人気ブログランキング |
和はいい和@どうみん
doumin.exblog.jp
ブログトップ
<   2012年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧
政府が竹島提訴先送りの方針
民主党がまた言いっぱなし、やりっぱなしで逃走。
北方領土・尖閣に続いて竹島も。

消費増税は「やるべきこと」。
でも日本の領土に関することは先送り。

日経:政府、「竹島」提訴先送り 日韓関係修復の兆しで 2012/11/25 23:37
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS25009_V21C12A1PE8000/
 政府は島根県の竹島(韓国名・独島)領有権問題で、国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴の最終判断を衆院選後に先送りする方針を固めた。韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島上陸以来中断していた政府間交流が再開し、当面は韓国の対応を見極める。大統領選を来月に控え、対日感情を悪化させるのは得策でないと判断した。

 日本政府は8月10日の李大統領の竹島上陸を受け、同11日に竹島問題をICJに提訴する方針…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


日本政府が竹島単独提訴を延期、次期政権に先送り=韓国
サーチナ 11月26日(月)12時28分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121126-00000024-scn-kr
 日本政府は、竹島(韓国名:独島)問題の国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴について、提訴の準備は終えたが、提訴するかどうかの判断は、来月16日に行われる衆議院選挙以降に延期する方針を決めた。日本経済新聞が26日に報じたところ、韓国メディアがこれに注目し、相次いで報じた。

 韓国メディアは、「日本、竹島の単独提訴の判断は次期政権に渡す」「日本、竹島のICJへの単独提訴は、総選挙以降に延期」などと題し、日本政府が竹島問題をICJに単独提訴するかどうかの判断を、総選挙後に決定する次期政権に委ねることにしたと伝えた。

 同紙は、日本政府は竹島提訴の準備をほぼ終えたが、準備が整い次第、提訴するという当初の方針を軌道修正し、最終的な判断は12月に行われる衆議院選挙以降に延期する方針を決めたと伝えた。その理由として、日韓関係に修復の兆しが見られることを挙げた。

 韓国メディアは、8月の李大統領の竹島訪問直後、日本は韓国に共同提訴を提案したが、韓国政府は領土問題は存在せず提訴に応じる理由がないとの立場を取ったことから、失敗に終わり、単独提訴に方針を変えて準備を進めていたと説明。
 
 一方で、11月22日にはソウルで日韓の次官級の経済協議が行われ、24日には両国の財務相会議が開催された。今回の方針変更は、日韓関係の回復の雰囲気が高まっていることや、東アジアの安全保障への影響を考慮した米国の仲裁が影響しているとの見方を紹介した。

 また、総選挙で勝利すると予想される自民党は、政権公約で領土問題に強硬な姿勢を見せているが、韓国の新政権と米国を意識せずに提訴を進めるかどうかは不透明だと伝えた。(編集担当:李信恵・山口幸治)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
田中法相辞任 民主党政権の3年間で法務大臣は次で9人目、拉致問題担当大臣は8人目、閣僚辞任・罷免は8人目 2012-10-23
末期症状の民主党「財政、領土、領海、原発、全て自民党が悪い」…19日、都内街頭演説で 気になるのは尖閣 2012-09-20
民主主義国家とは思えない韓国の異常性…まるで北朝鮮 異様な韓国政府、マスコミ、芸能人、大学教授など 2012-08-22
精神疾患としか思えない韓国人の異常行動 李明博、サッカー協会、韓国世論 2012-08-16
歴史

■カテゴリ:歴史

■関連カテゴリ:政治-2012衆院選

トップページ
by doumin | 2012-11-26 17:01 | 歴史 | Comments(0)
政党要件維持に必死な新党大地 政党交付金廃止が持論で世襲批判を展開してきた鈴木宗男が長女擁立検討
大地、6候補者発表 「生活」北出氏推薦、準備不足否めず /北海道
毎日新聞 11月24日(土)11時4分配信 ※2012年
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121124-00000032-mailo-hok&p=1
 新党大地・真民主は23日、札幌市内で記者会見し、衆院選(12月4日公示、16日投開票)の道内小選挙区の公認候補6人と推薦候補1人を発表した。前回(09年)衆院選では協力した民主党道連との関係を解消し、政党要件の国会議員5人以上の確保へ向けて候補擁立したが、準備不足は否めず、党の存亡を賭けた選挙戦となりそうだ。(社会面参照)

 大地の解散前の国会議員は前職の3人と参院議員2人で、政党要件の確保には衆院選で3人当選が必要。道11区の前職、石川知裕氏(39)と12区前職、松木謙公氏(53)を当選させ、比例代表道ブロックで1議席以上確保するのが狙いだ。
 そのため、「党の顔」として1区にスピードスケート五輪金メダリストの清水宏保氏(38)を擁立。8区に出馬する「国民の生活が第一」公認の衆院議員秘書、北出美翔(みか)氏(26)を推薦し、生活との連携を図る。さらに、鈴木宗男代表の長女でNHK職員の貴子氏(26)の擁立も検討している。
 記者会見には、石川、松木両氏以外の立候補予定者5人と、鈴木代表、党の命名者で歌手の松山千春氏が出席。立候補予定者がそれぞれ抱負を述べた後、松山氏は「世代交代にこだわった。各分野のスペシャリストたちが北海道、日本を変える」とアピールした。
 松山氏は貴子氏の擁立について「遠くないうちに結果をもらえる」と述べた。これまで世襲批判を展開してきた鈴木代表は「それなりの目標を持って政治家を目指すのならば尊重したい。私は議員ではないので世襲に当たらない」と言葉を濁したものの、大地としては世襲批判を覚悟で、もう一人の「党の顔」として貴子氏を担ぎたい意向だ。
 一方、民主党が12区に候補擁立を検討していることについて、鈴木代表は「民主党の出方によっては私の方も出す手はある」とさらなる候補擁立を示唆した。みんなの党や日本維新の会など、生活以外の第三極との協力に関しては「数だけそろえるつもりはないが、いろんな形の協力を模索する」と述べるにとどまった。

 ◇自民選考漏れの苫米地氏、4区に
 道3区(札幌市白石、豊平、清田区)で立候補予定の新党大地・真民主女性局長、町川順子氏(53)は前回(09年)衆院選の比例代表道ブロックに続く出馬。「20年余りメーキャップアーティストとして仕事をしてきた。健康、医療、予防医療に取り組みたい」と語った。またシングルマザーとして1児を育てた経験から「女性がもっと働きやすい環境づくりを進めたい」と力を込めた。
 道4区(札幌市手稲区、後志管内)から出馬予定の脳機能学者、苫米地英人氏(53)は自民党からの出馬を目指したが支部長選考に漏れ、大地公認に。祖父は小樽を拠点に衆院4期(旧道1区)・参院1期を務めた元国会議員の苫米地英俊氏。「東京の学者と言われることが多いが、私は代々北海道。政界を舞台に専門であるコーチングをしていきたい」と述べた。
 前職の党幹事長代行、浅野貴博氏(34)=比例代表道ブロック=は道10区(空知、留萌管内)からの出馬が決まった。今月12日に結婚した妻真希さんが留萌市出身。「私は釧路の農家出身です。第1次産業なくして北海道は成り立たない。TPP(環太平洋パートナーシップ協定)は反対ではなく『断固阻止』。さらに留萌、空知を覆う閉塞(へいそく)感を打破していきたい」と力説した。【山下智恵、大場あい、伊藤直孝】
11月24日朝刊


ムネオの日記 2012年11月24日(土)
(抜粋)
 7区(釧路・根室管内)の鈴木貴子が出るかどうかについては、松山千春さんに一任し、来週初めには報告があるものと考えていると現状認識を説明する。




ほんとにムネオさんて・・・。

時代錯誤の感覚、悪い意味での田舎根性、すぐに透けて見える腹黒さ、下品さ、
ダブルスタンダード。

ここまで洗練されてない人ってめったにいないでしょうねぇ。


報道されないようなところではとんでもない発言を繰り返す。
(道議を見下す、お門違いの批判、頑張ってやってきたのは鈴木宗男だけ!と自画自賛、当時連携していた民主党にお伺いも立てず「普天間は北海道で受けるべき」発言など)

政党交付金廃止が持論だったはずなのに、
訳あり議員でも何でも良いからとにかく大急ぎで無理矢理寄せ集め、
締め切り直前に政党要件を満たしたところでしっかりと申請し政党交付金(大地は1億円!)ゲット。
そしてその一方で、
「政党交付金というものがあるんですよ、皆さん。これはかなりの金額なんです」
などと、テレビ等でしれっと語る。
(政党交付金の基準日は1月1日。年4回に分けての交付で、その都度申請が必要となります。今年1月1日の基準日に間に合わすため、昨年12月に大慌てで政党要件を満たし申請したことや、これまでの分はしっかり貰っていることは隠した上で、前述の「政党交付金はかなりの額」や「公債法案の遅れ」をあちこちで言いたいがために10月だけは申請せず。『近いうち解散』の情勢を見込んでのことかもしれませんねぇ。で、あれを聞いた有権者は、「へぇ、そういう政党助成制度があるんだ。でも大地は今まで一切貰っていないんだ」と思い込むでしょうね。腹黒い手法ですが浅はかでもある・・・交付先と交付額の詳細は誰でも簡単に調べられることなのに、大方の有権者はどうせ分からないだろうと高を括っている=有権者をバカにしているというわけです)

何のための北方領土訪問(第二のムネオハウスはもう無理ですよ、鈴木さん)か知らないけど、
『日本の立場、ロシアの立場、それぞれある。ここは冷静に対処する事が大事である』などと述べ、
『メドベージェフ訪問のために清掃中の住民の方々と談笑』と写真をアップする無神経さ。

民主党と決裂した直後、小沢さんのところの議員を推薦する下品さ。

『コンサートでのリップサービス』と『選挙出馬』を同列に語るような勘違いタレントを、
広告塔として利用することの恥ずかしさ。

スピードスケート選手だとか、自民の選考に漏れた何だか良く分からない色物を、
票のためだけに擁立するバカさ加減。

保釈後のパーティでは三文芝居丸出しの土下座謝罪。
(元外務省職員が「鈴木先生を巻き込んでしまった」と土下座謝罪、ムネオさんは「いやいや、いいから」みたいな流れ。薄っぺらく下品なことこの上ない)

「親が自分のために馬を売って資金を工面し、大学にあげてくれた」などに代表されるお得意のお涙頂戴。

「娘は自分よりも素質がある」などと数年前から布石を打っていたくせに、
(ムネオさん逮捕前なので、現役議員でした)
長女擁立検討で「私は議員ではないので世襲に当たらない」とか、まるで民主党議員のような詭弁(笑)。


国をどうしたい、地方をどうしたい、そういうことは考えていなくて、
まずは当選ありきなんでしょう、民主党議員みたいに。

国会議員って、いつからこんな人ばかりになったんでしょうねぇ。



ムネオさん、恩師である故中川一郎氏と引き継いだ故中川昭一氏に、
本当は何をしたの?



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連リンク

2012年11月25日投開票の北見市長選は、衆院選12区の前哨戦と言われていました。
民主・大地・社民が推薦する現職と、自民が推薦する新人の一騎打ちです。
結果は新人の勝利。
普通は現職というだけで有利なのに(笑)。

選挙速報 北見市
http://www.city.kitami.lg.jp/shicho_shigi_senkyo.html
   小谷 つねひこ 23,370票 無所属・現(民主、社民、新党大地・真民主推薦)
(当)桜田 まこと  30,473票 無所属・新(自民推薦、公明支持)




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

貴子さん出馬を正式に発表。
あーあ。

ところで、貴子さんの出馬を何で松山千春に一任してるの?
選挙に出る出る詐欺が大好きな、ほんのちょっとだけ政治に詳しいかもしれない程度のタレントに?
政治をここまでバカにしていいの?
これまで散々世襲批判を展開してきたのは、
故中川昭一氏をはじめ、自民党を私怨で叩きたかっただけと思われても仕方がないですよ?

で、貴子さん。
「政治家鈴木貴子の父や母は7区の皆さんだ」って何それ。
地盤だけじゃなく、こんなバカさ加減まで引き継いじゃったの?

鈴木宗男氏の長女・貴子氏、衆院選出馬を表明
読売新聞 11月26日(月)20時53分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121126-00001184-yom-pol

写真=松山千春氏とともに会見に臨む鈴木貴子氏(釧路市のホテルで)

 新党大地・真民主の鈴木宗男代表の長女、鈴木貴子氏(26)が26日、衆院選北海道7区からの出馬を表明した。

 北海道釧路市で記者会見した鈴木氏は、出馬理由に同党後援会からの要請を挙げ、「育ててもらった皆さんに恩返ししたい」と語った。また、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加反対に加え、「北方領土返還はライフワークとして取り組みたい」とした。

 世襲批判には「父が鈴木宗男なのは紛れもない事実だが、政治家鈴木貴子の父や母は7区の皆さんだ」とかわした。鈴木氏は北海道帯広市生まれで、釧路市の小学校を卒業。カナダ・トレント大を卒業し、NHK長野放送局ディレクターとなった。NHKには辞職願を提出したという。




また始まった。
ロシアから天然ガスって一体。
政治的な摩擦で供給停止(死んでしまう・・・)されたり、価格を跳ね上げられたりしてる国があるのを、
まさか知らないわけじゃないでしょうね?
いくつかの選択肢のうちのひとつに挙げるならまだしも、
ロシアのような異常な国のエネルギーを中心とするなんて、まともな人の考えることとは思えない。
自分だけムネオハウス状態で良いでしょうが、日本国民は苦しむでしょう。

さらに「消費税増税を取りやめ、天下りの根絶や、あらゆる税金のむだづかいの見直し」って(笑)。
民主党詐欺はもう通用しないのに。

NHK:新党大地 衆院選の公約発表 11月28日 16時55分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121128/k10013818641000.html
「新党大地・真民主」は、政党名を「新党大地」に変更するとともに、ロシアの天然ガスを代替エネルギーとして、原発ゼロを実現することや、TPP=環太平洋パートナーシップ協定への参加阻止などを盛り込んだ来月の衆議院選挙の公約を発表しました。

新党大地が発表した衆議院選挙の公約によりますと、ロシアの天然ガスを代替エネルギーとして、確実な「原発ゼロ」を実現するとしているほか、放射性廃棄物の最終処分場の建設を促進するとしています。
また、TPP=環太平洋パートナーシップ協定への参加を阻止し、農業をはじめとする第1次産業や国民皆保険制度などを守るとしているほか、消費税増税を取りやめ、天下りの根絶や、あらゆる税金のむだづかいの見直しなど、徹底した行財政改革を優先するとしています。
さらに、衆参両院の選挙制度を抜本的に改革し、衆議院で100、参議院で115の定数削減を実行するとしているほか、司法制度改革として、取り調べの全過程を可視化する録音・録画を法制化するなどとしています。
一方、政党名について、基盤を置く北海道で浸透した名称に変更したいとして、28日、総務省に「新党大地・真民主」から「新党大地」に変更する届け出を行いました。




このスケート選手、
選挙期間中にこんな低レベルな弱音を吐いていたんですねぇ。
呆れた。

「長野の奇跡、政治でも」=金メダリスト、前議長に挑戦―北海道1区【12衆院選】
時事通信 12月5日(水)15時25分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121205-00000096-jij-pol
(抜粋)
 握手をせがまれる人気者から、握手を求める立場に。「涙が出そうになった。けさは(レギュラー出演していた)テレビに出ているはずだったのに」。支援者を集めた会合で、清水が弱音を漏らした。




やっぱりね。

NHK:政党助成金 見送り分含めて交付 12月20日 20時54分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121220/k10014336141000.html
ことし4回目となる政党助成金が、20日、交付され、赤字国債発行法の成立の遅れを理由に前回の助成金の請求を見送った民主党と国民新党には、前回の分も含めて助成金が交付されました。

政党助成金は、政党助成法に基づいて総務大臣に届け出のあった政党に対し、総額320億円が、年4回に分けて交付されるもので、総務省は、20日、7つの政党に対し、ことし4回目となる12月分を交付しました。
この中で、民主党と国民新党は、赤字国債発行法の成立の遅れを理由に、前回は助成金の請求を見送りましたが、その後、法律の成立を受けて請求があったことから、前回の分も含めて交付されました。それぞれの交付額は、民主党が82億5200万円、国民新党が2億2100万円で、前回の分も含めた結果、いずれも本来4回目として交付される予定だった額の2倍となっています。
また、今回の交付時期までに政党助成法上の政党要件を満たさなくなった政治団体にも特例の助成金が交付され、民主党と国民新党とともに前回の請求を見送った新党大地には、前回の分を含めて5700万円が今月26日に交付されます。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
石川知裕衆議院議員辞職で鈴木宗男氏の長女・貴子氏が繰り上げ当選 宗男氏「娘のためと言われるのは迷惑」 2013-05-22
またメドベージェフが複数の閣僚と北方領土入り…前日まで訪問していた鈴木宗男、余計な事をした鳩山と菅 2012-07-05
やっと地元入りの小沢氏「新党結成の噂」、訳有り議員寄せ集めの鈴木宗男氏と民主離党組「政党名変更」 2012-01-07
もはやほころびが…鈴木宗男代表『大地・真民主党』 「本籍は民主党」と石川氏 政党交付金狙いの見方も 2011-12-29 16:45
鈴木宗男氏仮釈放 「私は生涯政治家」政界復帰に強い意欲 地元「ちょっとおかしい」「今後期待できない」 2011-12-07
北海道5区補選 松山千春氏は“今回は”出馬せず 2010-09-02

■カテゴリ:政治-2012衆院選

トップページ
by doumin | 2012-11-25 23:51 | 政治‐2012衆院選 | Comments(1)
北教組員ら4169人不適切勤務で給与1318万円返還要求(実際の不当支給額は数千万円規模か)…道教委調査で発覚
道教委調査で北教組員ら4169人不適切勤務が発覚 給与1318万円返還要求
産経新聞 11月24日(土)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121124-00000112-san-soci
 北海道教職員組合(北教組)による勤務時間中の組合活動問題に絡み、北海道教育委員会が道内の全公立小中高校の教職員を対象に実態調査したところ、平成18~22年度の5年間に、北教組組合員ら4169人が、勤務時間中に帰宅するなどの不適切勤務をしていたことが23日、関係者への取材で分かった。不適切勤務は計4418時間に上り、給与約1318万円が不当に支給されていた。道教委は近く調査結果を公表し、返還を求めるとともに関係者の処分を検討する。

 4169人のうち9割近い3588人については、本人の証言が得られなかったケースで、時間と給与支給額を算出していない。このため、実際の不当支給額は数千万円規模に上るとみられる。

 調査は昨年11月以降、2350校、5万497人を対象に実施。出勤簿などを精査し、疑いのある教職員には事情を聴くなどした。

 関係者によると、不適切勤務で最も多かったのは、夏休みなどの長期休業中、勤務時間が順守されなかったケース。各学校舎の警備システムの記録を調べた結果、例えば始業の1時間後に解除されたり、退勤の1時間前に作動されたりして183校の384人が計2472時間、勤務時間を守らず、給与計約720万円を不当に受けていた。

 このケースでは3588人が不適切勤務を認めず、大半が「システムを作動させた後、校内巡視などを行い終業時間後に退勤した」などと説明しているが、道教委は同一校でほぼ全員が同じ回答をするなど、「明らかに不自然」としている。

 また、夏休みなどに「校外研修を行う」と校長に届けたにもかかわらず、実際には行っていなかったケースが、110校で154人に上り、不当支給額は計約498万円だった。



【用語解説】北教組をめぐる不適切勤務問題  平成22年3月に起きた民主党衆院議員への北教組の違法献金事件を契機に、北海道教委が教職員の実態調査を実施したところ、勤務時間中の組合活動など、延べ400人以上に法令違反の疑いが発覚。さらに会計検査院が昨年、全教職員の1割を抽出調査したところ、延べ647人の不適切勤務が判明した。このため文部科学省は昨年10月、道教委の調査は「不十分」として、検査院と同様手法による全道調査を指示していた。



【関連記事】
教員の無許可兼業、横行の背景に沖縄県教委が「容認」
「小遣い稼ぎ」と保護者ら批判 沖縄教員の無許可兼職
「北教組が猛威、民主政権で教育歪み」安倍総裁、政権奪還に意欲
中3女子の体触り、母親とも不適切な関係 中学教諭が懲戒免職
ヤンキー先生、北教組の「ひどい実態」暴露


道新:不適切勤務 解明遠く 道教委実態調査 書類なく確認不能の例も(11/25 06:40)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/422095.html
 届け出た研修を行わなかったなど不適切な勤務を指摘された道内公立校の教職員が、2006~10年度に計4169人いたことが24日、道教委の服務実態調査で分かった。このうち一部に対し道教委は、「勤務実態がなかった」として給与返還を求める強い措置を取る。ただ、関係書類が捨てられ確認できなかった事例もあり、全容が明らかになったとは言い難い。調査が進んだ今年、不適切勤務の一例とされた「自宅での研修」が激減するなど、校外での研修の必要性が疑われる事態も生んでいる。<北海道新聞11月25日朝刊掲載>


読売:公立校教職員666人が不適切勤務…給与返還要求へ(2012年11月25日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20121125-OYT8T00027.htm
 北海道内の公立学校の教職員が「カラ研修」など不適切な勤務をしていた問題で、道教育委員会が道内の公立学校教職員に対する調査をしたところ、381校の666人に計4418時間の不適切勤務があったことが24日、わかった。道教委は、不適切勤務に支払われた給与約1318万円の返還を求める方針。

 道教委によると、2006~10年度の5年間に勤務した教職員5万7497人を調査対象にした。夏休みや冬休みに遅刻や早退をしていたのが、183校384人で計2472時間に上り、図書館などで研修すると申請しながら実際には研修をしていなかった教職員は110校154人で計1563時間あった。

 聴取を受けた教職員は否定しているが、学校の警備記録や出勤簿などから「明らかに不自然」と判断されたものなどを含むと、今回の調査で「不適切」「不自然」な勤務をしたとされる教職員は、551校で4169人に上った。道教委は、今年度中に関与した教職員の処分を行う。

 この調査は、会計検査院が昨年11月に公表した道内209校の抽出調査で教職員の不適切な勤務を指摘されたことを受けて、文部科学省の指導で道教委が始めた。

 道教委は「(不適切勤務が)全道的に明らかになり遺憾。責任の所在を明らかにし厳正に対処する」としている。


教職員:勤務実態問題 「不適切」456校793人に 返還対象1318万円−−道教委最終報告 毎日新聞 2012年11月25日 北海道朝刊
http://mainichi.jp/area/hokkaido/news/20121125ddr041100004000c.html
 北海道の公立学校の教職員が、勤務時間中に禁止されている職員団体の活動などをしていた問題で、北海道教委は新たに239校の463人が夏・冬休みの長期休業中に勤務時間を守らないなど、不適切な勤務をしていたとの最終報告書をまとめた。9月に公表した中間報告と合わせた不適切勤務は計456校793人で、給与の返還対象となるのは計4418時間分、1318万円。このほか、警備記録などから勤務実態が「明らかに不自然」と指摘された職員も3588人おり、道教委は今年度末までに処分する方針だ。

 会計検査院の指摘を受け、昨年11月から調査。道内の公立小中高校の全2350校の教職員約5万7500人を対象に、06年度から5年間分を調べた。

 夏休みや冬休みに遅刻や早退をしたのが239校463人、校外で実施するとした研修を実際にはしていなかったのが110校で154人いた。また、勤務時間中に組合活動をしていたのが18校27人、他の教育団体の活動をしていたのが140校164人いた。

 1人日額200円の主任手当についても、多くの学校で過払いされていたことが判明し、別に811万円の返還を求める。

 道教委は「全道的に不適切勤務が横行していたことが分かり、誠に遺憾。市町村教委と連携して勤務の適正化を図りたい」としている。【千々部一好】



道教委が今年9月に発表した中間報告はこちら↓

「カラ研修」「組合活動」等…北海道内の公立学校教職員不適切勤務問題 調査中の道教委が中間報告 2012-09-10
http://doumin.exblog.jp/16786546/




>道教委は同一校でほぼ全員が同じ回答をするなど、「明らかに不自然」としている。
>また、夏休みなどに「校外研修を行う」と校長に届けたにもかかわらず、実際には行っていなかった
>関係書類が捨てられ確認できなかった


こんなことをやっていて、
どんな顔で教鞭をとるのか不思議です。



さて、不適切勤務のうち、北教組員はどのくらいの割合なんでしょうねぇ。

公務員でありながら、
日の丸君が代“強制”がおかしいなどと主張すること自体が異常なのに、
裁判まで起こした日教組員も。
その一方で、自身の奇妙な信条は子供に“強制”するというダブルスタンダード。
子供に考えさせるという選択肢すら与えない。

国家と国旗の大切さを教えない国なんて、世界中のどこにあるでしょうか。
こんな偏った思想を日教組(北教組)先生に押し付けられる生徒は不幸だと思います。



とても教員とは思えない逆ギレ・驚く主張も。

教職員の勤務実態「自宅研修」「勤務時間中の組合活動は当然認められるべき」 不正受給は全道で1億円超も 2011-11-09
http://doumin.exblog.jp/14909375/


「勤務時間中の組合活動は違法ではない! むしろ当然認められるべきだ」
反省どころか逆ギレした挙句、
「調査する側こそ違法」
などと驚くような主張。  (北教組日高支部新ひだか支会)

そもそもこの調査は、
民主党・小林千代美元衆議の北教組事件が原因なんですけどねぇ。




ところで、北教組は2010年の参院選でもとんでもないことをしてましたけど、

参院選で教え子取り込め!北教組で「違法文書」「指令」「カンパ」発覚 道教委、実態調査の結果公表 2010-08-04
http://doumin.exblog.jp/11681033/


来る衆院選でもやらかすんでしょうか。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■関連記事

読売:北教組 批判響かず(2012年6月24日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/feature/hokkaido1312161219114_02/news/20120625-OYT8T00265.htm
(魚拓)

小関副委員長就任■主任手当持ち越し

 北海道教職員組合(北教組)は、受け取りを拒んできた主任手当について、就学支援など社会的還元にあてる制度を年内にも始める。ただ、19、20日の定期大会で決めたのは、これから集める手当についてだけだ。大会では違法献金事件当時の書記長だった小関顕太郎氏を、ナンバー2の副委員長に選んだ。事件から2年余、北教組は変わったのか。

      ◇


役員選挙や主任手当の取り扱いについて厳しい声も出た北教組の定期大会(20日、札幌市内で)

 「北教組は開かれた組織、わかりやすい組織でなければならない」。大会終了後の記者会見で、林秀彦委員長は強調した。議論の中では「団結」が昨年以上に繰り返された。

 これらの言葉とは裏腹に、大会2日目の約1時間は秘密会となった。その場で副委員長選が公正だったかが問われたという。この問題について組合員からは、役員選に影響を及ぼす非公式な組織の存在を指摘する声も上がる。

 今回、副委員長選に立候補した3人のうち、小関氏の得票は7278票。投票総数の半数を62票上回ったに過ぎない。次点候補が6224票を獲得、決選投票まであと一歩と迫った。小関氏復活への批判の大きさを示す数字を前にした秘密会での議論だった。

 しかし、小関氏は就任あいさつで「多大な迷惑をかけたことを衷心よりおわびする」と壇上から述べただけで、報道陣を避けるように会場から姿を消した。林委員長も「取り巻く環境が厳しいことを訴える組合員が少なからずいることは、しっかり受け止めなければならないが、北教組を代表するのは私だ」と小関氏自身による説明の必要性を認めなかった。

 主任手当の社会的還元についても、議論の中で「今回の大会で具体案が示されると思った。これ以上、結論の先送りは許されない」といったスピード感のなさを指摘する声が出た。内部で検討が始まって1年以上。これから組合員にアンケートをするという。

 これまでに集められた数十億円については、「返還運動を問題視する勢力が、道教委に圧力をかけることが懸念される」(林委員長)と、今回も具体的な説明を避けた。

 集めた手当の活用策で組合へのイメージを変えたい――その狙いは、大会を通して半減したと言わざるを得ない。

      ◇

 主任手当…1975年に制度化され、道内では全国より1年遅れの78年から支給が始まった。一定規模の学級がある学校の教務主任、学年主任、生徒指導主事などに日額200円を支給する。道教委の昨年度の支給総額は約2億8000万円。


      ◆

 【ひとこと】「変わらぬ組織」再認識

 全国的には主任制反対運動はすでに過去のものだ。組合活動が激しかった県の教委からも「話題にもならない」という声が聞かれ、主任手当分を切り分けることができない給与体系に変えた県もある。

 「主任手当はまったく不要のもの。その分を教育条件整備に活用すべきだ」というのが北教組の主張だ。手当の社会的還元は一見、好ましく見えるが、支給を拒み続けながら手当を原資に制度を作ること自体が矛盾でもある。反対運動の固定化にもつながる。

 小関氏に対しては「道教委とのパイプに期待する声がある」とも言われるが、それでは時計の針を逆に戻すことになる。

 大会の終了間際、議長団の一人から「マスコミによるバッシング」という言葉も飛び出した。道教委の施策に何でも反対し、批判を「攻撃」と受け止める姿勢は続く。

 主任制反対を続けるということは、教員がみな平等という、非現実的な平等主義を変えないことでもある。大会は、北教組が変わらない組織だということを印象づけた。

(編集委員・中西茂)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

道教委のサイトにまとめページができました。
調査結果報告、教職員の政治的行為の制限、選挙運動の禁止、懲戒処分の指針、平成22~23年度の国旗掲揚・国歌斉唱・不起立の数、総理大臣・文部科学大臣答弁抜粋など、関連する様々な情報の目次として使用できるようになっています。

道教委:服務規律の徹底について 最終更新日 平成24年11月28日
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/ksk/fukumukiritu.htm
 職員は、全体の奉仕者として職務を遂行すべき責務を負っていることを自覚し、学校教育に対する道民の信頼を損なうことのないよう、職務の遂行に当たってはもとより、日常生活においても、法令等を遵守し公務員として自ら姿勢を正すなど、職員一人ひとりが厳正な服務規律の保持に努めることが大切です。
 服務規律の徹底については関係課が多岐にわたることから、このたび利用者の便宜を図るため、関連情報を一覧できるポータルページを整備いたしました。



調査結果はこちら↓

道教委:「教職員給与費の適正執行等に関する調査」について
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/ksi/kyuyohi.htm

■教職員給与費の適正執行等に関する調査報告

■教職員給与費の適正執行等に関する調査報告(資料編)

■教職員給与費の適正執行等に関する調査報告(概要版)


北海道教育庁総務政策局教職員課




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:社会

トップページ
by doumin | 2012-11-25 22:16 | 社会 | Comments(0)
第46回衆議院議員総選挙 北海道第1区~第12区出馬予想(2012年12月4日公示、12月16日執行)
衆院選出馬予想(北海道)です。  ※確定しました(12/4)
テレビ、新聞記事を元にまとめました。



■1区(札幌市中央区、西区、南区)

民主 横路孝弘(71)
自民 船橋利実(51)
共産 野呂田博之(54)


横路さんは引退するって言ってませんでしたっけ?北海道知事時代は変なイベントで大穴を開け、自殺者まで出て、その後国政に戻っちゃって、結局この人って何をやったんだかさっぱり分からない。一体どんな功績を残したの?道民と国民のために何をしてくれたの?有名なのは名前だけ?世襲の横路さん、長い議員生活(当選回数は驚きの10回)にもかかわらずコレって…無駄に長いのは本人は良いでしょうけど、国民にとってはロクなことがありませんね。ところで、TPP賛成・反対をハッキリしないなんて、どういうことでしょうね?横路さんの直近の政策レポートでは…安倍自民党批判を展開、歴史について政府見解と異なる主張、福島原発事故の菅さんの失態・過剰介入・混乱・被害拡大などを棚に上げ原発はすべて自民党が悪いと主張、しかも民主党のありもしない「成果」を自画自賛する暇はあるみたいなのに、TPP言及なし。本当に衆議院議長だったのか?と思うほどの偏りっぷりはピカイチだけど、肝心なことには触れていませんねぇ。1区は他に比べれば農林水産業の割合は圧倒的に少ないとは言え、医療・労働などもかかわってくるし、何よりも北海道選出の与党議員としておかしいと思いますが。ま、ハッキリしないのは、不気味な労組の固定票が見込めるから軽視しているとか、民主党の笠に着たい、でも地元にもいい顔をしなければ、とかその程度の理由でしょう。民主党の大先生方は議員の座が最優先なので、北海道の基幹産業をどうして行きたいのかを真剣に考える気はないみたいですね。

※追記
維新 大竹智和(35)
大地 清水宏保(38) ←この人は政治の何が出来るのか全く分からないし松山千春が動く意味も分からない



■2区(札幌市北区、東区)

民主 三井辨雄(69)
自民 吉川貴盛(62)
共産 太田秀子(54)
みんな 沢田隆二(41)


ちょっとだけ大臣を務めて肩書きも得られてちょっとだけ知名度も上がった資産家の三井さん、政治資金でぬいぐるみを買うのはやめてください。ところで、小沢さんのところに行かなかったのは何故ですか?この人もTPP賛成・反対はうやむやで、北海道選出の与党議員という自覚は極めて薄いようです。医療・介護関連の事業を手広くやっているのに変な人ですねぇ。ま、ハッキリしない理由は横路さんと同じようなものでしょうけど。

※追記
維新 高橋美穂(47) ←元民主党



■3区(札幌市白石区、豊平区、清田区)

民主 荒井聡(66)
自民 高木宏壽=ひろひさ(52)
共産 森英士(34)


秘書給与ピンハネのキャミソール荒井は菅政権下で国家戦略相でしたが、「新成長戦略の9割が効果なし」と評価されました(笑)。野田政権程度にこう言われるということは、マイナスになることしかやってなかった、とも言えます。マイナスになることばかりを思いつき、組み立てる。それも一種の才能でしょうが、国会議員という立場ではやめてください。ところで、キャミソール荒井は翌年また同じことをやらかしました(政治資金でゲームコントローラー購入)が、いつになったら学習するの?

※追記
大地 町川順子(53)
維新 小和田康文(42)



■4区(札幌市手稲区、後志管内)

民主 鉢呂吉雄(64)
自民 (来週発表の模様です)
共産 菊池葉子(61)


鉢呂さんはTPP賛成か反対かをハッキリと表明しないのは何故?選対委員長だかなんだか知らないけど、農協出身で4区という地域を考えればハッキリしないのは異常。そして責任感も全くない。大臣でありながら「放射能をうつす」発言の甘さ、わずか数日前のことを記憶がないと逃げて、即座に辞職して逃げて、その後は言ってないと思うなどと言い訳して、だったら辞めなきゃ良かったのにマスコミに責任転嫁して、妙なジャーナリストに提灯記事を書かせたりと、もうとにかく何もかもが情けなくて、責任感もなくて、モヤッ、ボヤッとしてる人。そもそもこんな人に大臣職が務まるとも思えないけど。ところで鉢呂さん、北教組から多額の献金を受けているのは何故?政治資金収支報告書に虚偽の記載をしたのは何故?

※追記
自民 中村裕之(51)
大地 苫米地英人 ←自民で漏れて大地からって・・・



■5区(札幌市厚別区、石狩管内)

民主 中前茂之(40)
自民 町村信孝(63)
共産 鈴木龍次(52)
みんな 西田雄二(49)
幸福 森山佳則(45)


町村さんVS中前さんという構図は、2年前にも。北教組事件の小林千代美のせいで2010年に補選となり、選挙費用をムダに使ったときのことです。まさか民主党はずうずうしく候補者を立てないよねぇと思ったら、反省の色もなく、しっかりと擁立して驚愕。挙句の果てに、労組の支援まで受けて。北教組で懲りてないんでしょうか?さらに、候補者は国交省官僚の中前さんだったから、また驚愕。「ムダを省く」「脱官僚」「政治主導」のはずの民主党がです(笑)。結果は町村さんの圧勝で、その敗因を「相手が横綱だったから」と分析したと言うから、またまた驚愕。



■6区(上川管内)

民主 佐々木隆博(63)
自民 今津寛(66)
共産 荻生和敏(62)


『マニフェストの達成度を巡ってはマスコミの格好の餌食になっている』『マニフェストは任期中に亘って“希求”すべき課題なのである』と佐々木さん。この言い草、さすが民主党です。全く反省の色はないようです。でも佐々木さん、2009年8月は『選挙では、立候補者(政党)が決意を示す「公約」をしますが、近年は任期中に実現することを具体的に示す「政権公約=マニフェスト」を政党が提示することが必須になってきています』『マニフェストは公約とは違い、「財源」の裏付けや、政策実現の「工程表」を具体的に示すことに意味がある』って言ってたのに(笑)。こういうところも、さすが民主党です。で、この人って一体何をやってたっけ?なんちゃか副大臣?と思うほど影の薄い人ですが、元社会党だから政策やなんかはそっち系の変なことを頑張る人なんでしょう、横路さんみたいに。

※追記
みんな 安住太伸(42)



■7区(釧路、根室管内)

民主 仲野博子(53)
自民 伊東良孝(63)
共産 佐々木亮子(52)


自民党の伊東さんは2009年衆院選でも勝利した人。今回も勝利でしょう。TPPは伊東さんは反対を表明していますが、仲野さんはハッキリしていません。根釧地区でこれをハッキリと表明しないような人は終わってます。さらに7区は北方領土を抱えている地域ですが、民主党なんかに任せたら領土問題は悪化するだけ。特にルーピーは酷かったですしね。

※追記
大地 鈴木貴子 ←世襲批判を展開してきた鈴木宗男さん、なんと長女を擁立



■8区(渡島、檜山管内)

民主 逢坂誠二(53)
自民 前田一男(46)
共産 高橋佳大(53)


逢坂さんが座長の民主党総務部門会議で了承した地方自治法改正案ですけど、地方自治体の臨時・非常勤職員にボーナスや退職金などの諸手当を支給するための案なんですってねー。さすが元ニセコ町長、いやーこれは驚きの待遇です。民間に思いっきり逆行しています。これが通れば大喜びする自治体は多いでしょうねー。苦しい財政状況を放置して、1年契約にして退職金を毎年貰うとか、コネだらけの役場なんかではそういうことを平気でやりそう。で、この案を了承する前に一般の人のことは少しでも考えた?民間企業で働き、住民税をはじめとする高い地方税をせっせと納めている人たちは納得いかないでしょう。ところで、逢坂さんが提唱する地方分権(地域主権)って本当に大丈夫なんでしょうか?

※追記
生活未来 北出美翔(26) ←民主と大地の選挙協力交渉決裂後、大地が推薦



■9区(胆振、日高管内)

民主 鳩山由紀夫(65) ←公認されない可能性があるそうです(笑)
自民 堀井学(40)
共産 花井泰子(69)


ルーピー後援会の罪は重い。引退するはずだったのに、署名活動までして引退撤回させるなんて。北海道初の首相=北海道の恥になってしまった、国民に多大な迷惑をかけた、という反省はないんでしょうか?動けば動くほど国益を損なうのは首相時代もそうだったけど、辞任後も活発化。国内外で意味不明な言動を繰り返し、ついにイランにはバカにされ、ロシアには取り返しの付かないことをされてしまいました。ルーピーは「日本列島は日本人だけの所有物じゃないんですから」などとキ○ガイじみた発言をしていたけれど、「室蘭・苫小牧・日高のような小さな地域だけのために日本があるわけじゃないんです」と私は言いたい。ルーピーが党から公認されてもされなくてもどっちでもいいです。ルーピーも民主党もいりませんから。

※追記
ルーピーは不出馬、政界引退(21日の話で)。

民主 山岡達丸(33) ←あの山岡さんの息子
アイヌ 島崎直美(53)



■10区(空知、留萌管内)

民主 小平忠正(70)
公明 稲津久(54)
共産 木村賢治(61)
大地 浅野貴博(34)


「身を切る改革」に思いっきり逆行し、驚愕の「議員宿舎家賃値下げ」を断行した小平さん。何故この人が国家公安委員長に任命されたのかは謎ですが、閣僚入りという名の仲良しごっこ(肩書き付きの引き止め策)を受諾したということでしょう。小平さんが法相臨時代理の意味も分かりませんが、民主党に任命責任という言葉はないようだし、人材もいないから仕方がないんでしょう。さて、小平さんは10月に大規模な政治資金パーティを開いたそうです。大臣規範に沿っていませんね。パーティは入閣前から決まってたとは言え、内閣入りを受諾するのなら中止すべきだったのでは?と思いますが、小平さんにとっては規範よりも資金が重要なので、どうでもいいのかもしれません。



■11区(十勝管内)

自民 中川郁子(53)
共産 渡辺ゆかり(64)
大地 石川知裕(39)


中川郁子(ゆうこ)氏は故中川昭一氏の奥様です。もう細かい説明はいりません。昭一氏の信念を踏襲しています。昭一氏の政治的センスまでは踏襲できない(政治家でもめったにいない)にしても、政治家・中川昭一氏の妻としての長年の土台があるのは強い。また、「細やかな気配り」という点では昭一氏を上回っているかもしれません。ゆうこさんには絶対に勝ってほしいです。そこで地元有権者に聞きたい。「村が豊かになったのは自民党の土地改良事業のおかげ。十勝のように民主党に鞍替えした地域もあるが、この恩を新篠津は忘れない。たとえ自分たちにマイナスになったとしても自民を応援するのが筋だ」と言った地域もある中で、「一度やらせてみよう」などと言って2009年衆院選で民主党に投票し、「政権与党に弓は引けない」と言って2010年参院選でも民主党に投票した十勝民、結果はどうなりましたか(笑)?まぁ、さすがの地元民も今回は分かっているはず。ところで石川さんは何のためにまた出るの?選挙は就職活動ではないんだけど。裁判費用カンパのためでもないし。結局この人って、裁判ばかりで一体何をやってたんだかさっぱり分からないし、与党でもないし、妙な労組の支援を受けてるし、こんな人に投票する意味が分からない。



■12区(宗谷、オホーツク管内)

自民 武部新(42)
共産 菅原誠(39)
大地 松木謙公(53)


松木さんは引退してお父様の会社に入ればいいのに、まだ頑張るんですか?人柄は悪くなさそうだけど政治家としては微妙。離党後も民主への復党を期待したり、なんだか良く分からないほんとに微妙な人です。そういえば、親族企業役員からの灰色個人献金疑惑ってどうなりました?

※追記
民主 山崎摩耶(65) ←刺客(笑)



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■追記

日本維新の会が道1区と2区に擁立しました。
今後、6区、8区、9区擁立も検討しているそうです。

維新の1次公認47人、道内は2人(11/17 20:35、11/18 00:39 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/2012syuinsen/420397.html
(抜粋)
 日本維新の会が17日発表した次期衆院選小選挙区の1次公認候補47人のうち道内は2人で、道1区(札幌市中央、南、西区)に北海道文化放送(UHB)ディレクターの大竹智和氏(35)=札幌市在住=、道2区(札幌市北、東区)に行政書士の高橋美穂氏(47)=同=を擁立する。同党は道6区(上川管内)や8区(渡島、檜山管内)、9区(胆振、日高管内)での擁立も検討している。




8区に小沢さんの運転手を擁立。

2012衆院選:生活が8区に北出氏を擁立 道内初 /北海道
毎日新聞 11月20日(火)11時18分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121120-00000022-mailo-hok




4区の自民党候補者が決まりました。

2012衆院選:道4区 自民の中村道議、正式に出馬表明 /北海道
毎日新聞 11月21日(水)11時42分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121121-00000045-mailo-hok
 自民党の中村裕之道議(51)=後志管内選出=が20日、小樽市で記者会見し、衆院選道4区(札幌市手稲区、小樽市、後志管内)に立候補することを正式表明した。同日、党道連が党本部に公認申請した。道内小選挙区の自民党候補は公明党と選挙協力する10区を除き、全て立候補者が決まった。
 中村氏は公約として▽環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加反対▽経済効果のある公共投資の積極推進--などを掲げ、民主党との対立軸を鮮明にした。
 事務所は小樽市に置く予定だが、開設日は未定。【吉井理記】
11月21日朝刊




ルーピー鳩山が政界引退。
結局、最後まで引っ掻き回しただけでした。
「散々考え抜いた」らしいけど、ルーピーの言うことだから締め切りまでは安心できません(笑)。

ただ、引退しても「日本国元首相」という肩書きが付くのが痛い。
箍が外れたことで活動が活発化し、メディアへの露出なども増えそう。
今後もまだまだ国内外で「元首相」として恥をさらしまくるんでしょうね・・・。

ところで、TPP推進が盛り込まれている誓約書にサインしないと党の公認を受けられないってほんとですか?
「民主党北海道」としては反対とか言ってるけど、やっぱり票集めのためだけのパフォーマンス?

産経:鳩山元首相「政界引退し、第3の人生歩む」 野田首相「決断重く受け止める」
2012.11.21 13:53
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121121/stt12112113540010-n1.htm


苫小牧民報:鳩山由紀夫氏 不出馬 後援会などに衝撃(2012年 11/21)
http://www.tomamin.co.jp/2012t/t12112101.html
 鳩山由紀夫氏の突然の衆院選不出馬のニュースに道9区管内の民主党など関係者には衝撃が走った。鳩山氏の陣営は17日に9区合同選挙対策本部を立ち上げたばかり。

 陣営幹部などに鳩山氏本人から不出馬の連絡が入ったのは20日午後6時以降。関係者に驚きが広がった。今年6月、空席だった鳩山氏の総連合後援会の会長に就任したばかりの新宮正志氏は「驚いている。これまで張り詰めた気持ちできたが…」と振り返りながら、「頑張ってほしいという思いの一方、党の情勢もあり、理解できなくはない」と鳩山氏を気遣った。

 9区総支部の滝口信喜代表代行は「(TPP推進などを約束する)誓約書にサインできないということで公認を得ることが難しいと判断したのだと思う」とし、党苫小牧支部の沖田清志代表は「TPPに反対しているのは9区だけではなく北海道全体の問題。どう対応していくかと思っていた最中だった」と驚いた様子だった。

 17日に鳩山氏の推薦を機関決定した連合苫小牧の岩田薫会長は「まずは本人から正式に話を聞きたい。だが、残念だ」と言葉少なだった。

 21日は午前8時すぎから支持者などが市内の鳩山事務所を訪れた。電話も相次ぎ、スタッフらが対応に追われた。事務所入りした市後援会の戸部英一会長は「自分の信念を貫きたいという鳩山氏の判断で、私から特別申し上げることはしなかった」と明かした。




民主党と大地が決裂(笑)。
互いの言い分が子供じみていて笑えます。
そういえば去年の統一地方選でも、
民主候補者を大地も推薦→その後、大地が推薦撤回 なんてことがありましたねぇ。

時事:大地と選挙協力は決裂=民主北海道【12衆院選】(2012/11/21-00:11)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012112100007
 民主党北海道連代表の荒井聡元国家戦略担当相と新党大地・真民主の鈴木宗男代表は20日、札幌市内で会談し、道内の衆院選対応について協議した。しかし、協議は決裂し、前回衆院選で実施した選挙協力は見送ることになった。
 会談後、記者会見した鈴木氏は、民主党の対応について「北海道(12小選挙区中)1~10区まで相談なく候補者を立てた。大地の得票からすれば、4選挙区は譲るのが当然だ」と不満を示した。


読売:「軽く見られた」新党大地、民主との交渉決裂(2012年11月21日16時47分)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121121-OYT1T00237.htm
 民主党北海道(道連)と新党大地・真民主の選挙協力協議が20日夜、決裂した。

 荒井聰代表と鈴木宗男代表が、札幌市のホテルで会談したが、新党大地側が11、12区以外にも道内4選挙区で候補者を擁立する方針を崩さず、民主側と交渉の打ち切りを申し合わせた。民主は、不出馬を周辺に伝えた鳩山由紀夫氏(65)の道9区に加え、道11、12区の対応を、公示までの2週間で迫られることになった。

 交渉決裂後、荒井、鈴木両氏は共同で記者会見し、荒井氏は「大地が党方針として追加の候補者擁立を決めたので、党同士の選挙協力は理屈として合わない」と決裂の理由を説明。鈴木氏は「大地は力がないと軽く見られたところもあった。民主側とは大きな認識の差があった」と話した。




民主と決裂して、小沢さんのところの候補者を推薦とか、
ムネオさんらしい下品さです。
自民党支部長選考に漏れた苫米地さんを公認の意味も分からない。

時事:大地、公認・推薦を発表【12衆院選】(2012/11/23-20:06)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date1&k=2012112300408




維新が3区に擁立。

維新、3人目候補者擁立--3区 /北海道
毎日新聞 11月25日(日)10時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121125-00000011-mailo-hok
 日本維新の会は24日、衆院選道3区(札幌白石、豊平、清田区)で、元内閣府職員、小和田康文氏(42)を公認候補として擁立すると発表した。道内の候補擁立は3人目。
 小和田氏は東京都出身で立教大卒。橋梁(きょうりょう)メーカー勤務などを経て、10年から内閣府で政策調査員として勤務し、今月22日付で退職した。小和田氏は毎日新聞の取材に対し「農業などに可能性を秘めた北海道と日本のために頑張りたい」と述べた。【円谷美晶】
11月25日朝刊




左翼過激派の革マル関係者・田城郁さん公認に尽力し、マルチ商法とべったりな山岡賢治さんは、
金賢二、通称・金子賢二、佐藤賢二、藤野賢二など、たくさんの名前を持つ人。
もうこれだけで胡散臭いことこの上ないんですが、驚くべきことに、
消費者及び食品安全担当相、拉致問題担当相、国家公安委員長でした。(2011年)
山岡さんは民主を離党し、現在は国民の生活が第一に所属していますが、
民主党は、山岡さんの息子の山岡達丸さんをルーピー鳩山の9区に擁立決定。
ルーピー鳩山の秘書だった中山智康道議(37歳・伊達市)に固辞されたためとのことだけど、
それにしても酷い。

時事:北海道9区に前職=民主支部-アイヌ民族党も擁立(2012/11/25-19:30)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012112500188




ムネオさん、民主党のような詭弁を吐いてました。

政党要件維持に必死な新党大地 政党交付金廃止が持論で世襲批判を展開してきた鈴木宗男が長女擁立検討 2012-11-25
http://doumin.exblog.jp/17225663/




民主党が12区に擁立。

時事:北海道12区に前職=民主(2012/11/27-22:24)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012112700983
 民主党北海道連は27日、衆院北海道12区に前職の山崎摩耶氏(65)を擁立すると発表した。党本部に公認申請する。




みんなが6区に擁立。

毎日:みんな公認で元旭川市議・安住氏6区に 11月30日(金)10時49分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121130-00000016-mailo-hok




逆風になんとか耐えようと必死な民主党北海道の方針は↓

道内民主候補者、姑息な民主党隠し…ロゴを小さくする、のぼりを使わない等 党の積極姿勢に反しTPP反対も 2012-12-01
http://doumin.exblog.jp/17339205/




選挙結果はこちら↓

2012衆院選、北海道も自民が圧勝 全国の小選挙区と比例の議席数 2012-12-18
http://doumin.exblog.jp/17458029/

by doumin | 2012-11-17 09:33 | 政治‐2012衆院選 | Comments(2)
都合の悪いことは書かない道新、「慰安婦講座チラシ一時撤去」の記事で団体名と講座名を伏せる
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by doumin | 2012-11-15 10:18 | マスコミ
朝鮮人元日本軍「慰安婦」安世鴻写真展と講演会を許可した札幌市に、経緯などを問い合わせ(2)
※(1)はこちら


札幌市からもセンターからもメールは無く、14日になりました。
写真展は今日からです。


「日本軍」は謳ったままなのでしょうか。
非常に薄ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい期待を持ちつつ、
センターに電話で問い合わせることにしました。
センターからの返信もないので、この際、他の疑問も合わせて聞いてみることに。

まずはイベント名確認です。
次に、慰安婦イベントは無料スペースなのかどうか。
無料スペースだとしたら、貸す際の許可基準はどうなっているか。
条例はほとんどが有料スペース使用時についてだったので、無料スペースを借りる場合の定めを知りたいが、基準が書かれた文書はあるか、もしくは札幌市やセンターのサイト内にアップされているか?
なども合わせて質問。

最初に電話に出た方は若い感じの女性で、途中で代わった女性も若い感じの方でした。
軽く声が震えているような気がしました。
苦情が結構来ているのかもしれません。

結果は以下の通り。

・名称は、発表されている通り。
・写真展(4階)も講演会(2階会議室)も無料スペースである。
・4階の無料スペースを借りるには条件がある。事前に登録している市民団体のみ。
・2階の無料スペースの条件は、宗教や営利目的でなく、ジェンダーに関するイベントなら誰でもOK。
・無料スペースについては、条例レベルの決まりはない。



センターの女性に「日本軍」を謳うことの問題点を聞くのもどうかと思ったので、
「こういった疑問は、管轄である札幌市(男女共同参画室)に言った方が良いですか?」
と聞くと、
「そうですね!」
と即答されました(笑)。
まぁこんなもんでしょうね。

でも、センターに出来ることはしっかりやってもらわないと、と思い、
4階無料スペースと2階無料スペースを貸す際の基準が書かれた資料を送って頂くことにして、
最後にお名前をお聞きし、電話を切りました。






数時間後、資料が届きました。
ざっと読んでみたところ、
電話での説明と違っていることに気づきました。
明日以降、時間が取れ次第じっくり読んでみようと思いますが・・・今、まず分かったことを。

いくつかの慰安婦イベントは、センターに権限(承認者)があったこと。
しかも、センターが企画し“必要”と認める事業だったということ。
2階も4階も、「登録団体」が条件であること。
登録団体とは、

L・PLAZA 札幌エルプラザ公共4施設
http://www.top.sl-plaza.jp/
札幌市男女共同参画センター、札幌市消費者センター、札幌市市民活動サポートセンター、札幌市環境プラザ


この4つの施設のうちのどれかに登録している団体のことです。



登録されている団体はネットでも検索することができます。

札幌エルプラザ内公共施設 団体情報検索
https://fwww.sl-plaza.jp/Webdantai/FD01230.aspx


「慰安婦」で検索すると、2団体がヒット。

今回の写真展などを主催・企画している、
『日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす北海道の会』
が出てきました。 (No.42277)
(もう一つは、『日本軍「慰安婦」問題連絡会・札幌』 (No.41725)という団体)


後から分かったことですが、
驚くべきことに、「札幌エルプラザ内公共施設 団体情報検索」は、団体が望めば「非公開」もOKだそうで。
非公開にする団体って、一体どんな意図なんでしょうね?


頭が痛くなってきました。



以上、14日までの流れ。


(続く)


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事
朝鮮人元日本軍「慰安婦」安世鴻写真展と講演会を許可した札幌市に、経緯などを問い合わせ(1) 2012-11-12
慰安婦碑設置のパリセイズパーク市(人口の51%が韓国系) キム副市長らに取材した西日本新聞記事を読んで 2012-06-18
頭のおかしな札幌市議会、地方自治法第99条に基づき「日韓請求権協定協議に応じよ」という意見書を可決 2012-04-01
さっぽろ日本軍「慰安婦」パネル展について問い合わせ 2010-04-06

■カテゴリ:歴史

トップページ
by doumin | 2012-11-14 20:55 | 歴史 | Comments(7)
朝鮮人元日本軍「慰安婦」安世鴻写真展と講演会を許可した札幌市に、経緯などを問い合わせ(1)
新宿と大阪のニコンサロンで問題となった安世鴻(アン・セホン)慰安婦写真展が、
札幌市の公共施設・エルプラザでも行なわれることになりました。
講演会も行なうようです。

日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす北海道の会
http://ianfukaiketsu-hokkaido.jimdo.com/
魚拓

札幌市男女共同参画センター「男女共同参画活動団体企画事業」
【みんなで学ぼう女性への暴力~平和とジェンダー~】
その日、私に起きたことー女たちの過去・いま・未来を考える連続講座ー
企画・実施団体:日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす北海道の会


11月15日(木)18:30~21:00 3階ホール
石坂啓さん講演会「ご主人様とメイドの関係」
参加費:予約・前売1000円 当日1200円


11月18日(日) 14:00~2階会議室1・2 
安世鴻(あんせほん)さん講演会 
「中国に置き去りにされた朝鮮人元日本軍「慰安婦」を追って」

限定50名・要予約 参加費:予約・前売1000円 当日1200円


12月8日(土) 14:00~ 2階会議室1・2
「“慰安婦”問題ってなに?」      講師・金時江
参加費:予約・前売500円 当日700円


2月9日(土) 3階ホール
ドキュメンタリー「ナヌムの家」上映会 
  ①10:00  ②14:00  ③18:00     ビョン・ヨンジュ監督・1996年作・98分
参加費:予約・前売500円 当日700円


----------------------


主催・企画・実施団体:日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす北海道の会
◎◎◎ その日、私に起きたこと ◎◎◎
ー女たちの過去・いま・未来を考えるパネル展ー


11月14日(水)~18日(日) 4階 10:00~19:00(15日のみ、21:30まで)
安世鴻写真展 (重重)中国に残された朝鮮人元日本軍『慰安婦』の女性たち


12月5日(水)~7日(金) 2階 10:00~19:00
日本軍「慰安婦」ってな~に?中学生のための「慰安婦」展


1月23日(水)~27日(日) 2階 10:00~19:00
パネル展:伊藤孝司の世界 ~平壌からのメッセージ~


2月9日(土) 3階ホール前 9:30~21:30
「ナヌムの家」ハルモニ絵画展 ナヌム:分かち合い、ハルモニ:おばさん


※会場はすべてエルプラザ内(札幌市中央区北8西3) です。



安世鴻は、
「写真文化の向上を目的とする写真展に貸与」
「宗教・政治利用は不可」
という条件でスペースを無料貸与してくれるニコンサロンから中止を通告され、
これを不当として裁判まで起こすような“写真家”。
(新宿のみ。大阪ニコンサロンは裁判になっていないようです)
ニコン側の一旦許可してしまったことに対する落ち度は否めませんが、
安世鴻がやりたかったのは純粋な写真展ではなく、政治的主張なのは明らかでしょう。



さて、このイベント、
「日本軍」と謳うことに問題はないのか。
「日本軍」をどういう意図で使っているのかを、札幌市は把握しているのか。
「中学生のための慰安婦展」の必要性も利点も意味もさっぱり分からないが、
子どもに一体何を吹き込もうというのか。

この会場は札幌市の公共施設です。
どんな基準に基づいてこんなイベントを許可したのか。
「変な主張をする変な団体のやることだから」では済まされないし、
いくら市長がああいう人だからと言って、
日本政府が「解決済み」としているのを無視してこんなものに手を貸す権利は札幌市にはない。

そこで、今月行なわれる安世鴻の写真展と講演会について、
管轄の「札幌市 市民まちづくり局男女共同参画室男女共同参画課」に問い合わせをすることにしました。
と同時に、スペースを貸与している「札幌市男女共同参画センター」にも。
それぞれがどう答えてくるか。
食い違いが出るかどうか。
お役所仕事らしく、たらい回しが出るかどうか。

札幌市には、
センター貸館利用を許可する際の判断基準、
イベントの中身(信憑性等)の調査はしないのか、
不可としている基準が書かれている資料等があれば添付を、
日本軍と謳うことを知っていたか、
市民感情を考慮しているか、
などを問い合わせ。
(メールフォームからではなく、男女共同参画課の直通メールを調べて送っています)

センターには、
スペースを借りる場合の申し込みから許可までの流れについて、
何か審査のようなものはないのか、
などを問い合わせ。






12日現在、札幌市からの返信はありません。
何故でしょう。
別のことを同じ課に聞いてみましたが、そちらには即日返信でしたけどね。
大代表のメールフォームから送信した質問より、
直通メールでの質問に対する回答の方が遅いなんておかしいでしょ(笑)。
札幌市は、市民の声をまともに聞く気が無い?
質問の中身によって、無視したり返信したりが許されるとでも?


センターからは、
有料スペースについての説明メールが届きました。
「無料スペースの使用許可基準が聞きたい場合は、再度返信してください」
とのこと。

無料スペースと有料スペースがあるんですねぇ。
知らなかった。
しかもこの言い方だと、許可基準も違うっぽい。
まずは、慰安婦イベントが借りるスペースは有料なのか無料なのかを調べる必要がありそうです。
そこで、センターの公式サイトを確認してみると、

札幌市男女共同参画センター:貸館利用案内
http://www.danjyo.sl-plaza.jp/kashikan/


有料スペースの説明のみで、
写真展が行なわれる4階と、講演会が行なわれる2階会議室1,2の説明がありません。
慰安婦は無料のスペースなのかな?

次に、条例を確認してみると、

札幌市:札幌市男女共同参画センター条例
http://www.city.sapporo.jp/ncms/reiki/d1w_reiki/41590
1010006000000MH/415901010006000000MH/415901010006000000MH.html


※抜粋

(使用の承認)
第3条 別表に掲げる施設(以下「有料施設」という。)を使用しようとする者は、あらかじめ市長の承認を受けなければならない。
2 市長は、前項の承認(以下「使用承認」という。)を与える場合において、センターの管理運営上必要があると認めるときは、その使用について条件を付することができる。


(使用等の不承認)
第8条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、使用承認又は前条第1項の承認(以下「使用承認等」という。)をしない。
(1) 公の秩序又は善良の風俗を害するおそれがあると認める場合
(2) 施設、備品等をき損し、又は滅失するおそれがあると認める場合
(3) その他センターの管理運営上支障があると認める場合


有料スペースについての規定が主で、
無料の方の規定がどんなものかは分かりませんね。

なので、改めてセンターに返信し、
無料スペースの場合の使用許可基準を問い合わせ。



この、無料で借りられるスペースというものは、
どういう趣旨でそういう制度があるのかがさっぱり分かりませんが、
いずれにしても、札幌市民の税金が使われている場所であることには変わりない。

何を基準に無料で貸すのか。
「日本軍」と謳うことを知っていたかどうか。
知っていたなら、主催者側がどういう意図で使っているのかも把握しているか。
写真展や講義の中で、日本軍による強制連行を匂わせてはいないか。
匂わせているならば、それをやめさせるかイベントを中止させる義務が札幌市にはあると突っ込みたい。
そこまでは把握していないと言うならば、把握する義務が札幌市にはあると突っ込みたい。
「ジェンダー」に関わる内容なので問題は無いと考えるなら、それはそれで突っ込みたい。
使用許可基準に沿っているので問題は無いと考えるなら、基準自体が問題だと許可権者に突っ込みたい。

とにかくこういうことは、声を上げて行かないと好き放題にやられてしまう。
国であろうが自治体であろうが、それはどこも同じ。
民間企業を少しでも見習えばいいのにと思うけど多分無理なので、
国民・市民が監視しているという認識を持ってもらわないといけません。
よほど「ある特定の思想や意図」を持っているような職員でない限り、
面倒なことを避ける傾向のある公務員には、その効果は大きいでしょう。

同時に、札幌市議にも動いてほしいと考えました。

札幌市議会で今年3月、
「日本政府は日韓請求権協定協議に応じよ」
という狂った意見書を可決していますが、 (記事はこちら
反対した金子やすゆき市議(みんなの党)とさっぽろ自民党に、この件のメールを・・・と思ったら、
自民党はメール公開をやめてしまっている。
2010年は公開していたんだけど。
その当時のアドレスに送るのもどうかと思い、明日以降電話することに。




以上、12日までの流れ。


(2)に続く



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


■当ブログ内関連記事
朝鮮人元日本軍「慰安婦」安世鴻写真展と講演会を許可した札幌市に、経緯などを問い合わせ(2) 2012-11-14
慰安婦碑設置のパリセイズパーク市(人口の51%が韓国系) キム副市長らに取材した西日本新聞記事を読んで 2012-06-18
頭のおかしな札幌市議会、地方自治法第99条に基づき「日韓請求権協定協議に応じよ」という意見書を可決 2012-04-01
「抑圧された側の歴史認識を共有」と韓国で述べた上田文雄札幌市長,3選出馬表明(民主/社民/市民ネット推薦) 2010-12-21
さっぽろ日本軍「慰安婦」パネル展について問い合わせ 2010-04-06

■カテゴリ:歴史

トップページ
by doumin | 2012-11-12 20:50 | 歴史 | Comments(1)
馬毛島の報道まとめ(1)
読売新聞:馬毛島訓練移転、地元市民団体から初の賛成表明
(2011年7月15日12時18分)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20091215-481540/news/20110715-OYT1T00498.htm
 在日米軍の空母艦載機離着陸訓練(FCLP)移転候補地として日米共同文書に鹿児島県西之表市・馬毛島まげしまが明記されたことについて、同市の市民団体「自衛隊訓練施設設置の推進を求める会」(中原勇代表)が15日、施設整備を求める陳情書を同市と市議会に提出した。

 移転に賛成を表明した団体は初めて。

 同会は退職自衛官や漁業者、建設業関係者ら約20人で組織している。

 一方、同市など地元1市3町の首長と議長でつくる「米軍基地等馬毛島移設問題対策協議会」は移転反対を表明しており、会長の長野力市長は「反対の考えに変わりはない」と述べた。

 「求める会」が出した陳情書では、防衛省がFCLPについて種子島での騒音は新幹線車内並みの70デシベル未満に収まり、住民の健康や農林水産業などへの影響は少ないと説明したことを指摘。〈1〉将来、馬毛島を米軍基地化しない〈2〉事故などで不安を与えない〈3〉漁業補償を適切に行う――ことなどを条件に整備推進を求めた。


毎日新聞:在日米軍再編:FCLP馬毛島移転 県、馬毛島を再調査 滑走路など測量--1日のみ /鹿児島 2012年11月16日 地方版
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20121116ddlk46010562000c.html
 米空母艦載機陸上離着陸訓練の移転先候補地の西之表市・馬毛島で、開発会社「タストン・エアポート」(東京)が進めた滑走路建設などを巡り、県は15日、5月に引き続いて現地を再調査した。ただ5月と同様、調査期間は1日のみで、マゲシカ(県レッドデータブック絶滅危惧2類)と建築物の調査も実現しなかった。
. 調査はタ社の立石勲会長(79)立ち会いの下、県の職員が測量などを実施して林地開発、採石、砂利採取の3項目について確認した。
 県は5月の調査が1日のみだったため「違法の有無を判断できない」として、マゲシカと建築物の立ち入りも含めた4日間の再調査をタ社に要請していたが、立石会長の日程が合わず拒否された。今回の調査でも不十分だった場合は、再度調査を要請する方針。
 馬毛島を巡っては、同島をほぼ全域所有するタ社が00年以降、約60ヘクタールの林地開発許可(森林法)を得る一方、2400メートルと4200メートルの滑走路など、大規模に開発を進め、許可範囲を超えた違法開発の疑いが指摘されている。県は昨年9月に調査を受け入れるようタ社に要請。今年5月に1回目の調査を実施した。【村尾哲】
11月16日朝刊


フライデー:「馬毛島を中国に売る」と言ったのは防衛省幹部だ 所有者が怒りの告白! 2012年12月02日(日)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34171


毎日新聞:在日米軍再編:FCLP馬毛島移転 中種子町議会、対策協議会から離脱へ 「国の説明聞くべきだ」 /鹿児島 2012年12月23日 地方版
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20121223ddlk46010305000c.html
 西之表市・馬毛島への米空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)移転問題で、中種子町議会は21日、種子島と屋久島の1市3町の首長・議長で構成する「米軍基地等馬毛島移設問題対策協議会」(会長=長野力・西之表市長)からの離脱を求める決議を、8対5の賛成多数で可決した。

 鎌田勇二郎議長は「今後は協議会に参加できない」と話した。川下三業町長は「町民の半数以上の反対署名をもらっている」と、協議会にとどまり反対していく考えを示した。

 同町議会は11年6月にFCLP反対を決議している。徳永留夫議員が離脱決議を提案した。「公正中立な立場で国の説明を受け、どのようなメリット・デメリットがあるかを住民に伝える必要性がある」との趣旨。

 協議会は、自民党安倍政権時代の07年に設立された。反対署名約22万筆を国に提出するなど一貫して移転に反対している。【村尾哲】


日テレnews:岩国への艦載機部隊の移転3年延期へ
(山口県)[ 1/22 19:15 山口放送]
http://news24.jp/nnn/news8703116.html
岩国への艦載機部隊の移転が3年遅れることになった。防衛省は神奈川県厚木基地から岩国基地への空母艦載機部隊の移転完了の時期について当初予定していた来年2014年までの移転を変更し2017年とする方針を固めた。近く岩国市と県に政務官が訪れ正式に伝える方向で最終調整している。在日アメリカ軍再編計画では来年2014年までに神奈川県厚木基地から岩国基地へ空母艦載機部隊59機の移転が計画されている。計画は2006年に日米両政府が合意したもので去年4月に発表された再編計画の見直しに関する共同文書でも艦載機の移転時期に変更はなかった。しかし防衛関係筋によるとこれまで2014年としていた移転の完了時期についてさらに3年のばし2017年とする方針を固めたという。今週25日に防衛大臣政務官が岩国市や県を訪れ移転時期の延長を伝える方向で最終調整している。県と岩国市ではこれまで「沖縄・普天間基地の移設の見通しが立つまでは艦載機の先行移転は認められない」とする基本スタンスを示していて国側も「空母艦載機の移転だけを進めるつもりはない」と答えていた。在日アメリカ軍の再編計画を巡っては普天間移設の見通しはたっておらず艦載機が行う陸上離着陸訓練=FCLPの鹿児島県の馬毛島への移転計画も進展していない。また岩国基地では艦載機を受け入れるための施設整備が進んでいるが計画は全体的に遅れていて国は現実的な対応を迫られていた。


毎日新聞:在日米軍再編:艦載機移転 既存施設解体で遅れ 国が遅延理由を説明 /山口 2013年01月26日 地方版
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20130126ddlk35010419000c.html
 米空母艦載機の岩国基地(岩国市)への移転が、予定の14年から3年程度遅れる見通しとなったことを受け、左藤章防衛政務官が25日、福田良彦・岩国市長、山本繁太郎知事らと会談、遅延理由などを説明した。左藤政務官は、愛宕山地域開発事業跡地の米軍住宅建設についても「17年ぐらいまでになる」との見通しを述べた。【大山典男、尾村洋介】

 防衛省は移転延期の理由を、艦載機部隊を受け入れるための家族住宅や学校、病院などの建設に先立って行われる格納庫などの新築と既存施設解体工事が遅れる見通しとなったためと説明した。海兵隊の新施設は年内に完成する見通しだが、病院などの完成は17年ごろになるという。

 会談で福田市長は(1)艦載機移転の遅延で再編の行程表も見直されるか(2)愛宕山跡地に市が建設を求めている野球場などの完成時期(3)恒常的な艦載機訓練(FCLP)施設の検討状況−−などについて防衛省側に質問。左藤政務官は(1)は日米で検討中とし、(2)はできるだけ早く完成させる(3)は鹿児島県・馬毛島に検討中で早急に進める−−などと回答した。

 一方、山本繁太郎知事は左藤政務官との会談後、報道陣の質問に答え、空母艦載機の移転遅れについて黒岩祐治・神奈川県知事が「突然のことで受け入れ難い」と反発したことに対し、「(岩国移転が)回り回って沖縄の負担軽減につながるということでやっていることを理解しておられるのか」と、不快感を示した。

〔山口東版〕


西日本新聞:米機訓練移転争点に2氏が立候補 西之表市長選告示
2013年1月28日 00:16
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/345401
 任期満了に伴う鹿児島県・種子島の西之表市長選が27日告示され、3選を目指す無所属現職の長野力氏(73)=民主、公明推薦、共産、社民支持=と、無所属新人で元市議の中野周氏(70)の2人が立候補した。投開票は2月3日。

 最大の争点は、防衛省が市内の無人島・馬毛島で計画する米軍艦載機の陸上空母離着陸訓練(FCLP)移転への対応。「絶対反対」を掲げる長野氏は出陣式で「FCLP施設は地域に必要ない。誤った判断をしてはいけない」と強調した。受け入れに柔軟姿勢を示す中野氏は第一声で「防衛省の説明を受け、住民投票などで民意を問う」と訴えた。

 有権者数は1万3838人(26日現在、市選管調べ)。

=2013/01/28付 西日本新聞朝刊=

------

南日本新聞:現職の長野氏3選 西之表市長選(2013 02/03 22:23)
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=46177
(抜粋)
 任期満了に伴う西之表市長選挙と市議会議員選挙(定数16)の投票は3日あり、即日開票の結果、市長選は現職の長野力氏(73)=無所属、公明・民主推薦、共産・社民支持=が、新人で前市議の中野周氏(70)=無所属=を3068票の大差で破り、3期目の当選を果たした。
 当日有権者数は1万3735人(男6373人、女7362人)。
 市長選の投票者総数は1万801人(有効1万634、無効167)。投票率は78.64%で前回82.35%を3.71ポイント下回った。

------

毎日新聞:西之表市議選 新議員出そろう /鹿児島 2013年02月05日 地方版
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20130205ddlk46010563000c.html


毎日新聞:13年度予算案:閣議決定 愛宕山跡地造成に着手−−防衛省 /山口
2013年01月30日 地方版
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20130130ddlk35010406000c.html
 29日に閣議決定した来年度政府予算案で、防衛省は、米軍岩国基地(岩国市)への空母艦載機移転関連予算約654億円(契約ベース)を計上した。

 中国四国防衛局によると、基地内で艦載機部隊の司令部庁舎などの設計や、米兵家族の学校の移転工事を行う。愛宕山地域開発事業跡地では、米軍家族住宅や野球場などを建設するため、造成工事に着手する。また、馬毛島(鹿児島県)での艦載機発着訓練(FCLP)施設建設に関連して調査を継続するという。

 艦載機移転は当初、14年までに完了する予定だったが、工事の遅れで3年程度先送りされた。岩国基地の艦載機移転関連では、06〜12年度に約2020億円(契約べース)が予算計上されている。

〔山口東版〕


朝日新聞:ふるさと馬毛島知って 脚本家、艦載機問題で自主映画
2013年2月2日2時10分
http://www.asahi.com/national/update/0129/TKY201301290086.html

テーマ曲「ふるさとの歌」を歌う地元の民謡歌手・笹川満夫さん(右)と監督の島春迦さん=東京都内、大久保真紀撮影

 【編集委員・大久保真紀】鹿児島県の馬毛島(まげしま)をテーマにした自主映画「馬毛島クロス」が完成した。島は一昨年、米軍厚木基地(神奈川県)の空母艦載機の訓練移転候補地に浮上。隣の種子島出身の脚本家が初めての映画制作に取り組んだ。

 映画を制作したのは埼玉県熊谷市在住の脚本家島春迦(はるか)さん。約20年、戯曲を書いてきた。

 種子島からいつも見える馬毛島はそこにあるのが当然。ふるさとの一部だった。高校時代には同級生が暮らしていた。種子島を離れて30年以上。地元の反対にもかかわらず、米軍の訓練移転候補地になったことを知り、身が切り刻まれるような感覚に襲われた。 (以降は会員のみ)

--------

南日本新聞:映画「馬毛島クロス」 23、24日に種子島で上映(2013 02/18 09:30)
http://www.373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=46494

--------

西日本新聞:緑失う馬毛島を映画化 種子島出身の脚本家が自主製作 2013年2月23日 05:01
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/349641

--------

毎日新聞:「馬毛島クロス」 FCLP移転候補の馬毛島を映画化、ふるさとの意味問う 西之表出身脚本家が製作 /鹿児島 2013年03月03日 地方版
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20130303ddlk46040370000c.html


カナロコ:厚木艦載機移転で情報提供の場設置へ、防衛省から基地騒音対策協/神奈川 2013年2月8日
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1302080039/
(抜粋)
 同省や県によると、情報提供の対象は、移転計画の進捗状況などのほか、移転までの騒音軽減策や、艦載機部隊に不可欠な陸上空母離着陸訓練(FCLP)実施の恒久的施設として位置付けられている鹿児島県・馬毛島の整備見通しなども含まれる方向で調整している。


読売新聞:馬毛島米軍移転反対協議会離脱、正式に伝える 中種子町議長
(2013年2月16日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news/20130215-OYT8T01741.htm
 西之表市にある馬毛島への在日米軍空母艦載機離着陸訓練(FCLP)の移転問題で、地元4市町の首長と議長で構成し、移転に反対する協議会からの離脱を決めた中種子町の鎌田勇二郎議長が15日、協議会に対し、離脱を正式に伝えた。

 鎌田議長は鹿児島市で開かれた協議会の定期総会の前に、「賛否を問わず、公正な立場で国などから説明を受ける必要がある」などと離脱の理由を説明。協議会側は了承した。

 総会後、協議会会長の長野力・西之表市長は「残念だが、復帰してもらえるよう理解を求めていきたい」と話した。中種子町の川下三業町長は「4市町の6割が反対の署名をしている状況などを踏まえ、今後も反対を続ける」と述べた。

 中種子町議会は昨年12月、離脱を求める決議案を賛成多数で可決していた。


毎日新聞:在日米軍再編:FCLP馬毛島移転 米艦載機訓練移転案、国の説明に含み--対策協議会 /鹿児島 2013年02月16日 地方版
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20130216ddlk46010655000c.html
 種子島・屋久島4市町の首長・議長でつくる米軍基地等馬毛島移設問題対策協議会(会長・長野力西之表市長)が15日、鹿児島市であった。馬毛島(西之表市)への米空母艦載機陸上離着陸訓練移転案を巡り、小野寺五典防衛相が5日の会見で地元への説明を進める意向を示したのに対し、長野会長は「現時点で話をする必要はない」と述べる一方、「今後(国から)話があった時の状況に応じて協議会で判断する」と話し、含みを持たせた。
 また、「公正中立な立場で説明を聞くべきだ」として昨年12月に協議会からの離脱を決議した中種子町議会の鎌田勇二郎議長が、経緯を説明し離脱が了承された。07年に協議会が発足して以降、離脱は初めて。中種子町長は引き続き参加する。【村尾哲】
2月16日朝刊


読売新聞:共産党が野口氏擁立 参院選(2013年2月19日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news/20130218-OYT8T01602.htm
 共産党県委員会(野元徳英委員長)は18日、夏の参院選鹿児島選挙区(改選定数1)に、新人で元西之表市議の野口寛氏(67)を党公認で擁立すると発表した。

 野口氏は1973年に同市議に初当選し、9期を務めた。昨年の衆院選では鹿児島5区から立候補し、落選している。現在は党熊毛地区委員長。

 野口氏は県庁で記者会見し、「馬毛島への(在日米軍空母艦載機離着陸の)訓練移転やTPP(環太平洋経済連携協定)問題への反対を訴えたい。地方の暮らしと命を守り、国の政治を変えていく」と述べた。

 参院鹿児島選挙区では、自民党が前参院副議長の尾辻秀久参院議員(72)(比例)の擁立を決定。諸派新人で幸福実現党県青年部長の松沢力氏(30)も立候補を表明し、民主党も候補の擁立を目指している。


毎日新聞:全体構図の中で /鹿児島 2013年03月21日 地方版
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20130321ddlk46070165000c.html
 2月にあった西之表市長選で、馬毛島への米空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)移転に反対する長野力氏が3選を決め、一定の民意が示された。

 ただ、小野寺防衛相は選挙後、改めて馬毛島移転に前向きな姿勢を示した。FCLP移転は、米艦載機部隊の厚木基地から岩国基地への移駐に伴う米軍再編の一環だが、硫黄島での暫定実施が始まった91年から恒久訓練地選定は懸案だった。

 さらに尖閣諸島を巡る中国との緊張がある。今はむしろ「中国への対応としての馬毛島」という要素の方が強いのだろう。オスプレイ訓練が本土に分散される中、沖縄の負担軽減の延長線上に馬毛島が出てくる可能性もある。全体構図の中で馬毛島がどう位置づけられるのか。そして、地域の意思はどうくみ取られるのか。地元は今後も難しい対応を迫られる。【村尾哲】


西日本新聞:特別委設置し審議へ 馬毛島訓練移転で中種子町議会
2013年3月22日 00:06
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/354200
 鹿児島県・種子島の中種子町議会は21日、同島西12キロの馬毛島(西之表市)で防衛省が計画する米軍艦載機の陸上空母離着陸訓練(FCLP)移転を審議する特別委員会設置を決めた。「移転に関する国などの説明を公正中立な立場で聞く場にする」としている。

 一方で、種子島、屋久島の1市3町の首長と議長で組織し、移転に反対する「米軍基地等馬毛島移設問題対策協議会」の負担金56万6千円を計上した2013年度一般会計当初予算案を全会一致で可決した。町議会は12月定例会で「協議会は反対一辺倒で、防衛省との交渉を拒む姿勢はおかしい」などとして協議会からの離脱を決議し、鎌田勇二郎議長が会を脱退。負担金を含む町の予算案を認めるかどうかが焦点だった。

 今回の議会では、一部議員が負担金を削除した予算案修正案を提案したが、総務文教委員会が否決した。

=2013/03/22付 西日本新聞朝刊=



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

■当ブログ内関連記事

■カテゴリ:社会

■関連カテゴリ:水問題と国土(外資による取得)

トップページ
by doumin | 2012-11-12 14:00 | 社会 | Comments(0)
「NHKは国民全体で支え合う寛容な精神が必要。見ないから払わないというケチな根性はダメ」と辻井重男氏
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by doumin | 2012-11-12 13:55 | マスコミ
「復興予算横流し」と報道したNHKの二枚舌 不祥事と腐敗と偏向報道のデパートNHK、平均年収は1780万円
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by doumin | 2012-11-10 18:56 | マスコミ