人気ブログランキング |
和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
法治国家とは言えない韓国 韓国政府・韓国メディア・芸能人・著名人・国民と同様に、司法もやりたい放題
ZAKZAK:丸山弁護士、韓国“反日判決”に怒りの激白「法治国家になっていない」
2013.08.08

1ページ目
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130808/plt1308081811007-n1.htm
 日韓関係に絡み、韓国で常軌を逸した司法判断が相次いでいる。今月早々、近代法の原則である「事後法の禁止」を逸脱する憲法裁判所の判断が下されたほか、7月には1965年に消滅した個人賠償請求権を認める高裁判決が2件も出た。国際弁護士として活躍し、テレビ番組「行列のできる法律相談所」で人気を集めた自民党の丸山和也参院議員は「韓国は法治国家になっていない」と怒りの声を上げた。

 サッカー東アジア・カップ男子の日韓戦(7月28日)で、韓国側がスポーツに政治を持ち込み、テロリストを称賛したことが問題視されているが、韓国では、平等・公正であるべき司法権もおかしくなっている。

 各国の司法に精通する丸山氏は「国際的に見て、韓国は法治国家とは言いづらい。政治的非難をそのまま法律にしている。法的体裁をとった『政治的反日報復行為』というしかない。あり得ないですよ。先進国から『文化レベルの低い国だ』と思われても仕方ない」という。

 丸山氏がまず指摘したのは、4日に韓国憲法裁判所が下した判断だ。

 日本による統治支配時代に爵位を得た「親日派」の財産を没収し、国有化する法律を合憲としたのだ。当時は何ら違法ではなかった行為を、後に作った法律で断罪する“禁じ手”を司法が認めてしまったといえる。

 「日本の韓国統治は西欧諸国の収奪型支配と異なり、韓国の資本家や有力者と一緒になって道路、電力、学校などのインフラを整備した。財産を没収される『親日派』は朝鮮の近代化に貢献した人たちだ」(丸山氏)

 韓国司法の異常さはこれだけにとどまらない。

 7月10日と30日には、日本統治時代に戦時徴用された韓国人に未払い賃金などの個人補償を命じる高裁判決があった。賠償問題は1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決した」とされており、韓国政府も元徴用工の対日請求権を認めてこなかったが、12年5月に憲法裁判所が認める判決を下し、今回の高裁判決につながった。

 丸山氏は「請求権協定で解決したのに、裁判所が請求を認めるのは国際的な合意に韓国国内法を優先させるもので話にならない。韓国の司法が政治の道具になっている証拠だ」と指弾する。

 実は、丸山氏は国際弁護士時代、韓国との事件で苦い経験をしている。


2ページ目
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130808/plt1308081811007-n2.htm
 約15年前、丸山氏は韓国企業を相手取った国際仲裁事件の日本企業代理人となり、数千万円の債権を勝ち取った。韓国の裁判所でも判決の効力が承認されたが、なかなか判決の執行ができない。裁判所が債権回収に動こうとしなかったのだ。四方八方に手を尽くしたものの、債権回収ができなかった丸山氏に対し、検事OBの韓国人弁護士はこう教え諭したという。

 「韓国では日本への恨みがあって、日本人のために韓国人の財産を没収するなんてことはやりたくない。そういうレベルなんだよ」

 もはや法治国家のレベルを超えて、韓国は「善悪の判断」すらできないのではないか。

 安倍晋三首相は、民主主義や「法の支配」を共有する国との連携を強化する価値観外交を進めるが、丸山氏は「司法と政治の区別すら確立できていないようでは、価値観外交のパートナーとして、韓国は合格点に達していない」という。

 それでも韓国は、日本にとって輸出相手国第3位で、北朝鮮をめぐる安全保障上の利害も共有している。

 一方、安倍首相は就任以来、朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談を行っておらず、閣僚による靖国参拝に韓国政府は批判を強めている。

 丸山氏は「韓国の歴史認識を是正するために毅然として対応し、経済や安全保障の協力関係は実務重視で淡々と進めるべきだ」と指摘し、安倍首相に「毅然とした平和主義」を貫くよう求める。

 「日韓首脳会談はそれなりのメドが立たないとやっても意味がない。焦る必要はない。靖国参拝はあくまで国内問題であり、他国から内政干渉を受けるべきものではない。安倍首相は少し遠慮しているかもしれないが、どうせ参拝するというなら365日、靖国神社を参拝すればいい」

 朴大統領は、首席秘書官に知日派を起用するなど、雪解けに向けた期待も日本政府内にはあるが、今月15日の終戦記念日(韓国では「光復節」)には反日機運が盛り上がるのが確実。安倍首相には腰を据えた対韓姿勢が求められそうだ。


日経:戦時徴用訴訟、日韓ビジネスに影 企業の敗訴相次ぐ
2013/8/9 3:30
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO58296870Z00C13A8EA1000/?dg=1
 戦時中の強制徴用の賠償などを求め、韓国人の元徴用工が韓国で日本企業を訴えた訴訟で、新日鉄住金や三菱重工業などが相次ぎ敗訴している。昨年5月、韓国の大法院(最高裁に相当)が徴用工の請求権は今も効力があるとの判断を示したのがきっかけだ。法的・外交的な解決は容易ではなく、両国のビジネスにも悪影響が出かねない。

■外交上は「解決」

 「不当な判決だ」。新日鉄住金の宗岡正二会長兼最高経営責任者は、7月10日の…

この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



まぁ、泥棒や変質者も容認するような国ですからね。

サーチナ:韓国最高裁「路上での性器露出は、強制わいせつではない」=韓国
2012/07/26(木) 14:48
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0726&f=national_0726_070.shtml ※魚拓
  韓国の最高裁判所は26日、ズボンを脱いで性器を見せた疑い(強制わいせつ)などで起訴された48歳の男に罰金400万ウォン(約27.2万円)の判決を下した原審を破棄し、釜山(プサン)地方法院合意部に事件を差し戻した。複数の韓国メディアが相次いで報じた。

「韓国 性犯罪」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト

  韓国メディアは、「最高裁、パンツを脱いで性器露出、強制わいせつではない』」「最高裁、路上で性器露出、強制わいせつでない」などと題して、単純にズボンを脱いで性器を見せた行為だけでは、わいせつ罪に該当しないという最高裁の判決が出たと伝えた。

  最高裁は「わいせつ罪が成立するには、性的羞恥心や嫌悪感を起こすことだけでは不足しており、相手方である被害者の性的決定の自由侵害を見るべき。人や車両の往来がひんぱんな道路で性器を露出した行為は、被害者が背を向けて目をそらすことや、周囲の助けを乞うこともできるため、わいせつとは見なさない」との判断を下した。

  容疑者の男は、2010年10月、日頃から感情が良くなかった49歳の女性を路上に呼び止め、悪口を浴びせて威嚇(いかく)した。これを無視して通り過ぎようとした女性を追いかけて、ズボンを脱いで性器を見せた。女性の通報で駆け付けた警官にも暴行した疑いなどで起訴された。

  1審は性器露出が公の場所でなされており、身体の接触がなかったという理由で、被害者への脅迫と警察官への暴行の部分だけ有罪とし、罰金400万ウォンが宣告された。

  だが、2審では性器露出は、性的羞恥心と嫌悪感を起こし、善良な性的道徳観念に反する行為でわいせつに該当するとし、強制わいせつの面でも有罪と認定していた。(編集担当:李信恵・山口幸治)


【関連記事・情報】
・韓国の性犯罪者の照会サイト、アクセス殺到でサーバーダウン=韓国(2012/07/24)
・性犯罪者の就業状況を点検、海水浴場やプールも調査=韓国(2012/07/18)
・10代の障害児が子ども2人を出産、性暴行容疑で義父を逮捕=韓国(2012/07/06)
・韓国の高校で同性への性暴行、先輩が後輩を、コーチが加害者を(2012/07/03)
・オーストラリアに遠征し性売買をあっせんしたグループを摘発=韓国(2012/06/29)

2012/12/25 [コラム]韓国で猟奇的な児童への性犯罪が連続発生→根絶対策をスタート→あっという間に数千人摘発
2012/12/18 [社会]性犯罪が4年間で62%増加、1日60件・年間2万件以上に=韓国


J-CAST:対馬・仏像窃盗団に実刑…でも返還しない!韓国裁判所「屁理屈」判決
2013/7/ 3 15:51
http://www.j-cast.com/tv/2013/07/03178582.html?p=all
長崎・対馬の寺から仏像を盗んだ韓国人窃盗グループの裁判が韓国テジョン地裁で6月28日(2013年)に開かれ、7人のうち6人に懲役1~4年の実刑判決が言い渡された。

当然のこと、盗まれた仏像は日本へ返還されるものと、「朝ズバッ!」スタッフが韓国を取材したところ、盗んだものでも韓国由来のものは返さないという変な理屈で煙にまかれてしまった。



判事「返したら浮石寺の所有権行使できなくなる」

判決後に取材に応じたテジョン地裁のジャン・ドンヒョク公判判事は、「判決は仏像の所有権関係や返還については言及していません」という。

窃盗事件で所有権関係を言及しないのはおかしいのだが、韓国慶尚北道栄州市にあるプソクサ(浮石寺)が「仏像はプソクサのもので日本の倭寇に略奪された」と主張し、返還差し止めの仮処分申請しているために返還を渋っているのだ。

ジャン判事はその理由を「仏像が日本に返還されれば、プソクサの所有だと最終判断がなされたときにすでに仏像はなくなっていて、プソクサの所有権を行使できない恐れがある」と語った。

倭寇が略奪したものかどうかも分からない何百年も前のことをどう証明するのか。最終判断などできない可能性がある。取材に応じたプソクサの僧侶の言い分も呆れる。

「韓国は日本に仏教や仏像を伝えました。それなのに日本人は寺を燃やし仏像を奪っていきました。過去の歴史を日本は認める姿勢はあるのかということです。返還して欲しければる略奪ではなく友好的に贈られたことを日本側が証明すべきだ」


日本の韓国由来文化財狙う専門窃盗団暗躍

何百年も前の歴史を持ち出し屁理屈をつける。韓国の常套手段かといいたくなるが、それが罷り通る素地として、日本にある韓国由来の文化財を狙った窃盗ビジネスが横行している背景があるようだ。

韓国の窃盗ビジネスを取材しているジャーナリストの菅野朋子さんによると、「狙われているのは韓国由来のもので、韓国でも価値のあるもの。日本から盗んできた文化財を見てみると、朝鮮半島に由来しているものが多い。盗んでくる人と流通さる役割の人が別々にいてビジネスが成り立っている」という。

1994年に長崎県壱岐で盗まれた高麗版大般若経(国の重要文化財)と酷似したものが、翌年に韓国で国宝に指定され発見された。日本政府が韓国政府に調査を要請したところ、「個人所有になっているために要請に応じるのは難しい」と断ってきたという。

韓国は泥棒を公然と容認する国に成り下がってしまったのか。司会のみのもんたがこうつぶやいた。「(韓国が)地球上にこれからどういう存在になっていくかよく考えたほうがいい」





-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:社会

■関連カテゴリ:歴史

トップページ
by doumin | 2013-08-09 19:14 | 社会 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード