノンシンの企業姿勢にある。ノンシンは『辛ラーメン』だけでなく製菓メーカーとしても有名。しかし発売しているお菓子が日本国内の物の類似品ばかりなのである。ガジェット通信でも過去に紹介したことのある、『かっぱえびせん(カルビー)』の類似品『セウカン』を韓国ではオリジナルとして発売している。そのほかにも類似商品を出しているが、現地韓国の人はそれが類似品だとは知らない。

ただパクリ商品を発売しているだけなら良いが、衛生面でもかなり問題があるようだ。『セウカン』にはネズミの死骸が混入し、韓国中で騒ぎとなった。また主力商品でもある『辛ラーメン』にはゴキブリが混入するという、日本では考えられない衛生管理。こんなメーカーと亀田製菓が提携するのだがら驚きである。

ノンシンはそもそも、ロッテ創業者(重光武雄)の実の弟が起業した会社であり、当時の社名は“ロッテ工業株式会社”だった。そこから完全に独立し「農心」となったのだ。『辛ラーメン』は韓国では国民食とも呼ばれており、非常に高いシェアを持っている。
最近は日本国内にも流通しており、輸入品や国内で生産された物などがドラッグストアの店頭に並べられているのを見たことがある人もいるだろう。

ノンシンが大企業なのは間違いないが食にうるさい日本人にとって、衛生管理のなっていない企業は国内だろうが韓国だろうが、結果は同じ(炎上)だったのかもしれない。

韓国のパクリお菓子事情とは? 味と見た目が劣る類似品にガッカリ


危険 中国でさえ大腸菌の多さで禁止する韓国商品を3年間検査免除で輸入OKにした民主党 2012/04/28 12:29
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-1745.html
・キムチ、生マッコリが中国に輸出できない理由は大腸菌群が多いため…衛生基準の緩和を要請--韓国紙
・民主党の政策で「日本向け韓国産キムチの衛生検査が3年間免除」
・韓国産キムチから寄生虫の卵、野良犬の糞が見つかる 日本へも輸出
・今度はキムチからネズミ、半年で異物混入事故307件発生
・学校給食のキムチからカエル、生産過程で混入か=韓国
・キムチの寄生虫、有鉤条虫(ゆうこうじょうちゅう)に巣食われた脳
・フランスがキムチを「有毒食品」に認定


また「韓国のスナック菓子から基準値超える細菌」 販売禁止に
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-1734.html
・また「韓国のスナック菓子から基準値超える細菌」 販売禁止に
・水道水から血が! 韓国口蹄疫 ずさん殺処分で大騒ぎ
・食べてはいけない韓国食品 韓国オリオン製菓のチョコから基準値の14倍の細菌


★ゴミ餃子や寄生虫キムチだけじゃない!韓国の恐るべき不良食品の数々!
2006年09月06日 11時53分14秒
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/0754264a7c0584409b67d6ca2534ce24
工業用の着色料・ボンド・塩などを使用、狂犬病の犬料理、鉛、ボルト、タバコの吸殻、カビ、犬回虫、青虫、生ゴミ、ボツリヌス、ウエルシュ菌、大腸菌など


レコードチャイナ:服を着るのも命懸け?!発がん性染料の基準値を30倍以上超える物も=韓国輸入品―浙江省 配信日時:2012年4月13日 7時5分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=60373


韓国伝統の人糞酒『トンスル』とはどんな酒なのか 2009年07月31日20時10分
http://news.livedoor.com/article/detail/4277696/
(抜粋)
そのひとつが、健康に良いとされている人糞をふんだんに含んだ韓国伝統のお酒『トンスル』である。『トンスル』には人糞が豊富に含まれており、人糞なくして『トンスル』は成立しない。
伝統的な『トンスル』の作り方は簡単で、焼酎を適量入れた竹筒を“くみ取り式便所”からロープで排泄物タンク(便壷)に入れ、人糞に漬けるというもの。長時間漬ければ漬けるほど良い『トンスル』ができるとされているが、そのあたりの製法は地方や個々の家によって違うという。

けっこう現代の韓国でも愛飲されているようで、
(以降略)


■こんなびっくりニュースはいかが?

韓国美人女性「犬を食べないで!」と火鍋に入ってアピール
【韓国】陰毛のような毛がソーセージに混入! メーカー「健康に害はない」
『韓国人はマナーがない!?』 韓国の航空会社が機内でマナー動画を放映
[韓国]マクドナルドの配達サービスに不満な理由
韓国の学生「独島は韓国のものです」と新聞広告を出す


ホンタク
http://kankoku-060110.tripod.com/syokufunbunka/hongtak/hongtak01.html
ホンオフェ(発酵させないフレッシュな方)
:ホンオ=エイ、フェ=刺身。
熟成させたものも新鮮なエイの刺身もホンオフェと言って間違いではないが熟成させたものを指すことが多い。
エイ刺し自体が高価で冠婚葬祭、特に結婚式には欠かせない食品だそうだ。
結婚式に呼ばれた おとっつぁん はエイが食えると喜ぶらしい。

ジュンタク
エイの切り身を瓶(かめ)に詰めて、油紙をしっかり巻いた後に牛舎の牛糞置き場の中に埋める。
牛糞自体が発酵して熱が出るのでエイの発酵に最適。
駅で売っている弁当なんかに入っているのは、ジュンタクの方だとか。

ホンタク(究極のエイ料理)
ホンタク(洪濁)とは、人糞の中にガンギエイを入れて発酵させる韓国の最西部にある都市、全羅南道木浦(モッポ)の郷土料理で主に刺身にして食べる。
更なるアンモニア刺激を求めて、人間の大便に漬け込んだ究極版。
強烈なアンモニア臭と古便所のような臭いが特徴。
ある人は「五感の革命」と呼ぶ。
韓国のことわざ「恐るるに足らずエイのちんぽこ」。
全羅(チョルラ)の人々に言わせると、洪魚(ホンオ)は洪濁(ホンタク)にとどめを刺す。
それがいちばんおいしい食べ方だというのだ。

熟成させたホンオフェがタクチュ(=マッコリ=どぶろく)によく合い、一緒に食べるのがデフォなため、熟成させたホンオフェをホンタクと呼ぶようになった。

新鮮な洪魚を人糞の入った瓶に3、4日漬け込んでおく。
すると魚肉の色は獲れたてと変わらずそのまま普通に刺身にしてもおいしく食べられそうな感じだが、内部で熟成が進んで強い風味をしのばせる。

洪濁(ホンタク、홍탁)はガンギエイ(洪魚:ホンオ、홍어)の身(ホンオフェ、홍어회)を人糞の中に数日間漬け込み、醗酵させた韓国料理のひとつ。
全羅南道の港町である木浦の郷土料理。
濁酒(タクジュ、탁주)とともに食べるのでホンタクと呼ばれる。
ホンタクと豚肉、キムチを一緒に包んで食べることをサマプ(三合、삼합)という。

洪魚はエイの一種のガンギエイですが、ただのエイとガンギエイは一般人には見分けることが困難なもよう。
そして濁酒のほうですが、これはアルコール分の少ない醸造酒でエイ料理に合うのでしょう。
ついでながら「エイ」という漢字はユニコードの9C4F → 鱏。
Hong-Thak は上記のように Hong-O と Thak-Ju の頭をとって並べたものですが、탁(Thak) という韓国語には、たまたま「ぴしゃっと」という意味もあるようで、原文では「エイの刺激臭が“タクっと”鼻に抜ける」みたいな言葉遊びになってます。
古い絵本をごらんになるかたなら「チックとタックは、わさびがつん!」というところ(知らないかたは「チックとタック」で検索すると分かる)

正式な「ホンタク」とは瓶の中に、ガンギエイの切り身、人間のウンコ、ガンギエイの切り身、人間のウンコと段重ねに漬け込む物で、上級者向けだそうだ。

木浦出身の知人に聞いたのだが、味の方はと聞くと、少し気分を害した感じで「馬鹿にする前に、まず一度食ってからにしろ!」 とは、彼の弁。

ホンオフェ

ジュンタク

ホンタク
の順に値段が高い。

ホンタクは、主に中級、高級レストランで取り扱われています。

アンモニアが生成するので日本では食品衛生上許可されないが韓国のどぶろくマッカリと一緒に食せば マッカリの強い酸性でアンモニアが中和されるため 人体に被害は無い。

日本には持ち込み不可みたいです。


wikipedia:嘗糞
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%98%97%E7%B3%9E
嘗糞(しょうふん、サンプン、상분)とは、人間の糞を舐めて、その味が苦ければその人物の体調は良くなっており、甘ければ体調が悪化していると判断する、古代中国や朝鮮半島の李氏朝鮮時代まで行われた民間療法。儒教では孝行の一種とされている。

朝鮮では、6年以上父母の糞を嘗めつづけ看病し病気を治した孝行息子の話などの記録があり、指を切って血を飲ませる「指詰め供養」(断指)や内股の肉を切って捧げる「割股供養」などと共に、親に対する最高の孝行の一つとされた。断指及び割股に関しては『三国史記』の統一新羅時代に記述が見られる為、同時代に唐から入ってきたと推測される。こうした風習は朝鮮時代まで続き、日韓併合後に禁止された。世宗が編纂を命じた儒教的な教訓を纏めた書、『三綱行実図』には孝行の一例として挙げられている。『朝鮮医籍考』によると、後に娯楽化し、人の糞を舐めてその味で誰の糞であるか当てる遊びが流行した。(상분유기)

また、朝鮮王の中宗は、解熱剤として人糞を水で溶いたものを飲んでいたという(東亜日報 2005年8月22日)。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:歴史

トップページ
by doumin | 2012-09-01 10:20 | 歴史