人気ブログランキング |
和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
韓国人男性の危険な意識について朝鮮日報が (追記)4大社会悪はDV,性暴力等…韓国人との結婚禁止浮上の国も
朝鮮日報:昔話や説話の中の「危険な性意識」
女性を襲えば自分のものになるというずれた認識
人さらいの説話からも垣間見られる危険な意識
記事入力 : 2013/05/06 07:04
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/05/06/2013050600371.html
(魚拓1)(魚拓2)
 昔話『仙女ときこり』は、猟師に追われた鹿を助けた優しいきこりの話だが、それだけではない。女性を無理やりじゅうりんして共に暮らし、子どもまで産ませたきこりの行動は、今の観点からすると犯罪だ。きこりのおかげで命が助かった鹿は、きこりに仙女の水浴び場所を教え「羽衣を盗み、空に帰れなくなった仙女を嫁にしなさい」と助言する。きこりは仙女を拉致するかのように連れてきた。そして仙女を妊娠させ逃げられないようにした。鹿は「子どもを4人産むまでは羽衣を見せてはいけない」と言う。「(子どもが4人いれば)両手に1人ずつ抱いて、1人をおぶっても、1人は残ってしまうので、羽衣があってもきこりのそばを離れられないだろう」と考えてのことだった。


 きこりと鹿が2013年にこのような行動を取っていたら、仙女の提訴により「結婚のための略取じゅうりん罪」で逮捕されただろう。


 女性は襲っておとなしくさせれば自分の物になるという韓国の男性の認識は「人さらい」の説話にも垣間見られる。1800年代後半、黄海道延安郡に娘夫婦と共に暮らすソンさんという女性がいた。ある日、村ではソンさんと婿が性的関係を結んでいるといううわさが流れた。すると、妻を失ったある男が「婿とそのような関係になるということは、性的に乱れた女性なのだろう」と思い、ソンさんを拉致した。さらわれて悔しい思いをしたソンさんは2回にわたり自殺を試み、結局首をつって死んだ。朝鮮王朝時代の人さらいは、経済的理由などで再婚が難しかった人たちのための文化だったという評価もあるが、女性を拉致して共に暮らす拉致婚であり、略奪婚だった。


 銀粧刀(護身用の刀)は「強姦(ごうかん)されそうになったときは、できる限り抵抗しなければならない」という通念を示す象徴的な文化だ。このような通念が、抵抗しなければ強姦ではないという誤った認識を招いた。アランの説話に出てくる蜜陽府使(朝鮮王朝時代の地方の役人)の娘、アランは自分に片思いしていた男が胸を触ってきたため、銀粧刀を取り出して胸を切った。これを見て驚いた男はアランを殺してしまった。現代では女性が抵抗しなくても性関係を拒否すれば性的暴力として認められる。


カム・ヘリム記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



この記事を読んで感じたのは、

・こんな狂った話が最大手の新聞に掲載される国、それが韓国
・そういう意識を持った者が決して少数派ではないという証明
・強姦は国技とか言われていたけど本当だった
・韓国には異常なことわざが多数あるけれど、異常な昔話もある

ということかな。

もともとこの手の犯罪が多い国だし、
常人にはとても考え付かないような異常な犯罪も多発しているので、
この程度の話だと、いつも通りの韓国の様子と言えるのかも。

これは、在日韓国人にも言えること。
血は争えないんですね。
せめて通名報道だけでもやめたらいいのに。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事と追記

東亜日報:20歳の男性の45%が対人関係障害の可能性
FEBRUARY 10, 2003 22:22 by 李成柱
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2003021117138
(魚拓)
この数値は、米国やヨーロッパなど先進国の平均11~18%に比べて、2.5~4倍に達する。

研究チームによると、人格障害は自分の性格に問題があることに気づきにくく、家庭や社会生活、対人関係に支障があり、周りの人々を苦しめるという特徴がある。また、自分の問題を他人や社会のせいにし、極端な反応を示す。


そのため、各種の犯罪や社会的葛藤を引き起こす原因になりやすく、早急に対策を立てなければならないが、社会的な認識程度が低く、適切な診断と治療が行われていない。


柳教授は、このように潜在人格障害者の比率が高いことについて、「社会的価値観が混乱している中、家庭教育の不在が『人格未成熟の成人』を量産している」と説明した。


研究チームは、今回の調査で、12種類に分けて人格障害の有無を測定した結果、1種類以上の人格障害があると疑われる人が71.2%に達した、と発表した。


具体的には、自分にこだわり過ぎて対人関係が円満でない「強迫性(49.4%)」、合理的な問題解決や人との係わりを避ける「回避性(34.7%)」、わがままで些細なことにも必要以上に反応し気まぐれな「ヒステリー性(25.6%)」、絶えずに他人を疑う「偏執性(22.6%)」の順で多かった。


権教授は、「各国の社会文化的背景によって人格障害が疑われる基準点が異なるため、それを考慮して、基準点を30点から35点と40点にそれぞれ高めて分析した場合にも、32.7%、22.8%となった」「それでも、他国より人格障害可能性の比率がずっと高い」と述べた。


延世(ヨンセ)大学心理学科の李勲求(イ・フング)教授は、「設問の内容が普遍妥当であるため、韓国社会の特殊性によって人格障害可能性の比率が高く表れたという可能性は低い」とし、「韓国社会の精神的健康について関心を持つきっかけにすべきだ」と指摘した。


今回の研究結果は、国内学術誌「精神病理」と米国の学術誌「精神医学と臨床神経科学」に掲載される予定だ。


ロイター:カンボジア政府、韓国人男性との国際結婚を禁止
2010年 03月 22日 12:48 JST
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-14442320100322
(魚拓)


ベトナム 50歳以上、年の差16歳以上の韓国男性との結婚禁止
2012.09.25 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20120925_144616.html


朝鮮日報:韓国の小中高生、22万人は「精神科の受診が必要」
記事入力 : 2013/02/17 09:26
児童・生徒648万人を2度にわたり調査…昨年の調査参加率は過去最高の97%
兆候を示した生徒も105万人…学業のストレス増加も一因
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/02/17/2013021700185.html
(魚拓)


中央日報日本語版:【BOOK】コンプレックスのかたまり韓国人、理解してみれば幸せなこと(1)2013年03月25日17時51分
http://japanese.joins.com/article/738/169738.html
(魚拓)
※抜粋
同じ顔の人造人間が浮遊し、羊の仮面をかぶった組織暴力のリーダーシップが幅をきかせて、相手が冗談でいったつもりのことを真剣になって受け止める。底無しの心にブランド品を注ぐこと、むやみに怒鳴ること、次第に強い刺激を探すことが彼らの日常だ。目次だけ読んでも後頭部のあたりが重苦しくなる。本当になぜこうなのだろうか。

この教授は、韓国人が何と12種類にもなるコンプレックスのかたまりだと見る。 物質、虚飾、教育、集団、不信、世代、怒り、暴力、孤独、家族、中毒、弱い自我にまでわたる心の状態が、話にもならないほど苦しい地獄だ。“恨(ハン)”に泣いていた彼らが、いまは欲望のために泣く。睡眠を剥奪された人々が増える。戦争がまだ終わっていないという傷で韓半島を固く締めつける。お隣の日本は、越えなければならない感情の壁でひときわ高くそびえている。デジタル時代のナチズムがうろついている。

口さえ開けば死にそうだとわめきたてる韓国人だが、それを理解してみれば幸せな人々だというのだ。


産経:ソウルからヨボセヨ 4大社会悪とは?
2013.6.8 03:02
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130608/kor13060803020001-n1.htm
(魚拓)
 クイズ風にいえば、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は新政権の課題として“4大社会悪根絶”を公約に挙げていますが、この4つとは何と何でしょう?

 よくニュースになる大統領側近など公職者の汚職? あるいは外国人観光客が驚くタクシーやバスの乱暴運転? 料金の吹っかけ? 手抜き工事? いや、いや。正解は「学校暴力」「性暴力」「家庭暴力」「不良食品」でした。

 学校暴力とはイジメを含む学校内での生徒同士による暴力行為、性暴力はセクハラをはじめ女性への性的暴力、家庭暴力は家庭内での夫の妻に対する暴力、そして不良食品とはニセ食品や違法添加物、賞味期限や原産地表示のでたらめ、不衛生…。3つの「暴力」の後に突然、食品問題が出るので戸惑うが、女性大統領だけに生活直結ということで分からないでもない。

 この「4大悪」を追放しようと国を挙げて取り組むというのだが、逆にいえば韓国ではこの4つがそれほどひどいというわけだ。

 このうち意外な感じは夫が妻を殴る家庭暴力だろうか。韓国の男は家庭で奥さんをよく殴るということだ。韓国の男は日ごろウップンつまりストレスが多いせいだろうか。華麗な韓流スターのイメージの一方に垣間見える韓国男性の隠された一面である。(黒田勝弘)


ベトジョー ベトナムニュース:韓国人の夫がベトナム人妻絞殺後に自殺
2014/01/21 08:52 JST配信
http://www.viet-jo.com/news/sanmen/140117065552.html
(魚拓)
画像=韓国人の夫に殺害された外国人妻の遺影を掲げる女性たち

※抜粋
韓国では韓国人の夫によるベトナム人妻の殺害事件が毎年のように発生している。ベトナム国内でも人身売買まがいの違法な結婚斡旋業者が暗躍しており、大きな社会問題となっている。


韓国農村部に嫁いだベトナム人妻を韓国人夫が虐待する例頻発
2014.02.09 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20140209_236237.html


韓国人男性との結婚 ベトナムやキルギスで禁止の方針が浮上
2014.07.26 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20140726_265595.html
 韓国では2000年代以降、外国人の花嫁が増えている。その多くが仲介業者のあっせんで韓国の農村部に嫁いでいるが、夫から虐待を受けた末に殺されたり自殺したりする悲劇が後を絶たない。今年に入ってからは、江原道で36歳の韓国人の夫がベトナム人妻(21)の首を絞め殺害した事件も起きている。そして、2007年以降、韓国では「外国人妻の悲劇」がほぼ毎年発生しているのだ。ジャーナリストの室谷克実氏が、韓国での外国人妻の悲劇について解説する。

 * * *
 嫁いだベトナム人妻を待つのは、韓国社会からの差別、家庭内での暴力だ。

 韓国農村経済研究院が全国34の農村部に暮らす国際結婚した400世帯を面接調査したところ、外国人妻の約2割が「ここ1年で家庭内暴力を経験した」と答えた(『東亜日報』2012年4月19日付)。家族から無視され侮辱的な言葉を浴びせられたり、外出を禁じられたりする上に殴るぞと脅され、また、実際に殴られた妻が少なくなかったという。

 韓国の女性家族部の調査では、家庭内暴力を受けている外国人妻は7割にも上る。韓国KBSは外国人妻の相談窓口に寄せられた事例として、韓国人男性と結婚し、2度妊娠したが夫に人工中絶を強要されたベトナム人妻や、結婚してから5年間、韓国人夫の暴力を受け続けているフィリピン人妻の肉声を伝えた(2013年5月21日)。

 言葉もわからず、生活習慣も異なる韓国で夫から暴力を受け、舅や姑にもいじめられ、さらに労働力としても酷使される外国人妻の支援団体関係者は「外国人女性を妻にしたと考えているのではなく、自分が対価を払って連れて来たのだから、自分の好きにしていいという間違った考え方が暴力につながっている」と説明する。

 相次ぐ事件を受けベトナムなど各国は対策に乗り出した。

 2010年には半官半民の「ベトナム女性連盟」と韓国政府の間で、韓国人男性の経済力や家族構成、健康状態などの基本情報を国際結婚仲介業者に通知させる制度を作ることが合意された。しかし、書類を捏造するなど虚偽が横行したため実効性は皆無。2012年にはベトナム女性連盟が、50歳以上、または年の差16歳を超える韓国人男性との結婚を禁止する方針を打ち出した。

 ベトナムだけではない。同じく仲介業者による「売買婚」の標的であるカンボジアはこれまで数次にわたり「韓国人男性との結婚禁止」措置を講じてきた。昨年3月には中央アジア・キルギスの副首相が韓国大使に、キルギス人妻が韓国で「不幸な生活を送り、中には死に至るなどの問題が報告されている」と伝えた上で「議会では韓国人との結婚を禁止する必要があるとの話まで出ている」と述べた。

 これに対し韓国大使は「多文化家庭(国際結婚家庭)の結婚問題はキルギス人女性だけに限られたものではない」「幸せな結婚生活を送る多文化家庭も多い」などと答えたという「(『サーチナ』2013年10月7日付)。

 大使の言葉に表われた「問題軽視」の不誠実さこそ悲劇の温床と言える。今年4月、韓国政府は国際結婚に伴う移民ビザを申請する外国人には韓国語の習得を、韓国人配偶者には年収1480万ウォン(約148万円)以上を条件として課した。しかし、そうした規制強化は「農村部の男性の結婚相手を選ぶ範囲を狭くし、結婚費用をかさませるだけ」(国際結婚仲介業者)と冷めた声も聞かれる。

 実際、業者による「売買婚」はベトナムに始まり、次から次へと貧しい国々を物色し、市場を開拓してきた。

※SAPIO2014年8月号



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:歴史

トップページ
by doumin | 2013-05-09 22:31 | 歴史 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード