人気ブログランキング |
和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
生活保護不正受給 韓国人クラブ経営で1億円超収入の朴順京(パク・スンギョン,58歳)と夫の沼田三規雄逮捕
産経:クラブ経営で1億円超収入も「無職」と申請 生活保護不正受給の夫婦を逮捕 警視庁 2014.2.8 08:16 [詐欺・出資法違反]
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140208/crm14020808160000-n1.htm
 東京都足立区に住む韓国籍の50代の女が韓国人クラブを実質的に経営して1億円超の売り上げがありながら、無職を装って生活保護費数百万円を不正受給していた疑いがあることが捜査関係者への取材で分かった。警視庁組織犯罪対策1課は7日夜、詐欺容疑で女と日本人の夫を逮捕した。夫妻は別居を続けており、組対1課は生活保護費を受給するための偽装結婚だった可能性もあるとみて実態解明を進める。

 捜査関係者によると、夫妻は数年前、足立区役所で無職と偽って生活保護費を申請。女が約3年前に同区内で韓国人クラブを開業した後も毎月十数万円、総額数百万円の生活保護費を不正受給していた疑いがもたれている。

 申請時に入金がない預金通帳のほか、夫に持病があるとの診断書を提出し、夫の介護のために女も働けないと説明していた。

 クラブの名義上の経営者は知人男性だったが、組対1課は女が売上金やホステスを管理するなど実質的に経営していると判断。売り上げは約3年間で総額1億円超に上るとみられる。女は同区内のマンションで暮らし、高級車で通勤する姿が確認されている。

 夫にも廃品回収などで数百万円の年収があった。組対1課は生活保護費を夫妻で分配していたとみて資金の流れを調べている。



産経:生活保護費流用し韓国に家購入か 逮捕の女ら 2014.2.9 01:16
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140209/crm14020901170000-n1.htm
 韓国人クラブを実質経営しながら生活保護費を不正受給していたとして、詐欺容疑で韓国籍の女らが警視庁組織犯罪対策1課に逮捕された事件で、女が韓国に家を購入した疑いがあることが8日、捜査関係者への取材で分かった。組対1課は、生活保護費流用の可能性もあるとみている。

 逮捕されたのは、クラブ経営の朴順京(パク・スンギョン)(58)=東京都足立区竹の塚=と夫の会社経営、沼田三規雄(64)=同区古千谷本町=の両容疑者。沼田容疑者は容疑を認め、朴容疑者はあいまいな供述をしているという。

 逮捕容疑は足立区役所に無職と偽って生活保護費を申請し、平成24年8月~25年12月、計約230万円をだまし取ったとしている。



産経:高級車に貴賓席…“不正受給貴族”後絶たず 「氷山の一角」 2014.2.9 01:43
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140209/crm14020901430001-n1.htm
 外国人による生活保護の不正受給がまた明らかになった。昨年5月にも警視庁が別の韓国人女を不正受給容疑で逮捕するなど、警察当局は摘発を強化しているが、警察幹部は「氷山の一角」と警鐘を鳴らす。

 1億円超を売り上げ、派手な化粧で高級車を乗り回す-。警視庁に逮捕された朴順京容疑者は、足立区内で実質経営する韓国人クラブ「クラブ貴族」の名の通り、“不正受給貴族”ともいえる生活ぶりだった。

 また、夫の沼田容疑者は埼玉県川口市のオートレース場の会員制特別観覧室(貴賓席)を購入して通い詰めていた。

 昨年5月に警視庁が逮捕した別の韓国人女も、年商1億円の韓国人クラブを経営し、都営住宅からタクシー通勤していたことが発覚。「無職」とはほど遠い豪勢な生活をする不正受給外国人は後を絶たない。

 朴容疑者は、生活保護を申請した当初は実際に無職だったとみられ、警察幹部は「最初の審査は厳格でも、一度通ると審査は甘くなりがちだ」と事後調査強化の必要性を訴えている。


TBS:韓国人クラブ経営者ら逮捕、生活保護費詐取の疑い(08日11:26)
http://news.tbs.co.jp/20140208/newseye/tbs_newseye2122823.html
 東京・足立区にある韓国人クラブの実質的経営者とその夫が、「無収入」と偽り、生活保護費およそ230万円をだまし取ったとして警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは、韓国人クラブの実質的経営者で韓国籍のパク・スンギョン容疑者(58)と夫の沼田三規雄容疑者(64)です。2人は、おととしから去年にかけて、「夫が心筋梗塞で倒れ、仕事ができない」「無収入である」と書かれたうその申請書を区役所に提出し、生活保護費およそ230万円をだまし取った疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、パク容疑者のクラブは、これまで1億円以上の売り上げがあったほか、沼田容疑者も葬儀会社を経営し収入があったということです。また、2人関係は偽装結婚だった可能性が高いということで、警視庁はさらに調べを進めています。


日テレ:生活保護費を詐取 韓国籍の女ら逮捕< 2014年2月8日 22:06 >
http://www.news24.jp/articles/2014/02/08/07245396.html
 クラブの経営で多額の収入があるにもかかわらず、東京・足立区役所に「収入がゼロ」とウソの申告をし、生活保護費をだましとっていたとして韓国籍の女らが逮捕された。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは韓国人クラブ「貴族」の実質的経営者で韓国籍の朴順京容疑者(58)と、夫の沼田三規雄容疑者(64)。警視庁の調べによると、2人はクラブの経営で3年間で1億円以上の収入があったにもかかわらず、「収入がゼロ」と東京・足立区役所にウソの申告をし、約230万円の生活保護費をだましとった疑いがもたれている。

 朴容疑者は調べに対し、「お金がいくら入るのかは知らなかった」などと供述しているという。

 また、2人が結婚当初から別居状態であることから、警視庁は偽装結婚の可能性もあるとみて調べている。


FNN:生活保護費不正受給の疑いで韓国人クラブ経営の夫婦逮捕(02/09 06:42)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00262772.html
韓国人クラブを経営する夫婦が、生活保護費を不正に受け取っていた疑いで逮捕された。
逮捕された、韓国人クラブ経営の朴順京(パク・スンギョン)容疑者(58)と、夫の沼田 三規雄容疑者(64)は、無職と偽って2人で生活保護費を申請し、2012年8月から2013年12月まで、およそ230万円を不正に受け取っていた疑いが持たれている。
生活保護費を受け取っていた間、韓国人クラブは1億円以上の売り上げがあったという。


テレ朝:1億円収入も“生活保護”受給 韓国人の女ら逮捕(02/09 07:30)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000021147.html
1億円の収入があったにもかかわらず、生活保護費を不正に受け取っていたとして、韓国人クラブの実質的な経営者の女と日本人の夫が逮捕されました。

 朴順京(パク・スンギョン)容疑者(58)と夫の沼田三規雄容疑者(64)は、「病気で収入がない」などと東京・足立区に嘘の申請をして、一昨年から去年にかけて生活保護費約230万円をだまし取った疑いが持たれています。朴容疑者の韓国人クラブは2年半で1億円以上を売り上げていて、夫の沼田容疑者も葬儀会社を経営していました。金はギャンブルなどに使ったとみられ、取り調べに2人は、「少しでも金が欲しかった」などと供述しています。


読売:会社経営しながら生活保護不正受給、夫婦を逮捕(2014年2月9日13時20分)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140209-OYT1T00211.htm
 会社や飲食店を経営しながら生活保護費を不正に受給したとして、警視庁は8日、葬儀会社経営・沼田三規雄容疑者(64)(東京都足立区古千谷本町)と、妻で韓国籍、朴順京容疑者(58)(同区竹の塚)を詐欺の疑いで逮捕したと発表した。

 同庁幹部によると、2人は2012年8月~昨年12月、足立区の福祉事務所に対し「(沼田容疑者が)心筋梗塞になり、看病が必要で夫婦とも仕事ができなくなった」などと虚偽の申請をし、生活保護費計約227万円をだまし取った疑い。

 妻の朴容疑者は自宅近くの韓国人クラブの実質的な経営者で、3年間で1億円以上の売り上げがあったという。


毎日:生活保護費不正受給:容疑で逮捕 足立区の夫婦 /東京
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/m20140209ddlk13040016000c.html
 生活保護費を不正受給していたとして、警視庁組織犯罪対策1課は8日、韓国籍でクラブ経営の朴順京(パクスンギョン)容疑者(58)=足立区竹の塚2=と、夫で会社経営の沼田三規雄容疑者(64)=同区古千谷本町2=を詐欺容疑で逮捕したと発表した。沼田容疑者は容疑を認めているが、朴容疑者は一部否認している。

 逮捕容疑は2012年8月〜昨年12月、収入がありながら無職と...以降有料記事


NHK 報道なし



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連リンク

年商数千万円で生活保護受給 韓国人のクラブ経営者逮捕 警視庁
産経新聞 5月19日(日)11時31分配信 ※2013年
http://megalodon.jp/2013-0519-1504-00/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130519-00000514-san-soci
 韓国人クラブを経営しながら生活保護を受給していたとして、警視庁組織犯罪対策1課は、詐欺容疑で、韓国籍の韓国人クラブ「パートナー」(東京都新宿区歌舞伎町)経営、許愛栄容疑者(54)=同区戸山=を逮捕した。同課によると、「病気で働けないと言ってだました」と、容疑を認めている。

 許容疑者は平成17年3月から生活保護を毎月14万円受給。同店は20年9月~25年4月、クレジットカードだけで1億2700万円を売り上げており、同課はその間の生活保護費840万円をだまし取っていたとみている。

 同店では女性従業員が「店外デートは3万円」などと男性客を誘ってホテルを往復する姿が目撃されており、同課は管理売春の疑いもあるとみている。

 逮捕容疑は24年7月、同区の福祉事務所に「C型肝炎のため働けない」などとして無収入を申告し、24年8月~25年4月、生活保護費計約138万円をだまし取ったとしている。

 許容疑者は2年に日本人男性と結婚して8年に永住資格を得ており、無収入であれば受給資格があった。


【関連記事】
趣味はゴルフと金儲け… 在日韓国人界の“重鎮”裏の顔は「ソープ王」だった
生活保護で家購入? 「ナマポ御殿」の夫が口を開いた
“生活保護”崩壊の恐怖!就職難ニートの受給で20兆円必要
「生活保護は恥」は過去 今は“貰えるものは貰っておけ”に
不正受給の罰則強化、初の本格改正法案、閣議決定
反省なき大反省会 民主“失笑ライブ”

最終更新:5月19日(日)11時31分



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:社会

トップページ
by doumin | 2014-02-09 15:19 | 社会 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード