人気ブログランキング |
和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
二重国籍問題で説明が二転三転の蓮舫氏、「記憶不正確」でごまかし党代表選継続 (追記)民進党新代表に決定
この人は本当に分かりやすいですねー。
もしきちんとした手続きを踏んでいたら、
いつものあの不快な口調とドヤ顔でとっくに説明しているでしょうからね。

産経:【蓮舫「二重国籍」】民進・蓮舫代表代行、台湾籍認め謝罪 党代表選辞退はせず
2016.9.13 10:46更新

(1/2ページ)
http://www.sankei.com/politics/news/160913/plt1609130009-n1.html
 民進党の蓮舫代表代行は13日午前、国会内で記者会見し、日本国籍と台湾籍とのいわゆる「二重国籍」疑惑について「17歳のときに抜いたという認識だった台湾籍が残っていた」と明らかにし、「私の記憶の不正確さによって、さまざまな混乱を招いたことは、本当におわび申し上げたい」と謝罪した。

 蓮舫氏側は今月6日に台北駐日経済文化代表処(東京都港区)で台湾籍を放棄する書類を提出しており、手続きが進められている。

 立候補している党代表選(15日投開票)については「日本のためにしっかりと仕事をしたいという思いは変わらない」と述べ、辞退しない考えを示した。

 蓮舫氏は昭和60年1月に日本国籍を取得し、代表処で台湾人の父と放棄の手続きをしたと説明。関係者が今月6日に代表処で台湾籍の除籍を照会したところ、確認が取れず台湾籍を放棄する手続きも行った。蓮舫氏によると、12日夕に代表処から籍が残っている連絡があったという。


(2/2ページ)
http://www.sankei.com/politics/news/160913/plt1609130009-n2.html
 蓮舫氏は会見で「17歳当時、父に確認すればよかった」と釈明。平成22年の菅直人内閣での行政刷新担当相就任や今回の代表選出馬に際して確認しなかったことに関しては「日本人だから、そこに制限はないと認識している」と述べた。

 この問題で、蓮舫氏は当初「生まれたときから日本人」と主張し、その後「法律的には昭和60年から日本人だ」と修正するなど、説明が二転三転。台湾籍の放棄が完了していたのか疑問視されていた。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は13日午前の記者会見で、蓮舫氏が台湾籍が残っていると明らかにしたことについて「議員自身で説明する問題だ」と述べた。


日経:蓮舫氏「台湾籍残っていた」 二重国籍問題で謝罪
2016/9/13 11:11
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H0G_T10C16A9EAF000/


朝日:蓮舫氏「台湾籍残っていた」とおわび 民進代表選は継続
2016年9月13日11時17分
http://www.asahi.com/articles/ASJ9F3G3QJ9FUTFK003.html


読売:「台湾籍残っていた」民進・蓮舫氏が陳謝
2016年09月13日 11時50分
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160913-OYT1T50074.html


NHK:蓮舫氏「台湾籍残っていた」と謝罪 代表選は継続
9月13日 11時50分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160913/k10010683491000.html

※抜粋

民進党代表選挙に立候補している蓮舫代表代行は、父が台湾の出身、母が日本人で、日本国籍と台湾籍の、いわゆる「二重国籍」になっているのではないかという指摘が出ています。
これについて、蓮舫氏は、国会内で記者団に対し、「17歳の時に、日本国籍を取得したのに合わせて、父と一緒に台湾籍を抜く作業をしたという認識でいたが、台湾当局に確認したところ、きのう、籍が残っていたと連絡を受けた」と述べ、台湾籍が残っていたことを明らかにしました。
そのうえで、蓮舫氏は、「私の記憶の不正確さによって、さまざまな混乱を招いたこと、発言の一貫性がなかったことにおわびを申し上げたい。今、台湾籍を抜く届け出をしており、手続きが完了すれば、籍に関することは最終的に確定する」と述べました。
一方で、蓮舫氏は、「これまで政治家として、日本人という立場以外で行動したことは一切なく、日本のために働いてきたし、これからも働いていきたい。党を変えたいという思いは変わらない」と述べ、引き続き、代表選挙を戦っていく考えを示しました。


時事:蓮舫氏、台湾籍認める=「記憶不正確」と謝罪
(2016/09/13-11:53)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016091300255&g=pol

※抜粋

 蓮舫氏は旧民主党政権で、台湾籍が残ったまま閣僚を務めていたことになり、波紋が広がりそうだ。

◇蓮舫氏の台湾籍をめぐる経緯
【8月】
  5日 蓮舫氏が民進党代表選出馬表明
 29日 インターネット言論サイトで「二重国籍疑惑」の指摘
【9月】
  2日 代表選告示
  3日 民放番組で「(台湾)籍は抜いている」「18歳で日本人を選んだ」と説明
  6日 記者会見で「17歳で日本国籍を取得した際、台湾籍を放棄」と説明。改めて
     台湾当局に放棄申請
  8日 ネットメディアの取材に「私の国籍は形式上『中国』」「中国の国内法では二
     重国籍にはならない」と説明
 11日 記者会見で「一つの中国」原則に言及し、二重国籍を否定
 13日 記者会見で台湾籍が残っていたと説明、混乱を謝罪



2位じゃだめなのか?から何にも成長していない蓮舫さん。
地頭の悪さと素養のなさと浅はかさに加え、
大嘘吐きであることも露呈しました。
さらに、旗色が悪くなると途端に媚びだし、
差別だのネットは怖いだのと問題のすり替え。
逃げ切れないと見るや「記憶の不正確さ」が原因とまた嘘。
国会議員どころか人間性を疑うレベル。

こんな人が「総理大臣を目指す」なんておこがましいにも程があるとは思いますが、
でも、蓮舫さんらしい。
こんな人じゃないと、こんなことは言えませんからね(笑)。
そして、自分をどこまでも高く評価し、失敗は人のせい、揚げ足取りだけは超一流の民進党議員の鑑とも言えるでしょう。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

朝日:蓮舫氏「岡田代表は大好き、ただ本当につまらない男」
2016年8月23日18時26分
http://www.asahi.com/articles/ASJ8R4TSKJ8RUTFK008.html


The Huffington Post:蓮舫氏が朝日新聞に苦言「この編集のされ方は残念すぎます」 実際の発言は?
執筆者: 安藤健二
投稿日: 2016年08月23日 20時37分 JST 更新: 2016年08月24日 15時55分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/23/renho-asahi_n_11659740.html
d0164331_15255240.jpg


J-CAST:蓮舫氏、軽口会見批判に「猛省してます」 代表選支持の岡田代表を「つまらない男」
8月24日(水)18時48分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000005-jct-soci


日刊スポーツ:蓮舫氏、岡田代表つまらない男発言「釈明しません」
9月1日(木)23時53分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000182-nksports-soci


産経:【民進党代表選】蓮舫代表代行インタビュー(3)台湾との「二重国籍」疑惑報道に「帰化じゃなくて国籍取得」「質問の意味分からないけど、私は日本人」
2016.9.2 08:29更新
(5/5ページ)
http://www.sankei.com/politics/news/160902/plt1609020012-n5.html


朝日:民進・玉木氏、前原氏に涙の訴え 蓮舫氏「男が泣くな」
9月7日(水)20時33分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160907-00000092-asahi-pol


アゴラ:ますます支離滅裂になる蓮舫氏の説明 --- 池田 信夫
9月10日(土)7時10分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160910-00010003-agora-pol
アゴラ編集部の問い合わせに10日たっても答えない蓮舫氏が、ヤフーニュース(http://news.yahoo.co.jp/feature/349)のインタビューに答えている。こういう対応をすること自体「私にはやましいことがあります」と告白しているようなものだが、その内容にも疑問が多い。

“――これまでのメディアの取材で「生まれたときから日本人だった」と語ったことがありましたが。

この間、ネットなどで私の家族を攻撃するような、いわれなき書き込みがあったので、あえて私の気持ちとしては日本で生まれて育って日本の風土で育まれたという気持ちを話しました。ですが確かに法律上は17歳から日本人になっています。”

経歴詐称を自分でも認めたわけだ。問題はいつからこういうことを言っているかで、選挙期間中に言ったら公選法違反(虚偽事項公表罪)であり、それ以外の時期でも軽犯罪法違反に問われる。企業だったら、経歴詐称は解雇できる。民進党の代表選挙にも影響する。

“――日本の国籍取得の後は、台湾のパスポートは使っていないのですか。
使っているのはすべて日本のパスポートです。台湾のパスポートは失効しています。”

つまり台湾のパスポートが手元にあったわけだ。台湾籍を喪失した場合はパスポートも返却するので、手元に残ることはありえない。それを今週の火曜に代表処に返却したのだから、それまで台湾籍が残っていたことは確実だ。

要するに、この聞き手(野嶋剛)もいうように「1985年に日本国籍を取得した以降、台湾の国籍放棄については、本人は台湾政府に確認していないし、確認が必要だという認識もなく、その点について家族からも説明はなかったので、一切の放棄のための行動を取ってこなかった」ということだ。

これはアゴラでわれわれの出した結論と同じだが、驚いたことに蓮舫氏はこう言い出す。

“1972年以降、私の国籍は形式上「中国」になっています。仮に中国の国内法では外国籍を取得した者は自動的に喪失をしているので、二重国籍にはなりません。”

この「中国」が中華人民共和国のことなら、問題ははっきりしている。問い合わせには「中華人民共和国の国籍法によって1985年に私は国籍を喪失した」と答えれば終わりで、台湾代表処に行く必要もない。これは八幡さん(http://agora-web.jp/archives/2021332.html)もいうようにガセネタだが、彼女はこの話が自分の行動と矛盾することにも気づかないのだろうか。

中華人民共和国は中華民国を認めていないので「中国籍はわが国の国籍法で処理する」というだろうが、日本の法務省がそんなことをしたら在日台湾人はパニックになる。だから法務省は「中国籍」という奇妙な国籍をつくって、在日台湾人には中華民国の法律を適用しているのだ。彼らの旅券にも「台湾」と書かれており、扱いは中国とは別だ。

彼女は次のどれか、はっきりさせてほしい。

1. 中華人民共和国の国籍法によって1985年に国籍を喪失した
2. 中華民国の国籍法によって1985年に国籍を喪失した
3. まだ喪失していなかったので9月6日に台湾代表処に喪失届けを出した

論理的には1もありうるが、そうだとするとこのインタビューも意味不明になる。31年前に中華人民共和国が抹消した国籍を、台湾政府にどうやって確認するのか。彼女は台湾代表処ではなく、中国大使館に行くべきだ。


【関連記事】
「日本旅券、嫌だった」蓮舫氏、朝日新聞で発言の過去
蓮舫氏は「二重国籍」より嘘が問題
民進党は蓮舫氏の経歴詐称を調査せよ
台湾人は中国本土の国籍法適用?共同が報じた法務省の謎見解
このまま蓮舫氏を代表にしたら民進党はもう終わり


ZAKZAK(夕刊フジ):「国籍」問題だけじゃない…蓮舫氏のブレた言動 過去に「政界進出しない」
2016年9月12日 17時12分
http://news.livedoor.com/article/detail/12009092/


The Huffington Post:「ネットの怖さを痛感した」蓮舫氏「二重国籍」騒動を語る 【単独インタビュー】
執筆者: 泉谷由梨子、長澤蘭
投稿日: 2016年09月12日 21時40分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/2016/09/12/renho-interview_n_11971430.html


アゴラ:蓮舫氏には台湾の国籍法が適用される --- 池田 信夫
9月13日(火)7時10分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160913-00010000-agora-pol
これまで八幡和郎さんと私が蓮舫氏の発言の矛盾を指摘したが、9月11日の産経(http://www.sankei.com/politics/news/160911/plt1609110014-n1.html)で、今までになかった話が出てきた。国籍問題で「『一つの中国』論で言ったときに、二重国籍とメディアの方が使われることにびっくりしている」というのだ。

これは日本語として意味不明だが、台湾は国ではないので自分は二重国籍ではないといいたいらしい。これについては共同通信などが「台湾人には中華人民共和国の国籍法が適用される」というガセネタを流したが、2006年の衆議院法務委員会で法務省が答弁した正式の法務省見解(http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/164/0004/16406140004031c.html)は次の通り。

“枝野委員 台湾の皆さん、台湾に住み、あるいは台湾の陳水扁総統の統治下に国籍があるといいますか、この皆さんの本国法はどうなるんでしょうか。

杉浦法相 準拠法の指定は、国際私法においては、私法関係に適用すべき最も適切な法は関係する法のうちどれであるかという観点から決まる問題でございまして、一般に国家または政府に対する外交上の承認の有無とは関係がないと解されておりまして、台湾出身の方については、国際私法上は、台湾において台湾の法が実効性を有している以上、その法が本国法として適用されるということとなり、実務上もそのように取り扱われているというふうに承知しております。

枝野委員 当然、台湾法が適用されなければいけないと思います。”

台湾人には、台湾の国籍法が適用されるのだ。今までもそうだったし、蓮舫氏もそう理解していたから、台湾代表処に行ったのだろう。中共の国籍法が適用されるなら、中国大使館に行かなければならない。これは国際私法の専門家である枝野氏も知っているはずなので、早めにアドバイスし、もう見苦しい言い逃れはやめたほうがいい。


【関連記事】
蓮舫氏は国会議員として経歴詐称していた疑いがある
台湾政府の官報に蓮舫氏の「国籍喪失」の記載はない
「自分は中国国籍」蓮舫氏、朝日新聞に語っていた
「日本旅券、嫌だった」蓮舫氏、朝日新聞で発言の過去
台湾を“裏切った”?蓮舫氏への台湾人の複雑な気持ち



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

毎日:蓮舫氏「台湾籍残っていた」会見で陳謝「二重国籍」問題
2016年9月13日 10時51分(最終更新 9月13日 13時26分)
http://mainichi.jp/articles/20160913/k00/00e/010/229000c


サンケイスポーツ:蓮舫氏が国籍問題を生釈明「手続きが終わったら、この問題は終わり」
9月13日(火)14時11分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00000531-sanspo-soci


テレビ朝日系(ANN):“二重国籍”で民進党に衝撃「大臣までした人に…」
9月13日(火)16時55分
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160913-00000030-ann-pol


日刊スポーツ:蓮舫氏「つまらない男」一変「素晴らしいリーダー」
9月13日(火)22時53分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00000160-nksports-soci


保守速報さん

【画像】蓮舫「私は二重国籍なんです」と明言 1993年2月6日号対談記事より。当時25歳
2016年09月14日07:06
http://hosyusokuhou.jp/archives/48443575.html

中国共産党メディア「日本『民進党』の蓮舫党首立候補は台湾が国じゃないと宣言、台湾民進党のガラスの心が割れた」
2016年09月14日14:00
http://hosyusokuhou.jp/archives/48445527.html

蓮舫「台湾は国ではない」→台湾議員「台湾は蓮舫氏に抗議すべき」
2016年09月14日17:14
http://hosyusokuhou.jp/archives/48446625.html


日経:台湾出身者に中国法適用せず 法務省見解
2016/9/14 19:48
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS14H3Y_U6A910C1PP8000/

※抜粋

中国の法律では外国籍を取得した時点で中国籍を失うが、この見解に基づくと蓮舫氏は日本国籍取得後も台湾との二重国籍だったことになる。


産経:【阿比留瑠比の極言御免】法令守らぬ「蓮舫代表」担ぐ怪奇 何が問題かも理解できず
2016.9.15 01:00更新
http://www.sankei.com/premium/news/160915/prm1609150004-n1.html


ライブドアニュース(東スポ):蓮舫氏に二重国籍問題以外の「爆弾」存在か 怪文書出回る?
2016年9月15日 6時30分
http://news.livedoor.com/article/detail/12020584/


スポニチアネックス:結党初の代表選なのに…民進党ゴタゴタ 延期、出馬撤退求める声
9月15日(木)7時1分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000048-spnannex-soci


アゴラ:法務省、「蓮舫氏に中国大陸法適用」報道に訂正申し入れ --- アゴラ編集部
9月15日(木)7時11分
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160915-00010002-agora-pol


夕刊フジ:【野党の存在価値】“ウソつき”蓮舫氏「まだ本当のことを語ってない」疑問も 議員辞職を
2016.09.15
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160915/plt1609151140002-n1.htm





こんな人でも党首になれます。
さすが民進党、サポーターも所属議員も良くない方に向いたままで全くブレませんね。

NHK:民進党 新代表に蓮舫氏
9月15日 14時33分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160915/k10010687331000.html

※抜粋

民進党の代表選挙は、臨時党大会で、国会議員らによる投票が行われ、地方議員と党員・サポーターの票と合わせて開票された結果、合わせて849ポイントのうち、蓮舫代表代行が過半数の503ポイントを獲得し、前原元外務大臣と玉木国会対策副委員長を抑え、新しい代表に選出されました。


さ、二重国籍問題はどうなるか。
マスコミは追及すべきだと思うけれど、
法務省の見解を捏造してみたり、
よく分からない弁護士の「問題ない」とする見解を流してみたり、
コメンテーターが「出自で差別するな」など問題のすり替えをしてみたりと、
擁護する方向のところが多いようで。
自民党と違って、民進党は本当に恵まれていますねぇーー。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:政治

■関連カテゴリ:政治-与党(2012.12.25まで)

トップページ





.
by doumin | 2016-09-13 13:08 | 政治 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード